TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2021年7月の掲載


 
7/30 東京都内 新型コロナ3300人感染 3日連続で3000人超|NHK 首都圏のニュース 「東京都は30日、都内で新たに3300人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染確認が3000人を超えるのは3日連続です。29日の3865人に次いでこれまでで2番目に多くなりました。1週間前の金曜日より1941人増え、感染の急激な拡大が続いています。」、先週の金曜日に比べておよそ2000人が増加している。危機的状況である。 
7/30  小池知事「ですから、五輪はステイホームに一役買っている」 尾身会長の懸念を否定 :東京新聞 TOKYO Web 「新型コロナウイルスの感染者が連日最多を更新している東京都の小池百合子知事は30日の定例記者会見で、東京五輪が感染を拡大させる要因の一つになっているのではとの専門家の指摘に対し「オリンピックはステイホームに一役買っている」と強調し、感染拡大への影響を否定した。」、オリンピックによる気のゆるみを小池都知事は解さないらしい。 
7/30  安倍前首相「検察は厳正に捜査」 検察審査会の「不起訴不当」議決に:東京新聞 TOKYO Web 「安倍晋三前首相の政治団体が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の収支を巡り、東京第一検察審査会が安倍氏を不起訴とした東京地検特捜部の処分の一部を「不当」と議決したことをめぐり、安倍氏は「検察当局が厳正な捜査を行い、私や事務 所も真摯に対応し、全面的に協力をしてきた。その結果、検察当局により不起訴との判断が示されたと承知している」と述べた。」、検察審査会の判断、妥当であろう。 
7/30  4府県“宣言”追加 5道府県“まん延防止”適用を決定 政府 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「新型コロナウイルス対策で、政府は、緊急事態宣言の対象地域に、埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県を追加するほか、北海道、石川、兵庫、京都、福岡の5道府県に、まん延防止等重点措置を適用し、期間は、いずれも来月2日から31日までとするとともに、東京と沖縄の宣言の期限も、これに合わせて延長することを決めました。」、期間延長しか打つ手はないということか。 
7/30  バッハ会長 人件費だけで1億円…車も特注のVIPすぎる警備体制 | 女性自身 「バッハ会長は1泊300万円のインペリアルスイートに宿泊しています。日本食が大好きだそうですが、ホテルには『銀座久兵衛』や『山里』といった一流の料理店も入っています」、「バッハ会長らIOC幹部たちのために、高級ミニバン・アルファードの最高ランクが数台用意されました。シートは総革張り、車体には五輪マークもあしらわれている特注車です」、IOC会長への国賓並み待遇、何かおかしいような気がする。 
7/29 東京の感染者 2週間後に一日5000人超か 来月末には1万人超も… | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「試算では、東京都の一日の新規感染者数を前の週の同じ曜日と比較して現状の水準を参考に1.4倍のペースで増え続けると仮定したところ、東京都では来月11日には5000人を超える一日5027人という結果になりました。その後も同じペースが続くと来月26日には1日1万643人に上る計算になったということです。」とある。どこかで止めなければならない。無策の政府、どうしたものか。 
7/29  「経験無い爆発的感染拡大」都モニタリング会議で専門家が危機感|TBS NEWS 「これまで経験したことのない、爆発的な感染拡大に向かっている。2週間後の8月11日の予測値である2.34倍の1日あたり4532人は医療提供体制が危機に瀕するので、早急にこれは回避しなければならない」、これが世界各国で警戒が強くなっているデルタ株の危険性である。 
7/29  「謝らない謝罪」が日本で蔓延している|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト <「誤解を与えたのであれば申し訳ない」とは、形を変えて加害を繰り返しているとすら言える言葉だ。ホテルから保健所、政治家、首相まで、そんな「謝らない謝罪」が多過ぎる>、まさに謝らない謝罪、安倍・菅政権のレガシーである。 
7/29  【小池百合子】無責任の極み!小池都知事「自宅病床」推奨発言でお得意の“論点ずらし”|日刊ゲンダイDIGITAL 「小池都知事は「病院の病床を効率的、効果的に生かすかが鍵になる」と強調し、打ち出したのが、なんと“自宅病床”だ。パルスオキシメーターなど自宅療養者の健康状態を確認する体制を整備しているとした上で、「特に一人暮らしの方々などは、自宅も、ある種、病床のような形でやっていただくことが、病床の確保にもつながるし、その方の健康にもつながる」と言ってのけたのだ。」とある。自宅病床、どこに医師、看護師がいるのだろうか。 
7/29  「日本の組織委員会は嘘をついた」猛暑下での五輪開催を米メディアが厳しく糾弾!「アスリートが代償を支払っている」【東京五輪】(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース 「連日熱戦が繰り広げられている東京オリンピックだが、あまりの猛暑に不満を訴えるアスリートが続出している。7月24日には、アーチェリー女子の予選でロシアのスヴェトラーナ・ゴムボエワが暑さで気を失い、25日にはテニスの男子シングルス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチらが試合時間の変更を求める場面もあった。こうした状況に、海外メディアからも批判の声が噴出している。中でも、アメリカのヤフースポーツは「日本の組織委員会は天候について嘘をついた。そして今、アスリートたちが代償を支払わされている」と厳しく糾弾している。」、嘘で始まった東京オリンピック、天候だけは嘘をつかない。 
7/28 東京都 新型コロナ 3177人感染確認 2日連続で過去最多 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「東京都は28日、都内で新型コロナウイルスの感染が確認された人は初めて3000人を超えて3177人だったと発表しました。都内では27日、それまでで最も多い2848人の感染が確認されていて、これで2日連続で過去最多を更新しました。」、デルタ株が牙をむけはじめた。 
7/28  尾身会長、東京の感染拡大「危機感の共有必要」 - 産経ニュース 「政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は28日の衆院内閣委員会で、東京都での感染拡大に関し「強い対策を打ってみんなが危機感を共有しない限り、この傾向はしばらく続く」と指摘した。「人々に危機感を共有してもらえるメッセージと、感染状況にふさわしい効果的な対策を打つこと(が必要)だ」とも語り、政府や都に早急な対応を求めた。」、危機感を共有することはけっこう。だが、ワクチン以外、有効な対策が何もない。「既に医療逼迫(ひっぱく)が起きており、一般医療や救急医療、すぐにやらなければいけない手術が遅れ、救急外来で(搬送を)断ることが出始めている」、まさにそのとおりである。 
7/28  都内感染最多 小池知事「若い人たちの行動がカギ握っている」|NHK 首都圏のニュース 「東京都内で27日、感染確認が過去最多となり、急拡大に歯止めがかからないことについて、小池知事は「ワクチンを若い人にも打ってほしい。若い人たちの行動がカギを握っている」と述べ、接種の加速化と感染防止対策の徹底で封じ込めたい考えを示しました。」とある。東京都はもっとも重要なPCR検査の拡大、感染者の隔離をおこなっていない。現状のワクチンがデルタ株の感染を防ぎきれない状況が海外で報告されている。ワクチンだけにたよるのは方向を誤る可能性がある。 
7/28  尾身会長、東京で「もうすでに医療の逼迫は現実に起きている」 - 社会 : 日刊スポーツ 「新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は28日の衆院内閣委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルスの新規感染者数が初の3000人突破で過去最多3177人となった東京都の医療態勢について「もうすでに医療のひっ迫は現実に起きている」と指摘した。」、あまりに危険な状況です。 
7/28  玉川徹「菅総理に危機感が感じられません」 東京などで過去最多の感染確認: J-CAST テレビウォッチ 「新型コロナウイルス感染が、オリンピックの真っ最中に恐ろしいことになりそうだ。きのう27日(2021年7月)の新規感染者数は東京2848人、埼玉593人、沖縄354人と過去最多となり、おととい過去最多を更新した千葉県の熊谷俊人知事は「東京の感染が全国に広がっている」と危機感を強めている。千葉、埼玉、神奈川の首都圏3県は、政府に緊急事態宣言の発令を要請する準備にはいった。」、おそれていることが現実になってきた。 
