TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2019年8月の掲載


8/30 池袋暴走 厳罰求める署名約29万人分集まる 9月まで締め切り延長へ - 産経ニュース 東京・池袋で乗用車が暴走し、母と子供が事故死した事故、運転者に厳罰を求める署名が約29万1600人分集まったという。「乗用車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)に、できるだけ重い罪での起訴と厳罰を求める署名活動を開始。8月30日までに国内外から署名が集まったほか、1万通以上の手紙が届いた。過去に事故に遭った人や子供を持つ親、高齢者からも応援があったという。」とある。当然であろう。
8/30 円高・株安に打つ手なし…それでも消費増税という大愚策|日刊ゲンダイDIGITAL いよいよ2019年10月1日に10%に引き上げられる。現状の米中貿易戦争を考えれば、これは日本経済の自殺行為に等しい。円高・株安がすすみ、これに国内消費の低下が追い討ちをかける。社会保障費に使われるという増税だが、これもまた嘘に終わる。この国は政府も、それを支持する国民も集団自殺にむかっているようである。
8/30 【定年起業への挑戦 実践編】再雇用・再就職で年収がダウンする現実 「定年後の再雇用」調査で判明 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト 定年後をどうやって働くか、同じ会社かあるいは別の会社か、これは重要な選択になる。「定年後に再就職した人に『定年後はどこで再度働いていますか?(働きましたか?)』と聞くと「同じ会社」と答えた人が41・2%。これはいったん60歳で定年退職し、契約を結び直す再雇用のパターンだろう。しかし「違う会社」と答える人も36・0%いる。違う場を選択して働き続ける人も意外に多い。」。現在ほどの高齢化社会、定年制はもはや不要といえるかもしれない。
8/30 好きです韓国!好きです日本!ネットで広がる「ケンカなんてやめようよ」ソウルではあさって日曜に交流まつり : J-CASTテレビウォッチ 戦時中の徴用工問題にたいする報復措置として始まった安倍政権による貿易優遇措置の廃止、ここから日韓関係はかってないほどに悪化している。が、一方で両国の国民どうしはそれほど険悪ではない。愚かな政治家が始めた国と国との喧嘩、国民は冷静である。
8/30 昭和天皇は戦争を後悔していた? 初代宮内庁長官の記録でみる当時の生々しい会話 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 昭和天皇と約600回にわたり面談をした初代宮内庁長官による「拝謁記(はいえつき)」、「張作霖事件の処罰を曖昧ニ(あいまいに)した事が後年陸軍の紀綱のゆるむ始めニなつた。張作霖事件のさばき方が不徹底であつた事が今日(こんにち)の敗戦ニ至る禍根の抑々(そもそも)の発端」、「支那事変で南京でひどい事が行ハれてるといふ事をひくい其筋(そのすじ)でないものからウスウス聞いてはゐたが別ニ表だつて誰れもいはず従つて私は此事(このこと)を注意もしなかつたが市ケ谷裁判(東京裁判)で公ニなつた事を見れば実ニひどい」とある。昭和天皇は太平洋戦争を心から後悔されていた。これを知らず、意気揚々と靖国参拝に行く自民党議員の皇室崇敬とはいかにまやかしか。安倍首相もまた同様であろう。
8/29 英議会、9月半ばから5週間休会−ジョンソン首相が強硬離脱へ隠し球 - Bloomberg 「ジョンソン英首相は9月中旬から約5週間にわたり議会を休会とすることをエリザベス女王に要請し、女王はこれを承認した。議会再開はEU首脳会議のわずか数日前のタイミングとなり、合意なき欧州連合(EU)離脱を阻止しようとする議員らの動きを封じる可能性がある。」、合意なきEU離脱のために議会を休会させる、イギリスの民主主義は死んだのか。因みに、この手法は自民党が憲法改正案に盛り込んでいる緊急事態条項に通底する。
8/29 口利き疑惑で辞任 上野厚労政務官がコーヒーぶちまけ金銭要求 | 文春オンライン 「外国人在留資格を巡る口利き疑惑を受けて、辞任を表明した上野宏史厚生労働政務官(48)。この口利きの際、上野氏が、コーヒーの入ったカップを床に投げつけるなどして、お金を要求するよう、秘書に強要していた疑いがあることが、「週刊文春」の入手したメモでわかった。」とある。自民党の議員、いったいどこまで品性を下げるのか。
8/29 災害時に困るトイレ...非常用トイレなかったらどうすべき? 家にある「意外なもの」で代用できた! : J-CASTテレビウォッチ 災害時に自宅で非常用トイレとしてつかえるものとして非常用トイレがあるが、「保冷剤」から凝固剤が取り出せるとのこと。「保冷剤の口をはさみなどで開け、中身を出したら全体にまんべんなく塩をふりかける。すると水分がすぐに分離し始め、5分ほどで溶けて液体状になる。キッチンペーパーなどでろ過すれば、凝固剤が取り出せる。乾燥させた方がよいが、乾かしすぎると水分の吸収に時間がかかってしまうため、1日程度、少し柔らかさが残るくらいまで乾燥させるとよい。小さい保冷剤3〜4個で1回分の非常用トイレになる。」、いざというときに知っておくのが便利。
8/29 「即位の礼」ドサクサ…佐川元国税庁長官も恩赦対象の仰天|日刊ゲンダイDIGITAL ありえない話が政府ですすんでいる。「天皇即位に伴う10月の「即位礼正殿の儀」に合わせて、政府が恩赦の実施を検討している。森友文書改ざん問題で処分された佐川宣寿元国税庁長官もその対象になりそうというから仰天だ。」というもの。さらに、さらに佐川氏には「叙勲」の可能性がでてきた。「役所の事務次官や長官を務めると、退官して10年ほどで叙勲対象になります。国家公務員法の処分を受けた佐川氏は叙勲の対象外でしたが、恩赦で名誉が回復されれば、国家や公共に対する貢献で、大綬章に次ぐ『重光章』などが授与されることになるのではないか」、さて、どうしたものか。
8/29 室井佑月「責任は誰が取る?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  「総務省の発表によると、7月29日から8月4日までの1週間、熱中症の疑いで救急搬送された人は全国で1万8347人もいる。そして、このうちの57人が死亡したらしい。 また環境省の「熱中症予防情報サイト」の運動に関する指針には、気温が31〜35度で厳重警戒(激しい運動は中止)、35度以上で運動は原則中止となっている。ねえ、マジで来年のこの時期、東京でオリンピックやるの? 死人も出そうな状況で? つーか、そういったことも覚悟して? 狂ってる。心の中でそう思っている人は多いんじゃないか? あたしはそうだ。」、冷静に考えれば、真夏の東京オリンピック、たしかに狂っている。
