TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2021年11月の掲載


11/30 オミクロン株感染者を日本で初確認 ナミビアから成田空港に28日到着の男性:東京新聞 TOKYO Web 「政府は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本で初めて確認されたと発表した。感染が分かったのはアフリカ南部のナミビアから28日に成田空港に到着した30代男性。入国時の検査でウイルス陽性と判定され、詳しく解析した結果、オミクロン株と判明した。」とある。また同乗していた乗客全員を濃厚接触者に指定、今回の迅速な対応は評価できる。
11/30 菊間千乃氏、クーポン給付の事務費用960億円に「そのまま進んでいこうとしていたことに驚き」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 「番組では、政府が決めた18歳以下への一律10万円給付にかかる事務費が1回目の5万円給付に約280億円、2回目のクーポン5万円相当給付に印刷費、宣伝費、郵送費などを含めた約967億円がかかることを報じた。また、10万円が一括で給付された場合の事務費用は約280億円と伝えた。」、「今回の967億円というのも野党が聞いたことによって出てきた数字だったりして。聞かなかった場合には、これだけの金額がかかるということを何とも思わずというか、しょうがないよねということで、そのまま進んでいこうとしていたことに驚きましたね」、興味があるのは、この960億円の事務費、いったいどこに発注されるかということ。
11/30 反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース 「<有権者と党員に支えられた公党を連合の私物と勘違いしているのではないか><立憲を内部崩壊させるために与党が仕掛けたトロイの木馬>……。ネット上でこんな声が出ているのが、「連合」(日本労働組合総連合会)の芳野友子会長だ。」、とある。連合はなにをしたいのだろうか。
11/30 【医師のお部屋】立ったり歩いたりすると足がしびれる腰部脊柱管狭窄症の治療法 古賀昭義先生が解説 | 東スポのヘルスに関するニュースを掲載 「立ったり歩いた時の足のしびれの他に腰痛があります。また、「腰部脊柱管狭窄症」を患っている方には、歩いているときに痛くて立ち止まる「間欠性跛行」の症状を持つ方も非常に多いです。これは前かがみになると脊髄の圧迫が取れるため楽になります。「慢性閉塞性動脈硬化症」を患っている方でも間欠性跛行が起こりますが、この場合は前かがみになっても楽にはなりません。痛みは片方の下肢(股関節、ヒザ関節、足関節、足指)に出ることが多いです。」、という方は要注意です。ぜひ、ご参考に。
11/30 赤ちゃん「人気の名前」、昭和からの変遷 安住アナが紹介: J-CAST テレビウォッチ 「毎年恒例、今年(2021年)生まれた子どもの名前ランキングが発表されました」と宇賀神メグが11月30日の「THE TIME,」で伝えた。男の子の名前は1位「蓮(れん)」、2位「陽翔(はると)」、3位「蒼(あおい)・湊(みなと)」。女の子は1位「紬(つむぎ)」、2位「陽葵(ひまり)」、3位「凛(りん)」となった。」、とある。昭和ベビーブームとはかなり異なっている。これも時代だろう。
11/29 全世界からの外国人の新規入国 あすから原則停止へ 岸田首相 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「南アフリカで確認された新型コロナの新たな変異ウイルスの感染が広がりを見せていることを受け、岸田総理大臣は30日午前0時から、世界のすべての国や地域を対象にビジネス目的などの外国人の新規入国を原則停止することを明らかにしました。」、これは岸首相にしてみれば英断といえる。
11/29 【安倍晋三】“日大のドン”田中理事長逮捕「政治家に渡した裏金全部ぶちまける」でパンドラの箱が開くのか|日刊ゲンダイDIGITAL 「田中容疑者が「俺が逮捕されるようなことがあれば、今まで政治家に渡した裏金のことも全部ぶちまけてやる」と語っている」とある。日大のドンの先に真実のターゲットがいるのかいないのか。興味あるところである。
11/29 【老後とは?】求められているのは「働き方改革」ではなく「活き方改革」|日刊ゲンダイDIGITAL 「老後」は、いつからなのだろう。なんでも、若い世代は「老後」と聞くと、「定年退職後」「年金をもらいだしたら」といった「社会的基準」を想定するらしく、反対にまさしく「老後」年齢の人々は、「身体が思うように動かなくなったら」とか「気持ちが老け込んだら」といった「主観的基準」で定義することが多いという。−さて、諸氏にとっての老後とは?
11/29 10万円相当給付 事務経費1200億円に 現金一括より900億円高く | 新型コロナ 経済影響 | NHKニュース 「18歳以下への10万円相当の給付について、財務省は、現金とクーポンに分けて給付することで、事務的な経費が、現金で一括給付するのに比べて、およそ900億円高い1200億円となることを明らかにしました。」、経費、また中抜きの会社がよってたかって群がるのだろう。こういうのを火事場泥棒という。
11/29 ぶり (ブリ) / お魚図鑑 - マルイチ産商 寒さがましてくるといよいよ寒ブリの季節。魚屋でのおいしいブリの選び方。ぜひ、ご参考に。
「鮮度・品質の見分け方
・腹に張りがあり、体表の青味が輝いて美しいもの
・エラの内側が鮮やかな紅色
・切り身は表面につやがあり、色がしずんでいないもの
・血合いが鮮やかな紅色で黒ずみがない」
11/26 遺族が涙「免許を返して」 横浜・バス停に車突っ込み4人死傷 71歳運転手を逮捕 現場にブレーキ痕なし 「この写真に写っているのは、事故で死亡した渋谷幸恵(56)さんと、その夫・貴寛(59)さんだ。
きのう、横浜市戸塚区で、ワンボックスカーが歩道に乗り上げたあと、バス停に突っ込み、バス停にいた渋谷さんら男女4人が巻き込まれた。渋谷さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。夫・貴寛さんは取材に対し、「午後2時半すぎに幸恵に電話をしたけれど出なかった。幸恵は仕事に行くのにいつもあのバス停を使っていた。運転手には免許を返してほしい」と涙ながらに訴えた。」とある。高齢者の運転免許、なんらかの規制が必要だろう。
11/26 新たな変異株が6か国で流行、英国への航空便乗り入れ一時禁止…デルタ株より強い感染力 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン 「英政府は25日、南アフリカなどで新型コロナウイルスの新たな変異株が流行しているとして、南アなどアフリカ南部6か国から英国への航空便の乗り入れについて、26日正午(日本時間同日午後9時)から一時的に禁止すると発表した。英BBCなどによると、対象は南アのほか、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、エスワティニの各国。サジド・ジャビド保健相は記者団に対し、新たな変異株はインド由来の変異ウイルス「デルタ株」よりも感染力が強く、「現在のワクチンがより効きにくいかもしれない」と述べた。」、日本の感染拡大は安倍政権時代に中国からの渡航者を制限しなかった失策から始まった。同じ轍を踏んではなるまい。
11/26 【斉藤鉄夫】斉藤国交相の買収疑惑“震源地”広島3区が大揺れ! 全国に飛び火危機で岸田自民は戦々恐々|日刊ゲンダイDIGITAL 「岸田内閣の現職大臣に「有権者買収」疑惑が浮上し、永田町に激震が走っている。衆院広島3区で当選した公明党の斉藤鉄夫国交相が選挙中に開催した演説会で、地元業界団体が参加者に現金を配っていたのだ。松野官房長官は25日、「必要があれば関係者が説明すべき」と発言。斉藤大臣自身は「一切知らない」と関与を否定したが、現職大臣の疑惑だけに政権を揺さぶるのは間違いない。しかも、今後、全国に“飛び火”する可能性がある。」、とうとう公明党よ、お前もかという事態になってきた。
11/26 「UFO真剣に解明する」米国防総省が調査グループ新設 情報機関と連携して目撃事例の解明を目指す - zakzak:夕刊フジ公式サイト 「米国防総省は未確認飛行物体(UFO)などの探知・識別や、政府内での調整を行うグループを新設すると発表した。情報機関とも連携して目撃事例などの解明を目指すとしている。米政府はUFOについて、自然現象なども含まれる可能性があるとして「未確認空中現象」(UAP)と呼称。中国やロシアが開発した新技術や米国の極秘技術といった説、地球外から飛来した物体とする説まで幅広い議論がある。国家情報長官室の報告書概要では、2004〜21年に報告があった144件のほぼ全てで、正体について「確固とした結論が出なかった」としていた。」、はたしてUFOは存在するのかどうか。
11/26 中国は北京五輪やる「資格があるのか」 羽鳥慎一が紹介した「批判」内容: J-CAST テレビウォッチ 「1980年のモスクワ五輪ボイコットを担当したカナダの元外交官エリック・モース氏は、地元紙に対し、外交的ボイコットだけでは「中国が派遣選手を危険にさらしかねない。中国は面目をつぶされると、際限なく報復する」と指摘、全面ボイコットを主張する。選手が人質的に拘束される可能性があるというのだ。選手も派遣しない方がいいとの議論が大っぴらに語られるようになった。」、はたして北京五輪、どうなるのであろう?