7/27 【独自】オリンピックで弁当大量廃棄 オリパラ事務局が認める(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 「先週土曜日放送の「報道特集」では、国立競技場の会場運営にあたるボランティアらのために用意されたおにぎりや弁当、一日当たり数千食分が消費期限切れの前に廃棄される様子を報じました。大会が無観客開催となったことでボランティアらの数が減り、不要になったためとされていますが、野党側は大会組織委員会がうたっている“持続可能性に配慮した食材の調達”に反する行動ではないかと問題視しています。」、あまりに異常。組織委員会は費用は湯水のごとく使えると勘違いしているようだ。 
7/27  東京都 新型コロナ 2人死亡 新たに2848人の感染確認 過去最多 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「東京都内では27日、都内で新たに2848人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。1週間前の火曜日の倍以上となり、過去最多となりました。」、感染数の増加があまりに急激である。 
7/27  陛下の開会宣言、菅首相が着席 ネット上で批判 五輪開会式(時事通信) - Yahoo!ニュース 「東京五輪開会式で天皇陛下が開会を宣言した際、菅義偉首相と小池百合子東京都知事が途中まで着席していたことが、インターネット上で「不敬」などと批判を受けている。これに関し、加藤勝信官房長官は26日の記者会見で「開会式の進行に関することであり、運営主体である組織委員会に尋ねてほしい」と説明を避けた。」とある。諸氏はいかがお考えか。 
7/27  鰻製造者が教えた☆驚きの!美味しい温め方 by ねっちゃんっ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが355万品 28日は土用の丑の日、鰻をという方は少なくないと思います。鰻やさんでいただくのが一番だが、スーパーなどで買う方も少なくないはず。そこでおいしい食べ方のご紹介。「鰻を洗うのがポイントなんです☆臭みのない鰻を香ばしく焼いたら気分は鰻屋さん!パック鰻が大変身しますよ♪」とのこと。お試しを。 
7/27  デルタ株で子供の死亡が急増している インドネシアで「小さな命」が次々と犠牲に | 後遺症に苦しむ子供たちも | クーリエ・ジャポン 「デルタ株の感染拡大が止まらないインドネシアで、何百人もの子供たちが犠牲になっている。しかも、この数週間で亡くなった子供たちの多くが5歳未満であると、米紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。」、日本でも保育園児の感染が始まっている。家庭内感染の危機が迫っている。 
7/26  「挑戦をやめるという選択肢も」400メートル個人メドレー「金」大橋悠依がコーチから言われたあの日 (1/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 女子400メートル個人メドレーの大橋悠依選手、「『オリンピックチャンピオン』のコールに、自分がオリンピックチャンピオンになったんだなとうれしさがあふれました。正直まだ信じられない気持ちでいっぱいです」、おめでとう!  
7/26  <新型コロナ・26日>月曜日では過去最多 東京都で新たに1429人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web 「東京都は26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1429人報告されたと発表した。月曜日としては1月11日の1252人を上回り、過去最多。1日の感染者が1000人を超えるのは7日連続。1週間前の月曜日よりは702人増えた。都内の累計の患者数は20万人を超え、20万720人。このうち現在入院している重症患者は78人となった。新規感染者数(1週間平均)は、26日時点で前の週に比べて41.2%増えた。」、デルタ株の感染拡大、危機的状況をむかえているようである。 
7/26  ワクチン否定論を広めた米男性、COVID-19で亡くなる  - BBCニュース 「米カリフォルニア州在住のスティーヴン・ハーモンさん(34)は、ツイッターに7000人のフォロワーがいた。ワクチン反対論者として、ワクチン接種に関するさまざまなジョークをソーシャルメディアで投稿していた。しかし、COVID-19による肺炎を発症した後、ロサンゼルス郊外の病院に入院。21日に亡くなった。」とある。いまだに新型コロナを普通の風邪とおなじようにいう人がいる。それも意見のひとつにちがいないが、感染、死亡は自己責任である。 
7/26  民間が自主的にルール開発も? デルタ株専用ワクチンは作れる? 行き先見えない新型コロナ“出口戦略” 専門家が危機感(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース 「緊急事態宣言中でも、人流が減っていない。今、東京都の1日の新規感染者数が1000人を超えているが、この数字に世論があまり反応していない状況だ。昨年12月31日に、初めて東京の感染者数が1000人を超えた。そこでようやく『ちょっとヤバい』という空気感が出て、2週間後ぐらいに感染数が減っていった。それを考えるともう新規感染者が1000人というレベルでは、感覚が麻痺していて、3000人を超えたところで『ヤバい』という空気が出始めるのではないか。そこから感染者数が下がり始める流れを考えると、本当に1日5000人感染、6000人感染までいくと思う」、人流を減らすのはもっとも効果的な対策だが、いまだに検査を拡大しないのは何故だろう。東京では、むしろPCR検査数を意図的に減らしているようにみえる。 
7/26  【ノバク・ジョコビッチ】東京五輪は真夏日続き、ジョコが試合時間の変更要求…海外選手が酷暑開催強行の犠牲者に|日刊ゲンダイDIGITAL 「〈この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である〉」とあるが、現実は、「24日にテニス男子シングルス初戦を終えた世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は「あまりの暑さと湿気、よどんだ空気が負担となっている」として、試合時間の変更を要求。同2位のダニル・メドベージェフ(ROC=ロシア五輪委員会)も「最悪な環境だ」と苦言を呈した。」、これを組織委員会はどう聞くのだろうか。 
7/21   東京で8月に3000人感染も、医療ひっ迫「可能性高い」−尾身氏 - Bloomberg 「尾身氏は、「このままのスピードで感染が広がるとおそらく2週間後には2倍になり、いわゆる第3波のピークを超える可能性が出てきた」と語った。3000人に近い数字になるのかとの問いには「そういうことだ」と述べた。東京では第3波のピークに当たる1月7日に2520人の感染が確認された。」、専門家による危機感の表明、問題は政府がこれをどう受け止めるのだろうか。 
7/21  尾身氏 6割接種でも感染減らぬ|au Webポータル国内ニュース 「政府の有識者会議「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身茂会長は20日夜、日本テレビの番組で「残念ながらこのウイルスは6割くらいが(ワクチンを)受けても感染が下火になることはない、したたかなウイルス」と述べた。ワクチン接種率が上がっても集団免疫の獲得は困難とする見方で、暮らしや経済活動の制限緩和は慎重に進めるべきだとの考えも示した。」、ワクチン接種が感染対策のすべてと考えている政府は、尾身の提言を真摯に受け止めるべきであろう。 
7/21  【政界地獄耳】官邸主導コロナ対策に地方自治体の悲鳴が聞こえる - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「また「政府がばらばらで一体感がない。各大臣のスタンドプレー」と首相・菅義偉の指導力に疑問を持ち、「内閣府はしょせん、素人の集まりだからどうしようもない。官邸主導が全部裏目に出ている。専門的な知識が必要なときに、官邸主導は間違うときがある」と指摘。行きすぎた官邸主導が新型コロナウイルス対応の混乱を招いているとして、感染防止対策やワクチン接種を加速、東京オリンピック(五輪)を巡る対応、飲食店の酒類提供停止などで省庁から県に連絡が頻繁にあったが「市町村に知事から言ってくれと、上から目線で言われたから、私は反発して何も言わなかった。強圧的でものの言い方が上から目線だ。そこに市町村も都道府県も反発している」と例題を上げた。」とある。政府官邸はまともに機能していないということだろう。 
7/21  バッハ会長の歓迎会強行 山口真由氏「民間イベント止める理由、全くなくなった」/芸能/デイリースポーツ online 「弁護士の山口真由氏が19日、テレビ朝日「モーニングショー」に出演。開催に反対の声があがり、必要性が疑問視される中、感染対策を行うとして東京・赤坂の迎賓館でIOC・トーマス・バッハ会長らの歓迎会が予定通り開催されたことについて、「科学的な問題と、心理的な問題があるとすると、もしかしたら感染症リスクは科学的には少なかったのかもしれませんが、民間はガイドラインを遵守してても、開催を決して奨励されているわけでなく、かなり頻繁に高圧的に止められるところもある」と語った。」、本来自民党ヨイショの山口真由氏から出る政府批判、菅内閣も終わりが近いということだろう。 
