TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2017年10月の掲載




10/31 家から「ゴキブリ」を完璧に追い出す! 自然に優しい「ゴキブリゼロ」方法とは?|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS どこの家庭にもゴキブリを見かけると思う。そのゴキブリは、『 チャバネゴキブリを例にしよう――。1匹のメスゴキブリは、約1カ月ごとに卵を1つ産む。この卵には平均40匹のゴキブリの子どもが入っており、産卵から2週間で孵化、成虫になるまでに1カ月がかかる。最初1匹だったゴキブリは、半月後には「1匹+40匹」で41匹。生まれたこどものうち半数の20匹がメスだったとすると、その1カ月半後には800匹が誕生。800匹の半数の400匹のメスがまた卵を産んで……と繰り返したとき、なんとスタートから5カ月後には32万匹が誕生することになる!「1匹見たら30匹はいると思え」の教訓は甘い。一度でも巣を作られてしまえば、「家の中はゴキブリだらけ!」ということにもなりかねない。』というもの。ゴキブリ退治、ご参考に。
10/31 きちんとやれば効果絶大!スクワットのコツ | VOCE | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 最近足腰が弱くなって、とはよく言われる言葉だが、原因は筋肉のおとろえにあることがほとんど。普通に歩いているだけでつま先がつっかかる、片足立ちでパンツがはけない、そういう方は要注意です。その対処法としてはスクワットが有効といわれています。まずは無理をせず、椅子スクワットからはじめるのがおすすめ。
10/31 CNN.co.jp : 謎の天体が太陽系を通過中、外から飛来なら観測史上初 人類にとって最大の脅威は宇宙である。彗星や小惑星が地球に衝突した場合、それは人類の滅亡につながる可能性を秘めている。「米航空宇宙局(NASA)は、この物体がすい星か小惑星かも不明としながらも、太陽系の天体の動きとは異なるため、太陽系外から飛来した可能性があるとの見方を示している。」とあるが、幸いにも地球に衝突する可能性はない。天文学者が観測した初の「恒星間の物体」、宇宙は不思議に満ちている。
10/31 仏ル・モンド紙が「安倍首相の改憲の本質は、大日本帝国の復活」と喝破!「天皇が安倍の歴史修正主義に抗っている」との記述も|LITERA/リテラ 日本の国民には見えてないかもしれない。あるいは、見えているとすれば、まさか、この現代にそんなことがあるはずがないと思っているのかもしれない。フランスのル・モンド紙は、〈そのかわり、安倍氏は歴史修正主義者(revisionniste)である。たとえば、彼の礼賛する憲法改正は、日本の帝国主義の復興を目指し、1930年代初頭から第二次世界大戦終戦までの日本軍が犯した残虐行為の数々を過小評価ないしは否定しようとする広大な企てのなかの一つだ〉、さらに、〈1945年の敗戦は、日本の歴史の深い断絶となっている。しかしその断絶は、1910?1920年に日本が経験していた民主主義への回帰と軍国主義の拒絶を導いた。安倍晋三を生み落とした日本の右派は、国際社会におけるコンプレックス(劣等感)から解き放たれ、経済的にも軍事的にも強い、ある種のJapon eternel(引用者注:悠久不滅たる神国日本というような意味)を取り戻すため、戦後という“ページをめくって”この断絶を抹消したいのだ。「Japan is back!」。安倍氏は第二次政権初期の2013年(引用者注:2月、米ワシントンのシンクタンクSCICでの演説)に、そう宣言している。歴史的観点からみれば、安倍氏が権力にいたる道において目立った事実として残るであろうことは、激しい外交活動と経済政策よりも、その否定的な色彩を帯びた歴史修正主義だ〉であるとする。ある日、気づいてみたら特高警察が市中をうごめき、国防婦人会が町中を闊歩している、そんな日がくるのかもしれない。
