TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2020年11月の掲載


11/30 バイデン氏の広報チーム、幹部は全員女性 「アメリカ初」 BBCニュース 「アメリカのジョー・バイデン次期大統領は29日、広報チームの幹部を全員女性で固めると発表した。同国史上初としている。広報チームを率いるホワイトハウス広報部長には、大統領選でバイデン陣営の広報担当副代表を務めたケイト・ベディングフィールド氏が就任する。大統領報道官は、バラク・オバマ前大統領の政権時代にホワイトハウス広報部長だったジェン・サキ氏が務める。」とある。日本ではありえないね。
11/30 重症者の増加懸念 「ステージ4」基準超えも FNNプライムオンライン 「新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、懸念されているのが、重症者の増加。29日まで、7日連続で過去最多となっているほか、11月に入ってから、3倍近く増加している。さらに気がかりなのが、死者数の増加。こちらも11月に入ってから増えていて、27日には全国で31人の死亡が確認され、緊急事態宣言が出ていた5月2日と同じ過去最多となった。」t、中高年の感染者が増えていることだろう。警戒が必要。
11/30 菅首相にも「桜を見る会」と同じ疑惑が浮上 「政治資金規正法違反」専門家の指摘を菅事務所に直撃 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 安倍晋三前首相の「桜を見る会」疑惑問題、「菅首相も横浜のホテル開催されたパーティの収支が政治資金収支報告書に不記載になっていると報じた。問題になっているのは、地元支援者らを招いた「すが義偉 春の集い」だ。本誌も調査すると、同会は2012年、13年、14年、15年の4月に開催されていた。菅首相の元秘書で、横浜市議の遊佐大輔議員のブログを見ると、14年の開催場所は横浜ロイヤルパークホテル、会費は1500円と案内を出していた。地元関係者らが2500人も参加したと見られている。ところが、資金管理団体である「横浜政経懇話会」、「自民党神奈川第2選挙区支部」の政治資金収支報告書を見ても、この会合の記載がないのだ。2500人が参加し、1500円の会費となれば、375万円が集まったはずだ。」とある。これについては、「足りない分のお金は主催者が支払っているのではないか。それが菅事務所などとなると、寄付行為になる可能性がある。安倍さんと同じ問題になる」との指摘も。
11/30 【新型コロナウイルス】新型コロナ“入院難民” 6都道府県で1万4000人の衝撃予測|日刊ゲンダイDIGITAL 「欧州では医療崩壊を起こした第1波の反省から、医療体制を強化しました。現在、1日数万人の感染者が出ても、何とか医療を回しています。その10分の1の感染者の日本で医療が危機的状況に近づいている。いったい半年間、何をしてきたのか。このままでは重症者も自宅療養になりかねません。病床を増やし、ホテルを借り上げるなどして、療養施設を増やすことはできるでしょうが、医療スタッフを確保できないため、十分な治療ができない恐れがあります。台湾や中国の医療従事者に協力してもらうことも視野に入れるべきです」、目前に迫ってきている医療崩壊。これは新型コロナ感染重症者だけの問題ではない。一般脳卒中、心臓疾患治療を受け入れられない事態が迫っているということである。
11/30 保温ボトルに熱湯としょうがを入れて3時間待つだけ! 飲めばすぐ体がポカポカになる「しょうがボトル」、冬に是非やってみて: J-CAST テレビウォッチ 寒い冬にはしょうがで体を温める。「しょうがにはジンゲロールとショウガオールという二つの辛味成分があって、加熱することでジンゲロールの一部がショウガオールに変化するんです。ショウガオールが増えるとお腹の血流がよくなって、体が温まるということなんです」とのこと。ここで紹介されている「しょうがボトル」、ぜひおためしを。
11/27 菅政権歴史に残るコロナ無策、愚策/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「英、仏、独など欧州各国は今月から相次いでロックダウン(都市封鎖)を敷いた。期間は12月の3日前後までに限定している国が多い。野党幹部が言う。「クリスマス商戦前までにできる限り抑え込んでコロナ対策を行い、12月のクリスマス商戦とクリスマスホリデーで今度は徹底的に経済を活性化させるメリハリある明確な戦略と目標設定が政府にあるからだ」。無策のまま税金を投じて、出口戦略もこうなったらこうするというプランBやCを持たずに突入した失策は不作為にほかならず、歴史に残る愚策といえる。」とある。GO TO、まさに愚策。
11/27 【国内感染】新型コロナ 27日 21人死亡 2523人感染 (午後6時) | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 27日、全国では2523人の感染が発表された。感染拡大は止まらない。「国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め14万2811人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて14万3523人となっています。亡くなった人は国内で感染した人が2086人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて2099人です。」とある。新型コロナウイルス感染、これからが本番。注意されたし。
11/27 【小池百合子】過去最多570人感染の東京都 重症者“国の基準”で激増の衝撃|日刊ゲンダイDIGITAL 27日、東京都の新型コロナウイルス感染は570人、1日当たりの感染者数としては、最多となった。一方で重傷者数は61人だが、「厚労省は、@人工呼吸器装着A人工心肺装置(ECMO)の使用B集中治療室(ICU)などに入室――のいずれかに当てはまる患者を「重症者」としてカウントし報告するよう各自治体に求めているが、都はBを除外し、@とAだけを重症者としてカウントしている。こうした都の基準によると、過去最多だった21日の重症者は40人。つまり、表向きは約1週間で21人増えたことになる」とあるが、この厚労省の基準に照らすと、「先週末時点で「196人」だった重症者は、25日時点で「250人」と50人以上も増えているのだ。」とある。医療崩壊一歩手前である。
11/27 絶品「たまごかけごはん」これだけ違う!「卵は人肌で温める」「カルボナーラ風」「ニラしょう油」加藤と春菜がスタジオで3つのレシピを実演 : J-CAST テレビウォッチ たまごかけごはんのコツ。−たまごは「人肌に温めてから割る」。しょう油は最初にご飯にかける。ここで、ご飯をかき混ぜてから、たまごを直接入れる。「黄身を崩しながら食べると、濃厚に味わえる」水ト麻美の説明に、首をかしげながらご飯をひと固まりほおばった春菜。「おいしいです、これ。白身の切れもいいです」−ためしてみてはいかが。
11/27 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案 - 毎日新聞 政府は日本学術会議お民間化したいようだが、「あまりにも学問を軽視している。学問は時代を超えて受け継がれるもの。政権が気に入らないからという視点で学術会議の問題を考えれば、学術の発展は途絶えるし、世界から笑われる」、「欧米のように財政面や職員の充実など制度保障がなされなければ、学術会議の存立は危うくなる。科学アカデミーの性格をきちんと考えてほしい」、これが世界のかたちであり、政府の考えはあまりに卑しい発想といえる。
11/26 東京都 新型コロナ 新たに481人感染確認 400人超は2日連続 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「東京都は、26日午後3時時点の速報値で、都内で新たに481人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。都の基準で集計した26日時点の重症の患者は、25日より6人増えて60人となりました。60人台となるのは、緊急事態宣言が出されていたことし5月11日以来です。」、だい3波は40代〜80代の中高年層の感染が増えている。
11/26 トランプ氏、フリン元補佐官に恩赦 ロシア疑惑の偽証罪で起訴:時事ドットコム 「トランプ米大統領は25日、元側近で偽証罪に問われていたフリン元大統領補佐官(国家安全保障担当)に恩赦を与えると発表した。ツイッターに「フリン氏と家族をお祝いする。本当に素晴らしい感謝祭を迎えることになる」と書き込んだ。」とある。トランプ大統領、政権移行前のやり放題ということだろうか。
