TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2019年3月の掲載


3/22 【イチロー年表】色あせない背番号51の記憶 球宴で救援登板、WBC決勝韓国戦、不滅4257安打…― スポニチ Sponichi Annex 野球 ひとつの時代が終わった。お疲れ様といいたい。
3/22 消費税増税分「84%が使途不明」 山本太郎事務所が突きとめる(田中龍作) 『「全額社会保障の安定に使う」。安倍政権が国民に説明していた消費税増税の理由は、やはりウソだった。 増税分のうち社会保障の充実に使われていたのは、わずか16%だった・・・山本太郎事務所が内閣官房に問い合わせた結果、明らかになった。 84%は使途不明である。 山本事務所が「内訳はどうなってるのか?」と聴くと、内閣官房は「内訳は出せない」「そーゆーのは出せない」と答えたという。』、民主党野田時代、消費税増税を決まったが、もともと社会保障に使うのではなかったのか。野田、安倍とも同罪である。
3/22 この不調は更年期によるもの? 悩んだ時にやるべきこと|日刊ゲンダイヘルスケア 「簡単な問診やホルモン検査だけでは、正しい更年期の診断は難しいケースが多い。そのほかの血液検査、骨量測定、血圧測定、婦人科内診、子宮の大きさ、子宮頚がん・体がん検査、乳房検診、尿検査なども必要でしょう。」、更年期の診察、医師の選び方も重要です。
3/22 CNN.co.jp リーバイスCEO「ジーンズは冷凍ダメ、洗濯機もダメ」 「ジーンズを冷凍してはいけない。洗濯機で洗うのもダメ――。21日にニューヨーク証券取引所に上場した米リーバイスのチップ・バー最高経営責任者(CEO)が、愛好者にそんなアドバイスを披露した」だそうです。
3/22 室井佑月「物とされた我々」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「この国はほんとにもうダメなんじゃないか? この国の中枢にいる連中は、それが真っ先にわかるポジションにおる。だから最後に盛大なパーティーを開く勢いで、我々の血税を使いたい放題にしているんじゃないか? こっそりポケットを膨らましてる。最後は逃げるつもりで。」、そのとおりに思える。
3/20 がんを克服した医師がみずから実践している「素朴な食事術」を明かす(青木 厚) | マネー現代 | 講談社 「ヒトががんを発症する主な原因は、「@細胞の質の劣化」と、「A免疫力の低下(NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性の低下)」です。個人差はありますが、人体では毎日5000個程度の質の劣化した細胞が”がん細胞”に変化しています。それががんの塊として増殖してこないのは、NK細胞が”がん細胞”を発見しては殺傷しているからなのです。」、そこで、がん予防をするためには、「@細胞の質の劣化を食い止め、細胞のがん化をできるだけ少なくする」ことと、「ANK細胞の活性を上昇させる」ことが重要。具体的にどうするか。キーワードはオートファジー、そして間歇的断食。「間歇的断食とは1日のうちに16時間程度はものを食べない時間、すなわち「空腹時間」をつくる食事法です。16時間というのがポイントで、16時間の空腹時間を作るとオートファジーが誘導されることが、昨今の研究でわかっています。」、試してはいかが?
3/20 「ソースの2度づけ禁止」は正しかった──5秒ルールより不衛生 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 大阪の串カツ屋で、「ソースの2度づけ禁止!」は有名ですが、理由は、口腔細菌の感染。これを考えると、口をつけた箸で惣菜を食べ、その惣菜を残して次の日に食べるという行為も、かなり危険ということになる。ひとり住まいの方、どうせ自分だけしかたべないのだからと、一度使った箸の惣菜を残すにはやめたほうがいいと思います。惣菜は分けて食べきれる分だけだす。これがおすすめです。
3/20 「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト ニュージーランドのクライストチャーチで発生した2つのモスクを狙った銃乱射事件、これをめぐって国内で銃の自主返納が広がっているという。「地元警察には、事件翌日から自分の半自動小銃を廃棄してほしいという依頼が相次いでいる。半自動小銃は、今回の大量虐殺で犯人が使ったとされる武器だ。」、普通の市民が半自動小銃を持っていることは驚きであるが、この自主返納の動きはよいことだと思う。毎年銃撃死亡事件が起きている米国でも、こうした動きが出るといいのだが。
3/20 「反対:65%」ピエール瀧逮捕で考える「お蔵入り」問題 アンケート結果発表 | 文春オンライン ワイドショーで連日放送されたミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者、麻薬取締法違反容疑で逮捕されたが、その出演作品が“お蔵入り”状態になりつつあるそうである。麻薬使用は明らかに犯罪だが、その作品の公開自粛には賛否両論出ている。「アンケートの結果は下記の通り。回答者は6割が男性、4割が女性で、下は16歳から上は90歳まで。全体の6割以上が「お蔵入り反対」だった。特筆すべきは、「お蔵入り賛成」に男性の20%超が投票したこと。「お蔵入り賛成」の女性票は12%にとどまった。」。諸氏はいかがお考えか。
3/20 朝日・産経世論調査 安倍4選どちらも「反対」が過半数超え|日刊ゲンダイDIGITAL 「朝日新聞と産経新聞が16、17両日にそれぞれ実施した世論調査で、自民党内で浮上している安倍首相の「党総裁4選」について聞いたところ、朝日で「賛成」27%、「反対」56%。産経で「賛成」31.1%、「反対」59.3%。ともに「4選反対」が過半数を占めた。」とある。安倍政権、もう勘弁してくれというのが民意であろう。