10/31 北朝鮮への軍事攻撃、近づきつつあるタイムリミット 北朝鮮が対米攻撃力を手にするまで「あとひと月」? | JBpress(日本ビジネスプレス) 『武力攻撃の可能性が近づいていることを示唆するような発言をしているマクマスター補佐官やトランプ大統領と違って、ティラーソン国務長官は、あくまで外交交渉を優先させる姿勢を捨ててはいない。現状ではプーチン大統領が警告するように、北朝鮮に対する「予防戦争」を口実とした先制攻撃がかなり困難であることも事実である。』、また、『日本政府もアメリカ政府も、将来の破滅的状況を阻止するためには、ある程度の犠牲(もちろんその犠牲は極小に押さえねばならないが)も覚悟する、“腹をくくった決断”を準備する段階に近づきつつあるといえるかもしれない。』とある。これは、じつに危険な兆候である。安倍政権は、この危機にあって、安倍政権は火中の栗を拾いに行こうとしているのかもしれない。
10/30 50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト イギリスでの調査結果だが、50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大しているという。『高齢者の多くが性的に活発だとした上で「彼らの性行動がHIV感染に影響を与える」と指摘した。』とある。日本ではHIVの感染例は少ないが、日本でもつれあいに先立たれた高齢者の性生活が活発になっている傾向があるのかもしれない。諸氏はいかが。
10/30 トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト <トランプには、議会の承認も得ずシリアの空軍基地にミサイル攻撃した前科もある>、たしかにこういえるかもしれない。シリアの内戦状況と北朝鮮問題は違うが、可能性はゼロとはいえない。韓国から米国民が退去し始めたら要注意である。
10/30 口実は台風被害 加計獣医学部“認可先送り”のあくどい魂胆|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 文科省の大学設置審による計学園の獣医学部新設に関する認可答申が11月前半に延期されることになった。野党が臨時国会での審議を要求してきた森友加計問題の審議を行なわず、加計学園の認可をだすことには、さすがの自民党も躊躇したのかもしれない。さて、選挙後、安倍首相を含め各閣僚から出てきた「謙虚」という言葉、その実行の程度、見極めるのはこれからである。
10/30 水森かおり「瀬戸内の演歌の島」でちょっとビックリ『みかん鍋』・・・どんな味?:J-CASTテレビウォッチ 瀬戸内海・周防大島の名物にみかん鍋、「周囲の海でとれたエビやタイなどの新鮮な魚介の鍋に、みかんを皮ごと軽くあぶって入れてしまう。」というもの。「具材のつみれにもミカンの皮が練り込まれ、つゆも具もさっぱりした味の鍋に仕上がっている。」だそうです。これからの冬の鍋に試してみてはいかが。
10/30 週刊文春から電話があったので報告 BLOGOS 週刊文春からの小林よしのり氏への電話取材の模様である。
「山尾志桜里さんは立憲民主党に入ると知ってましたか?」と言う。
わしが「ネットのニュースに流れてたからそうなんだろ」とぶっきらぼうに応える。
「それについてどう思われますか?」と言うから、
「そもそも、わしがず――っと立憲民主党に入れと言ってたんだよ。わしの忠告を受け入れるはずだ」
「枝野さんは了承してるんですか?」
「してるだろう。枝野氏はわしの意向を知ってるはずだ」
「禊が済んでないのにいいんですか?」
「禊って何なの?夕刊フジも禊って言ってるけど、なんで禊が要るの?選挙に勝ったのに、なんでまだ禊が終わらないの?」
「嘘をついてるから」
「わしは嘘だと思ってないが、どうやれば禊が済むの?」
「倉持さんと深い関係になりましたと告白すればいいです」
それにしても、週刊文春、ほぼアサヒ芸能に近くなっているようである。
今回の自民党の大勝の功労者は週刊文春の記者なのかもしれない。
