TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2018年9月の掲載


9/28 貿易戦争の米中、軍事的緊張激化 米「B52」が南、東シナ海を飛行 中国は米強襲揚陸艦の香港寄港拒否 - zakzak 北朝鮮問題は、本質的には米中問題である。『「死の鳥」という異名を持つ米空軍の戦略爆撃機「B52」が今週、中国を牽制(けんせい)するように南・東シナ海を飛行し、対する中国は米海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」の香港寄港を拒否したのだ。7月に勃発(ぼっぱつ)した「貿易戦争」の余波は軍事面にも広がっているようだ。』とある。B52戦略爆撃は、前面戦争開戦に重要な役割を担う。
9/28 沖縄県知事選“学会の乱”で玉城氏支持が続々 安室奈美恵の翁長コメントに官邸「けしからん」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)  沖縄知事選、与党候補応援に回っている公明党の支持母体である創価学会で内部批判が高まっている。「本土から約5000人を沖縄入りさせ、学会員や自民党員を投票所へ連れて行く役割を負わされています。そのため、選挙期間中の沖縄のレンタカー予約はたくさんの学会員で埋まっています」とあるが、玉城氏の街頭演説で学会のシンボルである三色旗を降りながら支持を打ち出す学会員が出てきた。「佐喜真氏は日本会議とも関係が深く、平和思想を説いた創価学会の池田大作名誉会長の考えとは真逆な人。そんな人が知事になれば沖縄が大変なことなってしまう。そもそも公明党自体が自民べったりでおかしくなってしまった。いま声を上げないといけないと思い、玉城氏の支援に回ったのです。10万人とも言われる沖縄の学会員が、少しでも多く玉城氏に投票して欲しい」と主張。
9/28 北海道 台風への備えは29日までに(日直予報士 2018年09月28日) - 日本気象協会 tenki.jp 大型で非常に強い台風24号が30日−1日と日本縦断する可能性が出てきた。前線の影響で大雨になることが予想されており、土砂災害の可能性がある地域は、注意が必要です。避難勧告などが出た場合は、早めの行動が必要です。「懐中電灯やラジオ、携帯の充電器などの停電対策、水や非常食などの準備、また、避難経路や避難場所をあらかじめ確認しておきましょう。そして、最新の情報を常に入手するようにして下さい。」
9/28 「引退届」ではなぜダメなの?貴乃花への嫌がらせにしか見えない相撲協会の拒否 : J-CASTテレビウォッチ 貴乃花親方の突然の「引退届」に驚いた方は少なくないだろう。引退届け書類の不備は別にして、その功績を讃えられて一代年寄りとなった大横綱が、何故こうも追い込まれたのか。相撲協会の闇は根深いように思える。
9/28 豊洲市場、ヒ素や基準170倍のベンゼン検出…小池都知事は移転強行 | ビジネスジャーナル 10月11日に築地市場が豊洲に移転するが、豊洲市場の地下水には基準値170倍のベンゼンやヒ素が残ったままである。都は豊洲移転の条件として「無害化3条件」(・土壌汚染対策の確実な実施 ・東京ガス工場操業由来の汚染物質を完全に除去・浄化 ・土壌・地下水の汚染も環境基準以下にする)の実施を掲げてきたが、その条件をクリアしないままの見切り発車である。「いまだに地下水などから環境基準を大幅に超えるベンゼン、シアン、ヒ素が検出されている。日常的に豊洲市場で働くことになる仲卸業者の健康が脅かされ、身体・生命の安全が害される危険性が極めて大きい」という指摘、都はどう答えるのだろうか。
9/27 富士山がうっすら雪化粧! - ウェザーニュース 26日、富士山が雪化粧。日々秋が深まっていくようです。
9/27 息子が犯した罪の度に親は永久に引っ張り出されるのだろうか・・・ワイドショーの種は尽きず<三田佳子次男の覚醒剤事件報道>(各局) : J-CASTテレビウォッチ 子供が犯罪を犯したとき、親も同様に断罪されるべきか。三田佳子の次男、高橋祐也が覚醒剤逮捕されたことは記憶に新しいが、逮捕された息子は40歳前の男、本人の自己責任であることは疑いないが、同時に子供に犯罪を犯してはいけないと教育することも親の責任であることは確かであろう。
9/27 沖縄でも巨大地震の可能性 琉球海溝で「固着域」を発見 ハフポスト 「沖縄本島南東沖の琉球海溝沿いに、海側のプレート(岩板)と陸側のプレートが強くくっついてひずみが蓄積される「固着域」があることを、琉球大や名古屋大などの研究チームが突き止め、米専門誌に論文を発表した。琉球海溝でも、東日本大震災や南海トラフ地震のような巨大地震が起きる可能性があることを示す結果という。」とある。日本列島、どこに巨大地震が起きてもおかしくない。
9/27 温暖化でグリーンランドの氷が初めて分解 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「グリーンランドの北方の海はいつも凍っていて、夏にも解けることがない。だから地球温暖化が問題視されるなか、北極圏の氷の「最後のとりで」と呼ばれている。だが最近撮影された衛星写真から、地球上の海でも指折りに古くて厚いはずのこの海域の氷が、バラバラになっていることが分かった。」という報告がある。地球温暖化、確実に進んでいるようである。
9/27 安全な飲酒量はない!?アルコール関連死280万人、がんの死亡リスクが酒量に比例!|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 一般に適量の酒ならば健康に害はないといわれてきたが、ワシントン大学の研究グループによると、「世界のアルコール関連死は、およそ280万人に上る。がんの死亡リスクはアルコール摂取量が多いほど増加し、健康損失を最小限に抑える飲酒量はない」と警告する研究成果を『Lancet』(2018年8月23日オンライン版)に発表した。」とある。さて、どうしたものか。
9/26 宇宙の余命は1400億年以上 暗黒物質の分析で東大など将来予測 数百億年説を否定(1/2ページ) - 産経ニュース 気が遠くなるような話。宇宙の「暗黒物質」の分布によると、宇宙が今後1400億年以上は存在し続けることが分かった。宇宙が誕生したのは138億年前とされており、これから10倍の“余命”がある計算。気になるのは、宇宙が存在しなくなるということはどういうことだろう。
9/26 高御座が皇居に 代替わりに向け準備本格化 (写真=共同) :日本経済新聞 来年10月22日に行なわれる「即位礼正殿の儀」で新天皇と新皇后が登壇する高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)が、京都御所から皇居にトラックで移送された。平成の世もあとわずかである。
9/26 トランプ氏の実績自慢、国連総会で失笑買う (写真=ロイター) :日本経済新聞 他人から賛辞を送られない政治家は自画自賛するしかない。『国連総会の一般討論演説で、トランプ米大統領が各国代表の失笑を買う一幕があった。トランプ氏が「(就任から)2年足らずで大半の歴代政権よりも多くのことをなし遂げた」と自慢げに演説を始めると、議場にいた首脳や閣僚、外交官から笑いがわき起こった。トランプ氏は「その反応は予期していなかったが、まあいいか」とつぶやくと、さらに大きな笑いと拍手に包まれた。』、これほど愚かな米国大統領はかっていただろうか。
9/26 痴漢の擁護に走った「極論雑誌」の末路 (元木 昌彦) | プレジデントオンライン 『自民党の杉田水脈衆院議員が「新潮45」(8月号=編集兼発行者・若杉良作)に書いた「『LGBT』支援の度が過ぎる」の中で、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり『生産性』がないのです」と書いて、大きな批判が巻き起こった。』、この寄稿に対し擁護する記事を掲載し、さらに批判が高まった「新潮45」が休刊となった。杉田水脈衆院議員は、いわば安倍チルドレン、安倍首相も高く評価する議員である。
