TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2020年3月の掲載


3/31 手洗いしっかり30秒以上、お助けグッズ話題に!【マスクにゃんニュース】 新型コロナウイルスの感染を防ぐには、まず手を洗うこと。洗う前は顔をさわらない。これが基本。励行されやい。
3/31 専門家会議開催「今週半ば」と加藤厚労相 緊急事態宣言を議論 - 産経ニュース 「加藤勝信厚生労働相は31日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の発出について、感染状況などを見ながら「専門家の判断を仰いで決めないといけない」との認識を示した。加藤氏は緊急事態宣言に関し「積極的に展開すべきだという声と、慎重に対応すべきだという声がある」と指摘。ただ現状は「ぎりぎり持ちこたえている」として、緊急事態宣言を出す状況ではないとの見方を示した。」とある。「ぎりぎり持ちこたえている」、これが持ちこたえられなくなった場合は、時は遅しである。安倍内閣は危機管理の基本を知らない。
3/31 【新型コロナウイルス】コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言|日刊ゲンダイDIGITAL 「ショッキングな数字だ。米国立アレルギー感染症研究所長のファウチ博士が29日、米CNNの番組で新型コロナ感染による米国内の死者について、「現状から判断すると、10万〜20万人の間に上るだろう」と発言。感染者数は数百万人に達するだろうと語った。イタリアの死者が1万人を突破しただけで世界は恐怖している。米国で20万人が死亡したら世界が大揺れとなるのは間違いない。」、今回の新型コロナウイルス、当初は軽症8割といわれているが、一方、重症化した場合の死亡率はかなり高くなっている。これは米国だけの状況ではない。人口比からすれば日本では約10万人の死亡がでる可能性がある。高齢者は要注意である。
3/31 「早く緊急事態宣言を」日本医師会が異例の訴え 東京は2週間前のニューヨークとまったく同じだ : J-CASTテレビウォッチ 「日本医師会は30日(2020年3月)に会見を開き、「緊急事態宣言を早く出すべき」だと訴えた。会見で釜萢敏(かまやち ・さとし)常任理事は「爆発的な感染の拡大が起きてから緊急事態宣言を出しても手遅れだ。東京だけでなく、周辺の地域にも危機的な状況が近いという認識です」と警鐘を鳴らした。」、これはまさに緊急を要する。緊急事態宣言に対して慎重になるのはいいが、これと安倍政権に対する森友問題などの追及とはまったく別の話である。緊急事態宣言発令時には、安倍首相を隔離すればいい。
3/31 味覚・嗅覚異常の2児の母が激白「コロナが疑わしいのに検査を認めてもらえない」 : J-CASTテレビウォッチ 「プロ野球・阪神タイガースの藤浪晋太郎、長坂拳弥、伊藤隼太の3選手も、味覚や嗅覚の異常を訴えて検査したところ、陽性が確認されている。阪神球団によると「3人の選手には咳、発熱などの症状はなかった」という。」、さらに、「国立がん研究センター中央病院で働く看護師2人にも味覚・嗅覚異常の症状がみられた。」とある。一方、「横浜市在住の20代の2児の母は電話で、1週間くらい前からだるさや頭痛、その後に籍の症状が出て、その翌日から味覚や嗅覚を感じなくなり、発熱も生じたと話した。「いつの間にか1歳の娘のウンチが漏れていたことに気づかなかったんです。3歳の息子が『臭い』と言うので、私の鼻がおかしいと気づきました。ご飯を食べても、甘さやしょっぱさがわかっても詳しい風味がわからなくて、料理をするのに不安を感じた。阪神の選手と同じかもしれない市の窓口に相談したんです」という。しかし、市の窓口はPCR検査の項目に当てはまらないと言い、帰国者接触者相談センターに電話するように指示された。センターでも味覚・嗅覚の異常を訴えたが、検査は受けられないと言われたという。」、疑わしきは検査、政府はいったいなにをやってるのか。このままでは、感染者が爆発する。
3/30 「全ては五輪延期が発表されてから…」久米宏が『外出自粛要請』の裏事情「かなりの確信」持って語った:芸能・社会:中日スポーツ(CHUNICHI Web) 「つまり、東京オリンピックの開催に関する東京の街のイメージダウンに関する情報は、それまでめいっぱい抑えてきた。で、延期が決まった瞬間、何でもかんでも発表して、まぁ感染者の数字なんてねぇどうでもコントロールできますから。最後が合えばいいんですから。これはねぇ、東京のイメージダウンになる情報はなるべく発信しないようにしようという意思が働いて、延期が発表されるまで抑えられていたんじゃないかという邪推ではない、これはかなり確信をもって、情報のコントロールがされていたんじゃないかなぁと思います」、この考え方、まちがっていないと思う。
3/30 森友事件は、2年前に詰んでたのに誰も降参しない詰め将棋だ|sakaiosamu|note 「真実は陽の目を見るかと書いたが、実際には状況証拠的に真実はほぼ見えていた。しかも2年前に。安倍晋三首相夫人である安倍明恵氏が森友学園に不思議と肩入れしたのは事実だ。一時期はワイドショーで、連日森友学園を訪問した昭恵氏の映像が流れたのを、ほとんどの国民が覚えているだろう。よりによって戦前の教育勅語をスラスラ暗唱できる異様な子どもたちを見て「素晴らしい!」と大喜びの昭恵氏の姿がはっきりと映像に残されている。昭恵氏と森友学園は関係があったのだ。」、この関係をみる限り、安倍は詰んでいたはずである。それがいまだに首相の座にある。
3/30 「緊急事態宣言を出してほしい」日本医師会が会見、医療崩壊に危機感 | ハフポスト 「専門家の間では緊急事態宣言はもう発令していただいた方がいいのではないかという意見がほとんど。感染拡大の状況を見れば、もう発令していい」との専門家の指摘がある。たしかに爆発的感染が起きてから、非常事態宣言は遅すぎる。
3/30 「同調圧力に屈せず、多くの異論を」岩田教授に聞くコロナ危機対策 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 「東京都は異なるフェーズに入ったと思う。25日はPCR検査数が108件で41人の陽性が判明し、陽性率がかなり高い(編集部注:検査件数の計上日と陽性の判明日が合致するか不明だが、東京都の発表によると前日の24日の検査数は86件、陽性は17人)。検査が追いついておらず、感染の実態が掴めていない。世界を見ていれば感染者が一気に増えることは予想できたので、1日40人程度の増加は想定内だったはずだ。それ以上の感染爆発が東京でも起きる可能性はある。(小池都知事の)危機的なメッセージは、本当は患者数が増える前、(緊急会見をした25日の)5日ぐらい前に出すべきだったと思う。しかし、(延期が決まった24日まで)オリンピックの開催が念頭にあったために、東京都はネガティブなメッセージは出せなかったのではないかというのが私の推測だ。無論、関係諸氏は否定するだろうが。オリンピックに対する忖度が危機対応を遅くして、失敗した。」、東京都の感染者数がこれほどまでに少ないのはなぜか。
3/30 国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃”上”|日刊ゲンダイDIGITAL 「安倍首相はメニューを並べるだけで、具体的な内容を示さない。財政支出15兆円を含む事業規模56兆円を充てたリーマン・ショックを上回る経済対策をまとめると言いますが、国民に何がどう回ってくるのか分からない。米国は2兆2000億ドル(約237兆円)の予算を組み、個人に最大1200ドル(約13万円)の直接給付で生活の下支えに乗り出していますが、日本は出し渋り。企業を潤わせても国民全体が潤う国ではないのに、相変わらず企業優先、株高優先の発想です。初期に感染者が確認された国にもかかわらず、どの国よりも対応が遅いと言わざるを得ません」、ため息しか出てこないね。
3/27 米国内の新型コロナウイルス死者、今後4カ月で8万1000人超にも=ワシントン大医学部 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「ワシントン大学医学部の分析によると、新型コロナウイルス感染による米国内の死者は今後4カ月で8万1000人以上を記録する可能性があり、6月までは死者数が大きく減少することは見込めない。国内の入院患者の数は4月第2週目にピークに達する見通しだが、一部の州ではピークを迎える時期が遅くなる可能性がある。7月まで死者が出る可能性がある。ただ、死者数は遅くとも6月には1日10人の水準を下回る見通し。」とある。日本は国民皆保険、医療体制も充実しているので、これほど死者が増えないだろうが、楽観は禁物。
3/27 森友問題 自殺職員の父「麻生さん、息子の苦悩無視しないで」 | 女性自身 「世間の皆さんにもわかっていただきたいのは、息子は昔から馬鹿正直な人間だったこと、そして最後まで正義を貫きたいと思っていたことです。正義を貫こうとした揚げ句に最後はあんなふうになってしまったということを皆さんに、特に佐川さんや麻生さんには忘れないでほしい。息子の苦悩を無視しないでほしい。それが私の願いです」、この言葉、麻生、佐川、安倍に届くのだろうか。
3/27 室井佑月 小池都知事の“自粛要請”に「五輪が延期になったら…私たちの命と五輪を天秤にかけて」― スポニチ Sponichi Annex 芸能 「自粛しろって言われれば、出来る限りそうしますけど、何か五輪が延期になったらこういうような感じで、やっぱり小池都知事とか国も、安倍さんもそうですけど、私たちの命と五輪を天秤にかけてたところがあるじゃないかなってのが率直な感想です」、誰もがそう思っているはず。
3/27 タイガース藤波「ワインやコーヒーの臭い感じない」で判明!新型ウイルスで嗅覚・味覚マヒ : J-CASTテレビウォッチ 「球団によると、藤波は数日前からワインやコーヒーのにおいを感じないと訴えていたという。一緒に食事をした数人の選手のうち2人の選手も、味覚障害を訴え陽性反応が出た。」、「日本ではあまり着目されていませんでしたが、欧米ではにおいの異常も高頻度で報告されています」とある。嗅覚・味覚マヒがあったら要注意です。
3/27 特集ワイド:「森友問題スクープ」 相澤冬樹・元NHK記者 自殺職員、手記で「新事実」 原点に返れ 与良専門編集委員が聞く - 毎日新聞 「――赤木さんの手記が明らかになっても、安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相は「再調査はしない」と言っています。 ◆私は「再調査しない」という言葉より、その前段の「新たな事実はない」と言い切ったところに引っかかりました。一般の国民にとっては、「すべて、佐川理財局長(当時)の指示です」という内容をはじめ、今まで聞いたこともない事実が書いてあると、ふつうに思いますよね。でも、安倍首相や麻生財務相にとっては新事実はないんです。つまり、手記そのものも含め、もうとっくに知っている話なんでしょう。」、まさに、これが問題の本質。
