TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2021年4月の掲載


 4/28  都のワクチン予約サイト、27万人分の個人情報が閲覧可能に…5月上旬の再開目指す : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン 「東京都は27日、医療従事者向け新型コロナウイルスワクチン接種の予約サイトに不具合があり、ネット上で一時約27万人分の個人情報が閲覧できる状態になっていたと発表した。情報が悪用された形跡は確認されていないが、都はサイトでの予約受け付けを停止し、電話のみでの対応に変更した。」、それにしても政府を含め自治体のデジタルアーカイブ、いつも穴だらけである。これで行政のデジタル化、先がおもいやられる。鉄壁のファイアウォールの意味が理解できていない。
 4/28  東京都 新型コロナ 925人感染確認 900人超は1月28日以来 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「東京都は28日、午後3時時点の速報値で、都内で新たに925人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の発表人数が900人を超えるのは、ことし1月28日以来です。」、危険水域に入ってきた。変異株によるものであろうが、今後さらに爆発的感染拡大の警戒が必要である。
 4/28  橋下徹を論破「日本城タクシー社長」が斬る! 吉村洋文、小池百合子…でも一番は「竹中平蔵を叩きのめしたい」(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース 日本城タクシー坂本社長の言、「小池都知事が作業服を着ているのはコロナ対策の一環なんですか? 『東京に来ないで』と言うてるけど、それは皆が判断すること。小池さんが、せなならんのは、五輪を中止することや。疫病が流行っているのだから、止めることが大事。もうじき世界中からメディアが大勢来て、変異ウイルスを連れてくる。すでに東京も大阪と同じ状況になり始めているのやから、すぐに検査しないと。なぜそれができないの?彼女の仕事は、何歳までワクチンを打つことにするとかを議論すること。『来ないでください』『出歩かないでください』『手を洗ってください』と言うのは、テレビCMで十分足りることや」、まさに正論。さらにこう続く。「いま、日本は国難とも呼べる状態。そういうなかで、竹中氏および成長戦略会議の面々は、いちばん邪魔になってるんちゃうかな。彼の仲間のデービッド・アトキンソン氏は、『中小企業、半分になったらええねん』と言うてるけど、日本の会社の95%は中小企業。何千万人の失業者を出せば、気がすむんや。完全雇用で幸せだった日本の雇用制度を、竹中平蔵たちが破壊したんや」、国民はそろそろ気が付くべきである。
 4/28  【新型コロナウイルス】空港検疫「行動歴インド」陽性急増!二重変異株もう蔓延か|日刊ゲンダイDIGITAL 「無症状の陽性者はウイルス量が少なく、抗原検査で陰性となる『偽陰性』が少なくない。入国者はほとんどが無症状なので、偽陰性の確率は高い方でしょう。水際対策の最後の要である空港検疫で抗原検査を採用するのは“自爆”を招くようなもの。抗原検査をすり抜けたインド由来の二重変異株感染者が入国し、既に感染を広めていてもおかしくありません」、英国型変異株に続いて、インド型二重変異株がでてきた。危険度がさらに上がってきた。
 4/28  東京五輪期間中に看護師500人確保へ「医療体制の逼迫は承知」組織委員会(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 「東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の理事会が26日、都内で行われた。終了後に武藤敏郎事務総長(77)が会見し、大会期間中の医療人員として看護師500人の確保を日本看護協会に依頼したことを認めた。」、医療体制が崩壊寸前の状況下にあって、看護師をオリンピックに回せという組織委員会、「こういう話は、前広に(前もって)相談しないと、直前になっても対応できないということになる。最終的には、観客上限(の結論)による。その前に、対応いただく時間があるように、この段階で相談した」、「医療体制の逼迫(ひっぱく)は十分に承知している。ただ、大会開催に当たってはコロナと関係なく、常に医療体制を考えなければいけない。暑さ対策への整備も必要になる。一方で、地域医療への悪影響を避けなければいけない。先ほども申し上げたが、シフトや勤務時間の相談をさせていただき、対応したい」とある。。国民の命よりもオリンピックが大事なようである。
 4/27  大阪 堺 高齢者ワクチン接種の予約開始 電話つながらず断念も | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース 「予約は電話とインターネットで受け付け、このうち、市が設置したコールセンターでは午前9時に受け付けが始まると、次々に電話がかかり、対応に追われていました。今回はワクチンの供給が限られるため予約できるのは9000人で、市は混乱を避けるため受け付けを原則、75歳以上に制限しましたが、電話はつながりにくい状態が続いたということです。」、接種の予約がなかな取れない、これから始まる都内デモンストレーション同様であろう。
 4/27  池袋暴走事故 被告「踏み間違えた記憶は一切ない」無罪主張|NHK 首都圏のニュース 「事故の時の状況については「アクセルを踏んでいないのにエンジンが高回転した。車が制御できず、非常に恐ろしく感じ、パニック状態だったと思う。ブレーキを踏んだが、減速せずにますます加速した」と述べました。弁護士が現在の心境を尋ねると、被告は「松永さん親子が亡くなられたことについては、ご冥福をお祈りしたい気持ちでいっぱいです。裁判の結果がどうであろうと、悲惨な事故のことは重く受け止めようと思います」と述べました。一方、検察官が「ブレーキとアクセルを踏み間違えたと、自分でも思っているのではないか」と尋ねると、被告は「踏み間違えた記憶は一切ない」と述べました。」とある。車の故障であれば自動車メーカーに損害賠償が向く。真実はどこに。
 4/27  【新型コロナウイルス】変異株蔓延で重症者数“第3波超え”必至 コロナ死も激増へ|日刊ゲンダイDIGITAL 「とうとう26日、新型コロナウイルスの死者数が累計1万人を超えてしまった。変異株が猛威を振るい、感染者数のピークアウトが見通せない中、重症者数や死者数は、第3波以上に深刻な事態になりかねない。」、素朴に思うが、政府はこの1年で何を学んだのか。このままでは死屍累々となろう。
 4/27  【政界地獄耳】ちらつく安倍晋三の名前 ポスト菅が見当たらない - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「23日の会見で首相は「私の総裁任期の中で、機会を見て考えなければならない」と解散をしてからの総裁選を模索する発言が続いているが、党内にはそもそも「菅で戦えるのか」と選挙の顔をすげ替えるべきだとの声もくすぶる。ところがポスト菅が見当たらないというのが党内の本音でもある。広島で勝利していれば岸田文雄の株も上がるのだが、宏池会も志公会のワクチン相・河野太郎が出てくるようなら岸田をあきらめ元文科相・林芳正にシフトする動きがある。平成研も外相・茂木敏充、官房長官・加藤勝信らの名前は挙がるものの一本化に至らない。最大派閥・清和会は先の下村、売り出し中のコロナ相・西村康稔あたりが候補だろう。」とある。自民党に人材がいない。どうしたものか。安倍氏が再登板、途中で2回も政権を放り投げた男に、はたして支持が集まるのだろうか。
 4/27  【政界地獄耳】決断できない菅政権 コロナ対策は五輪対策でしかない - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「コロナ対策はオリンピック(五輪)対策でしかなく、国民の生命や財産よりも五輪開催という体裁が優先されることに政権内の議論があったとは思えない。米AP通信は「菅はこれ以上経済にダメージを与えることに消極的」と書かれ、誠に的を射ていると思うが、さすがに昨年末あたりから経済とコロナ対策の両輪などというアクセルとブレーキを同時に踏むような政策を“コロナ担当”の経済再生担当相・西村康稔も言わなくなった。五輪に対しては国民の中に1964年の東京五輪の思い入れが強くあり、関係するアスリート世代よりも、親や指導者に五輪への憧憬(しょうけい)が強い。ところが菅政権は明確なメリハリと決断ができず、五輪開催こそが成功だと考える。また政府内には国民の7割以上が常に五輪開催に反対しているものの、いざ東京で始まれば反対していた人たち誰もがテレビで競技にくぎ付けになり、メダルラッシュに沸けば誰も「反対」などと言わなくなると思っている。」とある。感染が拡大している状況下ではオリンピックで騒ぐわけにはいかないだろう。
