TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2019年10月の掲載


10/31 河井法相が辞表を提出 妻陣営の公選法違反疑惑で - 産経ニュース 改造安倍内閣の新大臣の辞任、これで二人目である。「9月に発足した第4次安倍再改造内閣では、菅原一秀前経済産業相が今月25日、地元有権者の通夜で公設秘書が香典を渡した問題を受けて辞任したばかり。相次ぐ閣僚の不祥事による辞任で、政権は厳しい局面に立たされそうだ。平成24年の第2次安倍政権発足後、閣僚の辞任は10人目。」とある。今の自民党にはまともな議員はいないのだろうか。
10/31 巨大台風の次は、東京大震災に富士山大爆発か 台風が去った後も警戒を緩めないで | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 巨大台風19号、さらに集中豪雨が、かって経験をしないほど猛威をふるった。こうした暴風雨の中、10月12日夕刻に千葉県南東沖でマグニチュード(以下Mと略記)5.7の地震が発生。警戒するべきは台風だけではない。地震や火山噴火などとの「複合災害」に注意が必要である。「実は、地震の多い時期は平安時代にもあった。869年には東日本大震災と同じ海の震源域で巨大地震(貞観地震)が発生した。その9年後の878年にはM7.4の内陸直下型地震(相模・武蔵地震)が起きた。現代に置き換えると首都直下地震が20年に起きる計算になる。もちろん、その通りになるわけでは決してないが、首都直下地震がいつ起きてもおかしくない状況にあるのも確かで、甚大な被害が予想されている。」とある。天災は自分もちかもしれない。が、少しでも被害を少なくするために行政がやるべきことはいくらでもある。
10/31 籠池夫妻に懲役7年求刑=森友学園補助金詐取−大阪地裁:時事ドットコム 「学校法人森友学園をめぐる補助金詐取事件で、詐欺罪などに問われた籠池泰典(66)、妻諄子(62)両被告の論告求刑公判が30日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で行われた。検察側は「だます意図は明確」などと述べ、籠池被告と諄子被告ともに懲役7年を求刑した。」とある。詐欺が実証されれば当然の求刑だろう。が、一方で国会で嘘の答弁を重ね、公文書の改竄を指示した役人の起訴はない。この国の正義はどこに行ったのだろうか。
10/31 安倍政権成長戦略の目玉「官民ファンド」323億円の大赤字|日刊ゲンダイDIGITAL 「2012年の第2次安倍政権発足後に設立された「官民ファンド」10ファンドの損益を積み上げると、18年度末で計323億円の赤字であることが分かった。30日の東京新聞が報じた。安倍首相は国会でこの問題について質問された際、「全体で5800億円の利益をあげプラス」と強調したが、この金額は政権発足前からあったファンドの業績も含めた“水増し”数字。第2次安倍政権が成長戦略の目玉に掲げて新設した10ファンドに限れば323億円の大赤字だ。」、安倍首相が嘘を言っているのか東京新聞が嘘を書いているのか、どっちだろう。
10/31 「五輪マラソン・競歩」東京か札幌か?きょうからIOCと日本側協議――都知事選あるから絶対引けない小池知事 : J-CASTテレビウォッチ 殺人的な酷暑の東京でマラソンや競歩を行なうことを危険として、コースを北海道札幌に変更することは選手たちを守るとして正論であろう。が、問題の本質は開催を猛暑の夏に設定したことにある。会期を秋の10月に設定すれば、なにも問題はないはずである。オリンピックのありかた、再考が必要であろう。
10/30 菅に任せたから 安倍首相「任命責任」わびて終わり - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「任命責任は私にあり、こうした事態になってしまったことに対しまして、国民の皆様に深くおわびを申し上げます」。首相・安倍晋三は経産相・菅原一秀の辞任を受け国民にわびたが、自らの政権で閣僚が辞任。任命責任を認めたのは既に9人目になるものの、その責任を取ったことはない。首相の責任とは何度繰り返されても、わびで終わりだ。「ただ、今回は今までにも増して悪いとも思っていない。なぜならばこの内閣の人事はほとんど官房長官・菅義偉を軸とした人事構想を首相が受け入れた形だからだ」とは自民党関係者。−いつからこの国はこんなふうになってしまったのか。
10/30 いじめ加害教諭の給与差し止め、条例改正案可決…市民の苦情受け : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン 「神戸市立東須磨小学校の教諭4人によるいじめ問題で、市議会は29日、加害教諭の給与の支給を差し止めるため、職員給与条例などの改正案を賛成多数で可決した。30日にも施行される。」、これは当然だろう。一方で「改正条例施行後、市教委は外部の弁護士らでつくる分限懲戒審査会の意見を聞き、加害教諭を分限休職とするかどうか決定する方針」とあるが、懲戒免職が相当であろう。
10/30 しんゆり映画祭『主戦場』の上映見送りに抗議 「『表現の自由』を殺す行為に他なりません」 | ハフポスト 「慰安婦を題材にした映画『主戦場』の上映見送り。上映作品の製作者らから抗議の声が上がった。」、この国は表現の自由を完全に失ってしまったようである。政権とことなる意見をもった表現は反日といわれ、極右勢力から脅迫される。それを公的機関、企業が恐れ公開を中止する。まるで戦前の検閲制度に似てきたように思える。
10/30 75歳以上の高齢者、免許更新時にマニュアル車での実車試験案 Business Journal 高齢者の引き起こす交通事故が目だっているが、これにより高齢者の免許交付に特別制度を設けるという検討が始まっているようである。一方、高齢者の事故が、事故統計全体として突出しているわけではない。「高齢者の交通事故だけをことさらに取り上げるメディアはフェアでない気もするが、事故を起こした当人は死亡せず、母親と小さな子どもなどの歩行者が巻きこまれて死亡するケースが目につくせいかもしれない。日本では、歩行者側の犠牲者が多いので、メディアに取り上げられるケースが多いのではないか。「若い命が高齢者に奪われた」というフレームは、人々の関心をひきやすい。」という背景があるのかもしれない。
10/30 葬儀会社の社長が明かす、葬儀ビジネスの実情と今後の展望|NEWSポストセブン 葬儀、「直葬であれば、火葬代や、棺や花の支払いだけで済むため、総額20万円以内に抑えることも可能。“コスパ”も良く、特に大都市圏を中心に増えています。一方で、地方ではまだまだ広い会場で華美な装飾を施すような、盛大な葬式も根強いと聞きます」とある。あなたは直葬、それとも盛大葬、どちらを選びますか。
10/29 「私は雨男。大臣になって台風三つ」 河野防衛相が発言:朝日新聞デジタル 「河野太郎防衛相は28日、東京都内で開いた政治資金パーティーで、「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と述べた。会場の参加者からは笑いが起こった。台風19号などで東日本を中心に多数の死者が出ており、不謹慎との声が上がりそうだ。」、災害出動する自衛隊員をねぎらっての言葉だが、たとえがいけない。死者、風水害で大被害を出した台風をたとえにだしては、被害を受けた人々に申し訳が立つまい。本人は謝罪したというが、国の大臣ととしてはあまりに軽い。
10/29 トランプ大統領の弾劾調査は新次元へ進んだ | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 「ウクライナ疑惑をめぐるトランプ大統領の弾劾へ向けた調査は新たな次元に入った。最初の内部告発は氷山の一角にすぎなかったようだ。トランプ政権は弾劾調査への協力を拒否したが、元政府高官に加え現職の政府高官も含めた10人以上が下院で証人となった。政権の方針に反し、報復リスクを承知したうえでの証言だ。特に10月22日のウィリアム・テイラー駐ウクライナ代理大使の証言はトランプ大統領にとって大きなダメージを与えかねないものとなった。」」とある。いよいよトランプ大統領は追い詰められてきた。この大統領とだいの仲良しと豪語する安倍首相、じっさいに弾劾されたら、なんというのであろう。
10/29 IS指導者爆死でもテロの脅威は増すばかり? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト トランプ大統領はIS指導者を米国の特殊部隊が殺害したとして、自分の大手柄のように発表したが、むしろ「最高指導者バグダディは既に象徴的な存在に過ぎなかったという証言もある。トランプが犯した失策はむしろISを勢いづかせている」という見方もある。この意味では、世界に散らばったISの組織員によってテロが頻発する可能性も出てくる。さて、どうなるのであろう。「トランプはバグダディの死を自分の手柄と誇るが、その前に犯した失策のほうが、ISの帰趨にはより大きな影響を与えるかもしれない。」、この言葉、彼は気付くだろうか。