11/25 高齢者運転の車 バス停に突っ込む 4人死傷 横浜 戸塚区|NHK 首都圏のニュース 「25日午後、横浜市戸塚区のバス停に車が突っ込んでバスを待っていた4人が巻き込まれ、40代の女性が死亡し、1人が意識不明の重体になっています。警察は車を運転していた71歳の男の容疑者を逮捕し、詳しい状況を調べています。」、どうも最近、高齢者による自動車死傷事故が多い気がする。対策はないのだろうか?
11/25 「大きな山が動きそうだ」防衛省内を駆け巡る情報 知事、辺野古の新基地不承認へ | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス 「玉城デニー知事が25日にも、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て変更承認申請の不承認に踏み切る。沖縄防衛局の申請から1年7カ月余り。不承認にせよ、県が判断することは手続きが進むということでもあり、政府内からは「いよいよ最終決戦だ」との声も上がる。一方、突然の判断に県政与党からも驚きと憤りが広がった。」、辺野古基地問題、本来は沖縄県の民意が優先されるべきである。この民主主義に米国からも文句はでまい。
11/25 非開示部分を黒塗りから“白塗り”で公約実現…小池都政に「舐めすぎ」と大ブーイング | 女性自身 「昨年、IR(統合型リゾート)関連文書などがほぼ「黒塗り」状態で情報開示されたとして批判を浴びた東京都。しかし、その「黒塗り」がいつの間にか「白塗り」に変更されていたことがわかった。これは11月23日に「しんぶん赤旗」が報じたもの。記事によれば、江東市民連合の事務局長が6月に開示請求し、都とカジノ業者の面談記録が白塗りにされていたことで判明。都では今年1月に情報公開に関する要綱が改定されたとし、非開示部分を「白塗り」にできると定められていたというのだ。」とある。行政文書は、それが国家の安全保障にかかわらないものであれば、本来全面開示が原則である。東京都、あまりに姑息である。
11/25 【プーチン大統領】「備蓄放出」は逆効果!さらなる原油高騰を招く可能性、OPECプラスで気になるプーチン大統領の動き|日刊ゲンダイDIGITAL 「来月の閣僚級会合で来年の産油量の大枠が決まりますが、減産復帰に転じる可能性は大です。ロシアのGDPは1バレル=70ドルで2%、140ドルで4〜5%押し上げられる。少なくとも1バレル=80〜90ドル、できれば140ドルまで原油価格をつり上げたいとの思惑はOPECプラスで共有されています。中東で米国の存在感が低下し、対ロシアの重しとなっていたメルケル独首相が一線から退いたことで、強硬に出る環境は整った。緊張が高まれば、原油価格はうなぎ上り。どうもキナ臭いです」、世界でいったい何が起きているのか。どちらにしても日本は蚊帳の外である。
11/25 暖房器具事故、5年で77人死亡/社会/社会総合/デイリースポーツ online 「製品評価技術基盤機構(NITE)は25日、ストーブやファンヒーターによる火災や一酸化炭素(CO)中毒で、今年3月までの5年間に77人が死亡したと明らかにした。事故は12月〜2月の冬場に多いとして、注意を呼び掛けている。NITEによると、事故は5年間で652件発生。石油タイプの機器では、誤ってガソリンを給油して発火するなど誤使用や不注意による事故が半数近くを占めた。電気タイプは、近くにあった衣類や寝具に接触したケースが目立った。死傷者の年齢が把握できた392件のうち、80歳以上が103件と最多。」とある。ぜひ、ご注意を!
11/24 新型コロナ 24日の東京都の新規感染者は5人、今年最少を更新(Hint-Pot) - Yahoo!ニュース 「東京都福祉保健局のウェブサイトによると、24日16時45分の時点で公表された新型コロナウイルス新規感染者は5人。重症者は前日と変わらず8人となっています。(数値は速報値)」とある。新型コロナは絶滅したのではない。かならず第六波はやってくる。今の間に準備をしておく必要があるだろう。
11/24 ペン・シューアイとIOCのビデオ電話がさらなる疑念を招く結果に [テニス](テニスマガジンONLINE) - Yahoo!ニュース 「世界中で話題となっているこのスキャンダルに巻き込まれているだけでなく、IOCは中国で人道に反する犯罪がいくつも起きているにもかかわらず冬季オリンピックの準備を進めていることを広く批判されている。 アメリカ・ニューヨークに本部を置く人権保護団体『ヒューマン・ライツ・ウォッチ』のスポークスマンである中国生まれのヤキウ・ワン氏は、IOCは現在「中国政府が強制する失踪、弾圧、プロパガンダ(宣伝)機構において積極的に役割を演じている」とツイートした。」、IOCの本質、単なる金儲け団体になり下がったようである。
11/24 岸田首相「看護師の賃上げ」明言もわずか1%…「期待はずれ」と怒りの声 | 女性自身 「政府は19日、保育職・介護職は平均で月9,000円、看護職は平均で月4,000円の賃金の引き上げを決定した。来年2月から実施される。看護師については、地域でコロナ医療など一定の役割を担う医療機関の看護職員に対象が絞られる。また、将来的には収入の3%程度の賃上げを目指しているとはいうが、財源に令和3年度補正予算を充てる来年2月から9月までは、収入の1%程度(月4,000円)の賃上げにすぎない。来年10月以降の措置は今後検討されるという。」、岸田政権の所得倍増政策の正体が見えてきた。
11/24 4年で19億円!奇跡の販売員が教える「宝くじ億を招く5カ条」 | 女性自身 買っても当たるはずはないと思っている諸氏、100%確実なことがあります。買わなけれなぜったい当たらない。ということで、今年の年末ジャンボをぜひ当てたいと思うなら、とりあえずお読みありたい。
11/24 韓国のウィズコロナが「非常事態」…「ヨーロッパ型防疫措置の可能性が排除できない状況」(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース 「韓国では、今月1日から施行された「段階的日常回復(ウィズコロナ)」が非常事態となった。新型コロナウイルス感染症事態以降、一日の新規感染者数がきょうの発表で初めて4000人を超えたことに加え、重症患者が急増しているためである。今のような感染者急増が続く場合、ヨーロッパのように多衆利用施設の営業制限など強力な防疫措置が実施される可能性も排除できないという状況である。」、韓国でブレイクスルー感染が拡大している。日本では幸いにも下火になっているが、北海道では微増に転じている。決して気が抜けない状況である。
11/22 大谷選手、国民栄誉賞を辞退 政府打診に「まだ早い」:東京新聞 TOKYO Web 「米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に選出されたエンゼルスの大谷翔平選手が政府から国民栄誉賞を打診され、辞退していたことが分かった。松野博一官房長官が22日の記者会見で、明らかにした。大谷選手側は打診に対し「まだ早いので今回は辞退させていただきたい」と回答した。」、この決断、実に彼らしい。立派。
11/22 日本政府の北京五輪対応「未定」 松野氏、判断時期示さず | 共同通信 「松野博一官房長官は22日の記者会見で、米国に続き、英国も北京冬季五輪の「外交ボイコット」を検討していると報じられたことを巡り、日本政府の対応について「現時点で何ら決まっていない」と述べた。政府対応の判断時期も示さなかった。」、中国の人権問題、日本はどう対応するのだろうか。
