TOP中高年のホームページ 過去の掲載>2012年7月の掲載


 7/31 なんじゃもんじゃ 「子供たちが巣立った後、なんじゃもんじゃの里で病気の夫と犬一匹、なるようになるさで暮らしています。三年前近くに畑を借り、土いじりの楽しさも覚えました。」、なんじゃもんじゃの里の暮らし、どんな按配でしょうか?
 7/30 石川2区選出 衆議院議員 自由民主党 森 喜朗 公式ウェブサイト 彼への評価は、恐らくは二分されると思うが、彼の存在なくしては空前の小泉ブームはなかった。ともあれ男の価値はその進退の仕方で決まる。ひとつの時代の変わり目なのかもしれない。
 7/28 塩崎やすひさ 衆議院議員 愛媛1区 (松山市) 自民党政権時代に内閣官房長官を担当した塩崎氏、今、自民党の中でもっとも注目すべき議員の一人だと思います。
 7/27 カイロス/ウェブリブログ 遠い日の思い出、そんなことを綴ってみるのもいいと思います。
 7/26 BBの庭 ヘクソカズラ、ガールマグノリアなど、ちょっと珍しい花が紹介されています。花の愛好家の方にオススメしたいと思います。
 7/25 食事付高齢者住宅 都 群馬県前橋市川原町にある高齢者住宅、利用費は合計で(1名につき)157,500円、(2名につき)225,500円とのこと。入居金・終身更新料はなく、他に敷金:70,000円のみ。
 7/24 黄昏。 この方と娘さんの生活が書いてある。家族、近くて遠い関係、そんなことを考えさせられました。
 7/23 はへほ デジタルシニアのおば半がきままに「はへほな日常」を書いてます。 ・・・とありました。目をひいたのが「イギリスの食事のひどさに目が点!絶句!」の記事。
 7/21 橋下徹 (t_ishin)さんはTwitterを使っています 彼が日々、何を考えているのか、参考になると思います。最近、下半身問題が揶揄されているようですが、まあ、彼も男だったか・・・ということでしょう。どちらにしても政治家たるもの、家庭円満が第一!
 7/20 江田 けんじオフィシャルブログ Powered by Ameba 『シリーズ/財務省の増税マインドコントロールを暴く!(2)・・・「歳入庁構想、自民・財務省の連合軍に見事に葬り去られる」』 歳入庁構想は、自民党・財務省連合軍により、3党修正協議の過程でみごとに撃ち落とされた。と言うか、この協議には、財務省出身の「過去官僚」政治家たちがここぞとばかりに顔をそろえていたから当然と言えば当然だろう。−とありました。今の政権政党は何党なんでしょうかねえ?
 7/19 ロスからの声  『消費税の増税さえ通ればあとはどうでもいいという感じ。全く、財務省の勝栄次郎の言いなり、丸出し。「後はお好きにどうぞ」といわれても何のポリシもーないこの内閣。自民の修正案なら何でもどうぞって感じ。結局、一体改革というようなもの小泉も言うだけいって国民生活がだめになっただけ。こいつも同じ。だったら官僚を国会の正面に出して来いって思いませんか?』、まったくの同意見です。
 7/17 kimuco50の気ままなblog 「リタイア後の安穏な暮らしの備忘録。その日の出来事を日記代わりに綴っていきます。」、お墓参りのことが書いてありました。もう新盆、そんな季節なんですね。
 7/14 kazu.kazu/ウェブリブログ 主人とMix犬(雄)とワタシの3人?暮らしです。まぁ〜、何とか仲良くやってますが、最近、「ごはんは何を食べたっけ?」と云うことが多くなりました。・・・だそうです。まあ、人間歳をとると昼のご飯のおかず、ちょっと思い出せないときもあるようです。それが、いわゆるド忘れならいいんですが!?
 7/13 定年退職 ぐうたら亭日記 「定年を迎えた65歳の第2の人生、日々の出来事を書き込みます」とあります。この方の第2の人生はいかに・・・?
