TOP中高年のホームページ 過去の掲載>12月の掲載




12/31 自然と共に(能登半島の柳田村にて林業) 「能登半島能登町(旧柳田村)の大自然の中で拙い思索を発信しております」という方のページ。こういうページに出会うとインターネットとは実にいいものだと思う。見知らぬ町の見知らぬ人との出会いができる。日誌にはその土地に暮らす人しかできない体験が読み取れる。ご一読を。
12/30 随筆 悠憂二人暮らし 悠々たる二人足して百三十五歳の暮らし、こうありたいと思う。おばちゃんの目で捉えた「人間ウォッチング」は必読、おもしろく読める。又、「おすすめの一冊」は読書好きな方におすすめしたい。
12/29 おじいくんの絵日記 なかなか味のある絵日記である。かなり丹念に描かれている。写真から絵を起したのであろうか。添えられている文がまた洒脱である。読み始めると時間のたつのを忘れる。おすすめのページ。
12/28 まつさんの文集 丁寧に書かれた文集である。月録、エッセイ、創作、書簡とも実によく書かれている。文章がうまい人が世にいるものである。読んでもおもしろいが、なかなか文が書けない方にはお手本となると思う。珠玉のページである。
12/27 旅行アルバム 〜写真、旅行のホームページ〜 1943年生まれの女性の方のページ。イタリア、イギリス、東欧などの海外旅行記や愛犬との生活記がある。女性らしいとてもかわいいホームページに仕上がっているので、これからホームページを作ろうと思っておられる女性の方のお手本になると思う。是非ご覧ありたい。
12/26 50歳からの手習いゴルフ 運動らしいことは何1つしてこなかった方が50歳を過ぎて始めたゴルフの話題、その苦労と楽しさを綴ったページ。各メーカーのクラブの紹介が役立つと思う。
12/24 七転び八起き 「阪神大震災があった平成7年に神経難病の脊髄小脳変性症と診断され現在は車椅子の生活をして」いる方のページ。表題にある通り七転び八起きの気構えが感じられる。人生、七転び八起き、まさにその通りだと思う。
12/23 旧東海道の「今・昔」 広重の描いた五十三次に描いた浮世絵と現在を比較した写真や一里塚などを話題にしたページである。なかなかの労作であり、写真撮影などのご苦労が偲ばれる。やってみたいがなかなか出来ないことをやられたおもしろいページである。
12/22 アマチュア園芸百花 園芸ができる人はうらやましいと思う。種を植え、あるいは挿し木をし、その成長を待つ。やがて葉を伸ばし花を咲かせる。時間がかかることであるが、それまでの毎日がきっと楽しいのだと思う。私と言えば、せいぜい観葉植物に水をさすくらいだが、ちょっと忘れると葉が黄色くなってくる。植物は子供のように正直である。
12/21 Nature Photo Gallery景写道楽へようこそ 昨日に続いて道楽系のページある。「このホームページは風景写真道を極めるべく修行中の写真好きの小さなギャラリーです。写真道には道遠く、まだまだ写真道楽に過ぎませんが」とおっしゃるが、謙遜であろう、かなりの腕前と見える。写真は撮る技術もさることながら、一瞬のシャッターチャンスにその場にいるかいないかも大事である。デジタル加工した写真は所詮作り物、本当の感動は伝わってこない。この方の写真道、応援したいと思う。
12/20 道楽悠悠 ほれぼれとするホームページ名ではないか。道楽悠々、人はこうありたいと思う。プロフィールがないので果はたして中高年の方かどうかはわからないが、ページ名にひかれて掲載させていただいた。この方の競馬学、さらなる充実を期待したいと思う。
12/19 おじさんのどっとこむ 兵庫県にお住いの方のページ。デジカメ散歩の写真が素晴らしい出来である。また、ホームページには珍しいビデオ散歩もあって楽しめる。パソコンを中心に、昨今のデジタルをしっかりと楽しんでおられるようである。それにしても、この方のお歳、66歳、その気概と探究心を見習わねばなるまい。
12/17 町田忍博物館 昔は腹が痛い、下ったとなれば毒掃丸、正露丸、場合によっては仁丹あたりを飲まされ、これで治る言われ、実際治ったものである。昔から続いているものはそれなりの理由があって続いている。温故知新ともなろう。懐かしい商品パッケージや今や消えようとしている銭湯のペンキ絵などがあるページである。
12/16 Kinta's Homepage 温泉、ツーリングなどの話題のページ。ツーリングで回ったと思われる温泉の情報がおもしろい。一度ごらんありたい。