3/26 都内への移動自粛要請へ 東京都が神奈川、千葉、埼玉に [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル 「新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は26日、神奈川、千葉、埼玉3県に対し、都内への不要不急の移動を控えるよう求める方針を決めた。小池百合子知事が近く、3県の知事と電話会談を開いて要請するという。」、これからいったいどれだけ感染者数が増加するのか。
3/26 マスク品切れいつまで続く?5月までは不足――国内増産追い付かず中国からの輸入停滞 : J-CASTテレビウォッチ 「萩生田文部科学相は学校再開のガイドラインの一つに「マスク着用」をあげたが、「そもそもマスクがないじゃないかというのが現状です」と、森圭介アナが報告した。東京・調布市の薬局にきのう25日(2020年3月)、阿部祐二リポーターが行ってみると、店頭にあった最後の布製マスクが売れたところだった。」とある。いったいマスクはどこへいったのか。
3/26 安倍首相、歴代最長政権で何をしてきた? 「嘘ばかり内閣」数々の愚策とお友達人事 | 週刊女性PRIME 「7年間という長期政権で安倍さんは権力を持ちすぎてしまった。安倍さんを守るために官僚も大臣も平気で嘘をつき、国民ではなく安倍さんのための政治になっている」、まさにそういうことだろうと思う。「安倍さん同様に長期政権だった小泉(純一郎)さんは、5年半の任期中に郵政改革を、中曽根(康弘)さんは5年で国鉄民営化、佐藤栄作さんは7年半で沖縄返還を実現しました。政策のよい悪いは置いておいて、実際に掲げた目標はそれぞれ達成しています。じゃあ、安倍さんは何をしたの? というと標語を発表するばかりで、達成できたのか検証もないまま次から次へと政策の看板をかけ替えている」、何をしてきたか、諸氏はおわかりだろう。
3/26 各国は時間浪費すべきでない、WHOが警告−最初の機会は「無駄に」 - Bloomberg 世界保健機関(WHO)による各国が取り組むべき措置、
「医療従事者の増員・研修・派遣
感染が疑われる患者を見つける仕組みの整備
検査キットの増産や利用できる機会の拡大
新型コロナ向け医療拠点への改装が可能な施設の特定
隔離計画の策定」、
はたして日本はこの3ヶ月何をやってきたのか。
3/26 都内で感染者急増 新型コロナ患者を診る医師が、いま一番恐れていること | 文春オンライン 病院がいま一番困っていること、「マスクとガウンが、足りていないことです。病院によっては、マスクが一日一枚だけ、あるいは数日に一枚だけのようなことがあります。新型コロナウイルス患者さんを診察する場合、本来であればマスクやガウンは診察ごとに交換しなくてはなりません。われわれの病院では、東京都から支給されたりして、まだそれが可能ですが、感染症指定医療機関でも、すでにそれができなくなっている病院が出てきています。そうすると、感染防御が出来ず、医療従事者の感染リスクが高くなり、自分たちの身を守れない状況で診療しなければならないとなると、医療従事者による診療拒否も起こりかねません。 マスクやガウンの支給は、患者が増える前になんとかしないと、大変なことになります。政府には、マスクの速やかな支給をお願いしたいです。」、まさにこれこそもっとも日本政府が行なうべきことである。
3/25 五輪延期を機に緊急事態宣言から都市封鎖へ ? 持ちこたえられなくなった隠蔽 : 世に倦む日日 「五輪延期を機に緊急事態宣言から都市封鎖へ ? 持ちこたえられなくなった隠蔽 他の国では懸命に検査して感染者を見つけているのに、なぜ日本だけが検査を抑えているのか。それは、感染者の数を増やしたくなかったからだ。安倍晋三も国会で、検査数を増やせば感染者の絶対数は増えると答弁していた。感染者の数を増やしたくない動機は、幾つかあるけれど、最も大きいのは、東京五輪への影響を考えて安倍晋三が最初に方針を出したという点にある。その基本方針が現在までずっと続き、御用学者や右翼やマスコミによって擁護され、さまざまな正当化の理由づけがされ、批判を受けつつ日本ではまかり通ってきた。その結果、数字の上では日本は他国と比べて感染者が少ない国となっている。だが、欧米で感染が劇的に広がり、とても7月に五輪を開催できる状況ではなくなって、東京五輪は延期の方向で調整される展開になった。ということは、検査を抑えて感染者数を無理に低く見せる必要はなくなったということだ。」とある。東京で検査を増やせば確実に感染者数は増加する。悪夢のロックダウンは、もう目の前である。
3/25 古賀茂明「五輪延期で安倍4選へ 今井総理秘書官が画策中」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  「誘致、そして延期にも賄賂なら、腐った東京五輪だが、開会にあたっての安倍総理の言葉には美辞麗句が並ぶだろう。しかも、コロナの混乱に乗じて、福島復興未達の事実から世界の目をそらすため、五輪のスローガンは、「福島復興五輪」から「コロナ克服五輪」にすり替えられる。そんなシミュレーションまでする官邸官僚たちの姿が目に浮かぶ。」とある。たしかに、いつの間にか新型ウイルス撲滅オリンピックになってきた。
3/25 【新型コロナウイルス】食欲不振、下痢、嘔吐で…見過ごされる“隠れコロナ”リスク|日刊ゲンダイヘルスケア 「腹の調子が悪ければ、コロナ感染を疑った方がいいかもしれない――。中国の研究者らが発表した論文〈湖北省における消化器系症状を伴う新型コロナ感染者の臨床的な特徴〉は衝撃的だ。湖北省の3病院に1月28日〜2月28日に入院した感染者204人を調べたところ、約半数の99人に消化器系の症状がみられたという。問題なのは、コロナ感染が消化器系の病気と間違われて見過ごされる恐れがあることだ。」、新型コロナウイルスの新しい症状、参考にされたい。
3/25 東京五輪、1年程度の延期合意…安倍晋三首相とバッハ会長が電話会談 : スポーツ報知 新型コロナウイルスのパンデミックの下で、誰もが今夏のオリンピック開催は不可能と考えていたが、参加各国からの選手派遣中止が出てきて、ようやくIOC、日本政府が腰を上げた。当然の決断であろう。問題はオリンピックのために検査を行なわず、感染を隠してきたつけが、これからオーバーシュート、爆発的感染が出てくる可能性がある。これから数万人が感染し数千人が重症化し死亡者が増えたら、その責任はあきらかに安倍政権、東京都にある。
3/25 なぜ政府の新型コロナ対策は「信用できない」と感じられるのか それは国民を騙し続けてきた結果 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 「新型コロナウイルスの感染拡大で、政府の対応に批判が集まっている。法政大学の上西充子教授は「今回の対応に限らず、『桜を見る会』や検察官の勤務延長など、安倍政権は国会で論点ずらしやはぐらかしの答弁を繰り返してきた。批判の根底には、不都合な事実を隠す姿勢の積み重ねがある」という」とある。隠蔽、改竄を続けてきた安倍政権を信用するものはほとんどいまい。
3/24 ジム・ロジャーズ 新型コロナは危機の序章、本番はこれからだ:日経ビジネス電子版 「終わりの始まり」が始まった−新型コロナウイルスによるパンデミックがひきがねとなる世界的経済恐慌、「私は以前から、次は2008年のリーマン・ショックをはるかに超える危機がやってくると言ってきた。それが今、始まろうとしている。強調しておきたいのは、新型コロナウイルスはあくまできっかけに過ぎないことだ。経済危機が来ること自体は、昨年から見えていた。日々の報道、例えば経済紙に毎日隅々まで目を通していたならば、その兆しに気づいていた人も多いはずだ」、世界はこれからどう変わっていくのだろう。
3/24 NY、感染1万5千人超え 州知事「最終的に40〜80%が感染可能性」:イザ! 「米ニューヨーク州のクオモ知事は22日、州内の新型コロナウイルスの感染者が前日よりも4812人増えて、1万5168人となったと発表した。死者数は114人。州内の病床数が不足する事態に備え、陸軍工兵隊の協力のもと州内4カ所の仮設病院建設に着手することも明らかにした。」、世界中で新型コロナウイルス感染者の増加が止まらない。それにしても、日本はどうしてこれほどまでに感染者が少ないのか。実際は世界並みに感染数があるのに隠しているだけなのか。実態を知りたい。
3/24 武漢で無症状のコロナ陽性続く、新規感染ないと当局発表でも−財新 - Bloomberg 「中国当局は数日にわたり、新型コロナウイルス感染が最初に発生した湖北省武漢では新規感染例がないと発表しているが、症状がないにもかかわらずウイルス検査で陽性になる人は引き続き出ていると、地元メディアの財新が報じた。」、真実ならば無症状で感染を知らないとすれば、他者に感染させる可能性がたかまり、確実にクラスター感染をおこす。
3/24 小池都知事、首都封鎖回避へ「一層協力を」  :日本経済新聞 オーバーシュート、爆発的感染が起これば、東京も他国のよう都市封鎖をおこなう可能性がでてくる。新型コロナウイルスの感染力、症状、わからないことばかりである。自分のことは自分で守るしかない。
3/24 ついに安倍総理も東京五輪延期に言及。問題はいつに延期するか、今年秋か来年か2年後か? : J-CASTテレビウォッチ 世界各国から東京オリンピックをボイコットする声があがり始めた。現状を考えれば、開催の7月までに感染が収束することを期待するには無理がある。開催国日本だけの問題ではない。参加国での収束が必要条件になる。
3/23 公文書改竄で自殺した近畿財務局職員の「手記」を手に、私は石破茂に会いに行った - 佐藤章|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 「森友事件に関連して大規模な公文書改竄の事実を朝日新聞が報道し、意思に反して改竄作業を手伝わされた近畿財務局職員、赤木俊夫氏が自ら命を絶ったのは2018年3月。その半年後の総裁選、テレビ討論だった。その一連の問題について質問したキャスターに、安倍はこう答えた。「行政のプロセスということについては公正で公明でなければならない。それには心がけてまいりました。今後さらに公文書の改竄があってはなりません」  言葉づらそのものには何の問題もなく、発音した安倍の音声にも何の問題もなかった。しかし、発生されたその言葉の響きには、文書改竄に対する罪悪感や人の死にまつわる重い情感がなく、地方の特産物を試食した後に感想を喋る時とさして変わらない印象しか残さなかった。この安倍の様子を前にした石破は、表情を一変させた。それまでの総裁選候補者の顔から明らかに大きな怒気を含んだ顔に変わった。表情の下では静かな怒りが荒れ狂い、それを必死に抑えつけながら言葉をつないでいる様子がありありと見て取れた。」とある。普通の人間の感覚だろう。
3/23 新型コロナに挑む民主主義 メルケル独首相「第2次大戦以来の挑戦」演説の心髄 - 藤田直央|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 長いが全文を掲載させていただく。
「国民の皆さん。