3/19 高額な「離檀料」に支払い義務ある? 墓じまいの注意点 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 墓じまいでの金銭トラブルが増えているようです。「遠方の寺の檀家となっており、亡くなった両親の遺骨や先祖の位牌(いはい)がある。高齢で墓参りに行けないので、遺骨等を家の近くの合同納骨堂に移したい。寺に問い合わせると『250万円支払うように』と言われた。支払うべきなのか」ということも。
3/19 鰻屋探訪家 鰻といえば夏の土用だが、普段の月の鰻もまたうまい。お近くの鰻屋へ足を運んでみてはいかが。
3/19 CNN.co.jp : 20万ドル相当の「アップル1」、捨てちゃった女性は? 「米シリコンバレーのリサイクル施設で米アップルの初代コンピューター「アップル1」が捨てられているのが見つかり、個人収集家に20万ドル(約2500万円)で買い取られた。リサイクル業者は持ち込んだ女性に取り分の10万ドルを渡そうと、この女性を探している。」というお話。もしかしたらあなたの家にもお宝が眠っているかも。アップルファンのご家庭の方、さがしてみては。
3/19 勢いを増す「固定電話不要論」、電話窓口の一部廃止も検討を|NEWSポストセブン かってはどこの家庭にも固定電話があったが、最近はスマホの普及で、とくに若い人の間では持たないケースがふえているそうです。固定電話の場合、昔から同じ番号を使っているとセールスの勧誘や、オレオレ詐欺の対象にもなりやすい。高齢者世帯の方、固定電話を見直してもよいかもしれない。
3/19 世界ではマイナー”ガラパゴス東大”の凋落 | プレジデントオンライン 日本の常識として、当代は最高学府という認識が一般的であるが、世界では、その評価はかなり低くなっている。「日本では、大学の序列は“東大を頂点として不変”という印象が強いですが、海外ではAIの研究はオックスフォード大学(1位)、経済学であればシカゴ大学(10位)といったように分野ごとでトップが異なりますし、順位の変動も激しいです。アメリカ国内でも、アイビーリーグがトップ大学群を構成して常に競争していますし、MIT(マサチューセッツ工科大学・4位)やカリフォルニア工科大学のような研究に強い単科大学、教養教育に強いリベラルアーツ・カレッジなど、それぞれが特色を打ち出してしのぎを削っています。どの大学も優れた研究・教育環境をつくり、優秀な人材を呼び込むことに必死です」とある。学生のレベルが下がっているのか、研究の方法に問題があるのか。特色のある大学づくりが必要なのだろう。
3/19 桜名所 お花見特集2019 - ウォーカープラス いよいよ桜の開花が秒読み段階。近くの桜の名所もいいし、桜の名木を訪ねる旅もまた楽しいと思います。ぜひおでかけを。
3/18 さくら開花予想2019 いよいよ桜の開花が秒読み。東京は今週半ば。満開は来週の予想。桜の季節がやってくる。
3/18 【麻生太郎】「物価2%」にダメ出し 麻生財務相アベノミクス“敗北宣言”|日刊ゲンダイDIGITAL 政府と日銀の「共同声明」(2013年)で始まった異次元緩和政策の目標のひとつであった「2年で物価上昇率2%」に対して麻生財務相が「(目標に)こだわっているのは記者と日銀であり、国民で『2%上がらなかったから、けしからん』と言う人はひとりもいないのではないか」と発言。これについて「国民は物価を上げて欲しいなんて望んでいませんから、麻生大臣の発言は、ある意味正しい。同時に、いつまで経っても物価上昇率2%を達成できないアベノミクスの敗北を認めたに等しいわけで、日銀は緩和策の修正を模索しなければいけない時期に来ています。景気動向指数も国内の生産・輸出も弱い状況を考えると、日銀の目標が無理なのは明らかです」という意見も。アベノミクスとは何であったのか。
3/18 【安倍晋三】また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍首相の施政方針演説、「児童扶養手当の増額、給付型奨学金の創設を進める中で、ひとり親家庭の大学進学率は24%から42%に上昇し、悪化を続けてきた子どもの相対的貧困率も、初めて減少に転じ、大幅に改善しました」とあるが、一方で、「ひとり親家庭の大学進学率42%の調査は、16年11月に行われた。一方、児童扶養手当の増額は16年12月、給付型奨学金は17年4月からそれぞれ実施されている。つまり、両政策とも、進学率の向上に貢献しようがないのである。」という指摘がある。安倍政治の十八番、印象操作である。
3/18 アウシュビッツ記念館が高須克弥さんに日本語で忠告「アウシュビッツは史実です」 | ハフポスト ポーランドのアウシュビッツ記念館の公式Twitterが、「高須院長の2015年10月19日のツイートで、「南京もアウシュビッツも捏造だと思う」とつづった。」に対してコメント欄で「アウシュビッツは史実」と忠告。いわゆる日本の右翼思想の持ち主、他国の史実まで口をはさんではなるまい。世界の恥となる。
3/18 「お母さんデキてると思う」息子の一言で始まった、不倫妻との壮絶バトル | 日刊SPA!  「すぐ自分から何かアクションを起こしたわけではないのですが、その後もKは何度か自宅に来ていたらしく、息子は『お母さん、たぶんKさんとデキてると思う……』と言い、私に彼のことを言わないように口止めされていたそうです。年齢の割に大人びたところがある息子は、2人の関係に気づいたのかもしれません」妻は自身とK氏と決定的な写真を突き付けられたが、「ち、違うの!」とさらに言い訳。その後も「さびしかったの」と口にしてみたり、「あなたが単身赴任するから」と責任転嫁を始めるなど話し合いどころの状況ではなく、事前に息子を預けていた近くに住む彼女の実家に連絡。引き取ってもらうように頼んだそうだ。」とある。この離婚劇で一番の被害者は子供。妻の不倫、一時の心の迷いならば、許すこともありうるだろう。
3/15 警視庁犯罪抑止対策本部(@MPD_yokushi)さん | Twitter  殺人事件も発生しているアポ電被害、警視庁で管内で発生しているアポ電などの特殊詐欺の状況をここで情報発信しています。ぜひご参考に。