10/29 森田千葉県知事に危機意識ゼロ 災害対策10年ホッタラカシ|日刊ゲンダイDIGITAL 「台風15号、19号、21号と立て続けに記録的な豪雨に見舞われた千葉県。複数の河川が氾濫し、浸水や土砂崩れなどによる死者が続出する中、県民の間からは森田県知事の危機管理能力を問う声が相次いでいる。」、たしかに千葉県へ台風到来時点で、森田知事の顔をほとんど見ていなかった。
10/29 「ペット保険」が進化中 医療費3割負担に先端治療保障、トカゲやヘビも加入できる : J-CASTテレビウォッチ ペット保険というものがある。「保障の内容は、ケガや病気の時に診療費の一部がまかなわれる。MRIやCT、レントゲン、抗がん剤治療、椎間板ヘルニア手術など、人間が受けるような高度な医療の費用も、条件付きだが保障される。さらに、散歩中に他の人に噛みついた、他の人の車を傷つけたなど、損害賠償責任が生じたとき、最大で1000万円まで受け取れる保障も付けられる。」ということ。
10/28 英語民間試験巡り 萩生田文科相「身の丈」発言で大臣失格|日刊ゲンダイDIGITAL 「同日夜のBSフジの番組で、同試験で問題となっている経済格差や地域格差について萩生田氏は「『あいつ予備校通っててずるいよな』って言うのと同じ」「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえば」と開き直ったのだ。25日夜、国会前で行われた民間試験中止を求める集会でマイクを握った慶大1年の男子学生は「萩生田文科相の言う“身の丈”とは、親の経済力、生まれた場所ということ。入試の入り口から格差が生まれてしまう」と顔を真っ赤にして訴えた。」とある。この格差、差別意識、安倍政権に共通するものだろう。
10/28 東京世陸の運営責任者がマラソン・競歩の札幌開催に大反論|日刊ゲンダイDIGITAL 「マラソンは五輪の花形種目だ。過去に開催都市を離れて行われたことは一度もない。IOC(国際オリンピック委員会)会長の言いなりになっている場合じゃない」、マラソンと競歩を東京ではなく札幌で開催、これに対する日本陸上競技連盟(陸連)の強化委員長や専務理事、副会長などを歴任した帖佐寛章氏(現顧問)からの反論である。正論といえよう。本来、真夏の東京でオリンピック開催には無理がある。
10/28 インフルエンザ早くも流行!今すぐ家族全員でワクチン接種・・・雨の日に家の中で感染? : J-CASTテレビウォッチ 「毎年、僕の外来にも12月の頭にインフルエンザの患者さんがいらっしゃるんですけど、9月に学級閉鎖は予想だにしないことです。11月半ばくらいに(ワクチンを)打つか、遅くとも年内と言っているんですけど、今年はもう今月中、遅くとも11月初めまでに打ってねと言っています」、インフルエンザの流行は普通冬場ということだが最近は秋からはやり始めているようである。ワクチンの接種は早めが無難。
10/28 「トランプには戦略的、抽象的な思考が欠如している。世界にとって危険なことだ」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「ドナルド・トランプ米大統領には精神疾患があり、抽象的な思考ができず、物事を表面的にしか見ることができない、と精神医療の専門家が指摘した。トランプの精神状態に関しては、これまでにも多くの心理学や精神医学の専門家が懸念を表明してきた。国際社会で影響力を持つ米大統領職の重要性と、大統領が行使する権力の大きさを考慮すれば、そうした懸念を持つことが重要だという考えからだ。その一方で、対面による診察を行わなければ、適切な評価、診断はできないという批判も出されている。」、従来からいわれていることだが、世界は一人の精神疾患をもった男による危機的状況をむかえつつある。
10/28 参院埼玉補選、上田氏が初当選=投票率20.81%:時事ドットコム 参院埼玉選挙区補欠選挙、前埼玉県知事で無所属新人の上田清司氏が当選したが、その投票率はなんと20.81%。政治への無関心、極まれりである。
10/25 弾劾調査:新証言でトランプ大統領「最悪の日」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「遂にトランプ政権の終わりの始まりか? 政敵の汚点捜査に同意しなければ国防に協力しない、と小国を脅した克明な証言が飛び出した」とある。「たとえばEU駐在のゴードン・ソンドランド米大使に宛てたテキストメッセージで、テイラーは「安全保障上の援助は、(ライバル候補の)捜査を条件とする、と言っていいんですね」と、ストレートに質問していた。ここで言う捜査とは、2020年大統領選で民主党の最有力候補になっているジョー・バイデン前副大統領とその息子ハンターが絡むウクライナで行ったかもしれない不正ビジネス疑惑に関する捜査のことだ。ソンドランドは、やりとりの記録が残るのを避けるためか、「後で電話する」とだけ返事した。」、これjはアウトだろう。
10/25 米軍シリア撤退で具体化したトランプの公約「アメリカ・ファースト」 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト トランプ大統領のすすめるアメリカ・ファースト、1つは、 米軍がシリア地域から撤兵するかわりにロシアの進駐を容認するというもの。さらに、重要な指摘がある。「では、こうした「アメリカ・ファースト」によって世界の各地は平和になるのかというと、決してそうではありません。強大なアメリカが、自由と民主主義の理念を掲げつつ、地域紛争の抑止に尽力してきたその努力をストップするのですから、平和にはならないのです。その場合は、アメリカとして紛争当事国には兵器を売りつけようという魂胆も見え隠れします。「アメリカ・ファースト」だから自分たちは関与しない、けれども紛争があるのなら「アメリカ・ファースト」の考え方から武器の販売は大いにやりたい、つまり自分たちが火の粉をかぶらなければ、各地域が平和である必要もないし、戦争状態ならかえって軍事産業の需要が喚起される、これが「アメリカ・ファースト」考え方の全体像なのです。」。安倍政権による米国の軍装備爆買もこの結果である。
10/25 メロン・カニ・香典配りの菅原一秀経産相けさ辞任!居座り続けると菅官房長官に傷 : J-CASTテレビウォッチ 地元有権者にカニやメロンを配ったり、香典を渡したりして、公職選挙法に違反していると指摘されていた菅原一秀経済産業大臣が辞表提出。菅官房長官の側近として知られが、官房長官がこの情報を止められなかった背景、官邸で何かが起きているようである。
10/25 30歳女性に憑依した死者20人を、どう「除霊」したか?(奥野 修司) | 現代新書 | 講談社 いまどき、除霊!?という話。「たくさんの人が入って来る。私はもう駄目……、コントロールできない。苦しい、死にたい」、東北大震災当時、仙台にいたこの女性は津波の被害は受けていないが、「しかし、その直後から、目に見えない死者の霊に悩まされるようになったというのだ。そのことは、冷静に観察していた婚約者からも聞いておおよその経緯はわかった。最初は、霊が憑依しようとするのをなんとか防いでいたが、とうとう防ぎきれなくなり、6月頃からどんどん憑依するようになったという。それと同時に介護士の仕事も続けられなくなってしまった。」とある。世にも不思議な話。
10/25 あごが痛む・開かなくなる「顎関節症」...「歯の接触癖」が一因と判明!あなたは大丈夫? : J-CASTテレビウォッチ< 「あごに痛みがあったり、口が開きづらかったり、あごを動かすと音が鳴る「顎関節症」。食欲不振やうつの原因にもなり、深刻な場合は口が開かなくなることもある。顎関節症に悩む人は約1900万人いると推定され、特に女性に多い。発症の大きな原因は「あご周りの筋肉のこり」だとわかってきた。この筋肉のこりには「歯の接触癖」が関係している。顎関節症になりやすい癖があるかどうか、簡単にチェックする方法が紹介された。」とのこと。あごの調子が悪いという方、要チェックです。
10/24 安倍首相夫人、即位の儀式での非常識なドレスは“日本の恥”…周囲の忠告を聞かない人 Business Journal 「わが国のファーストレディーに多くの視聴者が困惑した。22日、「即位礼正殿の儀」に参列した安倍晋三首相の昭恵夫人(57)は、ひざ丈の純白のドレス姿で登場した。ドレスは袖先が釣り鐘状に大きく膨らんだ独特なデザインで、花柄ロングドレス姿で参列したスペインのレティシア王妃らと並んで各国の国賓を“ある意味で”圧倒した。」、ため息しかでない。