9/26 米カリフォルニア:大麻解禁で販売店に列 6州目 - 毎日新聞 今年1月の記事である。米国カリフォルニア州で大麻の販売が始まった。娯楽使用の大麻販売である。「合法化の背景には、闇取引が横行する中、当局が管理して課税する方が州の財源にでき、現実的だという判断がある。ロイター通信によると、解禁により年間10億ドル(約1130億円)の税収が見込まれるという。一方、西部コロラド州では合法化後、大麻使用者の交通死亡事故が増加し、身体への影響に懸念もある。大麻は連邦法では禁じられているが、全米では西部ネバダ州など8州と首都ワシントンで娯楽用大麻が合法化されている。16年の住民投票で認められた東部マサチューセッツとメーンの両州は年内に販売が始まる見通し。」とある。国も変われば考え方も違うようである。
9/25 台風24号 猛烈な勢力にまで発達(日直予報士 2018年09月25日) - 日本気象協会 tenki.jp 台風24号が沖縄方向に向かって進んでいる。今年の台風はかって経験したことがないほど巨大化する傾向がある。25日午前3時現在、中心気圧は915hPa。警戒が必要。
9/25 「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言|日刊ゲンダイDIGITAL テレビのコメンテイター、デーブ・スペクター氏の言である。「24時間テレビはチャリティーでギャラもらえるのに、東京五輪は巨大なビジネスなのにボランティアはタダ働きっておかしいと思うのは、私だけ?「24時間テレビのことを今さらどうこう言うつもりはないけど、チャリティー番組とはいえ、結局金儲けじゃないですか。スポンサー企業の協賛金だけで番組内で募った寄付金額を超えているし、当然、出演者はギャラをもらう。それならなぜ、テレビ番組とは比較にならないほどの収入がある五輪で、一般人がタダ働きを強いられるのか。オカシイと思ったんです。」、正論ではなかろうか。
9/25 ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ|日刊ゲンダイDIGITAL 牛丼の吉野家の第一号店が現在の築地市場にあることはあまり知られていないかもしれない。その一号店が豊洲市場移転により10月6日で営業を終了する。「吉野家は1899年、東京・日本橋にあった魚市場に個人商店として誕生。1926年に関東大震災で魚市場が築地へ。それに伴い、同店も移転したが、45年の東京大空襲で店舗が焼失。戦後すぐに屋台で営業を、2年後の47年に築地市場で店舗営業を再開した。」とある。終了前に出かけてみてはいかが。
9/25 日本人の多くがいまだに知らない「沖縄の本音」(木村 朗) | 現代ビジネス | 講談社 日本の自主独立とは、「戦後における日米関係の大転換、すなわち日米安保条約の廃棄と日米平和友好条約の調印をもたらすことになるであろう。」とある。この意味でいえば、かっての細川非自民党政権および鳩山民主党連立政権は、自主独立をめざした戦後初の政権であったろう。それを否定したのは、自民党政権にほかならない。
9/25 <私の戦争体験>生還した特攻兵器の搭乗員 隊長は「これが貴様らの棺桶だ」と言った | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する 「死を宣告されていた私たちでさえ、世の中の雰囲気にセーブされ戦争に反対はできなかった。今は何でも話せる時代。世の中を冷静に見て、言わなきゃいけないことはちゃんと言わなきゃいけない」、生還した特攻隊兵士の言葉である。これから憲法改正の議論が始まる。その是非はいかであれ、言論は自由であるべきであり、それを封殺しようとするいかなる勢力とも対決すべきであろう。
9/21 石破茂氏「想定超える善戦」が持つ大きな意味 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 予想されていたとはいえ、現職の安倍晋三首相の3選が決まった。石破茂元幹事長の健闘もいわれている。気になったのは自民党以外の地方の党員票に意外と石破票が多かったこと。自民党議員は自分の支持者の意見をどう思っているのだろうか。次の選挙の際の公認を党執行部、官邸が主導して行なうとなれば、苦渋の選択なのであろうが、そうであれば今の選挙制度は独裁者を生み出す可能性がある。
9/21 根拠はあるのか 不可解な「共産党抜き」野党共闘の主張|日刊ゲンダイDIGITAL 来年の地方選挙、参議院選挙、野党は本気で統一候補擁立を考えねばなるまい。『元参院自民党議員会長・村上正邦氏は「野党は……『共産党とは組めない』とか内輪もめばかりしていますが、本気で政権交代を目指しているならば、そんな甘っちょろいことは言えないはずですよ」と語っている。』という指摘がある。自民党は公明党の票で勝ちあがっている。ならば野党は共産党の組織票で勝ちあがる必要もある。「1人しか当選者が出ない選挙で、反自公陣営が複数候補を擁立すれば自公が勝利するのは当たり前だ。『共産党とは共闘しない』とする勢力は『隠れ自公応援団』である疑いが濃厚なのだ」とは経済学者の植草一秀氏の言である。
9/21 震度2で電源喪失寸前だった北海道・泊原発「経産省と北電の災害対策はお粗末」地震学者 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)  北海道の大地震、驚くべき指摘がある。『なかでも驚かされたのが、北海道電力の泊原発(泊村)で外部電源がすべて失われたことだ。泊村の震度は2。にもかかわらず、現在は非常用ディーゼル発電機で、燃料プールにある使用済み核燃料1527体の冷却を続けている。幸いにも、3基の原子炉は運転停止中だった。2011年の東京電力福島第一原発事故による大きな教訓は、大規模災害が起きても「絶対に電源を切らさないこと」だったはずだ。それがなぜ、わずか震度2で電源喪失寸前まで追い込まれたのか。』。日本の原発、本当に安全なのだろうか。
9/21 若者が来ない!「自衛隊員募集」の深刻現場 | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 自衛隊員募集に若者が集まらないという。「自衛官の採用数は2017年度に4年連続で計画を下回り、防衛省は今年10月から、募集対象者の年齢上限を26歳から32歳に引き上げる。女性の活用も推進し若い男性自衛官の不足を補おうとしているが、このまま採用難が続けば、今後の自衛隊の海外活動や海上の安全保障を守る活動にも制約要因となり得る。」とある。このままいけば自民党は徴兵制の検討を視野にいれるだろう。それゆえにこそ、自衛隊の海外での活動範囲を明確にする必要があるだろう。
9/21 BOOK TOWN じんぼう 読書の秋。現代の作家も多くの作品を書いているだろうが、やはり名作といえば、明治・大正・昭和の文豪の作品となろう。夏目漱石、志賀直哉、芥川龍之介、川端康成、三島由紀夫、あらためてお読みになってはいかが。地域の図書館に多くの蔵書があると思います。
9/20 認知症予防が可能に…カギはデンマークの10万人対象調査|日刊ゲンダイヘルスケア デンマークで認知症に関する論文が発表された。「調査はコペンハーゲンで2003年から15年の間に行われ、被験者のライフスタイルに関する問診、健康診断、血液検査が実施されました。その結果、被験者の年齢と性別、そして認知症と高い相関関係を持っているとみられるアポリポタンパクE遺伝子の有無を組み合わせることで、向こう10年間の認知症のリスクを知ることができるとしています。なお、アポリポタンパクE遺伝子は、脳細胞にとって有害な線維状のタンパク質βアミロイドの蓄積をもたらすと考えられている遺伝子です。」というもの。認知症予防が期待される。
9/20 「軍畑駅」これ読める?読めたらすごい東京の難読駅名ランキング - zakzak 東京にある難読の駅名。「1位 軍畑駅 2位 九品仏駅 3位 庚申塚停留場」だそうです。みなさんはいかが?