3/15 電子レンジを味方に…一人暮らしのウチごはんを続けるコツ|日刊ゲンダイDIGITAL 「2018年の高齢社会白書によれば、65歳以上の人口は3515万人だった。死別、離別や未婚など一人暮らしの中高年も増えていて、65歳以上のうち、男性の単独世帯は192万人もいる。家事の心配といえば筆頭は食事だが……。」、男性の一人住まいの方、上手な一人ごはんの作り方、ご参考に。
3/15 運転に自信のある?高齢ドライバー必見! 「父と母の卒業旅行」動画が再生70万回超! : J-CASTテレビウォッチ 「高齢ドライバーによる事故が続く。目も悪くなる。反射神経も落ちる。しかし、個々に聞くとまず例外なく「運転に自信がある」と答える。しかも、年齢が上がるほど割合が増えるという。それって、ボケじゃないの? そんな中、ある動画が注目を集めている。再生回数は70万回を超えた。ネットで話題の動画は、NEXCO東日本が高齢ドライバーについて考えてもらいたいと、作ったものだ。「父と母の卒業旅行」と題した動画の出演者は、役者ではなく本物の家族だ。雨宮旭さん78歳。運転歴48年。その「父のことが心配で、免許返納の話をしようと思った」と字幕がでる。」、高齢ドライバーの方、ぜひ見ていただきたいと思います。
3/15 CNN.co.jp 「WWW」の発明者、ネット社会の「機能障害 」に警鐘 インターネット、「ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)」ができてから30年、を迎え、この技術を発明したティム・バーナーズリー氏からの警鐘。「ハッキング行為や犯罪、誹謗(ひぼう)中傷に警鐘を鳴らし、世界的な取り組みの必要性を訴えている」とある。顔の見えない相手だけに礼を逸した誹謗と中傷は目にあまりある。
3/15 ボーイング機の墜落を招いた自動操縦装置 - 木代泰之|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト 「エチオピア航空のボーイング737MAX8が3月10日、墜落した。昨年10月にもインドネシアで同様の事故を起こしており、新型機の初期故障というにはあまりに重大な事態である。世界の航空会社が相次いで運航停止に踏み切り、ボーイングを擁護していた米連邦航空局(FAA)も13日、ついに運航停止を決めた。」、墜落の原因として機体の失速を防ぐためのMCAS(Maneuvering Characteristics Augmentation System、操縦特性補助システム)という自動操縦技術があげられている。運行停止、よい決断だといえる。
3/14 2019年03月13日紀伊水道でM5.2・震度4、30年ぶりの規模で再び地震 地震NEWS 「2019年03月13日の13:48に紀伊水道でM5.2・震度4の地震が発生した。地震の多い震源として知られる紀伊水道だが、M5を超える規模だったのは2018年11月以来4ヶ月ぶり。ただし、この時のM5超えは「33年ぶり」であったことから、異例の規模の地震が再び起きたと言うことが出来る。」、いやな感じである。
3/14 【豊洲市場】健康被害が続出 豊洲市場の“黒い粉塵”は高濃度の猛毒物質|日刊ゲンダイDIGITAL 「黒い粉塵は猛毒物質――。日刊ゲンダイは昨年12月5日付で、豊洲市場に黒い粉塵が舞い、健康被害を訴える業者が相次いでいることを報じた。その黒い粉塵の成分を、共産党都議団から依頼を受けた専門家が分析したところ、驚愕の結果が判明。アンチモンやカドミウムなど毒性の強い物質が、自然界ではあり得ない高濃度で検出されたのだ。」、本当に豊洲市場は安全なのだろか。
3/14 【アベノミクス】消費増税とアベノミクスで物価は6.6%も上昇した|日刊ゲンダイDIGITAL「 ところで、「2%の物価目標が達成できない」と盛んに報道されるため、物価は上がっていないと勘違いされているのではないかと思います。ここで言う「2%」は、「前年と比べて」の「2%」で、「アベノミクス開始から」の「2%」という意味ではありません。しかも、増税の影響は除かれるのです。アベノミクスの矢が放たれて以降、増税の影響も加味すると、前述のように物価はこの6年間で6・6%も上がっています。「増税+アベノミクス」でわれわれの生活は苦しくなったということです。」、いいかげんに国民はアベノミクスの嘘にきがつくべきだろう。最近のNHKの世論調査で安倍内閣の支持率は40数パーセントある。理由は他の内閣よりよさそうだからとあるが、この内閣は、国民の生活を苦しくさせるだけである。
3/14 「エムフェイス」で大富豪になろう!2万3000人181億円だました66歳女の感動的ウソ話 : J-CASTテレビウォッチ 「会員交流サイト「エムフェイス」の広告掲載権と称して、2万3000人以上から181億円をだまし取った」詐欺事件、会社役員の吉野美穂子容疑者(66)ら4人が逮捕された。こういう儲け話詐欺がでてくる際に思うが、どうして人はこういう話にだまされるのだろう。世の中に、簡単に儲かる話は決してない。
3/14 福島事故から8年、いつまでこの国は「原発議論」から目を背けるのか(磯山 友幸) | 現代ビジネス | 講談社 少し長いがいんようさせていただく。ドイツのアンゲラ・メルケル首相の原発に関する意見表明である。「……(前略)福島事故は、全世界にとって強烈な一撃でした。この事故は私個人にとっても、強い衝撃を与えました。大災害に襲われた福島第一原発で、人々が事態がさらに悪化するのを防ぐために、海水を注入して原子炉を冷却しようとしていると聞いて、私は“日本ほど技術水準が高い国も、原子力のリスクを安全に制御することはできない”ということを理解しました。
新しい知見を得たら、必要な対応を行なうために新しい評価を行なわなくてはなりません。私は、次のようなリスク評価を新たに行ないました。原子力の残余のリスク(Restrisiko)は、絶対に起こらないと確信を持てる場合のみ、受け入れることができます。