12/15 GALERIE Y 旅の話、クラッシクカメラ、グルメの話があるホームページである。成田開港前の国際空港であった「あのころの羽田」はなかなか読ませるページである。旅、カメラ、グルメファンの方におすすめいしたい。
12/14 45歳からのバイク生活 「45歳の誕生日に教習所へ行き自動普通2輪の免許を取得し、 12月には大型自動二輪免許を取得してしまった女性ライダー」の方のページ。諸君、女性ですぞ、これを読んでおられる男性の方、暖かい部屋でぬくぬくしている時ではあるまい。まだまだやることは、できることは沢山あるはず。この方の元気に脱帽である。
12/13 音羽の二眼レフ 写真はレンズで決まるということを証明してくれているページである。昭和初期のクラッシクカメラから最近のデジカメまで各カメラと撮影例を紹介している。これをみると現在のデジカメは2〜30年前ののコンパクトカメラの表現力にもとどかない。まだフィルムカメラは健在である。
12/12 デジカメフォトギャラリー 「当ギャラリーは、デジカメキチガイの素人親父がデジカメ好きと言うだけで、自分のホームページ欲しさの単純一途な思いでただそれだけで開設したものです」という作者の弁、好きこそもの上手なれと云う。中高年諸氏よ、どしどし自分のホームページ、ブログを持たれたい。
12/10 錦眼鏡 小さな生き物に注目した非常におもしろい写真キギャラリーがある。写真の腕前もなかなかのもの。錦眼鏡余話のエッセイはなかなか読ませる内容である。是非、ご一読ありたい。
12/10 中高年のアクティブな生活をサポート「ネイチャーメイド」α‐リポ酸 12月14日新発売 大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:樋口達夫、TEL:03−3292−0021)は、中高年の生活を応援するファンクショナルシリーズとして、「ネイチャーメイド」α‐リポ酸を12月14日より新発売します。【大塚製薬株式会社】
12/9 映画的な毎日 - 大好きな映画に愛・・・ 1964年のお生まれということで掲載を迷ったが、他意はなく内容がおもしろいので掲載させていただいた。映画好きな方のブログである。テレビが登場して以来、斜陽といわれる映画だが、本当の感動はやはり映画である。映画館の大画面で、またレンタルビデオ、DVDを家で寛ぎながら見るのもよい。中学校の頃、帝劇で見たアラビアのロレンスの感動は今も忘れられない。
12/8 へなちょこ写真館 「へなちょこ」と自らおっしゃる方のページ。さて、写真を見てみれば実によく撮れている。異論はあろうが、写真はピントが合っている、露出が適正である、これが基本であり、何をどう写すかはその人の個性である。普通の写真、それこそが写真本来の姿であると思う。
12/7 焼かねば直らぬ 見果てぬ夢 これぞhorihori 活火山 「道ならぬ恋を求めて」など筆者の浮気に対する考え方や「露天風呂 オッサンの望み 只一つ」などの粋な川柳が載っている楽しいページある。「焼かねば直らぬ 見果てぬ夢」、まさに同感、楽しくなければ人生ではない。
12/6 SilverPhotoClubシルバー写真同好会 平成16年2月に(社)西宮市シルバー人材センターの写真同好会として発足した写真同好会の方々のページである。すばらしい写真の数々、ホームページの作り方もプロ顔負けの出来、一見の価値あるページである。
12/5 楽しんでこそ人生 楽しんでこそ人生、まさにその通りである。一方楽しみ方そのものを知らない方が多くいる。この方の「家族と楽しむ、旅を楽しむ、健康を楽しむ」は楽しみを作る原点であろう。自分自身をおもしろがる、これから始めたらいいと思う。
12/3 英智郎の世界 川柳、読書、木工、野菜作りと多彩な趣味をお持ちの方のページである。とりわけ川柳はなかなかの腕前のようである。同好の方、是非ごらんありたい。お互いの切磋琢磨ともなろう。
12/2 道楽悠悠 道楽者とは決して人を誉めた言葉ではないが、あえて道楽をすすめたい。家族のため、自分のため、会社のため半生を働き続けた者へのささやかな褒美である。もちろん、これは夫のみならず妻にも言えると思う。堂々と道楽を楽しまれたい。この方の道楽とは旅、競馬のようである。
12/1 草野球大好き!草野球中年 戦後、少年時代を過ごしたものにとって野球は第一のスポーツだった。三角ベースから始まり、原っぱでの草野球、川上、金田、稲尾、杉浦の活躍、昨日のことのようである。中年になろうとも気持ちは野球少年である。


TOP中高年のホームページ 過去の掲載>12月の掲載



Copyright 爽快倶楽部