 新型コロナウイルスは、いま私たちの国の日々の生活を劇的に変えています。正常であること、公共の生活、社会の協調。こうした全ての概念がかつてない試練にさらされています。

 何百万人もの皆さんが仕事に行けず、お子さんたちは学校や保育園に行けず、劇場や映画館や店は閉まり、そしておそらく最も困難なこととして、私たち全てにとって当たり前だった社会での出会いをなくしています。こうした状況で、今後について多くの疑問や心配があるのは当然です。

 私はこうした異例の形で皆さんに呼びかけています。それはこの状況において、ドイツ連邦共和国の首相としての私と、連邦政府の同僚すべてが、何を指針としているかをお話ししたいからです。これは開かれた民主主義の一面です。私たちは政治的な決定を透明な形で行い、説明します。私たちの行動が正しくあるように意思疎通を図り、人々が理解できるようにします。この試練の克服を、全ての国民が誠実に自身の任務だと考えるなら、それは可能だと私は確信しています。

 だからこそ、この問題は深刻だと述べさせてください。そして深刻に受け止めてください。(1990年の東西ドイツ)再統合以来、いや、第2次世界大戦以来、私たちの国にとって、連帯の精神をもって行動することがこれほど重要な挑戦はありませんでした。

 この感染症の中で私たちがどういう状況にあり、連邦政府と各州が私たちのコミュニティーを守り、経済、社会、文化の面で悪化を抑えるために、何をしているかを話したいと思います。ただし、なぜすべての皆さんの助けが必要で、それぞれに何ができるかということも伝えたいのです。この感染症についてですが、私が皆さんに申し上げることは全て、連邦政府がいま、ロベルト・コッホ研究所(生物医学に関するドイツ政府の中央研究機関)の専門家や、他の科学者、ウイルス学者と検討していることに基づきます。ウイルスについて世界中で集中的な研究がされていますが、処方箋やワクチンはまだありません。

 そして今回の場合、これは私たちのすべての行動の指針なのですが、唯一大切なことは、ウイルスの感染拡大を遅らせ、数カ月にわたりカーブを平らにして時間を稼ぐことです。その時間は、研究者のコミュニティーが薬とワクチンを開発するために、しかし何よりも、病気になった人たちができるだけよい治療を受けるために必要なのです。ドイツには素晴らしい健康管理システムがあり、おそらく世界最高水準です。それは私たちの心の拠になりえます。しかし私たちの病院がもし、多すぎる患者を最速で受け入れることになれば、このウイルスによる様々な症状に苦しみ、完全に圧倒されてしまうでしょう。

 これは抽象的な統計の数の話にとどまらず、父親や祖父、母親や祖母、配偶者、つまり人々の問題です。そして、それぞれの命と人格が大切にされるのが私たちのコミュニティーなのです。まず、私たちの病院や健康管理システムで働く医師、看護師、その他の人々について述べたいと思います。あなた方は、私たちのための戦いの前線にいます。最初に患者に接し、このウイルスの症状が時にいかに過酷なものかを目の当たりにします。日夜、人々を救うために職場に戻り続けます。とてつもない働きであり、心から感謝します。私の目標は、ドイツ全土へのウイルスの広がりを遅らせることです。私たちにとって死活的に重要なこととして、公共の生活をできるだけ静穏なものにするという一点を何よりも心がけねばなりません。国の機能は動き続けるので、(静穏な公共生活とは)合理的でバランス感覚を持ってということです。物資を供給する流れが保たれることはもちろんですし、経済活動はできるだけ維持したいと思います。

 しかし私たちは、人々を危険にさらし、個人だけでなくコミュニティーを害する全ての要素を減らさないといけません。ある人から他の人に感染する危険をできるだけ抑えねばなりません。すでにどれほど劇的に様々な制限がなされているかは承知しています。イベント、見本市、コンサートは中止。そして当面、学校、大学、保育園は開かれず、公園で遊べません。連邦政府と各州が合意した様々なことの中止が、私たちの暮らしと、民主主義社会としての私たちにとっていかに侵略的なものであるかも承知しています。こうした制限はドイツ連邦共和国が経験したことのないものです。

 私は皆さんに保証したい。自由に旅行し移動する権利を得るのがとても大変だった私のような人間に言わせれば、こうした制限は絶対的な緊急時にしか正当化されません。民主主義社会では決して軽々しく発動されてはならず、暫定的でないといけない。しかし今は、多くの命を救うために欠かせないのです。

 それ故に、今週の初めから、より厳しい国境管理と入国制限が、私たちにとって最も大切ないくつかの隣国に対して実施されています。大企業から中小企業、店やレストラン、フリーで働く人々を取り巻く経済は、すでに大変厳しい状況です。今後数週間でさらに厳しくなるでしょう。経済への衝撃を緩和し、何より雇用を守るために、連邦政府はあらゆる手を打つと私は保証します。この最も困難な時期に、私たちの企業の従業員を救うために、私たちはあらゆることができるし、することでしょう。

 食糧の供給は常に保たれるので、皆さんは安心してください。スーパーマーケットの棚に、ある日はたまたま何もなくても、翌日にはいっぱいになるでしょう。スーパーマーケットに行くすべての人に言いたい。まとめ買いに常に意味はありますが、常識の範囲においてです。明日がないかのようなパニック買いは無意味で、連帯への意識に全く欠けることを結局は示すのです。

 ふだんめったに感謝されることのない人々に感謝を述べたい。スーパーマーケットで、レジを打ったり、棚に商品を並べたりしている人々は、今まさに最も大変な仕事をしています。国民のためにその現場にあり、私たちの暮らしを支えてくれている皆さんに感謝します。いま最も緊要と私が信じることを述べたい。もし私たちが、ウイルスの急速な拡大を防ぐために最も効果的な手段をとることに失敗すれば、国家によるすべての取り組みは無に帰すでしょう。これは私たちの問題なのです。

 このウイルスは誰にでも感染しますから、私たちひとりひとりが対応せねばなりません。何よりもまず、いま何が大切かを真剣に考えてください。パニックには陥らず、しかしあの人たちは関係ないと一瞬たりとも考えないでください。誰も犠牲になってはいけない。誰もが大切にされるべきであり、私たちは一体となって努力することが必要なのです。感染病がもたらす深いメッセージ。それは、いかに私たちは脆弱で、いかに心ある他の人たちの振る舞いに頼り、そして突き詰めれば、一体となって行動することで、いかに私たち自身を守り、励まし、支え合えるかということです。すべての個人が大切です。私たちは、避けられない現実としてこのウイルスの拡大を受け入れるように運命づけられてはいません。

 戦う手段があります。よく考えて相手との距離を取らねばなりません。ウイルス学者たちははっきりと助言しています。握手をしない、手をしっかり何度も洗う、相手と少なくとも1.5mの距離を保つ。お年寄りは特に危険にさらされており、あらゆる接触を避けることが理想です。

 大変なことを求めているのは承知しています。特に苦難の時にはお互い寄り添いたいものです。私たちはそばにいて手を差し伸べることで愛情を示します。しかし今、私たちは反対のことをせねばなりません。相手を大切にする唯一の方法は距離を保つことだと、私たちすべてが今すぐ理解せねばなりません。ぜひにというわけではない善意の訪問や旅行は、感染を広げるのですぐにやめるべきです。祖父母と孫の接触はすぐにやめるべきだ専門家たちが言う理由があるのです。ひとりひとりが不要な出会いを避ければ、病院で日々増える患者の世話をする人たちが助かります。そうして私たちは命を救うのです。多くの人々には難しいことでしょう。誰も見捨てることなく、応援と励ましを必要とする人々を世話することは大切です。家族として、社会として、私たちは他に助け合う方法を見つけることでしょう。

 このウイルスと社会への衝撃に立ち向かおうと生まれたアイデアはたくさんあります。いまでもお孫さんたちはポッドキャストの録画を使って、祖父母たちは孤独でないということを伝えています。

 私たちすべてが愛情や友情を示す方法を見つけないといけません。スカイプや電話、eメール、そして昔ながらの手紙を書くことでもやり取りをしています。郵便は必ず届きます。近所で助け合う美しい例を耳にします。一人で買い物に行けないお年寄りを支える人たちがいます。もっとできることがあるはずです。私たちは互いに見捨てることのないコミュニティーであると示せるでしょう。だからこそ私は皆さんには当面の間、まだなされていないルールの順守を強く求めます。政府は常に、様々な対策のどれを見直すべきか、続けるべきかについて再評価をしていきます。事態は動いており、そこから学び続けることで私たちはいつでも考え方を調整し、新たな手段を用いることができます。その際には政府はまたその理由を説明するでしょう。

 それ故に、私は皆さんに、どんな噂も信じず、公式のメッセージだけを信じていただきたい。政府は常に多くの言語に訳して発信するでしょう。私たちは民主主義社会です。私たちの繁栄は、何かをせよと強いられるのではなく、知識を共有し、積極的な参加を促進することによるのです。この歴史的な任務は、私たちがともに立ち向かうことによってのみ果たされるのです。

 私たちがこの危機を克服できることに、私は全く疑いを持ちません。しかし、被害者はどれほどになるのでしょう。愛する人たちを何人失うのでしょう。答えはほぼ私たちにかかっています。いますぐ皆で一緒に決定的な行動を起こせます。現在の様々な制限を受け入れ、互いに支え合えるのです。