9/20 まだ残暑なのにもうインフルエンザ?今年はA型で急な発熱 : J-CASTテレビウォッチ 9月上旬からインフルエンザで学級閉鎖する学校が出始めているそうである。「愛知県6校、神奈川県4校、東京都3校など13都府県25校に及ぶ」と報告されている。タイプはA型、急な発熱が特徴、ご注意を。
9/20 安倍総理も苦笑い…プーチン「平和条約提案」の怖すぎる真意(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス | 講談社 日米安保条約において米国は、日本のどこにでも米軍基地を置くことができる。従って北方四島返還後に米軍が基地を作ることを恐れており、米国が基地を置かないこと日本に約束することなしにロシアは決して返還しない。この状況があるからこそ、プーチン大統領は、全てを棚上げして平和条約締結を提案したように思える。北方四島の返還は、ロシアの問題ではなく、日米間の問題なのだということを知っておく必要がある。
9/20 眉間のシワは心臓病の兆候? 死亡リスクは10倍も! シワの深さは動脈硬化が原因?|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 欧州心臓病学会で「眉間のシワは心臓の状態が悪い徴候」という研究結果が発表された。「年齢の割に眉間のシワが深い人は心臓病が原因で死亡するリスクが高く、さまざまなリスク因子で調整後でも、眉間にシワのない人と比べて最も深いシワがある人では、心臓病で死亡するリスクが10倍近いことが分かったという。」、ご注意を。
9/19 「石破さん応援なら辞表を」自民党総裁選を巡り閣僚の発言が議論 - ライブドアニュース 自民党総裁選で、現役閣僚から斎藤農水大臣への一言、「安倍応援団の1人に言われました。斎藤よ…(安倍)内閣にいるんだろ?『石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ』と」。自民党には安倍独裁が蔓延しているようである。
9/19 アベノミクスがあと3年続けば日本の産業衰退が一気に露呈する | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン 『いま景気はどうにかもっている。だが、それをアベノミクスのおかげとするのは早計だろう。「デフレ脱却」を掲げたアベノミクスが想定するプロセスは効いていないからだ。2018年6月の消費者物価上昇率は、生鮮食品を除くコア指数で0.8%だが、さらにエネルギーを除くコアコア指数は0.2%にすぎない。「2%物価目標」にはほ ど遠いうえ、消費者物価上昇率を押し上げているのは、トランプ大統領のイラン制裁の伴う石油などエネルギー価格の上昇が原因であり、日銀の金融緩和の効果ではない。たしかに、ジャブジャブの異次元金融緩和で倒産件数は減っている。だが、それによって新しい産業が生まれているわけではない。有効求人倍率の上昇は生産年齢人口(15〜64歳)の減少の影響が大きい。「働き方改革」でも裁量労働制や高度プロフェッショナル制度に関する恣意的データが作られたように、自らに都合良い数字を並べ立てているだけで、実質賃金の低下と労働時間強化は改善される見込みはない。結局のところ、アベノミクスのもとの「好況」は、円安誘導や赤字財政のファイナンス、日銀の株買いに支えられた「見せかけの景気」にすぎないのだ。』、安倍政権の目玉政策、アベノミクスの実態、冷静にとらえるとこういうことだろう。
9/19 大地震、次に危ないのはどこ?「地震予測メルマガ」の最新予測 | 日刊SPA!  北海道で地震があり、最近関東でも地震が起きている。いやな感じである。「青森県太平洋沖には東日本大震災の際の割れ残りがあり、最近その地域で継続的な地殻活動があるのが気になります。また、1か月以上、地震の群発が進む北海道も要注意です」、「日本では、人間が感知できない小さな地震を含め、一日400回くらい起こっています。地球の地下で起こるひずみが発するエネルギーを、こうした微小な地震が発散しているのですが、巨大地震の前は、これらの地震の数が減少することが知られています。結果、地下にため込まれたエネルギーが、大地震で一気に放出されるんです。たとえば、現在、紀伊半島沖で奇妙な地殻変動が観測されており、今年6月に起こった大阪北部は大地震の前触れの可能性も。近畿地方は今後も注意が必要です」。ご注意を。
9/19 健康食品を疑え!乳酸菌もヒアルロン酸も欧米では相手にされず | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ 毎日TVコマーシャルに登場する保健機能食品。「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」などがあるが、そもそも、それは本当に体にいいの?という疑問は少なくないはず。結論からいうと、「トクホでも機能性表示食品でも、欧米では科学的根拠がないと判断されている機能を堂々とうたっている商品が多くあります」、「ヒアルロン酸やグルコサミンを飲んでも、それがそのまま患部に届くことはありません。ちなみに、健康食品の宣伝によく『抗酸化』という言葉が使われます。しかし酸化=呼吸であり、生きることそのものが酸化なのです。それを抑制すればいいことしか起きない、そんなことなどありえません。つまり、抗酸化という言葉だけで説明が終わっていたら、科学的根拠はないと言っているのと同じです」、あなたの健康食品、見直したほうがいいかもしれません。
9/19 「90歳自撮りばあちゃん」が大人気! 目を疑うほどの“衝撃”写真を撮る理由 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)  熊本の“自撮りばあちゃん”、現在90歳の写真家。「ゴミ袋に入って苦渋の表情を浮かべていたり、物干し竿にぶら下げられたり、また車にひかれそうになったりしている、高齢者虐待!? と目を疑うような衝撃的な作品を目にした人も多くいるだろう。」というもの。この元気にエール!を送りたい。
9/18 富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃|日刊ゲンダイDIGITAL 南海トラフ、首都圏直下型への警戒が高まっているが、富士山の大噴火による被害はそうした大地震と同様にかなり深刻になるという指摘がある。「全パターンを重ね合わせた最大降灰量の分布図を見ると、神奈川全域、東京都、静岡、山梨各県の一部では最大30センチ〜1メートルだ。神奈川、静岡、山梨各県の一部地域では1メートルを超える。千葉、茨城、埼玉各県でも、最大10〜30センチとなる可能性を指摘している。1250万人が目・鼻・のどをやられる。富士山ハザードマップ検討委員会(2004年)では、被害エリアの通行不能区間は、3700〜1万4600キロ、不通になる線路区間は1800キロだ。これではどこにも脱出不能だ。航空機は0.1ミリ未満という少量の降灰で6空港が不能になる。フィリピンのピナツボ山の大噴火(1991年)でも、4ミリで国際空港が使用不能になり、回復に10日を要している。」とある。