11/22 【岸田文雄】「#岸田総理の辞任を求めます」トレンド入り! 安倍・高市シンパの“激オコ”口撃が大半の仰天|日刊ゲンダイDIGITAL 「#岸田総理の辞任を求めます〉の投稿は、反自民系のユーザーによるものかと思いきや、今回は違った。投稿しているのは、安倍元首相や高市政調会長の“シンパ”が大半のようなのだ。〈岸田政権は勘違いしている〉〈我々が信じたのは高市早苗だ!!〉〈高市先生を総理にするべきだったんだよ〉ーー。投稿者の多くは、岸田首相批判を展開する一方、高市氏支持を強く訴えている。中には〈安倍さん、高市さん、岸田の暴走止めてください〉と、安倍氏に“お願い”する投稿もあった。」とある。自民党支持者も一枚岩でないようである。
11/22 震源地は東京23区 首都直下地震との関係は? 「めざまし8」で解説: J-CAST テレビウォッチ 「一昨日の土曜日(2021年11月19日)朝、東京都を中心とする最大震度3の地震があったが、その震源地は東京23区、杉並区西荻窪の真下、約100キロであることが分かった。首都直下地震の前触れか? 21日の「めざまし8」が、その関連を探った。」とある。東京都の直下での地震、なんとなく気味悪い。
11/22 「先に死にたい」夫は約80%、一方妻は50% 一人残され苦労しないために(1/3)〈週刊朝日〉 | AERA dot. (アエラドット)  「日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団が、20〜70代の既婚者の男女計694人に、自分で死の時期を決められるとしたら、配偶者より「先に死にたい」か、「後に死にたい」かを尋ねたところ、「先に死にたい」を選んだ男性は78.3%なのに対して、女性は約半数の49.9%だった。」とある。諸氏はいかが?
11/19 大谷翔平 満票でMVP 日本選手2人目 イチローさん以来20年ぶり | 大リーグ | NHKニュース 「大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が今シーズン、最も活躍した選手に贈られるMVP=最優秀選手に選ばれました。日本選手の受賞は2001年のイチローさん以来2人目で、満票での受賞は大リーグで6年ぶりです。」、ひさびさの明るいニュース。満票であることがさらにうれしい。日本の誇りである。
11/19 木下富美子都議を在宅起訴、7度の無免許運転 当て逃げ容疑は不起訴:東京新聞 TOKYO Web 「「東京都議選の期間中に無免許で当て逃げ事故を起こし、警視庁に書類送検された木下富美子都議(55)について、東京地検は19日、5月〜7月にかけて7回無免許運転をしたとして道交法違反の罪で在宅起訴した。当て逃げ事故を起こしたとする自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)容疑は不起訴とした。」とある。この都会議員、一般常識からまりにかけ離れているように思える。普通はとっくに辞職してもおかしくない。
11/19 安倍、麻生よ、ただで済むと思うな…岸田総理の「壮絶な復讐」がいよいよ始まった(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース 「安倍晋三氏、そして麻生太郎氏にこき使われ、馬車馬のような扱いを受けてきたという岸田総理の復讐劇はまだまだ続く……。さんざん小馬鹿にされてきた 岸田文雄総理は、一日を終え床に就く前、その日に起きたことをノートに書き記している。ノートの中身については「悪口も書いてあるから他人には見せられない」と告白している。それは、誰に対する悪口雑言なのか? 想像すればすぐわかる。岸田は長年、安倍と麻生に牛馬のようにこき使われ、辛酸を舐めてきたのだ。」とある。これから始まる復讐劇、見ものである。
11/19 ついに迫る…!南海トラフ巨大地震と首都直下型地震の「Xデー」 | FRIDAYデジタル 「首都圏には、北米プレートがあり、その下にフィリピン海プレート、さらに太平洋プレートが潜り込んでおり、それぞれの境界面付近で地震が起きる可能性があるわけです。そして、今、太平洋プレートの動きが活発化しています。その影響により、どのプレートで、いつ地震が誘発されてもおかしくありません。首都圏はそれほど危険な状況にあるわけです。10月に入って千葉県北西部で地震が頻発したのは、まさにこれが原因でしょう」、「今回の茨城や千葉を震源とする地震は、関東圏に溜まった『歪み』を解放するために起こったものです。それらはまだ小さい地震であり、歪みはすべて解放されていません。近いうちに、さらに大きな地震が来る恐れは十分あります。10月7日の地震はM5.9でしたが、M6.5ほどの地震発生の可能性は十分残っています」とある。状況はかなり緊迫しているのかもしれない。
11/19 CNN.co.jp : ドイツの新規感染者、過去最多6万5千人に メルケル氏が深刻な状況に警鐘 「ドイツのロベルト・コッホ研究所は(RKI)は18日、新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者が過去最多の6万5371人に上ったと報告した。メルケル首相は深刻な感染状況について、新型コロナの第4波がドイツで猛威を振るう結果だと述べた。」、ドイツのワクチン接種は約70%に達しているが、この結果である。日本の感染、いつ反転拡大してもいかしくない。
11/18 古市憲寿氏、辞めない木下都議へ都民ファ&小池知事の「責任は大きい」/芸能/デイリースポーツ online 「社会学者の古市憲寿氏が18日、フジテレビ系「めざまし8」で、無免許当て逃げを公表せず当選した木下富美子都議が、この日予定の公開質疑を体調不良で欠席するとした問題に、木下都議が所属していた都民ファーストの会と小池百合子都知事の「責任は大きい」と指摘した。」、まさに正論。除名すればすむ話ではない。
11/18 【岸田文雄】自民・最高決定機関に見る嫌がらせ人事!“菅カラー”森山氏と小泉氏を起用し「アベ包囲網」着々|日刊ゲンダイDIGITAL 「自民党が16日に決定した総務会の人事が党内に波紋を広げている。菅前首相に近く、総裁選では河野太郎前ワクチン相を支持したメンメンが要所を固め、「まるで安倍包囲網」との声が上がっているのだ。」とある。岸田の安倍反撃が始まったようである。菅総理誕生で裏切られ、高市候補擁立でも自分をコケにした安倍への恨みだろう。
11/18 空自「C−2輸送機」に世界が注目 日本の航空産業の技術が結集した機体 ドバイエアショー - zakzak:夕刊フジ公式サイト 「アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで14〜18日、「ドバイエアショー2021」が開催されている。2年に一度、世界の航空産業が集まる見本市に、航空自衛隊が誇る「C−2輸送機」が展示され、注目を集めている。」、武器輸出の是非は別にして、日本の航空機製造技術の復活はよろこばしいことである。
11/18 米国が“外交的ボイコット”北京五輪へ使節団見送りか― スポニチ Sponichi Annex 社会 「米紙ワシントン・ポスト電子版は16日、バイデン米政権が中国の人権侵害を理由に、来年2月の北京冬季五輪に外交使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を近く表明する見通しだと報じた。」、これは当然といえる。さて、岸田政権はどうでるのだろう。