11/26 【新型コロナウイルス】すでに医療崩壊…北海道は救急患者が15カ所たらい回しも|日刊ゲンダイDIGITAL 「このままの状況が続けば、医療提供体制に重大な影響が生じ、助けられる命が助けられなくなる」、新型コロナウイルス対策を厚労省に助言する専門家組織が24日、こう警告を発した。新規感染者数の急増と病床の逼迫に、専門家らが危機感を強めている。通常なら助かる命が助からないなんて、あってはならないこと。まさに医療崩壊だが、実は、そうした事態が既に全国で発生している。−医療崩壊で起こるのは新型コロナウイルス治療態勢だけではなく心筋梗塞、脳梗塞、一般の肺炎などの重篤患者の入院治療が困難になることを意味する。「知人の39歳の男性です。熱があり体調が優れず、病院に行ってPCR検査をしたら陰性でした。自宅待機を指示され療養していたのですが、体調がさらに悪くなり、再び病院へ。肺炎でした。その時はもう手の施しようがなく、亡くなりました。コロナ禍で病院での治療が遅れたのではないかということです。死亡後のPCR検査でも陰性だったそうです」、このことが起きるかもしれない。
11/26 【主張】桜を見る会 安倍氏はしっかり説明を - 産経ニュース 「政治家には説明責任がある。まして首相在任時の国会答弁が事実ではなかった可能性がある。捜査とは別に、自ら進んで経緯をつまびらかにすべきだろう。新型コロナウイルスの感染対策をはじめ、喫緊の課題は山積している。ずるずるとこの問題を長引かせることこそ最悪である。安倍晋三前首相には、迅速で明確な説明を求めたい。」、およそ安倍首相の応援団であった産経新聞の社説である。潮目が変わったようである。
11/26 ワクチン接種の国民の「努力義務」とは/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「19日の会見で官房長官・加藤勝信は「接種は義務なのか」の問いに「ワクチンの副作用などが明らかになっていない状況も踏まえ、この努力義務を適用しないことも可能」と説明。ワクチンの接種に際しては、国民に対してリスクなどの情報を明らかにするとし、接種の是非は「自ら選択することになる」と語った。これでは自ら選択とはいえない。このワクチンについて米トランプ政権のアザー厚生長官は、早ければ来月10日以降に供給が始まるとの見通しを示した。日本にどのワクチンがどういった形で、いつ入ってくるかわからないし、承認申請に対してどの程度で認可させるかも不明でタダだから打ちたい人はどうぞということなのか。」とある。新型コロナウイルス・ワクチンの接種、どうしたものか。
11/25 都内飲食店に時短営業要請へ |NHK 首都圏のニュース 「新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、東京都は、酒を提供する飲食店などに対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請する方針を固めました。期間は、今週土曜日、今月28日からの20日間程度で、応じた店には1日2万円、最大で40万円の協力金を支給するということです。」、国の政策、いつも中途半端である。経済をまわすには新型コロナを押さえ込むのが一番の近道である。
11/25 「桜を見る会」前夜祭問題、2020年版“盤面解説” 〜「ウソに嘘を重ねた説明」の結末(郷原信郎) - 個人 - Yahoo!ニュース 安倍晋三前首相の「桜を見る会」、「読売新聞のスクープにより、この問題に関して、東京地検特捜部が関係先を捜査していることが明らかになり、同日夜には、NHKが、前首相側が会費800万円以上を補填していたことを示す領収書の存在をスクープした。」、「(政治資金)収支報告書に記載すべきだったという事実を担当秘書は知っていた」とある。前安倍首相の国会での答弁、すべて嘘だったことになる。彼の説明が聞きたい。
11/25 【安倍晋三】“桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心|日刊ゲンダイDIGITAL 「天網恢々疎にして漏らさずということか。安倍前首相の「桜疑惑」について、東京地検特捜部が捜査していることが明らかになり、政界は大揺れだ。永田町では「官邸陰謀説」まで流れている。安倍晋三の復権を阻止するために、菅―二階コンビが仕掛けたのではないか、という解説だ。安倍応援団は、「菅首相は裏切るつもりか」と疑心暗鬼になっている。」とある。自民党内部で何が起きているのか。「特捜部は急ピッチで捜査を進めている。安倍事務所の人間も次々に呼ばれているようです。でも、安倍さんは、3カ月前まで総理大臣だった政治家ですよ。常識的に考えて、捜査に着手する前に、法務大臣や官房副長官にお伺いを立てるはずです。その時、官邸は捜査を止めなかったのではないか。その疑いがあります。しかも、疑惑の中身が次々にリークされている。安倍サイドが補填したのは800万円……、ホテルは領収書を提出……など、検察しか知りえない話がボロボロと出てくる。検察だって、官邸から暗黙の了解を得ていなければ、怖くてここまでリークできないはずですよ」、これからどんな展開が待っているのか。
11/25 「遅すぎる」GoTo停止!「一気に網掛けの方が効果的」と昭和大の二木教授。なんで東京除外しないのか「感染地からの移動を止めないと...」: J-CAST テレビウォッチ 「菅義偉内閣は北海道と大阪の要請を受けて、GoToトラベルから札幌市と大阪市を除外することを決めたが、すでに新型コロナウイルス第3波は全国に広がっており、今後、除外対象が拡大するのは必至だ。年末年始に帰省自粛、店舗営業規制、イベント中止が重なる最悪事態も予想される。「モーニングショー」もパネル解説で、危機感いっぱいに取り上げた。昭和大医学部の二木芳人・客員教授はやることが遅すぎるという。「もう少し早めに(GoTo停止が)打たれていれば、効果があったかもしれませんが、全国的に患者さんの数は増えてしまっていますからね。限定的なこれだけの対策でいいのかどうか、疑問が残ります」、菅政権の新型コロナ対策、すべて後手である。
11/25 ホワイトハウス、バイデンへの機密情報の提供を承認 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 米国でいよいよ政権移行が始まった。「ホワイトハウスは、米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領に機密情報の説明を毎日行うことを承認した。政権当局者が24日、明らかにした。世界での主要な安全保障上の脅威について最新の報告を受けることになる。」、「トランプ米大統領は23日、バイデン次期政権への移行プロセスを開始することを一般調達局(GSA)のマーフィー長官に許可したと明らかにした。マーフィー長官はバイデン氏に書簡を送り、政権移行のプロセスを正式に開始できると通知した。」、トランプ大統領、何が起きたのか。
11/24 バイデン氏を勝者と判断、一般調達局−トランプ大統領は協力へ - Bloomberg 「米一般調達局(GSA)は23日、民主党の大統領候補バイデン前副大統領が今年の大統領選の勝者と思われると判断した。トランプ大統領はGSAに対し協力するよう要請した。トランプ大統領はこの日、GSAのマーフィー局長とそのチームに対し、「初期のプロトコル(手続き)に関し必要なことを行うよう勧告する」とした上で、「私のチームにも同じ対応を指示した」と説明。大統領選の開票結果については引き続き争う姿勢を示した。」、選挙不正への訴訟が軒並み却下される中での方向転換。悲劇の敗戦としたいのだろう。
11/24 <新型コロナ>札幌、大阪両市へのGo To トラベルを一時除外 対象地域からの旅行は割引き継続:東京新聞 TOKYO Web 「政府は24日、観光支援事業「Go To トラベル」について、札幌市、大阪市を対象地域から一時除外すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う措置で、決定から3週間、新規予約を停止し、予約済みの旅行は割引適用を無効にする。利用者のキャンセル料負担がないようにして、旅行会社や宿泊施設の損害は国が補償する。24日中にも決定する。」とある。そもそもこのGO TOキャンペーン、感染がおさまってからというものを無理やり始めたからこうなったといえる。
11/24  【菅義偉】GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン|日刊ゲンダイDIGITAL 「全国知事会は23日、「トラベル」について、感染拡大が4段階中2番目に深刻な「ステージ3」相当となった地域を対象地域から外すよう政府に求める提言をまとめた。同会では「(地方に)丸投げということがないように国がリーダーシップを発揮し、対象地域や開始時期などの運用方針を明確に示すべきだ」(福田富一栃木県知事)などの意見が噴出。「各自治体に対応を委ねるのではなく、国主導で協議を進めて欲しい」(大野元裕埼玉県知事)といった注文も相次いだ。知事らがカンカンになっているのは、政府が対象地域からの除外について「まずは知事に判断していただきたい」と、責任逃れに走ったからだ。そもそも、感染防止策も不十分なまま経済を最優先し、「感染収束後の需要喚起」という「Go To」の前提をなし崩しにした結果が、今の感染爆発である」とある。責任をとらない菅内閣。どうしたものか。