 4/26  「脱炭素」と「EVシフト」で崖っぷち…社長が口走った「トヨタが日本から出て行く日」(週刊現代) | マネー現代 | 講談社 トヨタ自動車・豊田氏の話、「カーボンニュートラルに関する報道を見ておりますと、『車がすべてEV(電気自動車)になればいい』という話が多いが、そんな単純なものではない。日本は電力の75%が石炭や天然ガス、石油などのCO2(二酸化炭素)を発生させる化石燃料に頼っています。これから先はCO2排出量の少ない国で作ろうとシフトしていく可能性がある。東北で作ったヤリスとフランスで作ったヤリス。同じ車であっても、日本で作ったものは世界で買ってもらえなくなる。そうなると国内で自動車産業に従事する550万人のうち70万〜100万人の雇用に影響が出てくると思います。いまのまま行きますと、日本で生産ができなくなる可能性があります」とある。カーボンニュートラル、簡単にはいかないかもしれない。
 4/26  膳場貴子アナ、緊急事態宣言や東京五輪に向けた政府の対応をバッサリ。「全て代弁してくれた」と話題に 「「報道特集」(TBS系)でのキャスターの膳場貴子キャスターの発言、「まずは丸川五輪大臣にピシャリ。「本当に大臣ですか?」 24日の番組では、23日に開かれた丸川珠代五輪担当大臣の会見の模様を放送。番組で同じくキャスターを務める金平茂紀氏が会見で、「オリンピック開催と感染対策、どちらが優先事項と思われていますか」と質問した。これに対し丸川氏は、「感染対策について1番の現場を持っているのは東京都。そして東京都はまさに五輪の主催者でありますので、どのような大会を実施すれば実際に医療の現場を預かる東京都としてどのような負荷が医療にかかるのかというのは、1番よくご存じだと思います」と回答。金平氏が「いや、丸川大臣がどのような認識かを聞いたんですけど」と追及すると、丸川氏は「私も、組織委員会が観客の規模に応じてどの程度の医療が必要か精査しています。残念ながら観客の規模を決めるのは少し先になると思いますけれども、それに応じて必要な医療も変わってくると思う」とはぐらかし、質問に正面から答えなかった。」、五輪担当大臣、いったい何のためにいるのだろうか。
 4/26  衆参3選挙で与党全敗 次期衆院選の前哨戦、菅政権に打撃(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 「菅政権発足後初の国政選挙となった参院広島選挙区再選挙、参院長野選挙区補選、衆院北海道2区補選は25日投開票された。激戦だった広島再選挙は、諸派新人の宮口治子氏(45)=立憲民主党、国民民主党、社民党推薦=が、自民党新人の西田英範氏(39)=公明党推薦=ら5氏を破って初当選した。自民は長野補選でも敗北し、候補者を立てなかった北海道2区補選と合わせて「全敗」となった。政権には大きな打撃で、菅義偉首相の今後の政権運営に影響を与えそうだ。」とある。自公政権が自分で招いた敗北である。有権者はしっかりと見ていたことになる。
 4/26  5回目の緊急事態宣言も? 解除タイミングの違いで予想: J-CAST テレビウォッチ 「今回の緊急事態宣言は5月11日(2021年)までの17日間だが、どう決まったのか?毎日新聞によると、「なるべく短く」と言う菅義偉首相に対し、田村憲久・厚労相と西村康稔・経済再生担当相は「3週間以上必要だ」と主張したようだ。最終的には、「宣言の効果が表れる期間」として2週間プラス「様子見の期間」の3日間を加えて、17日間になったという。」とある。自公政権、科学よりも政治が優先しているようである。これでは新型コロナとは戦えまい。「コメンテーターの玉川徹(テレビ朝日)は、「政府の危機管理の問題だ。(1)人と人との接触で感染する、(2)感染するかどうかは検査でわかる、ことはかなり早い段階からわかっていた。大規模な検査をすれば、感染者は広がらないと、第一波の段階でわかっていた。検査のコストを指摘する人がいたら、政治家が、1人に10万円払ったんだから、と言えば、一発で収まった」 コロナ解消と五輪開催との「二兎追い」が失敗のもとだった。って、まだわからないの?」、さて菅政権、懲りていないようである。
 4/26  バッハ会長の5月来日が理由? 「東京に緊急事態宣言」の不鮮明: J-CAST テレビウォッチ 今回の緊急事態宣言の期間、どうもオリンピック開催のためのようだといわれている。−それによると、IOCのバッハ会長の来日に合わせた「バッハシフト」が、緊急事態宣言の期間設定の背景にあるという。バッハ会長は5月17日に来日し、広島市で聖火リレー関連の式典に出席した後、翌18日に東京で菅義偉首相や小池都知事らと会談に臨む予定だ。「会談が緊急事態宣言中の節目として世界に報じられれば、国内ばかりか国際世論、一部参加選手内にある開催懐疑論をさらに高めることになりかねないとして、バッハシフトを検討したと(記事は)伝えています」−どうしたものか。
 4/23  緊急事態宣言3度目の発令 4都府県に、25日から5月11日: 日本経済新聞 (菅義偉首相は23日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令した。期間は4月25日から5月11日までの17日間。酒類を出す飲食店や、生活必需品の売り場を除く1千平方メートル超の大型商業施設が休業要請の対象になる。大型連休中の人の流れを抑え込む対策を重視する。」、相変わらずの後手後手のつけ焼け刃、これでは感染は収まるまい。
 4/23  安倍氏が朝日新聞批判「捏造体質変わらないようだ」具体例示さず | 毎日新聞 「安倍晋三前首相は22日、東京都内で行われた講演で、朝日新聞の報道について「なかなか、捏造(ねつぞう)体質は変わらないようだ」と批判した。「捏造」の具体例については言及しなかった。」、とある。いったいどの口が言っているのだろうか。懲りない男でである。
 4/23  印の1日あたり感染者 31万人超|au Webポータル国際ニュース 「インドで22日、新型コロナウイルスの新規感染者が31万4835人報告され、1日あたりの感染者数としてはパンデミック(世界的大流行)発生以降で世界最多を記録した。新たな死者も2104人に上り、国内で過去最多となった。」、たしかにインドは人口は多いが、この感染者数は尋常ではない。危機的状況である。
 4/23  麻木久仁子「五輪選手にすることを私たちにもしてください」…毎日検査報道に思い/芸能/デイリースポーツ online 「麻木久仁子が21日、ツイッターを更新。東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が大会期間中、毎日選手にウイルス検査を実施する意向を示したという記事を添付し「五輪選手にすることを、私たちにもしてください」と訴えた。麻木は橋本会長が述べた「選手へ毎日検査」について「大変良いと思います。そうすべきです」と賛成の意向を示すと「ではなぜ同じことを日本国民にしないのか」と投稿。このツイートにぶら下げる形で「もうやみくもな検査がどうこうとかいう議論は、勝負ついた。五輪選手にすることを、私たちにもしてください。五輪選手に精一杯のことをしてください。おなじことを『五輪のために税金を払っている』国民にもしてください」と訴えた。」、」まさに正論。
 4/23  土屋アンナ「絶対やめた方がいい」 わいせつ教員の現場復帰問題: J-CAST テレビウォッチ 「日本大文理学部の末冨芳教授は、「性犯罪で失効になっても、他の都道府県で大学の卒業証明書を提示すれば、すぐ取れるんです。面接も筆記試験もありません。役所に書類を出すだけ」と解説する。文部科学省は、わいせつ行為などによる教員免許失効の官報掲載を40年間検索できるようにするなど(現在は3年間)、「二度と教壇に立つことがないように、教職員免許法改正を検討しているが、法制上の課題が多く進んでいない」(荻生田文科相)という。」とある。わいせつ教員は再び教壇に立たせてはいけない。
 4/22 都の緊急事態措置案判明 酒提供の店に休業要請|NHK 首都圏のニュース 「東京都に緊急事態宣言が出された時の措置の案が、関係者への取材でわかりました。このなかで、飲食店については酒を提供する店に対して休業要請を行います。提供しない場合は、午後8時までの時短要請を行います。また、大型商業施設は床面積の合計が1000平方メートルを超える場合、生活必需品を販売するエリアを除いて休業するよう協力を求めます。さらに、イベントについては、社会生活の維持に必要なものを除き、原則、無観客で開催するよう協力を求めるとしています。」とのこと。