11/18 7割超は家の中で起きる…高齢者を寝たきりにする「怖い転倒」の起きる意外な場所 電気代をケチって骨折することも | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 「高齢者は若い人より骨が弱っているため、転ぶと一大事となる。医師の平松類さんは「高齢者の事故の77%は家庭内で起きている。最も骨折が多いのは階段での転倒だ。特に遠近両用メガネをかけている高齢者は注意してほしい」という――。」とある。階段のある家の方、要注意でである。
11/17 北海道 コロナ 新たに40人感染確認 40人以上は先月14日以来 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「北海道内では17日、新たに40人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。このうち札幌市が23人、旭川市が16人、道が1人の感染確認を発表しました。前の週の同じ曜日に比べて32人増えました。」とある。感染拡大が反転し始めたのだろうか?気になるニュース。
11/17 大阪狭山市のスーパーに車が突っ込む 1人死亡、2人重傷(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 「17日午後0時10分ごろ、大阪狭山市大野台2のスーパーマーケット「コノミヤ狭山店」で、「店の壁に車が衝突し、通行人に接触した」と119番があった。男女3人が暴走した車に巻き込まれ、うち男性1人が死亡。他の女性2人は重傷を負った。大阪府警黒山署は車を運転していた近くの職業不詳、横山孝容疑者(89)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕した。」、最近、ブレーキとアクセルを踏み間違えによる事故が少なくない気がする。
11/17 人事院、黒塗り部分開示 赤木さんの公務災害情報 財務省改ざん(時事通信) - Yahoo!ニュース 「学校法人森友学園への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自殺した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=をめぐり、遺族が請求していた公務災害補償に関する赤木さんの個人情報を人事院が開示したことが17日、分かった。」、関連文書の全面開示でなけれな意味はうすい。こういう問題こそ、開示請求訴訟をおこし、裁判員裁判で審議し早急に判決を出すべきであろう。公文書は本来国民に開示すべきものである。
11/17 【小池都知事】小池都知事に年内辞任情報! 永田町で早くも飛び交う“後継候補”の名前|日刊ゲンダイDIGITAL 「小池さんは肺の炎症疾患のひとつCOPD(慢性閉塞性肺疾患)なのではないかという話が流れています。12月議会までに復帰できるのかが焦点ですが、COPDは悪化すると息苦しさが続き、ハードな知事職を続けるのは難しい。年明けには来年度予算案の審議がありますから、辞任するなら年内ではないかという見方が広がり、自民党が密かに後継選びを始めたというのです」(自民党関係者)とある。さて、どうなるのやら。
11/17 「なぜ君は代表になれないのか」小川淳也氏に暗雲 立憲民主党の代表選が迷走し、岸田政権の支持率アップ〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 「衆院選で261議席をとって勝ったという側面はあるが、正直、敵のダメさにも助けられての支持率アップだね」 こう苦笑するのは、自民党幹部だ。目線を落とすのは、マスコミの世論調査結果だ。」、「<衆院選比例九州ブロックで、「民主党」と書かれた投票用紙が福岡県内だけで10万票を超えたことが県選挙管理委員会への取材でわかった。立憲民主党と国民民主党がともに略称として用いたため、両党の得票割合に応じて「案分」された> この状況は全国でみられたという。 「どちらも民主党という略称を使ったので、票が割れた。おそらく民主党票の多くは立憲に投じたものだと思われる。略称など立憲が失敗しなければ、議席はあと10〜15程、増えていてもおかしくなく、逆に自民党にプラスになった」(前出・自民党幹部)」、立憲の議員は選挙は真剣勝負だということがわかってないのかもしれない。
11/16 東京都 新型コロナ 7人感染確認 1日の感染確認ことし最少|NHK 首都圏のニュース 「東京都内で15日、新たに感染が確認されたのは7人で、ことし最も少なくなりました。東京都は15日、都内で新たに20代と30代、80代、それに90代の男女あわせて7人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。都内の1日の感染確認としては今月1日の9人を下回り、ことし最も少なくなりました。」とあるが、実際、このまま収束していくのであろうか。
11/16 オーストリアでワクチン未接種の人は外出禁止 違反者は罰金19万円― スポニチ Sponichi Annex 社会 「人口890万人のオーストリアで、15日から新型コロナウイルスのワクチンを接種していない人の外出が原則禁止となった。12歳以上のワクチン未接種者や新型コロナから最近回復したことを証明できない人(約200万人)が対象。仕事や生活必需品の買い出し、さらに散歩や通院を除き、私的な外出はすべて禁止される。」、EUでの感染の再拡大がそれほど深刻なのであろう。
11/16 米中首脳、台湾めぐり応酬 衝突防止模索も―初のオンライン会談:時事ドットコム 「ホワイトハウスによると、バイデン氏は、覇権争いの様相を呈する米中間の競争が衝突に変わるのを防ぎ、意思疎通を維持するための「ガードレール」構築の必要性を訴えた。新華社によると、習氏も「建設的な方法で相違点や敏感な問題を管理し、中米関係が脱線してコントロールを失うのを防ぐこと」を優先事項に挙げた。ただ、台湾情勢をめぐっては、立場の違いが改めて露呈。バイデン氏は、歴代政権が踏襲してきた「一つの中国」政策の維持を明確にしたが、台湾海峡の平和と安定を損なう一方的な行動に反対すると表明した。新疆ウイグル自治区やチベット、香港での中国の行動にも懸念を示した。」とある。米中関係、日本が米国へ隷属している限り、中国への発言権はえられないんだろう。
11/16 人の流れ増えたのにコロナ感染急減 理由に「120日周期」説 AIが予測的中 第6波はいつ?:東京新聞 TOKYO Web 「今夏の新型コロナウイルスの感染爆発はなぜ急激に収束したのか。専門家は考察を重ねてきた。ワクチン接種や人流の増減だけでは説明がつかない中、感染の「120日周期」という新たな仮説が加わった。これを学習した人工知能(AI)が唯一、人流増加でも感染者が減ると予測していたという。周期のメカニズムは不明だが、AIによると、第6波は1月中旬から2月の到来が予想される。」、決して気をゆるめてはいけない。