10/27 経産省、神戸鋼に安全性未確認製品の早期検証を指示 - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル 日本の基幹企業で不祥事が続いている。今回の神戸製鋼所による性能データを改ざんした事件、同社の製品のみならず、その製品を利用した自動車工業などにも、その信頼性低下の影響を与えている。日本の企業人の道徳性が劣化しているように思える。
10/27 政府:臨時国会見送り 与党内に特別国会会期延長論も - 毎日新聞 衆院選挙前から野党から要求されていた臨時国会を政府が見送るという。与党は、選挙後の特別国会を来月1日〜8日までの会期を提案したが、これには、実質的な国会審議が含まれていない。自民党は、どこまでもモリカケ問題にフタをするつもりのようである。自民党議員は、そろそろ気づくべきだと思う。選挙は安倍首相で勝利したのではなく、野党の失点によるものである。したがって安倍首相を取り除けば、より大きな支持を国民から得られるはずである。
10/27 会計検査院が指摘 森友への国有地値引き額は6億円も過大|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍首相があくまでも隠し続ける森友への国国有地値引き問題、当然だが、普通の人間が普通に調べれば、その不自然さがわかる。『大阪・豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に約8億円も値引きして払い下げられていた問題で、売却額の妥当性を調べていた会計検査院が値引き額は最大で約6億円過大だった、と試算していることが分かった。検査院はさらに調査を進め、売却に関わった財務、国交両省への指摘内容を公表するという。』とある。
10/27 小池氏、謝罪しても「希望の党」の代表は続投 「責任を取りたい」と押し切る : J-CASTテレビウォッチ 大敗北の責任を問われている「希望の党」の小池代表、考えてみれば妙である。政権獲得といいながら、自らは都知事のまま選挙には出なかった。この時点で、小池氏はすでに代表失格であろう。そういう人間を頼って入党し選挙に出た候補者は、それ以上に愚かとしかいいようがない。
10/27 栃木県民が偏愛するチチタケってどんな味? マツタケより希少、食べたらとりこに : J-CASTテレビウォッチ チチタケ、その名前をはじめて聞く人は少なくないと思う。『「今やマツタケよりも希少」と、栃木県民が愛してやまないキノコのチチタケを野上慎平アナが紹介した。県内では「チタケ」ともよばれ、ゲットしようと他県の山野まで分けいる人もいっぱいいるそうだ。マツタケのような茶色をしているが、傘部分は丸く、傷つけると乳に似た白い液体が出る。「食べたらとりこになっちゃう」「時季が来ると、好きな人はチタケ、チタケとうるさい」「とりすぎて、今はどこの山にもない」のだとか。』とのこと。一度食べてみたいと思う。
10/26 地震を「1週間前」に予知する方法に光が見えた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「地震発生時に岩盤と岩盤が擦りあうかすかな音のパターンをコンピューターに学ばせれば、多くの命が救われる 地球の奥深くの岩石から響く小さな音が、地震の発生を1週間前に知らせてくれるかもしれない。」とあります。これが事実であれば、地震による被害を大きく防ぐことができるかもしれない。9月のメキシコの巨大地震では、メキシコシティの地震警告システムが、地震発生の20秒前に住民に危険を通知、この20秒は、避難にとって大きい。
10/26 米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か | NHKニュース 北朝鮮情勢へ対応する第7艦隊の管轄海域に、空母「セオドア・ルーズベルト」、「ニミッツ」、「ロナルド・レーガン」3隻が入った。これにより、北朝鮮への空爆体制が出来上がったことになる。これに対して北朝鮮側がどのように対応してくるのか、要注意である。