 4/22  CNN.co.jp : バイデン氏、ワクチン接種2億回を「今日達成する」 就任92日で実現 「バイデン米大統領は21日、新型コロナウイルスのワクチン接種を就任100日以内に2億回実施するとの公約を同日中に達成するとの見通しを示した。バイデン氏は「明日のワクチン接種の数値が出てくれば、今日我々が達成したとわかるだろう。就任92日で2億回の接種を達成する」と述べ、公約の100日より短い期間で達成することを強調した。」、なぜ米国にできて日本でできないのか。「バイデン氏は続けて「ワクチン接種に向けた我が政権の働きを誇りに思う。だがそれ以上に、米国民を誇りに思っている」と語った。」、この言葉、日本の首相をどう聞くのだろう。
 4/22  IOC会長発言「火に油だ」 “緊急事態、五輪と無関係”に批判 | 毎日新聞 「国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が21日の記者会見で「緊急事態宣言と東京オリンピックは関係がない」と発言したことに対し、関係者からは「バッハ会長の発言は火に油を注いでいる」と批判的な意見が聞かれた。」、なにがなんでも開催したいのは日本だけはなくIOCも、である。「ツイッターでは「東京五輪と無関係」がトレンド入り。「関係ないわけないだろ」「無関係なら(1回目に緊急事態宣言が発令された)2020年に開催できたはず」などの意見が投稿された。」、まさに正論。
 4/22 同時多数交際男の詐欺を暴いた 女性の観察・録音・SNSチェックの執念: J-CAST テレビウォッチ 「複数の女性と同時に交際し、誕生日を偽ってプレゼントなど10万円相当をだまし取ったとして、おととい20日(2021年4月)、39歳の男が逮捕された。男の姑息な手口もさることながら、驚くべきは、男の行動が「クサい」とにらみ、真相を追及した交際相手の女性Aさんの行動力だ。警察が逮捕容疑の対象にした被害女性は3人だが、Aさんによると「確認できた(交際女性の)人数は42人」という。」、なぜ、こんな男に騙されたのだろう。不可解である。
 4/22  『ひるおび!』神奈川県民が謝罪「テレビに出すな」「県民として恥ずかしい」「いち県民として深くお詫びします」 - いまトピランキング 「黒岩知事は「私自身が持ってた副案ってのもあったんです、これは全く認められないんですけどね」と切り出し、「救急救命士を上手くトレーニングすれば…」と却下されてしまった自身の考えを語っていた。視聴者からは《黒岩知事、やっぱりはっきりしゃべるだけで、吉村知事と同じく中身がない。特に、救急救命士にワクチン打たせるという発想、救急対応の人員なんだからワクチン打たせる暇ないでしょ。却下されて当たり前》などの厳しい声が続出している。また神奈川県民からは、《またウチの黒岩が…。いち県民として深くお詫びします》」とある。黒岩氏を選んだのは神奈川県民である。
4/21  京都府、緊急事態宣言の要請を正式決定 「まん延防止」感染抑制につながらず|医療・コロナ|地域のニュース|京都新聞 「京都府は21日、京都市上京区の府庁で新型コロナウイルス対策本部会議を開き、改正特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を政府に要請することを決めた。府に宣言が発令された場合、昨年4月と今年1月に続いて3度目となる。」、大阪、兵庫に続いて京都も緊急事態宣言発言発令要請となった。変異株、これで収まるといいのだが。 
4/21  菅首相、東京に緊急事態宣言を発令した場合も「五輪に影響ない」 | 毎日新聞 「菅義偉首相は20日夜、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を東京都に発令した場合、東京オリンピックの開催判断に影響するかどうかを問われ、「オリンピック(への影響)はないと思っている。安全・安心な大会になるように政府として全力を挙げていきたい」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。」とある。さて、いかなるシナリオがあるのか。主要国選手の非参加、無観客開催なのであろうか。 
4/21  【ワクチン】菅政権ワクチン「9月メド」の大嘘 ファイザーとは“口約束”|日刊ゲンダイDIGITAL 「菅首相とブーラCEOの電話協議について、日刊ゲンダイがファイザー日本法人に問い合わせたところ、「(追加供給について)協議は継続中である」(広報担当)とのこと。政権が喧伝する「9月までの供給」「実質合意」の中身は、合意書すらないばかりか、まだ話し合いの途中なのだ。」、「ブーラCEOは契約状況について〈EUにワクチン1億回分を年内に追加供給することをお知らせします〉〈2022年の契約をイスラエル政府と初めて交わし、数百万回分のワクチンを供給する〉――と、逐次報告している。しかし、菅首相との協議については〈ワクチンの追加供給について菅首相と協議した〉としか触れていない。」、オリンピック開催にとってワクチン接種が絶対必要条件だとすれば、ファイザー社のワクチン供給について米国バイデン大統領のサポートはなかったのだろう。 
4/21  利権で汚れた五輪の中止を英断できるか/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「日米首脳会談の会見でもこの五輪問題の質問を日米首脳は聞こえなかったか、忘れたかスルーした。それが政治家の想像力を超える現実だからか、日米で開催に強い温度差があるからかはわからない。ただ米国は参加可否の理由に米国人のワクチン接種により参加可能であるものの、日本は五輪開催までにワクチン接種が間に合わず、ましてファイザー社CEOは首相・菅義偉の面会を拒否、米国内での電話会談というお粗末な結果になった。その結果、ワクチン供給は9月以降となったが、既に五輪は終わっている。そんなワクチン接種のない国へ行くのが嫌だと考える世界のアスリートや関係者がいるのは当然だろう。」、およそ3ヶ月後となったオリンピックに関し、米国バイデン大統領はなぜ、言葉を控えたのか。世界主要国の首脳にとって、新型コロナとの戦いはまさに戦争であるということだろう。
4/21  謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総省が「本物」と認める | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「<サンディエゴ沖の警戒空域でミサイル駆逐艦ラッセルから撮影されたピラミッド形の物体の映像が流出し、米国防総省は「本物」と認めた...... >」、「ピラミッド形の物体の未確認航空現象(UAP)は、2019年7月、サンディエゴ沖の警戒空域でミサイル駆逐艦ラッセルから撮影されたものだ。この物体は高度210メートル付近で浮遊しており、他にも複数のピラミッド形の物体が同時に確認されている。」とある。いわゆるUFO、本当にそんざいするのかどうか、もし実際にそんざいするとすれば、いったい誰が操縦しているのか。
4/20  大阪府「緊急事態宣言」の要請決定 吉村知事「まん延防止では効果が十分でない」(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE) 大阪府が、国に緊急事態宣言の発出の要請、「吉村知事は「医療がひっ迫している状況を考えると、まん延防止等重点措置では効果が十分ではないこと、変異株の感染拡大力、重症率の高さを考えると、緊急事態宣言を要請すべきだと思います」、「今後、緊急事態宣言を出すかどうかは国の判断になるとは思いますが、人流を抑えていくということを考えると、大型の商業施設であったり、遊興施設、テーマパーク、地下街、大型の映画館であったり、そういったところの休業要請も含めたより強い内容の緊急事態宣言を協議してもらいたいと思います」とある。これでなんとか下火になってくれるといいのだが。
 4/20  菅首相直電交渉のファイザーワクチン追加供給は口約束? 「合意書なし」と厚労相:東京新聞 TOKYO Web 「田村憲久厚生労働相は20日の参院厚生労働委員会で、菅義偉首相と米ファイザー社首脳による新型コロナウイルスワクチン追加供給に関する実質合意に関し「合意書を交わしているわけではない」と明らかにした。」、米国は契約社会である。口約束はただのお話でしかない。
 4/20  菅首相が吉村知事と違ってわきまえない小池知事に不快感「緊急事態宣言の主導権は渡さない」〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 東京都の小池百合子知事による緊急事態宣言の要請、これに関して、「しかし、肝心の菅官邸は小池知事の「先手先手」発言にカチンとなっているという。「菅首相は当初、『(緊急事態宣言を出し)休業要請となると財源(国費負担)の懸念がある』と財務省に忖度して宣言には消極的でした。ところが、『わきまえない女』の小池さんが突如、空気を読まず、大阪より先に宣言要請発言をしてしまったことで、吉村知事も引けなくなってしまいました。現在、菅首相は『吉村さんとは大違いだ。決めるのは私であって、簡単には(小池さんの)要請は受けない』と本気で不快感を露わにしています」(官邸関係者)」とある。感染防止より政治の面子が優先する政治、これでは感染がおさまるはずもない。