11/16 【新型コロナウイルス】遅すぎたワクチン3回目接種「短縮」決定 効果切れ高齢者の重症化リスクを専門家が強く危惧|日刊ゲンダイDIGITAL 「高齢者接種は4月から開始され、5〜7月に本格化した。ワクチン効果が低下する「半年後」は11月〜来年1月になる。ちょうど、冬の流行が拡大する時期だ。本当はすぐにでも3回目接種を打つ必要があるが、このタイミングで“6カ月”への短縮方針を示しても、自治体が対応するのは困難だ。なぜ、もっと早く、方針変更できなかったのか。」とある。厚労省の新型コロナ対策、あいかわらず後手である。まるでど素人の考え、なんとかならないものか。
11/15 石炭巡る文言修正、中国とインドは説明必要に=COP26議長 | ロイター 「COP26では石炭火力の使用を削減するという責務が与えられ、それは各国からの実際の行動によって支援されると指摘。「これらを総合すると、(COP26が)石炭火力の終わりを告げたことは疑いの余地がない」とした。ただ、さらに踏み込んだ合意に至らなかったことに失望の意も表明。「残念だがこれが外交だ。働き掛けたり、促したりすることはできても、主権国家が望まないことを強制はできない」と述べた。」とある。素人考えで恐縮だが、排出される二酸化炭素をなんかの物質と化合して処理することはできないのだろうか。
11/15 たけし 当て逃げ木下都議「芸人なら賠償金、絶対復帰できない」菊間弁護士「遵法意識かけらも」/芸能/デイリースポーツ online 「ビートたけしが13日、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」に出演。無免許運転を繰り返し、当て逃げ事故を起こした疑いが持たれ、書類送検された木下富美子東京都議が辞職を拒んでいる問題について、「芸人だったら大変だよね。あらゆる出番とかCMとか全部賠償金払って、絶対に復帰できないよ」と指摘した。」、これが世間の常識である。そもそも都民ファーストで当選した議員、除名だけですませているのは合点がいかない。
11/15 「正直すみません、無理です」森喜朗氏の退任後、東京2020組織委員会で起きていたこと | 文春オンライン 「招致の時期、経済効果ばかりがうたわれ、政治家も国も、スポーツイベントを呼ぶ際の儲けの部分しか見えていないから、オリンピックのために作られる政策は、大会盛り上げや経済活性に集約されてしまう。それはオリンピックが何のために行われるのか誰もわかっていないからです。だから日本でやるのは無理だといって、私は東京大会の招致に反対をしていたんです」、東京オリンピックが終わっておよそ3カ月、いったいどれだけの費用が税金から使われたのか、そろそろ出てきてもいい。
11/15 【小池百合子】小池都知事は11.15開催の委員会も欠席…長引く不在で懸念される「深刻病状」|日刊ゲンダイDIGITAL 「ひょっとしたら容体は深刻なのかーー。東京都の小池知事(69)の動向に注目が集まっている。小池知事は12日も定例会見を開かず、公明党の強い要請で顔を出し続けてきた都議会の各会計決算特別委員会も欠席。10月27日に「過度の疲労」で再入院し、11月2日に退院したものの、全く姿を見せていないのだ。」とある。実際に病気なのか、それとも議会でのなんらかの追求を恐れているのか。
11/15 【政界地獄耳】立憲民主党の上部団体気取りを続ける連合・芳野会長 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「その連合会長・芳野友子は10日の会見で野党共闘について「議席を減らしたということは失敗だった」とし「連合の組合員票の行き場がなくなったことは事実」と立憲を指導する上部団体気取りを続けている。選挙中は共産党が関わったら推薦を取り消すと立憲の候補者をどう喝し続け、投票先がなくなったのではなく、自民党と維新に票を流した連合の罪を代表選挙で明らかにしないのならば、この党は早く解党して連合党に衣替えすればいい。芳野独裁名誉党首の声が働く労働者の代弁者として国民に響くとお思いか。」とある。連合はいまや労働者の敵にまわったようである。
11/12 本庶さんと製薬会社和解 本庶さんに50億円 京大に230億円寄付 | 医療 | NHKニュース 「ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑さんが、開発に関わったがんの治療薬の特許使用料をめぐって大阪の製薬会社を訴えた裁判は、製薬会社が本庶さんに50億円を支払うとともに、京都大学に230億円の寄付を行うことなどで12日、和解が成立しました。」とある。日本は研究者、学者に対する尊敬と優遇に欠けるように思う。今回の和解は裁判所の意向にそったもののようだが、製薬会社が積極的行うべきだったと思う。
11/12 安倍政権の看板部署廃止「岸田内閣の政策進める」 - 産経ニュース 「松野博一官房長官は12日の記者会見で、安倍晋三政権の看板政策を進めた4つの部署を廃止したと発表した。1億総活躍、働き方改革、人生100年時代、統計改革を推進した4室。松野氏は統廃合の理由を「岸田文雄内閣の政策を進めるためだ」と説明した。」、問題は竹中平蔵の処遇だと思う。どう処理したのだろうか?
11/12 「返して」みんなが払った自賠責の運用益6000億円どうなる? 財務省の借金 迫る期限(乗りものニュース) - Yahoo!ニュース 「財政事情の悪化を理由に、一般会計へ繰り入れた(=貸し出した)自動車ユーザーの自動車賠償責任保険の運用益、約6000億円の繰り戻し(=返済)の行方が2021年中に決着します。」、自動車ユーザーが積み上げた資金の運用益を一般会計に繰り入れる、ありえないことである。利息もつけて返してもらうのが筋だろう。
11/12 新型コロナ、海外では「再流行」 日本では1〜2か月遅れでピークの傾向(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース 「ワクチン接種後に感染予防効果が続くのは6か月です。その期間に国民の7割ほどが接種を終えれば、集団免疫の理論で感染拡大が止まるはずですが、諸外国では接種スピードが遅くて抗体を持つ人間が閾値を超えず、感染がダラダラ続いているとみています。日本は第5波の感染拡大とワクチン接種が同時期に一気に進んだので、抗体を持つ人間が急増し、感染拡大が止まったのではないか」とある。はたしてこのまま収まるのか。あるいは諸外国のように再感染拡大が起こるのか?
11/12 【安倍晋三】最大派閥「安倍派」発足でも消えないストレス…スーツぶかぶか元首相の“激ヤセ”が話題|日刊ゲンダイDIGITAL 「会長だった細田さんが役員会で、『安倍さんに会長を継いでもらいたい』と表明した時も、拍手がなくシーンとしていた。『総理までやったのに、今さら派閥会長か』という冷ややかな視線がある。安倍さんが派閥に戻ったら、高市さん(政調会長)も戻るのか、という反発もある。稲田さん(元防衛相)なんて、酔った勢いで安倍さんに電話して『冗談じゃないわよ。高市さんとは一緒にやれないわよ』と直接伝えたらしい」とある。さて、どうなのであろう。
11/10 CNN.co.jp : 米議会襲撃調査、連邦地裁がトランプ政権の文書の開示認める判断 「今年1月の米議会議事堂襲撃事件を調査する米下院特別委員会が当時のホワイトハウス文書の開示を求め、トランプ前大統領がその差し止めを求めていた訴訟で、首都ワシントンの連邦地裁は9日、トランプ氏側の主張を退け、文書開示を認める判断を下した。」、米国の司法は正常に機能しているように見える。それに対して日本の司法はどうか?