 事態は深刻で、先行きは不確かです。ひとりひとりがいかにきちんとルールに従うかにも、私たちの成功は大きく左右されるでしょう。かつて経験したことのない事態でも、私たちは暖かい心で、かつ合理的に行動することで、命を救えます。ひとりひとりが例外なくできるかどうかなのです。あなた自身と愛する人たちを、どうぞお大事に(Passen Sie gut auf sich und auf Ihre Liebsten auf)。ありがとう。」
3/23 カナダが五輪派遣拒否、「ボイコット」の意思は初 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ 「カナダのオリンピック委員会(COC)とパラリンピック委員会(CPC)は22日(日本時間23日)、新型コロナウイルスの感染拡大下、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックが予定通り今夏に開催された場合は選手団を派遣しないと表明した。各国・地域のオリンピック委員会(NOC)が「ボイコット」の意思を決定したのは初めてとなる。」とある。選手が参加しない。オリンピックの意味がなかろう。
3/23 【佐川宣寿】森友学園問題を考える会・木村豊中市議「幕引きさせない」|日刊ゲンダイDIGITAL 学校法人森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題、公表された手記に、<大阪地検特捜部はこの事実関係をすべて知っています>とありました。全てを知りながら不起訴で闇に葬ろうとする大阪地検に対し、激しい怒りを感じて抗議活動します。何やってねん、組織の意味ないやろ、と。いずれにしても、森友問題をうやむやにすることは、「桜を見る会」などの問題をうやむやにすることにもつながるため、真相が明らかになるまで終わりにはしません。」、検察は全てを知っていた、この意味は重い。
3/23 新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」 TBS NEWS 「東京都の小池知事は、新型コロナウイルスの大規模な感染拡大が認められた場合は、首都の封鎖=ロックダウンもあり得るとして、都民に対し、大型イベントの自粛などを改めて求めました。」、首都のロックダウン、要は検査数による。
3/19 自殺職員の手記読んだ首相「胸が痛む」 一方、再調査はしない意向 森友学園文書改ざん(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 「安倍晋三首相は19日の参院総務委員会で、森友学園に関する財務省の文書改ざん問題で「国民の信頼を揺るがす事態となり、行政府の長として大きな責任を痛感している。改めて国民におわび申し上げる」と陳謝した。国民民主党の森本真治参院議員の質問への答弁。」とある。が、再調査はしないそうである。ありえない。
3/19 夜の交番、勤務の警官同士で性行為 尼崎東署の2人処分(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 「兵庫県警尼崎東署の男女2人の警察官が昨年12月〜今年2月、夜間勤務中に交番で性行為をしていたとして、同県警が2人を19日付で処分したことが関係者への取材でわかった。ほかの警察官が上司に相談して判明。2人は事実関係を認めているという。」、まあ若い男と女の話、精力がありあまっていたのだろうが、いたしたところが、場違いだろう。今度からは別のところでお願いしたい。
3/19 八代英輝氏 “森友”自殺職員の妻の約1億円提訴に「どうみても手記を見ると…」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 弁護士の八代英輝氏、安倍首相のよいしょコメンテーターで有名だが、「ただ今回の事実はですね、今まで検察が届かなかったことにプラスして佐川氏が国会で証言したことが偽証だったってことにつながる手記がある。そうするとこの裁判を通じて民事として、おそらく民事として裁判をするぎりぎりの時効のタイミングだったと思うので、奥様もやむを得ず真実が国から明らかにならない以上は提訴という方法を取らざるを得ないという判断されたんだと思うんですが」、「この裁判を通じて…、佐川氏は国会で“刑事訴追の恐れがありますので”って証言を再三拒んだわけです。今回当事者ですからそういったことは許されませんし、刑事訴追の恐れって言うのは今回の件に、あの件に関しては実質なくなっているわけですから、どういう答えをするのかぜひ私は真実を聞いてみたいですね」と発言。どうも風向きが変わってきたかもしれない。
3/19 東大が発表!膵炎治療薬「ナファモスタット」がコロナに効果か 夕刊フジが発表当日に報道「国産4つの薬に期待」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト 新型コロナウイルス治療に「既存の膵(すい)炎治療薬「ナファモスタット」で、新型コロナウイルス感染症の治療効果を得られる可能性がある」とのこと。効果があればいいのだが。
3/19 「私たちの健康を脅かしたいのか!」ついに世界中の選手から疑問の声 それでも東京五輪、開催するの? : J-CASTテレビウォッチ 「2016年リオ五輪の女子棒高跳びの金メダリストで、ギリシャのステファニディ選手は「IOCは私たちの健康を脅かしたいのか」と怒りのツイートをした。また、カナダのIOCアスリート委員も「無神経で無責任。施設が閉鎖されており選手はどこで練習できるかもわからない」と不安を代弁している。スペイン・オリンピック委員会の会長は「開幕まで残り4カ月で、公平な条件の下、選手が五輪まで到達できない」、ジャマイカのオリンピック委員会の会長も「選手の安全と健康が最優先されなくてはならない」と指摘している。」とある。日本は五輪開催へ特攻態勢。いかがなものか。
3/18 「すべて佐川局長の指示です」森友事件で自殺した財務省職員「遺書」入手 | 文春オンライン やはりである。森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件。「2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかった。 大阪日日新聞記者で、森友学園問題を当初から取材し続けている相澤冬樹氏が遺族から「手記」全文、および関連する手書きのメモの提供を受けた。「手記」と題されたA4で7枚の文書は、自殺当日まで書かれていたとみられ、「すべて、佐川理財局長の指示です」「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」など、当時の財務省、および近畿財務局の幹部らの言動について実名で詳細に綴られている。また「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」などと同省の対応を強く批判しており、赤木氏自身、そうした不法行為に加担させられて心身ともに苦しんだ様子もつぶさに記されている。」とある。麻生財務大臣、安倍首相の関与が明らかになることを期待したい。
3/18 東京新聞:<新型コロナ>PCR検査、日本2万件 なぜ増えない? 高齢者ら受診優先 医療崩壊を回避:政治(TOKYO Web) 「新型コロナウイルス感染の有無を調べる検査を巡り世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、各国に徹底的な検査を実施するよう呼び掛けました。日本のPCR検査の件数は一日千件台。韓国やイタリアのように件数が増えないのはなぜでしょうか。」、検査数を拡大させない理由として医師への感染や、病床数不足に医療崩壊を理由にするが、感染者に重症化は圧倒的に少ない。検査体制、治療体制のガイドラインを作って実施すれば、医療崩壊は起きないはずである。
3/18 東京オリ・パラ延期は1年以内!?安倍首相が在任中にやりたがってるからって・・・政治優先かい : J-CASTテレビウォッチ 「7・24開幕「とても難しい」五輪組織委理事 1年延期――キャスターの伊藤利尋が、けさ18日(2020年3月)のスポーツ報知の1面を紹介した。延期1年の理由は「新型コロナウイルスの世界の広がりを見ていると、7月24日(2020年)開幕は難しい。今回の五輪を最後と考えてきた選手にとって、2年延期となるとピークは過ぎ、出場するのは難しくなる。終息するのが前提だが、延ばしても1年までがギリギリではないか」というわけだ。」、現状を冷静に見る限り、今夏のオリンピック開催はほとんど不可能といってよい。
3/18 CNN.co.jp : 新型コロナ、対策なければ失業率20%に 米財務長官 「ムニューシン米財務長官は17日、新型コロナウイルス感染拡大の影響について、対策を講じなければ米国内の失業率が20%にまで上昇しかねないと警鐘を鳴らした。共和党の上院議員がCNNに対して明らかにした。発言は、共和党の上院議員らに総額1兆ドル(約107兆円)規模の景気刺激策を講じるよう要求した中で出たもの。感染拡大がもたらす最悪のシナリオを回避するため、こうした施策が必要になるという。」とある。今回のコロナウイルスへの対応の真剣さ、オリンピック中止を懸念してすべてが後手に回っている日本の安倍政権とは大違いである。
3/18 コロナ騒動収束まで賢く生きる知恵、睡眠時間は8時間を確保 | 女性自身 新型コロナウイルス感染対策、一番は感染者のそばにいかないことだが、だが、日本の現状では感染検査数が圧倒時に少なく、感染していても軽い風邪程度で外出している人は少なくないと思われる。それは政府のお粗末さの問題だが、あてにならない政府に期待するより、自分の身は自分で守るが賢明。ここで紹介されている「コロナ騒動収束まで賢く生きる知恵」、ぜひご参考に。
3/17 名古屋で2人死亡 70代と80代の男性 新型コロナウイルス | NHKニュース 新型コロナウイルスによる死亡、やはり高齢者に多いようである。「名古屋市に住む感染者2人が死亡し、愛知県内で死亡した感染者は14人になりました。愛知県内で2人の感染が新たに確認され、感染者数は123人となりました。」とある。「14人のうち年代や性別などが公表されていない2人を除く12人はいずれも高齢の男女で、市内のデイサービスの利用者などによる感染者の集団の患者だということです。」とのこと。高齢者施設など、よほどの注意が必要だろう。
3/17 ワクチン開発中のドイツの製薬会社、トランプ政権からの"資金提供の見返りにアメリカに独占権"の提案を拒否か ?? 独紙が報じる【新型コロナウイルス】 | Business Insider Japan 「ドイツの製薬会社「キュアバック(CureVac)」は、新型コロナウイルスのワクチンの独占権を買うというアメリカの提案を拒否したという。ドイツ紙『ヴェルト・アム・ゾンターク(Welt am Sonntag)』によると、キュアバックに対して、トランプ政権から会社をアメリカに移すようアプローチがあったという。」、トランプ大統領はそういう男なのだ。彼にとって他の国の国民の命は虫けらのようであるのかもしれない。もちろん、その中に日本も入っている。