9/18 脱走犯・樋田淳也に「懸賞金」300万円がかけられた(1)いまだ凶悪犯が野放しの最中… | アサ芸プラス 大阪・富田林署から脱走した樋田淳也容疑者、逮捕の一報はまだない。これに地元企業が「逃走男の首」に大阪市内の建設会社が、脱走犯確保につながる有力情報に300万円もの高額懸賞金をかけたそうである。地元では、「回覧板には容疑者の写真が載り、警戒が促されています。町なかには、そこらじゅうに警官がうじゃうじゃ。商店で聞き込みをしたり、手配書を配ったりしてますね。特に、樋田容疑者は性的暴行やひったくりの相手を20代までの女性に限定していたこともあり、私の職場の若い女の子たちは報道を見て顔面蒼白です。私も彼女たちには一人で行動しないように注意しています」とのこと。逮捕が望まれる。
9/18 「トランプ大統領の理解力は小5レベル」とワシントン・ポスト記者 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ 「アジアにおける最大の同盟国である日本に対しても、「アメリカから雇用を奪っている。日本製の自動車や鉄鋼に追加関税を課す」と、経済の相互依存関係を無視して、平気で日本批判を繰り広げる。」とあるが、日本の首相は日米関係は、かってない良好な関係と自画自賛する。小5レベルの大統領を選んだアメリカ国民、その大統領の親密な日本の首相、世も末である。
9/18 それでも私は辞めません......安倍首相の異例の長期政権が意味するもの | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「安倍晋三首相は伝統を好む。教育では伝統的価値観を、宗教では論争の的となる神社が象徴する伝統的な信仰を、軍事の分野ではかつて存在したような軍隊を。ところが、ただ1点においては、過去と決別する明確な意思を示している。すなわち、政治的な自己犠牲だけは払わない、と。日本の経済界では、自社の未来を揺るがす不祥事が起きたら、経営者はほぼ間違いなく辞任する。自社製エアバッグのリコールが各国で拡大したタカタのように大規模なスキャンダルに見舞われた場合はもちろん、限定的な事件でも多くの場合で辞任は必至。00年には、雪印乳業(現・雪印メグミルク)の工場の1つで製造された製品が集団食中毒を引き起こした事件を受けて、社長が引責辞任した。」、これが常識である。
9/18 30代の入選に驚きの声も…シルバー川柳が話題「こういう老人になりたいねぇ」 ・デイサービス「お迎えです」はやめてくれ 「ベンツから乗り換えたのは車椅子」「朝起きて調子いいから医者に行く」「百年も生きりゃ貯金に先立たれ」「うまかった何を食べたか忘れたが」、実に面白い。
9/14 自民党はなぜ右傾化したのか? 安倍首相の軌跡から考える 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 『山崎自民党元副総裁の見方である。「憲法に自衛隊を明記することを目指しているが、国民の大半は自衛隊を憲法違反と思っていないだろう。なぜなら既に国会で成立し何度も改正されている自衛隊法がある。憲法違反の法律などないのだ。沖縄返還をやった佐藤栄作、日中国交正常化をやった田中角栄、国鉄を民営化した中曽根康弘、郵政民営化の小泉純一郎、それに比べて長期政権だがレガシーが何もない安倍。自衛隊を明記する加憲案なら抵抗も少ないだろうと、つまりイージーな憲法改正案は、党是である憲法改正を初めて実現した自民党総裁として歴史に名を残すだけが目的なのだろう」、実に安倍という男の本質を言い当てているだろう。』とある。それでもなお、安倍一強の自民党、何かが狂っている。
9/14 対米外交で安倍は100%米国とともに 石破は言うことは言う|日刊ゲンダイDIGITAL 今回の自民党総裁選。石破氏の圧倒的劣勢が伝えられている。彼の日米同盟に対する考え方が紹介されている。「先日、トランプが来日した時に米軍横田基地から入国したことについて、石破は怒っていましたね。米大統領が、日本という独立した国家に入ってくるのは、東京なら羽田空港か成田空港のはずです。それを大統領専用機のエアフォースワンで勝手に横田基地に降りた。それなのに日本政府は自衛隊を何百人か横田に行かせて、米軍の兵士と一緒にトランプの話を聞いていた。これはもう植民地ですよ。言うべきことは言わなきゃいけないし、けじめはつけなきゃいけない。それが石破の米国との向き合い方です。日米同盟は必要だというところまでは安倍と同じですが、そこから先が違います。」、自民党右派に議員諸氏は、これをどう思っているのだろうか。
9/14 得意とされる外交で破綻してしまった安倍首相を続投させても良いのか BLOGOS 「安倍首相は日露間の経済協力の拡大をテコに領土問題を打開し、それを成果として解散・総選挙に打って出るのではないかと見られていました。しかし、この戦略にも狂いが生じているようです。 プーチン大統領は領土問題で日本に譲歩する意志はないようで、経済協力だけを『食い逃げ』するかもしれないからです。これも、安倍外交の失敗となる可能性が強まっています。」、外交の安倍、これをどう説明するのだろう。
9/14 CNN.co.jp : ハリケーン接近の米東部、州知事が改めて避難呼び掛け 「命に危険」 大きな被害を残した巨大台風21号だが、米国ノースカロライナ州カロライナビーチに接近中の巨大ハリケーン「フローレンス」に関して当地のクーパー州知事は、『避難命令に応じない住民に対して「命を危険にさらしている」「雨風が始まってからでは遅い」と警告し、改めて避難を呼び掛けた。』とある。今、世界中で台風、ハリケーンが巨大化しつつある。地球温暖化による海水温上昇がその原因のひとつとされている。今後、世界中で、かって経験したことのない暴風雨に見舞われる可能性がある。
9/14 伝説の記者が暴くトランプのヤバすぎる内実 | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 「アメリカのドナルド・トランプ大統領のことを、ジム・マティス国防長官は「小学5、6年生並みの振る舞いと理解力」の持ち主と憤慨する一方、ジョン・ケリー大統領首席補佐官は「彼は馬鹿だ」と陰口を叩く――。』。アメリカはどこへ行くのだろうか。
9/13 【健康寿命UP術】焼きナスより揚げナスの方が体にイイ ポリフェノールは皮に多く含まれる (1/2ページ) - zakzak 旬の秋ナス、『ナス料理はいろいろあるが、栄養学的にはどうなのか。たとえば、焼きナスにして皮をむき、おろしショウガとしょうゆを垂らして、一杯…という食べ方。実はポリフェノールを有効に摂取するためには無意味なのだ。「ナスのポリフェノールのナスニンは、皮に多く含まれているため、焼いて皮をむいてしまうと失われます。また、ナスのあく抜きのために切って水にさらすと、ナスニンは水溶性なので水に溶け出してしまうのです」』だそうです。ぜひ皮ごと召し上がれ。