7/21  【病気を吹き飛ばす食図鑑】ウナギ 万葉集の時代から夏バテ予防・改善で親しまれた | 東スポのヘルスに関するニュースを掲載 「ウナギにはA(内臓、皮膚、目、粘膜の強化、免疫力増強)、E(若返り、抗酸化・動脈硬化)、B1(疲労回復)などのビタミンの他、EPA(血液をサラサラにし血栓を防ぐ)、DHA(脳の働きを高める)などの不飽和脂肪酸を豊富に含む故、七月の土用の丑の日に、夏バテ予防・改善の為にウナギを食べる習慣ができたのであろう」とのこと。土用のうなぎ、ぜひ召し上がれ! 
7/20 東京都 新型コロナ1387人感染確認 1週間前の火曜日より557人増 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「東京都内では、20日、新たに1387人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。1週間前の火曜日より500人以上増え、感染の急拡大が続いています。また、都は、感染が確認された2人が死亡したことを明らかにしました。東京都は、きょう都内で新たに10歳未満から90代までの男女あわせて1387人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。火曜日に1000人を超えるのは、ことし1月26日以来です。また、1週間前の火曜日より557人増え、感染の急拡大が続いています。20日までの7日間平均は1180.0人となり、前の週の149.3%でした。」、確実に感染爆発が進んでいる。  
7/20  「持ち込み飲料はコカ・コーラ社」 学校観戦で通知、苦情殺到 | 毎日新聞 「23日に開幕する東京オリンピックで、地元の小中学生限定でサッカーを観戦する茨城県鹿嶋市の市立学校が、会場であるカシマスタジアムに持ち込む飲み物について「コカ・コーラ社製の飲料でお願いします」と保護者に通知していたことが判明した。市教育委員会は大会組織委員会の意向を受けた文書と説明しているものの、市には苦情が殺到している。」、大会組織委員会とはいったいどういう組織なのだろう。スポンサー企業以外の飲み物を禁止する。ありえないことである。 
7/20  【新型コロナウイルス】「ステージ4」迫る東京 感染急拡大でも検査数が低迷し続けるのはナゼだ?|日刊ゲンダイDIGITAL 「五輪開催を前に検査を絞っているのか――。東京の新型コロナウイルスの感染は急拡大しているのに、なぜか検査件数の低迷が続いている。陽性率も急上昇し、発表されている感染者数は氷山の一角の可能性が高い。」、「東京の検査能力は最大6万8000件。ところが、最近の検査人数は8000人前後で低迷している。過去最多の2520人(今年1月7日)の感染者数を記録した1月は、1万〜1万2000人の検査を実施。保健所業務が逼迫し、積極的疫学調査を縮小した。現在は積極的疫学調査も再開されているのに、8000人とはあまりにも少ない。」、感染源が不明な感染が増えている現在、この検査数は理解できない。 
7/20  経団連 十倉会長 五輪開会式欠席へ 「総合的に勘案した結果」 | オリンピック・パラリンピック 大会運営 | NHKニュース 経団連の十倉会長は「7月23日に国立競技場で行われる東京オリンピックの開会式について「経済3団体の長として、大会の組織委員会から出席を要請されたが、出席しない。家で家族と楽しみたいと思っている」と述べました。」、さらに、「経済3団体では▽日本商工会議所の三村会頭や、▽経済同友会の櫻田代表幹事もオリンピックの開会式を欠席するとしています。」、経済界が菅政権のオリンピック開催強行にノーを突きつけたようである。 
7/20  老化は治せる時代に? 「老化細胞」除去でがんや糖尿病を予防 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「老化は『病だからこそ治せる』という認識になりつつあります。近い未来、この考え方は一般的になっていると思います」 そう語るのは東京大学医科学研究所の中西真教授だ。中西教授らの研究チームは今年初め、「老化細胞を除去する薬を発見した」と発表し、大きな話題を呼んだ。その薬とは「GLS1阻害剤」。健康寿命を劇的に延ばすのではないかと期待されている。」とある。人間の寿命はどうななるのであろう。将来、人間が不老不死をてにいれるのかもしれない。 
7/20  米紙ワシントン・ポスト、東京五輪を猛批判!失敗五輪と酷評!「人間性を超えた思い上がった金儲け」「熱気が敵意に」│情報速報ドットコム 「ワシントン・ポスト紙は複数の記事で東京オリンピックの開催に疑問を投げ掛け、その中の一つで「東京オリンピックは完全な失敗に見える」と指摘。」、「別の記事でも「人間性を超えた思い上がった金儲け」「IOCは欲張りの金メダル」などと書いてあり、IOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会の金儲けイベントになっていると断定。当初の熱意も今では敵意になっているとして、新型コロナウイルスの影響を考慮すると経済的な効果も期待できないと締め括っています。」、安全・安心と言い続けてきた東京オリンピック、海外メディアは誰も信じていない。 
7/19 東京五輪、五輪史上最大級の猛暑に警戒(CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース 「国際オリンピック委員会は19年、猛暑の懸念を認め、マラソンや屋外イベントの会場を札幌市に変更した。しかし札幌でも暑さから逃れられるわけではない。「札幌は19年7月下旬〜8月初旬にかけ、9日のうち8日の気温がカ氏90度(セ氏32.2度)を超えた」とCNNの気象専門家は解説する。」、さて、今年の日本の夏、どうなるのであろう。 
7/19  北の富士氏「あきれて物が言えん。やっていいことと悪いことある」白鵬に - 大相撲 : 日刊スポーツ 「NHK大相撲解説者の北の富士勝昭氏(79)が、14日目の白鵬の取組について苦言を呈した。NHK大相撲中継の幕内解説を務めた北の富士氏は番組の冒頭、14日目の白鵬戦についてコメントを求められると「あきれて物が言えんな」と一言。白鵬は14日目の正代戦で、仕切り線から大きく離れて立ち合い、張り手を交えながら勝った。」とある。相撲は勝たねばならない。が、一方で横綱としての勝ち方もある。諸氏はいかがお考えか。 
7/19  赤木ファイル問題 佐川氏「国家公務員の個人責任ない」発言に妻・雅子さん怒り心頭(東スポWeb) - Yahoo!ニュース 「ファイルは情報セキュリティーの観点から、財務省理財局や近畿財務局の職員名など約400か所が黒塗りにされており、原告側は「俊夫さんの心理的負荷の強さを立証するため、尋問を行う必要がある」として、マスキングを外すよう求めた。しかし、国側は「出せない」と繰り返し応じなかったという。協議終了後、報道陣の取材に応じた雅子さんは「個人情報だから出さないと言われたが、夫の命が奪われた時点で名前を明かさないというのは卑怯だと思う。夫は国民の皆さんの方を向いて仕事をしていたのに守られなかった」と語った。一方、協議では佐川氏の代理人から「国家公務員の個人責任はないはずなので、どういう過程で指示があったのかは関連性がない」といった主張もあったという。」とある。公文書改ざんでこの国側の対応は合点がいかない。 
7/19  【東京五輪】選手村滞在選手から初のコロナ陽性が…感染情報を徹底隠蔽する組織委の恥さらし|日刊ゲンダイDIGITAL 「検査態勢も相変わらずザルのまま。空港検疫も毎日のチェックも、最初は抗原検査。陽性と出れば精度が高いPCR検査で再検査する。「抗原検査頼みの水際対策の失敗で変異株の流入を許しているのに、なぜやり方を変えないのか。直ちにPCR検査に切り替えるべきです。政府はIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長に遠慮しているのでしょうか。『来日する関係者の大半がワクチン接種済み』『リスクを持ち込むことは絶対にない』と言っていましたから、陽性者がどんどん出たら都合が悪いのか。これ以上、日本の恥を世界にさらすのはやめてもらいたい」(前出の中原英臣氏) もはや「安全安心」は、デタラメの代名詞となりつつある。」、まさにその通りであろう。 
7/19  トヨタ、国内の五輪CM見送り 企業イメージ低下懸念か 社長は開会式欠席 - 五輪一般 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ 「東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの最高位スポンサーを務めるトヨタ自動車は19日、五輪に関するテレビCMを国内では見送る方針を明らかにした。豊田章男社長ら関係者は開会式に出席しない。広報担当の長田准執行役員がオンラインで報道陣の取材に応じた。」、国民的企業として当然の判断であろう。この状況下でオリンピック関連CMを流すのは国民からの反発免れまい。 
7/16 東京都 新型コロナ 1人死亡 1271人感染確認 3日連続1000人超 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「東京都は16日、都内で新たに1271人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表し、これで3日連続で1000人を超えました。16日までの7日間平均は946.3人となり、ことし4月から5月にかけての第4波のピークを上回りました。」、第5波が始まった。 