3/17 新型コロナウイルス、イタリアでは医療従事者の2割が感染 医師も人工呼吸器も足りなくなる BLOGOS 日本は積極的に検査を行なっていないので、爆発的感染が起きているかどうかは不明である。一方、肺炎で死亡した高齢者は死亡後に感染検査をしたり、通常の肺炎とはことなった場合には、葬儀社はじゅうぶん注意して葬儀するとのことである。ともあれ、爆発的な感染が確認された場合、日本もイタリアのように医療従事者の感染拡大や、人工呼吸器の不足も起こる可能性がある。イタリアでの死亡の内訳である。
【死者の内訳】
90歳以上 14.1%
80〜89歳 42.2%
70〜79歳 32.4%
60〜69歳 8.4%
50〜59歳 2.8%
男性8割 女性2割
男性の年齢(中央値)79.9歳
女性の年齢(中央値)83.4歳
高齢者に対する感染防止に注力すべきであろう。
3/17 パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト|日刊ゲンダイDIGITAL 世界的感染をパンデミックというが、実際に非常事態となったら買い物もままならない。そこで家庭での備蓄が必要になる。が、この備蓄、普段の地震防災と同じである。「食料は3日から1週間分×家族の人数分」、これだけ。もっとも先を争って買い占めに走る必要はない。
3/17 緊急G7で支持された東京五輪「完全な形で実現」の解釈巡って米CNNは「安倍首相は延期、中止に強く抵抗」と暴露(THE PAGE) - Yahoo!ニュース CNNによると、「安倍首相は五輪の延期や中止には強く抵抗し、目標は”予定通りに開催することだ”と語った」という。さらに、クドロー米国家経済会議委員長は、「(安倍首相は、東京五輪の延期、中止が)世界におけるリーダーシップの問題につながると考えており、トランプ大統領は、彼に幸運を願った。我々全員が彼の考えを支持している」とある。世界にとって五輪よりも感染の収束、経済恐慌の回避が最重要課題。安倍首相はどうもひとりで浮いていたようだ。
3/16 【新型コロナウイルス】トランプも延期論を 東京五輪に燻る“日中同年開催”の思惑|日刊ゲンダイDIGITAL いよいよ東京五輪の延期論が出てきた。「無観客での開催はあり得ない。1年延期していいかもしれない」、トランプ米大統領の言及である。新型コロナウイルス感染はまさに世界規模になっている。開催か延期かは日本だけの問題ではなくなっている。感染の広がる日本へ、あるいは爆発的感染が起きている海外から選手が日本へくるはずもない。日本の常識がとわれている。アスリート・ファーストとはなにか考えるべきであろう。
3/16 「なんでも賛成」「なんでも反対」不毛だ/地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ< 「我が国では、このウイルス対策への評価がそのまま政権への評価になりつつある。政権に批判的な声は安倍政権の新型コロナウイルスに対する初動の失敗や、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の対応の失敗がいまだに続いていると政権の失政を説く。一方、政権支持層は「野党は桜を見る会などほかのことにうつつを抜かし、政府の重箱の隅ばかりをつついている。これではウイルスと闘っている政権の足を引っ張るだけだ」と反撃する。」、これにこう続く。「双方のなんでも賛成なんでも反対の構造から抜けださない限り、今後の議論は広がらない。ただ政府は失敗も認め、わびるべき時は真摯に国民に向き合うべきだ。その柔軟性がない限り、この不毛な対立は終わらないだろう。」、まさに至言。
3/16 相模原殺傷、被告に死刑判決 責任能力認定「非難免れぬ」 | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞 県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者と職員計45人が殺傷された事件の裁判員裁判、横浜地裁は元職員植松聖被告(30)に対し、求刑通り死刑を言い渡した。死刑制度に疑義をもつとしても、この反社会性において死刑、、あるいは百歩ゆずっても生涯服役義務の無期懲役が至当だろう。
3/16 新型コロナ会見、堂々と決めたトランプ大統領、下を向きっぱなしの安倍総理...ああ日本人として情けない! : J-CASTテレビウォッチ トランプ大統領の外交政策には賛否両論はあるが、国の指導者としての会見はそれなりである。一方、振り仮名つきの原稿を読まなければ会見できない日本の首相、非難をうけることを承知でいうが、小学校5〜6年の漢字字さへも読めない男が日本の首相をやっていること自体異常であり、それを選ぶ国民もまた異常という他はない。本当にこれでいいんですか。諸氏はいかが考える。
3/16 新型コロナ、ワクチン製造は厚労省天下り先 海外製は無視|NEWSポストセブン 「早急に民間の病院やクリニック、検査会社でも検査が実施できるようにすればよかっただけのことです。日本中でその気になれば、現在の100倍の検査能力があっても不思議ではない。しかし、厚労省は民間のクリニックや検査機関を、事実上、締め出しました。感染研は感染症の拡大防止ではなく、感染症の調査や研究を行う組織です。彼らにとって、PCR検査で得られるデータは非常に重要で民間には渡したくないので、衛生研に一元的に検査を請け負わせる仕組みを構築しました。しかし衛生研主体で検査するには圧倒的に人数が足りず、検査できる件数に限りがありました」、「日本にはワクチンを製造するための財団法人があり、そこに国が予算をつけます。その財団法人は厚労省の天下り先であり、ワクチン製造を独占的に引き受けています。利権構造のため、海外のワクチンは国内で無視されます。例えば海外では20年ほど前から効果的なポリオワクチンが開発されていますが、厚労省は外国産を導入せず自分たちの天下り先である国内機関の開発を待ったため、毎年4人ほどポリオに感染しました。新型コロナウイルスに関してもアメリカではすでに第一段階の臨床試験分のワクチンが導入されていますが、厚労省が利権を捨ててまで外国産ワクチンの承認や支援をする可能性は低い」検査をしない日本、ワクチン製造は天下り先、厚労省、まるで火事場泥棒のごとし。
3/13 【森まさこ】森法相の奇々怪々答弁 検察官定年延長理由は東日本大震災|日刊ゲンダイDIGITAL 「ノラリクラリはぐらかすというレベルではない。もはや支離滅裂だ。大臣を交代させないと、この国の法務行政はどうなるか分からない。政府が今国会で成立を目指す、検察官の定年を63歳から65歳に引き上げる検察庁法改正案について答弁した森法務相のことだ。」とある。が、もとはといえば、安倍首相と今井補佐官の思いつきに、なんとかつじつまを合わせるところから始まった話。まともな神経では付き合いきれないだろう。どうしたものか。
3/13 コロナ禍でウソがばれた「アベノミクス」という大失敗 「黒田日銀」もお手上げ状態 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 「今、新型コロナウイルスの影響で多くの人が集まるコンサートやイベントが軒並み中止・延期となっています。明らかに経済にマイナスです。ただ、ここで大事なのは、日本経済はその前から下降気味であったという認識を持つことです。2019年は景気が徐々に悪化していた中で、10月1日に消費税が10%に上がり、一気に減速感が増していたのです。さらに、そこへ新型コロナがやってきたというのが正しい認識です。」、うわべだけのアベノミクスに本質がみえてきたうようである。
3/13 福島20代女性の叫び「私の甲状腺がんの原因が知りたい」 | 女性自身 「私が甲状腺がんになったのは、“被ばく”の影響ではないと言われています。甲状腺がんは遺伝性のものが多いといわれますが、家族には甲状腺がんにかかった者はおりません」、「専門家が集まって、甲状腺検査について議論する福島県の“検討委員会”というものがあります。19年6月に、事故前より数十倍多く見つかっていることを認めながらも、〈現時点において甲状腺がんと放射線被ばくの関連は認められない〉と発表しました。検査も縮小の方向に向かっています。がんがこんなに多く見つかっているのは、何の影響なのか、うやむやにしないでほしい」、福島原発と甲状腺がんの関係、どうなっているのだろうか。
3/13 同じ立憲民主党なのにツイッター議論/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「★立憲民主党のいかがわしさは、個々の議員の活躍よりも党代表の枝野幸男と幹事長・福山哲郎の独裁政治だ。安倍批判を繰り返すものの、そのやってる感は安倍政権のそれをしのぐひどさで、参院での予算審議は順調。予算成立後の段取りも既に自民・立憲両党国対委員長・森山裕と安住淳で既に握り合っているといわれる。★その二枚舌は党内からも指摘されている首相の非常事態宣言をサポートする立憲の異様な対応からもうかがえる。そもそも首相・安倍晋三が各党に個別に協力要請したという形のやってる感演出も9日夕方までに自民党国対が各党に示した新型インフルエンザ等対策特別措置法の対象とする改正案には党首会談での野党の要求など1つも採用されていない。あの会談は何だったのかとまで言われている始末。ところが立憲は当初から枝野が賛意を表明していた。」、立憲は旧民主党とおなじ過ちを繰り返している。立憲の執行部、権力志向だけが突出している。愚かとしかいいようがない。
3/13 ついにアメリカでも火がついた新型コロナ危機「数百万人が感染しかねない」と米高官 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「米国で始まった新型コロナウイルス感染拡大、米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の所長で、ドナルド・トランプ大統領が立ち上げた新型コロナウイルス封じ込めのための専門家チーム(タスクフォース)の一員でもあるアンソニー・ファウチ博士は、事態は今後さらに悪化すると警告した。「もし我々が無頓着で徹底的な封じ込めと緩和策をとらなければ感染者は急増し、数百万人にも達するだろう」と、11日の下院監視・政府改革委員会の公聴会で言ったのだ。世界恐慌を生み出すかもしれない。」とある。世界恐慌、現実味を増してきた。
3/12 <女性自身>病院関係者が怒りの告発!「新型コロナ陽性判定が大量隠蔽されている!」「感染者数の数字操作の指令が!」 赤かぶ 何故、検査しないのか?それに加えて病院で陽性反応出した検査結果を政府が公表するなと隠蔽している。これで感染防止が本当にできるのか。オリンピック開催のために国民の健康をいけにえにする。これはおかしいと思う。