8/28 年金、現状水準には68歳まで就労必要 財政検証  :日本経済新聞 年金の先行き、「経済成長率が最も高いシナリオでも将来の給付水準(所得代替率)は今より16%下がり、成長率の横ばいが続くケースでは3割弱も低下する。60歳まで働いて65歳で年金をもらう今の高齢者と同水準の年金を現在20歳の人がもらうには68歳まで働く必要があるとの試算も示した。年金制度の改革が急務であることが改めて浮き彫りになった。」とある。少子高齢化だけが問題のりゆうではあるまい。年金財源としての若い人々の給与が低すぎる。非正規雇用が全労働者の4割ではどうにもなるまい。人材派遣を制限すべきであろう。
8/28 市場騒然の“米中リスク”が日本直撃 円高株安どこまで進む|日刊ゲンダイDIGITAL アベノミクスを牽引してきた円安誘導が米中貿易戦争で円高にシフトしつつある。輸出企業では大きな利益減となるだろう。これによって株価は暴落し、労働者の給与は伸びず実質賃金はさらに低下するだろう。アベノミクスの終焉が近づいている。
8/28 「生理はまだあるから」「まだ若いから」更年期じゃない?|日刊ゲンダイヘルスケア 女性の更年期の始まりは閉経期だけではない。「実は私自身も、40歳になってすぐに手のこわばり、動悸、めまいなどの症状が出たのに「更年期にはまだ早い年齢」と思い込んで更年期障害の受診はせず、何年も不調に悩まされました。」、最近どうも体調がわるいというご婦人、婦人科の診察を受けてみては。
8/28 害虫被害はデマ? 農水省「現時点で影響ない」 米産トウモロコシ大量輸入で“忖度報道” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)  「菅義偉官房長官は27日午前の会見で、安倍晋三首相が表明した大量輸入について「(日本国内で)供給が不足する可能性がある」と説明した。日本では、7月からガの幼虫である「ツマジロクサヨトウ」の発生が確認されていて、九州地方を中心に11県で被害が出ている。そのため、米国から年間輸入量の3カ月分にあたる275万トン程度が輸入される見込みだという。トランプ米大統領は日本の輸入額について「数億ドル(数百億円)」と述べている。では、ツマジロクサヨトウの被害はどの程度なのか。275万トンを輸入するということで、すでに供給不足になっているのかと思いきや、農水省に確認したところ「現状で営農活動に影響は出ていません」(植物防疫課)と話す。発生が確認された地域では、大量発生を防ぐために防除や早期の刈り取りを促しているが、作物への影響はわずか。「現時点で被害量はまとめていません」(同)という。」とある。結局はトランプ政権に押し切られた日米貿易交渉。
8/28 「介護地獄」で夫の布団に火をつけた60代妻の今 義母と夫のダブル介護でも感謝なし | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 昔は70歳を待たずに多くの人が寿命を迎えた。そういう生活では家での介護の負担はそれほど重荷とはなっていなかった。いまや、長寿の時代、多かれ少なかれほとんどの家で介護の現実がある。「夫と義母の「ダブル介護」に追い詰められた女性が、自宅に火をつけ、無理心中を図った。放火と殺人未遂の罪に問われた女性は裁判で、「私みたいな人をこれ以上出さないでください」と話した。」とある。きびしい介護生活、誰にでも起こりうる。
8/27 共和党内に2人目挑戦者=「トランプ氏は不適格」−米大統領選:時事ドットコム 共和党内部でジョー・ウォルシュ元米下院議員が2020年の大統領選に向け、与党共和党の候補指名獲得を目指すとし、「ABCの番組で、トランプ氏について「どう見ても(大統領に)不適格だ」と非難するとともに、共和党支持者に「選択肢が必要だ」と訴えた。」とある。さて、どうなるのであろう。
8/27 資料ブン投げ映像が波紋…カジノ誘致の林市長は万事休す|日刊ゲンダイDIGITAL 「カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致表明をめぐり、横浜市が大揺れだ。カジノ誘致を「白紙状態」と訴え、一昨年3選した林文子市長の方針転換に市民は猛反発。22日に市役所で会見した林市長は報道陣の追及にイラ立ちを隠さず、終了後のペーパーぶん投げ映像がSNSで拡散され、ますます株を下げている。林市長のリコールを求める動きは加速必至だ。」、横浜市がカジノ誘致に手を挙げたが、「昨年、市が実施したパブリックコメントでは94%が誘致に否定的。そうした点を会見で問われると、「〈白紙にした〉というのは一切やりません、ということではないんですよ」「納得いくかは、みなさまがお決めになること」と憮然とした表情で開き直っていた。」とある。
8/27 「ガラケー女」に間違われた女性、デマ拡散の人たちに損害賠償請求 「死ね」「自首しろ」と10万件 : J-CASTテレビウォッチ 「常磐道のあおり運転殴打事件で犯人蔵匿隠避の疑いで逮捕された「ガラケー女」喜本奈津子容疑者(51)と間違われ、ネット上にデマを拡散された女性が23日(2019年8月)、記者会見して袋叩きの実状を訴えた。」とある。ネットでの無責任な情報発信は名誉毀損になる可能性がある。ツィートには注意が必要。
8/27 「童貞は信用できる」な女子多数!童貞が価値になる現代の素晴らしさ(アルテイシア) | 現代ビジネス | 講談社 「最近の若者は車に興味がない」と言われるが、興味がないんじゃなく、金がないのだ。同様に非正規雇用でカツカツとか、長時間労働でボロボロだと、恋愛やセックスをする余裕もなくなる。明日食う米がない時に「よーし、恋人を作るぞ!」なんて思わないだろう。若者のセックス離れを嘆くヒマがあったら、貧困問題に注目しろと言いたい。」、まさにその通りである。その若者たちに現在の安倍政権を支持する者が少なくない。これはどうしたことだろう。
8/27 “射精介助”オプションも 深刻化する高齢者と「性」問題 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  高齢者であっても性欲が消えるわけではない。「単身高齢者の場合、「性欲はあるが、満たしてくれる相手がいない」ことが大きな悩みとなる。だが、高齢期にパートナーを見つけることは容易ではない。」、とくに独身の男性高齢者にとっては深刻な悩みになる。「実は、高齢者の性的欲求を満たすサービスはすでに豊富にあります。私が取材した中では、1回数万円で若い女性と疑似恋愛できる交際クラブや、中高年向けのバスツアーに参加されている方もいました。また最近では『高齢者専用風俗』というのもあります。ただ、こうしたサービスがあることを知らない、または知っていても利用したがらない高齢者のほうが多いのです」、高齢か社会、こんなところにも思わぬ悩みが。諸氏はいかがであろう。