11/24 【吉村洋文】トリアージ発言が物議 吉村府知事は医療崩壊を防げるのか|日刊ゲンダイDIGITAL 「大阪府では22日、1日のコロナ感染者数が過去最多の490人に上り、重症病床の使用率は23日時点で47・6%と深刻な状況だ。吉村知事はすでに「救急病床トリアージ」に踏み切ると発表している。」とある。「トリアージとは、大きな災害が起きた時に、治療する患者の優先度を決めることだけではありません。症状によって外来患者の病院への入館を断ったり、患者の入院先を振り分けることもトリアージと呼びます。ただ、コロナ以外の事故や病気でICUが必要な患者は非常に多くいます。そのような患者用に何床確保できるか示さないと、府民が不安になるのは当然でしょう。また、府だけでなく隣県とも連携し、病床不足を絶対に防がなければなりません」。そういう事態がもう目の前に迫っているのかもしれない。
11/24 鍋野菜の定番「春菊」、最もおいしい「黄金の加熱時間」はたったの20秒! 香りと苦み最大限に引き出される...それ以上熱しても食感失われるだけ: J-CAST テレビウォッチ 冬の定番、鍋料理に使われることが多い春菊、食べ方のポイントは、「長い間火を通すと繊維が立ち、筋っぽくなってしまいます。青みもなくなりますので、サッと火を通すことで春菊の味や香りをしっかり感じられます」というもの。加熱が長くなるほど苦味が出るそうである。ご参考に。
11/20 都医師会会長 Go Toトラベル中断 医療サイドから呼びかけたい | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「都内で、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しているとして、東京都医師会は緊急の会見を開き、この中で尾崎治夫会長は「Go Toトラベルについて、国には中断するという決断をしていただきたい。医療サイドから一度止めたほうがいいと呼びかけたい」と訴えました。」「東京都医師会は緊急の記者会見を開き、尾崎治夫会長は「感染者が急速に増加していて、このまま抑制できなければ1日の感染者数が1000人を超えるという試算がある。今のまま増えると医療機関はひっ迫し、1日1000人になると東京の医療はもたない」などと危機感をあらわにしました。」と医療の現場からの声、菅政権はどう聞くのだろうか。
11/20 全国で新たに2386人感染 厚労省助言委「過去最多の水準」「潜在クラスターが一因」 - 毎日新聞 「アドバイザリーボードは、「感染者を検知しにくいクラスター(感染者集団)が感染拡大の一因」と指摘。また、基本的な感染予防対策が徹底されていないことや、人の移動の増加、気温の低下による影響を挙げた。北海道の一部の地域について「接触機会の削減や行動制限などの強い対策が求められる状況だ」とし、東京、大阪、愛知については「強い対策が求められる状態に近づきつつある」とした。」、もはや危機的状況にある。
11/20 共産・志位氏「愚にもつかない」 首相の「静かなマスク会食」を批判 (産経新聞) - goo ニュース 「共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて菅義偉首相が「静かなマスク会食」を提唱したことについて「『Go To』事業に固執するから、そういう愚にもつかないような話になってくる」と批判した。」とある。正論であろう。
11/20 トランプ陣営連敗、ジョージア州選挙結果認定停止の訴えを地裁退ける - Bloomberg 「米ジョージア州での大統領選挙結果の認定停止を求める訴えが19日、アトランタの連邦地裁判事によって退けられた。トランプ大統領の弁護士らはバイデン前副大統領の勝利を覆せると主張するものの、トランプ陣営は一段と後退した格好だ。」、トランプ大統領の選挙敗北を認めない戦術、袋小路に近づきつつあるようだ。
11/20 【小池百合子】小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出|日刊ゲンダイDIGITAL 「19日、534人のコロナ感染者が報告された東京都。モニタリング会議で、4段階の警戒度を最高レベルの「感染が拡大している」に1段階引き上げた。第3波が深刻化してきたことを受け、小池都知事はわざわざ緊急会見を開いたが、全く中身はなかった。最近は重症化リスクがある高齢者の感染者が増加。都独自の高齢者対策に注目が集まっていたが、拍子抜けだ。小池都知事は「5つの小」と記されたフリップを掲げ、小人数、小1時間、小声、小皿、小まめと、会食時の注意点を掲げただけ。以前、打ち出していた飲食店への時短営業要請もなし。踏み込んだ対策はゼロだった。いつもの“ドヤ顔”と“フリップ芸”だけが際立つ会見だった。」、小池都知事は都民を守る気はないようだ。
11/19 新型コロナ:東京都のコロナ新規感染534人 警戒、最高水準に上げ  :日本経済新聞 「東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに534人確認されたと発表した。1日あたりの新規感染者が500人を超えるのは初めてで、18日の493人を上回り、2日連続で過去最多を更新した。都内の感染者は累計3万6256人、重症者は1人減って38人となった。」、いよいよ地獄の扉が開いてしまったのかもしれない。
11/19 安倍首相待望論も! 「竹中支配」進む菅政権で日本崩壊?〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 「安倍さん、めちゃくちゃ元気だった。菅さんの政策を『目先の改革』だと反発する派閥内では、安倍さんの3度目の待望論が出ている」、「この会は安倍さんが2012年に総裁選に立候補したとき、母体になった。安倍さんは“終わった人”と見られる派閥の長になる気はなく、議連など派閥横断的な活動をやる気。引退する気は微塵(みじん)もない」、「結局、菅さんが興味あるのは政策よりも人事。朝5時に起きて、6時から人事に関する指示を電話で出す。疲れがたまっているから、官僚からレクを受けても頭に入らない。日本学術会議問題の国会答弁で失敗するたびに安倍待望論が高まるという悪循環だ」だそうである。菅政権のダッチロールが始まったようだ。
11/19 トランプ大統領が選挙の偽情報を暴露したサイバーセキュリティー責任者クリス・クレブス氏を更迭(TechCrunch Japan) - Yahoo!ニュース 「Donald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は米国時間11月17日遅くにクレブス氏を更迭し、CISAが先週公開した文書に言及した。そこには「いかなる投票システムにおいても、票の削除あるいは紛失、改変、その他いかなる方法によっても侵害された証拠はない」と書かれていた。トランプ氏は再三証拠を挙げることなく選挙の不正を主張し、CISAの声明は「著しく不正確」であると断言した。その後すぐに、Twitter(ツイッター)はトランプ氏のツイートに、選挙の不正に関する「疑わしい」主張をしているとするラベルを付加した。」とある。トランプ大統領の選挙不正の首長について政権内部からノーが出てきた。
11/19 【新型コロナウイルス】コロナ感染“新規5万人増”を裏付ける厳寒ラニーニャの恐怖|日刊ゲンダイDIGITAL 「冬は新型コロナの流行期。厳寒なら一層流行する恐れがあります。また、どんなに早くても、この冬にはワクチンは間に合いません。18日の2000人超は過去最多ですが、ピークではない。むしろ、冬の大流行の入り口と考えた方がいいでしょう。菅政権は感染抑制策を何ひとつ打たないばかりか、感染機会を増やす『Go To キャンペーン』すら見直そうとしません。感染の推移は成り行き任せ、『後は国民自身で何とかしてください』というメッセージのようにも感じます」とある。あてにならぬ政府、国民は自分で守るにしても限界があるだろう。
11/19 第2波は夜の街で広がったが、いまは40、50代の働き盛りが「職場」で感染して「家庭」で70、80代の親世代に広げている: J-CAST テレビウォッチ 「新型コロナの第3波は、第2波のピークを超えて危機的状況に突入した。今週末の3連休も巣ごもりで過ごすしかなさそうだ。きのう18日(2020年11月)の全国の感染者は2202人と、第2波のピーク1602人(8月7日)を大きく上回って過去最多、東京都もこれまでで最も多い493人となり、警戒レベルを最高に引き上げた。杏林大の山口芳裕教授は「1週間前とは明らかに潮目が変わった」と警告する。第3波が第2波と明らかに違うのは、感染の広がり方だ。第2波は東京・新宿の歌舞伎町など夜の街で広がったが、いまは40、50代の働き盛りが「職場」で感染し、「家庭」で70、80代の親世代に広げるケースが増えている。」、あきらかに危機的状況に突入しつつある。気の緩みが感染につながる。