9/13 トランプ大統領がテロよりゴルフ中継を優先?政権内の暴露本が出版 - ライブドアニュース 「ワシントン・ポスト」の記者ウッドワード氏が執筆したトランプ政権内部をを暴露した本、「FEAR(=恐怖)」、『本によると1日6時間以上をテレビの視聴に費やす大統領は、サイバーテロに関して補佐官が話しかけても、「マスターズが見たい」とゴルフ中継を優先。補佐官を「おまえらサイバー野郎たちは…」と罵倒したという。また、北朝鮮をめぐっては今年初め、大統領が在韓米軍の家族を全員引き揚げるよう、ツイッターで発表しようと提案。北朝鮮に攻撃準備だと受け取られてしまうとマティス国防長官らは驚いたという。』、多くの精神医学者が認めるトランプ大統領の人格障害、彼と仲がいいと自慢するどこかの国の首相も同じなのかもしれない。
9/13 ロシア大統領、安倍首相に年末までの平和条約締結を提案 | ワールド | ニュース速報 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト  ロシアのプーチン大統領の発言、「何ら前提条件なしに、年末までに平和条約を締結しよう」、実に現在の国際情勢をあらわしているのだろう。米国が世界の盟主を降りた今、同盟関係が自国の安全保障に必須となる。プーチンはトランプのあまりもの愚かしさに、彼をすでに見限ったのだろう。
9/13 人気の「サバ缶」 買っているのはどんな人?  60代男女から強い支持、健康意識高い層のニーズつかむ サバ缶が60代の男女に人気だという。「サバ缶をはじめ青魚缶は、DHA・EPAを非常に多く含み、血行の流れを良くして動脈硬化を防いだり、肌の新陳代謝を促進したりする効果があると言われています。これらの点で、サバ缶などの青魚缶はまさに健康意識の高いシニア世代のニーズに合致しており、男女関わらず60代ユーザーが多くなっている理由になっていると考えられます」。価格も意外とお手ごろです。
9/13 いつまで災害対応「後進国」のまま?日本の避難所を進化させる方法(山口 真一) | 現代ビジネス | 講談社 地震、台風、豪雨による河川氾濫による洪水、日本はまさに自然災害頻発国。これだけの自然災害が発生しながら、いざというときに国民の避難場所の多くは学校の体育館などであり、そこでの生活はあまりに貧弱である。「2016年の熊本地震では、災害そのもので亡くなる直接死よりも、その後の避難生活の環境悪化などを理由とした関連死の方がはるかに多く、直接死の4倍程度にものぼった。」という報告もある。備えあれば憂いなし、この言葉は政治に必要なのであろう。
9/12 懐かしの通学用帆布製肩かけかばんが売れているワケ - Excite Bit コネタ 自分が中学に入学したときカバンはズックの肩掛けだった。今はほとんども見ないが、あのカバンはどこへいったのだろう。ネットで探してみたら、今も売っている店があった。それはさておき、足立区の中学校で使っているそうである。「男子生徒は、昔ながらの帽子の着用とズックの肩かけカバンを貫き通しているなど、古くても良いものは守り続けています」とのこと。
9/12 なぜ江戸町民は”1日40キロ”も歩けたのか (木寺 英史,かじやますみこ) | プレジデントオンライン 当たり前のことだが、江戸時代、明治時代でも鉄道ができるまでは、日本人はどこへ行くにも徒歩だった。記録によると江戸時代の人々は1日30〜40キロ歩いていたそうである。江戸時代の人は、どうしてそんなに歩けたのか、これについては、「草履やわらじを履いていた頃の日本人は、地面にかかとがしっかりとついていた。ところが靴を履くようになって、つま先のあたりに圧力をかけるようになり、歩き方が変わってしまった」だそうである。現代の高齢者がちょっとした段差でつまずいてしまう、かかとをしっかりつけて歩かない現代人、こんなところに原因があるのかもしれない。
9/12 冷戦後最大級、ロシア軍が極東演習…中国初参加 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) ロシア軍が冷戦終結後で最大規模の軍事演習「ボストーク(東)2018」を始めた。演習には中国軍も初めて参加した。「ロシア軍総人員(約80万人)のうち約30万人を動員し、1000機以上の軍用機や約3万6000台の軍用車などを投入する。ソ連時代の1981年に旧ソ連西部で行った演習以来の規模になる。」とある。時代は再び冷戦になるのだろうか。
9/12 枕元にヘッドライトで深夜の停電に備える! 懐中電灯は「凶器」になるおそれ : J-CASTテレビウォッチ 深夜に巨大地震が起き、停電したらどうするか。避難には 「スリッパではなく靴、軍手ではなく頑丈な手袋を」、そして「ヘッドライト」、両手が使えるので避難に都合がいい。ヘッドライトをヘルメットに装着し、落ちないようテープで止めて枕元に置いておくとよい。明かりだけでなく、靴と手袋も備えておきたい。地震で窓ガラスなどが割れて、床に散乱するおそれがあるからだ。」とのこと。ご参考に。
9/12 60代女性は”夫の過去の浮気”を許したい (酒井 崇匡) | プレジデントオンライン いつの世にもなくならないのが夫の浮気。『60代女性で最も赤くなっているのは「浮気」で、それに紐づく言葉として「許す」「過去」といった言葉も出てきています。具体的な質問を見てみると、「かつて夫に浮気をされたことをどうやって許せばよいか」というように、気持ちのケリのつけ方に悩んでいる様子が見られます。60代では、40代男女のように現在進行形の浮気に悩むというよりも、昔の浮気が気持ちの上では清算されずにモヤモヤし続けており、相手を許せないことで自分も苦しんでいる、という実態があるようです。』、世のご婦人方はいかが。
9/11 旅客機がサイバー攻撃を受けるのは「時間の問題」と研究者らが警告 : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル) 「9.11の同時多発テロ以降、航空会社、空港、政府機関は、テロリストの攻撃から旅客機の乗客を守り、旅の安全を確保するための様々な対策を行ってきました。しかし、米国政府内の一部の研究者は、新たな攻撃手段として飛行機の遠隔ハッキングに対する懸念を表明し始めています。」、最先端技術によって運行されている旅客機がサイバー攻撃に対して無防備であること自体、驚きである。これはハリウッド映画のシナリオではない。
9/11 MEGA地震予測 北海道の地震と同様の兆候が関東・東海でも│NEWSポストセブン 「北海道では今年6月頃から現在まで、周辺地域の地表が隆起しているのに対し、苫小牧から札幌にかけての地域で沈降が著しく進んでいた。そのため警戒度を高めていたのです」とある。一方、「静岡・御前崎など駿河湾沿い、そして伊豆諸島の神津島・御蔵島付近は長期的な沈降傾向にあり、周辺地域との境目に歪みがたまっていると考えられます。加えてこの1か月、伊豆半島や伊豆諸島周辺で地表が大きく上下動する『一斉異常変動』も起きている。伊豆周辺で発生した地震では、首都圏の震度が非常に高くなり、甚大な被害をもたらす。関東・東海は最も警戒が必要です」という指摘がある。
9/11 内部はサビと腐食だらけ…!オスプレイ8機が「一斉交換」の謎(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社 沖縄県米海兵隊普天間基地に配備されている垂直離着陸輸送機「MV22オスプレイ」が8機一斉交換となったという。このオスプレイはすでに山口県岩国市の米海兵隊岩国基地に配備され、さらに東京周辺の米軍基地にも配備される。