8/26 車関税の撤廃見送り、農産物はTPP並み 日米貿易交渉大枠合意:一面:中日新聞(CHUNICHI Web) 日米貿易交渉、担当の茂木敏充経済再生担当相は「大きな進展があった。閣僚協議は恐らく今回で最後になる」、「国益に沿い、日本の農業を守る立場で交渉できた」と発言。「米国側の関心が高い牛肉についてはTPP同様に38・5%の関税を段階的に9%に引き下げる。コメはTPPで米国に七万トンの無関税枠を設けていたが、日本側は再協議で数量引き下げを目指す。米国産のワイン関税は引き下げや撤廃の対象としないことで一致した。」とのこと。さて、実態はいかなるものに。
8/26 富士山で落石、登山者死亡 山梨側の頂上付近通行止め  :日本経済新聞 富士山の山梨県側登山道の頂上付近で登山をしていた20代女性の頭に石が当たり、死亡が確認された。登山は常に危険に満ちていることを忘れてはなるまい。
8/26 原付バイクで覚醒剤を宅配…売人は77歳で運び屋は80歳|日刊ゲンダイDIGITAL 「覚醒剤を密売したとして、京都府警と滋賀県警の合同捜査本部は19日までに京都市山科区の自営業、服部文和(77)、同居する内縁の妻、明石加世(71)、同市東山区の無職、小城米四雄(80)ら3容疑者を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した。今年7月、服部の自宅から覚醒剤11グラム(末端価格66万円相当)と新品の注射器、携帯電話5台が見つかった。」、後期高齢者の「売人」が覚醒剤を仕入れ、これまた後期高齢者の「運び屋」が原付スクーターで家まで「宅配」。いったいこれはどういうことか。世も末である。
8/26 落語家・立川談四楼さん「今の自民党はカルトに近い」|日刊ゲンダイDIGITAL 一落語家の話。「――歴代自民党政権と安倍政権が特に異なる部分はどこでしょう。 かつての自民党総裁、政権は、改憲や安保に対して、今よりもずっと慎重な姿勢でした。田中角栄元首相は「戦争を知らない世代が政治の中枢となった時は危ない」と言っていましたが、まさに(戦争を知らない世代の)安倍さんの言動を見ていると、どう見ても戦争をやりたがっている、戦前に戻りたいとしか思えない。大日本帝国の影がちらつきます。戦争すれば、今度は勝つと本気で思っているのではないでしょうか。憲法も知らないでしょう。押し付けられたみっともない憲法とか言って、好き勝手にいじれると思っていますからね。これまでの自民党は敵ながらあっぱれという愛嬌がありましたが、安倍さんにはそういった愛嬌が感じられません。」。その通りと思う。旧民主党政権にこりごりした気持ちはわかるが、今の安倍政権はあまりに危険であり、国民の生活を壊している。これは旧民主党政権以上である。
8/26 老人ホーム倒産過去最多 入居時のお金戻らず…被害防ぐ手立ては? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「大金を預けて入った老人ホームが突然、閉鎖されたとしたら……。お金は戻らず行く当てもなく、途方に暮れるばかり。こんなことが実際起きている。老人福祉・介護事業の倒産件数は2019年上半期で過去最多。ずさんな経営や人手不足もあって行き詰まる施設がたくさんある。いま老人ホームが危ない。」、終の棲家として大金を払って入居した老人ホームの倒産が増えているそうである。老人ホーム選びは慎重に。
8/23 米軍は日本を守ってなどいない! 田岡俊次が在日米軍を詳細分析して分かった実態とは (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 安倍政権は米国トランプ政権との関係においてかってなかったほどの強固な関係と誇示するが、米国は日本の防衛についてどう思っているのか。ここに駐日米軍の実体が見える。「空軍(日本に1万2千人余)だ。1959年に航空自衛隊が防空任務の引き継ぎを受けて以後、米空軍は日本の防空には一切関与せず、約330機の日本の戦闘機や対空ミサイルが防空に当たっている。」、「陸上自衛隊が13万8千人余、戦車670両、ヘリコプター370機であるのに対し、在日米陸軍(2600人余)はほとんどが補給、情報部隊で、地上戦闘部隊は沖縄のトリイ通信所にいる特殊部隊1個大隊(約400人)だけ。これはフィリピンなどに派遣されていることが多い。」、さらに「在日の米海兵隊(1万9300人余)の主力は「第3海兵師団」だが「師団」とは名ばかりで補給、病院、司令部の要員が大部分だ。地上戦闘部隊は歩兵1個大隊(約970人)を中心とし、それに短い滑走で離陸可能なF35戦闘機6機や大砲6門、ヘリコプター、オスプレイ計約25機、装甲車約30車両などが付く計2200人余の「第31海兵遠征隊」だけだ。」とある。どうしたもんだろう。
8/23 GSOMIA破棄は「北朝鮮に利益」 安保専門家指摘:朝日新聞デジタル 韓国政府が22日に日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))の破棄を決定した。これは、「日韓の安保体制の根幹の一つといえる軍事情報包括保護協定を破棄することは、北朝鮮に利益を供する以外のなにものでもない。」という指摘がある。窮鼠ネコを噛むという言葉がある。韓国を追い込みすぎたのではないか。
8/23 F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井|日刊ゲンダイDIGITAL 空自F2後継機を国産するそうである。「ステルス戦闘機自体、先制攻撃のためのもので、憲法の専守防衛に反します。仮にF2後継機を配備するにしても、ステルス戦闘機F35と役割がダブります。F35は米国から爆買いしトランプ大統領にいい顔をして、F2後継機は国内で開発し、国内の防衛産業を潤わせるということです。三菱重工など防衛関連企業は防衛省の重要な天下り先ですからね。米国と国内“どちらも計上”なのです。こんなお金の使い方がまかり通るのは防衛費だけ。概算要求に金額を明記しないのも財務省をなめ切っている証拠。安倍政権下で防衛費は聖域化されているのです」とある。
8/23 立ち入り禁止・採取禁止無視!千葉・船橋「違法貝採り」注意されても開き直り「みんなやってる」 : J-CASTテレビウォッチ テレビのワイドショーを見たが、違法な貝採りをしてる人々は自家用ではなく、多くが飲食店で使ったり売るようである。気になるのは貝毒や大腸菌、化学物資などによる汚染。こうした貝が流通するには衛生上に不安が残る。困ったものである。
8/23 しょうゆ&ソース融合の「しょース」が大反響…「店頭で見つからない」とネット上で悲鳴 | ビジネスジャーナル オリバーソースの「しょース 360g」(270円)、“しょうゆ”と“ソース”をあわせた調味料、「ソースなのに日本人の心を揺さぶる醤油風味。ネギ焼や焼うどんだけでなく、鶏の照り焼きなどにもご利用いただけます」とのことだが、トンカツを醤油で食べる人にはおすすめかもしれない。お試しを。