7/16  この2か月が「まさに山場」 尾身会長 感染対策徹底求める談話 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「新型コロナウイルスの感染が東京都などで再拡大する中、政府の分科会の尾身茂会長が、4連休や夏休み、オリンピックを前に感染対策の徹底を求める談話を出しました。この2か月が「まさに山場だ」としていて、感染拡大を少しでも抑えるために、県境を越えた移動をできるだけ控えるよう求めています。」、政府はいつも今回が山場と言ってきた。その間、PCR検査の拡大、感染者の隔離など必要なことを行って来なかった。世界の常識は日本の非常識、いったいいつになったらまともになるのだろう。 
7/16  【新型コロナウイルス】東京の新規感染1308人は…最悪試算「8月上旬4000人」を上回る衝撃のハイペース|日刊ゲンダイDIGITAL 「冒頭の試算は7日の厚労省「アドバイザリーボード」の会合で報告された京大ウイルス・再生医科学研究所の古瀬祐気特定准教授によるもの。東京のまん延防止等重点措置(〜11日)が延長されることを前提に、インド株(デルタ株)やワクチンの効果なども考慮されている。最悪のケースは「強い対策なし」の場合だ。7月14日に1000人、下旬に2000人、8月上旬に3000人、10日ごろには4000人に達すると試算している。だが現実は試算を超えてしまった。14日に1149人、15日は1308人。「最悪のケース」を上回っている。」いったい感染者はどこまで増えるのだろうか。 
7/16  
オーストラリア政府による新型コロナウイルスに感染に関する啓発ビデオである。  
7/16  天皇陛下「2回目のワクチン接種は五輪開会式に間に合わない」の意味|NEWSポストセブン 「皇室ジャーナリストは語る。陛下がワクチンを接種されたのは7月6日。仮に2回目の接種間隔が短いとされるファイザー社製のワクチンを接種されたとしても、間に20日の間隔を置くことが推奨されているため、2回目の接種は最速で26日となる。」、「陛下に万全の態勢で五輪開会式にお立ちいただくため、政府は接種を早く受けられるよう、矢のように催促していたようです。しかし、陛下が決断されたのは、“開会式には間に合わないワクチン接種”でした。国民の接種の歩調に合わせられたという意味であると同時に、接種はしたけれども五輪開催を『祝う』ことには事実上、消極的であるという姿勢を示されたのではないでしょうか」(別の皇室ジャーナリスト)」とある。陛下の沈黙の抵抗であろう。 
7/15  都内で新たに1308人感染…1300人超えは約半年ぶり、1週間前から412人増加 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン 「東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者を都内で新たに1308人確認したと発表した。1日の感染者が1300人を超えるのは、今年1月21日(1485人)以来、約半年ぶりとなる。」とある。14日は1149人。まさに危機が始まった。 
7/15  【東京五輪】宮城県の有観客強行に苦情殺到 プロ野球はOKでも「五輪はNO!」の凄まじい嫌われっぷり|日刊ゲンダイDIGITAL 「東京五輪・サッカー男女の試合会場、宮城スタジアム(利府町)で最大1万人を動員する件について、宮城県の村井知事は13日、改めて「特に変更はない」と予定通り有観客で開催する方針を示した。県医師会、仙台市医師会などは12日に、人流増加などの懸念から県に無観客とする要望書を提出。県や利府町には数百件の苦情電話やメールが殺到し、仙台市の郡市長もこの日、五輪組織委に無観客を要請した。」、宮城県知事の決断、はたしてどんな結果になるのだろう。 
7/15  尾身氏、東京でコロナ新規感染1000人超えは「想定内」 感染加速を専門家ら警告:東京新聞 TOKYO Web 「新型コロナウイルスの感染状況を分析し、厚生労働省に助言する専門家組織「アドバイザリーボード」は14日、新規感染者数が1000人を超えた東京都について「感染拡大の速度はさらに加速する」との分析をまとめた。12日に発令された緊急事態宣言の効果が出るのは早くても2週間後とされ、50代以下を中心に入院者数の増加傾向は継続するという。提出された資料によると、首都圏1都3県の陽性者のうち、デルタ株(インド株)に含まれるL452R変異の割合は4割を超えた。座長の脇田隆字たかじ・国立感染症研究所長は「デルタ株の増加はしばらく続く可能性が高い」と予測した。」、東京は危険水域に入ってきた。 
7/15  谷原章介「これ、風評なんですかね?」 ワクチンめぐる下村発言に異論: J-CAST テレビウォッチ 「自民党の下村博文・政務調査会長が13日「(ワクチンが)足らないという風評が広がっている。政府がより丁寧に詳しく説明しないと、結果的に政府と自民党の責任になる」と語った。」とある。これに対して、若狭勝(弁護士)は「絶対違う。下村さんは自分たちの選挙、秋に行われる衆院選を意識して、火消しにかかっている。(ワクチンの件は)国民に対する政府の裏切りで、先見性や計画性がなくキャンセルしたりして、国民を振り回している」と発言。さて、実態はどうなのであろう。 
7/15  CNN.co.jp : ジャカルタ住民の半数近くがコロナ感染か 抗体検査で判明 「インドネシアの首都ジャカルタで3月に実施された新型コロナウイルスの抗体検査から、住民の半数近くが感染していたとの結果が報告された。これは公式発表されていた感染者数の12倍以上に相当する。」、このインドネシアの状況、東京で起こらなければいいにだが。 
7/15 自民・岸田派の議員秘書5人がコロナ感染…8日にホテルで政治資金パーティー : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン 「自民党の岸田文雄・前政調会長が率いる岸田派の議員秘書5人が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。衆参両院が13、14両日に発表した。」とある。この時期に政治資金パーティーを開催すること自体噴飯ものだが、それ以上に、そのパーティで5人の感染者を出したことこそ恐怖すべきだろう。 
7/14 「金融機関働きかけ」「酒取引停止要請」、西村氏の相次ぐ「撤回」に党内からも反発 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン 「政府は13日、新型コロナウイルス対策として酒類提供停止に応じない飲食店との取引を行わないよう求めた酒類販売業者への要請を撤回すると発表した。業界や与党から批判が高まったためだ。西村経済再生相は、金融機関を通じた働きかけもすでに撤回に追い込まれており、相次ぐ失態が菅内閣に打撃を与えている。」、もとはといえば国税庁の役人あたりが菅首相の感心をかうために始まったこと、実に愚かとしかいいようがない。 
7/14  WEB特集 精子を“もらう”“買う” 規制なく進む現実 | 医療 | NHKニュース 「いま、子どもを持ちたいという人たちの中で、精子を“もらう”、“買う”という手段を取る人が増えています。精子がない「無精子症」に悩む人たちだけでなく、独身の女性も。」、「無精子症」は、男性の100人に1人いるいわれており、子供を切望している女性には自然ななりゆきかもしれない。時代は変わりつつある。 
7/14  【ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め】白ご飯にのせてもうまい|日刊ゲンダイDIGITAL ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め、「香港では大衆料理として、町の定食屋で手軽に味わえます。四川料理ですが、香港や中国大陸など、広い範囲で食べられています。ポイントは甜面醤と甘酒。本来は酒醸という中国独特の甘酒を入れます。甘酒を使うと香りと甘味が違います」だそうです。ぜひお試しを。 
7/14  【政界地獄耳】まさしくインパール作戦 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「英紙ガーディアン電子版は「新型コロナウイルスによる延期などトラブル続きの東京五輪に新たな打撃」と報道。また都内の感染者数の増加とともに4度目の緊急事態宣言を伝え「世論の反対や専門家の警告の中、首相は五輪を開催しようとするIOCを支持した」と報じた。では今後の不測の事態にどう政府は対応するのか。首相は「国民の命と健康を守れなければ、(五輪を)やらないのは当然だ」と発言してきたが、7日の閉会中審査で厚労相・田村憲久は「仮に、五輪によって感染が増え、病床が逼迫(ひっぱく)して、国民の命を守れないというようなことを念頭に置きながら、総理はお話をされたのではないかと推察している」と一定の定義について言及した」とある。優柔不断の日本政府。 
7/14  4度目「宣言」、緩急なく「ダラダラと...」 菊間千乃「反発が数字に表れている」: J-CAST テレビウォッチ 「街頭インタビューでは「4回目ともなるとみんな出歩いている」「慣れてしまって効果がない」の声が。酒を提供したり夜8時を過ぎて営業を続たりする店も複数みられるが、要請に従わない店は「国や都のやっていることに正義が見えない。オリンピックやるのに」と不満をつのらせる。さらに目立つのが路上飲みや越境飲みだ。渋谷では若者の集団がビンに入ったお酒を回し飲み。警備員が声をかけると飲酒をやめるが、いなくなると路飲みを再開する。ネットには路上飲み会の告知も投稿されている。」とある。もはや政府には打つ手なしということかもしれない。 
