TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2020年8月の掲載


8/28 安倍首相、辞意を表明 持病再発「総理の地位にあり続けるべきでない」(THE PAGE) - Yahoo!ニュース 「安倍晋三首相は28日、記者会見し、辞任する意向を明らかにした。持病である潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)が再発したことを説明したうえで「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した。総理大臣の職を辞することといたします」と述べた。」、これで疑惑はうやむやになるのだろうか。
8/28 【新型コロナウイルス】療養費は自己負担 コロナ「2類相当」見直しで生まれる弊害|日刊ゲンダイDIGITAL 「 「政府は秋以降の感染拡大に備え、「指定感染症」に指定している新型コロナウイルス感染症の運用を見直す方針だ。現在、感染症はエボラ出血熱などの1類から、季節性インフルエンザなどの5類に分類されている。新型コロナは正式には分類されていないが、実質、入院治療が原則の「2類相当」として扱われている。感染防止のために無症状者や軽症者も含めて陽性者は隔離措置が取られ、入院費は国費で負担している。つまりタダで入院・治療を受けられるわけだ。ところが政府は、新型コロナを「2類相当」扱いしている現在の運用を見直そうとしている。見直しが現実化すれば、無症状者や軽症者は入院せず、自宅などで療養することになる。政府関係者は「重症患者に重点的に対応していくため」と、もっともらしい説明をしているが、目的がカネなのはミエミエだ。」とある。自宅療養が増えれば家庭内感染の増える。政府はいったい何を考えているのだろう。
8/28 コロナの第2波はピークを越えたの?尾身会長は「全国的に下降中」というが専門医は「無症状の人もいて安心は禁物」: J-CAST テレビウオッチ 「新型コロナの第2波について「7月末でピークに達した」との見解を、先週19日(2020年8月)、政府対策分科会の尾身茂会長が示した。「今後どうなっていくのかを分析しました」とキャスターの水卜麻美アナウンサーが問いかけた。尾身会長が「全国的に下降するピークアウト傾向にある」と述べたのは、感染者が発症した日を基準にデータをとったエピデミックカーブ(流行曲線。「エピカーブ」ともいう)で7月27日から29日に一番高い山があることからの見解だ。尾身会長は「少しずつ緩やかな下降傾向にあるのではないか。ただし、新たなクラスター(集団感染)が発生すれば別で、重症者発生には警戒が必要」とも話した。」、政府の新型コロナ分科会、いったいなにをいいたいのか、まったく不明。
8/28 「まさか東京から来てないよね」子供にまで尋問する“帰省警察”が怖すぎる | 日刊SPA! 「大阪府在住の自営業・住田誠さん(仮名・40代)が四国にある実家に帰省したのはお盆休みの8月10日だった。昨年末に祖父が亡くなり、今年は初盆。例年、妻と子どもを一緒に連れて帰っていたが、コロナ禍ということもあり、今回は一人だけ。自家用車で一泊の里帰りを決めたのだった。「数十世帯しかない、山間の集落です。うちが初盆だということも、私が大阪にいることもみんな知っているはず。法事を終え、久々にオカンの手料理でも食べようかとしていると、オカンが青い顔して僕を呼んだんです」(住田さん、以下同) 住田さんが母親に見せられたのは、赤い文字で「警告状」と書かれた画用紙。「小さな集落、コロナは来るな」「お前はヨソ者、みんな見ている」などと記してあったのである。」、Go Toトラベル、東京居住者が行く、地方から東京へ行く。さて、どうなるのやら。
8/28 赤ちゃんと避難する際に持っていくものは? 母親が投稿した『避難用品の中身』に反響 grape [グレイプ] 豪雨、洪水などの避難、赤ちゃんのいるお母さんにはとても参考になると思います。「避難所には多少の支援物資が用意されているでしょうが、赤ちゃん用品は入手できないかもしれないので、あらかじめ必要な物を2〜3日分準備しておくと安心です。大福の母さんの投稿では、オムツ・離乳食は成長に合わせて見直すことや、オムツを多めに持って行く方法、母子手帳に保険証を1か所にまとめることなど、赤ちゃんの防災における大事なポイントがイラストで分かりやすくまとめられていました。」とあります。ぜひ、ご一読を。
8/27 トランプはもう負けている?共和党大会 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「党大会の残る3日間、あるいは本選までの2カ月がどうなるのかは、これで決まったようなものだ。トランプは24日にそうしたように、自分が率いる政府がアメリカ史上最高の政府であり、国民はもう自分なしではやっていけないと主張し続けるに違いない。「自分が常に注目の中心にいないと気が済まないという、彼の病的な一面だ」とリッチ・ゲーレンは言う。ゲーレンは共和党の元顧問で、大勢の共和党関係者や共和党支持者と同様、今回の大統領選ではトランプを支持できないと表明している。」、政治家が自画自賛を始めたら、その政治家は終わりが見えてきたといえるかもしれない。
8/27 動き出したか 五輪代替大会への模索/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「12年のロンドン五輪で組織委員会の会長も務めた世界陸連会長のコー男爵(セバスチャン・コー)が21日、「東京五輪が来年開催されない場合、陸上競技界は『型にとらわれずに考える必要があるかもしれない』」と英BBC放送で助け舟を出した。コーは「東京五輪の開催を心から願っている。そうあってはほしくないが、もし全般的に競技シーズンの継続がかなり困難になった場合は、違う種類の大会の創設について、少しばかり型にとらわれない発想をする必要があるかもしれない」。この問題に引導を渡すのは世界陸連でないかと思われていたが、まさに代替大会を模索して今回の東京大会中止はやむを得ないという環境づくりを始めたといえそうだ。次はどこのだれがこの問題に答えるか。」、世界は五輪代替大会に動き始めたようである。
8/27 GoToトラベルに東京を追加すべきか?政府は前のめりに旅行させたがっているが、都民の気持ちは?: J-CAST テレビウオッチ 「毎日新聞の調査では、この夏旅行・帰省をしなかったという人が58%、予定もしなかったが25%。GoToトラベルは続けるべきか?との問いに、中止すべしが60%、続けるべしが23%だった。旅行も遠出は少なく、自家用車での近場の旅行が圧倒的だ。」とある。東京を追加しても、東京から行く、東京へ行く、警戒感は少なくない。