10/24 有権者に香典や供花 菅原一秀経産相の新たな公選法違反疑惑をスクープ撮 | 文春オンライン 菅原一秀経済産業相の公設秘書が地元選挙区の通夜で香典を手渡したとされる疑惑、これはもうアウトだろう。これを官邸が握りつぶすのか、安倍首相のお手並み拝見である。
10/24 精子の無償提供ボランティアが増えている!『子ども』が15人いるサラリーマン「僕は父親じゃない」 : J-CASTテレビウォッチ 「自分の精子を見ず知らずの女性に提供するというボランティアがあるそうだ。不妊や選択的シングルマザー、同性愛者カップルなど、子どもが欲しいのに、どうしても子どもを産めない人たちが利用するという。」。自分の知らないところで自分のDNAを持った子供が産まれる。どう考えてよいものか。
10/24 カレーは悪くない。悪いのは? blogos 神戸市須磨区の小学校で、一部教師によるイジメ問題、「大人であるはずの教師たちが無邪気な子供のようにはしゃぎながら、被害教師に対して激辛カレーを押し付ける動画は、とても教職についている人間とは思えぬ幼稚さに、多くの人たちが呆れるしかなかった。」とあるが、これで給食のカレーを中止するという。あまりにバカげた話であいた口がふさがらない。
10/24 今回もまた「政令恩赦」政府執行への違和感/地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「国民からは政教分離に抵触しかねない宗教儀式に税金を投入することへの批判より恩赦への批判が大きい。朝日新聞の最新の世論調査では恩赦を行うことに「反対」が54%にのぼり「賛成」は25%。自民支持層でも「反対」は55%だったという。しかし自民と他党を分ける意味もあまりないのではないか。共産党までもが注文付きながら天皇制を容認する今、政党支持別などよりも復権令という仕組みに疑問がある国民が多いと捉えるべきだろう。」とある。恩赦で一番得するのはいったい誰だろう。
10/23 即位礼正殿の儀、天皇陛下のお言葉全文 : ニュース : 令和・新時代 : ニュース : 読売新聞オンライン 天皇陛下の即位礼正殿の儀のお言葉。−
 さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。
 上皇陛下が30年以上にわたる御ご在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御み心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。
 国民の叡智えいちとたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。
10/23 神戸新聞NEXT|総合|加害教員の自主退職認めず「厳正に処分」 神戸・教員暴行 「神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、市教育委員会は21日までに、加害教員4人が処分前に自主退職を申し出た場合、認めない方針を決めた。「自主退職で身分がなくなれば、処分を下せなくなる」として事前に手を打った形だ。」、これは当然だろう。逃げ得は許されまい。
10/23 札幌の公園で増えるキタキツネ 致死率90%の怖い病気を媒介するから絶対に触っちゃダメ! : J-CASTテレビウォッチ 札幌市の住宅地区に出没するキタキツネ。エキノコックス症という病気があるので、感染しないように注意が必要。「エキノコックスは寄生虫で、人間の体内に入ると死に至ることもある。」、また、「エキノコックス症は、発症して何も治療をしないと、致死率90%と怖い病気です。幼虫が野ネズミに寄生し、その野ネズミをキツネが食べると、おなかの中で成虫になって、卵が糞に混じって出てきます。その卵から人間の体内に入ります」、「寄生されると、死亡しなくても重篤な肝機能障害などを起こす。去年(2018年)には札幌だけで10人が発症した。ただ、潜伏期間が10年くらいと長いので、どのキツネからいつ感染したか特定できないので、予防も難しいという。」とのこと。
10/23 竹中平蔵「現代人は90歳まで働くことになる」 自分の10年〜20年後の履歴書を書け | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 「意外と意識している人はまだ多くないのですが、私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう。でも、約70年間1つの会社で働くなんてありえないですから、どこかで転職をすることになる。そうしたときに、専門性が身に付いていない人は生き残れないわけですね。」。誰もが専門性を持っているわけではない。90歳まで働けるわけではない。竹中平蔵、日本の雇用を小泉純一郎ともに破壊した張本人である。与太話もいい加減にして欲しい。
10/23 「もりかけ」犯人捜しに「国家公務員法」/地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「首相・安倍晋三の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設問題でいわゆる「総理のご意向」メモなどを告発した文科省の内部告発者について、文科副大臣・義家弘介は国家公務員法違反(守秘義務違反)で処分する可能性を示唆した。また再調査の理由を「告発の内容が具体的にどのような法令違反に該当するのか明らかにする」公益通報者保護法の立法趣旨とは反して犯人捜しに法律を利用しようとしている。無論同法は公務員にも適用されるが、国家公務員法の守秘義務に抵触する可能性などと言いながら告発者を追い込もうとしている。教育機関の監督官庁は正義を摘み取ろうとしているのだろうか。」とある。内部告発を力で抑えようとする、この政権はあまりに危険である。
10/21 歴史伝える「即位礼正殿の儀」 - 産経ニュース 22日に皇居・宮殿で「即位礼正殿の儀」が行なわれます。天皇の国事行為である「即位の礼」、これによって、天皇陛下が即位を公に宣言されます。
10/21 尖閣と南シナ海、中国国防相「失うわけにはいかない」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン 「中国の魏鳳和ウェイフォンフォー国務委員兼国防相は21日、北京で講演し、沖縄県・尖閣諸島と南シナ海の島嶼とうしょ部について、「中国の固有の領土であり、祖先が残してくれた土地だ。一寸たりとも失うわけにはいかない」と述べた。領有権主張で日本などに譲歩しない姿勢を改めて強調した。」とある。日本の国防にとって仮想敵国とは明らかに中国である。中国と友好をきずくのか、敵対するのか、日本の未来は、ここにある。
10/21 オーストラリア主要紙、一面を黒塗り記事に 報道規制に抗議 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「オーストラリアの主要紙は21日、報道の自由を制限する法規制に反対するため、一斉に一面に黒塗り記事を掲載した。」、これに対して日本はどうだろう。政府に忖度し政権に対して沈黙を保ったままである。ジャーナリズムの矜持をどこに捨てたのか問いたい。
10/21 約100種類のお酒が飲み放題!足立区最大級のはしご酒イベント「あだち酒まつり」が10/26(土)に東京都・足立区北千住にて開催 | 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」 日本酒好きにはたまらないイベント。東京足立区で10月26日(土)開催される「あだち酒まつり」。「滝沢本店・舩坂酒造店・根本酒造・千代の園酒造・中野BC・堤酒造・豊國酒造・天領盃酒造・梅田酒造場・明利酒類・天盃などの酒造メーカーが参加する。でかけてみてはいかが。
10/21 稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果|日刊ゲンダイDIGITAL ここに興味深い指摘がある。小泉政権による郵政民営化の真の目的である。−「官から民へ」との大合唱の下、郵便、簡易保険、郵便貯金が民営化されました。簡保と郵貯が保有する世界最大規模の国民資産を有効に使うという大義が掲げられていましたが、実際には、上場を通じて外資に郵政株を買わせることで資産を外国に投機的に持ち出し、利益を海外移転させることがもくろみだった。国民の資産を返還してからならば、どうしようと勝手ですが、公の財産を自分のモノにする私物化だったのです。−郵政民営化は米国からの要求であったことは周知のこと。