10/26 民進党が死守する140億円…前原代表に「除名だ」の声噴出|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 希望の党代表の小池氏への辞任要求に続いて、民進党内部で、「あれは反党行為だ」「前原代表を除名すべきだ」との声が上がっている。希望の党にお敗北、小池氏もそうだが、合流した民進党議員も、相方に責任があるように思える。どちらにしても希望の党、党として体裁をまったくなしていない。その存在価値もない。
10/26 浅草・浅草寺の仲見世商店街に存続の危機 家賃17倍に値上げ通告 : J-CASTテレビウォッチ 東京浅草の浅草寺の参詣の際に、必ずといって通る仲見世商店街、人形焼や雷おこし、和装小物などを売っている店が88店舗があるが、大家の浅草寺から家賃の値上げが通知され、これまでは約10坪当たり月額1万5000円だが、16.6倍の25万円への値上げだという。そもそも仲見世商店街は東京都の管理だが、今年7月に土地・建物を一括し約2000万円で浅草寺に売却したとのこと。家賃値上げもそうだが、この2000万円、はたして妥当だったか、ちょっと不思議である。
10/26 放送開始から半世紀、「オールナイトニッポン」が50年貫き通したコンセプトとは 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) ニッポン放送の深夜ラジオ番組「オールナイトニッポン(ANN)」を聞いていた団塊の世代の方々は少なくないと思う。その「オールナイトニッポン(ANN)」が、放送開始から50周年をだそうである。「『夜』は寝る時間ではありません。『夜』は現在その概念をすっかり改めさせてしまいました。(中略)しかし、この深夜、ラジオを聴いている人々は極めて孤独です。個々に活動していながらその活動は非常に閉鎖的です。オールナイト・ニッポンの目的は、この孤独なさびしがり屋の若い人々に、若者の広場を作ろうということです」。昔を懐かしんで聞いてみるのもいいと思います。
10/25 天皇陛下の退位、2019年3月末で最終調整 新元号は政府が2018年中に発表する方針 ハフィントンポスト 天皇陛下の退位と改元の期日として、退位を2019年3月末、皇太子さまの天皇即位と改元を同4月1日とする案出てきた。昭和天皇の意思を継承し、一貫して人間天皇、国の象徴として平和憲法を重んじ、常に国民に寄り添ってこられたお仕事に感謝申し上げたい。今、国は、ともすれば御名を利用して国家ファシズムに向かおうとしているが、その動きに対する危機意識は並々ならぬとご推察する。
10/25 黒柳徹子さんが骨折から1カ月で舞台復帰!驚異的な健康と美の秘訣は「スクワット」|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 現在84歳の黒柳徹子さん、8月末に大腿骨を骨折し手術を受けていたが、手術後10日で芝居の稽古を再開、さらに1ヵ月で歩けるまでに回復した。高齢者の骨折でこれほど早い回復は驚きであるが、その理由として、毎日スクワットをしているがあげられるという。スクワットをすると。筋肉が増えるが、同時に筋肉を刺激すると脳の脳下垂体から、安静時の100〜300倍も成長ホルモンが出て、脂肪の分解を促進や、筋肉や肌を修復、再生してくれるとのこと。
10/25 船員予備自衛官化:「事実上の徴用」海員組合が反発 - 毎日新聞 『民間船員を予備自衛官とし、有事の際に活用する防衛省の計画に対し、全国の船員で作る労組の全日本海員組合が29日、東京都内で記者会見し、「事実上の徴用で断じて許されない」とする声明を発表した。防衛省は「強制はしない」としているが、現場の声を代弁する組合が「見えない圧力がかかる」と批判の声を上げた。 』であるという。この動きが始まれば、多くの一定年齢の若者を予備自衛官として教育するということもありうる。徴兵制度のさきがけとなろう。
10/25 【ホンダ スーパーカブ 新型】丸型ランプ復活、50ccクラス存続…生産も熊本に回帰 | レスポンス(Response.jp) ホンダが、「スーパーカブ」シリーズを5年ぶりに全面改良、11月に発売、丸型ヘッドランプも復活、生産も熊本で行なうとのこと。戦後日本の成長を支え、世界を席巻してきた「スーパーカブ」の復活、よろこびたい。