8/27 電気の検針票「お客さま番号」「地点番号」はみだりに教えちゃダメ!悪徳電力会社に勝手に契約されるよ: J-CAST テレビウオッチ 「中には大手の電力会社や関係会社を装って勧誘するケースもみられます。猛暑やコロナの関係で家にいる時間が増え、電気料金が気になる方も多いと思うんですが、『安くなるよ』と勧誘を受けても鵜呑みにせず、わからないところは事業者に質問をして不明点をなくした上で、契約するかどうかじっくり検討することが重要です」、電力会社の変更は慎重に。
8/27 「免疫力」アップの食べ物は「キャベツ」 医師がすすめる理由とは? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 免疫力アップにはどんな食べ物がいいのか。「免疫力の70%は腸と腸内細菌が担っています。まずは食生活を変え、腸内細菌の集合体である『腸内フローラ』を整えることから始めてください」、「日和見菌には、脂肪や糖分を好む「フィルミクテス門」というグループと、高食物繊維で低脂肪の食べ物を好む「バクテロイデス門」というグループがある。前者は通称デブ菌で、悪玉菌に味方しやすい。後者はヤセ菌と呼ばれ、善玉菌に味方しやすい性質がある。免疫を高めるポイントとは、すなわち、ヤセ菌を増やして善玉菌の味方をさせることにある。ヤセ菌が好きな食べ物は、(1)野菜類、豆類、全粒穀類(玄米や五穀米)など植物性食品(2)みそや納豆など発酵食品(3)食物繊維やオリゴ糖──だ。」とのこと。ご参考に。
8/26 【安倍晋三】怯える安倍首相…再び病院行きで立件逃れ“盤石シフト”崩壊|日刊ゲンダイDIGITAL 「歴代最長の連続在職日数を更新した日に、締まらない話だ。安倍首相が24日午前、2週続けて慶応大病院に入った。政府関係者は「先週の検査結果を聴取する」と説明するが、持病の潰瘍性大腸炎の治療のためとの見方もある。前法相で衆院議員の河井克行、妻の参院議員・案里両被告の初公判を25日に控え、安倍首相も同じく公職選挙法違反で刑事告発を受けた身だ。立件逃れの“盤石シフト”は崩れ、いつ司直の手が伸びるのかと怯える日々だ。」、メディアは報道しないが、官邸は検察の動きにおびえているようだ。
8/26 GoToトラベル対象、千葉・勝浦の高級旅館でクラスター発生、「感染対策は万全だった」と県のお墨付きだったが...: J-CAST テレビウオッチ 「GoToトラベル事業に参加している千葉県勝浦市の旅館「緑水亭 勝浦別館 翠海」で、新型コロナウイルスのクラスターが発生した。千葉県がきのう25日(2020年8月)に発表した。これまでに10〜60代の従業員7人が感染、うち2人は中等症の肺炎だという。今後、今月14〜21日(2020年8月)に宿泊した359人を対象に、健康状態を確認したうえで必要に応じて検査を行う。」、Go To トラベル、慎重に対応するのが無難。
8/26 うがい薬騒動に"おまじない"ステッカー 知事の実力差が出たコロナ対応 「東京の小池都知事は8月に入って、感染症対策をきちんとしている飲食店や事業者に向けて、七色の虹がデザインされた「感染防止徹底宣言ステッカー」を東京都で発行したね。都民の皆さん、このステッカーの貼ってあるお店を利用しましょうと呼びかけて、街のあちこちのお店にあのステッカーが貼られるようになった。だけどあの虹のステッカー、インターネットで自己申告すれば誰でも手に入るんだろ。別にこのためのきちんとした審査があるわけでもない。ステッカー貼って安心しましょうってレベルの話だ。言い換えれば、「このたび東京都では、おまじないのお札を作りましたので、皆さんにお配りします」って話だ。アハハハハ、東京都はお稲荷さんになっちゃったよ。みんな軒先にお札を貼って疫病退散を念じましょうっていうね。それじゃあ小池さん、都知事じゃなくてお巫女さんだよな」、実に悲しい感染対策である。
8/26 食中毒の「新たな発生源」、新型コロナでリスク高まる恐れ | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン 最近、街でよく見かけるテイクアウトの表示、新型コロナ感染で急激に拡大しているが、うした食品の持ち帰りや宅配サービスについて食中毒発生の危険性が指摘されている。「厚労省では注意喚起を促すリーフレットを配布しており、「テイクアウトやデリバリーでは、調理してからお客さんが食べるまでの時間が長く、気温の高い時期は、特に食中毒のリスクが高まります」と注意喚起している。今年は今までデリバリーを行っていなかった飲食店がデリバリーを始める例が増えた。店舗での飲食とテイクアウトでは購入から食べるまでの時間差がまるで違う。飲食店で提供するものをそのままテイクアウトにしても大丈夫なのか、不安が残る。」とのこと。猛暑のこの時期は、要注意。
8/26 安倍氏「健康問題」アメリカはどう見ているのか | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 「トランプ大統領とマイク・ポンペオ国務長官は、安倍首相の健康問題と退任の可能性を十分に認識していると、トランプ政権の元高官は語る。元高官は「確信している」という。トランプ政権で同盟安全保障関係を担当していた別の元高官は8月下旬、「アメリカ政府は、特にこの24時間の間、安倍氏の健康状態について、一般の人々よりも綿密に追跡し、情報を得ていると考えている」と話す。国務省とアメリカ中央情報局(CIA)は非常に慎重に事態の進展を追っており、「PDB(大統領日報)はそのような内容を含み、トランプ大統領は理解の質や関心の程度はさておき、週に2、3回、諜報情報のブリーフィングを受けている」と、共和党政権と民主党政権の両方でアジアの安全保障を担当していた元高官は語る。」、米国はすでに安倍退陣後を考えているようである。
8/25 米大統領選、共和党元議員20人超が反旗 民主党バイデン支持を表明 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「米共和党元議員20人超が24日、11月の大統領選で再選を目指すトランプ大統領ではなく、野党民主党候補のジョー・バイデン前副大統領を支持する方針を表明した。バイデン氏の陣営によると、共和党員による民主党への支持を促す同陣営の取り組みに共和党元議員27人が参加を決めた。過去にトランプ大統領を批判し、2018年に引退したジェフ・フレーク元上院議員(アリゾナ州)も含まれる。バイデン陣営の声明によると、27人はトランプ大統領の「汚職や民主主義の破壊、あからさまな良識の軽視」と「米国を軌道に戻すという急務」をバイデン氏支持の理由とした。」とある。米国で何かが起きている。トランプ政権の異常性を正す動きが始まっている。