10/18 神戸教諭いじめで「性行為」強要か “女帝”40代教諭はあきれた謝罪…批判相次ぐ - zakzak:夕刊フジ公式サイト 神戸市立東須磨小のイジメ男女教諭4人、「20代の男性教諭らにいじめや暴行を繰り返していた問題で、加害者の4人は16日、市教委を通じて謝罪声明を公表した。ただ、“女帝”と呼ばれる40代女性教諭らの謝罪には「他人事のようだ」との批判の声も。週刊誌では別の教諭に対する「性行為の強要」まで報じられた。」とある。これは刑事事件として逮捕、起訴、教師免許の取り消しが必要だろう。「子供たちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子供たちの前に出られなくなり申し訳ないです。自分の行動が間違っていることに気付かず、被害教諭が苦しんでいる姿を見ることは本当につらいです」、この謝罪からは何も伝わってこない。
10/18 ヒアリ、国内で初定着か 東京港、拡散の恐れも - 産経ニュース 「南米原産で強い毒を持つ特定外来生物のヒアリが東京港青海ふ頭で定着した可能性が極めて高いとの分析を、国の防除に携わる国立環境研究所がまとめたことが16日、分かった。国内の他の発見例と異なり、巣の中で成長したとみられる繁殖可能な女王アリが50匹以上見つかり、既に別の場所に拡散した恐れがあるとしている。定着が確定すれば初の事例となる。」とある。ヒアリは人間が刺されれば最悪の場合は死に至るほど毒性が強く、さらに農作物などにも被害を及ぼす可能性がある。注意が必要。
10/18 五輪マラソン・競歩「札幌変更」舞台裏!小池知事入れるとややこしくなるからと「バッハ&森」密議」 : J-CASTテレビウォッチ オリンピックのマラソン競技コースを東京から札幌に変更するという話、東京都には事前に相談はなかったようである。主催当事者である東京都が蚊帳の外、小池都知事も嫌われたものである。
10/18 最近の政治家の“謝罪”/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 先日の台風避難の中、ホームレスを排除した台東区長の謝罪、「このたび台風19号の際に、避難所での路上生活者の方に対する対応が不十分であり、避難できなかった方がおられたことにつきましては、大変申し訳ありませんでした。またこの件につきまして区民の皆様へ大変ご心配をおかけいたしました。台東区では今回の事例を真摯(しんし)に受け止め、庁内において検討組織を立ち上げました。関係機関等とも連携し、災害時に全ての方を援助する方策について検討し、対応を図ってまいります」。これが普通の謝罪であり、反省である。この謝罪ができない政治家が多すぎる。
10/18 除草剤グリホサートと健康被害、 因果関係を示唆する結果が続々 | 週刊金曜日オンライン 「世界でも日本でも最も売れている除草剤「ラウンドアップ」の主成分。遺伝子組み換え作物の栽培地域では、栽培面積の広がりに加えて、除草剤が効かない耐性雑草の増加により使用量が増え続け、健康被害が拡大してきた。」とある。多くの国が使用禁止、禁止への方向性を示しているが、日本ではいまのところその方向性は示されていない。除草剤「ラウンドアップ」、使用している方、中止するのが無難。
10/17 東京は暑すぎる!IOC「五輪マラソン・競歩」札幌開催を検討――途中棄権続出やエントリー取りやめを心配 : J-CASTテレビウォッチ 「東京五輪開催まであと9か月となって、IOC(国際オリンピック委員会)は「マラソンと競歩の会場を東京から札幌に変更することを検討している」と発表した。バッハ会長は「選手の体調を考え、一生に1度の舞台での最高のパフォーマンスを引き出すため」と語っている。」、これは賢い選択だと思う。現在の日本の夏の気温を考えれば、先日のドーハでの世界陸上の様子を考えれば、東京での競技は選手たちの生命を危険にさらす可能性がある。
10/17 かつお節大国・沖縄の「かちゅー湯」風邪、二日酔い、スタミナ不足もこれ1杯ですぐ元気! : J-CASTテレビウォッチ 「かちゅー湯」を知っていますか。「茶碗にたっぷりの鰹節とスプーン1杯分のみそを入れ、お湯を注いで混ぜるだけ。超お手軽レシピだ」というもの。ぜひ、お試しを。
10/17 CNN.co.jp : 米民主党、トランプ氏が「激高」と説明 ホワイトハウスの会合打ち切り 「米民主党の議会指導部は16日、ホワイトハウスで開かれたシリア情勢に関する会合に触れ、「激高」したトランプ大統領がペロシ下院議長を「三流政治家」と呼んだと明らかにした。」とある。「ホワイトハウスでの会合の直前、下院はトランプ政権によるシリアからの米軍撤収に反対する決議案の採決を行い、与野党の賛成多数で可決していた」、与党内部からの裏切りもあり、それを恨んでの激高だろうが、三流の政治家とはいったい誰だろう。
10/17 高齢者の孤食を防ぐ「シニア食堂」 4人で始まり今は60人に|NEWSポストセブン 「一人暮らしの高齢者は増えるばかりで、ひとりで食事をする“孤食”も欠食、健康不良、うつ、さらには死亡にも関連するということで、問題視されている。」とある。こうした高齢者の孤食を防ぐための朝食会『シニア食堂』、これはいいことだろう。
10/17 日本の少子化が深刻だ。年間出生数が早くも90万人を割り込みそうなのである。 少子化の流れが止まらない。産みたくないのか、産むことができないのか。人口が増加するためのは夫婦であるどうかに関わらず男女一組に対して3人以上の子供が産まれる必要がある。現実を見れば、子供一人か二人までがほとんである。子供を育てる生活的余裕がないのだ。20代、30代の女性に対して保育、教育、生活への援助が必要であろう。
10/16 米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシアと手を組んだ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「「トルコ軍に皆殺しにされるぐらいなら」と妥協に踏み切ったクルド人勢力。トランプの裏切り外交が生んだ悲劇だ」とある。背景には、「トランプは10月6日にシリア北東部からの米軍撤退を発表したが、クルド人勢力に対するトルコの軍事作戦を事実上容認したこの決定については、IS掃討で長年協力してきたクルド人勢力に対する裏切りだと非難の声が上がっていた。また数多くの専門家やアナリストが、米軍が撤退すればクルド人勢力はトルコに対抗するためアサドやロシアと手を組むしかなくなると警告していた。」がある。世界はどこへ向かっているのだろう。
10/16 関電疑獄は経産省が隠蔽 18年末に問題把握も目つぶったか|日刊ゲンダイDIGITAL 「関西電力幹部が福井・高浜町の元助役から金品を受けていた「関電疑獄」。真相を解明するには関電幹部の聴取が不可欠だが、追及を許せば自らに飛び火しかねないからなのか、安倍自民は野党が求める参考人招致に一切、応じない構えだ。そんな中、経産省や官邸が昨年、関電事件の詳細を把握していた疑いが浮上した。」、臭いものにはなんでもふたをする安倍政権のやりそうなことかもしれない。
10/16 「船戸結愛ちゃん虐待死」父親に懲役13年は軽すぎる!殺人罪に問うべきだった : J-CASTテレビウォッチ 「東京・目黒で船戸結愛ちゃん(5歳)が虐待死した事件で、保護責任者遺棄致死罪などに問われた父親の雄大被告(34)に対し、東京地裁はきのう15日(2019年10月)、懲役13年の刑を言い渡した。検察側は懲役18年を求刑していた。」とある。これは単なる虐待ではない。確信的殺人である。懲役13年は軽すぎると思う。無期懲役が相当だろう。
10/16 台風で自宅が浸水...被害に遭った後にやるべきことは? 災害対策のプロがポイントを伝授 : J-CASTテレビウォッチ 今年の台風、かっての経験では想像もつかない被害をもたらしている。強風もそうだが、豪雨による水害も予想をこえる。いままでこんなことはなかった、そういうところでおこる水害、被害にあった場合にはどうするか。最重要なことは「命の危険があるので、水が引くまで自宅に帰らない」、「水が引いた後に自宅に戻ったら、まずは家の被害状況を写真に撮る。この写真は「り災証明書」を申請する時に必要になる。」、など。ご参考に。
10/16 陸自の給水車支援がムダに 「ルールが違う」という神奈川県対応に疑問噴出 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「町は県に派遣要請を求めていたが、県側は「自衛隊に要請する前に、まずは県や日本水道協会に支援を求めるべきだ」などとして、事実上断っていた。県が給水車を送ったが、到着は自衛隊が撤収してから約6時間後。県や町、自衛隊の連絡や調整に手間取ったことで、住民への支援が遅れた格好だ。県は派遣要請の手順に適切に従ったとの立場だが、柔軟な対応が取れなかったことに町側は反発している。自衛隊への派遣要請を巡っては、これまでも連絡や調整に手間取る例が全国的に報告されており、課題となっていた。県は今回の対応に問題はなかったとしているが、疑問の声が噴出しており、検証を迫られそうだ。」、神奈川県、山北町で実際起きたことである。