11/18 新型コロナ:国内コロナ感染2000人超に 1日あたり最多更新 (写真=共同) :日本経済新聞 「国内で18日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者は午後8時時点で2189人となり、1日の新規感染者の過去最多を更新した。菅義偉首相は18日、首相官邸で西村康稔経済財政・再生相と田村憲久厚生労働相と協議し「とにかく感染拡大を防ぐよう全力をあげて取り組むように」と指示した。西村氏が記者団に明らかにした。」とある。政府の感染防止に対する行動が遅すぎる。
11/18 東京で過去最多493人感染 警戒レベルを「最も深刻」に引き上げる方針 - ライブドアニュース 「東京の関係者によりますと、18日に都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は過去最多の493人だということです。都は感染状況の警戒レベルを最も深刻な「感染が広がっている」に引き上げる方針です。関係者によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女493人です。年代別に見ると20代が最も多い123人、次いで30代が92人、40代が89人、50代が66人でした。重症化リスクが高い65歳以上の高齢者は77人でした。一日あたりの感染者としては、8月1日の472人を上回って過去最多になりました。」とある。感染爆発の前兆が始まった。
11/18 【速報】東京で過去最多 493人感染 医師会「我慢の3連休に」(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース 「日本医師会が18日午後に会見し、新型コロナウイルスの感染者の増加が、全国的に顕著に見られるとして、21日から始まる3連休は、「秋の我慢の3連休としてほしい」と呼びかけた。日本医師会・中川俊男会長「コロナに慣れないでください。コロナを甘く見ないでください。今週末は、秋の我慢の3連休としてお過ごしください」 日本医師会の中川会長は、「短期間で抑えることが危機的状況を抑えるカギになる」と指摘し、「万全な予防対策が一番の経済対策につながる」と述べた。」、今週末の3連休、GO TOキャンペーンにうかれている場合ではない。
11/18 【菅義偉】東京は5指標が感染急増「ステージ3」それでもまだGoTo死守|日刊ゲンダイDIGITAL 「新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長は先週12日の会見で、感染者が急増する状況を示す「ステージ3」に当たると判断すれば「Go To キャンペーンは当然停止だ」と発言していた。北海道札幌市は「ステージ3」だ。しかし、鈴木道知事は17日、Go To除外を求めない考えを示し、コロナ担当の西村経済再生相もあらためてGo To見直しに慎重姿勢だった。」、政府はいったいどこまで感染が広がったらGO TOを中止するのだろうか。感染爆発が始まったら手遅れになる。
11/18 ファイザーとモデルナのコロナワクチン、実は遺伝子から「RNA」を抽出した新タイプの優れもの! がん治療にも応用できると期待されている...: J-CAST テレビウォッチ 「大手製薬会社「ファイザー」に続いて、薬品・医薬品開発会社「モデルナ」は、新型コロナウイルス感染のワクチンで有効性94・5%を確認したと中間発表した。ファイザーも開発中のワクチンの有効性90%以上を確認しており、アメリカのアレルギー・感染研究所のファウチ所長は「これによって(コロナパンデミックは終息して)、来年末には日常を取り戻せるだろう」と期待を込める。」、新型コロナウイルスに関して世界でもっとも信頼されている専門家の一人、ファウチ所長の談話、期待したいと思う。
11/17 バイデン氏、トランプ氏の政権移行拒否のせいで「大勢が死ぬかもしれない」  WEDGE Infinity(ウェッジ) 「ジョー・バイデン次期米大統領は16日、ドナルド・トランプ大統領が政権移行を拒否し続ければ、新型コロナウイルス対策がさらに遅れ、犠牲者が増えるかもしれないと述べた。地元デラウェア州ウィルミントンで記者会見したバイデン氏は、国内の感染拡大が急激に悪化している状況では、権力移譲のための連携が必要だと指摘。トランプ氏が今なお敗北を認めていない状況を、「くたびれるというより、恥ずかしい」と批判した。」、トランプはアメリカの悲劇、そのものである。
11/17 トランプ氏、逆転勝ちの道ない−2000年ブッシュ陣営の元弁護士ら - Bloomberg 「当時のブッシュ陣営の全米担当弁護士を務めたベンジャミン・ギンズバーグ氏は、「 単に『この選挙は不正まみれだ、取り消せ』と言ってもだめだ」と指摘。「多少の具体的な要素が必要だが、これまでのところトランプ陣営側には具体的なものが全くない」と語った。ブッシュ氏の戦略担当上級顧問だったカール・ローブ氏も、バイデン氏のリードを覆そうとするトランプ氏の訴訟は、体系的な不正があったことを示す証拠がないため実を結ばないと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)への投稿で指摘。ジョージア州で行われている再集計も、結果を覆すことにはならないとの見方を示した。」、トランプが逆転勝利する可能性は限りなく低い。
11/17 約4割は“家庭内感染”傾向 東京の感染経路で判明(2020年11月16日) 「新型コロナウイルスの感染が急速に拡大するなか、東京では家庭内感染が感染経路の約4割に及ぶことが分かりました。」、クラスター感染を追うだけでは感染拡大を防げない。政府、厚労省は対策を根本から見直す必要がある。
11/17 モデルナのコロナワクチン有効性94.5%は期待できるか?安定性はファイザーより優れもの。専門家「来年前半はちょっと厳しい」...: J-CAST テレビウォッチ 「もう一つ、有力なワクチンが浮上しました」と山ア夕貴アナが伝えた。米・バイオテクノロジー企業「モデルナ」がきのう16日(2020年11月)、開発中の新型コロナウイルスワクチンの有効性が94.5%とする臨床試験の暫定的な結果を発表した。臨床試験対象者3万人超のうち、コロナ感染が確認されたのは95例だった。先週の「ファイザー」に続くもので、モデルナはアメリカ食品医薬品局に緊急使用の許可を求める予定だ。ーこれが事実であれば朗報である。
11/17 世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「国産ワクチンを買い取ると政府が先に表明していれば、海外勢から価格を引き下げたり好条件を引き出したりする交渉ができたはずなのに」、「仮に米企業に量産化のめどが立たなければ、日本への輸出を渋ったかもしれない。ワクチンを開発も輸入もできない国は、経済再開の道筋を見いだせない。国の『生死』をワクチンが握る。それほどの戦略物資だ。そう繰り返しているが日本は政府も企業もなかなかピンときていない」、こうした政府、厚労省を持つ日本は世界から完全にとりのこされている。
11/16 東京都で新たに180人の感染確認 7日ぶりに200人下回る:東京新聞 TOKYO Web 「東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに180人報告されたと発表した。感染者数が200人を下回るのは9日の157人以来となる。都内の累計の患者数は3万4931人で、このうち現在入院している重症患者は40人となった。年代別では、20代が39人、30代が34人、40代が30人、50代が28人などとなっている。65歳以上の高齢者は25人だった。」、確実に第3波が始まっている。早期診断、早期検査・隔離が必要。
11/16 北海道 新型コロナ 2人が死亡 新たに189人感染確認 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「札幌市は、新たに124人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。北海道は新たに59人の感染確認を発表しました。旭川市は新たに6人の感染確認を発表しました。これで16日の道内の感染確認はあわせて189人となりました。」、北海道は危機的状況にある。GO TO トラベル、GO TO イートは即刻中止しないと取り返しがつかない事態になる。
11/16 A、B、O、AB…血液型別「かかりやすい病気」が明らかに|NEWSポストセブン 血液型と性格とは関係がないと研究結果がでているが、血液型によって「かかりやすい病気」とされている研究結果については、
【A型】胃がんリスクは、最も低いO型と比較して約1.2倍高い(2010年/スウェーデン・カロリンスカ大)
【B型】膵臓がんリスクが、最も低いO型と比較して約1.7倍高い(2009年/米国立がん研究所)
【AB型】脳卒中リスクが、最も低いO型と比較して1.83倍高い(2014年/米・バーモント大)
【O型】胃潰瘍リスクが、最も低いA型と比較して1.15倍高い(2017年/医学誌『Journal of Epidemiology』)
とあった。ご参考にされよ。