8/22 韓国、日本との軍事情報共有協定の破棄を発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 「韓国政府は22日、日本と締結している軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表した。両国の貿易および外交上の対立は、激化の一途をたどっている。」、さて、この喧嘩、日本のホワイト国除外に対してはまさに倍返しの結果。安倍政権はよほど外交センスがないようである。
8/22 「グリーンランド売らないなら行かない」トランプ訪問中止の非礼にデンマークで驚きと怒り | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト はっきりいっておきたい。トランプ大統領は大バカである。「グリーンランド購入話を「ばかげている」と中道左派の女性首相に一蹴されてへそを曲げたトランプに、デンマーク政界はあきれ顔」とある。
8/22 コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ|日刊ゲンダイDIGITAL 10月に行なわれる消費税率10%への増税、その増税分が何に使われるのか。「実は増税対策の大半を占めるのは「防災・減災、国土強靱化」を推進させる公共事業だ。その額はナント、1兆3475億円と全体の約67%にも及ぶのだ。」とある。社会保障充実に使うはずではなかったか。
8/22 【統合型リゾート(IR)解禁】横浜市がカジノ誘致で「ハマのドン」と真っ向対決か 横浜市が横浜の最大の観光地である山下公園隣の山下埠頭にカジノを誘致するという。なんという愚かな選択だろうか。これでは観光地がバクチ場になってしまう。
8/22 森友問題、検察が不起訴決定で“巨悪を守る”…財務省の文書改ざん等、法的責任を問わず | ビジネスジャーナル 「森友問題をめぐり、2017年に市民団体が元財務省理財局長で元国税庁長官の佐川宣寿氏らを刑事告発し、それを受理していた大阪地検特捜部は、18年5月、38名全員の不起訴を決定した。これに対して市民団体は検察審査会に異議申し立てを行い、検察審査会は19年3月、「不起訴不当」の判断を示し、立件して裁判で事実を明らかにすべきだと報告していた。ところが、大阪地検は今回、この報告を無視して不起訴を決定。巨悪と闘うどころか巨悪を守る姿勢を明らかにした。」、検察はもはや巨悪に立ち向かう気概もない。これが今の日本の司法である。
8/21 CNN.co.jp : 米軍、巡航ミサイルの発射実験を実施 INF条約では禁止 「米軍は18日、ロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約では禁止されていた巡航ミサイルの発射実験を実施した。米国防総省が19日に発表した。」とある。考えてみれば不思議である。他国のミサイル発射実験には声高に非難するが、自国ではそれを行なう。これは核開発でも同様である。
8/21 新国立競技場は“負の遺産”へ一直線 施設維持に年間24億円|日刊ゲンダイDIGITAL 「東京五輪まで1年を切った。浮かれたお祝いムードが漂っているが、目玉の五輪関連施設を巡り整備費用や維持費などの課題が山積している。」。オリンピックは人類平和の祭典として歓迎すべきであろう。が、レガシーと称してこれほどの費用を会場建設にかける必要があるのか。大会終了後の施設の維持、どうなるのであろうか。
8/21 あおり運転 ドイツは裁判所が危険と判断すると生涯免許剥奪、イギリスは最大2年間拘束、最低1年間免許没収 : J-CASTテレビウォッチ あおり運転が社会的問題になっているが、「ドイツでは、事故の大小に関係なく、裁判所が危険と判断すると生涯免許剥奪が可能だ。「社会の安全を守るため」という理由で、飲酒運転を何回も繰り返した場合や、他の車に攻撃的なドライバーが対象という。イギリスには、悪質なあおり運転には死傷者の有無に関係なく危険運転罪が適用される。最大2年間の拘束、最低1年間の免許没収という。」、日本は自動車による事故に対して法的罰則が非常に甘いのかもしれない。
8/21 古賀茂明「過去の戦争責任を忘却しきった日本」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  考えてみれば不思議なことである。太平洋戦争の戦争責任と誰もとっていない。東条英機をはじめ戦争指導者であった者が英霊として靖国に祀られている。昭和天皇、平成天皇はそれを好ましく思わず、一度も参拝していない。ドイツ国民はナチスを徹底的に追及た。日本ではどうか、自ら戦争指導者を追及できず戦勝国による戦争裁判に任せた。東京裁判を否定するものがいるが、自らの戦争責任を裁けない自分自身を恥じるべきであろう。
8/21 米ホワイトハウス高官、景気減速回避へ給与税減税を検討=WP - ロイター 「米ホワイトハウス高官の間で、景気支援に向けて一時的な給与税減税の可能性が検討されている。」とある。給与減税によって国内消費を増加させる。景気浮揚策として有効だと思う。日本では消費税増税まっしぐらである。アベノミクスが行なってきた円安誘導もすでに破綻しつつある。株価は財政資金が支えるという異常事態が続いている。日本には財政政策転換が必要であろう。
8/20 警察病院逃走の韓国籍男、警視庁が公開手配 - 産経ニュース 東京警察病院(東京都中野区)から 窃盗容疑で逮捕後、けがの治療で入院していた逃走した男を警視庁捜査3課が、同容疑で指名手配したと発表し、顔写真を公開。逃亡中に金に困って強盗に入る可能性もあるので要注意。情報提供は中野署(03・5342・0110)まで。
8/20 東京新聞:昭和天皇、戦争後悔語れず 「反省」お言葉削除:社会(TOKYO Web)  「初代宮内庁長官を務めた故田島道治氏が昭和天皇との詳細なやりとりを記録した資料が十九日、公開された。昭和天皇は一九五二年五月に開かれた日本の独立回復を祝う式典で、戦争への後悔と反省の気持ちを表明しようとしたにもかかわらず、当時の吉田茂首相から反対され、「お言葉」の一節が削除されていたことなど、これまで研究書で指摘されていた内容の詳細が明らかになった。」。お言葉として、「私ハどうしても反省といふ字をどうしても入れねばと思ふ」(五二年一月十一日)「軍も政府も国民もすべて下克上とか軍部の専横を見逃すとか皆反省すればわるいことがあるからそれらを皆反省して繰返したくないものだといふ意味も今度のいふ事の内ニうまく書いて欲しい」(五二年二月二十日)と記録されている。これを当時の吉田首相が諌めたという。吉田首相も愚かな宰相の一人だったということだろう。
8/20 トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「ドナルド・トランプ米大統領はデンマークの自治領で世界最大の島であるグリーンランドを購入する案を検討していたという。」、この男はこれほどに愚かだったのか。この男は金でなんでも買えると思っている。
