TOP中高年のホームページ 過去の掲載>2011年7月の掲載


7/30 【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』 福島原発事故以降、なんどかお伝えしている京大小出氏の講演映像です。原子力とは何か、原子力行政はどうあったか、ぜひ、見て欲しいと思います。
7/29 ブログ人 爺のごった煮評論 以前一度ご紹介したブログです。この方の時事批評、小気味いいかぎり、ぜひご一読を!
7/28 黒柴ごんちゃんと家族日記">黒柴ごんちゃんと家族日記 普通の家庭の普通の家族日記。日々是好日、これが一番いいと思います。
7/27 福島の高校生の絶望聞いて - 再出発日記 - 楽天ブログ(Blog) 引用の引用で恐縮ですが、みなさんに読んでいただきたいと思いご紹介させていただきます。
「喫茶店で久し振りに朝日新聞を読んだ。「声」欄に定時制高校教員(44歳)のこんな投稿が載っていた。全文を写す。
授業で原発のことに触れた。「3号機が不調のようだね」と言うと、4年の男子生徒が怒ったようにこう言った。「いっそのこと原発なんて全部爆発しちまえばいいんだ!」
 内心ぎょっとしつつ、理由を聞いた。「だってさあ、先生、福島市ってこんなに放射能が高いのに避難区域にならないっていうのおかしいべした(でしょう)。これって、福島とか郡山を避難区域にしたら、新幹線を止めなくちゃなんねえ、高速を止めなくちゃなんねえって、要するに経済が回らなくなるから避難させねえってことだべ。つまり俺たちは経済活動の犠牲になって見殺しにされているってことべした。俺はこんな中途半端な状態は我慢できねえ。だったらもう一回ドカンとなっちまった方がすっきりする」
 こういう絶望の声は他の生徒からも聞く。震災でアルバイトを失った2年生は吐き捨てるように言った。「なんで俺ばかりこんな目に遭わなくちゃなんねんだ。どうせなら日本全部が潰れてしまえばいい!」 一教師として応える言葉がない。ぐっと堪えながら耳を澄まし、高校生がこんな絶望感を与える政府に憤りを覚える。」
7/26 さよなら・スモーキング おそらくは愛煙家のほとんどの方が一度や二度くらい禁煙を考えたことがあると思います。心筋梗塞や肺がんなど喫煙によって危険性が高まる病気を考えれば、やはり一日も早い禁煙を実行したほうが安心。さ〜て、どうします?
7/25 「のり2・クラシカ」鑑賞日記 - 楽天ブログ(Blog) クラシック音楽、古典的音楽というべきかもしれないが、バッハ、モーツアルト、ベートーヴェン、ブラームスなど決して古典の音楽ではない。楽聖たちに作られた音楽は、現代においても日々新しく生まれ変わっている。なかなか参考になるブログだと思います。
7/23 和明サイトtop 江戸川ハゼ釣り名人と千葉県市川市行徳の郷土史研究家 7月12日に江戸川でなんと1094尾のハゼを釣ったそうです。放射能大丈夫かなあと思いましたが、もっとも我ら還暦過ぎの人間にはあまり関係はないか!?
7/22 回顧断章 「高齢者となっても元気一杯は困り者です。まだまだ、発見も刺激も欲しいと想う不良老年、この先、何が起っても楽しみでしかないと嘯いています。将来を心配しない年齢に怖いもの梨です一枚の写真、過去が幻想のようです。」とありました。人生回顧、それもまた楽しいと思います。
7/21 徒歩徒歩さんの雑記帳 「散歩道で見つけた花たちや日常の事もろもろ思いついたこと書いてます。」、ほんの少しの好奇心で散歩が楽しくなるのかもしれません。
7/20 日本語を学びなおす 「六十歳を過ぎ、自分の表現力のなさに愕然とした。いまさらとも思うが、一念発起して日本語を勉強することにした。」、これを読んで、己を振り返ってみればまさにこのとおり。忘れたのか、そもそもの素養がないのか・・・。
7/19 マダム ロイヒの日々 「53歳になりました。健康、元気が取り柄でしたのに、ここの所身体のいろんなパーツが痛み出しました。そんな加齢の私のあれこれ・・・です。 」、確かに五十路に入れば誰もが体のガタを感じると思います。これからはゆるりと生きるのが一番!