11/16 夏に食べ切れなかったそうめん、余ってない?実は冬にこそおいしい!ねかせるほどコシが強く、歯切れもアップ!ぜひ「にゅうめん」で食べて : J-CAST テレビウォッチ 冷たいままで食べれば「そうめん」、あたたかくして食べれば「にゅうめん」、これがじつにおいしい。「そうめんはねかせて製品熟成するほど、コシが強くなり、歯切れもよくなります。夏に食べきれなかったそうめんはコシがさらに強くなるので、冬場に温かくして食べるにゅうめんなどに非常に向いています」、ぜひお試しを。
11/16 腸活ルーツは江戸時代 みそや白湯の摂取で腸内を整えていた|NEWSポストセブン 健康に大切な腸活、じつは昔から日本で食べられてきた発酵食品が腸活のそのもの。「当時の人々は意識してなかったでしょうが、発酵食品や雑穀米を食べることが、結果的に腸を整えることにつながりました」(小沢さん)「日本人が昔から発酵食品をたくさん摂ってきたことは、長寿や精神の安定につながっています。また腸活といえば、食べ物ばかり注目されますが、リラックスや睡眠、呼吸法などで腸に負担をかけないことも大切。肉体的、精神的にストレスがかかると活性酸素が増え、腸内環境に悪影響を与えます」 多くの腸活マイスターが実践する「白湯」も江戸時代には普及していた。当時、茶の湯を楽しむ上流階級をまねて、庶民が白湯を飲んでいたとの記録も残る。」、白湯もいいそうです。
11/13 行政手続きの認め印全廃 婚姻届や車検 実印は継続  :日本経済新聞 「河野太郎規制改革相は13日の閣議後の記者会見で、行政手続きで必要な認め印を全廃すると発表した。民間から行政機関への申請などで押印が必要なおよそ1万5000の手続きのうち、実印など83をのぞいて押印を廃止する。法改正が必要なものは来年の通常国会に一括法案を提出する。」、いわれてみれば100円で買える認め印にそれほど重要度はないかもしれない。認め印がわからなくなって一番困るのが銀行通帳の届け印、これはどうなるのだろう。本人確認手続きで廃止してくれるとありがたいがどうだろう。認め印は廃止されるとして、印鑑は人の個性として今後脚光を浴びるかもしれない。
11/13 コロナ、変異で感染力強く 東大がハムスターで実験(共同通信) - Yahoo!ニュース 「現在世界で流行中の新型コロナウイルスは、初期のウイルスに比べ、変異によって感染力が強くなったことをハムスターの実験で確かめたと、河岡義裕・東京大医科学研究所教授らのチームが、13日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。新型コロナは当初、中国・武漢市で流行したが、チームによると、感染に関わるタンパク質が変異したウイルスが出現。この変異ウイルスが欧州を起点に世界へ広まり、拡大を続けている。」とある。新型コロナウイルスは変異を繰り返しているようである。
11/13 【新型コロナウイルス】ウイルス学者が提言 基本を徹底すれば普通の生活は続けられる|日刊ゲンダイヘルスケア 今冬の新型コロナウイルスの爆発的感染が危惧されている。感染者が特定できないケースが増えており、若年層から中高年への感染が広がっている。さて、感染防止策の基本は、「これまでと異なることをする必要はありません。やるべきことは『手洗い』『会話時のマスク』『3密回避』『換気』『過度の飲酒の禁止』などです。ただし冬は、春や夏や秋に比べて、人がもともと持っている自然免疫の力が低下するうえ、ウイルスが不活化しにくい環境になるため、より基本の感染症対策を徹底する必要があります。特に冬季は換気に要注意。一般家庭で使われる暖房は室内で空気を暖めるだけで外気との交換が行われないタイプが多い。それだと、ウイルスを含む飛沫粒子が長時間、空気中を漂い、感染リスクが高くなる。仮に、人がいなくなった部屋でも、感染者から飛び出たウイルス含有微細粒子がしばらく漂っている可能性があります。ですから、いままで以上に換気は大切です」とのこと。ご注意を。
11/13 「第3波」国内感染者1600人以上 過去最多更新 - 社会 : 日刊スポーツ 「加藤勝信官房長官は会見で、日本医師会の中川俊男会長が「第3波と考えてもよいのではないか」との認識を示したことに関し「政府は具体的な定義を定めているわけではない」と否定的だったが、「引き続き最大限の警戒感を持って対処しなければいけない」と危機感を示した。」とある。不可解な物言いである。第3波を定義していない。感染流行を定義するのは政府ではなかろう。感染症専門家や意志の意見が重要であって素人の政治家の考えではない。このままでは感染拡大を防ぐことはできない。
11/13 第3波、4週間後には東京の感染者は1日1160人になる?菅首相と西村大臣よ、観光族のドン二階幹事長に遠慮している場合か!: J-CAST テレビウォッチ 「きのう12日(2020年11月)の新型コロナ新規感染者は、全国で1661人と過去最多となった。230人を超えた北海道では、札幌医師会が「このままでは医療崩壊」と危機感を募らせ、北海道医師会は「Go Toトラベルを控えてほしい」と呼び掛けた。」、「その北海道以上に東京が危機的だ。きのうの新規感染者393人と2日連続で300人を超え、「40代」「家庭での感染」が過去最多になった。7日平均で比べると、今月4日は前週比106・2%だったのが、おととい11日は147・7%とほぼ1・5倍、陽性率も3・9%から5・0%にアップした。横ばいから急増へ転じたのだ。東京都のモリタリング会議に出席した国際医療センター病院の大曲貴夫・国際感染症センター長は、「急速な感染拡大の始まり」と警告する。司会の羽鳥慎一は「このペースの増加が4週間続くと、東京の感染者は1日1160人になるということです」と伝える。」とある。トランプ大統領の失策によって爆発的感染が起きた米国のようにならねばいいのだが。
11/12 いまさら聞けない「憲法9条と自衛隊」〜本当に「憲法改正」は必要なのか?(木村 草太) | 現代ビジネス | 講談社 「まず、憲法9条2項は「戦力は、これを保持しない」と規定する。これを読むと、防衛のためであっても、「戦力」を使った武力行使が禁じられるように見える。他方、憲法13条後段は、「国民の生命、自由、幸福追求の権利」は「国政の上で最大限尊重される」と定めている。この「文言を素直」に読む限り、日本政府は、犯罪者やテロリストからはもちろん、外国からの武力攻撃があった場合も、国民の「生命」や「自由」を保護する義務を負っている。外国の武力攻撃を排除するには、外国に対する実力行使すなわち武力行使が必要になる場合もあろう。」
「常識的に考えれば、外国からの侵略から国民を保護するのは、政府の最も基本的な任務である。したがって、「憲法9条により、憲法13条の国民保護義務は解除される」と解釈するのは、つまり、テロ対策はするが外国軍の攻撃は甘受すべきと解釈するのは、かなり「不自然」な帰結を招く。そこで、政府は、外国からの武力攻撃の場面では、憲法13条により憲法9条の例外が認められると解釈してきた。自衛隊は、憲法9条2項に言う「軍」や「戦力」ではないという議論も、自衛隊が憲法13条で認められた範囲を超える武力行使を任務としない組織だという意味である。」とある。ぜひ、あらためて読んでほしい。
11/12 菅義偉首相は12日、米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領と初めて電話協議した。米国の日本防衛義務を定めた日米安保条約5条は沖縄県・尖閣諸島に適用されるとバイデン氏は明言した。 「首相とバイデン氏、尖閣防衛・気候変動で連携 電話協議 日本側の説明によると安保条約5条に関する発言はバイデン氏が切り出したもので、尖閣という名前への言及もあった。米側の発表でも「5条(Article V)」と明記された。大統領選の当確が出た段階でのバイデン氏の言明は異例の早さとなる。政権交代しても中国への圧力を緩めないとの国際社会へのメッセージとなった。」とある。日本はかっての安倍首相のように米国大統領におもねる必要はまったくない。それぞれの国はそれぞれの理由で外交に対処する。
11/12 東京都 新型コロナ 393人感染確認 390人超は8月8日以来 | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース 「東京都は11日、午後3時時点の速報値で、都内で新たに393人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が390人を超えるのは、ことし8月8日以来です。都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女、合わせて393人です。」とある。東京は感染爆発前夜なのかもしれない。