10/25 民進は当面存続へ 前原代表には厳しい声「反党行為で除名に」― スポニチ Sponichi Annex 社会 参院民進党は希望の党への合流を当面見送るという。合流を推進した前原誠司代表に対しては、「前原氏に今後の方向性を決める資格はない」「前原氏のやったことは反党行為だ。除名に値する」との声も。まあ、自ら辞任か、除名が順当だろう。それにしても希望の党の当選者のほとんどが、旧民進党出身者である。希望の党の実態は民進党である。この状況からすれば小池希望の党は、何の意味もなかったことになる。
10/24 衆院選で明白、政治家のレベルの低さこそ本当の「国難」だ | ORICON NEWS 『衆議院議員選挙は、自民党が単独過半数を大きく超える283議席を獲得する圧勝に終わった。公明党と合わせれば、安定多数を超える議席を得て、安倍総理の解散総選挙は功を奏したと言えよう。当初、注目を集めた小池百合子都知事率いる希望の党の失速、立憲民主党の意外な躍進、関西における維新の没落の背後に見える有権者の相違と我々が直面する「国難」とは何か。』とある。安倍政権が景気浮揚と声高に主張し、株価が連日最高値を更新しても、富裕層をのぞいて国民の収入は下がり続けている。本当の国難とは、安倍政治しか選びようのない政治状況と、現実を理解できなくなった官僚の知的水準の低下にある。
10/24 日本人だけが見ないフリ!? 政権中枢にはびこる「アブない国家観」(内藤 朝雄) | 現代ビジネス | 講談社 「核戦争で日韓380万人が死ぬ 大部分の人は、核戦争が現実的な脅威になっていると理解できていないのではないか。世界のシンクタンクは、北朝鮮対策は手詰まりであり、核戦争がかなりの確率で起こるのではないかと危惧している。アメリカのトランプ大統領は戦争をするつもりでいる、と思われている。直視するのがいやで、目を背けているのではないか。」、これが世界の見方である。米朝戦争は、現実の危機として存在し、核戦争もまた現実の危機として存在する。この状況下にあって、国民は安倍政権を選んだ。これこそが平和ボケである。
10/24 絶望の改憲大政翼賛会…歴史の分岐点で暗黒に転落<上>|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 「数の力を背景にした強行採決を繰り返し、『中間報告』という禁じ手まで使って、憲法違反の悪法を次々と成立させてきたのが安倍政権です。権力の私物化は目に余り、多くの有権者の生活が置き去りにされている。そんな悪辣政権が選挙に圧勝したことで、ますます傍若無人になり、改憲軍拡のアクセルを目いっぱい踏み込むことになる。目の前に広がるのは暗黒の未来です」(政治評経済も外交も成果がなく、森友・加計疑惑も炸裂。何から何まで行き詰まった安倍首相が、疑惑隠しの解散に打って出たことは誰の目にも明らかだ。」とある。それにしても、選挙期間中、メディアがモリケケ問題をほとんど扱わなかったのはどうしてだろう。
10/24 今すぐ始めるインフル・風邪撃退術】重症化しやすい高齢者の発症 年を重ねると感染防御力は高まるが過信は禁物 - zakzak 10月に入って、気温の差が10度ちかくなる日があるが、気をつけたいのが体調不良。ちょっと油断すると風邪をひいたりする。初冬から流行し始めるインフルエンザについては、特に注意が必要です。ところで、ことしもインフルエンザワクチン接種の案内が自治体から届いている方は少なくないと思うが、その有効性はどうなのであろう。
10/24 憲法よりも国会よりも強い、日米「秘密会議」の危ない実態(田原総一朗×矢部宏治) | 現代ビジネス | 講談社 戦後、日本の行政組織と米国の対日本工作機関との間で、日本の政治、経済活動について議論され、米国側から指示を受けてきたという『日米「秘密会議」』の存在。郵政民営化、金融緩和、集団的自衛権、及び、これから始まるであろう憲法改正も、この会議の反映であるとされる。「合同委員会の日本側のトップが外務省の北米局長で、ほかに法務省大臣官房長や防衛省地方協力局長などがいる。一方、アメリカ側のトップは在日米軍司令部の副司令官で、メンバーのほとんどが軍人です」とある。
