TOP中高年のホームページ 過去の掲載>2012年1月の掲載


1/31 伊久美の日々に 「聞いて!婆のあれやこれや」、このブログ、一度2008年にご紹介している。過去にご紹介したページが、ご他界やご病気などによって閉鎖されているケースは少なくないが、このように再び遇えるのはうれしいことである。いつまでもお元気で続けていただきたいと思う。
1/30 ツージーの日記 この方のブログに、登録しておきたい天気予報サイトとして、「OCNメールコンシェル 60分以内に雨が降る見込みのある時や、ゲリラ豪雨の恐れのある時に、メールで知らせてくれます。」や「SWC宇宙天気情報センター 最新の宇宙天気データや宇宙天気予報などが見れます。」などが紹介されていました。ちょっと面白いなと思った次第。
1/28 つれづれ日記 「時の流れは止まらない ニュースは人に知られたらすでに過去 今に真剣に向き合って生きる」、今に真剣に向き合って生きる、この言葉の通り毎日を大事に生きたいものです。
1/27 ウイリー沖山 OFFICIAL WEB SITE ウイリー沖山氏をおぼえておられる方は少なくないと思います。日本を代表するヨーデル歌手、現在78歳、まだまだ現役で頑張っています。
1/26 たにじいちゃんの日記 ちょっと気になった話題、愛用の万年筆と題して「日経新聞の1月22日の春秋欄に、文豪が自分の愛用の万年筆に、本妻、2号とあだ名をつけていたという記事を見ました。私は面白いと思いました。本妻とか2号とか呼ぶところも、いつも自分の側にいながら、愛情があって、手放せないものがあったのだろうと、勝手に解釈をしたのです。実は私も2本の万年筆を愛用しているのです。」「万年筆は、普段から使っていないと、インクが固まって、すらすら書けなくて歯がゆいのです。本妻も2号もすらすらとインクが紙になじんでこそ使い慣れて、思いが通じるものだとおもうのです。」、本妻と2号、世のご婦人方のおしかりを受けるかもしれませんが、まあ、もののたとえということでお許しを!
1/25 まつさんの文集 この方の月録に「1998年10月 62歳になって半年が過ぎた」とあります。それが2011年12月まで続いています。足掛け、およそ13年、脱帽である。
1/24 浮雲流水の記  『遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 遊ぶ子供の声聞けば 我が身さへこそゆるがるれ』 梁塵秘抄より・・・とこのページの冒頭にありました。そうかもしれません。
1/23 楽しむ人生=ひゃくたすいち 「人生はこれから、毎日を楽しんで、100歳でも現役バリバリで生きよう!!」、100歳でも現役バリバリ、大賛成です。年寄りは隠居しろ、冗談じゃありません。まだまだ若い連中には任せられませんな!
1/21 まる子の日記帖/ウェブリブログ 「★まずはご挨拶をどうぞ。 孫が二人いるBAーBAです。これと言って趣味もなく、フルタイムで働いているのでたぶん日報のような日記になってしまいそうですが、宜しくお願いします。 ★ブログを書こうと思ったきっかけは? フリーのソフトに日記をしたためていましたが、そのPCが壊れて全部消えてしまったので少々気恥ずかしいのですがブログで日々の出来事を残してみようと思いました。 ★どんなブログにしたいですか? どうでもいい事をただ独り言のように綴るブログになるでしょう。 ★どんな方たちに、あなたのブログを読んでもらいたいですか? どんな方でもかまいません。 ★最後に一言! 初めてのブログがんばっぞ!」
1/20 低空飛行視界ゼロ この方のブログ2012年01月17日に「阪神淡路大震災から17年がたちました。わたしは関西住みですから、当時の猛烈な揺れを今も覚えています。マンションが倒壊しなかったので、今も生きています。阪神淡路大震災では、地震直後から火災が発生しました。東日本大震災では津波で多くの命がのみ込まれましたが阪神淡路大震災では、倒れた家の下敷きになり、救出を待っている間に、火が迫ってきて亡くなった方々も多いです。阪神淡路大震災、新潟の地震、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。」とありました。首都圏直下型が起きれば同様の事態に・・・、参考にされたい。
1/19 ぶっちゃけわが奔流人生 この方のブログの「余命20年、感謝と懺悔・奮闘のの記録」とあった。小生は今年62歳となる。平均寿命をまっとうできれば小生も余命20年ということか・・・、ちと考えさせられた次第です。
1/18 今日これ日記 「平凡な毎日でも、ちょっと視点を変えると、いろんな物が見えたりしますよね。今日の発見、興味深かったものを綴ってみます!」、たしかにその通りだと思います。
1/17 しばやんの日々 「京都のお寺に生まれながら、普通の企業に勤務して34年が過ぎました。日々体験したことや、考えたことを週に1〜2回くらいのペースで少しずつこのページに書き残して行こうと思います。時々覗いてみて下さい。」、この方の歴史に関する話題、資料調査などかなり本格的です。一読の価値あり。
1/16 こうま地蔵・大輔の部屋 - Yahoo!ブログ プロフィールに「あの世に遅れた人はなし」とありました。名言なり。
1/14 Grandma's Tsubuyaki -90歳のおばあちゃん- 「せるべる せるべる わしが飲んどるのはセルベックスや。」「ほらほらほらほらほら あーはははははは(笑) ―解説しよう 相撲の取り組みで勝敗がつく寸前、あまりの興奮で声が出てしまうのである。」「昨日は稀勢の里負けてもーたな。強いねんけどなー。」、このブログ、オモシロイです!ぜひご一読を!
1/13 杉篁庵日乗 「吉本隆明が「科学技術はどんなに危なくて退嬰的であっても否定することは出来ない。‥原発の技術を高めていくことが発展のあり方」と語っているようだ(週刊新潮・新年特大号)が、彼までも年老いて視野狭窄に陥ったかと思うと嘆かわしい。」と断じ切ったこの方の言、まさに炯眼といわざるを得ない。真にものを考えるとはこういうことをさすのかもしれない。
1/12 夏丸シルバーひとりごち この方「考えてみると生まれて初めてスキー道具を買って貰った、それを第1号とすれば、多分10本目がまだ手元にある勘定になる。60数年のスキー歴からすれば少ない感じもするが、途中、遠ざかっていた時期があるから。一方、72歳までボードに乗った。いまだにボクより年配のボーダーを見たことがないと云うの自慢。一番年配でも56歳だった。」だそうである。立派!
1/11 翌檜(あすなろ) 明日は檜に成りたいな 中学か高校か忘れたが井上 靖の「あすなろ物語」を読んだ。あすなろとは未来への希望である。この方のあすなろとは何であろう?
1/7 冥界旅日記・《2012》 「現世から冥土への途すがら、成仏できずに悶々としている老人の日記です。」、だそうです。ご一読を。
1/6 なんでも記録しておこう! 「人生振り返って観ても後の祭り、今までの経験を生かして、これからを逞しく、シブトク生き抜こう!」、人生、しぶとく、同感です。


TOP中高年のホームページ 過去の掲載>2012年1月の掲載



Copyright 爽快倶楽部