7/13  東京で内閣支持率が大幅低下28%、コロナ・五輪に厳しい目…読売世論調査 : 世論調査 : 選挙・世論調査 : 読売新聞オンライン 「菅内閣の支持率は東京に限ると28%で、全国平均の37%と比べて9ポイント低かった。都の支持率は、前回6月調査から3ポイント、前々回の5月調査からは12ポイントの大幅な低下となった。不支持率も63%(全国53%)に達した。政府の新型コロナウイルス対応を「評価する」は都が24%だったのに対し、全国は28%。ワクチン接種の対応を「評価する」との回答は、都31%、全国36%となり、いずれも都での評価が全国を下回った。都に対して4度目となる緊急事態宣言について、感染拡大防止に効果があると思うかを聞くと、「思わない」は都で73%に達し、全国の56%を大きく上回った。」とある。さらに、「23日に開幕する東京五輪は、ほとんどの会場で無観客にすることが決まった。どうするのがよかったかを尋ねると、都では「中止」が50%(全国41%)となり、「無観客で行う」28%(同40%)を大きく上回った。「少しでも観客を入れる」は19%(同17%)だった。」とある。菅政権の施策がいかに都民から乖離しているか、これはその証左である。 
7/13  【西村康稔】西村大臣の“預金封鎖”ドーカツ発言 菅首相が「承知していない」は大嘘だった!|日刊ゲンダイDIGITAL 「西村大臣は会見で、自身の発言について「承知していない」と語っていた菅義偉首相について、関係閣僚会議の会合に出席した菅首相に事務方が説明していた、と明かしたからだ。つまり、菅首相は、飲食店狙い撃ちの“預金封鎖”について事務方から説明を受け、了承していたわけで、それが大きな問題として取り上げられた途端、知らんぷりしたことになる。新型コロナ対策本部の本部長として無責任ではないか。菅政権の十八番は「脅しスカシ」とはいえ、あまりに酷い話だ。」とある。菅首相はだれからも信用されまい。 
7/13  トヨタ、東京オリンピック関連イベントをすべて中止(レスポンス) - Yahoo!ニュース 「東京オリンピック2020のスポンサー企業のひとつであるトヨタ自動車は9日、会場周辺で予定していたイベントやパビリオン展示を全て取りやめることを明らかにした。」とある。国民の半数以上がオリンピック開催に反対している現状では、企業として当然の判断であろう。 
7/13  ほぼウナギ、です。 サスイテナブルな土用の丑の日を | 株式会社共同通信社 ほぼうなぎ(カネテツデリカフーズ・神戸市)、「世界的に絶滅が危惧されているウナギを、白身魚のすり身を使って再現した魚肉練り製品。今年はすり身の配合や製法、使用するたれなどを一から見直し、本物のウナギを忠実に再現しつつ、ウナギを一切使用しない「ほぼうなぎ」を開発。資源保護の観点から、長年開発に取り組んできた完全ウナギフリーがついに実現した。」とある。さて、どんな味であろう。 
7/12 吉村知事「残念だが、第5波は避けられない」と投稿 大阪で感染拡大(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 「大阪府の吉村洋文知事が11日夜、ツイッターに新規投稿。大阪府で10日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が200人と、6月3日以来の200人台を記録したことなどを踏まえ、「残念だが、デルタ株の第5波は避けられないだろう。」とツイートし、警戒心を示した。続けて「世界をみてもデルタ株。日本も同じ。株の置き換えと共に波が来る。後はどれだけ感染スピードを抑えるか、感染の山を抑えるか、その間に高齢者へのワクチン接種を終えるかだ」と記し、今最も重要なのは、どれだけ感染スピードを抑えることができるかだ、と改めて訴えた。」、この指摘はおそらく近い将来現実となるだろう。 
7/12 五輪無観客開催で都が学校連携観戦プログラムの中止を学校に通知(東京新聞) 東京五輪の無観客開催を受け、東京都は9…|dメニューニュース(NTTドコモ) 「東京五輪の無観客開催を受け、東京都は9日、区市町村教委や都立学校、私立学校に、小中高校生らが学校単位で参加する「学校連携観戦プログラム」の中止を通知した。」、児童にも感染を広げるデルタ株が主流になりつつある今、当然の処置といえる。東京都の英断といえる。 
7/12 新型コロナ 感染再拡大の東京都 重症患者数40〜50代で増加 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「厚生労働省の専門家会合は、高齢者ではワクチン接種が進み、重症患者の増加が抑えられている一方、接種が進んでいない40代や50代で重症患者が増えていると分析しています。政府の分科会のメンバーで、東邦大学の舘田一博教授は「40代50代に接種が進んでいない状況の中で、感染が再拡大すると重症例が増えて、医療のひっ迫につながるリスクがある。しっかりと感染対策を取って、時間稼ぎを行いながら、接種を進めて行く大事な時期だ」と話しています。」高齢者へのワクチン接種が一定の成果を出しているということかもしれない。 
7/12 全国知事会「ハシゴを外されて混乱」…ワクチン不足で政府に苦言 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン 「全国知事会は11日、新型コロナウイルス緊急対策本部のオンライン会議を開き、ワクチンの確実な供給や供給スケジュールの明示などを求める緊急提言をまとめた。近く政府に提出する。提言は、ワクチン不足で接種予約の受け付け停止や予約のキャンセルが相次いでいると指摘、「国の方針に基づき接種に全力を挙げてきたのにハシゴを外されて混乱していると、政府は厳しく認識するべきだ」と訴えた。」、政府は自治体に3000万回程度のワクチンが滞留していると主張するが、実際の現場からの声とは大きな隔たりがある。供給量と消費量、在庫状況、こんな簡単なことができない政府のワクチン政策、トヨタ方式を見習ってはどうか。 
7/12 東京五輪「おもてなし」外国選手はとバスツアー′v画 組織委・橋本会長も検討 - サンスポ 「東京五輪の選手村(東京・晴海)から外国選手らを乗せて都内の観光名所を巡るはとバスツアー≠ェ計画されていることが11日、関係者への取材で分かった。選手村の宿泊者は新型コロナウイルス感染防止策で外部との接触が遮断され、観光地などに足を向けられないが、バスの中から景色を眺める分には問題ないと判断。13日の開村に向けて、選手らを迎える準備を進める。」、緊急事態宣言下で国民に多くの制限を強いてる菅政権だが、これはいったいどういうことか。 
7/9  【東京五輪】菅首相が招いたコロナ禍の“無間地獄”…数字が証明する無能・無策ぶり|日刊ゲンダイDIGITAL 「8日、東京への4度目の緊急事態宣言発令の決定後、会見に臨んだ菅首相。コロナ禍から延々と抜け出せない「無間地獄」を招いた責任はみじんも感じられず、強調するのはワクチン接種の加速ばかり。失敗の永久ループの「政治責任」から目をそらそうと必死だった。」、感染爆発に対して効果的な対策をなにも打てず、ずるずると緊急事態宣言の繰り返し。たのみはワクチン接種というが、デルタ株にはその効果の低下が言われいる。専門家の話をまともに聞かないこの男にはまかせてはおけない。 
7/9  デーブ・スペクター、強烈皮肉 4回目緊急事態宣言なら「宣言への集団免疫が先に出来た」/芸能/デイリースポーツ online デーブ・スペクターの言、「あまりに緊急事態宣言を乱発したたため、宣言への集団免疫が先にできてしまった見込み」(原文ママ)と投稿。新型コロナワクチンの集団免疫よりも、緊急事態宣言への慣れという「集団免疫」がついてしまったのでは?という強烈皮肉をつぶやいた。」とある。まさにそのとおり。 
7/9  無観客五輪、フランス速報は「ギロチンの刃が落ちた」、世界の反応さまざま: J-CAST テレビウォッチ 「無観客開催が決まった東京オリンピックを、フランスではきのう8日(2021年7月)「ギロチンの刃が落ちた」と速報した。」、まさに言いえて妙である。なぜ、あと1年、待てなかったのか。 
7/9  無観客でも「放送権料」で腹は痛まないIOC 長嶋一茂怒る「もう、不信感しかない」: J-CAST テレビウォッチ 「東京オリンピックは一部を除いて無観客開催と決まったが、IOC(国際オリンピック委員会)は痛くも痒くもないのだという。けさ9日(2021年7月)の読売新聞をもとに、司会の羽鳥慎一が取り上げた。「IOC観客数にこだわらず 開催で放送権料確保」と見出しにあり、大会組織委員会幹部は「開催さえ果たせば、巨額の放送権料が入る。観客の有無や人数でIOCの腹は痛まない」と語っているという。」、要はIOCの収益のためのオリンピック、ここにはアスリートへのリスペクトは微塵もない。 
7/9  CNN.co.jp : 米ファイザー、追加接種向けワクチン開発へ 有効性の低下受け 「米製薬大手ファイザーは8日、自社のワクチンの効果が弱まっているのを確認したとしたうえで、追加接種に向けたワクチン開発の取り組みを強化していると明らかにした。感染が広がる新型コロナウイルスの変異株への対応を念頭に置いた措置。追加接種については来月にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する意向だという。それに先駆け、ワクチンの追加接種の有効性に関するより多くのデータを公表するとしている。」、さて、この発表、日本政府はどうするのだろうか。 