11/12 「第3波」が怖いのは接待店ではなく、普通の飲食で全世帯に広がること。緊急事態宣言下で年末年始を迎えないためには基本に徹するしかない!: J-CAST テレビウォッチ 日本医師会の中川俊男会長の言、「第3波と考えていいのではないか」とある。「この第3波が第2波と大きく違うのは、感染場所と世代だ。これまでは接待をともなう飲食店、つまりバーやキャバクラが多かったが、第3波は居酒屋などの友人・知人同士の飲食で広がっている。30代の男性はホテルで6人で飲食し、そのうちの陽性者だった1人から感染した。「隣に座っていた人で、マスクは外していました。帰り際に肩を貸してタクシーに乗せました」と話している。向かいの2人も感染していた。」、人を見たら感染者と思え、そういう状況になってきたのかもしれない。玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)の指摘、「東京や大阪は、大きなクラスターがないのに増えているということは、防止策は感染者と非感染者の接触を断つということしかないのですよ。海外ではロックダウン、日本なら緊急事態宣言を早めに出したほうがいいと思いますね。患者が増えてからでは遅い」−正論といえる。
11/12 和歌山では6割が実践!みかんは「有田むき」がオススメ みかんがおいしい季節。みなさんはみかんの皮をどうむいていますか?今回は「有田むき」のご紹介。
11/11 バイデン氏、欧州首脳と電話協議 一部閣僚指名26日めど (写真=AP) :日本経済新聞 「米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は10日、欧州首脳と相次いで電話で協議し、外交政策でも政権移行に向けた準備を加速させた。26日の感謝祭までに一部の閣僚を指名する考えも示した。トランプ大統領が敗北を認めないことに関しては「恥ずかしいことだ」と批判した。」とある。世界はバイデン氏を歓迎しているようである、一方、さて、トランプ大統領、潔く敗北を認める気はさらさらないようである。
11/11 米大統領選、米国民の約8割がバイデン氏が当選と認識=世論調査(ロイター) - Yahoo!ニュース 「イプソスの世論調査によると、米大統領選を巡り米国民の8割近くがバイデン氏が当選したと認識していることが分かった。調査対象となった共和党員の約6割、民主党員のほぼ全員がバイデン氏の勝利を認めている。日午後から10日までに実施した調査によると、米国の成人の79%がバイデン氏が当選したと認識しているとし、13%はまだ勝敗は決定していないと回答。トランプ氏が勝利したと答えたのは3%、分からないは5%だった。」、世論はバイデン勝利を認めている。
11/11 コロナ感染急拡大 静岡県内、11月最多更新の恐れ|静岡新聞アットエス 「静岡県内で11月に入り、新型コロナウイルスの感染が急拡大している。感染者は10日時点で117人に上る。既に、月別で最も感染者数が多かった8月(211人)の半数を超え、このまま推移すると過去最多を更新する恐れがある。川勝平太知事は10日の定例記者会見で「第3波」との見方を示しながら危機感をあらわにし、県民に感染予防の再徹底を求めた。」、GO TOトラベルの影響だけではないだろうが、全国各地で感染爆発の兆候が見え始めた。感染状況を終えるクラター感染以外に感染源不明が半数近くになっている。
11/11 コロナ感染急拡大で入院患者増 最新“病床逼迫ワースト20”|日刊ゲンダイDIGITAL 「クラスター対策など減少要因を早急に強めなければ、『急速な』拡大傾向に至る可能性が高い」――9日、コロナ対策分科会の尾身茂会長はそう語ったが、すでに急拡大は進行中だ。10日も東京で293人、大阪で226人、北海道で166人など全国で1287人の新規感染者が確認された。入院患者もジワジワ増え、確保病床も余裕がなくなってきている。東京、大阪、確実に第3波始まっている。この状況でも政府はGO TOキャンペーンを中止する気はない。気の緩みが感染につながる。自分は自分で守るしかない。警戒されよ。
11/11 CNNジョーンズの涙の意味を知ろう/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「さてジョーンズはバイデン当選を喜ぶというよりトランプの終焉(しゅうえん)に対して「多くの人にとって良い1日」とし、トランプ時代に自分の子どもたちがどれほど恐怖を感じおびえてきたか、白人優越主義者や人種差別主義者が武装し、また罪のないアフリカ系アメリカ人やヒスパニックを脅したり、警官が無実の人を傷つけてきたこと、レイシズムとファシズムがいかに全米を覆いつくしていたかに思いを募らせたのだ。アメリカファーストという言葉の裏で人権無視や迫害、法の拡大解釈や超法規の乱用、乱暴な言葉や態度、暴力の常態化。たった4年で米国の秩序や常識、そして多くの人たちの自由が奪われた。しかしその傍若無人な行為の最中は害を被った人、ターゲットと感じた人しか恐怖を感じない。人々は当事者にならないと痛みを想像しない。転じて安倍・菅政治に慣れてしまった人たちは日本学術会議問題の怖さに気づかないことと同じだ。自民党右派の議員秘書にトランプの評価を問うと「戦争をしなかった大統領」と胸を張った。米国は分断という内戦を戦っていたのだ。」とある。トランプ政権の罪は決して軽くない。
11/10 都内293人感染 3人死亡|NHK 首都圏のニュース 北海道で感染爆発の兆候が見えてきたが、「東京都は10日、都内で新たに293人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。また、都は感染が確認された3人が死亡したことを明らかにしました。」、この状況が続けば、数週間後には一日500人、千人の感染者が発生する可能性がある。楽観は禁物。政府の経済政策は感染を広げている結果になっているが、あらためる気配はなく公助はない。自分は自分で守るしかない。
11/10 CNN.co.jp : 米国の新型コロナ感染者、1000万人を突破 43州で増加傾向 「米国の新型コロナウイルスの感染者の数が感染拡大から10カ月とたたずに1000万人を突破したことがわかった。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば、1000万人を超えたのは9日のことだった。直近の新規感染者100万人はわずか10日間で増えており、100万人単位での増加ではこれまでで最も早いものとなった。全米各地で新型コロナウイルスの感染が急激に拡大している。ジョンズ・ホプキンス大学によれば、9日時点で、前週よりも10%以上新型コロナウイルスの新規感染が増えたと報告した州は43州となった。」、米国で感染爆発が起きている。放置したトランプ政権の罪は軽くない。
11/10 菅義偉首相の実弟が自己破産後、JR企業の役員に就任していた | 文春オンライン 「首相就任によってファーストレディの真理子夫人をはじめ家族関係がクローズアップされている菅義偉首相(71)。実弟の菅秀介(ひですけ)氏(69)は、51歳で自己破産した直後にJR東日本の子会社に幹部として入社しているが、異例の入社を遂げた背景には菅首相と同社の蜜月関係があったことが、ノンフィクション作家・森功氏の取材で分かった。」、こういうことがあるんですねえ。
11/10 北海道「感染爆発」専門家が警鐘 10日で1000人増 「道内全域で休業要請を」 - 毎日新聞 「北海道で9日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者数が初めて200人に達した。道の新規感染者の100人超えは5日連続で、累計では4000人を突破して計4198人となった。札幌市の新規感染者数158人も過去最多で、同日の東京都の感染者数を上回った。新たに旭川市で1人が死亡し、死者は計115人となった。専門家は「道内は感染爆発の状況にあると言っていい」と警鐘を鳴らす。」、じりじりと感染爆発に近づいているように見える。GOTOキャンペーン、即刻中止すべきであろう。
11/10 バイデン氏、いきなりコロナ対策発表。すべての州でマスク義務化、国民すべて無料検査、WHOに再加入...トランプと真逆だ!: J-CAST テレビウォッチ 「大統領選で当選確実となったバイデン氏はきょう10日(2020年11月=日本時間)会見を開き、新型コロナ対策チームを発足させることを発表した。バイデン氏は「パンデミックの中、最悪の事態を避け、命を守るために感染防止対策を後回しにできない。唯一の方法はマスクをつけること。だからお願いします。マスクをつけてください」と訴えた。」、「さらに、すべての国民に無料・定期的にコロナ検査を実施するなど検査体制も拡充。ドライブスルー検査の倍増も打ち出している。トランプ大統領が脱退通告したWHOには再加盟、世界の舞台でのリーダーシップ回復を目指すとしている。ワクチンの製造・流通には2兆6000億円を投資し、全国民に無料接種を保証する。」とある。日本の対策とは大違い。
11/9 トランプ氏に誤算 「法廷闘争」支持広がらず―ひいきのメディアも冷淡・米大統領選:時事ドットコム 「世論調査で劣勢だったトランプ氏は選挙を互角の戦いに持ち込み、郵便投票集計の不正を訴えて法廷で勝つことを狙った。そのための布石として連邦最高裁判事の保守派優位も固めた。だが、各激戦州で陣営が起こした訴訟はすぐに壁にぶつかった。無効のはずの郵便票が集計されたと集計中止を求めたジョージア州の裁判は、約1時間の審理で「証拠がない」と却下。「不正を十分に監視できない」と主張したミシガン州では、既に集計が終わっていることを理由に訴えを退けられた。分の悪さを象徴したのはトランプ氏の5日の記者会見。民主党の「不正」を相次いで訴えると、複数のテレビ局で「大統領が多くの虚偽発言をしている」などと一方的に中継が打ち切られた。」とある。あきらかにトランプの時代は終わったようである。