3/12 中国の論文から見た新型肺炎「重症リスクの高い人」とは|日刊ゲンダイヘルスケア 新型コロナウイルスによる重症化する人はどんなタイプだろうか。「論文を見ると、死亡リスクに最も関係していると思われるのが年齢です。やはり高年齢の層のリスクが高かった。論文の対象となった患者さんの平均年齢は59・7歳で、60歳超が27人(52%)。そのうち亡くなったのは32人(61・5%)いました。39歳以下の患者さん6人は全員回復しましたが、40〜49歳の患者さんは6人中3人が、50〜69歳では30人中20人が、70〜79歳では8人中7人が死亡しました。80歳以上は2人とも亡くなっています」、ご参考に。
3/12 【新型コロナウイルス】安倍政権コロナ対策第2弾は“ケチノロ” 経済クラッシュ寸前|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍首相は、「歴史的緊急事態」を宣言することに意欲をもっているようだが、じっさいにやっていることはことばとはほど遠い。「安倍首相は「総額4300億円の財政措置を講ずる」と胸を張るが、その内訳にはア然だ。財務省主計局によると、今年度予算の予備費2700億円から2295億円を充当。残りは検疫対策など今年度予算の未執行分をコロナ対策に回したという。金額を大きく見せようとして予算をカキ集めた“水増し”対策だ。■各国は軒並み1兆円近い大規模支出 それでも世界各国に比べ、安倍政権のケチケチ度は目に余る。過去最大2000ドル強のNYダウ暴落を受け、トランプ米大統領は「給与税(社会保障税)の大幅減税」を表明。5日に約8900億円の追加予算案を成立させたばかりにもかかわらずだ。韓国政府は感染爆発を受け、1兆円規模の経済対策を実施すると発表。同じく感染爆発により全土で個人の移動制限を実施したイタリア政府も、約8950億円の景気刺激策を打ち出す。シンガポールは5000億円規模で、香港は住民1人あたり一律約14万円の現金を支給。台湾は2200億円を上限とする特別予算を組んだ。台湾の人口は日本の5分の1、税収は同7分の1。逆に日本の感染者数はクルーズ船などを除いても、台湾の10倍以上だ。」とある。このままでは日本経済は壊滅的打撃を受ける。
3/12 東京オリンピック1〜2年延期?「新型ウイルス」日本は収まっても欧米で流行中なら選手来ない : J-CASTテレビウォッチ 「東京オリンピックについて、日本組織委員会理事が「新型コロナウイルスの影響で開催が難しくなった場合、1〜2年延期することが最も現実的な選択肢だ」との見解を示したと、アメリカの「ウォールストリートジャーナル」が報じている。記事によると、組織委員会の理事会ではまだ新型コロナの影響は議論されていないものの、日程変更が他のスポーツにどう影響するかを3月下旬(2020年)までに検討するという。」、これは常識的判断であろう。オリンピック開催ありきですすむ政府の新型コロナウイルス対策、このままでは、1億総玉砕となる。
3/12 CNN.co.jp : トランプ氏、欧州からの入国30日間停止を発表 米国人や貨物は除く 「ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は、今後30日間にわたって、欧州からの旅行者の入国を停止すると発表した。トランプ氏は今回の措置について新しい感染者の入国を阻止するためと説明している。新しい対策の実施は13日深夜0時から。新しい規制は現場の状況によって調整もあるとしている。適切な検査を受けた米国人については例外となる予定だという。また、今回の入国禁止措置に英国は含まれない。」とある。さて、日本はどうするのか。
3/11 2011年3月11日、東日本大震災から9年。
3/11 世界が想定すべき新型コロナの最悪シナリオ──他の国々がこれから経験する3つの問題 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「COVID-19(2019年型コロナウイルス感染症)が世界経済にもたらす影響は、当初の予想より深刻そうだという見方が広まっている。」、「世界がこれほどの規模の感染症に直面することは、久しくなかった。1968年に流行した香港風邪は世界で約100万人が命を落としたが、今回に比べると致死率はかなり低いと考えられる。新型コロナウイルスの致死率(感染者が死亡する率)は確定していないが、1918年に5000万人超の死者を出したスペイン風邪と同じ程度になりそうだ。」、新型コロナウイルスはかくじつに世界を蝕みはじめた。
3/11 【新型コロナウイルス】米の新型コロナ拡大「感染9600万人死者48万人」の衝撃試算|日刊ゲンダイDIGITAL 「アメリカでも新型コロナウイルスの感染が急速に広がりはじめている。わずか1日で感染者が100人以上も増え、感染者は400人を突破。ニューヨーク州も「緊急事態宣言」を出した。アメリカも中国のように感染者数が膨れ上がってしまうのか。」とある。検査数を増やせば、感染者も増える。さらに、「いま、全米を震え上がらせているのが、ネブラスカ大教授のジェームズ・ローラー博士が推定した衝撃的な数字だ。なんと、9600万人が新型コロナウイルスに感染し、48万人が死亡する恐れがあるというのだ。アメリカの人口は約3億2000万人。人口の約3分の1が感染する計算である。」とある。世界各国は今回の新型コロナウイルス感染拡大を深刻に考えている。安倍政権は世界に比べると真剣さが希薄といえる。
3/11 安倍首相が「1〜2週間が瀬戸際」と言ってから2週間...事態はますます悪くなるばかりだ : J-CASTテレビウォッチ 「これからの1〜2週間が瀬戸際」、その2週間が9日で過ぎた。今度は非常事態宣言だという。「一斉休校や外出自粛の対策は継続すべきか、それとも緩めても大丈夫か」と質問されると、「今回の新型コロナウイルス感染症では、潜伏期間は平均約5日間、発病から報告まで平均8日間、その後約1週間かけて対策の効果を判断する。したがって3月19日(2020年)ごろには、その結果を発表できる予定だ」と見通しを述べた。−とある。政府見解、これを信用する国民はほとんどいないだろう。
3/11 コロナ専門家委員会「持ちこたえている」は検査数が少ないだけ! 欧米は積極的に検査拡大も日本はいまだ「検査不要」論が跋扈|LITERA/リテラ 「日本の状況は、爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度、持ちこたえている」、「現時点までは、クラスター(集団)の発生を比較的早期に発見できている事例も出てきています。これは、急激なペースで感染者が増加している諸外国と比べて、感染者数の増加のスピードを抑えることにつながっています」9日の政府の新型コロナウイルス対策の専門家会議が新たな見解である。検査をしなければ実際の感染状況は見えてこない。
3/10 自民自ら気づいた時に国民の危機感それ以上/地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「自民党の党員や支持者はストレスがたまっている。「とにかく本来の自民党の面影がなくなってしまった。長期政権の弊害とでもいうべきか、自分の周りだけが潤えばいい、いい思いをすればいいという態度の政治家が増え、それをたしなめるベテランも声を出さない。保守政治の泰然自若さを持ち合わせている政治家も見当たらない。何よりも政治家が小さくなった」(自民党員の1人)。ほかにも「公務員が公費の出張先で部下と関係を持ったと疑われるなど恥ずかしくて昔なら辞任している」など秩序崩壊を憂う声も強い。」、自民党は安倍賛美派だけではない。自民党議員の良心に期待したい。
3/10 前川喜平氏 ウイルスそのものより経済的困難のために死ぬ人が多くなる/芸能/デイリースポーツ online 元文部科学事務次官の前川喜平氏の言、「このまま行くと、コロナで死ぬ人よりも、コロナを原因とする経済的困難によって死ぬ人の方が、多くなるのではないか?」、「『国家的な危機にあっては与党も野党もない』とアベ首相。これは魔の言葉だ。乗ってはいけない。大政翼賛会への道を開いてはいけない」とある。その通りであろう。現在進行している世界同時株安によって年金資金にどれだけの損が出るのか。日本の社会保障が崩壊する可能性がでtげきた。
3/10 安倍政権目論む特措法改正「緊急事態宣言」でコロナ独裁へ|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍首相が主張する緊急事態宣言、この目的が見えない。「それなら、わざわざ法改正しなくても、新型インフルエンザ“等”が対象の現行法で対応可能なはずです。時限措置といいますが、東京五輪のためなら2年間も必要ないでしょう。この先2年以内には、自民党総裁選や衆院総選挙がある。緊急事態を理由に、総裁や衆院議員の任期延長を決めてしまう可能性もあります。法を散々ねじ曲げてきた安倍政権だから、どう悪用するか分かりません。議会で全権委任法を成立させて、合法的に独裁を確立したヒトラーと同じことを企んでいるのではないか。民主党政権が作った特措法には反対できないともくろんで、野党も巻き込み、独裁の連帯責任を負わせようとしているように見える。非常に危険です」、この国はどこへ向かうというのか。
3/10 古賀茂明「安倍疑惑隠しだった?今井首相秘書官の術中にはまった野党」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  今回の安倍晋三首相による「突然の」一斉休校要請、実は桜を見る会などのスキャンダル隠しという見方がある。たしかに全国一斉休校への賛否両論で、安倍首相の桜の会疑惑が裏に隠れた観がある。「──まずは、テレビがコロナ一色になることを狙う。そのために一斉休校ならインパクト十分。必ず、野党はこれに食いついてくる。実は、野党のほうにも、桜を見る会ばかりやっていると、「そんなことよりコロナのほうが大事だ」と国民から批判されるという不安感がある。また、コロナのほうがテレビ受けが良いなら、コロナをやって露出を高めたいという誘惑もある。そんな野党に対しては、むしろ批判の材料を与えたほうが良い。批判できるとなれば渡りに船で、野党のほうが、桜を見る会からコロナへのシフトを進めたくなる──」、そうだとすれば実に見事というべきだろうが、社会の大混乱もかえりみず政権の延命を図ろうとする、まさに悪魔の政権である。
3/10 75年前、首都はなぜ焼き尽くされた 東京大空襲を知る | ハフポスト 3月10日、日本人が決して忘れていけない日である。75年前の東京大空襲である。墨田、江東、台東一帯が米軍の無差別爆撃によって火の海になった。これによる死者はおよそ10万人。
3/9 【襲来!新型コロナウイルス】もう止まらない! 米メディアの安倍攻撃 NYタイムズ紙「政界の脱出王」よばわりの猛批判 : J-CAST会社ウォッチ 「新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、日本政府の対応をめぐる海外メディアの批判が目立つようになりました。政府が中韓からの入国者らに対する制限措置を発表したことで、批判はさらにヒートアップ。米ニューヨーク・タイムズ紙は安倍晋三首相を20世紀初頭にかけて活躍した奇術師になぞらえて、「政治界の脱出王もコロナウイルスの反撃から逃げられない!」と強い口調で非難しています。海外メディアは「忖度」も「手加減」もしてくれないようです。」とある。今週末には非常事態宣言法が成立するそうだが、安倍首相はいったい何をしようというのだろうか。