7/8 【東京五輪】JOC元理事・山口香氏がIOC貴族に喝!「バッハ会長はビジネスホテルに宿泊を」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース 「切ない気持ちですね。「やる」か「やらないか」の議論もないままにズルズルときてしまいました。連日、報道されている有観客か無観客かの議論や(選手団と外部を接触させない)バブル方式のもろさなど、やる前からすでに疲れてしまった感覚があります。前向きな議論や努力であれば心地良い疲れですが、議論すらなく、なし崩し的な進め方に対する徒労感でしょうか。日本人の自己肯定感が低いというのも納得ですね。最近では「どうせ何を言っても」という自分の無力を感じます。五輪は一つの例に過ぎず、今の日本に対して、そのような感情を抱いている人が多いのではないでしょうか。」、これが国民の気持ちだろう。 
7/8  ワクチン不足に与党から批判、具体的な解決策見出せず 首相の意欲が現場の混乱助長 :東京新聞 TOKYO Web 「政府による新型コロナウイルスワクチンの供給が不足する中、衆院厚生労働委員会の閉会中審査が7日開かれ、与党からも批判が噴出した。政府は陳謝したが、具体的な解決策や、米モデルナ製の供給量が予定の約3割と大幅に減った経緯は分からずじまい。菅義偉首相は、なおワクチン接種の加速に強い意欲を示しているが、現場の混乱を助長しかねない。」、菅官邸の無計画性がもたらしたワクチン不足。単純に考えれば輸入入荷量、国内要求量、出荷量、接種量、データベースさえもないのだろうか。あまりにおそまつな政府のワクチン政策である。 
7/8  【山口那津男】公明党・山口代表ついに“菅切り”か 都議選惨敗の自民に強気と危機感が交錯|日刊ゲンダイDIGITAL 「自民党の総裁選は、9月中に行われます。もし、総選挙の前に総裁選が実施されると、選挙を控えた自民党議員が“菅首相では選挙を戦えない”と、菅首相を切り捨て、“選挙の顔”になる新総裁を擁立するのは目に見えている。だから、どうしても菅首相は、総裁選の前に解散総選挙に打って出たい。9月前半に解散するつもりです。なのに、山口代表は『総選挙は総裁選の後がいい』とハッキリと口にした。菅首相の再選シナリオにノーを突きつけたということです」とある。いよいよ公明党が菅政権にあいそをつかしたようである。 
7/8  倉持仁院長が菅首相発言に憤慨「日本においては努力や英知は結集せず。ほぼほぼ自助」「なんの絆かはわかりません」(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース 「菅首相は4日、FMのNACK5の番組に出演し「世界全体がコロナ禍という困難に直面しているからこそ、人類の努力や英知を結集して乗り越えられるということを世界に発信したい」と述べ、感染対策に万全を期す考えを強調した。これに対して倉持院長は「残念ながら日本においては努力や英知を集結はせず、ほぼほぼ自助ときおり共助、ほぼなし公助、そして絆。なんの絆かはわかりません」と反論。さらに、感染拡大で苦境に立たされているエンタメや文化・芸術の業界にフリーターの関与が多いとして、社会保障制度の見直しに首相が意欲を示したことについても「『フリーターが関与していることが多い』。なんの話でしょうか? 1年前の話ならやる気を感じ、納得します!」と手厳しくコメントした。」、菅首相、彼は専門家・学者の話を聞かない。その結果であろう。 
7/8  東京五輪で“最凶”の「ラムダ株」が上陸 ワクチン効果は5分の1? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「新型コロナウイルスの新たな変異株が、世界を席巻している。日本ではインド由来のデルタ株が第5波の引き金になると見られているが、さらに東京五輪開催を機に、南米で感染が拡大中の「ラムダ株」と呼ばれる“最凶変異株”が上陸する恐れがあるのだ。迫る脅威とどう向き合えばいいのか。ラムダ株は南米を起源とする変異株で、ペルーでは4月以降の感染者のおよそ8割を占める。6月30日現在、ペルーの新型コロナ感染症による死者数は世界5位の約19万人(感染者数は約205万人)。人口10万人当たりの死者数で見ると世界最多の583人に上り、“デルタ超え”の脅威が現実味を帯びる。」、警戒されているデルタ株の上をいくラムダ株が日本への上陸を狙ったいる。危険度を考えれば海外からの入国者をすべてシャットアウトするか、最低10日の隔離が必要である。 
7/7 鳩山由紀夫氏、民主党政権振り返り「安倍さんが悪夢の民主党政権というのだから、世の中は分からない」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 「鳩山由紀夫元首相が6日、自身のツイッターを更新。自身が首相を務めた民主党政権時代を振り返った。この日、「国連統計では日本の1人当たりの名目GDPは世界の33位であり、韓国にも抜かれてしまった」と日本のGDP(国民総生産)について書き始めた鳩山氏。「民主党政権の時だけ20位代前半に返り咲いていたのだが、安倍政権から一挙に落ちてしまった。その安倍さんが悪夢の民主党政権というのだから、世の中は分からないものだ。数字は正直だ」と続けていた。 」とある。悪夢は安倍自民党だったのだろう。 
7/7  長官『拝察』発言で、菅官邸が気を揉む天皇陛下の東京五輪の開会式出席 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット) 「前出の宮内庁関係者は、菅首相による五輪対応への不信感が背景にあるとの見方を示し「陛下は以前から新型コロナの感染拡大を非常に憂慮されている。首相の話を聞いて、このままでは危ういと思い、長官発言という形で釘を刺したのではないか」と述べた。」、天皇陛下を政治利用することしか考えていない菅政権、体調不良を理由に開会式欠席という手もある。もっとも今の感染者数増加のスピードを考えれば開会式そのものが可能かどうかわからない。 
7/7  【東京五輪】すでに陽性者12人…五輪選手村が“バイオハザード”ヴィレッジ化の懸念|日刊ゲンダイDIGITAL 「東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、新型コロナウイルスに今月感染した職員と業務委託者が、東京・晴海の選手村に勤務するスタッフだと明らかにした。陽性判明はそれぞれ1日と2日で、この2人とは別に新たに3人の感染も確認されたという。いずれも組織委の業務委託者で、1日に感染予防策のプレーブック(規則集)第3版が適用されて以降、入国後に事前合宿地に入った選手・関係者などを除き、大会のIDカードを持つ関係者の感染は計12人となった。」、選手村がかってのクルーズ船のように感染爆発の培養器になる可能性がある。今の体制では安心・安全な開催は不可能であろう。 
7/7  【病気を吹き飛ばす食図鑑】イカ カロリー制限が必要な「肥満」「糖尿病」の人のタンパク補給に | 東スポのヘルスに関するニュースを掲載 イカはただの水分だけで栄養はほとんどないと考えておられる方は少なくないかもしれない、だが、実際は「【イカはカロリーが低く、タンパク質は存分に含まれているし、ミネラルの銅(造血作用)、亜鉛(強壮作用)や、ビタミンE(血行促進、抗老化・動脈硬化)も多く含まれているので、美容・健康・老化予防食として大いに食されるべし。特にカロリー制限の必要な「肥満」「糖尿病」の人のタンパク補給にはよい。」という健康食。ぜひ召し上がれ! 
7/7  ワクチン感染予防効果「低下」は何故? イスラエルの事例を「あさチャン!」が詳報: J-CAST テレビウォッチ 「イスラエルの保健省は5日、新型コロナワクチンの感染予防効果について新たなデータを発表。これまで、ファイザー製のワクチンを2回済ませた場合、感染の予防効果は95%以上あるとしていたが、今回の発表では6月以降64%に低下したというのだ。ちょうどその時期に当たる6月中旬ころからイスラエルではインド型の変異ウイルス「デルタ株」の感染が拡大しており、予防効果の減少にはデルタ株が影響していると見られている。一方で、重症化を防ぐ効果については93%と、これまでと同じ水準を保っている。」とある。感染をふせぐ力は低下するかもしれないが、重症化を防ぐ一定程度の効力は期待できるとのこと。 
7/6 熱海土石流 発生72時間、懸命の捜索続く 所在不明者は24人(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 「静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で起きた土石流災害で、県が5日夜に安否不明者を特定するため、対象地区の住民基本台帳に登録され、所在が確認されていない64人の名簿を公開したところ、本人や親戚から連絡があり、市は6日朝までに41人の生存を確認した。新たに登録者以外の安否不明者が1人いると分かり、所在不明者は24人となった。生存率が急激に下がるとされる「72時間」を迎える中、現場では捜索活動が続いている。」 
7/6  熱海市土石流“安否不明”24人の名前公表(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース 「静岡・熱海市で起きた土石流で、静岡県は安否の確認ができていなかった64人の氏名を公表しましたが、41人の安否が確認されたということです。一方で、1人の安否不明者が新たに追加になったため、6日午前6時時点での安否不明者は24人となっています。」、被災地域に知人がおられる方、ご確認を。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
静岡県は、6日午前6時に熱海市の土石流災害で安否不明と思われる24人の名前を公表しました。(静岡県発表・敬称略)