 4/20  「日本が世界から置いて行かれる」恐怖 ワクチン遅れで菊間千乃が指摘: J-CAST テレビウォッチ 「新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、菅義偉首相は19日(2021年4月)、「接種対象となる国民全員分を9月までに供給するめどが立った」と改めて強調した。しかし、自民党の下村博文政調会長は、自治体によっては医療関係者が足りないため、「全員が接種を終えるには、来年春ぐらいまでかかるかもしれない」。65歳以上の高齢者は、場合によっては来年までかかるのではないか、という。」、どちらが本当なのであろう。玉川徹氏は、「日本のワクチン接種は、3か月遅れたんですよ。この遅れがなかったら、この波(第4波)はなかったと思う。ワクチンの調達が遅れたことの意味はものすごく大きいと思う」。玉川「田崎さんにぜひ聞きたいんですが、政府はホンネでは、緊急事態宣言を出したくない、と感じられる。出したくない理由は、何が一番大きい?」と指摘。どうしたものか。
 4/20  岩田健太郎医師が日本のコロナ対策に苦言 「第4波は来るべくして来た」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)  「第4波の到来を防ぐチャンスはありました。国内で最初に変異株への感染が報告されたのは昨年末でした。その際、水際対策や、変異株に感染した人と濃厚接触者に対する疫学的な調査を、徹底的に強化するべきでした。当時は「変異株はまだ面的な広まりがない」といった理由で、海外に比べれば緩やかな対策しかとられませんでした。しかし、山火事と同じで、面的に広がっていない時こそが消火のチャンスだったのです。新規感染の半数以上を変異株が占めるまで広まってから抑え込もうとしても無理です。」、何故、こんな事態になってしまったのか。
 4/19  大阪 吉村知事「緊急事態宣言」国に発出要請する考え示す | 新型コロナウイルス | NHKニュース 大阪は末期的状況にある。「大阪府の吉村知事は、府内で新型コロナウイルスの感染の急拡大が続いていることを受けて、さらなる感染拡大を食い止めるため、国に対し近く緊急事態宣言の発出を要請する考えを示しました。」、この事実を招いた原因は吉村知事の感染予測への誤りがある。
 4/19 週内にも「緊急事態宣言」要請へ、東京都で405人の感染確認|TBS NEWS 「都内では、今月12日からまん延防止措置が適用されていますが人流が抑制されておらず、感染力の強い変異ウイルスの感染拡大が続いていることから、より強い措置が必要と考えているということです。休業要請する場合の対象範囲は、宣言の期間とともに、今後、国と調整を進めていく方針です。」とある。感染拡大危機を予測した早期の緊急事態宣言、間違ってはいないと思う。が、ここにいたる前に、何故PCR検査の拡大、感染陽性者の徹底した隔離を何故、おこなわなっかたのか。
 4/19 新型コロナ感染拡大で「学校閉鎖」も 尾身氏:時事ドットコム 「尾身氏は「学校では今、子どもたちも変異株で感染しやすくなっている」と指摘。その上で「検査の対象を学校まで広げることは当然考えられる」とも語った。」とある。変異株が子供への感染を拡大するとすれば、早期の学校閉鎖は有効だろう。
 4/19 大阪の医師「医療はもう崩壊」 「災害レベル」指摘も: J-CAST テレビウォッチ 「8日(2021年4月)の感染者が過去最多の1220人だった大阪府の市立十三市民病院は、新型コロナの「中等症患者」専門だが、重症化しても転院先が見つからず、先週末現在4人が重症化転院待ちだ。入院フォローアップセンターへ転院の調整を問い合わせたところ、重症患者の転院は80人待ちだという。大阪市内の病院に勤める医師は、「70代後半以上の患者が重症化した場合、家族の了解を得て人工呼吸器の使用を見送ることがある」という。これまでに、「約10人の患者の治療を断念」。「医療はもう崩壊している」という。」、大阪はまさに地獄の様相を呈してきた。
 4/19 ワクチン追加「実質合意」の深層 「本当なら」喜びたいが...: J-CAST テレビウォッチ 「新型コロナウイルス感染症の急拡大を受け、小池百合子・都知事が「東京に来ないで」と発言したことについて、黒岩祐治・神奈川県知事が「無理だと思う。笑っちゃいますよ」と酷評した。」、この黒岩という男、感染拡大の深刻さに対する真剣みがまったくない。実に愚かとしかいいようがない。
 4/16 「既に医療崩壊が起きている」大阪・重症病床ひっ迫で悲痛の声|TBS NEWS 「新型コロナの感染拡大が止まらない大阪。重症患者数が病床数を上回る状態が続いていますが、医療現場から「既に医療崩壊が起きている」という悲痛の声があがっています。大阪府では15日、過去最多となる1208人の感染が確認されるなど3日連続で1000人を超えました。重症患者の数は15日時点で261人ですが、確保できている重症病床は241と患者の数が病床数を上回っている状況です。このため、重症患者35人は軽症・中等症の受け入れ病院で治療を受けています。こちらの病院でも、重症化した患者の転院先が見つかりません。」、大阪ではすでに医療崩壊が始まっている。
 4/16 CNN.co.jp : ワクチン接種率世界3位、それでも感染再拡大 世界がチリに学ぶべき教訓 「英オックスフォード大学の統計によると、14日現在、チリの人口100人当たりのワクチン接種率は38.94人と、イスラエル(61.58人)、英国(47.51人)に続いて世界で3番目に多く、米国(36.13人)を上回る。ところが流行が収束する様子は見えない。先週は2日連続で、1日当たりの症例数が流行が始まって以来の最多を更新した。新規の症例数は8日が8195例、9日は9171例だった。今週に入って1日当たりの新規の症例数は減少に転じたが、12月から始まった増加傾向は現在も続いている。」とある。ワクチン接種だけだは感染はおさえこめない。
 4/16  【新型コロナウイルス】“大阪級”コロナ感染爆発で全国新規1日1万5000人の衝撃試算|日刊ゲンダイDIGITAL 「厚労省によると感染力の強い変異株が46都道府県で確認されています。東京でも2週間で9倍に増えている。変異株が先に流行した大阪で感染者の急増と医療崩壊を目のあたりにしている割には、国や都から危機感は感じられません。ズルズルと『まん延防止措置』を追加しても効果はない。1年前の緊急事態宣言の時のように、いったん人出が激減する状態をつくらないと収まらない。例えば、プロ野球や大相撲を中止するくらいインパクトのある強いアクションが必要です」、どうしたものか。
 4/16  世界から五輪は「最悪のタイミング」とまで言われ始めた/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「コロナ禍は国民の安全を守るだけでなく東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの実現という国内の国民の声のみならず、世界のメディアから「『最悪のタイミング』であり、日本と世界にとって『一大感染イベント』」(12日付、米ニューヨーク・タイムズ)とまで言われ始めた。半年以内に衆院の任期満了が迫る首相・菅義偉は前首相・安倍晋三の自民党総裁任期満了となる今年9月までの暫定任期でもあり、何としてでも衆院選で勝利して続投、安定政権につなげたい。」とある。オリンピックとはいったい何なのか、あらためて問う必要が出てきた。
 4/16  東京五輪「中止を」39% 「再延期」上回る―時事世論調査:時事ドットコム 「時事通信の4月の世論調査で、東京五輪・パラリンピックについて尋ねたところ、「中止する」との回答が39.7%で最も多く、「開催する」28.9%、「再延期する」25.7%が続いた。単純比較はできないが、過去の同種の設問で最多だった「再延期」と答えた割合を今回、「中止」が上回った。」とある。政府や東京都は、この民意をどう理解するのだろうか。
 4/15  大阪府 1208人感染確認 3日連続1000人超 過去最多 新型コロナ | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 大阪の感染拡大が止まらない。「大阪府は15日、府内で新たに1208人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。1日の感染者数としては、14日の1130人を上回ってこれまでで最も多く、3日連続で1000人を超えました。これで、大阪府内の感染者は合わせて6万4382人になりました。」、陽性者が増加しているということは、そこからまた感染が広がることを意味する。感染の連鎖を止めるには、徹底した検査と徹底した陽性者隔離である。