しかしその残余リスクが実際に原子炉事故につながった場合、被害は空間的・時間的に甚大かつ広範囲に及び、他の全てのエネルギー源のリスクを大幅に上回ります。私は福島事故の前には、原子力の残余のリスクを受け入れていました。高い安全水準を持ったハイテク国家では、残余のリスクが現実の事故につながることはないと確信していたからです。しかし、今やその事故が現実に起こってしまいました。
確かに、日本で起きたような大地震や巨大津波は、ドイツでは絶対に起こらないでしょう。しかしそのことは、重要な問題ではありません。福島事故が我々に突きつけている最も重要な問題は、リスクの想定と、事故の確率分析をどの程度信頼できるかという点です。なぜならば、これらの分析は、我々政治家がドイツにとってどのエネルギー源が安全で、価格が高すぎず、環境に対する悪影響が少ないかを判断するための基礎となるからです。
私があえて強調したいことがあります。私は去年秋に発表した長期エネルギー戦略の中で、原子炉の稼動年数を延長させました。しかし私は今日、この連邦議会の議場ではっきりと申し上げます。福島事故は原子力についての私の態度を変えたのです。(後略)」。なぜ、この思いを日本の政治家、財界人を理解できなのだろう。
3/13 退位に向けた儀式が始まる 天皇陛下、賢所で「御告文」 - 毎日新聞 天皇陛下の退位に向かっての儀式が始まった。「皇居・宮中三殿で、退位を報告する「賢所(かしこどころ)に退位及びその期日奉告(ほうこく)の儀」に臨まれた。4月30日の退位に伴って行われる最初の儀式。儀式の数は11に上る。」とある。
3/13 東京新聞:検証と見解/官邸側の本紙記者質問制限と申し入れ:特集・連載(TOKYO Web) 「官房長官記者会見での本紙記者の質問を巡り、首相官邸が昨年12月、「事実誤認」「度重なる問題行為」として内閣記者会に「問題意識の共有」を求める文書を出した。官邸側からは一昨年秋から9件の質問で、臼田信行・東京新聞(中日新聞東京本社)編集局長に「事実に基づかない質問は厳に慎んでほしい」などと文書で申し入れがあった。抗議と並行して会見進行役の首相官邸報道室長が、本紙記者に質問をせかす質問妨害を続けている。経緯を明らかにして問題を検証し、本紙の見解を示す。」、官房長官記者会見における東京新聞記者に対する質問妨害、じつに目にあまる。東京新聞にエールを送る。
3/13 経団連会長 原発再稼働に「感情的な人との議論は無意味」|日刊ゲンダイDIGITAL 「中西宏明・経団連会長(日立製作所会長)は11日の記者会見で、原発の再稼働をめぐる国民的な議論に関して、「エモーショナルに再稼働に反対する人たちと議論しても意味がない。絶対いやだという方を説得する力はない」と言い放った。」とあるが、国民のほとんどが原発に対して否定的であることを理解していないようである。これは感情ではない。福島原発事故が証明した事実による。
3/13 原発事故処理費用「81兆円」衝撃の数字はこうして算出された(町田 徹) | マネー現代 | 講談社 「福島第一原発事故の処理に必要な費用は大別して、「廃炉・汚染水処理」「除染」「賠償」の3つある。「廃炉・汚染水処理」は、主に原発敷地内で必要な費用で、作業員の人件費、機材の開発・購入費用、核燃料デブリの冷却に使う水やビル敷地内に流れ込む地下水の浄化費用が該当する。「除染」は、外部に放出された大量の放射性物質の除去の費用だ。そして、「賠償」が、帰宅できなくなった人々への補償や避難にかかる費用である。この3つを合わせた費用に関する政府・経済産業省の見積もり額は、2011年6兆円、2013年11兆円、2016年12月21.5兆円と膨張を続けてきたが、今なお、算出根拠が曖昧であり、過少見積りではないかとの批判が存在する。これらの費用は、全額を電気料金に転嫁するか、税金で賄うかしかない。」、現実には81兆との試算もある。「なぜ、ごまかそうとするのか」、これこそ国民の声であろう。
3/13 "原発は必要"と"消費増税は必要"は同じだ | プレジデントオンライン 「同じように日本の財政問題についても、政府の御用学者が「1000兆円を超える借金を抱えた日本政府は破綻寸前」「だから消費税増税が必要だ」「消費税を上げても問題はない」などと主張し、それがマスコミによって無批判に拡散されています。これはまずい状況です。なぜなら消費税増税は地震が起こる地域で原発を再稼働するようなもので、確実に人の命や健康が脅かされるからです。原発では悲惨な事故が起き、多くの人が避難を余儀なくされています。同じようにタイミングが悪い時に消費税増税が行われた場合にも、甚大な被害が出ます。自殺や過労死は増えますし、お金がなくて医療や介護のサービスを受けられない人も出てきます。いろいろな形で人の命が奪われるのです。」、国民が望むのは増税なき財政再建である。
3/12 CNN.co.jp : ボーイング最新鋭機、半年足らずで2度目の墜落 エチオピア機事故  アフリカ東部エチオピアの首都アディスアベバ郊外で墜落したエチオピア航空機は、米ボーイング社の最新鋭の小型機「737MAX8」。乗員・乗客157人が死亡。同型機は昨年10月にもインドネシアで離陸直後に墜落、およそ半年で墜落事故が2度も起きている。パイロットの不慣れによる操縦ミスなのか、航空機そのものに問題があるのか。調査結果がまたれる。
3/12 こんなに変わった名前を子につける親が多いとは! キラキラネーム、当事者の悩みは? : J-CASTテレビウォッチ 山梨県で、キラキラネームの改名を認められた男子高校生、元の名前は赤池「王子様」、改名後は赤池肇さん。生まれた子供の名前を命名する際、親の思いがあると思うが、あまりに世の中の常識とかけはなれていては、つけられた本人が苦しむ。名前はやっぱり普通がいい。