8/20 家でできるおいしいサンマの焼き方! 岩手・大船渡の「サンマ焼き師」が伝授 : J-CASTテレビウォッチ 最近は秋を待たずにサンマを店頭に見かけることができるが、やはりサンマの旬は秋、これからである。そこでサンマのおいしい焼き方の紹介。「まずはサンマの選び方だ。「背中の色が鮮明な青黒い色、お腹がきれいな銀色で、全体的に張りがあった方がいいです。触ってみた時に柔らかいものは鮮度が落ちている証拠です」(佐藤さん)焼く前に、1匹につき塩を1つまみ振って寝かせておく。焼き網に乗せたら、また1匹につき1つまみの塩を片面にだけ振る。最初の塩でサンマに下味を付け、2度目の塩で皮にカリッとした焼き色を付けるのだという。焼いているサンマに触ると皮に傷が付き、脂が流れ出てしまうので、なるべく触らないようにする。片面を10分ほど焼いて腹の色がきつね色になってきたら、傷付かないよう優しく裏返す。さらに5分ほど焼き、内蔵部分がぐつぐつし、全体がこんがりしてきたら出来上がりだ。」とのこと。ぜひご参考に。
8/20 戦前か? 一般人を強制排除した、北海道警「政権への異常な忖度」(時任 兼作) | 現代ビジネス | 講談社 「北海道警察の「暴挙」が問題になっている。事の発端は、安倍晋三首相が7月、札幌市で参院選の街頭演説をした際、ヤジを飛ばした複数の聴衆らが北海道警に強制的に排除されたことだ。この問題は道議会でも取り上げられ、答弁に立った道警の山岸直人本部長は「トラブル防止のための措置だった」と述べ、適正な職務執行だったとの考えを示した。しかし、騒動は収まりそうにない。」とある。安倍政権への忖度、ここまできてしまった。
8/19 あおり運転&暴行男を大阪市内で逮捕 激しく抵抗し周囲は騒然 交際相手の女も逮捕/芸能/デイリースポーツ online テレビのワイドショーでとりあげられ話題になっていた茨城県の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件、茨城県警が職業不詳宮崎文夫容疑者(43)を大阪市東住吉区で逮捕。テレビ報道によるドライブレコーダーの画面をみる限り、まさに異常で理不尽な行動、逮捕は当然であろう。
8/19 浅間山の異変が引き金となる?300年ぶり「富士山大噴火」の可能性 Asagei Biz-アサ芸ビズ る浅間山(長野・群馬県)が8月7日に噴火、「噴火後に警戒レベルが1から3に引き上げられて以降は小康状態を保っており、大規模噴火へつながる可能性は低いと見られています。ただし、これまでは火山性地震が発生し、火山性ガスが増加するなどの予兆がありましたが、今回はいきなりの噴火でケースが異なるため、しばらくは警戒が必要。さらに長野と岐阜にまたがる北アルプスの焼岳では、7月末から8月頭にかけて地震活動を示す“空振にともなう低周波”が発生し、噴火の警鐘を鳴らす専門家もいるため不気味です」とのこと。これによって警戒されるのが富士山との関係。「気になるのは、富士山との関係です。富士山は最も新しいところで1707年に宝永大噴火を起こしていますが、その49日前に南海トラフを震源とした日本最大級の宝永地震が発生している。つまり、最短で13年後に浅間山にも異変が起きていることから、その相関関係を指摘する専門家もいるのです」とある。何事もなければよいのだが。
8/19 北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”|日刊ゲンダイDIGITAL このところ引き続き行なわれている北朝鮮によるミサイルの発射実験。「そんな時に日韓両国が揉めている場合じゃないのは言うまでもないが、米国にとって今は北よりも中国のミサイル開発の方が脅威だと言いたいらしい。米国防総省によると、中国はグアムに届く中距離弾道ミサイル「東風26」や、日本を射程に収める短・準中距離弾道・巡航ミサイルを1170〜2490発保有。このため、来日したエスパー国防長官は新たな中距離ミサイルを開発し、わざわざアジアに展開することを示唆していたが、おそらく真っ先に買わされるのは日本だろう。」、日本は米国軍事産業の上客ということだろう。
8/19 会場となるお台場の海に大腸菌ウヨウヨ 開催1年を切ったのに東京五輪は大丈夫か? : J-CASTテレビウォッチ 「東京五輪パラリンピックのトライアスロン競技は、予定通りに実施できるのだろうか。「会場となるお台場海浜公園でおととい17日(2019年8月)に行われたテスト大会で、一部競技(スイム)が中止になりました。国際競技団体が定めた水質基準の2倍の大腸菌が検出されたためでした」と水卜麻美キャスターが伝える。」とある。いまさらだが、日本の五輪組織委員会、あまりにお馬鹿としかいいようがない。
8/19 東京新聞:尾を引く、A級戦犯合祀 上皇さま元側近「靖国参拝できる状況でない」:社会(TOKYO Web)  「創立百五十年に合わせた靖国神社の参拝要請を宮内庁側が断り、平成は神社創立以来、初めて天皇参拝がない時代となった。戦後七十四年。戊辰戦争の官軍側の犠牲者を慰霊するため明治天皇の意向で造られ、「皇軍」の戦没者らも祭る「天皇の社(やしろ)」の危機感は深まり、新たな転機を迎えたともいえる。上皇さまの元側近は「静かな環境で参拝できる状況ではない」と明かす。A級戦犯合祀(ごうし)が尾を引いている。」、これが皇室の本意である。それにしてもポーズとして大挙して靖国参拝する政治家のいかに愚かしいことか。
8/9 東京新聞:森友で佐川元国税庁長官ら不起訴 大阪地検特捜部の捜査終結:社会(TOKYO Web) 「学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざんで、有印公文書変造・同行使容疑などで大阪第1検察審査会の「不起訴不当」議決を受けた佐川宣寿元国税庁長官(61)ら当時の財務省理財局幹部ら6人について、大阪地検特捜部は9日、再び不起訴とした。」、公務員が文書改竄を行なってその罪を問われない。それを苦にして自ら命をたった役人の家族に顔向けはできまい。
8/9 「GSOMIAは重要」米が韓国に継続要請か : 国際 : 読売新聞オンライン 「訪韓中のエスパー米国防長官は9日、韓国の鄭景斗チョンギョンドゥ国防相と会談し、北朝鮮による挑発行動が続く中、米韓同盟を強化する方針で一致した。エスパー氏はまた、北朝鮮の核・ミサイル情報を日韓で共有する「日韓軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)の重要性を説き、韓国側に協定継続を促したとみられる。」とある。日本の報復的輸出規制は、極東地域の安保体制を破壊しようとしている。実に愚かな政策である。
8/9 日本人の無知と隷属首相に付け込む米国はばかさ加減の極み|日刊ゲンダイDIGITAL 「7月末に来日した米国のボルトン大統領補佐官が、在日米軍駐留経費の日本側負担について、現状の5倍の支払いを求める可能性があると伝えていた、と報じられた。報道が事実であれば、この要求は、ばかさ加減の極みである。在日米軍基地は日米地位協定に基づく。そこには日本側負担について何と書いてあるかといえば、「ゼロ」である。」、さて、安倍政権のお手並み拝見である。