8/25 異変?潮目が変わった? NHKが「支持率が過去最低」を強調して安倍首相をブラジル大統領と並べて報道!(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース 「歴代最長 安倍首相 連続在任期間」
「(和久田麻由子キャスター)
「第2次内閣の発足以降、長期政権を築いてきた安倍総理大臣。その連続の在任期間は今日で2,799日。歴代最長となりました」
 その後の流れに筆者は仰天した。
(和久田麻由子キャスター)
「一方で、安倍内閣の支持率を見ますと(発足以来の支持率の推移グラフを見せて)、新型コロナウイルスの感染拡大以降、下がっていき、今月の調査で34%。調査方法が異なるため、単純に比較はできませんが、第2次内閣の発足以降、過去最低の水準になっています」
NHKは脱安倍政権に向かい始めたのかもしれない。
8/25 手持ち花火の人気がすごい!駒沢公園は楽しむ人で大混雑。花火大会中止で短い夏に涼求める...: J-CAST テレビウオッチ 新型コロナ感染の影響で花火大会が中止になった今夏、家庭でできる手持ち花火に人気が集まっているようです。なお、「消毒用アルコールへの引火にも注意を ただ、コロナ対策が必要な今年は、例年とは違う上に注意も必要だ。消毒用のアルコールは引火しやすく、大きな事故につながりかねない。東京消防庁ではアルコール消毒した手袋が引火する動画を公開し、アルコールが十分乾いてから花火をするよう注意を呼びかけている。」との指摘も。ぜひ、安全に楽しんでください。
8/25 東京都医師会、政府との決別宣言…安倍首相体調不安説でコロナ対策停滞、国会すら開けず
「国は動く気配がありません。安倍首相の健康問題を取り上げ国会を開くことには、さらに消極的になったような気がします。私が、記者会見でアピールしたことで殻を閉じてしまい、むしろ事態は、後退してしまったのでしょうか。
 医療者の1人として、安倍さんには、もし病気が重くなっているのであれば、しっかり治していただきたいです。
 私の気持ちとしては、今のコロナ危機を考えると首相代行を立ててでも厚労大臣やコロナ担当大臣が協力すれば、法改正の議論はできるはずなので、是非、国会を開いてほしいと思います。
 そして、個人攻撃はやめて、与野党一致して、改正すべき法案を速やかに提出し、いがみ合うことなく法案を成立させてほしい。そう思っています。
 でも…???? 現状は悲観的です。
 そこで、東京都医師会としては、コロナは待ってくれないので、秋冬の、インフルエンザに重なるさらなる流行に備えて、現行法の中でできる対策を考え、都民のために頑張ることに重点をおこうと思います。
 国に頼ることは、もう諦めようと思います。東京都と協力して、やれることをやっていきます。早速、明日の理事会で、具体策を検討していきます。引き続き、応援をよろしくお願いします」
東京都医師会の尾崎治夫会長の言葉である。
8/25 安倍首相の「私たち」とメルケル首相の「私たち」にある小さくて大きな違い そこに「市民」は含まれているか | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 「新型コロナの危機対応では、ドイツのアンゲラ・メルケル首相のスピーチが高く評価された。社会学者の橋爪大三郎氏は「3月18日のテレビ演説では『私たち全員が力を合わせることが必要です』と呼びかけていた。一方、安倍首相は『皆さんの声は、私たちに届いています』と話した。この差は大きい」という」、まさにその通り。
8/24 姉がトランプ氏批判 録音音声|au Webポータル国際ニュース トランプ米大統領の姉マリアン・トランプ・バリー氏のトランプ批判、「トランプ氏を「自分のことしか考えていない」と批判し、同氏の「ツイート」や「うそ」を非難している。バリー氏はかつて連邦高裁の判事を務めた人物。これまで公の場でトランプ氏を批判したことはなかったが、テープの中では「全てがいんちき」「ドナルドは残酷」などと手厳しく指摘した。さらに、トランプ氏が名門ペンシルベニア大学に編入した際の試験に替え玉を雇ったと語り、メアリー氏が「信じられない」と驚くやり取りも記録されている。メアリー氏は最近出版したトランプ氏に関する暴露本の中で、替え玉受験のエピソードを明かして波紋を呼んだ。」、身内かtらこれほどまでに批判されるトランプ大統領、再選はますます困難になってきたようである。
8/24 「選挙せず菅氏に禅譲」案が急浮上 政権を手放した「いつか来た道」を避ける極秘シナリオ〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 「政権を手放した13年前の「いつか来た道」を避けるシナリオはこうだ。安倍内閣は総辞職。麻生太郎副総理がつないで緊急の両院議員総会、そして総裁選。首相指名で菅氏が選出され、晴れて「菅政権」の発足となる。菅氏に近い自民党議員の一人は「解散なし」が肝だと意気込む。」、いよいよ安倍政権の終わりが見えてきた。
8/24 【新型コロナウイルス】9月に「第2波コロナ死」激増の恐れ 8月の重症者数は3倍超|日刊ゲンダイDIGITAL 「コロナ第2波が収まる気配を見せない。少なかった重症者数は今月、急ピッチで増えている。次は死者数が膨れ上がる恐れが出てきた。重症者数は1日の80人から23日は254人と3週間余で3倍超に増えた。第1波では4月7日の80人が22日に約3倍の241人、5月1日にピークの328人を記録している。第2波の重症者数は第1波に近い勢いで増加しているのだ。死者数もジワジワ増えている。厚労省発表の死者数を月別に集計した(別表)。7月は37人だったが、8月は23日までで175人と、すでに6倍近くに上る。ただ、第1波ほどの勢いではない。第1波の死者数は3月末までに56人。ところが4月はひと月だけで359人、5月は同じく477人もの死者を出した。」とある。まだまだ、油断は禁物。