7/16 こんにちは、木村です。 - 最新エントリー この方のブログに「戦後、電力会社がスタートした時は、電力会社は電力の安定供給という大目標に向かって真摯に努力を積重ねてきたはずですが、それが60年以上も続くと今日のような体たらくになる。「事業は夢で始まり、情熱で伸び、責任で安定し、そして官僚主義で滅びる」とは実に言いえて妙です。官僚主義に凝り固まった電力業界は今解体的出直しをしなければ、再生復活の可能性はなくなります。よい機会だと思って、われわれ国民は革命的出直しを意識しなければならないと思います。」、そのとおりと思った次第。ぜひご一読を。
7/15 歩惠夢亭 (ぽえむてい) 「初めてのブログで、ちょっとドキドキしています。亀の歩みですが、細〜く長〜く歩いていきます。昭和29年生まれの57歳です。どうぞどうぞよろしくです。」とある。この方の詩、短歌のようでもある。うまく云えないが、忘れていた何かがあるような気がする。
7/14 二胡筆記本@北京U 若い頃、広州、上海、北京に仕事で行ったことがあります。その頃はまるで昭和30年代頃の日本のようで、懐かしい感じがしました。あれから30年、中国も変わったんでしょうねえ。
7/13 No Money, No Life: 半世紀を生きて「年金を減らされるんじゃないの?」と心配なおばさんが、ネットビギナーとしてスローライフしながら黒字生活を目指します。−とありました。先立つものはやっぱりお金ですな!
7/12 護国夢想日記 「日々夢みたいな日記を書きます。残念なのは大日本帝国が滅亡した後、後裔である日本国が未だに2等国に甘んじていることでそれを恥じない面々がメデアを賑わしていることです。日本人のDNAがない人達によって権力が握られていることが悔しいことです。」と書かれています。人にはそれぞれ考え方があっていい。
7/9 mursakisikibuの日記 これからの愉しみごと 「職を辞して、意のままの 日々を過ごしている。かろうじて、雨露をしのぎ粗食が得られる状態にいるのが幸いであるがこれから、平均年齢の80歳代まで生きるとしたら未だ20年以上はある。この黄金期、言葉を換えて言えば、終焉期をどう過ごすか・・・事業を立ち上げても間に合う感じすら、ある。もちろん、わたしにはそのような才はないし、したいとも思わない。だたひたすら安寧な日常を貪るのみである。」、この文章、還暦を過ぎてからの人生の過ごし方としていかにあるべきか・・・考えさせる。
7/8 ほんわかともくもくと(笑) 「長く生きてきて色んな経験してきたけれど、、、まだまだ甘い!! わがまま、気ままな人生かなぁ〜〜 なんて振り返る今日この頃。 思うこと、愚痴、見たこと、聞いたこと、日記だと思って書こうかしらん」、さて、どんな話題が出てくることやら、今後に期待!
7/7 ピアノ再び〜きらきらライフ 「30年〜のブランクを経てピアノレッスンを受けることにしました」、昔は町のあちこちの家からピアノの音が聞こえてきたものですが、最近はほとんど聞こえない。ピアノを習う子供が少なくなったのでしょうか?こちらは30年ぶりにピアノレッスンを始めたかたのブログ。あの難曲「カンパネラ」に挑戦中とのこと、なかなかの腕前のようです。Nobuyuki Tsujii 辻井伸行 Liszt Paganini Etude No.3, ラ・カンパネラ 2009 Van Cliburn International Piano
7/6 JIROの独断的日記ココログ版 この方のブログ、時事、音楽など実に小気味いい発言だと思います。ぜひ、ご一読を。
7/5 *ゆらりん*のんびり行こうょ〜♪ 「日々のこと、音楽のこと、笑える話、旅行、孫のことなど 楽しく頭の体操♪」、最近、笑える話は少なくなったが、それも気の持ちようかもしれません。
7/4 60歳の高校生 昨年ご紹介させていただいた方のブログ、高校を無事卒業見込み、次は大学を目指すという。還暦を過ぎてからの大学入試、立派。合格をご祈念申し上げる。
7/2 福良すずめ・夫婦の旅便り 北原亜以子氏の「深川澪通り木戸番小屋」ことが書かれてあった。小生も北原亜以子ファンの一人である。江戸の時代の人情、もう幻だろうか?
7/1 山遊び♪ - Yahoo!ブログ 年齢のほどはわかりませんが、かなりの健脚の方のブログです。山の写真が素晴らしい。ぜひ、ご一読を。


TOP中高年のホームページ 過去の掲載>2011年7月の掲載



Copyright 爽快倶楽部