11/9 二階俊博vs麻生太郎のバトルが過熱…「おい麻生、お前はもう死んでるぜ」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 「〈内閣総務官室連絡 (自)幹事長室からの要請(幹事長への説明について)〉
「読後廃棄」と注意書きされたこの文書、件名の通り、自民党幹事長室からのある要請を周知するための内部文書だ。そこには、「官房幹部とも共有の上、今後の対応をお願いします」との文言に続き、こんなことが書かれていた。
〈今後、各府省庁から二階幹事長への説明については、原則、事務次官対応としていただきたい〉
中堅キャリア官僚の一人が嘆息する。「つまり、二階(俊博自民党幹事長)さんのところに、局長とか課長程度の『下っ端』を寄越すな、ということです。」とある。政権は、官邸から自民党幹事長室に動いたようである。
11/9 官邸、「反政府先導」懸念し拒否 学術会議、過去の言動を問題視か:東京新聞 TOKYO Web 「首相官邸が日本学術会議の会員任命拒否問題で、会員候補6人が安全保障政策などを巡る政府方針への反対運動を先導する事態を懸念し、任命を見送る判断をしていたことが7日、分かった。安全保障関連法や特定秘密保護法に対する過去の言動を問題視した可能性がある。複数の政府関係者が明らかにした。」とある。正直にこれを言えばいい。後は国民が判断する。
11/9 一日の感染確認 初の200人に|NHK 北海道のニュース 「9日、道内の新型コロナウイルスの感染確認は、初めて200人に達しました。9日一日の感染確認としては現時点で東京都を上回っていて、道内での急速な感染拡大が続いています。」、「200人のうち、70人は感染経路が分からないということです。」とある。感染経路がわからないのが、30%以上ある。これは不気味である。
11/9 トランプ陣営62億円の献金呼びかけ! 悪あがきに共和党内でもあきれる声、弁護士チーム内で「訴訟は無意味」と内部論争も..: J-CAST テレビウォッチ 「トランプ大統領は敗北宣言を出さず、支持者に対し62億円の献金を呼びかけての法廷闘争を行うとみられているが、集計中止要請は各地で棄却されている。共和党内からは批判も出ていて、娘イヴァンカさん夫のクシュナー顧問に対して『敗北を認めるようトランプ大統領に働きかけてほしい』という声が出ている。また、弁護士チーム内でも一部が「訴訟は無意味で無価値」など内部論争も起きている。」、トランプの法廷闘争、最後のあがきに等しい。無様である。
11/6 米国防長官、大統領選を前に「辞表を書いた」=米メディア|ニフティニュース 「マーク・エスパー米国防長官は去る3日(現地時間)に行なわれた米大統領選を前に、辞意を固めていたことが伝えられた。米NBC放送は5日、複数の米国防当局者たちからの引用で「これまで軍の役割などにおいて、ドナルド・トランプ大統領と論戦を繰り広げてきたエスパー長官が、大統領選後に解任されることを予想して、辞表を準備した」と報道した。」とある。自分の信念に従って閣僚を辞職する、日本の大臣とはちがう。
11/6 コロナ変異で28万人地域封鎖 ミンクから人に感染 デンマーク(2020年11月6日)テレ東NEWS 「デンマークでは毛皮を採取するための家畜用のミンクから新型コロナウイルスに感染した人が出ているとして、北部の地域で外出制限措置をとると発表しました。欧米メディアによりますと外出制限措置は6日から最短でも12月3日までで、7つの自治体のおよそ28万人が対象になるということです。対象地域では、レストランやバーが閉鎖されるほか、公共交通機関も停止されます。」、新型コロナウイルスの変異種、警戒が必要。
11/6 ゴボウは腸内環境を整える理想的な食材 朝食べると効果的|日刊ゲンダイヘルスケア 「ゴボウにはさまざまな栄養成分が含まれていますが、最近話題なのは水溶性食物繊維である「イヌリン」や、不溶性食物繊維である「リグニン」です。イヌリンを摂取することで中性脂肪をつけにくくしたり、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果が期待できます。リグニンは腸内で便量を増やし、蠕動(ぜんどう)運動を促す働きがあるので、便秘解消に役立つとされています。これらの効果をより感じるには夕食前に食べると血糖値の上昇が抑えられることがわかっています。」、ゴボウ、体にかなりよいようです。ぜひ召し上がれ。
11/6 新型コロナの第2波は第1波よりひどくなりそうだ。北海道と東京で感染拡大だ。寒くなると「密」を作りやすいから注意しよう: J-CAST テレビウォッチ 「日本でも、新型コロナの第2波は、第1波よりひどいことになりそうだ。きのう5日(2020年11月)の北海道の感染者数は、119人とこれまでの最多となった。とくに札幌が93人と8割を占める。このため北海道と札幌市は、早ければあす7日から、酒を提供する飲食店に営業の一部制限を要請することを決めた。日本医師会の中川俊男会長は「北海道でこれだけ感染が広がっていることは、大変憂慮すべきだと思います。繁華街のすすきので連日クラスターが発生しているのでしょう。若い世代がコロナに慣れてしまっているのではないか」という。鈴木直道知事は「強い措置を検討せざるを得ない」として、10時以降の営業自粛、酒類の提供自粛などを求める。」、今冬、新型コロナの感染拡大、かなり危険水域に入ってきた。
11/6 欧州最高の知性が警告「コロナ前なら死ななかった人がこれから死んでいく」 世界中で「受診回数」が減っている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 「衣服や自動車を購入する者はほとんどいなくなった。飛行機の座席やホテルの部屋を予約する者はほとんどいなくなった。国内の製造業は、外国からの部品調達が困難になったため、多くの製品の生産を停止した。瞬時にして生産と消費が同時に崩壊していく様子を、われわれは目撃している。第一に、エネルギー消費だ。4月と5月の世界の石油消費量は、前年同月比で3分の1減少した。中国では20%減、アメリカでは30%減、インドでは70%減だった。非集団隔離型の戦略を選択した国の生産活動は、それほど大きな影響を受けなかった。たとえば韓国のGDPは、電化製品や石油化学製品などの輸出が落ち込んだためにわずかに減少したのみだった。ヨーロッパの事情はまったく異なる。EUの第1四半期のGDPは3.8%減だった。最も影響を受けたのは、フランス(5.8%減)、スペイン(5.2%減)、イタリア(4.7%減)だ。第2四半期はさらに悪化する。最も悲観的な予測では、アメリカ経済の第2四半期は38%減、年率換算では12%減だ。」とある。新型コロナは経済へ深刻な打撃を与えている。経済拡大優先を行なった国は、結局は感染拡大を止められず、敗北している。日本は、EU、米国の二の舞にならなければいいのだが。
11/5 速報 北海道、初の100人超えで119人 札幌市も最多の93人…5日の新型コロナウイルス感染確認(HBCニュース) - Yahoo!ニュース 「5日、北海道の新型コロナウイルスへの新たな感染確認が、初めて100人を超える119人となりました。このうち、札幌市も最多の93人です。鈴木知事と札幌市の秋元市長は4日の緊急会談で、繁華街ススキノの飲食店などに営業時間の短縮を要請することで一致しました。初の100人超えで、対象となる業種や時間帯、支援金を支払うかなどの詳細の詰めを急ぎ、要請を早めることになりそうです。」、北海道で感染拡大が急激に起きている。寒さと乾燥だろうか。
11/5 東京都で新たに269人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web 「東京都は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに269人報告されたと発表した。都内の累計の患者数は3万1893人で、このうち現在入院している重症患者は38人となった。年代別では、20代が77人、30代が55人、40代が50人、50代が28人などとなっている。65歳以上の高齢者は30人だった。」、東京でも感染拡大が始まっている。今冬、いったいどうなるのか。地獄の扉を開けてはいけない。
11/5 ブヨブヨになっても大丈夫!和歌山の果樹農家発・熟れすぎた柿を超簡単においしく食べる方法は? : J-CAST テレビウォッチ 柿の食べ方、「例えば「柿カレー」。いつものカレーに、とろみが出るまで煮込んだ柿を隠し味として入れるだけでOKだ。甘みがあり、小さい子でも食べられる。父の典男さん「柿が隠し味になって、すごくカレーの味を引き立ててくれます。本当においしい」、「冷蔵庫の片隅で熟しすぎてしまった柿は「柿シャーベット」にするのがおすすめだ。冷凍庫に半日入れておくだけ。取り出して2時間ほど待つと食べごろだ。」とのこと。ぜひお試しを。