8/24 うどんは香川県だが…「そうめん」消費量日本一はどこだ?|日刊ゲンダイDIGITAL 「そうめんの消費量日本一は?」、それがなんと鹿児島県というのだ。「そうめんは(中略)昔から祝い行事にはつきものとされた」「うどんやそばのようにそうめんに汁をかけるものや、糸ウリやミガシキを青味にしたそうめんたっぷりの“吸い物”などがある」、「お盆の時期には団子と一緒にそうめんを供えます。ヘチマと一緒に味噌汁にすることも家庭では珍しくありません。また、夏に限らず法事ではそうめんの吸い物が出ますし、奄美の郷土料理でそうめんを油で炒めてだし汁で味付けする油そうめんも、1年を通してよく食べられます」とのこと。
8/24 みずほ銀行、通帳発行に手数料!来年から1100円って高くないか? 通帳維持コストが年間720億円かかると言うが...: J-CAST テレビウオッチ 「みずほ銀行は21日(2020年8月)、新たに口座を開設して紙の通帳を作る場合は手数料として1100円をとる方針を発表した。来年1月18日から実施する。大手銀行で初の試みで、紙の通帳を減らしてパソコンなどで確認できるデジタル通帳を普及させることが目的だ。1100円の手数料は70歳以上は対象外。すでに口座を持っている人も、1年以上記帳しなければ自動的にデジタル通帳となる。」、だそうである。これも時代の流れか。
8/21 コロナ「ピークでも注意必要」|NHK 首都圏のニュース 「21日行われた新型コロナウイルス対策の政府の分科会では、感染状況について、最新の分析結果が報告され、専門家は、全国的には今回の感染拡大はピークに達したと考えられるものの、再び増加するおそれがあり、引き続き注意が必要だと指摘しました。」、東京を含め、毎日の感染者数の発表に一喜一憂しているが、検査数は拡大されないまま、数字は推移している。本当の感染者数は、いったいいくらなのか。国民が一番知りたいところ。どちらにしても、今の段階で気をぬくことはできない。
8/21 【安倍晋三】147日間休まずに働いたら体調が…普通の人ならそうだけど|日刊ゲンダイDIGITAL 「「147日間休まずに働いたら、普通だったら体調としては、おかしくなるんじゃないの」(麻生太郎財務相) 」、「んで、結局、安倍首相は16日と17日(午前から病院)と18日に夏休みを取ることになったのだが、ちょっと待ってくれ、この2人がいってることが正しいのだろうか。安倍首相はコロナ対策で疲れてる? あの方たしか、6月17日に国会が閉会して、翌18日に開いて以降、きちんとした記者会見開いてないよね。閉会中審査に顔も出してないよね。国民の8割くらいが望んでいるのに、臨時国会も開いていない。首相動静を見ればわかるが、多くの日、お茶を飲むような時間しか官邸に詰めていない。」とある。さて、さて、どうしたものか。
8/21 「熱中症の恐ろしさを知ってほしい」と、自ら卒倒する瞬間の映像を公開 いきなりバタンと路上に倒れて意識不明に: J-CAST テレビウオッチ 「殺人猛暑が続いているが、熱中症の恐ろしさが分かる映像があった。映像は昨年(2019年)7月、新潟県阿賀野市でドライブレコーダーに記録されたものだ。緑に包まれた田舎道に駐車した車の脇に男性(60代)が立って、運転者と話をしている。と、突然男性は車につかまるような姿勢になったと思うと、そのまま仰向けに倒れてしまった。運転者が降りてきて、声をかけたが意識不明。痙攣もしていた。熱中症だった。倒れた男性は、「突然意識がなくなった。熱中症の自覚は全くなかった」という。近くで2時間ほどバードウォッチングをした後だった。日差しが強い日だったが、話をしていたのは木陰。道路も簡易舗装で照り返しも強くなかった。」、熱中症は突然発症する場合がある。当分は要警戒である。
8/21 CNN.co.jp : 犬の散歩は1日2回、法律で義務付けへ ドイツ 「犬の飼い主は1日2回以上、合計1時間以上、犬を散歩させなければならない――。ドイツ食糧・農業省が、そんな法案の提出を発表した。」とある。ペットを大事にする世界の動き、日本でも起こるのだろうか。
8/21 「熱中症死」3つの新常識、これまでの認識を改めないと危ない! | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン 「熱中症死について、これまでの常識がどう通用しないのかをまとめると、次の3つのポイントが挙げられます。
【新常識1】ある年、突然熱波がやってくる
【新常識2】これまで大丈夫だった家や地域が危ない
【新常識3】夜の室内が最も危険」、ここ数年、夏の暑さは尋常ではない。誰にでもなりうる熱中症、最大限の注意が必要です。
8/20 レガシーは政権運営失敗だけ/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「だが、この先も政府与党の言い分では10月下旬まで国会は開かれず、党内は内閣改造の鼻薬をきかせ、解散説を定期的に流して批判を抑え込み、通常運転に戻ろうという腹だろうが、首相が休みなく働いているということを真に受けたとしても、経済は好転どころかアベノミクスが失敗していたことが証明され、コロナ対策は世界的無策として失笑を買う状態。国民が自衛策をとり続けて何とか拡大を抑えているだけだ。頼みの外交はコロナ禍で出かけて行けず、盟友・トランプ米大統領は選挙で勝てない可能性が高い。つまり通常運転でも社会や経済は元には戻らず、政権運営の失敗だけがレガシーとして残るのではないか。」、もはや死に体の安倍内閣である。
8/20 水中毒って知ってる? 水の大量摂取に要注意 - ウェザーニュース 「暑い日は、熱中症対策としてこまめな水分補給を心がける必要があります。しかし、水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあるといいます。疲労感、頭痛、めまい、ケイレンなどが現れ、重症だと亡くなることもある怖い病気です。」、「水を1日に3L以上飲むと体内の水分が過剰になり、血液のナトリウム濃度が低くなる低ナトリウム血症になるのです。そのため浸透圧で水分が脳細胞内に移動してむくみを引き起こし、頭痛、錯乱、昏迷などの症状が出ると考えられています」とあります。塩分の摂取、忘れないように。
8/20 「第2波真っただ中」と感染症学会理事長が明言!それにしても大阪は大丈夫か?重症者がどんどん増えているぞ!: J-CAST テレビウオッチ 「新型コロナの新規感染者数が高止まりだ。とりわけ大阪。昨日19日(2020年8月)は187人と東京より1人多かった。吉村洋文知事は、「数字より高齢者の感染が広がっている」と危機感を表明。また、日本感染症学会の舘田一博理事長は、「第2波の真っ只中」と同学会で挨拶した。」、新型コロナウイルスを単なるインフルエンザという学者や識者がいるが、この猛暑の夏に感染拡大を続けている。これは異常事態である。これからの秋冬、いったいどうなるのであろう。