 4/15  小池都知事「東京来ないで」 変異株懸念、通勤者らに要請(時事通信) - Yahoo!ニュース 「東京都の小池百合子知事は15日、新型コロナウイルスの感染が拡大し、特に感染力の強い変異ウイルスの割合が上昇していることを受け、「通勤を含め、(医療従事者などの)エッセンシャルワーカー以外の方は可能な限り東京へ来ないでいただきたい」と訴えた。」、東京に来ないでほしい、それはじゅうぶん理解できるが、東京に住んでいる人間はどうするのか。その指針が見えてこない。
 4/15  玉川徹「吉村知事の対応は場当たり的」 「大阪1000人超え」めぐり批判: J-CAST テレビウォッチ 玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「吉村知事の対応はすべて場当たり的。マスク会食という言葉が出たときに、マスク会食ならいいという誤ったメッセージにならないか、と僕は4月5日にコメントしました。それから10日。そのころに会食した人の感染が今明らかになっています」 国際医療福祉大学の松本哲哉・主任教授(感染症学)「今はもうマスク会食というレベルではなくなってきています。学校だけでなく、企業の方もテレワークも含めて街中にあまり人が出ないようにしないと、大阪の感染者数を抑えていくのはかなり難しいと思いますが、知事の判断が緩い。今の段階での緊急事態宣言でも遅いぐらいです」−事態はかなり深刻になってきた。
 4/15  厳しい自宅療養、大きい家族への負担 コロナ「感染記」出版の男性、「明日はわが身と考えて」|NEWSポストセブン 「東京や関西など6都府県に蔓延防止等重点措置が適用され、再拡大の様相を呈している新型コロナウイルス。日々の報道をはじめインターネットなどには関連情報があふれるが、自分が感染したり身近に感染者がいないため、なかなか実感がわかない−という人も多い。2月に新型コロナに感染し、心身の変化や入院生活、家族への影響などをつづった「感染記」を電子書籍で出版した男性は「いざ自分が感染してみると分からないことばかりだった。明日はわが身だと思い、知ってほしい」と訴える。」、感染して一番負担となるのが家族である。感染力が高いといわれている変異株では、家族の誰かが感染したばあい、他所に隔離されない限り、家族全員が感染する可能性が非常に高くなる。
 4/15 「東京五輪1年再延期の検討を」 西浦教授が提言 | 文春オンライン 「大阪で新規感染者数が1000人を超えるなど、感染が再び拡大している新型コロナウイルス。厚労省感染症対策アドバイザリーボードのメンバーで京都大学大学院医学研究科の西浦博教授が、今夏に予定されている東京五輪については、コロナ対策を優先し、「1年再延期」を検討するべきと「週刊文春」の取材に語った。」、聖火リレーが全国を走り始めた今、延期や中止をいうのは勇気がいるかもしれない。第4波が始まったいま、実際に開催可能かどうかわからない。
 4/14 尾身会長“第4波で差し支えない 措置に効果なければ宣言も” | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「新型コロナウイルスの感染状況について、政府の分科会の尾身茂会長は、衆議院内閣委員会で「いわゆる第4波と言って差し支えないと思う」と述べました。また、大阪について「まん延防止等重点措置」で新規感染者数の状況に効果がなければ、緊急事態宣言を出す選択肢も出てくるという認識を示しました。」、まさに第4波。
 4/14  「体だるい」高齢者 ワクチン接種翌日は 65歳以上 副反応低くも 「新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が、12日から始まった。高齢者への接種が本格化するのは、大型連休明けとなる。」、「高野正道さん「(接種後痛みは?)(接種した部分を)触るとちょっと痛い。寝返り打っても痛くて眠れなかった」、「(接種の感想は?)安堵(あんど)、ほっとしている。2回目は痛いし嫌だなと思うが、1回目を無駄にしたくないので打ちます」 厚労省によると、発熱などのワクチンによる副反応が、65歳以上の高齢者では低かったという調査結果が出ている。」とのこと。
 4/14  玉川徹「ある種、政府の思うつぼ」 「ワクチン高齢者接種」報道の裏事情: J-CAST テレビウォッチ 「今回のは、政府のやってる感(の演出)だよね。次のワクチンが入ってくるのが26日の週で、間が空くんですよ。なぜ、わずかなものを高齢者に打ったのかといえば、4月中に高齢者(ワクチン)に打つ、と言った手前、というのが本音でしょう。メディアは打ちましたと報道して、ある種、政府の思うつぼだったと思う」、「毎日新聞の記事では、ある区の担当者が、国は4月に(高齢者に)ワクチンを打ち始めた既成事実を作りたいがために、わずかなワクチンをとりあえず配布した。安定的に配布できる体制ができてからにしてほしかった。自治体は振り回されっぱなしだ」、ワクチン接種でも失策が続く政府の新型コロナ対応、問題はどこにあるのだろうか。
 4/14  「うちわ32万本配布」でコロナ対策の兵庫に批判噴出! 対策本部委員は「何も相談なかった」と明かす 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット) 「感染者の急激な再拡大により、4月5日から「まん延防止等重点措置(まん防)」が実施されている兵庫県。同県が会食時に口元を覆うために「うちわ32万本配布」を発表したことが「税金の無駄遣いだ」と物議を醸している。しかもこの施策を決めた行政プロセスにも疑義が生じており、同県の対策本部会議に出席した専門家からは「まったく相談なく決まった」と批判の声も上がっている。」、うちわで新型コロナ予防、かのアベノマスと同じ運命をたどるような気がする。
 4/14  新潟市、京都市…専門家が警告する「巨大地震危険地域」4 | 女性自身 南海トラフ、首都直下地震の懸念は従来からいわれてきたが、日本海側にも危険なエリアがあるという指摘がある。【1】新潟県内(新潟市?長岡市) 【2】近畿地方内陸部(京都市周辺) 【3】鳥取県内(鳥取市周辺、米子市) 【4】宮崎県沖(延岡市?宮崎市)、この地域にお住まいの方、ご用心を。
 4/13 感染急拡大の大阪 高齢者ワクチン接種 状況は?いつから? | 新型コロナウイルス | NHKニュース 高齢者のワクチン接種、「副反応が心配で接種を受けるべきかどうか、悩んでいる人に対しては、齊藤医師は「熱や倦怠感、頭痛は比較的高い割合で出ますが、一時的なもので、少し待てばなくなります。ごく一部、重篤な副反応の報告もありますが、医療処置をすることで回復しています。また、接種会場には医師が待機していて、何かあっても適切な処置を受けることができるようになっています。仮に接種を受けないで新型コロナに感染すると重症化することもありうると考えると、私は接種を受けたほうがいいと考えます」と話しています。」、ぜひ、こちらをご参考に。
 4/13 福島第一原発 トリチウムなど含む水薄めて海洋放出決定へ 政府 | 福島第一原発 | NHKニュース 「東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む水の処分方法について、政府は13日、関係閣僚会議を開き、国の基準を下回る濃度に薄めて海へ放出する方針を決めることにしています。」とある。素朴な疑問だが、薄めれば本当に安全かということ、それ以外の有害な放射性物質が含まれていないか。東電はどうも信用できない。
 4/13  【新型コロナウイルス】五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態|日刊ゲンダイDIGITAL 「12日から「まん延防止等重点措置」が東京、京都、沖縄の3都府県に拡大。菅首相は重点措置の意義について「緊急事態宣言に至らないように」と強調するが、すでに重点措置を講じている大阪と兵庫は“壊滅”状態。3度目の宣言は不可避だ。聖火リレーは和歌山に続き、11日奈良でスタート。13日には大阪に入るが、府内の感染状況は「緊急事態宣言の要請も考えたい」(吉村知事)ほど深刻だ。大阪に限らず、ランナーがのんきに走り抜ける関西の感染拡大は悲惨な状況である。」、聖火リレー、この有事に何故強行するのか。