いずれも住所は静岡県熱海市伊豆山です。

木村京子(キムラキョウコ)

田中路子(タナカミチコ)

小川徹(オガワトオル)

太田和子(オオタカズコ)

太田洋子(オオタヨウコ)

石山昌代(イシヤママサヨ)

石山善弘(イシヤマヨシヒロ)

坂本玲子(サカモトレイコ)

臼井直子(ウスイナオコ)

古川謙三郎(フルカワケンザブロウ)

古川靜子(フルカワシズコ)

西澤友紀(ニシザワユウキ)

好川美代子(ヨシカワミヨコ)

石田明(イシダアキラ)

瀬下陽子(セシモヨウコ)

松本孝広(マツモトタカヒロ)

松本光代(マツモトミツヨ)

太田佐江子(オオタサエコ)

太田幸義(オオタユキヨシ)

眞壁定雄(マカベサダオ)

草※柳笑子(クサヤナギエミコ)※木へんの横は「夕」

坂本光正(サカモトミツマサ)

坂本紗花(サカモトスズカ)

松本季和(マツモトキワ)※6日午前6時時点に追加

【情報提供先】熱海市役所災害対策本部0557−86−6443 
7/6  イスラエル、デルタ変異株が広がり、ファイザー製ワクチンの予防効果が低下 94%→64%(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース 「イスラエル保健省が公開した統計によると、今年5月2日から6月5日まで、ファイザー製ワクチンの新型コロナの予防効果は94.3%と調査された。しかし、先月6日から今月3日までは64%に低下した。重症化に対する効果も98.2%から93%に下がった。イスラエルで初めてデルタ変異株の流入が確認されたのは4月16日のことだ。その後、デルタ変異株はワクチン未接種者を中心に急速に広がっている。日刊紙ハーレツによると、最近イスラエル内の新規感染の約90%がデルタ変異株だという。」とある。デルタ株、あらたなパンデミックの脅威になる可能性がでてきた。 
7/6  妻の浮気相手も警察官だった…兵庫県警で今度は「ドロドロ寝取られW不倫」|日刊ゲンダイDIGITAL 「いくら「職場不倫」が多いとはいえ、「まさか自分の女房までが……」と思っただろう。妻の浮気を疑い、不倫相手の自動車のナンバープレートを調べたら、所有者はナント、同じ県警所属の警部補だった――。」とある。男と女の不倫関係、どこでどうなるのやら。世の常である。 
7/6  【政界地獄耳】都議選後の戦略を決定づけたのは、世論の小池への支持 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「都知事・小池百合子は特別顧問を務める都民ファーストの会劣勢が伝えられる中、過度の疲労のため先月22日から都内の病院に入院して静養していたが、入院から9日目となる30日朝、退院した。テレワークで仕事するとしていたが、2日には弱々しい声で会見を開いた。終盤には候補者の応援にも入った。多くが都議選戦略の一つとして過労・入院という選択をしたとみたようだが、小池の政治活動のスタイルや経緯から、ここで病院に逃げたりはしない。それでは自民党の普通の議員と同じではないか。小池はあるデータを待っていたのだ。」とある。劣勢大敗をいわれていた都民ファースト、議席を減らしたといえ、土俵際でふんばったようである。それにしても小池都知事、選挙に強い。 
7/5  フランス紙が大特集「いままで日本国民のためにしてこなかったことを、選手団のためにはするのか」 | バッハ会長は日本国民の反対の声を聞こえないことにするのか | クーリエ・ジャポン 「選手団への1日3万回のPCRをなぜ住民に提供しないのか 全国で多くの新型コロナウイルス患者が、病院のベッドを待って自宅にいる。持病を抱えた人たちの治療が延期されている。」、この国は不思議である。オリンピックならばやすやすできることが国民にはやらない。 
7/5  《仏メディア痛烈批判》「日本人の気持ちを想像すべき」各国が東京オリンピック開催に反対する本当の理由 | 文春オンライン報じたのはフランスのメディア「Liberation」。《私たちの声明は、IOCの暴走を止めることを目的としている》と、痛烈な批判を展開しているのだ。 「《手遅れになる前に、この大会の中止を求めている東京や日本の人々の声に耳を傾けなければならない。日本国民の6割から8割が大会の開催に反対し、大会の安全確保のために動員される医療関係者からも反対の声が上がっている。東京オリンピックは、日本の医療システムを弱体化させることになるからだ。IOCは、恥ずかしげもなく、若くて健康的な世界中のオリンピック選手への優先的なワクチン接種を検討している。これは日本やフランスをはじめとした、大会参加国の道徳的なスキャンダルなのではないのだろうか。強い者を守ること、そして一般人の観客をスタジアムに入れることなく、広告収入を守るためにテレビ放映を行うことがオリンピック精神なのだろうか。公衆衛生や人命の価値は、コカ・コーラ社の広告の価値よりも低いのだろうか。東京オリンピックは、オリンピック精神とオリンピックの構造の「真実」を明らかにした。」、この当たり前のことにIOC、JOC、五輪組織委員会、東京都は聞く耳をもたないようである。開催によって東京発のパンデミックが起きた場合、日本政府はどう責任をとるのだろうか。 
7/5  ノーガードで打たれ続ける愚か者 | 長周新聞 「現状では万歳突撃、一億火の玉でコロナウイルスのなかをマスクだけして丸裸で突っ込んでいるような愚かな状態である。感染爆発がわかっていながら五輪を強行し、挙げ句の果てには治療すら受けられない自宅待機の医療難民が出たり、救急車すらたらい回しにされるような第三波と同じ悲劇をくり返すというのは、国民の生命や安全に対してあまりにも無責任といわなければならない。それは犠牲を生み出して憚らないという態度にほかならない。そして、東京五輪を経由して各国に変異株を持ち帰るようなことにでもなれば、日本政府の責任は重大である。選手村でコンドームを配り散らして濃厚接触を促すというのだから、その危険性は十二分にあるのである。」、まさに正論である。 
7/5  すいか スイカ 西瓜 | 豊洲市場ドットコム|豊洲市場ドットコム スイカの効能、「様々な機能性成分や栄養素がスイカには含まれますが、特に注目なのが、リコペンとシトルリンです。カロテノイドの一種リコペンと言えばトマトを思い出しますが、スイカはトマトの1.5倍も多くリコペンを含んでいます。さらにスイカはトマトよりもたくさん食べられるので、含有量はトマトの1.5倍×数倍の摂取量=リコペン摂取の切り札!と言えるでしょう。」、「スイカ以外の食品にはほとんど含まれない、アミノ酸の一種シトルリンは、欧米では医薬品やサプリメントとして広く利用されています。特に注目されているのは、シトルリンが体内で一酸化窒素(NO)の生成に大きな役割を果たすことです。一酸化窒素は血管を健康に保つ上で、非常に重要な役割があります。まさに、男女を問わず、アンチエイジングの必需品的栄養素です。」旬のスイカ、ぜひ召し上がれ。 