9/11 残業代なしで働かせ放題になる社員、ためらいなくし報酬1億円超え急増の経営者 | ビジネスジャーナル 「高度プロフェッショナル制度は、年収1075万円以上、一部の業種の人を労働基準法による労働時間、休日等の規制の対象外にする法案だ。同法は残業代の支払いが不要になることから“働かせ放題”法案などとも揶揄される。現行では年収1075万円以上の労働者を対象にしているが、すでに日本維新の会は年収要件を700万円まで切り下げることを提言している。自民党部会でも「小さく生んで、大きく育てる」との方向性が示されている。それだけに早晩、年収要件が引き下げられて対象者が拡大する可能性は高い。」とある。企業の内部留保が過去最高になっている今、企業はさらに人件費を削る、この国の政治は何かが狂っている。
9/11 延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  自分の家族の延命治療の姿を見た人は少なくないだろう。が、自分がその延命治療を受けるかどうか、考えているいる人は少ない。たとえば「腹部に小さな穴を開けて胃にチューブを直接通し、水分や栄養を補給する「胃ろう」。多くの命を救う医療技術である一方、高齢者の延命治療の代表例」、これを受けるかどうか、自分自身の問題である。「封筒に入った書類を、娘さんが僕に渡してくれました。表には“尊厳死希望”と書いてあり、中を開けると、終末期に希望する医療行為や過ごし方を明記した書類が入っていました」。こういう方法もある。
9/8 潮干狩りの70歳代男性死亡、女性1人行方不明 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 千葉県船橋市の海岸で潮干狩りをしていた人が相次いで溺れた事故、一般に潮干狩りでは海の深さはせいぜい膝下ぐらいだと思うが、溺れたということを考えれば腰から上、胸あたりまでの深さまで入っていたのかもしれない。どちらにしても、非常に危険である。
9/8 【トランプ政権】「敵意と恐怖で国民をあおっている」オバマ前大統領が痛烈批判 中間選挙まで2カ月、民主党応援へ全米遊説開始 - 産経ニュース オバマ前米大統領が、「トランプ政権下での一連の政治的混乱を『正常でない」と断じ、トランプ大統領は「敵意と恐怖」で国民をあおっている』とイリノイ大学での講演で非難。さらに、『トランプ氏の下で「健全な民主体制」を支える三権分立が機能しなくなっていると指摘。個別の政策でもトランプ氏と共和党が「同盟諸国との関係をないがしろにしてロシアとなれ合っている」「世界の国で唯一、(気候変動抑制に関する)パリ協定から脱退した」などと批判し、「共和党はもはや保守とはいえない。過激派だ」』とも発言。
9/8 前川喜平氏が危惧 「安倍政権があと3年も続投したら…」|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍首相が3選を目指して自民党総裁選に出ているが、自民党の中で、あるいは自民党党員の中でこれを止めようとする人々はごく少ない。単純に安倍総裁ならば選挙に勝てるということなのだろう。モリカケ問題は、なんら解決されていない。さらに、「司法も危うくなってきている印象です。高校無償化を巡る朝鮮学校の訴訟に原告側で関わっているのですが、1審判決の原告側勝訴は大阪地裁だけ。東京、広島地裁は国が勝ち、政治に忖度しているとしか思えないような判決内容でした。警察も検察も信用できない。安倍首相と昵懇で、「総理」などの著書がある(元TBSワシントン支局長の)山口敬之氏に対する準強姦容疑の逮捕状が執行停止になり、検察も不起訴にした。警察、検察に官邸の支配が及んでいるとしか考えられない。安倍首相があと3年も続投したら、最高裁は安倍政権が任命した裁判官だらけになってしまう。」という指摘もある。監視されなくなった権力はどこまでも暴走する。
9/8 トランプ氏、ついに日本にも警告 貿易協議「合意ができなければ大問題」 - zakzak トランプ大統領の日本に対する貿易戦争の宣戦布告である。トランプ大統領は、日本との自由貿易協定(FTA)に関し「(新しい)合意ができなければ、大きな問題になることを日本も認識している」と発言、牛肉など農産物の市場開放や巨額の軍事装備の購入をせまってくる気配である。このままいくと、日本は米国のサイフにされてしまう。
9/8 北海道より危ない「首都直下」内陸型地震の予測・観測は不可能 : J-CASTテレビウォッチ 北海道での震度7を記録した活断層による直下型地震。この断層型地震が起こる可能性が高い地域は首都圏という指摘がある。「海の地震はどこで起きるか場所がわかるが、内陸直下型はどこで起こるかもわからないんです」、心したい。
9/7 電力から牛乳まで…「北海道地震」の巨大影響 | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 停電となった場合、社会生活にどれほど影響があるのか、今回の北海道の地震によるブラックアウトの状況が示すとおりである。夏場の場合、冷蔵庫、冷凍庫は役に立たなくなる。交通信号は止まり警官による手信号になる。夜になれば、家の中ではロウソクや懐中電灯の明かりですごすことになる。『「北海道内すべてのお客様約295万戸が停電している」(北海道電力)。地震の影響によって道内の火力発電所すべてが緊急停止。今回震度7を観測した厚真町にある石炭火力発電所、苫東厚真(とまとうあつま)発電所の発電能力は165万キロワット(北電の火力発電全体で390万キロワット)と、道内最大の発電所だった。』、ブラックアウトへの対策m、急務である。
9/7 トランプ氏、安倍首相との友好関係「終わる」 米紙報道:朝日新聞デジタル 「トランプ氏は電話の中で安倍首相との良好な関係に触れた上で、貿易赤字の解消のために「日本がどれだけ(米国に)払わなければならないかを伝えた瞬間、(良好な関係は)終わる」と語ったという。」とある。これを語らない安倍首相の危機管理能力が疑わしい。一緒にゴルフして、日米は一体である、その言葉が空々しく思える。それだけの外交力の男が、自民党3選で総裁となり総理大臣となる。自民党は日本の未来を考えているのだろうか。
9/7 外部電源一時喪失の泊原発、9時間半後に復旧 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 「原子力規制委員会は6日、今回の地震による停電で、北海道電力泊原子力発電所1〜3号機(泊村、停止中)が一時、外部電源を喪失したと発表した。周辺の放射線量に異常はなかった。規制委によると、同日午前3時25分に外部からの電源供給が止まり、約9時間半後の同日午後1時までに復旧した。3基とも原子炉は空だが、使用済み燃料プールに計1527本の燃料があるため、非常用ディーゼル発電機で冷却を続けた。」とある。一方で、「新潟県泉田知事が東電の 広瀬 社長 に「冷却水喪失事故が起こったらどのくい で起きる か」と質問した。広瀬社長は 「2時間 」と答え、知事も良した」との報告もある。同様のブラックアウトが稼働中の原発地域でおきたらばどうなるのか。地震大国日本で原発を稼動させてはいけない。