 4/13  日本は一度決めたことを変えられない国なのか?/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「元首相・小泉純一郎や元内閣官房長官・中川秀直が議員を辞めた後に「かつて専門家から安全でコストが安くクリーンエネルギーだと説明されたが全部うそだと分かった」と原発再稼働を批判していることについて、反論する勢力もいる。だが、自らの判断で国を率いた経験のある首相をはじめ閣僚たちはそれが間違いだと気づいたら立ち止まり正すことが必要だ。それが、なかなかできない。明治からの官僚制度は一度決めたことを変更したり中止したりすることを嫌ってきた。それが官吏のプライドだったのかもしれない。その失敗が先の大戦で明らかになったが、その盲進はいまだに収まってはいない。」、勇気ある撤退、それは決して恥ではない。
 4/13  【家つまみ】新玉ねぎの甘みがアップ 農家の知恵は「水にさらす」じゃなかった! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  新玉ねぎのシーズン、生でで食べる場合には、「一般的な玉ねぎを生で食べる場合、水にさらして辛みを抜きますが、新玉ねぎは辛みが少なく、水にさらすとせっかくのうまみも溶け出てしまいます。そこでスライスした玉ねぎはざるに広げ、空気に触れさせます。しばらく置くとしんなりとして、驚くほど甘みがアップするんです。まずはそのまま味わってみてください。刻んだ梅干しや塩昆布をトッピングしたものと食べ比べるのも楽しいですよ。玉ねぎは元気の素になるので、食卓に一品加えてみてはいかがでしょうか。」、ぜひお試しを。
 4/12  <新型コロナ>予約が必要と知らずに来た人も…高齢者ワクチン接種開始:東京新聞 TOKYO Web 「65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が12日、各地で始まった。医療従事者を除く一般住民の接種は初めて。共同通信の調査では、12日は少なくとも39都道府県の市区町村で接種が予定されている。対象は約3600万人で、政府は6月までに必要な量を各市区町村に届ける方針。前例のない規模の接種事業が本格化する。」、ようやく高齢者のワクチン接種が始まった。
 4/12 【新型コロナウイルス】菅首相のメンツがワクチン最優先の医療従事者を危険に晒す|日刊ゲンダイDIGITAL 高齢者接種は始まったが、医療従事者への接種が遅れている。「2月17日の先行接種開始から2カ月近く経つが、9日までに2回接種を終えたのは、約49万人と全体の1割程度に過ぎない。今後、医療従事者は従来以上のフル回転が予想される。感染力が強く、重症化リスクの高い変異株の蔓延が本格化しそうな上、高齢者向け接種も加わる。」とある。由々しき事態である。
 4/12 小学校から「男子用小便器」が消滅? プライバシー尊重が理由 - zakzak:夕刊フジ公式サイト 「学校のトイレでは、和式便器だけでなく、男子用小便器までも姿を消しつつある。「和式便器の使い方を知らず、金かくしを背にして座るような子もいる。都市部の新設校や古い学校の改装では、男子用の小便器を廃止しすべて個室化するケースが多い。“大便をしている”とからかわれ、いじめにつながるのを防ぐのと、プライバシーの尊重が理由です」−とある。世の中変わったものである。
 4/12 玉川徹「最後の勝負」論 東京でも「まん延防止措置」適用: J-CAST テレビウォッチ 東京都などで始まった「まん延防止措置」、「今度は最後の勝負だと考えたらどうだろう。ワクチン接種は、日本は遅れているが、英国や米国は夏までに終わる。ワクチン生産能力は増強している。夏以降は今より、ワクチンは手に入りやすくなる。一番大きな波がこれから来るんだけど、社会的には最後の波と考えて頑張りたい」。ひとつの考え方だろう。
 4/12 松山英樹、アジア人初のマスターズ制覇 悲願のメジャータイトル獲得(my caddie) - Yahoo!ニュース 「海外男子メジャーのマスターズは11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード・パー72)で最終ラウンドが行われ、松山英樹が通算10アンダーで悲願のメジャー初制覇を果たした。」、まさに悲願のメジャー初制覇。おめでとうをいいたい。
 4/9 福島第一原発の処理水 政府 海洋放出決定の方針固める|NHK 首都圏のニュース 「東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む水の処分方法について、政府は、来週13日にも関係閣僚会議を開き、海への放出を決定する方針を固めたことがわかりました。放出前後のトリチウムの濃度を調べるモニタリングの強化や、風評被害の対策を徹底し、それでも生じる被害には丁寧な賠償を実施するとしています。原発処理水の海洋放出、安全であり、風評被害について国が責任をとるという話だが、にわかに信じがたい。賠償は税金であり、あるいは電気料金の値上げであろう。
 4/9 新型コロナワクチン 接種前に知っておきたい素朴な疑問Q&A:時事ドットコム すこしづつ始まっているワクチン接種、「65歳以上の高齢者を対象とする新型コロナウイルスのワクチン接種が始まります。接種を受けるにはどんな手続きが必要で、どんな点に注意すればいいのでしょうか。ワクチンに関する素朴な疑問とその回答をまとめました。(記載の情報は2021年4月6日時点のものです)」とあります。ぜひご参考に。
 4/9 「第3波超える」 東京感染者3割が変異株、前週5倍に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル 「新型コロナウイルス変異株について、東京都健康安全研究センターがスクリーニング検査を実施したところ、直近1週間で調べた感染者の3割超が感染力が強いとされる変異株に感染し、前週の5倍超に増えていたことが明らかになった。都が8日開いたモニタリング会議で報告され、専門家は厳重な警戒を呼びかけている。」。大阪につづいて東京でも変異株による感染拡大が急速に起きている。「スクリーニング検査で感染の拡大傾向が確認されたのは、主に英国型と見られ、「N501Y」と呼ばれる変異の特徴をもっている。この特徴をもつウイルスは感染力が高まるとされており、南アフリカ型、ブラジル型でも確認されている。国内でもすでに大阪府などで流行しており、重症化率も高いとされる。専門家は会議で「感染者が都内でも著しく増加している」と、危機感を示した。」、東京都の無策、これでは感染は止められまい。
 4/9 【新型コロナウイルス】変異株46都道府県に拡大…日本の医療崩壊はアッという間|日刊ゲンダイDIGITAL 「8日の大阪の新型コロナウイルスの新規感染者数は905人。大半を変異株が占める現地の病床は深刻な事態だ。府の最新データからは、変異株の重症化リスクの高さがうかがい知れる。この先、全国に広がれば、あちこちで医療崩壊が起こるのは必至だ。」、変異株による感染拡大は全国で急速にすすんでおり、事態深刻度を増している。なんども言ってきたが、何故国は感染者の発見に積極的ではないのか。感染者を隔離すれば感染は広がらない。
4/9 「警察官を街に立たせろ」 コロナ対策「お願い」に限界論: J-CAST テレビウォッチ 「小池東京都知事は「とにかく人流をいかに抑制するかです」というのだが、「自粛」を呼びかけてもほとんど効果がないことは、はっきりしている。政府分科会の尾身茂会長も「もはや言葉だけでは伝わらない」「やめてください、対策してください、では響かなくなっています」と危機感を募らせている。「まん延防止措置」で感染拡大を止めることは難しいということである。では、さらに何をすればいいのか。佐藤昭裕医師は「感染対策はメリハリが非常に重要です。厳しい対策を短期間というのが効果的。第3波の時に緊急事態宣言が効果がなかったのは、きつくない対策を長くやってしまったことです。今回のまん延防止措置でダメなら、次は3度目の緊急事態宣言ですよということをもっと強く言う必要があります」と解説した。」とある。国民に自粛を要請するだけの新型コロナ対策、要は政府は何もしていないのと同じ。感染者の発見もまともにやっていない。
4/8 新型コロナ4月末まで陽性者数67万1202人 GoogleのAI予測 「米Google(グーグル)が提供する人工知能(AI)を活用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予測サービス「COVID-19感染予測(日本版)」では、2021年4月4日から2021年5月1日の4週間にかけて、日本全国での陽性者数は67万1202人、死亡者数は1万6245人と予測される。」、「本感染予測サービスにおける、東京都と大阪府の陽性者数および死亡者数の予測は以下のとおり。
・東京都:陽性者数 41万1099人、死亡者数 1万2158人
・埼玉県:陽性者数 13万7791人、死亡者数 2427人」
とある。ボーっと生きていると新型コロナに感染する可能性がありますぞ。