8/20 藤井聡太、2冠達成!18歳1か月の史上最年少で八段に昇段 : スポーツ報知 「将棋の藤井聡太棋聖(18)が20日、福岡県福岡市の「大濠公園能楽堂」で19日の1日目に引き続き指された第61期王位戦7番勝負第4局で、先手の木村一基王位(47)を破り、無傷の4連勝で王位を奪取。史上最年少2冠と、規定により史上最年少の八段昇段を決めた。」、羽生善治九段を継ぐ若き天才の登場である。
8/20 コロナ感染拡大をいつまで放置するのか? - 小此木潔|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 「新型コロナウイルス感染症の拡大阻止に有効な対策を打ち出せていない安倍政権。4、5月とは状況が異なるとの理由で感染防止を自治体や国民の努力にゆだねる姿勢が目立ち、「無策」も同然のまま感染拡大を放置しているように見える。このままでは感染者の増加による病床不足で医療崩壊を招きかねない。」、これほどの無策、安倍政権は完全に機能不全に陥っている。それにしてもいっこうに拡大しないPCR検査、現在の感染者数はいったいどこまで信用できるのか。
8/19 都内の熱中症死者100人超 8割以上がエアコン不使用(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース 「東京都監察医務院によりますと、14日から17日までに東京23区で熱中症で死亡した人が新たに24人確認され、今月に入ってからの死者は103人となりました。いずれも50代以上の男女で、少なくとも84人が室内でエアコンを使っていませんでした。屋外で死亡した人も6人いて、東京消防庁はこまめな水分補給を呼び掛けています。」、熱中症で志望する中高年が増えています。エアコンがある方は必ず使用するようにしましょう。
8/19 なぜ日本では「溺れる犬を棒で叩く」という冷血人間が大量発生するのか(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース 「日本人は「上が決めたことなら仕方ない」と考えがちだ。生物学者で早稲田大学名誉教授の池田清彦氏は「結局、強い相手には口をつぐむ。一方、いじめてもよさそうなやつは徹底的に叩いて憂さを晴らそうとする。それが日本人の国民性だ」という――。」、これが日本人の国民性、そういわれてみると不思議に納得する。「明治維新が起きたら「はい、そうですか」、戦争に負けたら「はい、そうですか」、アメリカに占領されても「はい、そうですか」。もし憲法が改定されて緊急事態条項が追加され、何かの間違いで日本に反米独裁政権がつくられたとしても、多くの日本人は「はい、そうですか」ってそのまま受け入れるんじゃないかしら。」、諸氏はいかが思われる。
8/19 「夜の街の若者」強調しすぎて中高年に気の緩みか 重症者増える大阪 医療体制に危機感:東京新聞 TOKYO Web 「新型コロナウイルスの全国的な感染が続く中、大阪府や沖縄、福岡県などで重症者が増えている。重症者向け病床には限りがあり、増加傾向が続けば医療体制が逼迫ひっぱくする恐れがある。専門家は「感染予防の基本を徹底し、新規感染を抑えることが重要だ」と呼びかけている。」、全国的に高齢者の重傷者が増えている。高齢者諸氏、警戒されよ。
8/19 【新型コロナウイルス】軽症でもあっと言う間にコロナ死する!大阪事例調査で判明|日刊ゲンダイDIGITAL 「死亡リスクの高い重症者数が増えれば死者数が増えるのは当然だが、驚いたことに、軽症者扱いの患者が数多く死亡している可能性が高いことが日刊ゲンダイの調査で分かった。コロナ患者の死亡情報は、プライバシーへの配慮から公開は控えめだ。個別の取材に回答しない自治体も少なくない。その結果、死に至るプロセスが不透明になっている。陽性判明時には5人全員が無症状か軽症と診断されている。1人の女性はその後、重症に変わっているが、残り4人は軽症者扱いのまま死亡している。4人のうち3人は陽性判明からわずか1〜2日での死亡だ。軽症者があっという間に亡くなったのは、医療ケアになにか問題でもあったのか。」、いったい何が起きているのだろうか。
8/19 東京都だけ「重症者」少なめカウント!国の通知無視「ICUで治療しても重症とは限らない」と独自基準、比較する意味ないじゃないか...: J-CAST テレビウオッチ 「全都道府県で毎日発表される新型コロナウイルスの感染者数や重症者数といったデータのうち、重症者の数え方が東京都だけ他の自治体と異なっていることがわかった。厚生労働省は今年4月26日(2020年)、(1)人工呼吸器を装着(2)エクモ(体外式膜型人工肺)を装着(3)集中治療室(ICU)で治療中、の3つのうちいずれかに該当する場合は重症者とする、という基準を全国に通知している。ところが、東京都はこのうち(1)と(2)のどちらかに該当する場合のみを重症者としており、ICUに入っていても人工呼吸器やエクモを装着していなければカウントしない、という独自の基準を4月24日から採用し続けているのだ。」とある。重症、中症、不思議な分類の仕方である。
8/18 大阪で重症者急増、半月で3倍以上…「医療崩壊」に懸念 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン 「新型コロナウイルスの感染拡大が続く大阪府で、重症者の急増に警戒感が高まっている。府内の重症者は8月1日時点の20人から約半月で3倍以上になり、他都市に比べて突出。重症者用病床は4割近くが埋まっている。高齢者施設でのクラスター(感染集団)発生が一因とみられるが、重症病床は拡充に限界があり、府は近く対策本部会議を開き対応を協議する。」、大阪で何が起きているのか。
8/18 19日も厳しい暑さに 熱中症に警戒続く この暑さいつまで?(日直予報士 2020年08月18日) - 日本気象協会 tenki.jp 「暑さのピークは、いったん週末までとなりそうですが、その後も引き続き熱中症に警戒が必要な日が続きそうです。」、今週いっぱいは猛暑が続くようです。ご自愛を。