8/9 「東北北部でM7級地震」の前兆… 「ブレイン地震予報」が発表 - zakzak 「4日に福島県沖でマグニチュード(M)6.4、最大震度5弱の地震が起きたが、これに関して地震予報サービスを提供する会社が「東北地方北部でM5.8〜7.2の新たな大地震の前兆がみられる」と発表した。」とある。警戒が必要である。
8/9 「台風10号」お盆休みの日本列島直撃!13、14日に本州に上陸へ : J-CASTテレビウォッチ ことしのお盆休み、小笠原諸島の南海上を北上中の10号が13日から14日にかけて日本列島を直撃しそとのこと。お盆時期に帰省、旅行を計画している方は予報に注意してください。
8/8 第3報:浅間山が噴火 噴煙1800m超「警戒レベル3」へ引き上げ | ハザードラボ 「浅間山の噴火を受けて、気象庁地震火山部は7日午後10時半、噴火警戒レベルを「3」の入山規制に引き上げ、火口から約4キロ範囲では大きな噴石の飛散や火砕流に警戒するよう呼びかけている。」、今回の噴火、その前兆現象がまったく見られなかったとのこと。地震、火山噴火、自然災害へ人智はまだ追いついていないということだろう。
8/8 がん5年生存率66・1%…前立腺98%、大腸72% : テクノロジー : 読売新聞オンライン 「国立がん研究センターは、2009〜10年にがんと診断された患者の5年生存率が全てのがんを合わせて66・1%だったと、8日付で発表した。昨年の前回集計と比べ0・3ポイント上がった。ただ、部位別でみると生存率には差があり、早い段階で発見できる検査法や有効な治療法の開発が課題となっている。」とある。発生した部位にもよるが、がんの7割近くは直るということ。5年生存率は、「部位別では、前立腺が98・6%で最も高く、乳房が92・5%、子宮体部が82・1%で続いた。患者数が最も多い大腸は72・9%、早期発見・治療が難しい膵臓すいぞうは9・6%だった。」、早期発見、早期治療が重要。
8/8 戦略不在で成果なし…幼稚化に拍車をかける「官邸外交」|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍晋三首相の外交、専門家の分析は、「ひとことで言えば戦略不在。長期の視点に立って、段階を追い、丁寧に駆け引きしながら合意を積み重ねていくという粘り強さがなくて、トランプとゴルフをするとか、プーチンと一緒に温泉に入るとかしてトップ同士で仲良くなれば何とかなるんじゃないかという、恐ろしく幼稚な発想しか持ち合わせない。しかも注意力散漫な傾向があって、ちょっとやってダメだったらすぐに別のテーマに移ってしまい、一つ一つ始末をつけるということができない。これではとても成果など上げられるわけがないでしょう」。たしかにロシア、北朝鮮、韓国、中国からも相手にされない。理由は、「安倍と今井尚哉秘書官の2人だけの“官邸外交”になってしまい、国家安全保障局や外務省が脇に追いやられていることも、この外交の幼稚化に輪をかける一因だろう」、ど素人の外交、世界から笑われるだけである。
8/8 <今週のワイドショー>「猛暑列島」いつまで?東日本は今週末が暑さピーク、西日本はまだ続きそう : J-CASTテレビウォッチ 連日の猛暑、東日本では今週末あたりまで、西日本ではお盆の週も続きそうな気配。熱中症は糖分の間、注意が必要です。
8/8 新宿、渋谷…東京都心を「約2分に1回」低空飛行 騒音に落下物、墜落などのリスクは? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 「高度はこれまで、新宿付近で約915メートル、渋谷・恵比寿・麻布付近で約610メートル、大井埠頭・大井町付近で約305メートルと、東京タワー(333メートル)より低高度で進入してくる案が示されていたが反発の声が強く、国交省は7月30日、降下角度を引き上げた新たな高度案を公表。それぞれ1037メートル、701メートル、335メートルと、従来より高度をやや高めることで理解を得ようとしている。」、首都圏上空をかなり低空で飛ぶようである。
8/7 オバマ前米大統領、「憎悪を増幅させる指導者の言葉を拒否すべき」と異例発言  WEDGE Infinity(ウェッジ) 「バラク・オバマ前大統領の言、「私たちは、指導者の口から出てくる恐怖や憎悪を増幅させたり、人種差別的な考えを普通のことのように正常化したりする言葉を、きっぱり拒絶すべきだ。自分たちと見た目の違う人を悪者扱いする指導者、あるいは移民を含めた他人が私たちの暮らしを脅かすと示唆するような指導者、あるいは他の人間を人間以下呼ばわりするような指導者、さらにはアメリカがたった一種類の人間のものだと示唆するような指導者を」、「このような物言いは新しくない。歴史を通じてほとんどの人間の悲劇の根本には、こういう発言があった。ここアメリカでも、世界中でも。奴隷制度の根本で、(南北戦争以降、1964年まで米南部にあった人種差別的法律の総称)ジム・クロー、ホロコースト、ルワンダの大虐殺、バルカンの民族浄化の根っこにもこうした物言いがあった。私たちの政治や公的生活に、まったくあってはならない。そして今こそ、善良な圧倒多数のアメリカ人、あらゆる人種と信仰のアメリカ人が支持政党を問わず、このような物言いはあってはならないと、はっきりきっぱりと言うべきだ」。まさに正論。
8/7 「表現の不自由展」を中止に追い込んだ政治圧力の危うさ|日刊ゲンダイDIGITAL 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で開催された企画展「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた。理由のひとつとしてあるのは、従軍慰安婦を表現した「少女像」などに対する抗議と脅迫である。「同日に企画展を視察した名古屋市の河村たかし市長は、少女像を「反日作品だ」と断じ、「ほとんどに近い日本国民がそう思っている」と、勝手に国民の総意を任じて展示の中止を要求。「(展示会には)国のお金も入っているのに、国の主張と明らかに違う」と文句をつけた。」とあるが、芸術がときの政治におもねるならば、それはもはや芸術ではない。
8/7 米国のホルムズ海峡「有志連合」提唱 日本が参加する「大義」ないワケ 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 「ホルムズ海峡を通るタンカーを各国の軍隊で守る構想を提唱した米国。だが追随する動きは乏しく、国際社会で米国の威信が失墜する可能性もある。」とある。さらに、英国では、「欧州主導の海上保護派遣団結成」を提案、すでに仏、独外相の支持を得ている様子だ。イラン核合意を支持している3カ国だけに、米国主導の有志連合に入ってイラン包囲の一角を担うつもりはなさそうで、有志連合に追随する国はごく少なくなる形勢だ。」とある。さて、安倍政権はどうでる?