10/15 米軍、シリア北部から全面撤収へ トランプ氏が指示 (写真=ロイター) :日本経済新聞 「エスパー米国防長官は13日、CBSテレビのインタビューでトランプ大統領がシリア北部から米軍を全面撤収させるよう指示したと明らかにした。トルコの軍事作戦が想定よりも広範囲に及び、米兵の安全確保が難しくなったと判断した。北部撤収はトルコがシリア侵攻を進めやすい環境をつくることになり、シリア情勢が一段と緊迫する恐れがある。」とある。世界はトランプ政権の世界軍事戦略に翻弄され始めた。中東の不安定は世界経済の不安定に直結する。
10/15 二階氏 台風被害「まずまずで収まった」緊急役員会で - ライブドアニュース 自民党の二階俊博幹事長は13日、台風19号の被害を受けて開いた党の緊急役員会のあいさつで、「予測されて色々言われていたことから比べると、まずまずで収まったという感じだ」と語り、それを撤回した。自民党は政権、党ともタガが緩んでしまったようである。安倍長期政権を止めないと、日本は壊滅する。
10/15 三流政治に三流経営者 ワルに蝕まれる日本企業に世界冷笑|日刊ゲンダイDIGITAL 与野党を含めて政治の劣化がすすんでいるが、経営者の劣化もかってないほどにすすんでいる。日本を代表する大企業の経営者があまりにおそまつである。「国のトップが腐っていれば、企業も腐っていく。『経済一流、政治三流』とうそぶいていられたのも過去の話で、嘘、改ざん、不正にまみれた腐敗政権がこれだけ長く続いたせいで、モラルハザードが広がり、三流国家の三流企業だらけになってしまいました」ということなのだろう。
10/15 消費増税は家計を直撃 一世帯・年約4万5千円の負担増 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 今回の消費税増税、確実に庶民の生活を追い詰めている。駆け込み需要はほとんどなかったというが、そもそも消費する余裕が家計にないのが現状である。「軽減税率のような“目くらまし”にだまされてはいけません。実質的な賃金が下がって消費が下がり、消費が下がるとさらに賃金も下がるというデフレスパイラルが進行します。国民生活には相当の痛手となり、貧困化が進みます。中長期的に見れば、消費増税のせいで税収が減り、社会保障費の財源が縮小します。多くの人は景気が悪くなっても、財政健全化のために増税が必要だと思っていますが、それは間違いです」、これを国民はすでに知っているのだろう。
10/15 必要な老後資金、4600万円か…国による病院ベッド数削減で4人部屋でも差額徴収が蔓延 | ビジネスジャーナル 必要な老後資金、6月に金融庁の審議会の報告書で「老後資金は2000万円必要」としていたが、実際は、「一体、国民の老後資金はいくら必要になるのだろう。想像するだけで恐ろしくなる。簡単に見積もってみると、老後の平均的な医療費の総額として約800万円(厚生労働省調べ、70歳以上年平均80万円×10年)、老後の平均的な介護費約900万円(生命保険文化センター全国実態調査、年200万円×4.7年)、老後の平均的な住居費+修繕費(固定資産税等約25年間で約500万円+修繕費25年間で約400万円=900万円)合計すると約2600万円。先の2000万円と合わせ、老後資金として約4600万円用意しておかなければならないことになる。金融庁発表の数字は、かなり不正確なものだと思われる。個々人によって金額はかなり異なるが楽観視はできない。」、これが現実である。
10/11 死者・不明1200人「狩野川台風」に匹敵、関東など大雨特別警報の可能性 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン 「気象庁は、1200人以上の死者・行方不明者を出した1958年の狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となり、東海や関東などに大雨特別警報を発表する可能性もあるとして、厳重警戒を呼びかけている。」、今回の台風、尋常ではない。
10/11 大型で猛烈な台風19号が日本列島に迫っています。最大瞬間風速は65メートルと予想されていますが、その破壊力とは。
10/11 沿岸住民は「高波」厳重注意!台風19号と大潮が重なり津波並みの海水押し寄せ : J-CASTテレビウォッチ 今回の台風、風雨とともに高波による浸水に注意が必要。「気象庁によると、予想される最大瞬間風速は東海・関東甲信60メートル、近畿45メートル、東北40メートル、北陸・四国35メートルとなっている。13日朝までの総雨量は、東海800〜1000ミリ、関東甲信550〜750ミリ、伊豆半島500〜700ミリ、近畿500〜600ミリと予想されている。満潮は12日午後4時台と13日午前4時台 風速が40メートルを超えると走っているトラックが倒れる恐れがあるし、雨は1か月間に降る量をはるかに超える。猛烈な暴風雨が襲来するとみていい。」、警戒を。
10/10 「台風19号」12日午前3時に最大瞬間風速70メートル!家屋グラグラ、トラック横転 : J-CASTテレビウォッチ 「台風19号は12日土曜(2019年10月)から日曜にかけて東海・関東を直撃する恐れが高くなっているが、土曜午前3時時点での予想最大瞬間風速は70メートルとものすごい。防災システム研究所の山村武彦所長は「大型なので強い風が吹く時間が長く、雨も強い。津波並みの高潮が起きる可能性があります」70メートルはどんな風なのか。コンテナで作った部屋に、巨大送風機で風速50〜70メートルの風あてると、50メートルで押されて全体が動き始め、70メートルで窓が割れ、一瞬で家具や家電が吹き飛ばされた。山村所長は「小石が飛ぶと窓が割るが割れてしまう。風速60メートルでトラックは横転し、人は当然立っていられません」 35メートルでもビニール傘や濡れた雑誌が当たれば、窓ガラスは粉々だ。」、無事にすめば一番いいのだが、そなえだけは忘れずに。
10/10 トルコ軍、シリア北部で地上戦開始=攻撃で15人死亡:時事ドットコム トルコ軍がシリアに侵攻した。トルコ軍は9日夜、シリア北部で地上作戦を開始した。この日空爆や砲撃で始まったクルド人勢力に対する軍事作戦を本格化させた形。軍は声明で「181カ所に打撃を与えた」と戦果を誇示した。在英のシリア人権監視団によると、トルコ側からの攻撃により、北東部カミシュリなどで民間人を含む少なくとも15人が死亡した。」、いったいいかなる目的なのか。米国でトランプ政権ができあがってから、世界は非常に不安定になっている。
10/10 関西電力、八木誠会長と岩根茂樹社長の辞任を発表。福井県高浜町の元助役からの金品受領問題で | ハフポスト 「政府や株主の批判で関電、会長・社長ら幹部大量辞任へ」とある。ようやくである。最近の財界人は身の処し方をしらない。これは政治家も同様だが、どうしてだろう。すべては金、金の世界になってしまったのか。
10/10 トランプ氏、弾劾危機は「クーデター」 共和党内に亀裂も (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)  「これは弾劾ではなく、クーデターだ」「市民の力、投票権、自由、銃を保有する権利、宗教、神が与えたアメリカ合衆国市民の権利を奪うクーデターだ」、トランプ大統領の主張である。「ウクライナゲート」、「発端は、米中央情報局(CIA)職員とされる内部告発者が、監察総監にあてた文書だ。今年7月25日、トランプ氏がウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と電話会談した際、民主党のジョー・バイデン氏と息子のハンター氏について調査を依頼したと報告している。」、自分の選挙活動を有利にすすめるためだいとうりょうという職権を利用したという疑いである。トランプ大統領、本来、彼は大統領になってはいけない人間だったのかもしれない。
10/10 “最凶”台風東京直撃「死者8000人予測」の根拠と危険エリア|日刊ゲンダイDIGITAL 今週末の台風、「東京都が心配しているのは荒川に近い墨田、江東、江戸川、葛飾、足立の5区。いずれも海抜0メートルの地域があるため、以前から豪雨による床上浸水の危険が叫ばれている。「土地が高いところと低いところが混在している中野区や杉並区なども楽観視できません。神田川や妙正寺川の水があふれた場合に備えて、各家庭で土嚢を用意するよう呼びかけています。強風で看板や屋根瓦、あるいは屋根そのものが飛ぶかもしれないので、不要な外出は控えたほうが安全かと思われます」(東京都総合防災部)」、どうなるのであろうか。万が一、大被害が起きた場合、千葉ののように政府も都もボーっとしないようにお願いしたい。