10/23 衆院選:自民単独過半数、与党が3分の2超で圧勝へ−NHK開票速報 - Bloomberg 与党が圧勝である。自公合わせて衆院の3分の2を確保した。要因は、小池氏・前原氏による野党共闘分断であろう。彼らは政権交代を目指すことを掲げたが、民進党解体によって生まれた立憲民主党の勢力にも及ばなかった。皮肉な話だが、安倍一強を止めるためといった前原氏が、安倍一強を再度生み出したことになった。
10/23 ケネディ元大統領暗殺の秘密情報を公開する意向、トランプ大統領 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 大統選を含め就任以降、常に破天荒な発言を繰り返してきた米国トランプ大統領が、長期間機密扱いにされていたジョン・F・ケネディ元米大統領の暗殺に関する秘密情報を一般に公開すると述べた。日本人にとっても、日米間のテレビジョン衛星中継の実験放送として、暗殺のシーンを見た人は少なくないと思う。さて、真実はいかに。
10/23 米国務長官、来年1月にも退任か トランプ氏と「対立」 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース さて、そのトランプ政権だが、日本の 外務大臣に相当するティラーソン国務長官が、「トランプ米大統領をこき下ろす発言を内輪で示した」ともいわれ、その辞任がささやかれ始めた。北朝鮮問題を軸として中国、ロシアとの外交が最重要課題となっている中、その中心である国務大臣の辞任は、今後の展開に大きな影響を与える可能性がある。
10/23 日本の国家中枢には人種主義が浸透しているのかどうか。 - BLOGOS ちょっと長いが引用させていただきたい。『そのような直近の歴史を連続的に引いている点では、日本も同じである。つまり、「大東亜戦争」を主導した「八紘一宇」「皇国史観」という「大東亜共栄圏」のイデオロギーはナチスと同じく、「神話」によって嘉せられた日本の「現人神」たる天皇制とそれに連なる血統・人種こそが世界支配者となる使命をもつのだという明瞭な人種主義イデオロギーであった。しかも、それは、アジアでは日本のみがヨーロッパと対抗できる使命をもっており、それ故に、日本はアジアから離れて、それを支配する地位に到達しなければならないという明治時代以来の「脱亜論」をともなっていた。というよりも、この「脱亜論」によって、日本国家のアジア侵略は合理化され、それによって天皇制的人種イデオロギーが形成されたといった方が事態を正確に反映しているといえるだろう。それはまさに世界支配の思想だったのであって、それによってこそ、ナチスと日本の軍事同盟は、両者が人種主義イデオロギーにもとづいて世界分割をするという了解に達したのである。』とある。このような戦前思想を標榜する安倍政権を再び信任した日本の国民も、こうした思想に憧憬をおぼえているのだろうか。
10/23 「大学倒産」の危機は地方から そんな時代に“輝く大学”を選ぶ方法 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 少子高齢化の時代である。「18歳人口は40年には今の4分の3。大学も800から600ぐらいに200ぐらい減ることになる」とあるが、現実的に、17年度の中小規模校の100人未満定員では、33校で定員2410人に対し、入学者2276人充足率は94%。これは、「危機はまず地方から始まり、倒産が起こりえます。ただ、地方の高校生の数少ない選択肢がさらに減り、進学機会が奪われることは問題です。大都市では市場原理に基づく競争、地方では地域社会に真に必要な大学への公的な財政支援も辞さない。危機対応には、そんな二重基準があってよいと思います」となるという。大学の淘汰が始まるようである。