8/7 韓国は「敵」なのか - 市川速水|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 「韓国を敵視する日本外交」とある。発端は慰安婦、徴用工問題を発端に対立である。政府も反韓国を煽っているふしがある。が、一歩下がって冷静に日本を取り巻く国際情勢を考えてみれば、最大の脅威は中国とロシアの覇権拡大である。そのための便法として韓国を敵視することは逆効果であろう。日本に必要なのは大人の外交である。
8/7 目の手術は”大学病院なら安心”は大間違い 研修医の練習台になる可能性が高い | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 「アメリカをはじめとする多くの先進国では、「眼科医は外科医である」という認識が定着しています。だって、ほとんどの目の疾患は手術で治すのだから、外科に決まっているではありませんか。ところが、日本で緑内障(注1)の患者に「手術で治しましょう」と言うと、「え!? 緑内障って手術ができるんですか?」と驚かれるほどです。日本では多くの診療眼科医から「いい点眼剤があり、これで眼圧を下げれば心配いりません」などと言われます。適切な手術時期を逃し失明寸前になって当院に来る患者が後を絶ちません。」とあります。緑内障の方、手術という治療法、検討してみてはいかが。
8/6 平和宣言「被爆者の思い受け止めて」=核禁止条約で要請−74回目、広島原爆の日:時事ドットコム 「広島は6日、74回目の原爆の日を迎えた。広島市中区の平和記念公園では、午前8時から市主催の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が開かれ、被爆者や遺族ら約5万人が参列。松井一実市長は平和宣言で、日本政府に対し「唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いを受け止めて」と訴えた。」、いまだに世界から核兵器はなくなっていない。日本は核兵器禁止条約への署名・批准も行なっていない。
8/6 「熱中症」は室内でも要注意〜なぜ「高齢者」は冷房を使わないのか(石田雅彦) - 個人 - Yahoo!ニュース 「暑い日が続き、各地で熱中症によって亡くなったり病院に運び込まれる患者が増えている。熱中症で救急搬送された人のうち、65歳以上の高齢者が半数近くを占め、発生場所は約40%が住居(敷地内)となっている。もちろん農作業中や屋外で熱中症になる人も多いが、高齢者が屋内で熱中症になるケースも無視できない。なぜこのようなことが起きるのだろうか。」、高齢者が屋内で熱中症になる場合がある。要注意です。
8/6 緑内障患者の95%以上が間違い「目薬」正しいのさし方とは|日刊ゲンダイヘルスケア 日本人の失明原因の第1位でもあるが、治療で処方される目薬ののさしかた、意外と知られていないのかもしれません。95%以上の人が間違えているさしかたとして、「さした後、目をパチパチする」「ティッシュで拭く」「2滴、3滴とさす」「目薬が目全体に行き渡るように目玉を動かす」「数種類の目薬を一気にさす」など……。「目薬は1滴さした後、目を閉じて軽く目頭を指で押さえ、じっとする。複数の目薬をさす時は1〜5分ほど間をおくというのが正しい方法です」 目をパチパチすると涙が分泌されたり目薬が鼻腔に流れたりして効果が薄れる。さしてすぐティッシュで拭けば、肝心の目薬がティッシュに吸い取られてしまう。2滴以上さすと目からあふれ、目の周りのかぶれや黒ずみなどの原因になり、数種類を一気にさすと、それぞれの薬の効果が薄まってしまう。さし忘れが多い人は、「食前・食後にさす」などと日常の行動に絡めるといい。中には、「1日2回さすのは面倒」という人もいるだろう。」、ご参考に。
8/6 色気むんむん人妻と駆け落ち逃避行の被告確保 千原ジュニア「ドラマにするなら高岡早紀と大森南朋」 : J-CASTテレビウォッチ 先日ワイドショーでも話題になった保釈中の被告の逃亡事件、その被告が確保された。いっしょに逃避行していた人妻、「X子の知人女性は「まるっきり若い子の考え方。短時間でいろんな男性と知り合いになって、多くのオトコを虜にする。オトコを実家の山形まで連れて行って親に紹介することもあった。オトコは本気にしちゃう」と証言する。」だそうである。
8/6 3度のミサイル発射、北朝鮮は「安保理決議違反」ではないと主張  | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 北朝鮮によるミサイル発射が続いている。米国トランプ大統領は短距離でであり、直接米国の脅威となるものではないと、これを容認するかまえ。要するに、この短距離ミサイルの脅威下にある日本、韓国の安全保障は対岸の火事なのであろう。
8/5 「できるだけ多くのメキシコ人を撃ちたかった」 米テキサス州銃乱射 ヘイト・クライムが米30都市で増加(飯塚真紀子) - 個人 - Yahoo!ニュース 「米テキサス州エルパソのショッピング・モールにあるウォルマートで、3日午前10時過ぎ(米国現地時間)、無差別銃乱射事件が発生、これまでのところ、少なくとも20人が亡くなり、26人が負傷した。カリフォルニア州ギルロイのガーリック・フェスティバルで起きた無差別銃乱射事件から1週間も立たないうちに起きた惨劇に、全米は悲嘆に包まれている。」、これほどまでの銃による惨劇が起きていながら、米国は銃規制を強化しない。いったいどれほどの国民が犠牲になったら、米国という国はめざめるのだろう。それにしてもトランプ政権による人種差別的政策、その愚かさに気付くべきだろう。
8/5 熱中症疑いの死者8人…全国159地点で猛暑日 : 国内 : 読売新聞オンライン 梅雨明けと同時に始まった連日の猛暑日、熱中症による死亡者があとをたたない。最近の暑さは昔の暑さとは違う。まさに殺人的な暑さである。十分な水分補給と涼しく過ごすのが重要。
8/5 イラン革命防衛隊がタンカーを拿捕、乗組員7人拘束 - 産経ニュース 「イラン革命防衛隊は、燃料を密輸出しようとした疑いでペルシャ湾内を航行中の外国籍のタンカー1隻を拿捕(だほ)し、乗組員7人を拘束した。カタールの衛星テレビ局アルジャジーラ(電子版)などが4日、伝えた。」とある。日本がペルシャ湾付近へ艦船警護として自衛隊を派遣すればイラン革命防衛隊との武力衝突の可能性が出てくる。
8/5 放送法に“抜け穴”が NHK「受信料支払い拒否」世帯続出必至|日刊ゲンダイDIGITAL 「不払いは違法」と脅迫しているようなものだが、実は受信料について定める放送法にはそんなことは書かれていない。放送法は〈受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない〉と規定しているが、「受信料を払わなくてはならない」という文言はなく、支払いについては義務付けてはいないのだ。醍醐名誉教授が「放送法で義務化されていないものを『法律違反』と言うのはおかしい」などと指摘すると、広報局幹部は最終的に押し黙ってしまったという。−いわれてみれば、そういうことかもしれない。さて、この、問題どうなるのであろう。