8/18 自宅で急変、死亡も 2人が死因確認中 沖縄のコロナ感染 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 「県の発表などによると、10日から15日にかけて死亡したのは、かんな病院に入院していた中部保健所管内の90代男性、南部保健所管内の50代女性、うるま市の70代男性の3人。うるま市の70代男性は新型コロナウイルス感染症で死亡したとみられている。ほかの2人の死因は確認中。50代女性は自宅で死亡しているのを警察が見つけた。県によると、自宅で急変し、死亡したケースは初めて。」、高齢者の感染者が自宅で急変し死亡するケースが出てきている。注意が必要。
8/18 感染対策宣言「虹色ステッカー」重視派は57%、番組調査に「意識高いのでは...」、しない派は「誰でも貼れる。あてにならん」: J-CAST テレビウオッチ 「外食に行くとき、『虹ステッカー』を貼ってあるか、貼っていないか、気にしますか」と司会の国山ハセンがキャスターの立川志らくに聞くと、志らくは「気にしていません。自分の判断で決めます」。新型コロナウイルスの感染拡大防止ガイドラインを満たしている店を示す東京都の徹底宣言ステッカーのことだ。ところが先週(2020年8月)、このステッカーを掲示した店で客と従業員の計8人が集団感染した。」とある。だれでもダウンロードできる虹色ステッカー、信じすぎるのは危険。
8/18 五輪強行開催で恥をさらせば、日本は世界から軽んじられる|NEWSポストセブン 日本の”五輪withコロナ”、もはや妄想である。「コロナ禍という有事に安倍政権がやったことといえば、費用対効果が疑問視されるアベノマスクや、業者の選定基準が不透明だった持続化給付金事業などが挙げられます。国民のためよりも身内の利益をはかり、与党は「今だけ、自分だけ、お金だけ」しか考えていない。危機管理能力のなさが露呈しており、コロナの危機的状況を乗り越えて五輪を開催する政治的力量などないことは明白です。」、世界はそれを見ている。日本に選手を派遣する国はほとんどいないだろう。中止を決定しアスリートの不安をとり除くべきだろう。
8/17 【速報】静岡県浜松市で日本歴代最高に並ぶ41.1℃を観測 - ウェザーニュース 「17日(月)、静岡県浜松市で国内の史上最高気温に2年ぶりに並びました。11時26分に2日連続の40℃到達となった後もさらに気温が上昇し、12時10分に41.1℃を観測しています。2018年7月23日に埼玉県熊谷で観測された41.1℃に並ぶ、歴代最高気温となりました。」とある。降れば豪雨、晴れれば殺人的気温。世界にかぎらず、日本はすでに尋常ではない。それにしてひとつ大きな疑問がある。かって原発稼動がなければ夏の電力供給は危機的状況になる。あの話はどこへいったのか。毎日新型コロナの話題が続くテレビのワイドショーだが、原発問題をとりあげてみてはいかが。
8/17 【安倍晋三】限界か安倍首相…夏休み強行を海外メディアが酷評|日刊ゲンダイDIGITAL 「強制的に休ませなければならない」――。“総理側近”の甘利明・自民党税制調査会長が16日の民放番組でこう話すほど体調が悪いのか。週末(15日)から夏休みに入った安倍首相は17日午前、日帰り検診を受診するという目的で、慶応大学病院(東京・新宿区)に入った。−安倍劇場の終わりがきたようである。
8/17 熱中症怖いのに「マスク警察」が横行!「マスクしろよ」「おいブス、常識わかってんのか?」とスマホ叩き落すお前の方が犯罪者じゃないか!: J-CAST テレビウオッチ 「猛暑の屋外ではマスクを外そう...。熱中症予防のため、厚労省などは人と離れている時はマスクを外すように呼びかけているにもかかわらず、マスクをしていない人を過剰な非難をする「マスク警察」が横行している。東京・新宿で"被害"にあった女性が、自身のスマホで一部始終を撮影していた。女性は今月14日(2020年8月)よる11時半ごろ、新宿の大通りを知人女性と歩いていた。人影がまばらだったため、熱中症防止のためマスクは外していた。すると、後ろから追いかけてきた黄色の短パン姿の男が、突然「マスクしろよ」と声をかけてきた。2人が立ち去ろうとすると、スマホで2人を撮影しながら大声で、「おいブス!」「話聞いてんのかよ」「お前、常識わかってんのかよ」。とある。まるで戦前の隣組、国防婦人会の様相である。こういうバカを跋扈させてはいけない。
8/17 安倍首相、健康不安説が再燃 病院で検査、政局影響も:時事ドットコム 「安倍晋三首相は17日、東京都内の慶応大病院で約7時間半にわたり診察を受けた。周辺は「体調管理に万全を期すため」と説明するが、最近は疲労がたまっている様子だったこともあり、政界に健康不安説が広がった。新型コロナウイルスへの対応や今後の政局に影響を与える可能性がある。」とある。民主党政権崩壊以後、ほかに信頼できる党がないからという理由で、自民党は政権を維持してきた。一方国民は総理大臣である安倍首相を人間性が信用できないとして支持していない。自民党は、安倍という看板をおろすとききたことを知るべきである。
8/17 【前原誠司】哀れ前原誠司氏…新党に合流したくても所詮無理だった|日刊ゲンダイDIGITAL 「あの男の不参加が決まり、立憲民主党の議員たちもホッとしているのではないか。国民民主党の前原誠司元外相が、立憲民主との合流に参加しないと表明した。15日、地元・京都市で開いた後援会の会合をツイッターに投稿し、そのなかで「合流新党には行かず、国民民主党に残る選択肢をとらせてもらう」と明らかにした。合流しない理由は、「共産党と協力する政党には行きたくない」ということらしい。いま国民民主の党内は、新党に合流するか、残留するか、多数派工作が行われているが、前原氏に新党合流を期待する声は皆無に近いという。」、すでに終わった人間がここにもいる。
8/7 東京都 新型コロナ 新たに462人の感染確認 | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「東京都は7日午後3時時点の速報値で都内で新たに462人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が400人を超えるのは8月1日以来です。」、この真夏にマスクをするのは暑くてかなわないが、気のゆるみが感染をさそう。いまだに、まともに検査をお行なわない安倍政権、もはや自分でまもるしか方法はあるまい。
8/7 【安倍政権】台湾が日本の感染リスクレベル引き上げ…愚策がバレバレ|日刊ゲンダイDIGITAL 「日本のお粗末な新型コロナウイルス対策は国際ビジネスにも悪影響をもたらしている。台湾政府は5日、日本からやって来るビジネス客の「隔離期間の短縮」を取りやめると発表した。」、日本の新型コロナウイルス対策、世界からはまったく信用されていない。安倍政権の発表は、まるで大本営発表である。実体がまるで反映されていない。