4/8 「まん延防止」東京適用へ 9日にも決定、小池知事要請 時短、再び午後8時検討(時事通信) - Yahoo!ニュース 「東京都の小池百合子知事は8日、新型コロナウイルスの感染が再拡大していることを受け、特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請した。」、具体的には、「都は23区や多摩地域を対象に、飲食店への営業時間短縮要請について閉店を再び午後8時までに早めることや、大型連休中の外出自粛要請などを検討している。」ということ。要するに一度解除した緊急事態宣言をまたすぐに出すわけにはいかないということだろう。
4/8 大阪で905人感染 過去最多 - Yahoo!ニュース 「大阪府で8日、新たに905人の新型コロナウイルス感染が確認されました。1日に確認された感染者としては、前日7日に確認された878人が最多でしたが、8日はこれを上回り、3日連続で過去最多を更新しました。」。大阪はすでに感染爆発の状態。
4/8 都内での変異ウイルス割合 直近1週間で32% 前の週の4倍に | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「東京都内で、感染力が強いとされる変異ウイルスの割合が急激に増加し、検査を行った検体に占める割合は直近の1週間で32%で、前の週の4倍となったことが都の研究機関の分析で分かりました。」、これを見ると東京での感染爆発は時間の問題ということがいえる。
4/7 「大阪での飲食をやめて」奈良・荒井知事が呼びかけ 「県内の飲食店に時短要請しても抑えられない」(関西テレビ) - Yahoo!ニュース 「6日に過去最多となる78人の新型コロナウイルスへの感染が確認された奈良県では、荒井知事が大阪での飲食を控えるよう県民に呼びかけました。「(感染の)メインの波を防止するためには、大阪での飲食をなんとかやめてほしい」 6日に過去最多の78人の感染を確認した奈良県については、西村経済再生担当大臣が感染状況の悪化から、「まん延防止等重点措置」を適用するか、県と連携して検討すると言及しています。」、大阪の隣接自治体は、かなり危機的状況にあるようです。
4/7 都知事「状況は厳しいと認識」…「まん延防止措置」適用の要請を検討 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン 「東京都内で新型コロナウイルスの新規感染者が増加を続けていることを受け、小池百合子都知事は7日、「まん延防止等重点措置」適用の要請を検討していることを明らかにした。」、東京はこれから第3波以上の感染爆発が起こる気配。それが現実のものになればオリンピックどころの話ではなくなる。
4/7 【速報】大阪で新たに878人の感染確認 過去最多を更新 2人が死亡(関西テレビ) - Yahoo!ニュース 「大阪府で7日、新たに878人の新型コロナウイルス感染が確認されました。1日に確認される感染者は、前日6日に確認された719人がこれまでで最多でしたが、7日はこれを上回り、過去最多を更新しました。1週間前の水曜日(3月31日)の新規感染者数は599人で、増加の傾向が続いています。」、大阪の感染者増加、異常なほどスピードがあがっている。
4/7 谷原章介「これまでの常識では...」 変異ウイルスに警戒呼びかけ: J-CAST テレビウォッチ 「インターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁医師は室内のエアロゾル(浮遊物)から感染した可能性を指摘。その場合、わずかな隙間からウイルスが侵入する恐れがあるという。「例えばお迎えに来る前、閉め切った部屋の中でマスクを外して咳をしていたとしたら、ウイルスがたくさん空気中に浮遊した状態です。入る際は十分に換気しないといけません。マスクとフェイスシールドが防げるのはあくまで飛沫です。そこは分けて認識しないといけません」と倉持医師は言う。」、感染力の高い変異株、いままでの感染対策の常識が通用しないのかもしれない。
4/7 【新型コロナウイルス】東京コロナ拡大は大阪以上か…少ない検査数を専門家も指摘|日刊ゲンダイDIGITAL 東京の検査数が異常に少ない。「6日21時時点の集計では、東京の検査数は1日が7424件(大阪は1万4640件=以下同)、2日は8264件(1万1358件)、3日は4405件(8505件)、4日は1525件(6097件)、5日は9697件(6850件)で、5日間の合計は3万1315件。大阪は4万7450件だからおよそ1.5倍だ。人口が約1.5倍ということも考えたら、東京の検査数はあまりに少ない。」、なぜなのか。
4/6 大阪 過去最多719人感染 「医療崩壊の可能性も」吉村知事 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「大阪府は6日、719人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。1日に確認された人数としては、今月3日の666人を超えて過去最多となり、東京の感染者数を8日連続で上回りました。大阪府は2回目の緊急事態宣言がことし2月28日に解除され、感染者数はしばらくは100人前後で推移していました。しかし、解除から3週間あまりが過ぎた3月24日には感染者数が262人となり、30日には432人、そして4月1日には616人と、感染の急拡大が続いています。」、大阪の感染状況、日々深刻さを増している。
4/6 小沢一郎氏、接待疑惑も政権支持率40%超えに嘆き「もはや腐敗こそが支持される国」/芸能/デイリースポーツ online 「立憲民主党の小沢一郎衆院議員が6日、公式ツイッターに新規投稿。菅内閣の支持率が、読売新聞社による全国世論調査(4月2〜4日に実施)で47%となったことを受け、大臣や官僚への接待疑惑が続く中での支持率が「高い」として「もはや腐敗こそが支持される国」と嘆いた。」とある。日本はどこへ向かうのか。
4/6 夜だけ時短意味ない…飲み会主催した厚労省課長の呆れた持論 | 女性自身 「発覚後、菅義偉首相や厚労省の田村憲久大臣は即座に謝罪。Aさんは減給1カ月の懲戒処分、大臣官房付け異動となりましたが、これは事実上の更迭。また会食は4人以下にするよう求められているなか、厚労省では今回以外にも5人以上の会食が2件行われていたそうです」、厚労省はもはや公僕としての意識を失ってしまったのか。
4/6 【新型コロナウイルス】ワクチン接種大混乱…供給日程グジャグジャ国の仕切り最悪|日刊ゲンダイDIGITAL 「問題山積だ――。12日から高齢者3600万人への新型コロナウイルスワクチン接種が始まる。都内では5日、八王子市が先着順で接種予約を受け付け、開始からわずか1時間半で埋まってしまった。いつ一般向けの接種が始まるのか、まだまだ見通せない。」、掛け声ばかりのワクチン接種。いったいどうなるのであろう。
4/6 美味しい「しらす」の見分け方 「まっすぐ」か「への字」、どちらを選ぶ?: J-CAST テレビウォッチ いまどき冷凍技術で一年中しらすはスーパーの店頭に並んでいますが、しらすの旬は春。そこでおいしいしらすの見分け方のお話。「山下さん「鮮度のいい状態で加工されたかどうかによって、しらすの品質、味が全然変わってきます。そこを見極めるのが目利きのポイントです」 まずは「しらすの形」。まっすぐなものより、ひらがなの「へ」の字のように曲がったものを選ぶ。」とのこと。ご参考に。
4/5 二階氏、GoTo必要強調「恐れとったら何もできない」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル 第3波の感染の全国的拡大の一因としてGoToキャンペーンがあることは疑いないが、二階幹事長は、それを理解できていないようである。観光支援策「Go To トラベル」はたしかに「経済効果がある」と思うが、最大の経済支援策は感染者の移動を防ぐことである。観光者、宿泊者に出発前にPCR検査を政府が無料で実施する、宿泊所、観光施設、飲食店に感染防止のための設備を無料提供する、こういうことが必要と思う。
4/5 古代エジプトのミイラ22体、黄金の「引っ越し」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン 「エジプトのカイロ中心部で3日夜、古代エジプトのファラオ(王)や王妃のミイラ22体を、老朽化した「エジプト考古学博物館」から約5キロ先に新設された「エジプト文明博物館」に移す「引っ越し」作業が行われた。」、ラムセス2世は、紀元前1314年頃 - 紀元前1224年、まさに世界遺産である。
4/5 最悪のコロナ禍の最前線で奮闘 米在住の日本人医師に聞く|日刊ゲンダイDIGITAL 「――接種しない人が多ければ、コロナは収束しないのではないか。 雑駁に言うと、打たない人が死に、打った人が生き残ります。そのような中で人口の60〜70%の人が打つと、コロナに罹患して免疫を得て生き延びた人も含め、ハードイミュニティー(集団免疫)の状態となり、感染が収まるという意見に共感しています。繰り返しますが、米国では昨年末に接種が始まり、3カ月余りで接種率21%ですから、今年中にはある程度の結果が出るようにと、祈るような気持ちです。」とある。そうなって欲しいと思う。