11/10 【独自取材】無免許事故でも「辞めない」木下都議の原点追跡…地元・名古屋の同級生「優秀・語学堪能」も「出直すべき」(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース 「木下富美子都議の同級生:「(議員報酬などを)寄付したからいいでしょ」ではなく、2度も辞職勧告を出されているのだから辞職してケジメをつけて、出直すなら出直すべきだと、同級生として思います」とある。これが普通の人間の考え方。
11/10 岸田首相、核燃料サイクルへの認識の甘さ露呈 「止めるとプルトニウムが積み上がってしまう」:東京新聞 TOKYO Web 「岸田首相は「核燃料サイクルを止めるとプルトニウムがどんどん積み上がってしまう」と発言。日本は核兵器保有国以外で唯一、核兵器の材料となるプルトニウムを所有して核燃料サイクルを推進しており「外交問題にも発展する」と懸念を示した。だが、実際は逆だ。再処理でプルトニウムを取り出さなければ量は増えず、積み上がることはない。現行計画では、取り出したプルトニウムはウランとの混合酸化物(MOX)燃料にする。この核燃料を使う「プルサーマル発電」ができる原発は現状4基で、プルトニウムの消費量が少ない。日本はプルトニウム約46トン(英仏保管分約37トン)を保有し、既に積み上がっている状態だ。この削減が最優先だ。」、どうしたものか?
11/10 東北でM4以上の揺れ頻発の不気味…「巨大地震」の前兆なのか? 専門家が分析|日刊ゲンダイDIGITAL 「巨大地震はいきなり起きるのではなく、発生する前にM4〜6クラスの地震が頻発します。ここ1週間でM4以上の地震が東北で立て続けに起きているのは、プレートとプレートの境界で起きる巨大地震の前震である可能性は否定できません」東北沖には太平洋プレートが北米プレートに潜りこむプレートの境界がある。太平洋プレートの圧力に耐えきれず、北米プレートが跳ね上がって起きたのが2011年3月11日の東日本大震災だ。」とある。ふたたび、3.11級の地震が起きるのだろうか?
11/10 「積極的疫学調査」にこだわった厚労省・医系技官の罪〜上昌広氏に聞く - 佐藤章|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 「日本に新型コロナウイルスが入ってきた昨年(2020年)1月、厚生労働省・医系技官は決定的に間違った対応をしてしまった。国際的な医学誌が無症状感染者の存在を報じる記事を掲載したのに、それに基づく対応をしなかった。無症状感染者が存在するのであれば、感染者の点と点を線で結ぶ感染症法の「積極的疫学調査」では、コロナ感染者の全体は掴めない。地引網的なPCR検査で全体を一挙にさらわない限り、感染者をあちこちに取り逃がしてしまう。ところが驚くべきことに、日本では最初に間違えたPCR検査のあり方を改めることなく、いまだに続けている。なぜこのような事態が続いているのか。連載企画「コロナ対策徹底批判」では上昌広・医療ガバナンス研究所理事長へのインタビューを通じて考えてきた。今回は、間違ったコロナ対策の背景にある厚労省・医系技官という存在、官僚のあり方にまで考察が及んでいく。」、これはぜひ、お読みいただきたい。
11/9 無免許事故の木下富美子都議「これからの議員活動で答えを出していきたい」…長期欠席後に初めて登庁 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン 「7月の東京都議選期間中に無免許で人身事故を起こした木下富美子都議(板橋区選出)が9日、都議選当選後初めて都議会へ登庁し、三宅茂樹議長らと面会した。木下都議は面会後の報道陣の取材に、「失われた信頼を回復することは大変厳しいが、これからの議員活動で答えを出していきたい」と述べ、議員辞職する考えがないことを明らかにした。」、人身事故はだれにでもありうるが、無免許運転では単なる交通事故ではない。あきらかに故意の法令違反であり、犯罪である。
11/9 菊間千乃氏「おかしい」18歳以下一律10万円「苦しんでる独身もたくさん」 | デイリースポーツ芸能 「菊間千乃弁護士が9日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に出演し、公明党が提案している「18歳以下への一律10万円相当の支給」に苦言を呈した。菊間氏は支給について「やっぱり所得制限を設けないのはおかしいなと思います」と断言した。」、正論である。困窮している国民に支給すべきであろう。
11/9 政府 職場接種でもワクチン3回目容認へ 無料PCR検査も実施【新型コロナ】 - YouTube 「新型コロナウイルスワクチンの3回目接種については、厚労省が今年12月をめどに、医療従事者などから始める方針を決めています。政府関係者によりますと、この追加接種についても今後、これまで同様に職場での接種を認める方針だということです。接種は公費で行われる予定です。また、政府は「第6波」に備え、無症状でもPCR検査と抗原検査を無料で受けられるようにする方針を固めました。これらの施策は、12日の政府対策本部で決定するコロナの総合対策に盛り込む方針で、早ければあす(10日)岸田総理が表明する見通しです。」、政府も少しは学んなんだように見える。
11/9 日本、コロナ死亡者15カ月ぶりに「0」…「突然変異を繰り返し感染性喪失の可能性」(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース 「東京大学の黒木登志夫名誉教授は、最近の日本国内の感染者減少率は「あり得ないような数字」とし、当局の対策強化だけでは感染者急減を説明できないと指摘した。黒木教授は「国内では日本独自のデルタAY・29型が第5波の主流」だった可能性があるとしながら「仮説だが、ある遺伝子領域に変異が追加され、感染性が失われるといったことが起きている可能性がある」と説明した。」とある。デルタ株は自殺したのだろうか。
11/9 【2021】紅葉の旅特集|全国の紅葉ガイド&人気の旅館・ホテル - BIGLOBE 全国的に感染が下火となっている今、紅葉観光のチャンス到来かもしれません。目で紅葉を楽しみ、舌で秋の味覚を味わう、そんな旅にでかけてはいかが。
11/8 お前はもう死んでいるとばかりに…岸田首相が安倍元首相に“嫌がらせ”で関係悪化を 心配する声 | デイリー新潮 「権力の欲望が渦巻く永田町に秋風ならぬ、すきま風が吹いている。舞台の主役は政権与党の頂点に立った岸田文雄首相と、自民党最大派閥の影響力を背景に「令和のキングメーカー」となった安倍晋三元首相だ。主要メディアの予想を覆す勝利を総選挙で手にした岸田自民党だが、2人の最高権力者の間に生じた微妙な距離感に不安を抱く声は少なくない。」、岸田首相にしてみれば安倍元首相退陣の後、禅譲はなく、今回の総裁選でも高市を立てた安倍に対して二度裏切られたという気持ちはあるだろう。こんごどうなるのか?
11/8 【独自】無症状でも無料でPCR検査…「第6波」に備え、軽症者の待機施設も準備へ(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース 「政府は、新型コロナウイルス感染の「第6波」対策として、無症状者のPCR検査と抗原検査を無料で実施する方針を固めた。また、第6波に備え、希望する軽症者全員をホテルなどの「待機施設」に滞在させるため、都道府県に施設の準備を要請する考えだ。陽性者を早期に発見するとともに、重症化を防ぐ狙いがある。」、ようやくまともな対策を始めるということだろうか。
11/8 駐車場で多重事故 軽乗用車逆さまに 浦安・1人軽傷 | 千葉日報オンライン 「6日午前11時ごろ、浦安市富岡3の商業施設駐車場で、車5台が絡む多重事故が発生した。40〜50代ぐらいの男性1人が軽傷を負い市内の病院に搬送された。浦安署によると、同市在住の80代の男性が運転する乗用車が車止めを乗り越え、駐車していた車3台に相次ぎ接触し、うち1台に荷物を運び込んでいた男性が負傷。軽乗用車1台がさらにもう1台に接触し、衝撃で車体がひっくり返った。」、「前向きで駐車しようとしてアクセルとブレーキを踏み間違えた」とある。運転免許の年齢制限をつくるべきなのだろうか?