9/7 【豚しゃぶ】豚肉にはハチミツ漬けの梅肉が合う|日刊ゲンダイDIGITAL 豚しゃぶがおいしい。豚肉は疲れが取れるとはよく知られているが、冷しゃぶならば夏場でもおいしくいただける。ポン酢かゴマダレが定番だが、梅肉を使うのもおすすめ。ぜひ、お試しを。
9/7 北海道地震は東日本大震災の「動き残り」 専門家が警鐘「次は千葉、茨城など太平洋側の地域は要注意」 - zakzak 今回の北海道南部での地震に驚いた方は少なくないと思う。今回の地震、「2011年の東日本大震災の一連の流れに属するもので、震災で動いたプレート(岩板)北側の「動き残り」の部分だと指摘、「近いうちにプレート南側に当たる千葉県や茨城県付近でも、同様の大地震が起きる恐れがある」と警鐘を鳴らす。」との指摘がある。「ここ2、3年は特に注意が必要だ。本格的に続きの地震が起こることが予想される。大地震は対岸の火事ではなく、今日の自分、明日の自分という意識を持つことが重要だ」。ご用心を。
9/6 【北海道震度6強地震】「ドーン」突き上げる衝撃 暗がりに不安 - 産経ニュース 南海トラフ、首都圏直下と巨大地震が予測されているが、地震は思わぬところで思わぬときに起こる。北海道胆振地方を震源とする震度6強の地震、時がたつにつれて被害の大きさが明らかになってきた。「今回の地震は震源の西側約10キロの場所に活断層「石狩低地東縁(いしかりていちとうえん)断層帯」が南北に延びており、東京大地震研究所の古村孝志教授は「この断層帯が活動した可能性が高い」とみている。」、活断層型の地震のエネルギーは決して軽視できない。
9/6 生涯現役を邪魔する社会とヤカラを撃退せよ|日刊ゲンダイDIGITAL 「先日、コンビニで、70歳前後の男が商品整理をしているのを見た。動きは遅いが汗をかきながら頑張っている。ところが、その動きに対して店長らしき中年女が、「あんた、もっとテキパキとできないの?」と小声で注意している。彼は、「すみません」と困った顔をした。いろいろな経験を積んできたであろう人生の先輩に対して、「あんた」はないだろう。僕だったら、生意気言うなと怒鳴りつけたかもしれない。」とある。高齢者には高齢者にあった働き方のリズムがある。企業は、この就労環境を考えるべきであろう。
9/6 「風疹」流行拡大!あなたはワクチン接種受けてる?39歳以上の男性は危ない : J-CASTテレビウォッチ  「風疹が広がっている。8月23〜29日(2018年)の1週間の患者数は84人にのぼった。ゲストの医師の河内文雄さんは「今までのケースとは違うレベルの感染拡大が起きている危険性があります」と警鐘を鳴らした。大人は脳炎など重症化するおそれがある。とくに妊娠中の女性が感染するとは、赤ちゃんの目、耳、心臓などに重い障害が出る危険がある。」とある。風疹のワクチンを接種していない方、要注意です。
9/6 企業の「内部留保」史上最高の500兆円突破で起きること(磯山 友幸) | マネー現代 | 講談社 企業の「内部留保」の金額が、500兆円を超えたという。『「内部留保」は企業が事業から得た利益のうち、配当や設備投資に回さずに手元に残している「貯蓄」のこと。』、単純に考えれば、この余剰金をどうして社員への給与として分配しないのか。これが実質賃金低下の理由であろうと思う。「企業が生み出した付加価値のうちどれぐらい人件費に回しているかを示す「労働分配率」は66.2%で、2011年度の72.6%からほぼ一貫して低下し続けている。なかなか、企業収益が社員に十分還元されて来なかったわけだ。」、安倍内閣のいう賃上げは、絵空事である。
9/6 室井佑月「竹中平蔵・パソナグループ会長」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「竹中平蔵さんて、ワルだよね。マスコミは大学教授とか、元経済財政担当相という肩書で、この人の意見を有り難がって使うけど、使うなら同時にこの人のワルさも伝えなきゃダメなんじゃないの。この人、小泉政権の時代から、この国のご意見番みたいになった。ほんでもって、規制緩和を進めていった。多様な雇用形態を実現すべきと主張して、安く使える派遣や非正規を増やしていった。残業代ゼロの高プロを熱く推したのも、この人だった。そして、自分はちゃっかり大手人材派遣会社の取締役会長に収まった。自分でルールを作り、自分が儲けたわけな。」、その通りである。社会格差を作ったのはこの男である。一般に派遣社員には交通費は支給されない、またボーナスもない。時給は、一般の事務職で1600〜1700円程度である。これによる月収手取りは良くて250000円程度、これでは生きていくので精一杯であろう。
9/5 【瞬速おつまみ】美味しいミョウガの風味「和風コールスローサラダ」 - zakzak ミョウガを薬味としてだけ使っていませんか。ここで紹介されているミョウガを使った和風コールスローサラダ。キャベツにミョウガの香りを合わせ洋風に作る、ぜひ試していていただきたいと思います。
9/5 重すぎる通学カバン「置き勉」OK!宿題で使わない教材は持ち帰らず : J-CASTテレビウォッチ 小学生入学時に必ず購入するランドセル、だれもこれを疑うことはなかったわけですが、平均8・6キロ、重い生徒はなんと17キロ、ランドセルに入れる教科書や教材が重過ぎることが指摘されています。文科省は「置き勉」を認める方針を固めたそうである。「置き勉とは、宿題などで使わない教材を学校に置いて帰ること。文科省は保護者が取りに来ることを認めるなど、各学校で検討することを全国の教育委員会に近く求める。」とある。これは実にいいことだと思う。
9/5 今年夏の平均気温、東日本は過去「最高」。気象庁がまとめた 高温・多雨...記録ずくめの夏 ハフポスト 今までの猛暑といい、今回の巨大台風といい、日本の気候はあきらかに災害的であり異常である。この夏を終えてどんな冬が待っているのかと思うと、恐ろしくなる、「気象庁は3日、6〜8月の気温や雨の状況を発表した。平均気温は東日本(関東甲信、東海、北陸)で平年を1・7度上回り、1946年の統計開始以降、最も高かった。西日本(近畿、中国、四国、九州)は1・1度上回り、過去2番目。降水量は7月の西日本豪雨の影響もあり、西日本の太平洋側などで平年を大きく上回った。」。
9/5 五輪ボランティアが「搾取」でしかないこれだけの理由 | 日刊SPA! 2020年の大会ボランティアの募集、国をあげてオリンピックを盛り上げたいということなのであろう。が、そこに「挙国一致、滅私奉公」が見え隠れすることも事実である。国は過去最大の予算をくみ、その借金も最大である。オリンピックとは国民の犠牲の上に実行されるものなのか。
9/5 「人生100年時代」と言うけれど 101歳の母を看取った80代シングル女性の現実 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する 老々介護は現実の問題になっている。「独身女性の場合は、長い間、家族を持たずに暮らしてきたことから、最後は母親と一緒もいいかなと、たいていは引き受けることになる。情けない話だが、きょうだいはお金の援助も手も貸さないのが普通だ。母親の本心は、娘より息子に看取られたいのだが……。こんな言い方をしたら気分を悪くするかもしれないが、「独身女性は母親の介護要員」と思うことがある。独身女性が大半を占める団体を20年やってきて、いかに多いか知っているからだ。経済的に豊かな家族は、母親を施設に入れて万々歳だが、ほとんどの家族は在宅で世話をすることになる。少子高齢化社会にあり、これは大問題だ。」、世の中に経済的に豊かな家族は決して多くない。