11/5 トランプの誤った「勝利宣言」に身内の共和党から批判噴出 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 「11月3日に行われた米大統領選は、いまだ一部の州で開票作業が続けられており、数えられていない票は数百万にのぼっている。それにもかかわらず、ドナルド・トランプ大統領は自らが「民主党のジョー・バイデン候補を破り、勝利した」との“誤った主張”を続けている。また、4日には複数回にわたり、怒りをかき立てるようなコメントをツイッターに投稿している。こうしたトランプの速断に過ぎる“勝利宣言”と扇動的な発言に対して、共和党の著名議員や保守派の批評家などの間からも非難の声があがっている。」とある。トランプ大統領、この男はどういう考えをしているのだろう。
11/5 室井佑月「声をあげよう」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「アメリカの大統領選についてのニュースを見ていると、共和党側から「社会主義、共産主義の国にしてはならない」という台詞(せりふ)がたびたび出てくる。たとえば、オバマケア(医療保険制度改革)に対してのその言葉だ。日本でもおなじようなことが起きている。市民運動的なデモ(脱原発運動、貧困撲滅運動)に参加すると、自民党の一部応援団が、「あいつら、共産主義だろ」などと侮蔑的な感じでいったりする。政府に対する批判を述べるあたしは、パヨクというものになるらしい。」、政府に不満を持つと左翼になる、あきらかに偏向思想であろう。
11/4 【菅義偉】衆院予算委で露呈…パワハラ菅首相は本物の「スカ」だった|日刊ゲンダイDIGITAL 「日本学術会議の会員任命拒否の理由を繰り返し問われたものの、従前のワケの分からない説明を繰り返すばかり。もはや、議論がかみ合わないというレベルではない。質問されたことに対し、まったく的外れの答弁を繰り返していたからむちゃくちゃだった。菅首相は、与党議員の質問に対し、「閉鎖的で既得権益のようになっている」とも答えていたが、「閉鎖的で既得権益」になっているのは他ならぬ今の政府、自民党だろう。さらに「推薦した方をそのまま任命する前例を踏襲するのは止めるべきだ、と判断した」とも言っていたが、学術会議法に従って推薦することは「前例踏襲」でも何でもない。」、菅政権の前途、いかなりや。
11/4 「人事のことなので答弁できない」は通用しない BLOGOS 「日本学術会議のあり方の議論はあっても良いけれども、まず必要なことはなぜ6人の学者が任命されなかったのかということへの説明。その理由を説明するということは最低限、行われなければなりません。しかし今日も菅総理は「人事に関することなので答弁を差し控えたい」という一点張り。一方で、菅総理は自らの著書の中で、NHK改革に関して意見を異にした担当課長を更迭したことを滔々と述べています。それなのに日本学術会議の人事については「人事のことなので答えられない」では、全く説明になりません。」、説明できない総理大臣、国民は納得しないだろう。
11/4 鼻出しマスクで口論の末、催涙スプレー吹きかけた男が逃げている! そこまでするかと思うが、鼻出しでは予防効果ゼロだぞ!: J-CAST テレビウォッチ 「きのう3日(2020年11月)、東京メトロ半蔵門線の九段下駅で、男性が催涙スプレーのようなものを顔に吹き付けられ、警察や消防が出動したが、犯人の男はいまだに逃走中だ。「トラブルの発端は電車内でのマスクの付け方でした」と司会の羽鳥慎一は伝えた。40代男性が車内でマスクから鼻を出していた男に、「マスクは鼻まで覆えよ」と注意したところ口論となり、2人は九段下駅のホームに降りてもみ合いになった。注意された男はスプレーを吹きかけ、そのまま逃走。40代男性は目に軽いけがを負った。」、こういう人間が出てきた。マスクで鼻をおおうことは大事だが、それを強要して他者に暴行を加えるのはすじちがいであろう。
11/4 役所は教えない…夫が死ぬ前に「名義変更」しないとヤバくなるもの全実名(週刊現代) | マネー現代 | 講談社 夫が亡くなったときに夫名義の資産をそうぞくするのは、かなりやっかいである。「そのままでは名義を変えられない預貯金口座については、生前に暦年贈与で相手に譲っておくことが、夫婦が元気な間にできる「名義変更」といえる。」、これはぜひやっておく必要がある。ぜひ、ご参考に。
11/4 対米従属から抜け出す道はあるのか?〜『戦後日本を問いなおす』(原彬久) - 三浦俊章|論座 - 朝日新聞社の言論サイト アメリカの対日優位、「同じ同盟国でも、独仏はアメリカのイラク戦争に反対したが、日本はアメリカを支持して、米艦給油や復興支援で自衛隊を出した。このほかにも、アメリカの対日優位を示す事例は山ほどある。基地外に墜落したばかりの米軍ヘリの事故現場に、なぜ日本の警察は近づけないのか。なぜ首都東京上空の航空管制権を、横田基地を持つ米軍に広範囲に委ねて、日本の航空会社の飛行ルートが制限されるのか。なぜ日本の首相はワシントン詣でを繰り返し、日本の防衛体制や防衛費に構造的歪みをもたらしてまでアメリカの兵器システムを購入せねばならないのか……。」とある。自民党政権は憲法改正を声高に叫ぶが、重要なのは対米関係の改善であり、真の独立の達成であろう。
11/2 「首相にとって何が『多様性』なのか…理解に苦しむ」 学術会議の大西元会長:東京新聞 TOKYO Web 「多様性が大事だ」「『旧帝国大』と言われる7つの国立大に所属する会員が45%を占め、私立大は24%にとどまる」。菅首相は30日の国会答弁でそう語った。この答弁に、学術会議の大西隆元会長は「今回の候補者はジェンダーや地域間の格差含め、これまでで一番、多様性が反映されている。首相にとって何が『多様性』なのか理解に苦しむ」と首をかしげる。首相が任命拒否した6人も、半数は私大所属だ。−とある。菅首相の説明、支離滅裂としかいいようがない。国民の7割近くが納得していないことに合点がいく。
11/2 学術会議元会長がズバリ指摘、劣化する日本型エリート「病理の正体」(伊藤 博敏) | 現代ビジネス | 講談社 「でも、臆することなく、堂々と主張を続けるべきでしょう。政府の方でも大局的に構えて、小さな事には口を挟まないようにすべきです。官房副長官が、過去の言動を捉えて6名を任命しなかったということですが、その程度の認識では、政府の決定に資する大胆な提言など望むべくもありません」とある。正論である。
11/2 排除する政治〜学術会議問題を考える:「このままでは理系も手を突っ込まれる」佐倉統・東京大大学院教授 - 毎日新聞 「政権の真意は分かりませんが、「一線を越えたな」というのが最初の印象でした。安倍晋三前首相の時からですが、政権は自分たちの意のままに法的な手続きや制度、あるいは世論の批判を無視してさまざまなことに手を入れてきました。今回のことがただちに(戦前のような)思想弾圧になるとは思いませんが、非常に不気味であることは間違いありません。「ついにここに手を突っ込んできたのか」と不安を感じます。これは、個々の政治信条がどうあるかに関係なく、日本の将来の根幹にかかわる問題です。たとえ学術会議に組織としての問題があったとしても、だからといって今回のような介入が許されていいはずがない。別次元の話です。菅首相は「総合的・俯瞰(ふかん)的」という言葉で片付けようとしていますが、全く説明になっていない。いきなりこれまでのやり方を変えているわけですから、なぜあの6人が任命されなかったのか詳細な説明が必要です。」、安倍政権のときより事態は悪化している。官邸におそるべき怪物がいる。菅首相自身もコントロールできないのではないのか。
11/2 【新型コロナウイルス】北海道で再び急増…冬のコロナ感染爆発は北から襲いかかる|日刊ゲンダイDIGITAL 「新型コロナウイルスの感染拡大が新たな局面に突入しつつある。国内外で寒い地域でのコロナの感染が爆発しているのだ。警戒度が1から2に引き上げられた北海道は、春の1日の感染者数は4月23日の45人が最多だったが、最近は10月23日の51人以降、ほぼ連日最多を更新。31日には81人となり、1日も、札幌市の過去最多59人を含む69人の感染が確認された。道保健福祉部の担当者は「全道で非常に危険な状況になっている」と警戒感をあらわにしている。」、今、GO TOキャンペーンをやっている場合ではない。このまま感染を野放しにすれば、この冬は地獄になる。
11/2 原因不明の腰痛は「脳のせい」!? 痛み・不安・ストレスに支配された脳が長引かせる...解決策は「1日15分、集中して歩く」: J-CAST テレビウォッチ 「体に異常が見つからないのに腰が痛い場合、脳の影響が大きいと考えられている。本来脳は体に痛みがあると、ドーパミンなどの物質を出して痛みを感じにくくしたり和らげたりする。しかし腰痛を繰り返している人は、痛みにともなって不安やストレスが溜まり、脳の痛みを抑える物質を出にくくしてしまう。そのせいで痛みが長引き、わずかな痛みも強く感じてしまうようになるという。」だそうである。病は気から・・・ということかも。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2020年11月の掲載



Copyright 爽快倶楽部