TOP中高年のホームページ 過去の掲載>4月の掲載


5/6 YouTube - 【東北関東大震災】『福の歌〜頑張っぺver. 〜』 ave 中高年の方ではありませんが、被災地の若い方からの歌のメッセージを聞いて欲しいと思います。こういう若者たちがいる限り福島は必ず復活する。
5/2 彦左のデジカメ写真日記/ウェブリブログ 「お陰様で2011年3月満76歳を迎えました 和歌山市に住んでいます。(ハンドル名:彦左) 定年退職して今年で満12年、ゴルフとインターネットを楽しんでいます。パソコンは嘘をつかないのと人を騙さないから好きです。」、なかなかの充実度、ご立派!
4/30 老婆は一日にして成らず このブログに「美しく死ぬということ。」がある。人の死に方は様々である。被災地で津波に流され今も行方不明となっている方々、きっとどこかで美しい死を願っているような気がしてならない。
4/28 都わすれの徒然なる儘に 「今朝は地震で飛び起きたから6時を過ぎていた。最も今朝は8時までアメブロのメンテもあったから、昨夜は頑張って「ペタ返し」を終わらせてから寝たので、1時を回っていたがその後「グラッ」って来て起きたよ(短かったが・・)」、こういう毎日を送っている人は多いと思う。地震、なんとかなりませんかねえ!?
4/27 思い出の旅 「駅に行く途中で、ツツジがあちこちに咲いていました。この辺は道路の脇や畑の脇に、ツツジがいっぱい植えられています。この時期になると、街並みが一度に華やいできます。」、震災、原発事故、余震に翻弄された3月、4月。気がつけばもうツツジの季節。道端に咲くツツジに目をやる余裕が大事。
4/26 思い出の旅 私はカメラです 「ZENZA BRONICA"ゼンザブロニカ"と言います。30年前に行ったエジプト旅行のことを少し話してみたいと思います」、デジカメ全盛の時代にゼンザブロニカ、いいですねえ!
4/25 ようこそ昔気質のヒロインへ 「ブログ始めました。わたしなぞの中年女です。これから中年女の片意地と昔気質でヒロインの気分でいろいろな感動や涙や熱い感動を伝えます」、小生も還暦じいさん、「昔気質」といわれると弱いなあ!17日より始まったばかりのブログ。ぜひ、ご一読を。
4/23 山形 気ままブログ この方のブログの4月22日付けで「庭の片隅の春庭の草取りをしていたら、日当たりのいい片隅に「つくしんぼ」。」という記事があった。山形にも春が訪れました。こういう普通の生活、ありがたいことだと思った次第。
4/22 海 - 相馬あられのあれこれ日記 - Yahoo!ブログ お歳のほどはわからぬが、気になった記事があった。「海が見たかった。一人で海が見たかった。ただ何も考えず眺めていたかった。今、流れる涙はなんのための涙なのかもわからなくなっている。夕陽が沈むのを海で見るのは初めて。とても静かに夕陽が落ちる。私は今、居場所を探しています。春、白木蓮が咲く頃に心が迷っていた時とは違う、確かな気持ちで探しています。」、南相馬市原町区に住んでおられる方のブログ。
4/21 郡山での楽しい美味しい暮らし 4月12日の記事に「ぼろぼろ泣いてしまいまし 震災後 新幹線が走らなくなった線路をいつも眺めていました あれから一ヶ月・・・・ 11時13分ごろ 新幹線が郡山駅に入って行くのに気がつきました そして30分ごろにも・・ そして いま又東京方面に向って走って行きました 嬉しくて うれしくて о(ж>▽<)y ☆」と書かれていました。
4/20 老大娘の部屋 「1931年生まれ、孫4人のおばあちゃんです。娘一人息子一人。孫たちは、1981年生まれ〜1992年生まれまで男女各2人。我が羊年を記念して ホームページを作りました。・・・”学無止境 活到老 学到老”の精神で参ります。(学びに終わりはなく、年齢はないというような意)好きなことは歴史小説、時代小説を読むこと。いつかは外出もままならぬ日がくるでしょう、その時が来てもホームページを通して多くの方々と交流できれば嬉しいと思います。」、この方の「市民のノート」「雑記帳」、ぜひご一読ありたいと思います。 
4/19 Ryo’s my room こんな時期だからこそ、普通の生活がとても大事だと思います。普通に生活できる日本、早くこないものかなあ。
4/18 酒楽萬流 「GANBAPPE!」、福島の人々の気持ちだと思います。
4/15 さとSUN日記2 福島県双葉郡浪江町在住の方のブログ。被災からの1カ月の様子が書かれています。