7/5  安倍前首相「五輪に反対する人は反日的」またまたトンデモ主張|日刊ゲンダイDIGITAL 「<極めて政治的な意図を感じざるを得ませんね。彼らは、日本でオリンピックが成功することに不快感を持っているのではないか。共産党に代表されるように、歴史認識などにおいても一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています> 今夏の開催に反対する声が根強いのは、現状で強行すればコロナ感染再拡大や医療崩壊のリスクがあるからだ。決してイデオロギー的な対立ではない。安倍氏は、世論調査で中止や延期を求める6〜7割の人も反日的だというのか。懸念を宮内庁長官が代弁した天皇も反日的か。」だそうである。安倍前首相、病気はまだ治っていないようである。 
7/2 米、日本の技能実習を問題視 国務省が人身売買報告書(共同通信) - Yahoo!ニュース 「米国務省は1日、世界各国の人身売買に関する2021年版の報告書を発表した。日本については国内外の業者が外国人技能実習制度を「外国人労働者搾取のために悪用し続けている」として問題視。政府の取り組みは「最低基準を満たしていない」として4段階評価で上から2番目のランクに据え置いた。」、テレビの報道特集でもたびたび取り上げられているが、技能実習生の待遇はあまりに非人間的である。正当な報酬、労働条件の改善が必要であろう。 
7/2  終夜運転の「はちゃめちゃな矛盾」皮肉ったデーブ・スペクター「詳しくは丸川さんに」コメントも『皮肉モード』(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース 「映像プロデューサーのデーブ・スペクターさんは1日、ツイッターで「すみません、日本語が不自由なもので。夜8時以降の飲食店の営業はダメで終電も早められたのに、五輪期間中は鉄道が終夜運転。どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKになるんでしょう」と、「自称外人」(本人談)が東京五輪・パラリンピックを皮肉った。」、まさにそのとおり。日本人のニュースキャスターからは、あまりこういう話が聞かれない。 
7/2  福田元首相 財務省決裁文書改ざん 一連の政府対応に苦言 | 森友学園問題 | NHKニュース 「公文書管理の重要性について「健全な民主主義を進めるためには国民が真実を知ることが大事だ。作成すべき文書が作成されず、保存すべき文書が保存されていないのであれば、国民に対する背信と言わざるをえない」と指摘しました。そのうえで、財務省の決裁文書の改ざんについて「極めて遺憾な問題で、公文書管理法の制度も理念も覆すような事件だった。行政的には決着したと言われているが、そう簡単に割り切れるものなのかどうか、政治としても考えなければならない」と述べ、一連の政府の対応に苦言を呈しました。」とある。安倍前首相、菅首相はどう聞くのだろう。 
7/2  【春の久嬢体操】雨の日にもオススメ! 両ヒジパタパタおうちでお散歩 | 東スポのヘルスに関するニュースを掲載 「自宅でお散歩しましょう。しっかり脚を上げて、家の中を行進してみてください。冷蔵庫に物を取りに行くとき、トイレに行くとき、ちょっとした時間に下半身のトレーニングができちゃいます。脚を高く上げれば股関節も伸ばせますよ。おうちだと他人の目がないので、一緒に腕も動かしちゃいましょう。脇を締めたり開いたりしながら両ヒジを肩まで上げるパタパタ運動(私の体操でよく出てくる動きです)をしながら歩けば、肩甲骨周りの筋肉もほぐせるので肩凝り解消にもなります。ウオーキングは猫背厳禁なんですが、パタパタをやることで自然と胸を張れるのもポイントです。」、ぜひお試しを。 
7/2  桃の美しいむき方と食べごろ<日本橋 千疋屋総本店>のプロが教えます。キウイ、マンゴー、メロンのカット方法も解説! | 三越伊勢丹の食メディア | FOODIE(フーディー) 今が旬の桃、「【桃の食べごろ】ヘタ側の弾力を確認する」、「【桃のむき方・切り方】皮つきのまま切って種をとる 桃はつぶさないよう、カットしてから皮をむきます。」だそうです。ぜひご参考に。 
 7/1 選手検査も不十分! 五輪強行で都内重症者500人増のリスク | 女性自身 「〈無観客開催は、会場内の感染拡大リスクが最も低いので、望ましいと考える〉〈観客がいる中で深夜に及ぶ試合が行われていれば、営業時間短縮や夜間の外出自粛等を要請されている市民にとって、「矛盾したメッセージ」となります〉6月18日に、そんな文言が書かれた“提言”を発表したのは「コロナ専門家有志の会」だ。」、もはやいっさい聞く耳をもたない菅政権。感染爆発にまっしぐらである。
 7/1  東京の感染「ステージ4」相当 小池知事が「直ちに酒類提供の全面停止を要請」と懸念した水準に :東京新聞 TOKYO Web 「東京都は30日、新型コロナウイルス感染者が新たに714人報告されたと発表した。1日当たりの感染者数が700人を超えるのは5月26日以来。11日連続で前週の同じ曜日を上回り、直近1週間の前週比は5日連続で1・2倍超となった。東京五輪・パラリンピックの開幕を控える中、リバウンド(再拡大)傾向が強まっている。」、確実に感染爆発が起きている。11日以降は蔓延防止から緊急事態宣言への移行が必要になる。
 7/1  丸川五輪相「一次的な免疫」発言 専門家が完全否定「医学的には全く理解不能」/芸能/デイリースポーツ online 「フジテレビ系「バイキングMORE」が30日、丸川珠代五輪相が29日の閣議後の定例会見の内容を取り上げ、「1回目の接種で一次的な免疫をつけていただくということ」との発言に、愛知医科大学病院感染症科・三鴨廣繁氏は「国民にわかりやすい言葉で説明されたかもしれませんけれども、まあはっきりいって医学的には全く理解不能」と切り捨てた。」、丸川珠代五輪相、ありえないほど無知である。彼女の言葉を借りれば「愚か者!」というべきだろう。
 7/1  【病気を吹き飛ばす食図鑑】カボチャ 豊富なビタミン類が動脈硬化や感染症の予防・改善に効果的 | 東スポのヘルスに関するニュースを掲載 「カボチャ」、実は「黄色の果肉に含まれているビタミンA(カロチン)は血管壁や皮膚・粘膜を強化し、皮膚の美容、動脈硬化や眼精疲労、風邪や肺炎などの感染症の予防・改善に効果的である。また、カボチャのビタミンE含有量は野菜の中ではトップクラスで、このEとカロチンはガンをはじめとする万病の一因とされる活性酸素を除去する作用が強力だ。」とのこと。ぜひ召し上がれ。
 7/1  ファイザーとモデルナのワクチン、どれくらい予防効果が持続する? その「答え」が見えてきた(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社 「ファイザーが提供するmRNAワクチンは永続的な効果があり、一旦接種が完了した後は、少なくとも数年間は新型コロナ感染症の発症を予防してくれそうだ――英国の科学誌ネイチャーのオンライン版に最新の研究成果が発表された。」とある。これが事実なら朗報である。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2021年7月の掲載



Copyright 爽快倶楽部