 7/12 東祥三の本音でズバリ! 今回の消費税増税法案採決に反対し民主党を離党した東祥三氏のブログ。「提出された「法案」の内容は先ず消費税増税ありきです。2年10ヶ月前、民主党ならば旧来の日本の仕組み、制度、あり様を抜本的に変えてくれるだろうと、歴史的な政権樹立を支えて下さった多くの有権者に対する裏切りだからです。原点を忘れ、有権者と約束したことを棚上げにし、何の約束もしていない、消費税増税議論に前のめりになっていることは、本来の民主党が民主党で無くなったことを意味します。」と彼は云っています。理あるものが必ずしも勝たず、そういう世の中になってしまったようです。
 7/11 酒場人生覚え書き 「酒場は、人と人の架け橋のような気がしながらカウンターに立ち続け、もう少しで半世紀。その歳月の中で出会い、そして去っていった人々の面影も今は定かではない。歩み続けた足跡の上に歳月が降り積み、全てが茫洋とする前に、せめて書き留めておこうと思ったのがこのブログである。 」、人にはそれぞれの人生模様があるようです。
7/10 定年間近だけど、英語勉強します 日本の教育では中高で6年間英語の授業を受けるわけですが、読むことはある程度できても書いたり話したりすることがなかなかできません。たぶん日本の英語教育が英米の実際の生活、時事とは離れているのかもしれません。そこでおすすめしたいのがDVDで映画を最初日本語字幕でおぼえ、あとで英語字幕で見るという方法、発音はもちろん、こんなときにはこんな言い方をするのだということがわかります。お試しを!
7/7 わすれな草/ウェブリブログ Yahoo!百科事典によると「【勿忘草】 forget-me-not [学名:Myosotis scorpioides L.]ムラサキ科の多年草。茎は高さ15〜60センチメートル。葉は長楕円(ちょうだえん)形で、粗い毛がある。5〜6月、枝先に尾状に巻いた花序を伸ばし、淡青色で中央が黄色の五弁花を開く。ヨーロッパ原産。水辺や溝に群生し、各地に帰化するが、栽培種もある。」だそうです。わすれな草、懐かしいひびきです。
 7/6 ブログ名 ☆ギャル婆 ☆退屈日記 「退屈な日記を書きます。忙しい方は読むべからず。超暇な人歓迎。」ということで暇な方におすすめです。「この歳になってビキニを着ても誰も振り向いてくれないしね〜♪目を背けるという点では確かに破壊的威力はあるわね」とありましたが、いかがでしょう・・・?
 7/5 ささやき 「一枚の写真から過去へ。。。バック・トゥ・ザ・フューチャ−キーワードは30年前。誤差は±5年。過去と現在を交差して。。。」、ここで紹介されている写真、絵画的というべきか、ちょっと不思議な色調です。
 7/4 日常のかたち/ウェブリブログ 「朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」を見てから 可燃ゴミを収集場所に出しに行った 今日は気温が上がり夏日になるという天気予報を信じて、私は黄緑色の少々派手な○APのロゴ入りTシャツを着ていた ゴミの収集場所で近所のYさんに会い挨拶 挨拶は返してくれたものの「ハテどちら様」という顔をしてらした その事をツレに話すと「だから僕が行くと言ったのに・・・」、日常のかたち、こういうものかもしれません。
 7/3 あんなこと こんなこと 「夢幻と消えぬよう 人生楽しまなくっちゃ」、そうかもしれません。人生気がついてみれば過ぎた昔はまさに夢幻。
 7/2 史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会 個人の方のページではありませんが、ここで開催されている生涯学習講座、。寛政9年(1797)、聖堂内に設置された「昌平坂学問所」の伝統を継承する中国古典文学を中心とする本格的内容の講座、門を敲いてはいかが?
 7/1 岩手の頑固親父  『昭和30年代まではあちこちの庭先に「シャゴミ(ぐみ)」が植えられていたから子供たちの「おやつの木」として植えられていたのだろう。最近になって「シャゴミ」の木を見つけて孫を連れて行った。最初は渋いとか言っていたが、そのうち「甘くておいしい」・・・・』、そういう時代もあったと思います。


TOP中高年のホームページ 過去の掲載>2012年7月の掲載



Copyright 爽快倶楽部