8/5 宮城県、福島県で震度5弱 津波の心配なし 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)  「きょう8月4日午後7時23分ごろ、東北地方で最大震度5弱を観測する強い地震がありました。震源地は、福島県沖(北緯37.7度、東経141.7度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は6.2と推定されます。なお、この地震による津波の心配はありません。」、地震は予測を超えたところで起こる。東北大震災の再来とならなかったのが、不幸中の幸い。
8/2 「ホワイト国」除外、菅官房長官「日韓関係に影響与えない」 - 毎日新聞 「菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、安全保障に関連する物品の輸出管理で手続きを優遇する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定したことについて「あくまでも韓国の輸出制度や運用に不十分な点があることを踏まえた運用の見直しであり、日韓関係に影響を与える措置ではない」と述べた。」だそうである。影響を与えないというのは勝手だが、それを相手側がいう話である。とうとう菅官房長官は痴呆症になってしまったのであろうか。
8/2 【寄稿】米露が中国に核軍縮を求める愚 - WSJ 「中国政府は今年4月、米中の関税戦争の解決策を託された劉鶴副首相を米国に送った。しかし、ドナルド・トランプ米大統領は、貿易交渉の進展状況に関する大統領執務室での記者会見の最中、突然話題を変えて「ロシア、中国、米国を合わせると、核兵器を含めて何千億ドル相当もの武器を製造している。これはバカげた行為だ」と語った。その後トランプ氏は、ロシア、中国との新たな軍縮合意に向けた準備を当局者らに指示した。劉鶴氏は貿易から軍縮への方向転換に驚いたかもしれないが、驚いたのは彼だけではない。中国人にとって、トランプ氏の主張は理屈に合わない。米国とロシアを合わせた核兵器保有量は、世界全体の90%を占める。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によれば、中国の核弾頭保有数は290発であり、フランスの300発を下回っている。」とある。トランプいう男は、まったく世界を理解していないように見える。
8/2 衆院選衝撃予想 TBSが伝えた「れいわ37議席獲得」の現実味|日刊ゲンダイDIGITAL 先の参院選、「れいわが活発に街頭活動を行った東京での比例得票率は7・95%(約46万票)に達し、国民民主党の4・74%(約27万票)を大きく上回った。この得票率を衆院定数465議席に単純に当てはめると、37議席に達するというのだ。」だそうである。たしかに国民民主党、立憲民主、旧民主党野田政権の国民に対する裏切りを考えれば、国民は新たな野党を探しているのだと思う。「れいわ」、これから変質しなければいいのだが。
8/2 過去最長の夏休みは過去最低のケチケチ夏休み?消費税10%控えてお金使えん! : J-CASTテレビウォッチ 来週から始まるお盆休み、休み期間中に使うお金は「明治安田生命が行なったアンケート調査では、平均予算額は6万8071円で、これは去年1万5743円少ない。調査を始めた2006年以降で最低となった。」だそうである。好景気を吹聴する政府とは反対に、財布のヒモかなり引き締められそう。実質賃金が下がっている状況では、お金はつかえまい。
8/2 新潮文庫の100冊 2019 夏の読書、あらためて文豪の作品にふれてみてはいかが。尾崎紅葉・幸田露伴・島崎藤村・田山花袋・徳田秋声・森鴎外・夏目漱石・谷崎潤一郎、永井荷風・泉鏡花・武者小路実篤・志賀直哉・芥川龍之介・室生犀星・川端康成・井伏鱒二・太宰治・三島由紀夫、など子供の頃には理解できなかった作品の世界があります。
8/1 米、日韓対立で仲介を提案 「ホワイト国」除外の延期促す - 毎日新聞 「米政府高官は30日、日本による対韓輸出規制強化など一連の日韓対立を巡り、現状を維持し新たな措置は取らない状態で交渉する協定への署名を求める仲介案を提示したと明らかにした。事実上、日本に安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外する手続きの延期を促す内容で、一層の対立激化を回避させたい考えとみられる。」、米国としては対中露に対する米日韓の軍事同盟にひびが入ることを懸念してのことだろう。これを日本が無視するとすれば、トランプ政権が安倍政権を見限るという可能性が出てくる。
8/1 かんぽ生命、契約者がチェックすべき「詐欺的手口リスト」総まとめ…高齢者をターゲット | ビジネスジャーナル 「かんぽ生命の不適切販売問題が止まらない。保険料の二重徴収や不適切な契約乗換など、この原稿を執筆中にも、新たに顧客に無断で申込書を作成し手続きをした事例や、顧客が契約時に通院の事実を申し出たにもかかわらず、告知書に記入しないよう促した事例が見つかったという。ここまでくれば、コンプライアンスどころか、保険業法に反する不正販売とみなされ、私文書偽造罪にも問われる可能性が出てくる。まさに立派な法令違反である。」、郵便局は高齢者がもっとも信頼している金融機関である。これを裏切るとは、郵政もおちたものである。なんのための郵政民営化であったのか。小泉元首相の言が聞きたい。
8/1 孤立する“外交の安倍” プーチン大統領「竹島侵犯」の狙い|日刊ゲンダイDIGITAL 「ロシア軍機が島根県・竹島周辺で領空侵犯した問題が波紋を広げている。日本と韓国は元徴用工訴訟をめぐる対韓輸出規制発動で応酬を繰り広げる真っただ中だ。米国を中心とした同盟関係にある3カ国の分断をあおる目的との解説もあるが、プーチン大統領の狙いは一体何なのか。」、非常に興味深いロシアの出方である。北方領土返還交渉を含め、プーチンは安倍政権をまったく相手にしていないということだろう。
8/1 きょうも注意!「時間差熱中症」猛暑日の夕方から夜が危ない・・・外気温下がっても室内は暑い : J-CASTテレビウォッチ 「猛暑の日の夕方から夜にかけて発症する「時間差熱中症」に注意だ。きのう30日(2019年7月)午後8時半過ぎに、神奈川県藤沢市の病院に搬送された66歳の男性は、寒気とふらつきの脱水症状になっていた。日中は部屋でクーラーをつけずにいたそうで、「夏に強くて、我慢できると思ったのが間違いで、夕方から体調がくずれた。熱中症をあなどっていました」という。」、いまどきの夏は、昔の夏とは違う。高齢者はとくに注意が必要。
8/1 内田樹「米国はベトナム戦争敗戦など“負の歴史”を容赦なく開示して強国となった」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 「米国はベトナム戦争敗戦など“負の歴史”を容赦なく開示して強国となった」、負の歴史をそのままに理解し受け入れる、それが本来の国あり方であり、そこからしか国の未来は見えてこない。過去の歴史を隠蔽し、ときに改竄し美化する日本という国は、それを見習うべきであろう。


TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2019年8月の掲載



Copyright 爽快倶楽部