3/9 安倍政権目論む特措法改正「緊急事態宣言」でコロナ独裁へ|日刊ゲンダイDIGITAL 「安倍首相が新型コロナウイルス対策として、7年前に施行された「新型インフルエンザ等対策特別措置法」を改正し、「緊急事態宣言」を出す方針だ。」とある。これには、「それなら、わざわざ法改正しなくても、新型インフルエンザ“等”が対象の現行法で対応可能なはずです。時限措置といいますが、東京五輪のためなら2年間も必要ないでしょう。この先2年以内には、自民党総裁選や衆院総選挙がある。緊急事態を理由に、総裁や衆院議員の任期延長を決めてしまう可能性もあります。法を散々ねじ曲げてきた安倍政権だから、どう悪用するか分かりません。議会で全権委任法を成立させて、合法的に独裁を確立したヒトラーと同じことを企んでいるのではないか。民主党政権が作った特措法には反対できないともくろんで、野党も巻き込み、独裁の連帯責任を負わせようとしているように見える。非常に危険です」という指摘もある。諸氏はいかが思われる。
3/9 前川喜平氏 ウイルスそのものより経済的困難のために死ぬ人が多くなる/芸能/デイリースポーツ online 「元文部科学事務次官の前川喜平氏が6日、ツイッターに投稿。新型コロナウイル感染が拡大し、さまざまな経済活動に悪影響を及ぼしていることから、ウイルスそのものに感染して亡くなる人よりも「コロナを原因とする経済的困難によって死ぬ人の方が、多くなるのでは」と憂えた。」とある。たしかに感染が拡大するにつれて経済活動が低下している。
3/9 ついに日本は終わった | 小幡 績 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「安倍首相が表明した中韓2国からの入国規制は、まともな官僚がついていればあり得ない選択肢だった。そのせいで、新型コロナウイルス危機は大きな経済危機に発展するかもしれない」、すでに国内で大規模なクラスター感染が始まりつつある現状で、この入国規制はほとんど意味がないだろう。今、地獄の扉が開けられつつある。
3/9 東京の桜開花「過去最早」の15日!来週後半から一気に気温が上がり、花粉も凄いぞ : J-CASTテレビウォッチ 今年の桜の開花は15日あたりになりそう。国中に新型コロナウイルスが蔓延しているが、季節はめぐり花が咲く。
3/6 中韓入国者に2週間待機要請 国内対策と合わせ終息へ全力 政府 | NHKニュース 「新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政府は、中国と韓国に対する水際対策を強化し、両国からの入国者に指定場所での2週間の待機を要請することを決め、国内対策と合わせて終息に向けて全力をあげる方針です。政府は5日の対策本部で、感染者の多い中国と韓国からの入国者について、日本人を含め2週間、検疫所の所長が指定した場所での待機と、国内で公共交通機関を利用しないよう要請することを決めました。」、この措置が1ヶ月前に行なわれていたら、これほどまでに国内感染は広がっていなかったろう。安倍首相は自らの失政を国民に謝罪するべきであろう。
3/6 厚労省が新型コロナ検査を「この状況でも広げたくない」ウラの思惑(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス | 講談社 「厚生労働省は3月4日、新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べるPCR検査に6日から、健康保険を適用する、と発表した。一見すると、従来に比べて、一歩前進のように見える。だが、実はそうでもなさそうだ。PCR検査を受けたいのに、受けられない「検査難民」が続出しているのは、ご承知の通りだ。日本医師会は4日、医師が検査を求めたにもかかわらず、保健所の判断で断られたケースが3日時点で7道県医師会で30件に上った、と明らかにした。全国では、はるかに多いはずだ。」、現場の医師が感染を疑いPCR検査を行なうべきと判断した場合確実に検査を行なうべきである。
3/6 安倍首相、野党に「抱き付き」 透ける批判回避の思惑―新型肺炎:時事ドットコム それにしても自らの失政で新型コロナウイルスの感染を拡大しておきながら、その反省もまったくなく、今度は「新型インフルエンザ対策特別措置法の改正に協力をいただきたい」という。そもそも新型インフルエンザ対策特別措置法を新型ウイルスに提供すればすむことであり、すでにそれをしてきた。いったいなんのための非常事態宣言なのか。あきれてものがいえない。
3/6 岡田晴恵教授きょうは怒った!「とっととやってください」2連発――各省庁備蓄のマスク743万枚なぜ放出しないの? : J-CASTテレビウォッチ 「「そこなんです。この1、2週間が大事だということで学校も休みにしたんだから、いま使える法律を使えばいい。『新型コロナにも使えます』ということを入れるだけの改正ですからね」とある。また、「マスクについても、国は約743万枚を各省庁で保有している。「なぜすぐに放出しないのか」という疑問に対し、安倍首相は「医療機関や国民に放出するための備蓄ではなく、各省庁で必要な枚数を備蓄している」と答弁した。つまり、職員用ということか。岡田教授「いま、クリニックや指定病院でマスクがありません。とっとと医療機関に出してください」とある。政権は何をやっているのか。
3/6 「花粉症です」「喘息なので」キーホルダーやマスクに表示!くしゃみや咳すると白い目で見られてしまう : J-CASTテレビウォッチ ことしの花粉の悲惨、かなり多いようである。当然、花粉症で咳をする人も少なくない。この咳、新型コロナウイルス感染と疑われることも少なくない。そこで、咳が出る場合に、「花粉症です。うつりません」と書かれたキーホルダーをぶる下げたり、カードホルダーに「花粉症です」と書いたメッセージを入れる人が増えている。電車や人混みでくしゃみや咳をすると、新型肺炎患者ではないかとみられるからだ。花粉症だけではない。マスクにマジックで「この咳は喘息です。不快にしてごめんなさい」と書く人も現れた。喘息カードやバッジ、メッセージ付きのトートバックやパーカーも登場している。」というのも有効かもしてない。ご参考に。
3/5 韓国人受験生を全員不合格 加計学園獣医学部に「不正入試」疑惑 | 文春オンライン 「A方式の推薦入試を受験した韓国人受験生8名全員が不合格となっています。A方式の推薦入試は、学科2科目と面接試験、高校での成績を反映した評点平均値、各50点、計200点満点で採点されます。驚くべきことに、韓国人受験生全員の面接試験での点数は0点。なかには面接で10点でも取れれば合格点に達する受験生もいる。これまで面接試験で0点というのはほとんど見たことがありません。公平公正を重んじなくてはいけない入試で、国籍差別が行われている事実に怒りを覚えます」とある。不審である。
3/5 【新型コロナウイルス】元研究員が衝撃告発 司令塔・感染研に“検査拡大”妨害疑惑|日刊ゲンダイDIGITAL 「なぜ、医師が必要と判断した患者の検査まで拒否するのか――。いつまで経っても、新型コロナウイルスの検査態勢が整わないことへの批判は強まる一方だ。安倍政権の方針も二転三転。安倍首相と加藤厚労相の国会答弁まで食い違うありさまだ。ついに、感染症対策の“司令塔”である「国立感染症研究所」(感染研)に疑惑の目が向けられ始めている。衝撃だったのは、感染研の研究員だった岡田晴恵白鴎大教授の告発だ。先月27日、テレビ朝日系の番組で、「国立感染症研究所のOBがデータを独占したがっていることが背景にある」と暴露したのだ。」とある。中国、韓国に比べてあまりに検査件数が少ない。厚労省、官邸の対応。理解できないことばかりである。
3/5 トイレットペーパーがない!?1週間後には店頭に並ぶので、いまは1人1ロールあれば十分 : J-CASTテレビウォッチ いったいどこの不埒者かしらないが、ネットのSNSでトイレットペーパーが品不足というデマから始まったトイレットペーパーとティッシュペーパーの買いだめ、これが米の買いだめにも波及した。買いだめに走ったのは中高年が多いという。ネットの時代、偽の情報に惑わされないようにする必要がある。
3/5 新型コロナ対策、EUの本気度と日本政府の「甘すぎる危機管理意識」(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社 「WHO(世界保健機関)のテドロス・アドノム事務局長は25日、「中国ではすでに感染の峠は越した」と言っているが、信用できない。独ロバート・コッホ研究所は、すでに12日、パンデミーの可能性を示唆していた。当初、日本のメディアでは、新型コロナ肺炎はインフルエンザと同じで大したことはないなどという意見が多く出ていたが、それにしては、漏れ伝わってくる中国の様子も、EUやアメリカの警戒の仕方もただ事ではなかった。」とある。日本の安倍政権がいかに今回の事態を軽くみていたか、今回の事態そこに起因する。
3/5 検査数増えれば、感染者の絶対数増える可能性ある=安倍首相 - ロイター 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、「検査数を増やせば感染者の絶対数は増える可能性がある」、また、「受けたい人がすべて受けられるようにするわけでない。何らかの症状がある方が、医師が判断した場合にすべての患者が受けられるようにする」と説明。まさに右往左往、どうしたものか。
3/4 新型コロナ封じ込めに失敗したのに、なぜ安倍首相は謝罪しないのか 国民を騙し、嘘がバレても恥じない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)  「アベノミクスが明らかに機能してない日本はまだ『終わっている』わけではないが、少子高齢化で人口が減少している国が成長するのは困難だ」、さらに「国家の私物化」が呆れ果てるところまで進み、この国のモラルを決壊させてしまっているのだ。」とある。責任は自分にあるといいながら、反省もなければ謝罪もない。この国は、まさに崩壊寸前である。これは安倍首相だけの問題ではない。安倍自民党を選挙で勝たせてきた国民の問題である。
3/4 【新型コロナウイルス】コロナ禍で指導力 シンガポール&台湾のリーダーは大違い|日刊ゲンダイDIGITAL 指導者によってこれほど新型コロナウイルスへの対応がちがうのか。「例えば5000億円もの対策費を決めたシンガポール。リー・シェンロン首相は安倍首相がしたような“精神論”のスピーチを、コロナ禍初期の2月8日に既に終えている。それも「私たちがどこにいるのか、これから先に何があるのか説明したい」と率直に話し、「いくつかの段階を予想している。起こり得る事態に対し、準備している」と将来のリスクにもしっかり触れている。」、「パニックになる必要はない。戒厳令を出したり、家にとどまることは強要しません」とある。主導者の資質と能力のちがいである。