8/7 NZアーダーン首相「核兵器ゼロが広島と長崎の犠牲者に報いる唯一のこと」【広島原爆の日・メッセージ全文】 | ハフポスト ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相の核兵器根絶を訴えたビデオメッセージ、「広島や長崎で起きた惨劇に触れながら、「たった一つの爆弾が破滅を意味します」と強調。核戦争への備えや対応は不可能だと訴え、「食い止めるしかない」と核兵器禁止条約への批准を求めた。 その上で、「核兵器ゼロが広島と長崎の犠牲者に報いる唯一のこと」と訴えかけた。」とある。これこそは安倍首相が表明すべきもの。安倍政権は完全に狂っている。
8/7 国民の声に全く耳をかさない政府与党/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「自民党の新型コロナ対策本部では特措法改正の声が相次ぎ、臨時国会の召集を求める声が上がった。野党4党は早急に国会を開くべきと先月から申し入れている。また世論調査でも国民の8割は国会を開くべきとしている。豪雨災害の被災者、観光業者や飲食業者、エンタメ業界のみならず、すべての産業がコロナに影響を受けているとともに、経済のアクセルとコロナのブレーキを同時に踏み込む、いやそれ以外に策を持たない政府与党に、何回となく促すどころか再三、抗議と不快感を示しているが、国民の声に全く耳をかさない。」、もはや安倍政権は死に体である。
8/7 安倍首相も脱アベノマスク…政府統計からも配布の意味に疑問符 | 女性自身 「この半年間、さまざまな施策を講じて参りました。現在ですね、お店でもいろんなマスクが手に入るようになりました」、これがアベノマスクから市販のマスクに変えた理由のようである。それにしてもアベノマスクをかけている人間を街中で見たことがない。それを安倍首相は知っているのだろうか。
8/6 「予防効果、一切ない」と釈明 うがい薬の品切れ相次ぎ 吉村大阪知事(時事通信) - Yahoo!ニュース 「大阪府の吉村洋文知事は5日の記者会見で、新型コロナウイルス対策で「ポビドンヨード」成分を含むうがい薬の使用を呼び掛けた結果、全国で品切れが相次いだことについて「予防効果があるということは一切ないし、そういうことも言ってない」と釈明した。」、日本の薬屋の店先からヨードのうがう薬がなくなった。言った知事もバカだが、信じて買いに走った者もバカである。
8/6 「都外への旅行・帰省控えて」|NHK 首都圏のニュース 「東京都内で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、小池知事は6日午後5時すぎから臨時記者会見を開き、非常に厳しい状況であることに変わりなく、最大限の警戒が必要だとして、ことしのお盆や夏休み期間は都外への旅行や帰省を控えて欲しいと呼びかけました。」、都民は原則的に都外に出ない。ことしのお盆である。
8/6 介護施設の全職員に定期PCR検査 東京・千代田区(20/08/06)ANNnewsCH 「介護施設での新型コロナウイルスへの感染拡大を防ぐため、東京・千代田区は区内の介護施設などで働くすべての職員を対象に6日から定期的なPCR検査を始めました。」とある。実によいことだと思う。
8/6 「科学者は政府に気を使うな。バンバン純粋に発信しろ」こんな声に分科会の尾身会長、お盆帰省でやっと政府に「控えて」と提言: J-CAST テレビウオッチ< 「モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「科学者はバンバン純粋に発信した方がいい。科学者が政府に気を使うと、何を信じていいかわからない」 日本感染症学会専門医の水野泰孝さんは「尾身会長はあしたの分科会を待っていては遅いからと、強いメッセージを発した。英断だと思う」と評価した。今夏の帰省には、自粛や慎重行動を多くの県がもとめているが、一部には制限しない自治体もある。」とある。専門家は自らの信じるところを述べよ。
8/6 新型コロナ、無症状者が気づかぬまま感染つないだ可能性も(国立感染症研究所の分析結果) | ハフポスト 「国立感染症研究所(感染研)は、新型コロナウイルスの遺伝子情報をもとにした、国内の感染の新たな分析結果を公表した。3月以降の流行が収束しつつあった時期も、気付かれないまま感染が伝播(でんぱ)し、6月下旬以降、共通の遺伝子の特徴を持つウイルスが全国に広がった可能性があるとしている。」、無症状者の発見のために何をすればいいのか。新型コロナ撲滅のために必須の課題である。
8/5 『ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる』は本当か?医師が解説(堀向健太) - 個人 - Yahoo!ニュース 医療者のなかで、とても有名な研究があります。『風邪を予防するために、どんなうがいをすればいいか』というテーマの研究です。その研究には、健康な大人387人が参加しました。そして、1)水でうがいをするグループ、2)ポビドンヨードでうがいをするグループ、3)特にケアをしないグループ(対照群)にランダムにわかれ、その後60日間でどれくらい風邪をひくリスクが変わるかというテーマで検討されました。すると、水のみでうがいをすると、うがいをしないグループよりも風邪にかかる確率が下がったものの、ポビドンヨードでうがいをするグループは効果が認められなかったのです」、ポビドンヨードでは新型コロナは防げないよ。
8/5 今年一番の暑さ、これから連続する真夏日や猛暑日(饒村曜) - 個人 - Yahoo!ニュース 「令和2年(2020年)8月4日は、梅雨がない北海道と梅雨明け間近の東北北部を除き、高気圧に覆われ晴天になっています(タイトル画像参照)。南から暖気が北上し、強い日射も加わって気温が上昇し、福岡県太宰府市で36.2度など、西日本を中心に34地点(気温を観測している926地点の4パーセント)で猛暑日(最高気温が35度以上の日)となっています。」、新型コロナ感染で死ぬ前に、熱中症で死んでしまう。熱中症対策は万全に。
8/5 「エアコン嫌い」80代女性が熱中症で死亡!熱帯夜には「エアコンつけっぱがいい」と快眠セラピストが激押し: J-CAST テレビウオッチ 昼の暑さも殺人的だが、熱帯夜をどうしのぐか、これも大事。「快眠セラピストの三橋美穂氏によると、「寝る前に部屋を換気する」「就寝1時間前に25度前後に部屋を冷やし、就寝時に26〜28度に設定する」「朝までつけっぱなし」「寝冷え防止策で体温を安定させる」の4つがポイントだという。夜中にエアコンが切れるようにタイマーをセットするのは、室温が上がって目が覚めやすくなり、睡眠の質が低下する。エアコンはつけっぱなしにして、室温を28度以下に保つのが快眠のコツなのだという。」というのもひとつの方法。ご参考に。