10/9 台風19号 関東最接近のおそれ!厳戒態勢を!(日直予報士 2019年10月08日) - 日本気象協会 tenki.jp 台風19号、12日(土)から13日(日)早朝に東海から関東にかなり近づき、上陸する可能性が出てきている。「中心付近の最大風速は40m/s前後、最大瞬間風速は60m/s近い予想です。暴風域が広いため、接近前から暴風が吹き荒れます。」とのこと。「11日(金)には西日本と東日本の太平洋側では波が高くなり、警報クラスの高波になる可能性があります。3連休初日の12日(土)は東海や関東、北陸など主に東日本を中心に雨や風が強まり、天気が大きく荒れる恐れがあります。連休初日ということもあり、行楽地などへ多くの方が移動されるかと思いますが、交通機関が大きく乱れる可能性があります。13日(日)は東海や関東、北陸に加え、東北でも雨や風の影響が大きく出てくる予想です。」、ぜひ警戒を。
10/9 【代表質問・安倍首相に苦言】「聞かれたことには答えない、聞いてもいないことをベラベラしゃべる。質問の意味、日本語が理解できてないのでは」と枝野代表(立憲民主党) BLOGOS 立憲民主党、枝野幸男代表、「今日の代表質問を受けての感想など 相変わらずですが、聞かれたことには答えない。聞いてもいないことをベラベラしゃべると。質問の意味、日本語が理解できてないんじゃないのかなと思いましたね。」、安倍首相の答弁、たしかにその通りであろう。
10/9 国のサイバー攻撃防止システム未使用で廃止…18億がドブに|日刊ゲンダイDIGITAL 「サイバー攻撃などによる情報漏洩を防止するため、約18億円を投入して開発された国の情報管理システムが、2017年度の運用開始から2年間、未使用のまま廃止されていた。会計検査院の調査で判明した。」とある。また「維持費も年間約3億6000万円とバカにならないため今年3月に廃止になったという。」、税金の使い道、国民はよく考える必要があろう。
10/9 奈良「春日大社」観光バス大渋滞!秋の休日はお断り―45億円かけた県営ターミナルはガラガラ : J-CASTテレビウォッチ 「バスターミナルをつくったのが間違いだったと思いますよ」。春日大社の駐車場に観光バスが殺到する原因について、観光バスの運転手がそう話す。奈良県は今年4月(2019年)、渋滞解消のために45億円をかけて県庁の隣に奈良県公園ターミナルをオープンした。齋藤が行ってみると、こちらはバスの往来もなく、片隅にバス2台だけ。」とある。役人の考えること、どうしてこうなるのか。
10/9 姜尚中「譲歩強いられた日米貿易協定から日米首脳関係の実態を検証すべきだ」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 今回の日米貿易協定、安倍首相は「両国にとってウィンウィンの合意」と強調しているが、実際は、「自動車と自動車部品の関税撤廃が全く手つかずのまま、TPPの水準に合わせて豚肉と牛肉と小麦の関税縮小が決まり、コメは聖域を守ったと言われてはいますが、実際は現状維持という状況。なおかつ追加関税についても明文化されておらず、玉虫色のままです。これはどう考えても日本側がかなり譲歩を強いられたとしか言いようがありません。」、また、「日本は害虫被害を理由に米国の余剰とうもろこしの追加輸入を決めました」ことについては、安倍首相の言は、そんな約束はそいていないとのこと。いったい、何が本当でなにが嘘なのか。
10/8 台風19号 非常に強い勢力に 今後更に勢力増す(日直予報士 2019年10月07日) - 日本気象協会 tenki.jp いよいよ今年最強の台風が日本列島に向かい始めた。「大型の台風19号は、きょう正午に「強い台風」から「非常に強い台風」に変わりました。今後も海面水温の高い領域を進むため、あすには「猛烈な台風」まで発達する見通しです。あす正午に予想される中心気圧は915hPa。中心付近の最大風速は55メートル/秒。最大瞬間風速は75メートル/秒となっています。もし、予想通りになれば、今年、日本に近づく台風の中では最も強い勢力となります。」、「12日午前9時に予想される中心気圧は935hPa中心付近の最大風速は50メートル/秒。最大瞬間風速は70メートル/秒となっています。瞬間的に吹く70メートルの風とは、多くの樹木が倒れ、家屋が崩壊するものがあり、台風15号で被害を受けた千葉県のように停電するおそれもあります。」、これは尋常ではない。
10/8 パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所として最適な島国は? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「世界規模の感染症大流行(パンデミック)により人類が滅亡の危機にさらされた場合、避難先──つまり病気から逃れるだけでなく文明再建のスタート地点として最も適しているのはオーストラリアとニュージーランドだとする論文を、オタゴ大学(ニュージーランド)などの研究チームが発表した。」であるという研究報告がなされた。原因は、「遺伝子組み換え病原体」、この脅威はSFではない。「病気は混乱に乗じてはびこる。過去数十年に伝染病の流行は増えており、世界規模の健康上の緊急事態が起きる危険性は大きい。『過去は序章に過ぎない』という言葉通りなら、拡大が早く致死性の高い呼吸器病原体によるパンデミック(5000〜8000万人を死に至らしめ、世界経済の5%近くを帳消しにするようなもの)の脅威はきわめて現実的だ」。
10/8 河野防衛相のお膝元 神奈川・大磯町が安倍首相に猛省勧告|日刊ゲンダイDIGITAL 「神奈川・大磯町議会は3日、「内閣総理大臣 安倍晋三衆議院議員に猛省を求める決議」を可決。議決権を持たない議長を除き、全議員13人のうち自民系や公明党の議員を含む12人が賛成し、反対はたったの1人だった。決議案を提出した柴崎茂議員がこう言う。」とある。「提出の理由は2つあります。まず、財務省の公文書改ざん事件を巡り、大阪地検が捜査を終結したからです。国家が国民を欺くことは、戦時下の大本営発表に通ずる。だから、『見逃さないぞ』という声を上げたかったのです。もうひとつは、台風15号で停電や断水などの被害が続出している状況で、内閣改造を断行したからです。『何とかなるだろう』というおごった姿勢を反省していただきたい」、まさに正論である。永田町で権力を浄化できなければ地方からということだろう。
10/8 これでは子どものいじめがなくなるわけない!神戸市小学校で教師4人が後輩教師へ凄絶いじめ : J-CASTテレビウォッチ あり得ない話が、現実に起きた。神戸市の東須磨小学校で、教師間のいじめが起きている。「加害教師たちはいじめの相談窓口メンバーだった 加害教師は学校運営の中心となる40代女性教師1人、30代男性教師3人。いじめ対応委員会のメンバーや、いじめ問題で児童の相談を受ける立場の教師も含まれていた。 しかし、40代女性教師は授業中に「(被害教師に)どっきりで激辛カレーを食べさせた、ゲーゲー吐いているのを見るのが楽しかった」と笑いながら話していたという。保護者たちからは「本当に信頼していた先生だから、子どもの精神状態が心配」「先生がこれじゃいじめはなくならない」と動揺とあきらめの声が。」、これは異常である。
10/8 2019年全国の紅葉見頃時期を予想!東・西日本では平年並?やや遅い見頃に |ウォーカープラスの紅葉名所2019 10月に入って夏日が続いているが、北の地方や高山ではすこしづつ紅葉が始まった。「平野部では、関東や甲信、東海、近畿、中国地方でやや遅い見頃を迎える見通し。山沿いでは、北海道の大雪山系の一部で既に葉が色づきはじめているが、残暑の影響で北・東日本の標高の高い山では見頃がやや遅れる予想となっている。」とのこと。紅葉を眺める旅にでるのもいい。
10/7 民主党がホワイトハウスに召喚状、ウクライナ疑惑の文書求める - ロイター 「ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾に向けた調査を進める米下院民主党は4日、ホワイトハウスに関連文書の提出を命じる召喚状を出した。下院民主党の3つの委員会の委員長が提出を求めたのは、トランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領が7月25日に行った電話会談の文書で、弾劾調査の肝となる。」、いよいよトランプ大統領が追い詰められてきた。これからどんな発展を見せるのだろうか。