11/8 【新型コロナウイルス】日本でもコロナ再拡大の予兆…水際対策緩和と緊急事態基準「感染者数」外しで大丈夫なのか|日刊ゲンダイDIGITAL 「世界的に新型コロナウイルスの“冬の流行”が始まった。欧州の感染急拡大を受け、WHO(世界保健機関)は「欧州が再びパンデミックの震源地に戻った」と警戒を強めている。中国や韓国でもリバウンドが起きている。日本でも流行の兆しがみられる。東洋経済オンラインが公表している全国の実効再生産数(11月5日時点)は0.83。14道県が「感染拡大」を示す「1」以上。東京でも下げ止まり傾向だ。」、これからなにが始まるのだろうか?
11/8 感染再拡大国と「底打ち」国の違いは? 安住アナが指摘した「ヒント」: J-CAST テレビウォッチ 「ドイツ、イギリス、フランス、イタリアでワクチンの接種率、接種開始時期はさほど変わりません。4カ国とも9月くらいから3回目接種を始めています。しかし、増えている2カ国と底を打っている2カ国ではワクチンパスの活用状況が違うという指摘があります。フランスは8月から飲食店でワクチンパス提示義務づけ、イタリアでも飲食店で提示。イタリアではこの他、労働者の所持が義務化されています。一方ドイツでは飲食店でパスは必要だが、あまり確認されていないことも多いということです。ご存じの通りイギリスではワクチンパスの導入を断念しています。日本も海外の事例が一つのヒントになるかもしれません」、さてどうなるのだろう?
11/5 新生児の時、取り違えられた。男性が東京都を提訴「自分が何者か知りたい」 生みの親の調査求める | ハフポスト 「東京都立病院で生まれた直後に別の新生児と取り違えられた男性が、生みの親を特定する調査を都が行わないのは人権侵害だとして11月5日、都を相手取り調査の実施や損害賠償などを求めて東京地裁に提訴した。」、取り違えによって間違えた本当の親を特定する責任は病院側にある。早急な対策が必要だろう。
11/5 岸田首相はチワワ!? 米有力紙がこれでもかというほど酷評 衆院選(飯塚真紀子) - 個人 - Yahoo!ニュース 「記事には、岸田氏について「何人かの外務省の公務員は、陰で、彼を“お行儀の良いタイプの犬”と呼んで、チワワというニックネームをつけた」という、岸田氏を30年前から知っている元防衛大臣中谷元氏の発言が紹介されている。」とある。どうも日本の首相はぱっとしない。どうしたものか。
11/5 コロナ発症予防薬、厚労省が特例承認…点滴だけでなく注射も認める : 医療・健康 : ニュース : 読売新聞オンライン 「厚生労働省は5日、「抗体カクテル療法」と呼ばれる新型コロナウイルス感染症の治療薬「ロナプリーブ」について、発症予防を目的とした投与も認める適応拡大を特例承認した。ワクチンと同様、発症を抑える初めての予防薬となる。これまでは点滴での使用に限っていたが、注射も認めた。」とある。これによって多くの命が助かることを願う。
11/5 M5超えの「巨大地震」は、年内にやってくる…次に災害におそわれる「大都市の名前」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 「先月7日に首都圏をおそった「震度5」の地震を背景に、いま日本に起きている異変についてを前編の「巨大地震は「12月までにやってくる」…首都圏をおそった「震度5」は前兆だった」で専門家が指摘している。では実際に、一番あぶない地域はどこなのか、引き続き専門家が分析する。「ある地域で地震が少なくなる現象を『静穏化』といい、静穏化が長いほど、地震が発生したときのマグニチュードは大きくなります。そこで、静穏化が起こっている地域を青くして判別していました。実は青色が消えるのは地震が起こりやすくなった証拠です。」、これが現実とならないことを願っている。
11/5 エスカレーターの右側にしか乗れない15歳少女「どいて」と怒られ… 両親の苦悩と願い(1/3)〈dot.〉 | AERA dot. (アエラドット) 「本来、2人乗りのエスカレーターは2列に立って、手すりを持って乗るという前提で設計されている。異常で緊急停止した際の転倒を防ぐためだ。だが、日本や世界各国では急いで歩きたい人のために片側空けの習慣が根付いており、過去には鉄道会社やメディアが乗り方のマナーとして推奨していた時期もあった。2000年以降はメーカーや業界団体などが立って乗るよう呼び掛けるようになったが、片側空けをマナーのようにとらえている人は今も多い。」、エスカレーターの片側を開けて乗る習慣はいったいいつできたのだろうか。駅のエスカレーターを見てると片方に乗るのに行列ができているにもう片方は空いたままになっている。この変な習慣はやめたほうがいいと思う。
11/4 岡山・総社市 横断中の園児ら2人はねられ重体か 信号無視の車が交差点に 「4日朝、岡山・総社市の国道で、幼稚園児と保護者あわせて4人が、信号を無視して交差点に進入してきた乗用車にはねられた。」、「消防によると、女の子1人と女性1人が意識不明の重体のもよう。警察は、前をよく見ていなかったとして、乗用車を運転していた60代の男を過失運転致傷の現行犯で逮捕した。」とある。車はいったん事故を起こせば凶器になる。運転をされる諸氏、肝に銘じられよ。
11/4 旭川市で凍死した中2女子、何度も「死にたい」と電話…道教委が“いじめ”と指導も、学校と市教委は対応せず(HBCニュース) - Yahoo!ニュース 「ことし3月、旭川市の公園で、当時、中学2年生の女子生徒が凍死した“いじめ問題”をめぐり、女子生徒が死亡前、川に入る自殺未遂を起こした際、学校側に電話で「死にたい」と訴えていたことが分かりました。」、「この件について道教委は「客観的にみて、いじめが疑われる状況」と判断、対応するよう指導していたのに対し、学校と旭川市教育委員会は、いじめが疑われる事案として対応していなかったことが判明しました。」、いじめ問題、学校と市教育委員会はその事実を認めたがらない。理由はなんだろう。
11/4 マクロン大統領、メルケル独首相へ「フランスはあなたを愛している」 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News 「フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は3日、引退が決まっているドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相をワインの産地ブルゴーニュ(Bourgogne)地方ボーヌ(Beaune)に招待し別れを惜しんだ。メルケル氏には仏最高勲章が授与される予定。」、これほどまでに他国の指導者から尊敬を集める政治家となったメルケル独首相、残念だが日本には見当たらない。
11/4 最高裁裁判官の国民審査「判断材料が少ない」 裁判での判断まとめ動画を配信すれば? 資料の参照は?:東京新聞 TOKYO Web 「10月31日投開票の衆院選と同時に行われた「最高裁判所裁判官国民審査」では、2017年10月の前回衆院選以降に任命された裁判官11人全員が信任された。11人に付けられた「×」印の割合はそれぞれ7.9〜6.0%。過半数の「×」印で罷免されるが、これまで全員が信任されている。ただ「最高裁裁判官にふさわしいか判断するための材料が少ない」という声も。自己紹介動画を配信するなど、工夫すべきだという意見も出ている。」、裁判官の国民審査は明らかに形骸化している。審査のための情報提供、より積極的に行うべきだろう。