3/12 「肩こり」という言葉を広めたのは誰か、ご存じですか?(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 日本人の約7割が苦しんでいるともいわれる肩こり、この言葉を広めたのはいったい誰か。『それは、1910年、明治の文豪・夏目漱石が発表した『門』の一節からとされる。「……指で圧して見ると、頸と肩の継目の少し脊中へ寄つた局部が、石の様に凝つてゐた」 元は江戸時代の文献にあった「肩がこる」という用例を、漱石がこのように使ったのだ。すると、『門』が新聞に連載されていたこともあって、この言い回しが世間に広まったという。』、ちょっとした雑学です。
3/12 燃え上がる”老人ホーム恋愛”生々しい現場 | プレジデントオンライン 『施設で「モテる男・モテない男」は、どこが違うのか。今回、介護現場で働く3人に集まってもらい、話を聞いた。「ツレに先立たれた97歳と94歳、93歳と94歳、92歳と85歳の3組のカップルがいる」という老人ホームの現状とは――。』、これもまた人生なのだろう。
3/12 腸内細菌が認知症に関連している可能性示す研究に注目|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 『国立長寿医療研究センター(愛知県)もの忘れセンターの佐治直樹副センター長らの研究グループは、「日本人の高齢者の腸内細菌の組成は認知症と深く関連している可能性がある」と、指摘する研究成果を国際脳卒中学会(ISC 2019、2月6〜8日、米ホノルル)で発表し、「Scientific Reports」1月30日オンライン版に論文を掲載した。研究によれば、同センターの高齢者患者128人から採取した便検体を分析した結果、認知症患者は認知症のない高齢者よりもアンモニア、インドール、フェノールなどの特定物質の濃度が高かったという。』とある。もしこれが検証されれば、認知症予防のサプリメントができるかもしれない。
3/11 米軍の駐留経費、全額負担に加え5割上乗せを検討 トランプ氏提唱か - ライブドアニュース 「米ブルームバーグ通信は8日、トランプ政権が駐留米軍を抱える日本やドイツなどの同盟諸国に対し、駐留経費の全額負担に加え、経費総額の5割に当たる金額を上乗せして支払うよう要求することを検討していると伝えた。」。商売上手のトランプ大統領、ここまでやるか。日本はまずEUの動向を見極めるべきだろう。
3/11 全米で激論に!宝くじ賞金300億円 別れた妻への分け前は?|日刊ゲンダイDIGITAL 米ニュージャージー州で宝くじに大当たりして2億7300万ドル(約304億円)が当たったマイケル・ウィアースキー氏、昨年10月に離婚した前妻に宝くじの分け前を支払うべきか、米国で話題になっているそうである。ポイントは、マイケル氏が、結婚している間、主夫であり15年間、仕事をしておらず、これを支えてきたのは妻だった。「考えてもみてください。どれほど長く私が働き、彼を支えてきたか。離婚では大金を支払わなければなりませんでした。彼にとって道義的に正しいことは何だと思いますか?」。さて、どうなるのであろう。
3/11 安倍首相「7工場をアメリカ移転します」トランプに約束!日本国民が知らないうちに・・・ : J-CASTテレビウォッチ  トランプ大統領と安倍首相とのやり取りを暴露。「安倍首相が日本から少なくとも7つの工場がアメリカに移転すると伝えてきた」。玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)の言、「アメリカの雇用に貢献するということは、日本の雇用を差し出すことですよ。それにしても、企業の独自戦略を、なんで安倍首相が知っているのか。それをなんでアメリカに伝えるのか」。さてどうなるのであろう。
3/11 妻の不倫相手は、なんと息子の同級生…貞淑な40代主婦に何が起きた? | 日刊SPA!  「Sさんの妻は自己主張が少なく地味で生真面目。学生時代から堅物と言われ続け、家事をひたすらこなすだけの毎日にも愚痴一つこぼさない。男女交際も間違いなく夫のみ。」、その妻が息子の同級生と不倫。まあ、恋は盲目というが、世の中色々です。
3/11 「憧れの田舎ライフ」で常に警戒すべき“因習リスク” 若夫婦を苦しめた“奴隷の亡霊” | デイリー新潮 定年を機にあこがれの田舎暮らしをしたいという方は少なくないかもしれない。この田舎暮らし、思わぬ落とし穴があるかもhしれない。因習。「ああ、よそ者を無視するなんて当たり前だよ。いちいち気にしてたら、生きていけないよ。無視されても、こちらからとにかく頭を下げ続けておくことだね。そのうち気が向けば、あっちも応じてくれることがあるかもしれないから。それがいつになるのか、何のきっかけで会話をしてくれるようになるのかは、わからないよ。でも、こっちから先に頭を下げ続けておくことが大事なんだわ。無視してても、あっちはこっちの態度を見てるから」、人と人のつながりにあらたに入っていくのはそう簡単ではないようです。
3/8 室井佑月「誰かさんが怖いから」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  「ひょっとして、官僚たちが誰かさんを守るのは、誰かさんが怖いから?2014年に内閣人事局が出来、政権が官僚人事に口を出せるようになった。不正を犯してもあの人のために動けば出世し、逆に、既存のルールを厳密に守り、あの人に意見をいうような人は出世できない。
出世できないどころか、前川(元)事務次官のように、卑劣な嫌がらせを受ける。不正をし、嘘をつき、あの人をかばった官僚が、その後、社会的に良いポジションに収まっていたりすると、腹が立つ。だが、あたしは最近、彼らは生き方を選べたのか、と思うようになった。誰かさんは、飴と鞭を使い官僚を操るといわれている。もしかすると、官僚は世間から白い目で見られようと、飴を選ぶしかなかったんじゃないか。それを拒否すれば、社会的に抹殺してやると脅されてやしないか? プライドの高い官僚が、自分がなにで脅されているかなどと、マスコミにいえるはずもなく。」、おそらく、これが遠からずということなのだろう。