10/7 台風19号「ハギビス」発生 日本の南で猛烈な台風に(日直予報士 2019年10月06日) - 日本気象協会 tenki.jp 今年はどうも台風の当たり年のようである。「台風19号「ハギビス」発生 6日午前3時に、南鳥島近海で台風19号「ハギビス」が発生しました。中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sとなっています。台風19号は今後、発達しながら西寄りへ進むでしょう。10日(木)頃には、日本の南で「猛烈な」台風にまで発達する見通しです。3連休に影響する可能性があるため、今後も最新の情報でこまめに確認してください。」とあります。猛烈な台風となる模様。今後の動きに要注意です。
10/7 サルコペニア予防 中高年からの筋トレは効果があるのか?|日刊ゲンダイヘルスケア  「サルコペニア」という言葉を聞いたことがありますか。加齢による筋肉量の低下、「高齢になると、同じように生活していても、徐々に筋肉の量は低下して、その力も弱くなるので、それが転倒や骨折、内臓機能の低下などにつながるのです。」というもの。これについては、「中高年から始めた筋トレでも、誰でも筋力アップは可能であるようです。」という報告もあるので、無理のない程度に行なうのもいいと思います。
10/7 ゴシゴシとがない・炊く水は減らさない! 新米をおいしく食べるコツを米のプロが伝授 : J-CASTテレビウォッチ 新米の季節、上手に炊くには?気をけたいのが、「とぐ時に力を入れてゴシゴシするのはNG。現代は精米技術が発達していて、ほとんど米ぬかが残っていないという。指先を丸め、軽く数回混ぜたら水を捨てる。新米ならこれを2回繰り返すだけでよい。」、「炊く水の量を少なくする必要はない。今は長期保存の設備が整っていて、新米でも古米でも水分量は同じ15%だ。」、新米は2時間以上浸水させるのがベストということ。お試しを。
10/7 原発マネー、倫理も正義も治外法権!?/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ 「原発を巡りノーと言える人と言えない人の明暗がくっきりと浮かぶ。東北電力女川原発から30キロ圏にある宮城県美里町長・相沢清一は朝日新聞のインタビューに答え「やはり再稼働はするべきでないと思う。福島の原子力事故から8年半たった今も大勢が避難している。女川原発の30キロ圏内の住民はもとより、宮城県民が原子力の安全性を本当に信頼して再稼働に踏み切るのか、心配がある。特に宮城は『農業県』なので事故はあってはならない。もし国が認めても『ノー』と言わざるを得ない。私たちには住民の命を守る責任があり、万が一の時にはその責任がとれないからだ」。、それにしても最近の財界人、恥も外聞もないようである。
10/4 自白強要「認められなかった」 愛媛県警、誤認逮捕の調査を県議会報告 - 毎日新聞 「愛媛県警松山東署が松山市の20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕した問題で、県警は3日、篠原英樹・県警本部長らが県議会スポーツ文教警察委員会に出席し、調査結果を報告した。「取り調べの過程で尊厳を著しく侵害するとともに、ことさら不安を覚えさせ、また困惑させかねない言辞(言葉遣い)があったことも確認された」と不適切な取り調べを認めた。一方、「自由な意思決定を阻害する、とまでは認められなかった」とし、自白の強要については否定した。」とある。取調べ状況のビデオ記録があれば、一目瞭然と思うがどうだろう。
10/4 自民に絶望「国が壊れる」 25年の沈黙破った男の独白:朝日新聞デジタル 「刑事事件がありましたからね。事件のことをああでもない、こうでもないと語っても意味がない。だから20年近く何もしゃべりませんでした。だけど、日本はもう限界だなと思った。このままでは国が壊れてしまうと考え、野党に協力することにしました。有権者は、私を自民系の政治家だと見ています。野党にかじを切った理由を伝えなくてはならないと思いました。自民党は変わってしまった」とはかっての自民党議員の独白である。自民党は、ここまできてしまったか。
10/4 オシッコ1滴で虫ががん発見!?来年から実用化――検査料は9800円 : J-CASTテレビウォッチ 「尿1滴でがんが見つかる検査法が来年(20120年)に実用化される。土壌などに住む線虫という1ミリほどの虫を、がん患者の尿と一緒にプレートに入れると、線虫は尿を垂らしたところに集まってくる。がんに独特の臭いに集まる習性があるらしい。」とある。「メリットは3つあります。1度の検査で、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、膵臓がんなど15種類のがんを調べることができます。2つ目は早期に発見できることで、ステージ0〜1でも、87%の確率で発見することができます。3つ目は検査料が安いことで、1回9800円です」とのこと。早期発見に結びつけばいいのだが。
10/4 大企業・関電幹部が田舎町の助役になぜ頭上がらなかったの?金品受け取ったら一蓮托生 : J-CASTテレビウォッチ 聞けば聞くほど腑に落ちない。「それにしても、原発を作る側が金品を受け取るというのもおかしな話だ。八木会長らは、森山氏関連の会社に特段の便宜を図ったことはないといい、金品の提供については「自己顕示欲」ではないかとしている。ただ、森山氏がすでに死亡していることから、「死人に口なし」は確か。八木氏らは「辞任」を否定している。」、実に不思議な話である。
10/4 東電「津波想定」引き下げるため圧力 東北電力のメールで明らかに (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 「事故前、他の電力会社はどんな津波対策をしていたのか。それがわかれば東電の対策が不十分だったかがわかる。そんな基本中の基本とも言える情報も、この刑事裁判でようやく明らかにされた。電力業界ぐるみで事故後もずっと隠してきたようだ。日本原子力発電の東海第二原発(茨城県)は、東電が先送りした地震本部の予測をもとに対策を進めていた。原電に出向していた東電社員の証言で初めてわかった(18年7月、第23回公判)。地震本部の予測では、津波は敷地高(約8メートル)を超えることが判明。原電の技術者たちは08年8月の常務会で、この予測への対策を進めることを報告した。東電経営陣とは異なり、原電役員たちから反対はなかった。」とある。東電は、津波の高さを予想していたことはあきらかである。それを、予測不能として無罪とした地裁の判決、まさに異常。
10/3 英、関税同盟を早期離脱 EUに新提案 (写真=AP) :日本経済新聞 まさにダッチロール状態の英国のブレクジット、「英政府は2日、10月末の欧州連合(EU)離脱に向けた離脱条件の新提案を正式にEUに示した。EU域外の国と自由貿易協定(FTA)を結べる体制を整えるため、早期に英全土がEUとの関税同盟から抜ける方針を示した。ジョンソン首相は同日の党大会の演説で、EUが新提案に応じない場合には、経済に混乱を及ぼす「合意なき離脱」も辞さない姿勢を強調した。」とある。合意なき離脱で、いったい何が起きるのか。
10/3 会社の言いなり労組は無用の長物 自民党支持に転換しては|日刊ゲンダイDIGITAL 「なかなか進まないだろうとみられていた立憲民主党と国民民主党の統一会派結成が、立憲が主導権を握る形で進展しているため、電力総連が慌てているという。電力会社の労組からなる同総連は、脱原発をはっきりと掲げている立憲に見切りをつけ、国民を支持することで何とか原発推進の旗を死守しようとしてきた。」、電力総連、もはや労組とはいえまい。それこそ自民支持になるべきだろう。「会社の経営者は目先の利益のことばかり考えてなかなか踏み切れないが、労組はもっと広い社会的な視野と未来への展望を持って独自の判断をし、経営陣に対して堂々と論争をしかけていく。会社の言いなりになって金魚のふんのように後を付いていくだけの労組なんて、もはや無用の長物ということである。」、まさにそのとおり。
10/3 スゴいよ、素敵だよ、島の女子中学生!溺れてる女の子を救助――周囲に冷静に連携指示して自分は海に飛び込み : J-CASTテレビウォッチ 島の女子中学生が溺れている女の子を手際よく救助。「500ミリのペットボトルでも持っていれば浮く。普通だったら力を抜けば浮くけど、パニックになっているから力が入って沈んでしまうので、『これ抱っこしとったら大丈夫やけん。ちゃんと持っとったらお父さんのところ帰れるけんね』と言って渡した」と藤島さん。女の子の父親が上からを引き上げた。」。大人でもこの判断はなかなかできまい。立派!