8/5 【安倍晋三】安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か|日刊ゲンダイDIGITAL 「6月18日以来、一度も記者会見を開かず、国会にも出てこない安倍首相の「吐血情報」に政界が揺れている。ついに、公の場でも首相の健康状態についての質問が飛び出した。」、さて、実際はどうなのだろう。新型コロナ対策はまったなしである。健康不安があるなら、辞任か代理をたてるべきだろう。
8/5 米中“軍事衝突”戦慄シナリオ! 南シナ海での偶発的な局地戦が泥沼化 専門家「中国が台湾侵攻、北朝鮮も南進…第三次大戦だ」 (1/3ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト 「貿易戦争やサイバー戦争などで対立を深める米国のドナルド・トランプ政権と中国の習近平政権。「新冷戦」は、いつ「熱戦」になっても不思議ではない。コロナ禍のなかでも東シナ海や南シナ海、台湾海峡などで領土的野心を隠さない中国に対し、米国も空母など戦力を展開して対抗している。軍事衝突の引き金や主戦場はどこになるのか。」、このまま中国が海外膨張を続ければ、米国との軍事衝突の可能性は決して否定できない。
8/4 お盆の帰省、安全?危険? 閣僚の発言に食い違い:東京新聞 TOKYO Web 「新型コロナウイルスの感染が全国に再拡大する中、お盆休みの帰省を巡る閣僚の発言が食い違い、政府として感染リスクが高まるとして自粛を求めているのか、安全だとして都道府県をまたいだ移動を勧めているのか分かりにくい状況となっている。地方の知事からは、観光支援事業「Go To トラベル」との整合性を問う声も上がる。政府は感染防止策と社会経済活動を「両立」させる方針だが、新型コロナを巡る対応のちぐはぐさは隠せないでいる。」、いったい政権は、旅行をさせたいのか、抑制したいのか。もはや官邸は機能不全に陥っているようだ。
8/4 コロナの特効薬は「今後もありえない可能性も」WHOが見解を示す - ライブドアニュース 「世界保健機関(WHO)は3日、新型コロナウイルスの有効なワクチンの開発が急がれる中、「特効薬」は存在し得ない可能性があるとの見解を示した。」、新型コロナウイルス、もしかしたら人類を絶滅させる、永遠に収束しないとてつもない化け物なのかもしれない。今は、単なる序章、そう思えなくもない。
8/4 【加藤勝信】加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず|日刊ゲンダイDIGITAL 「コロナ禍から逃げまくるのは、安倍首相だけではなかった。このコロナ禍で陣頭指揮にあたるべき加藤厚労相の存在感が、めっきり薄れている。週2回の定例記者会見には出てくるものの、7月の会見時間は1回平均たったの21分。短いときは15分足らずで終了だ。さらに、自身のSNS上からも姿を消していた。」、本来なら厚労相大臣が、新型コロナ対策の司令塔なのだが。どうしたのだろう。
8/4 尖閣への対処「必要なら自衛隊が行動」 河野防衛相 - 産経ニュース 「河野太郎防衛相は4日午前の記者会見で沖縄県・尖閣諸島周辺海域で中国公船が平成24年9月の尖閣国有化以降、最長の111日間、連続航行したことに関し「必要な場合、自衛隊として海上保安庁と連携し、しっかり行動したい」と述べた。一義的には海保が対処するとの考えも示した。」、他国による領土侵略に対する措置、最終手段としての防衛としての軍事行動は否定されるべきではなかろう。
8/4 時の在りか:「もう菅政権になっている」=伊藤智永 - 毎日新聞
政府のかじを切り、旗を掲げるのは、菅義偉官房長官である。
「前面に出てきましたね」
政府高官に水を向けたら、
「もう菅政権になってるよ」
さらりと返されぎょっとした。
「元からだったけど…」
とあった。
8/3 西村氏、お盆帰省は「慎重に」 実家の高齢者に感染広がる恐れ:東京新聞 TOKYO Web Go To Travelで旅行に行けといい、お盆には帰省するなという。「今月のお盆の帰省に関し、実家の祖父母ら高齢者に新型コロナウイルスの感染が広がる恐れがあるとして「慎重に考えないといけないのではないか」と述べた。国内で2日、新たに確認された感染者は1331人と5日連続で千人超えとなり、都道府県境をまたぐ移動への警戒感が強まっている。政府は週内にも新型コロナ感染症対策分科会を開き、注意喚起の在り方などを議論する方針だ。」とある。これが常識だろう。
8/3 米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策顧問を務めるデボラ・バークス氏は2日、米国の都市部とともに地方にも新型コロナ感染が「異常に拡大」しており、米国は流行の「新たな段階に入っている」との認識を示した。CNNの番組で語った。」、米国でのこの危機感、日本の政権にあってほしいと思う。
8/3 【新型コロナウイルス】和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌|日刊ゲンダイDIGITAL 「防遏するのは論理的には簡単。感染者を隔離、治療するには、まず感染者を見つけることです。そうです。PCR検査をたくさんやったのが、「和歌山モデル」ではない。あえて言うと、3プラス1ですね。早期発見、早期隔離、行動履歴の徹底調査、そしてプラス1は保健所や行政の統合システムを早く形成しておくことです。」、小池都知事は相談してみてはいかが?
8/3 まるで政治家?分科会メンバーの釜萢敏医師に岡田春恵教授がかみつき激論!「お医者さまでしょ、自分に正直になって」: J-CAST テレビウオッチ 「現状ですべての経済活動を止めると、影響が非常に大きい。緊急事態宣言を出した時のように、家でじっとしていれば感染が収まることはわかっています。しかし、それでは生活が立ち行かなくなる」、「PCR陰性でも3割が感染している、その程度の検査だ」、分科会のメンバー釜萢氏の意見である。医師破は感染拡大防止のために最善を考えればいい。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2020年8月の掲載



Copyright 爽快倶楽部