3/8 CIA releases 13m pages of declassified documents online - BBC News 米国CIAが今回公開した80万ファイルに及ぶ膨大な機密文書、その中にはUFOに関する調査もふくまれているとという。はたしてUFOは実在するのか。興味あるところ。
3/8 CNN.co.jp : 有権者の64%、トランプ氏は大統領就任前に「犯罪に関与」 「米国の登録有権者の64%が、ドナルド・トランプ大統領について、大統領の就任前に犯罪に関与したと考えていることが7日までにわかった。クイニピアック大学が調査結果を発表した。45%は大統領職にある間も犯罪に関与したとみているという。」、これが米国の世論である。この大統領をノーベル賞に推薦したという安倍首相。どうしたもんかねえ。
3/8 【60億人に悦びを TENGAの未来図】遅漏・早漏に悩む男性へ… 「メンズトレーニングカップ」で射精障害のリハビリを! (1/2ページ) - zakzak 高齢の男性になると射精に悩む人は少なくないと思う。ここで紹介されているTENGA社のグループ会社「TENGAヘルスケア」の「メンズトレーニングカップ(MTC)」という商品。遅漏用(フィニッシュトレーニング)と早漏用(キープトレーニング)があるとのこと。
3/8 安倍首相また国会で赤っ恥「法の支配」の対義語を知らず|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍首相の「“法の支配”の対義語は何か」に対する国会での答弁、「まさに、この反対語と言うよりも、法の支配、え、ということを申し上げているのはですね、いわば、あーこのー、この海、、、繁栄の海……」などと、シドロモドロ。まあ、この人の知的水準では無理だろう。
3/7 法制局長官の発言で一時中断 質問に「声を荒らげて…」:朝日新聞デジタル 「横畠裕介内閣法制局長官が6日の参院予算委員会で、立憲民主党会派の小西洋之氏に「このような場で声を荒らげて発言するようなことまでとは考えていない」と答弁した。野党の抗議で審議は一時中断。横畠氏は答弁を撤回した。」、この男、国民の代表である国会議員に対しての暴言、これはいただけない。これも政権側にいる人間の驕りなのだろう。
3/7 東京新聞の望月衣塑子記者を支援する署名をネットで集めた中2、誹謗中傷に「子どもが何か意見しちゃいけないんだと感じた」 | ハフポスト 「女子生徒は望月記者に対する官邸側の行為が「いじめ」と感じ、署名集めを決意。ネット上の署名活動サイト「Change.org」で、「特定の記者の質問を制限する言論統制をしないで下さい」などとするキャンペーンを2月5日、仮名で始めた。」とある。この女子生徒、素朴な意見だと思うが、これに対して誹謗中傷の集まっているという。自分の感じたこと感じたとおりにいう。それが政権批判であればふくろたたきにあう。この世の中は異常である。
3/7 【福山哲郎】問題答弁を連発 監察委・樋口委員長は調査やる気ゼロ露呈|日刊ゲンダイDIGITAL 「問題となったのは、立憲民主の福山哲郎議員の質疑に対する樋口委員長の答弁だ。2回目の監察委の調査で、福山議員が東京と神奈川の統計担当者に直接ヒアリングした人数などを問うと、樋口委員長は「お答えできません」を連発。揚げ句、「監察にあたって収集した資料については、開示しない旨が委員会で合意されており、お答えを差し控えさせていただく」と発言したから唖然ボー然。」とある。米国では、こういう監察委員会は与野党の議員が特別委員会で行なう。日本にもこういう委員会が必要だろう。
3/7 桜田オリ・パラ大臣もうアウト・・・グダグダ国会答弁に委員会爆笑!蓮舫議員も「大丈夫ですかあ?」 : J-CASTテレビウォッチ 「東京オリンピックの経費について答弁に立った桜田大臣は、「V予算では大会経費を1兆3500円と試算、あっ、1兆3500億円と試算」と言い直し、そのわずか3秒後に再び「このうち国費は1500円」とやらかし、議場を爆笑させた。どうにも数字が苦手で・・・」とある。個人攻撃はしたくないが、どうもこの大臣適任ではないような気がする。
3/7 「特捜部は私たち夫婦を標的に国策捜査をした」 森友疑惑初公判でも“籠池砲”が炸裂 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 学校法人「森友学園」を巡る補助金詐欺事件での公判で、、籠池泰典被告は、「国策捜査そして国策逮捕、国策勾留は絶対、許せません」と冒頭意見陳述。「昭恵夫人と親しかった家内(諄子被告)をも様々な露見を口封じのため罪をつくりあげ、共犯として逮捕し、こともあろうか300日も勾留した」、さらに、「特捜部が私たち夫婦を標的に苛烈な捜査」、「検事は『貴方が経営に戻らないと学園がつぶれてしまう』『(幼稚園の経営を引き継いだ泰典被告の)娘さんではダメだ』とか『奥さんも本当のことを話してほしいと言っている』『本当の事を早く話して、経営に戻った方がよい。そうした人もいた』とか『民事再生のためにも(取り調べに)答えた方がよい』とか拷問とも思える言葉を発していた」。さて、この裁判の行方、どうなるのであろう。
3/6 菅長官のはずが…安倍首相が新元号“横取り発表”の仰天情報|日刊ゲンダイDIGITAL 「そこで、安倍首相が自分で発表することに意欲を示しているそうなのです。レガシーづくりに躍起の安倍首相にとって、新元号発表は歴史に残る大役。もともと安倍―菅は微妙な関係ですから、安倍首相には菅官房長官にやらせたくないという気持ちもある。菅長官も安倍首相の気持ちを忖度して、『総理がやるべき』と進言するんじゃないか。新元号の候補には、まだ『安』の字も残っているようですしね」(自民党関係者)ーさて新元号、発表は誰がするのであろう。
3/6 二階幹事長「小池都知事に全面協力」発言 自民党は猛反発、いったい何があった? : J-CASTテレビウォッチ  自民党の二階俊博幹事長が来年の東京都知事選をめぐって、小池百合子都知事が再選を目指して出馬すれば、「全面的に協力するのは当たり前だ」と支持を表明。自民党都連と小池知事の対立が激化しており、都連幹部は「寝耳に水だ。発言撤回を申し入れる」と猛反発。さて、自民党内部に何が起きているのか。