10/3 時代劇ばり菓子折底に金貨…関電役員3億超金品受領 - 社会 : 日刊スポーツ いまどき、菓子折りの底に金貨を入れて贈賄する。時代劇ばりである。関電の役員は、福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)に対して、「森山、そちも悪党よのう」なんていったかもしれない。大笑いである。それにしても、返したからいいでしょというのは、どういう神経をしているのか。これが財界の常識のようである。
10/3 CNN.co.jp : 全米初の「大麻カフェ」、ロサンゼルスにオープン 日本では大麻の使用、もちろん所持していただけでも犯罪として逮捕される。米カリフォルニア州のロサンゼルスでは、嗜好(しこう)用マリフアナが合法化されており、今回、全米初となる大麻カフェ「ロウェル・ファームズ:カナビス・カフェ」が開店し、「産地直送の素材を使った料理を提供し、店内では大麻が吸引できる。」というもの。米国では合法、日本では非合法、この違いはなんであろう。
10/2 北朝鮮が弾道ミサイル発射 「SLBM」と韓国軍 (写真=ロイター) :日本経済新聞 「韓国軍合同参謀本部は2日、北朝鮮が午前7時11分ごろ、江原道の元山(ウォンサン)北東部の海上から日本海に向けて弾道ミサイルを発射したと明かした。飛行距離は約450キロメートル、最大高度は910キロメートルで、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられている。」とある。日韓両国、それぞれ言い分はあろうが、両国が協力して防衛体制をしく必要がある。
10/2 キャンプ場女児不明、当日の写真を公開 黒い長袖シャツ:朝日新聞デジタル 「山梨県道志村の椿荘(つばきそう)オートキャンプ場で先月21日から行方が分からなくなっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)について、両親が2日、行方不明になった当日に撮影された美咲さんの写真3枚を新たに公開」、あれほどの捜索をして発見できない。キャンプ場周辺ではなく、だれかに誘拐されたのかもしれない。万一、写真の少女に見覚えがあれば警察に連絡を。
10/2 庶民の懐に壊滅的打撃…消費税以外も負担はこんなに増える|日刊ゲンダイDIGITAL 消費税が8%から10%に増税された。筆者は週に3日ほど整形外科でリハビリ治療を行なっているが、先月までは1回320円だった。それが330円となった。聞くと点数が上がったということ。消費税以外で、医療費など様々なところで値上げが始まっている。
10/2 ふわふわの厚焼き卵が電子レンジでできる!コツは2回にわけてゆっくり加熱 : J-CASTテレビウォッチ 家庭でたまご焼きを作るとかたくなってしまう。そこでふわふわの厚焼き卵を作るにはどうするかというお話。「ボウルに牛乳(75ミリリットル)、昆布だし(小さじ2分の1)、卵(M玉3個)と、マヨネーズ(小さじ1)を入れて混ぜ合わせる。」、さらに、「ポイントは2回に分けて電子レンジにかけること。一気にかけてしまうと、部分的に固くなりふわっと仕上がらないんです」とのこと。お試しを。
10/2 消費税増税強行を安倍政権の元ブレーン・藤井聡が痛烈批判「増税で給料は倍下がる」「法人税の穴埋めに使われるだけ」|LITERA/リテラ 「何で消費税が上げられているかといえば理由は簡単で、法人税を引き下げたことによる空いた税金の穴埋めさせられているんです。たとえば、大企業さんとか、有名な鉄鋼企業さんとかね、有名なインターネット企業さんとかね、何千億、何兆円と売り上げていらっしゃるような大企業が数百億円しか税金払ってないんですよ。完璧な税金対策をおこなってですね、利益を全部出さんようにして、税金をほとんど払っていない。こういったところの補填を、庶民がさせられている」、税はとりやすいところからとる、日本国民諸氏、ほんとうにこれでいいの?安倍自民党を投票したあなた、考えてみてはいかが。
10/1 共和党上院議員35人がトランプ弾劾に賛成か 情報機関職員が内部告発、ホワイトハウスの隠蔽工作も明らかに(1/7) | JBpress(Japan Business Press) トランプ政権与党内部から、トランプ大統領弾劾の動きが出てきた。「ドナルド・トランプ米大統領が7月24、25の両日、電話でウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領にジョー・バイデン民主党大統領候補(前副大統領)に関する調査を要求していた」、この動き、事実だとすれば明らかに権力の乱用にあたる。「米司法次官補(国家安全保障担当)だったディビッド・クリス氏は法律専門サイトにこう書いている。
「米外交にとって伝統的なツールは『飴とムチ』。国益を追求するために不可欠なツール(道具)だ」
「ところがトランプ大統領はそれを国益のために使うのではなく、自分のため、政治目的のために使ったのだ」
「国家が持つマシーナリー(権限)を自分の利益や政治目的のために使う行為は国家権力の乱用以外の何物でもない」。さて、トランプ大統領の命運、どうなることか。
10/1 見つかった時は…手遅れになるまでわからない4つの理由|日刊ゲンダイヘルスケア 「がんの種類によって差はあるものの、がん全体ではステージ(病期)Tで9割以上、U期では8割以上、V期でも5割以上が助かるようになっています。」、これは今の医療水準だが、膵がんは、まったく別物。「ところがいまだに告知されたら「もうおしまいだ」と多くの人から思われているのが膵がんです。見つかったときにはすでに手術ができないケースが多く、診断から5年後に生きている確率は5%以下とダントツに低い。しかも近年は膵がんと診断された人数(罹患者数)と死亡者数は共に急増しており、14年では膵がんの罹患者数が約3・6万人に対して17年の膵がん死亡者数は約3・4万人と膵がんが見つかった人と同数の人が毎年亡くなっているのです。」、さて、どうしたものか。
10/1 元助役「Mさん」に叱られるから3.2億円も受け取った?関西電力役員のお粗末すぎる言い訳 : J-CASTテレビウォッチ 関西電力役員が総額3.2億円の金品を受け取っていたという話、「いったいなぜ金品を受け取ってしまったのか。岩根社長は、森山氏が地元の有力者で、地域の共生でお世話になっていることや、返却しようとすると激昂する態度で拒まれ、関係悪化で原子力事業運営に悪影響が出ると説明した。関電の八木誠会長も、返そうとすると激昂されたとコメントしている。」、ボーとしてるとチコチャンにしかられる、そういうことだったのか。ここまでくると笑うしかない。
10/1 来週から消費税10%!キャッシュレス決済でポイント還元ってどうやるの? : J-CASTテレビウォッチ 「キャッシュレスで買い物すると、商店街の青果店や地域密着のスーパーなど中小企業の店舗は5%。コンビニやガソリンスタンドなどのチェーン店では2%が還元されるのだ。」とある。これは、「専用アプリをスマホにダウンロードして、銀行口座やクレジットカードからチャージ お得な制度」であるが、これができるシニア世代はどれほどいるだろう。
10/1 トランプが「核の傘」放棄発言をしたことにお気づきですか?(河東 哲夫) | 現代ビジネス | 講談社 「北朝鮮のミサイルで米国に届くような長距離のものは脅威だが、中距離以下のものについては安倍総理の問題だ」、この言葉、日本の防衛にとっては非常に重要な意味をもっている。要するに、米国に届かないミサイルは、日本が勝手に防衛すればいいということ。米国が日本を守る義理はないということになる。安倍総理のいう、日米安保体制のかってない強固な同盟関係とはほど遠い内容である。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2019年10月の掲載



Copyright 爽快倶楽部