TOP中高年のホームページ 過去の掲載>3月の掲載




3/31 中高年のための楽々ネット&パソコン生活 多くの中高年の方々がパソコンは難しいという。だが、パソコンは普通に使うだけなら非常に簡単である。問題は難しく考えないことである。とりあえずは知っておきたいパソコンの基礎を学ばれたい。
3/30 あたらしい旅をする人へ 「“価値観や人生観が変化する”ような、新しい旅(=アタタビ)を模索・提案していこう!」という、壮大な理想の下に、いろいろな旅を紹介してまいります。−とある。価値観や人生が変わる旅、時に異郷の風景であり、文化であり、人々であるかもしれない。こういう旅、一度したいものである。
3/29 はぐれ雲の人生散歩!「映画だい好き人間!リログに嵌って10ヶ月、読書、本の蒐集、蕎麦とジャズとドライブが好き。丸太小屋を作ったり、稲作したり、山菜を採ったり、好奇心旺盛!何にでも首を突っ込むお節介のAB型! 」、なかなか滋味あふれる文章、思わず読み進んでしまう。一読の価値あり。
3/28 猫とねずみと不倫旅-G どうも危険な香りがするとそちらの方についつい行ってしまうダメおやじとしては、こういう表記を見過ごすはずもあるまい・・・ということでクリックしてみたらこれが又、期待にたがわず大いに危ない感じである。それにしてもこのアニメーション、だいじょうぶなのであろうか。
3/27 山・一期一会・山岳写真館 山岳写真には独特の神々しさがある。山を神として祀ってきた古来の日本人の心性が写っているように思える。われら下界に這いつくばるだけの人間からすれば、山に登り、こうした素晴らしい写真を撮っておられる方にただ感謝である。ぜひご覧ありたい。
3/26 立山日和 もう十数年前になるが、剣岳に登ったことがある。室堂から剣沢経由で登ったが頂上から見下ろす日本海の美しさに我を忘れた記憶がある。立山は今もあのときと同じであろうと思う。立山、見てよし、登ってよし、歩いてよしである。「立山日和」、心引かれる言葉である。
3/24 中高年にもわかるサイバーセキュリティ サイバーと何だ?とお考えの方、簡単に言えばインターネットを利用した犯罪ということである。ホームページを見ていると知らぬ間にスパイウェアなるもにおが侵入する場合がある。もちろんメールの添付ファイルからウィルスをもらうことがある。一番怖いのが、自分のパソコンに入っている個人情報を盗まれることである。なんとなくパソコンが変な動き方をしている、そういうときは要注意である。もちろん他にも多くの危険がある。詳しくはこのページを読まれたい。
3/23 四方山の声 以前もこの方のブログをご紹介したことがあったと思う。「私たち働く者が求めていた社会は、こんな格差社会ではない筈である。今こそ真の豊かさを追求する民論を形成しよう!」とはまさに正論であろう。普通の人が普通に暮らせる世の中、一生懸命に働いた者が少しづつ豊かになれる世の中、これには経営も労働も、右も左もない。
3/22 さとやま物語 「小学校の卒業式 小さな小さな小学校 だけど毎年感動する 児童と教師の絆を見る ほんのちょっと、ほんの一瞬しかいなかったけど 今年も感じた そこに教育の神髄が潜んでいるかも知れない そこに教育の欠落部分のヒントが潜んでいる あっという間の6年間 孫も卒業だ」、この方のしっかりとした人生の歩みを見るような文章だ。多くの人々がさとやまで育ち、いつかそこをあとにする。が、さとやまには今も毎年同じ日常がある。
3/20 モーばあちゃんの自由帳 「孫姉妹の手作り」「今夜はペイントであそぶのだ」「ブログであそぼ&スモック刺繍を和風に」など実にほのぼのとした内容のブログである。「今日という日を大切にしたい」という気持ちが伝わってくる。これからブログを始めるシニアの方に参考となると思う。
3/19 おはじ記 「雅なマダムの笑劇場」、しっかりと読ませてくれる。猫に飼われているおばさん、さぞ雅で素敵なご婦人かと想像する。ぜひ、お読みありたい。
3/17 オバタリアンの冒険 「実りの第二の青春 おばさんになってから人生楽しい 最近社交ダンスを始めました!海釣にも挑戦!ドジばかりで すべて上手に行きません。。(涙)でも いろいろな事をして 楽しみたいと思いますぅ〜♪出没地域 東京多摩・埼玉・駿河湾」だそうである。わが爽快倶楽部のパソコン教室の生徒さんの中にも社交ダンスをされている方がいるが、お歳を感じさせない元気ぶり、10歳は若く見える。Shall we dance? この方のように挑戦されてみてはいかが。 
3/16 ★学生時代にやり残した★おやじの夢★ 金のこと以外であればなにもかも自由であった学生時代、なかにはバンドを組んでひたすら音楽三昧の日々に明け暮れた日々を過ごされた方もも少なくなかろうと思う。勿論、プロになるのはとっくに諦めていまや真面目なおやじ殿であるが、これはあの味が忘れられないおやじのバンド復活に賭ける挑戦の記録?である。