3/6 CNN.co.jp : 米下院民主党、トランプ氏巡る包括調査に着手 司法妨害疑惑など 「米下院司法委員会のナドラー委員長(民主党)は4日、トランプ大統領の選挙陣営や事業、権力移行、政権運営をめぐる包括的な調査を行うと発表した。民主党がトランプ氏に対する弾劾(だんがい)手続きに入る場合、今回の調査が地ならしとなる可能性がある。」、いよいよトランプ大統領が追い詰められてきたようである。
3/6 セブンの店舗オーナー、死亡率が官僚の6倍?オーナーが不眠で50時間連続勤務の例も | ビジネスジャーナル 「同じくセブンでは、18年2月に大雪に見舞われた福井県の店舗でオーナーの営業中止要請が本部に却下され、オーナーが約50時間も不眠で勤務したことが伝えられています。」とある。セブンイレブンに限らず、コンビニの店員のほとんどはアルバイトによるものだが、その人材不足が深刻となっている現在、営業時間などの業態変更は当然であろう。営業時間を店舗オーナーに無理な労働時間を強いることは、コンビに運営会社とオーナーとの契約に無理があるといえよう。
3/6 飲んだら風呂はやめておこう…若い世代も「ヒートショック」の危険アリ|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 酒を飲んだら風呂はやめる。これは高齢者も若者も同じである。次に掲げる項目に合致する方は要注意。
@ 「一番風呂」が好き。
A 42℃以下の風呂では満足できない。
B 入浴前に食事を摂る。
C ほろ酔いの状態で入浴する。
D 持病の薬の服用は入浴後。
E クビまで湯に浸り長風呂を満喫したい。
F 入浴するのは、入眠前の深夜。
3/5 いら立つ小池都知事、築地跡地の方針転換と批判噴出 - 社会 : 日刊スポーツ 都知事選の際、「築地は守る 豊洲は生かす」と掲げた公約、築地の跡地がいつのまにか食のテーマパークから国際会議場の建設という方針に変わった。これを小池都知事は方針は変わっていないと強弁する。これに対して、「自民の山崎一輝都議は、豊洲市場で約150人にアンケートをとり、小池氏の方針について聞いたところ、「変わった」が143人、「変わっていない」が8人だったと、パネルで指摘。「当然の結果だ」と述べた。」とある。都民のみなさん、どう思われる。
3/5 溶融燃料の完全撤去「難しい」 東電廃炉トップ  :日本経済新聞 「2011年の福島第1原発事故から8年を迎えるにあたり、廃炉を率いる東京電力の小野明・福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者が日本経済新聞社のインタビューに応じた。炉心溶融(メルトダウン)により溶け落ちた核燃料(デブリ)を全て取り出すのは「かなり難しい」と語った。」、現実はこういうことだろう。
3/5 小沢一郎が明かす民主党政権失敗の本質 - 佐藤章|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト 「アベノミクスの結果は、本当に国民の皆さんの生活を苦しくさせる一方であります。こういうような国民の生活を無視した政治は本当の政治ではない。本当の政治というのは、日本人である以上、どこに住んでいても、どんな仕事に就いていても、安心して安定した生活を送ることができる、それを考えていく。これが本当の政治じゃないでしょうか」、民主党政権の失敗が今もなおトラウマになって安倍政権を継続させているが、さて、これからどうなるのであろう。
3/5 江戸むらさき | 桃屋オンラインショップ 1950年発売の「何はなくとも・・・江戸むらさき」、いわば元祖江戸むらさきをスーパーなどでさがしてもなかなか見つからない。「国産(主に三河湾周辺で収穫)の板のりを使い、伝統的な佃煮の製法で仕上げました。エキス類は、一切使っておりません。「のり」と「醤油」の旨みと香りを活かした、キレの良い味わいののり佃煮です。姉妹品の「ごはんですよ!」は、なめらかでトロリとした食感であるのに対し、「江戸むらさき」は、板のりだけを使用しているので、固形感のある仕上がりになっています。」、これが食べたい。
3/5 安倍総理の口から出まかせ発言がエスカレート! 「私が国家」と述べる総理の危うさ…(初鹿明博) 「その中でも私が最近特に問題だと感じているのは、安倍総理の口から出まかせの答弁が多くなっていることです。しかも、明らかに事実と異なることを堂々と発言し、事実と異なることを指摘されても、言い訳にもなっていない言い訳を言って、決して訂正したり、取り消したりしなくなっているのです。今日はその幾つか実例を示して、事実はどうであるのか、安倍総理の言い訳が如何に理屈の通っていないおかしなものであるのかをご紹介しようと思います。」という指摘がある。どうするべきだろう。
3/4 江東区「アポ電」強盗殺人 現金150万や金庫は手つかず - zakzak 事前に現金の有無などを尋ねる「アポ電(アポイントメント電話)」による強盗殺人事件があった。「警視庁深川署捜査本部は現場から立ち去った3人組の行方を追っている。3人組の軽乗用車は、マンション入り口から約50メートル先の路地に止められていた。すぐに逃走できるように駐車位置を事前に決めるなど周到に準備していた可能性がある。所沢ナンバーで灰色の軽乗用車とみられる。」、見ず知らずの人間からの電話には注意が必要。
3/4 あなたもやってない?スーパーで商品を元の棚に戻さない・・・お菓子コーナーに生さんま放置 : J-CASTテレビウォッチ  「スーパーマーケーットで、いったん手に取った商品を元の棚に戻さない客が増えている。乾物コーナーにほうれん草、肉の隣りにちくわ、冷凍食品の上にネギ、お菓子の棚に生さんまなどを放置していくのだ。」、たまに見ることがある放置食品、気が変わって一度カゴに入れた商品を、もとに戻さないで適当な場所に置く、スーパーなどでよく見る光景である。スーパー側では、店員に渡すか、レジで支払いの際にもどして欲しとのこと。