9/4 秋篠宮さま「女性宮家」創設論議で安倍首相と犬猿の仲(SmartFLASH) 安倍首相と秋篠宮さまとは犬猿の仲というお話。女性宮家創設問題において、「菅氏と今井氏は、安倍政権のコアな支持者である保守層の反発を危ぶんだ。当時 “解散風” が吹いていて、女性宮家創設の議論は、政治的に先送りしたかったのです」とある。これを秋篠宮さまは激怒したいうことである。「秋篠宮さまは、宮中行事で首相と会っても、目を合わせないほど対立しているんです。眞子さまの婚約延期が決まった際、『勝手なことをするからですよ』と首相がこぼしたと聞き、秋篠宮さまは怒りを隠さなくなった」。皇室さえも自分の政権維持のために足蹴にする。この政権に美しい日本はつくれまい。
9/4 CNN.co.jp : 米外交官狙った正体不明の「音響攻撃」、原因はマイクロ波か まるでハリウッドのスパイ映画のような話。「中国やキューバに駐在する米国の外交官が正体不明の「音響攻撃」を受けて脳に損傷を負ったとされる事件で、原因はマイクロ波だったとの見方が浮上した。」とある。いったい誰が、何のために、気になるところである。
9/4 関東大震災“朝鮮人虐殺”を黒澤明、丸山眞男、志賀直哉らも証言! 小池百合子はこの紛れもない史実を今年も封殺|LITERA/リテラ 東京で知事選で、都民が歓呼をもって迎えた小池都知事であるが、この政治家の本性が出てきたようである。自ら立ち上げた希望の党の崩壊は周知のとおりだが、オリンピック施設建設、築地市場移転についてまったく結果が出ていない。「東京都の小池百合子知事は、昨年から朝鮮人犠牲者の追悼式典への追悼文を取りやめた。8月8日には、「9.1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」の実行委員会が小池都知事に追悼の辞を求め、全国から集まった署名約8600筆を都の担当課長に手渡した。しかし、小池都知事は8月10日の記者会見で「個別の形での追悼文送付は控える」と述べ、昨年に続いて追悼文を送ることを拒否したのだ。」とある。歴史的事実を否定する、こういう思想の持ち主は政治家として失格である。都民はの選択は間違えていたようである。
9/4 太陽光発電、九電が停止要求の可能性。原発再稼働で供給過多? 「太陽光発電が盛んな九州で、九州電力が事業者に一時的な発電停止を求める「出力制御」に踏み切る可能性が高まっている。早ければ、冷房などの電気の消費が減る9月にも実施されそうだ。原発の再稼働も一因とみられる。実施されれば一部の離島を除いて国内で初めてになる。日照条件に恵まれた九州では、太陽光発電が普及している。連休中の今年4月29日には、午後1時の時点で九電管内の電力消費のうち、8割以上を太陽光発電でつくった電気がまかなった。現在も、九電が受け入れる太陽光による発電は月平均で5万キロワット程度のペースで増え続けている。」とある。電気があまったら太陽光発電の発電停止をする。本来ならば危険と隣り合わせの原発を停止するのがすじと思うがどうだろう。国の政策、電力会社の考え、おかしいような気がする。
9/4 日本が太平洋戦争に総額いくらを費やしたか、知っていますか(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社 「金額だけ聞くと意外に少ないと感じるかも知れないが、日中戦争開戦時のGDP(厳密にはGNP)が228億円なので、戦費総額のGDP比率を計算すると何と33倍になる。また、国家予算(日中戦争開戦当時の一般会計)に対する比率では280倍という天文学的数字である。もっとも、この数字には少々カラクリがある。太平洋戦争の戦費はあまりにも膨大で、税金を使って調達することは不可能だった。このため、戦費のほとんどは日銀による国債の直接引き受けによって賄われた。現在の量的緩和策にも通じるところがあるが、日銀が無制限に輪転機を回すということなので、当然のことながらインフレが発生する。戦争中は価格統制が敷かれていたことからあまり顕在化しなかった(これも現在に通じる)が、それでも戦争が始まると物価水準はどんどん上がっていった。この財政インフレは終戦後、準ハイパーインフレとして爆発することになったわけだが、戦費の実態を考える時には、このインフレ率を考慮なければならない。」とある。気になるのはアベノミクスによる現在の日銀による国債引き受け政策である。現実には上記のようなハイパーインフレどころか、微少なインフレさえも起きていない。一方で、この政策が破綻したときは、壊滅的なハイパーインフレが起きる可能性があるということ。もしかしたら日本経済は地獄の一丁目にいるのかもしれない。
9/3 近畿 台風21号に厳重警戒を(日直予報士 2018年09月03日) - 日本気象協会 tenki.jp あす4日昼前から夕方にかけて、近畿地方へ台風21号が最も接近する見込み。前回よりも強い勢力、暴風や高波、近畿中部では高潮に、厳重に警戒が必要。
9/3 【トマトと卵の炒め物】相性バツグンのコクうまメニュー|日刊ゲンダイDIGITAL トマトは冷やして食べるのが普通ですが、ここで紹介されていれるトマトと卵の炒め物、「トマトは火を通すことで軟らかくなり、甘味が増します。この料理では、生だとおいしくないんです。スクランブル状にした卵と、トマトの食感をイコールにするのがコツ。相性は抜群です」とのこと。ぜひ、お試しを。
9/3 30年前から露骨だった「塚原専横」朝日生命選手は落下しても高得点 : J-CASTテレビウォッチ レスリングに始まり、アメフト、ボクシング、そして今回は体操競技。どうもスポーツ界にはパワハラといわれる不祥事が多い。背景に精神論があると思われるが、その精神論が、いかに前時代的であり、およそスポーツの成績にはあまり結びつかないことは実証済み。この体質を変えねばなるまい。
9/3 巨人・高橋由伸監督の更迭ムード決定づけたオーナーの一言│NEWSポストセブン かっては巨人・大鵬・卵焼きといわれた時代があった。このところの巨人は、その全盛時の頃とはほど遠い成績である。単純に考えれば選手に力がないのか、監督に試合運びの知識・経験に乏しいのか、どちらかであろう。それにしても広島は強い。かれらの強さの秘密を学んで欲しいものである。
9/3 夫婦で208歳、長寿ギネス…高松の松本さん : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 高松市に住むご夫婦、2人合わせて208歳となるそうである。夫は108歳、妻は100歳、「存命中の最長寿夫婦(合計年齢)」としてギネス世界記録に認定され、敬老の日(17日)を前に認定証を受け取った。戦中戦後を生き抜き、ともに百寿を迎えた2人は「子どもや孫たちとこれからも仲良く生きていきたい」とのこと。嬉しい話題である。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2018年9月の掲載



Copyright 爽快倶楽部