3/4 新型ウイルス汚染国に指定された日本!アメリカは渡航規制、インドはビザ取り消し : J-CASTテレビウォッチ いよいよ日本は世界から隔絶される。「世界保健機関(WHO)から「新型コロナウイルスの感染拡大の深刻な懸念がある」と名指しされ、各国の日本に対する警戒が強まっている。アメリカのトランプ大統領は「イタリア、韓国、日本の状況を注意深く見守っている。適切なタイミングで適切な措置をとることになる」と、渡航規制強化を検討する考えを語った。」、これをもってすれば中国の習近平主席訪日を忖度して感染拡大をさせた安倍首相の責任は大きい。
3/4 「マスク配布」なんで北海道優先なの?影響大きいのは医療機関の不足!ストックなくなったら病院が閉まる : J-CASTテレビウォッチ 「厚生労働省はきのう3日(2020年3月)、国民生活安定緊急措置法に基づき、マスクメーカーに対してマスク400万枚の売り渡しを指示した。感染が広がる北海道中富良野町と北見市の各世帯に「1日3枚・2週間分」を配布するという。しかし、マスク不足が深刻なのは医療機関だ。京都府保険医協会が緊急アンケートを行ったところ、「すでに足りていない」と答えた医療機関が4分の1近くあった。今はストックがあると答えた65%の医療機関も、79%は「3月中になくなる」と答えている。」、安倍政権のやることはどうしてこんなにもちぐはぐなのか。
3/4 【新型コロナ】「高齢者を殺す気か」の声も 安倍首相、休校要請の支離滅裂 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  「安倍さんの会見、この程度かと期待外れだった。北海道の鈴木直道知事が2月26日に道内の全小中学校の臨時休校を要請し、評判がいいという話が官邸内で話題になり、その施策をもらおうと今井尚哉首相補佐官が安倍首相に進言。細かいところを詰めず、表明したというのが真相だ。側近の萩生田光一文科相、鈴木知事の親分である菅義偉官房長官、杉田和博官房副長官も制止しようとしたが、安倍さんはそれを振り切った。あまりにも唐突な決断で公明党にも話を通しておらず、大混乱になった。この亀裂は今後、響くだろう」とある。安倍政権が要求する緊急事態宣言の法文化、これを実施するとすれば緊急事態宣言委員会を与野党全員参加で作るべきである。安倍首相ひとりにまかせてはならない。
3/3 ナチ研究の第一人者が看破 自民案「緊急事態条項」の正体|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍首相が新型コロナ感染の拡大を緊急事態とみて全国の学校の休校をもとめた。これにより、いわゆる自民党の改憲草案にある緊急事態条項の法律化かんがえいると各方面からの指摘がある。そもそも緊急事態条項とは戦前におけるナチスドイツ・ヒトラーが独裁のために乱用したワイマール憲法第48条の「大統領緊急措置権」に通ずる。あきらかに、麻生氏副総理の発言にある「ナチスの手口」を学ぶべき、そのものの実現である。自民党はあきらかに安倍総理独裁を狙っている。
3/3 「緊急事態宣言」の法整備推進 安倍首相、休校「専門家に聞かず」―新型肺炎対策:時事ドットコム 「参院予算委員会は2日午前、安倍晋三首相らが出席して2020年度予算案に関する基本的質疑を行った。首相は新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、「緊急事態宣言」の実施を可能とする法整備を進める考えを表明。与野党に協力を要請した。全国の小中学校・高校などの一斉休校については「専門家の意見を伺ったものではない」と述べ、自身の政治決断を強調した。」とある。疫学になんの知識をもたない男が専門家の意見を聞かずに自分の権力を示すために全国の学校の休校を要請する。開いた口がふさがらないとは、このことである。そもそも今回の新型コロナウイルスの感染拡大は、安倍政権が中国政府の訪日を合わせ、中国からの訪日に全面的規制を行なわなかったことによる。その無能を反省せず自分の独断で行なう。ありえないことである。
3/3 新型コロナウイルス サハリン州、北海道との航空便運航を停止 - Sputnik 日本 中国、韓国からの渡航に制限を設け始めた国が出てきたが、ロシアのサハリン州政府が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、サハリンと北海道を結ぶ航空便の運航を停止すると発表。日本は感染流行危険国になってしまっている。現状のままでは、これから多くの国が、渡航禁止の措置をとり始めるだろう。もはやオリンピック開催どころではない。
3/3 新型ウィルスを家に持ち込まない手洗い・・・指を1本1本ねじるように30秒 : J-CASTテレビウォッチ 新型コロナウイルスの感染防止策として、もっとも有効なのは手洗いとされる。「まず、石鹸をしっかり泡立てます。そして、爪を立てて(手のひらににこすりつけるように)丁寧に洗ってください。さらに、指を1本1本ねじるように洗って、最低でも30秒です」、ぜひ励行されたい。
3/3 ぜんそく治療薬で症状改善の例、新型ウイルスの肺炎=日本感染症学会 - ロイター 治療法がないといわれている新型コロナウイルス治療に明るい話題が出てきた。「日本感染症学会は2日、新型コロナウイルス感染で肺炎の症状が出た患者に対し、ぜんそく治療薬「シクレソニド」を投与した後、良好な結果が出ているとの報告書をウェブサイトに掲載した。報告によると、集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船した3人に対し、同薬を2月20日に投与した結果、2日ほどで症状の改善がみられた。そのうち73歳の女性患者は、同月28日に退院したという。報告は、3症例に改善がみられたものの、症例数が限られているため効果を評価することはできないとしている。一定数の症例を蓄積した上で、再度発表する方針だ。」とあるが、有効性の確認をまちたい。
3/2 【新型コロナウイルス】マスクは感染リスクを高める恐れ「子どもには厳禁」と医師|日刊ゲンダイヘルスケア 新型コロナウィルスの予防のためのマスク、「予防効果どころか、新型コロナウイルスに感染していない人が感染しないためのマスクはマイナスで、かえって感染リスクを高める恐れがある」という指摘がある。マスクすべきなのか、すべきではないのか。
3/2 中国人全面入国規制が決断できない安倍政権の「国家統治能力」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「新型肺炎の感染拡大を防ぐために安倍政権は試行錯誤的対策を小出しにしているが、先月末の「基本方針」で中国人の全面入国規制をしなかったことは多くの国民を失望させた。安倍首相は未だに習近平国賓訪日にこだわり日本国民の生活を混乱させている。」、日本国内への新型コロナウイルス感染の拡大の元凶、ここにある。「1月30日のWHOの緊急事態宣言を受けながら、安倍政権が中国人の入国規制に関して湖北省から来た中国人のみしか対象としなかったのは、4月に習近平を国賓として日本に招くつもりがあったので、習近平を不機嫌にさせてはならないという忖度が働いたのだろう。」、安倍首相は、この失策に関し一切言及しない。
3/2 新型コロナ対策、韓国のほうが手厚いのはなぜ?検査数は日本の10倍、予算7倍、マスク不足も解決... : J-CASTテレビウォッチ 「韓国政府が発表した新型コロナウイルスの感染者数は3736人。日本は946人だが、その差には検査体制の違いがある。1日の最大検査件数を比べると、韓国は1万4753件(2020年2月29日時点)なのに対し、日本はたったの1594件(同21日)で、韓国の10分の1ほどしか実施されていない。」、日本の検査体制はまったく出来ていない。学校を休校したところで、検査体制がなければ感染者がどこにいるかもわからない。安倍政権には、危機管理能力が皆無である。
3/2 新型コロナウイルス対策で臨時休校を要請した安倍首相の支離滅裂 - 米山隆一|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 安倍晋三総理の突然の「全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について、来週3月2日から春休みまで臨時休業を行うよう要請した」との声明、こういう指摘が出ている。「法的根拠のない首相の「越権行為」まずもって、小中学校の休校を管轄するのは市町村教育委員会、高校の休校は県教育委員会であり、地方教育行政の組織及び運営に関する法律はその教育委員会について、以下のよう定めています。
第二十一条 教育委員会は、当該地方公共団体が処理する教育に関する事務で、次に掲げるものを管理し、及び執行する。
一 教育委員会の所管に属する第三十条に規定する学校その他の教育機関(以下「学校その他の教育機関」という。)の設置、管理及び廃止に関すること。
九 校長、教員その他の教育関係職員並びに生徒、児童及び幼児の保健、安全、厚生及び福利に関すること。
十 教育委員会の所管に属する学校その他の教育機関の環境衛生に関すること。
十九 前各号に掲げるもののほか、当該地方公共団体の区域内における教育に関する事務に関すること。
第二十二条 地方公共団体の長は、大綱の策定に関する事務のほか、次に掲げる教育に関する事務を管理し、及び執行する。
六 前号に掲げるもののほか、教育委員会の所掌に係る事項に関する予算を執行すること。
学校の休校は、原則として同法に基づき、教育委員会が決定し、その予算執行は各自治体の首長が行うもので、総理といえどもこれについて一切の権限を有しません。」
諸氏はいかがお考えか。
3/2 人はどうしたら安らかに死ねるのか 禅が教える生き方と逝き方|NEWSポストセブン 
「──よく死ぬ、よい死を迎える、といってもなかなか具体的なイメージが湧かない気がするのですが、簡潔にいうとどういうことでしょうか。
枡野:思いを残さないこと、安らかな心、穏やかな心で、目前の死に向き合うことだ、とわたしは考えています。「できるだけのことはやりきったなぁ。なかなかいい人生だったじゃないか」と思えること、といってもいいですね。
──長い人生ですべてを“やりきる”というのは、とても難しいと思うのですが……。
枡野:たしかに人生は長いですが、よく考えていただくと、それは一瞬、一瞬の積み重ねですよね。人生のどのステージにいても、人は「今」という一瞬を生きていますし、できることはその一瞬にしかないわけです。今をやりきる、一瞬をやりきる、ということなら、できるのではありませんか。たとえば、みなさん食事をされますよね。食事をするときは、そのことをやりきる。禅に「喫茶喫飯」という言葉があります。お茶を飲むときは、飲むことだけに集中する。食事をいただくときは、いただくことだけに一生懸命になる、という意味です。それがやりきるということですね。」
含蓄のある言葉だと思います。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2020年3月の掲載



Copyright 爽快倶楽部