3/4 言論統制が深刻化…確実な証拠がないから追及が必要なのだ|日刊ゲンダイDIGITAL 「2018年12月、東京新聞の望月衣塑子記者が、官房長官の菅義偉に対し、辺野古の米軍新基地建設について「埋め立て現場では今、赤土が広がっており、沖縄防衛局が実態を把握できていない」と質問。すると官邸は激怒し「事実に反する質問が行われた」との文書を出した。では、事実に反するのはどちらなのか?」、菅による言論統制、思い上がりであろう。事実を確認するための記者からの質問を封じる、これはあってはなfらない。
3/4 安倍首相とトランプ大統領の蜜月どう見てもフェイクニュース | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ 安倍首相とトランプ大統領の蜜月、世界からみればお笑い種のようである。「2016年11月、初会談でトランプに50万円もするHONMAのドライバーを持っていくんです。ヒラリーが当選すると予想していた安倍首相には、大統領選を読み間違えたことで、アメリカに対するコンプレックスがある。最初のスタートからしてそうで、トランプから見たら『ゴマをすりに来たのかよ』となる。この延長線上に、今回のノーベル平和賞への推薦があるのです」、実に愚かとしかいいようがない。
3/4 目薬の『正しい使いかた』に「知らなかった…!」の声 あなたは正しく使ってる? – grape [グレイプ] 花粉症で目薬をさす、疲れ目で目薬をさす、そういう人は少なくないと思います。そこで目薬のさし方、「目尻にある涙腺から分泌された涙が、目頭の涙点へ流れていくことで、人間の身体は目を潤しています。つまり、涙点は涙の出口なのです。涙点を抑えなければ、目薬は涙点から涙小管を通り、つながっている鼻へすぐに流れて行ってしまいます。」、ぜひご参考に。
3/1 東北沖M7“90%”と南海トラフM8〜9“80%” どちらが危ない?|日刊ゲンダイDIGITAL 「東北沖で今回、急激に確率が上がりましたが、地震発生に対する見解が変わったわけではありません。宮城沖では、平均37年周期でM7級が繰り返し起きています。2011年の東日本大震災から計算しても『30年以内のM7』というのは周期の枠内に入っていますから、実は驚くような話ではないのです。それに、東日本大震災の津波で被害を受けた地域には家を建てないようにしていますから、同規模の地震でも被害が小さく済む可能性が高いですしね」、「1年前から静岡西部、三重南部、和歌山南部、紀伊水道、徳島南部などでプレート境界地震が続いています。いずれもM4、40キロの深さ。さらには、大分―四国―愛知で揺れを感じないほどゆっくり動く『スロースリップ地震』が観測されている。南海トラフの方が先に来るのではないかと思います。それに、静岡、名古屋、大阪など南海トラフ地震で影響を受けるエリアは地方都市で人口も多く、同規模の地震だとしても被害が甚大。土木学会は20年間の経済損失が最悪で1410兆円と試算しています」、東北、南海、どちらにしても、より現実味が増してきた。
3/1 定年後「再雇用」の実情。役員からイチ営業マンになった60代の選択 | 日刊SPA!  定年を迎える人にとって再雇用にするか、あらたに働き先を求めるか、重大な決断を迫られる。かっては退職金の預金金利と年金で暮らすことができたが、いまや65歳、70歳まで働かざるを得ないのが現実である。現役時代の給与とはいかないが、たとえ減ったとしても慣れた仕事ができる再雇用がいいかもしれない。
3/1 「米朝」より大注目「元大統領顧問弁護士」決定的議会証言 | デイリー新潮 第2回米朝首脳会談が行なわれていたとき、米国ではドナルド・トランプ大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエンの下院監視・政府改革委員会での審問会があった。内容は、「コーエンは冒頭陳述とともに9つの証拠書類を提出。このうち、トランプ大統領がドイツ銀行に提出した2011〜2013年の資産報告書や、コーエンが負担したポルノ画女優への口止め料をトランプ大統領が弁済した小切手のコピーなどは、彼の証言内容を裏付ける強力な証拠と言えるだろう。」という具体的なもの。さらに、「私はまた、トランプの世界では、とりわけ選挙戦に関しては、トランプ氏への報告と承認なしでは何1つ動かないことを知っていました。ですから私は、あの日ドン・ジュニアが父親のデスクの向こう側に回ったとき、ヒラリーのネガティブ情報に関する2016年6月のロシア代表とのトランプ・タワー会合のことを言っていたのだという結論に達しました――そしてトランプ氏が「それはいい……知らせてくれ」と言ったとき、ドン・ジュニアが話すその会合のことを知っていたのだと結論づけました。」トランプ大統領、徐々に追い詰められてきたようである。
3/1 History(歴史)|日清チキンラーメン NHKの朝ドラマで話題となっている即席ラーメン、「安藤百福(日清食品創業者)が発明しました。チキンラーメンが生まれたのは昭和33年8月25日。戦後の焼け跡の屋台に、一杯のラーメンを求めて長い行列を作る人々の姿が脳裏から離れず、「もっと手軽にラーメンを食べられないものだろうか」という思いから、家でおいしく手軽に食べられるインスタントラーメンの開発にいたったのです。」とあります。子供の頃、ドンブリの麺にお湯をかけて3分待った、あのときが懐かしい。
3/1 3人に1人が? 埼玉県の「浮気率」がダントツで高い不思議│NEWSポストセブン 埼玉が、2月18日に発表された「浮気率の高い都道府県ランキング」で1位に輝いた。「3位・和歌山の24.3%、2位・京都の25.6%を抑えて、埼玉は断トツの31%。実に3人に1人が浮気をしているというのだ。」だそうである。また、「ちなみに先の調査では「避妊具の使用率」も埼玉が1位。大胆かつ、慎重なのが埼玉人の性格ってこと?」だそうである。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2019年3月の掲載



Copyright 爽快倶楽部