11/4 道路陥没だけじゃない「危険な歩道橋」 安住アナ「驚きのデータ」: J-CAST テレビウォッチ 「国土交通省の「全国道路構造物情報マップ」によると、老朽化で腐食が進み、倒壊・崩落の危険のある歩道橋が全国に1万1300カ所、東京都内には229カ所あるという。そのひとつ、直ちに修繕・補強工事など「緊急措置」が必要とされる江東区の亀戸駅前歩道橋から中村貫人ディレクターが報告する。橋と橋脚の結合部分は錆びだらけでグズグズに腐り、橋の裏側にもパックリ割れた大きな亀裂が走っている。いまにも崩れ落ちそうだ。」、倒壊・崩落の危険のある歩道橋が全国に1万1300カ所あるという。大事故となる前の早急な修繕工事が必要だろう。
11/2 岸防衛相 衆院選結果受け「敵基地攻撃能力」の議論も進める | 2021衆院選 | NHKニュース 「岸田総理大臣の指示のもとで、国家安全保障戦略などの改定に取り組む中で、いわゆる『敵基地攻撃能力』の保有も含めあらゆる選択肢の検討をする」とある。敵基地攻撃能力とは、実際に戦争が始まる前に相手国の軍事基地を攻撃する能力である。素朴な疑問がある。相手国が核ミサイルを搭載している潜水艦を保有をしていたら何が起きるだろう。
11/2 おすすめ駅弁/オピニオンD/デイリースポーツ online このページ、全国の有名駅弁を紹介している。読むだけで旅の気分を味わえる。ぜひご一読を。
11/2 意外と知らない、記憶力と食事の関係!オススメの食材と対策とは,ニッスイ,記憶力を維持する,EPA,DHA,青魚,エイコサペンタエン酸,ドコサヘキサエン酸,ごま豆乳仕立てのみんなのみかたDHA,食事,記憶力 「記憶力の維持に大切だとされている成分の正体は、「DHA」と「EPA」。青魚に多く含まれていて、健康にも欠かせないサラサラ成分として知られていますが、実はこの「DHA」と「EPA」には、「記憶力※1の維持にも大切な成分である」という報告もあるんです。」とあります。青魚、ぜひ召し上がれ。
11/2 「非常に期待」できるコロナ経口薬 羽鳥慎一「いよいよ、ここまで来ましたね」: J-CAST テレビウォッチ 「アメリカのメルク社がつくっているモルヌピラビルで、「ウイルスの増殖を抑える飲み薬。軽症から中等症患者向けで、発症初期の患者の重症化を予防します。そして何と言っても自宅で服用可能というところです」と説明する。」、早く実際に使えるようになって欲しいと思う。
11/2 乳がんワクチンの臨床試験が初めて開始される | ワールド | for WOMAN|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「米国の非営利医療機関クリーブランドクリニックは、米バイオテクノロジー企業アニーシャ・バイオサイエンシズと提携し、トリプルネガティブ乳がん(TNBC)を予防するワクチンの臨床試験に初めて着手した。」、乳がんになる女性は決して少なくない。女性にとっては朗報だろう。
11/1 塩野義、今月にも最終段階治験へ/主要/社会総合/デイリースポーツ online 「塩野義製薬の手代木功社長は1日、東京都内で開いた記者会見で、現在開発を進めている新型コロナウイルスワクチンの最終段階の臨床試験(治験)を11月中にも実施すると明らかにした。これまでは年内と説明していた。2021年度内の実用化を目指す。」、年内に実用化されれば、新型コロナも通常のインフルエンザと同じようになる。そのためには短時間のPCR検査が必須。
11/1 <新型コロナ・1日>東京で新たに9人感染、昨年5月以来の1桁 20代の男性死亡:東京新聞 TOKYO Web 「東京都は1日、新型コロナウイルスの新たな感染者が9人、死者が1人確認されたと発表した。感染者9人は今年最少で、感染者が1桁となるのは昨年5月31日以来。現在入院している重症患者は14人。1週間平均の新規感染者数は23.4人。1日時点で対前週比23.4%で、都内の累計の患者数は38万1664人となった。」、このまま、一桁台が続けばいいのだが。
11/1 西浦教授が人生で初めて絶望した日 8割おじさんに聞くコロナの今後/上 | 医療プレミア特集 | 永山悦子 | 毎日新聞「医療プレミア」 「感染者数の急減については、大きく二つの要素があると考えられます。一つはワクチンの効果です。(国内で接種が進められている)メッセンジャーRNAワクチンは高い効果が期待できます。もう一つは、国民一人一人の「リスク認識」が高まったことです。宣言が出され、病床の逼迫(ひっぱく)が報じられることで、国民の人との接触の「質」が大きく変わったのだと思います。ワクチンの接種率が高まり、感染者が急増したことで自然に免疫を獲得した人も増える中、人々がそれぞれ一定程度の接触を減らしたことが、一気に感染者数を下げたと考えられます。」、「データを見ていて、8月中旬くらいに「おやっ」と思った瞬間がありました。指数関数的に増えていた感染確認数の伸びが止まったように見えたのです。8月中旬に報告される感染者数は7月下旬ごろに感染した人たちのものです。そのころの生産年齢人口のワクチン接種率は、感染を下火にするには十分ではありません。いろいろ分析した結果、流行の状況が悪くなり、東京オリンピックの開幕前の時期に、皆さんがハイリスクの行動をそぎ落とす暮らし方を選び、それでグッと下がったとみられることが分かりました。」とある。国民が自分で防衛したということだろう。
11/1 上海ディズニー臨時休園 コロナ感染者1人訪問で - 産経ニュース 「中国の上海ディズニーランドは新型コロナウイルス対策として1日から2日間、臨時休園することを決めた。国営通信、新華社が伝えた。10月31日には来園者全員にPCR検査を行い、2日間の外出禁止を求める異例の措置を実施。中国各地では最近、旅行客を通じて感染が拡大しており、警戒が高まっている。」、たった一人の感染者で臨時休園、中国らしい。
11/1 【自民党】野党共闘競り負け こんな自民党政権が続く痛恨と絶望|日刊ゲンダイDIGITAL 「これでは選挙前と何も変わりません。政権交代が起きなくても、自民が単独過半数割れなら、これまでのような好き勝手はできなかった。与野党勢力が伯仲すれば議会に緊張感が生まれ、与党側もむちゃはできなくなります。せっかく悪辣自民の息の根を止めて、民主主義を取り戻すチャンスだったのに、国民はこれだけ悪政に虐げられても変化を望まないということでしょうか。安倍菅政権から続く独裁体制が維持される結果になり、やりきれません」、「投票率が低いと、組織票で自公が有利なのは分かり切ったことです。投票権を行使しない有権者も不甲斐ないし、大メディアの責任も大きい。自民党内のイベントである総裁選では連日、大騒ぎしていたテレビも、国民にとって、もっと大事な衆院選の扱いは小さかった。政治の私物化やコロナ対策など、この4年間の自公政治への審判だと明確に問うこともしませんでした。狡猾な自民はさっそく追加公認で“カサ増し”し、数の力を頼んだ独裁体制を強化しにかかっています」とある。これからどうなるのであろうか。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2021年11月の掲載



Copyright 爽快倶楽部