4/5 【インタビュー動画・全文】池江選手「努力は必ず報われる」 | NHKスポーツ 「まさか、100(メートル)で優勝できると思ってなかったですし、5年前のオリンピック選考会よりも、ずっと自信もなかったし、自分が勝てるのは、ずっと先のことだと思ってたんですけど。勝つための練習もしっかりやってきましたし、最後は『ただいま』っていう気持ちでこのレースに入場してきたので、自分がすごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われるんだなんていうふうに思いました」、「予選準決勝でターンが合わずに改善点が逆にあると思ってたので、57秒台は出ると思ってなかったですし、リレーの派遣タイムも切れると思ってなかったので、すごくうれしいです」、久しぶりに明るい話題、ほんとうにうれしく思います。
4/5 重複当せんも狙える「春の開運宝くじ」、発行枚数少ないので買い忘れに注意|NEWSポストセブン 「縁起が良い図柄としてよく、富士山・鶴・松などが挙げられるが、これら3つが一緒に券面に描かれている「春の開運宝くじ」が、4月7日(水)から27日(火)まで発売される。」、「1枚200円の宝くじでありながら、1等・前後賞合わせて最高1億円が当たり、1万円・3万円・5万円などの少額当せん金が充実しているのも特徴だ。それぞれが異なる等級に用意されているため、1万円と5万円の重複当せんといった、予想外の嬉しい結果も期待できる。今回の「春の開運宝くじ」は、販売エリアが日本全国でありながら、2000万枚しか発行されない。これは、3月に抽せんが行われた2種類の「バレンタインジャンボ宝くじ」の7分の1という少なさだ。そのため、宝くじ売り場では販売最終日を待たずに完売となる可能性があるので注意しておきたい。」とのこと。早めのご購入がおすすめ。
4/2 五輪組織委の抗議 文春が反論 - Yahoo!ニュース 週刊文春編集部のコメント、「記事は、演出家のMIKIKO氏が開会式責任者から排除されていく過程で、葬り去られてしまった開会式案などを報じてします。侮辱演出案や政治家の“口利き”など不適切な運営が行われ、巨額の税金が浪費された疑いがある開会式の内情を報じることには高い公共性、公益性があります。著作権法違反や業務妨害にあたるものでないことは明らかです。小誌に対して、極めて異例の『雑誌の発売中止、回収』を求める組織委員会の姿勢は、税金が投入されている公共性の高い組織のあり方として、異常なものと考えています。小誌はこうした不当な要求に応じることなく、今後も取材、報道を続けていきます」、文春の矜持に拍手を送りたい。
4/2 河野太郎ワクチン担当相に「覇権争い」で敗れた田村厚労相 厚労省が「諸悪の根源」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)  「河野大臣は3月30日の会見で、新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり、「希望するワクチンを選択できる」とした小林史明ワクチン担当大臣補佐官の発言について「完全に勇み足」とバッサリ斬った。厚労省が開設したウェブサイト「コロナワクチンナビ」は、製造元を選択して接種会場を検索できる仕組みになっており、加藤勝信官房長官も小林補佐官の発言をあえて否定しなかった。ところが、河野大臣は厚労省のナビについても「停止しろと言ってある。誤解を招きかねない」と上から目線で断じた。」とある。政権であらたな権力闘争が始まったようである。
4/2 【菅政権】菅・二階ランチ会談で浮足立つ永田町 “4月解散説”の信憑性|日刊ゲンダイDIGITAL 「3月29日にも菅総理が議員会館に安倍前総理を訪ねて50分間も話し込んでいた。8日からの訪米を前に意見交換をしたと言っていましたが、解散の話がまったく出なかったとは考えにくい。それから立て続けに、今度は二階幹事長と会談ですから、一気に解散説が広がった。1日午後、武田大臣への不信任決議案を処理する本会議場で会った同僚議員との間でも『4月解散』の話で持ちきりでした」、さて4月解散はあるのだろうか。
4/2 新型コロナウイルス感染の第4波を招いた菅内閣の無能・無策(五十嵐仁) 「こうなることは分かっていたはずです。新型コロナウイルス感染の第4波が訪れるであろうことは。すでにコロナ感染がリバウンドする兆しがありました。それにもかかわらず、無理やり緊急事態宣言の解除を決めてしまったのですから。」、さて菅政権をどうしたものか。
4/2 CNN.co.jp : 米国で変異ウイルスの感染拡大、若者の入院が増加  「全米で報告された新型コロナウイルスの変異株「B.1.1.7」の症例が1万例を超え、各州がワクチン接種を急ぐ中で、再び感染が拡大する事態が懸念されている。B.1.1.7は英国で最初に報告された変異株で、感染力が強いだけでなく、致死性も高いと思われる。同変異株は欧州の一部を混乱に陥れており、米国も対策を緩めればそうなりかねないと専門家は警告する。」、新型コロナウイルスの変異株が各国で発見されている。戦いは長くなりそうである。
4/1 五輪聖火リレー「大阪市内では中止に」知事と市長が発言 - 東京オリンピック:朝日新聞デジタル 新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、大阪府の吉村洋文知事は1日、東京五輪の聖火リレーについて、「大阪市内では中止すべきだ」との考えを示した。大阪市の松井一郎市長も同日の記者会見で「大変残念だが、聖火リレーは見合わすべきかなと思う」と述べた。今後、大会組織委員会と協議していく。」、懸命な選択だろう。
4/1 大阪府 新型コロナ 新たに616人感染確認 3日連続で東京上回る | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「大阪府は、1日、府内で新たに616人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。1日あたりに感染が確認された人が600人以上となるのは、ことし1月16日以来で、過去4番目の多さとなりました。また、3日連続で東京の感染者数を上回りました。これで、大阪府内で感染が確認された人は5万2817人となりました。」、緊急事態宣言の早期解除をおこなった結果がこれである。
4/1 まん延防止等重点措置 大阪 兵庫 宮城に適用決定 5日から 政府 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、政府は「まん延防止等重点措置」を、来週5日から1か月間、大阪府、兵庫県、宮城県に適用することを決定しました。「重点措置」が適用されるのは初めてです。」とある。素朴な疑問だが、まん延防止等重点措置は緊急事態宣言とどう違うのだろうか。
4/1 コロナ第4波で「東京五輪」が中止になれば、菅内閣は持続できない?田原総一朗インタビュー 「緊急事態宣言は首都圏でもついに解除された。これから年度の切り替わりで人が多く動く時期だ。下手をすると、感染者が再び大きく増える恐れがある。菅首相は緊急事態宣言の解除に際しての記者会見で、新たなコロナ対策を表明したが、強いインパクトはなかった。都心部での人出は増えており、リバウンドの可能性がかなりあるのではないかと見られている。もし感染者が急増して「第4波」に見舞われることになれば、菅政権はいよいよ危険水域に突入する可能性が高い。なぜなら、第4波の到来を招けば、この夏に予定している東京オリンピック・パラリンピックの開催が危うくなるからだ。政府はIOCの強い意向を受けて、東京五輪をなんとか開催したいと考えている。だが、コロナの第4波が来てしまったら、開催は困難になる。そうなれば、おそらく菅内閣は持続できないだろう。」とある。一方で自ら中止に踏み切ることも経済界からの反発でできまい。進むも地獄、退くも地獄。
4/1 中国の環球時報「日本が台湾問題でアメリカに付くなら重大な結果に直面する」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「台湾をめぐる中国とアメリカの対立が激しさを増すなか、中国共産党系機関紙人民日報系のタブロイド紙「環球時報」が日本に向けてメッセージを発信した。台湾問題でアメリカの側につくならば、日本は「重大な」結果に直面することになるだろうと警告したのだ。」とある。重大な結果とは何か。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2021年4月の掲載



Copyright 爽快倶楽部