3/15 IVYおじさんのIVY的生活 | アイビー的生活 「このブログは第二の人生を、いかに有意義に楽しく生きるか、日々の暮らしを綴っています。」とある。IVYとは姿かたちだけではないようである。日々の暮らしを大事にし、自然を大事にに、自分の個性を大事にする。心の奥に秘めたその方独自のの精神性、それがIVYかもしれない。
3/14 川の流れの様に 「73歳にしてパソコンを始めました。何時まで出来る事やら。」諸氏よ、73歳にしてパソコンを始め、ブログである。50、60はまだまだ洟垂れ小僧でしかあるまい。この方の気概ぜひ見習おうではないか。こういう方のページに出会うたびに嬉しくなる。
3/13 定年時代 個人のページではないが、関東地区、朝日新聞、第1、第3月曜日の折込特集版である。新聞社らしいしっかりとした記事である。お読みありたい。
3/12 人生はこれからだ!! 50才からのスタート・生涯現役・優雅なシニアライフを目指して - livedoor Blog(ブログ) 「今まで比較的平凡に暮らしてきた中年サラリーマンが50才を期に第二の人生に向けての再スタート。生涯現役で仕事を続けて行く為に新たにいろいろな事に挑戦していく日々を綴ってみます。」、五十にて天命をしる・・・50歳からが人としての本当の人生の始まりである。人生はこれからである。
3/10 勿忘草 わすれな草である。「折々の思いが忘却の彼方に消えてしまわぬように・・」とある。日々折々の思い、感じたことを俳句や短歌にされている。「ラヂオにて 啓蟄を知る昼下がり 老いし母より 蕗味噌届く」、短歌は門外漢であるが、この方のその日の時間が見えるようである。
3/9 二邑亭駄菓子のよろず話 イタリアの話題を始めとして特に、路面電車やローカル線の話題、昭和の記憶のコーナーが面白い。昔はいい思い出しか残さないというが、過去への郷愁がその思いを倍増させるのかもしれない。路面電車、考えてみれば排気ガスも出さず環境にやさしい、まさに今はやりの交通機関と思うが、その復活はもはや夢であろうか。それしてもこういう写真を残していたこの方に感謝したい。
3/8 幸せを呼ぶ龍伝説のふるさと - livedoor Blog(ブログ) 「ふるさと情報の発信と交流促進!〜ふるさとのはなし=…!?をしよう」とある。多くの人がふるさとを離れ、ふるさとを忘れて暮らしているが、時にふるさとを思い出し、自分のふるさとに住む人々からのふるさと情報に触れたとき、そのうれしさはいくばかりであろう。こういうブログこそ増えて欲しいものである。
3/7 So-net blog:親父道 武道、書道、茶道と何事も極めるには道というものがあるが、親父を極めるにはやはり親父道なるものがあるのであろうか。恥ずかしながら、小生では一生免許皆伝とはいかぬようである。さて、この方の親父道、いかなる具合であろうか。
3/6 とうかつナビ - 佐童子哲のつれづれ日記 折にふれて自分なりの雑感を文章にして残す、それを後に振り返って読めば、あの時はあんなことがあった、自分はこう考えていた、そこには人生の記録が見える。ブログのように人に読まれることを前提とすれな継続の励みともなる。ただただ思ったことを記す、ブログの基本である。
3/5 千点写行 人生、すべからく目標を持つことは良いことである。目標に向かって少しづつ進む、その過程にこそ生きる充実感がある。「1000点の写真とショートエッセイを目標に更新継続中」のブログ、できれば見習いたい。
3/3 gankoの部屋 熟年夫婦のための海外個人旅行案内 熟年夫婦の個人旅行記である。パック旅行とちがって細かい計画を練らねばならないが、パック旅行にはない充実感を味わえる。出かけるまでの間も大きな楽しみともなる個人旅行、挑戦されてみてはいかが。フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、チェコなどの旅行記があります。
3/2 元気なシニアでピンコロリン 「シニアが何時まで元気で居られるように、健康に良いことのかずかずの挑戦する事柄をブログに綴ってみる」とある。ピンコロリンとはどう意味かと考えてみると、ピンと元気で生きてお迎えが来たならばコロリンとあの世へ行く、そう思った。旅の話題、花の話題がある。まだ始まったばかりだが永く続けられることを望みたい。
3/1 男を磨く…ダンディズムのススメ - livedoor Blog(ブログ) ダンディズム、粋な男になる、男を磨くのは生易しいことではあるまいと思う。歳をとってただのおやじとなるか、ただのじいさんとなるか、日々の心がけ次第であろう。さて、諸氏は自らダンディと言えるであろうか。もちろん小生は夢のまた夢である。


TOP中高年のホームページ 過去の掲載>3月の掲載



Copyright 爽快倶楽部