4/14 未来をてらす らいとハウス 「久しぶりのブログ復帰です。自宅や事務所は無事でした。私も含めて、今何が一番不安なんだろう?と考える。別に不安を煽るつもりではありません。やはり私たちいわき市民にとっては「ふるさと存亡の不安」が一番ではないでしょうか。見えない敵との闘い… 交錯する情報… これからのいわき経済… 子供たちの未来… もちろん、一瞬にしてふるさとを失った方々がたくさんいることは十分に理解しております。今こそ、現実を直視していく必要があります。不安と真っ向から向き合う必要があります。「がんばっぺ、いわき!」をいくら連呼しても、自主避難した人たちをいくら非難しても、うまく地元をアピールできないリーダーに期待しても、格好良く東電の謝罪を断っても、これらの不安が解消されることはありません。状況が一変してしまった今、自分にやれることを模索し、必死にもがいてやっていくのみです。」、3月23日の記事です。
4/13 ジジイの散歩-東京・雑司ヶ谷から | 東京の雑司が谷に住む、残念なジジイ、困ったジジイのweblog 「東京の雑司が谷に住む、残念なジジイ、困ったジジイのweblog」とありますが、じいじと呼ぶには、若さいっぱいのブログです。ぜひご一読を。
4/12 漁師の徒然なるブログ 「三陸宮古のバイク乗り漁師です。素敵なバイクライフを楽しむことこそが至福の時です。愛車はYAMAHA『FZ1 FAZER』'08国内仕様です」、本来なら宮古のうまい魚の話題や好きなバイクの話題だと思いますが、震災の状況報告で埋まっています。ぜひ3月11日からの記事、読んで欲しいと思います。
4/11 のびたの日記 「静かな投票所だった すごく人が少なく 拍子抜けだ 係りが人待ち顔で迎える これまで選挙戦も自粛 宣伝カーも一度も見たことが無い 街にある選挙ポスターが 唯一 ああ選挙なんだと思える」、これが2011年4月10日の東京である。
4/9 Primary Colors 「日本語で言うと「若草リボン運動0311」。最後の数字からも分かるとおり東日本大震災に関する運動です。元々は岩手県立千厩病院で発案されたものらしい。スタッフ全員で若草色のリボンをつけて、みんなで頑張ろうというもの。そしてうちの病院でも遅ればせながら先週から始まりました。こんな感じ。あたしは名札にちょっと無理やりつけているので形が悪く見えますが(^^;)岩手の県立病院スタッフとして頑張りますよ!」、田舎の退職目前6年目ナースの奮闘記。
4/8 青年爺ちゃんの独り言 - 楽天ブログ(Blog) 「テレビで観る大震災の避難先から入学式を迎えるピカピカの一年生は、みんな小さな胸を膨らませ、とても微笑ましく明るくさせてくれた・・・この苦境を乗り越えて、みんな元気に頑張ってほしいね。」、元気な子供達をみると明るい未来が見えてくる、そうだと思う。
4/7 66歳からの再出発 今回の福島原発事故について、非常にわかりやすい解説があるブログです。我々と同様、素朴な疑問から出発しているところが、よいと思います。
4/6 がんばるぅIT婆ちゃん日記@ときどき家族のつぶやき 「私ら戦後育った世代はバブルが来るまでは物に不自由はあつたが心配事無かった。日々の暮らしで精一杯だったが希望はあったように思う。娘達の世代や孫の世代は生まれたときからたくさんの便利な物に溢れていて何ひとつ不自由なことは無かったと思う。だからか?一番大事な希望とか夢とかをもつ事が出来なくなっている。希望もって生き続けるのって本当に難しい時代になってしまった。」、本当にこの通りだと思います。
4/5 暮らす旅・南三陸 本来ならば美しい三陸の旅を紹介するブログである。3月11日の記事の後、19日に「こんな形でblog発信するとは、夢にも思いませんでした。大好きな私たちの町、南三陸町は一瞬にして津波と言う恐ろしい波にのまれました。生きてることが、こんなにも尊いと感じるとは。今はまだ避難所生活で、電気もありません。でも全国からの支援、そして何より『立ち上がろう』とする地域のみなさんを目の当たりにし、ただただ気力を奮い起こさなければ…。の毎日です。いつかまた南三陸町の輝く姿をこのblogで発信出来たらと思います。とにかく、私は生きてます。」、と書かれている。必ずその日が来ることを信じてやまない。がんばれ、南三陸!
4/4 おっちゃんのブログ 『日々たわいない出来事に喜びや幸せを感じ「ありがとう」と素直に言えるよう目・耳・心を傾注し、感じたままを自由きままに書くブログ。また、ギター・本・ゴスペルに関するブログテーマもあります』、「日々たわいない出来事に喜びや幸せを感じ」、これこそ幸せと云うものかもしれません。
4/2 被災地の近況(新地町・相馬市・南相馬市) | 相双ゆたどさ 「あれから21日・・・」、被災の現実がここにあります。
4/1 ■ウォーキング・ライフ■ - Yahoo!ブログ 普段はウォーキングを楽しんでいる方だろうと思います。「畑作業中に大地震にあいました。立っていられないほどのゆれで、飛び出してきた家内と隣の奥さんとの3人で地面にはいつくばっていました。揺れが収まってから家の中をのぞいたらとんでもない状況でした。」、小名浜の状況などが報告されています。


TOP中高年のホームページ 過去の掲載>4月の掲載



Copyright 爽快倶楽部