10/23 米中の北朝鮮「懲罰」に、能天気な日本はお呼びでない | 河東哲夫 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト ここに注目すべき考察がある。<経済制裁に舵を切り核接収にも言及した中国。地政学上の大転換の兆しに敗戦国日本はなすすべもない>というものである。北朝鮮問題は、米朝の問題ではなく、むしろ中朝の問題というのである。中国は、世界第2位の経済大国となったが、国家体制は現在もなお共産主義国家であり、彼らにとって自由主義国家である韓国、日本への緩衝地域として北朝鮮を重要視しており、米国の北朝鮮への侵攻の代わりに自ら侵攻占領統治する可能性がある。
10/22 【台風21号】関東上陸「史上最強クラス」23日未明から明け方に 300ミリは都心の1カ月分超(1/2ページ) - 産経ニュース 「史上最強クラス」の台風21号、強風への警戒が必要だが、東海で24時間雨量が最大600ミリと予想され、また都心でも300ミリの降雨の可能性がでてきている。大雨、河川の氾濫にも警戒が必要。
10/22 23日未明に東海・関東上陸か=超大型台風、大雨暴風に厳重警戒:時事ドットコム
10/21 NHK選挙WEB 今回の衆議院選挙は戦後日本のあり方を変える重要な選挙になる可能性を秘めています。ぜひ、各党の主張を読んでいただきたいと思います。
10/21
10/20 本当に、「こんな首相」を信任して良いのか BLOGOS  『【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」】でも述べたように、今回の衆議院解散は、現時点で国民の審判を仰ぐ理由も「大義」もないのに、国会での森友・加計学園疑惑追及を回避するための党利党略で行われたものであり、憲法が内閣に認めている解散権を大きく逸脱した「最低・最悪の解散」だ。疑惑隠しのため解散を強行した安倍首相への批判から、自民党が大きく議席を減らすことが予想されていたが、「希望の党」の結成、民進党の事実上の解党によって、野党は壊滅、その「希望の党」も化けの皮が剥がれて惨敗必至の状況となり、結局、「最低・最悪の解散」を行った安倍首相が、選挙で圧勝して国民から「信任」を受けることになりかねない状況になっている。』とある。すべては有権者の判断である。国民の多くは自民党に対してそれほど否定的ではあるまい。問題は安倍晋三という男の人間的資質である。
10/20 中国を米と並ぶ強国に 習氏、共産党大会で長期目標  :日本経済新聞 「立ち上がり、豊かになる段階から強くなる段階を迎えた」、「中華民族の偉大な復興という中国の夢」、「現代化した社会主義強国」、「あらゆる活動を党が指導する」、「党の指導と社会主義制度を否定する一切の言動に反対する」、習近平総書記(国家主席)の演説である。この強国中国を作ったのが、実は戦後の日本であることは、ある意味皮肉である。経済力、軍事力、人口ですべて上回る中国といかに協力的な関係を作るか、これが重要になるだろう。
10/20 台風21号関東を直撃する恐れ 10月台風は過去に甚大な被害 : J-CASTテレビウォッチ 季節はずれの大型台風21号が週明けにかけて日本列島を直撃する可能性があるという。10月台風による被害が拡大する要因として、、「日本列島に接近すると急速にスピードを上げるのと秋雨前線とのダブルパンチ:があげられる。通過が予測される地域では警戒が必要です。
10/20 関東周辺では積雪 都心寒さの記録続々 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)  それにしても、10月中旬での、この寒さは尋常ではない。東京都心の正午の気温は11度1分、10月中旬の正午でこれほど低い気温になったのは、これまで初めてだそうです。外出時には、しっかりと真冬の装いが必要です。
10/20 紅葉情報2017 色づき情報を毎日更新 | 紅葉名所2017 - ウォーカープラス 夏から秋を通り越して冬になったような天候ですが、低地での紅葉はこれからが見ごろ、秋雨が落ち着いたら、紅葉見物、温泉三昧の旅に出かけてはいかが。
10/19 有権者に「排除」され始めた小池百合子氏…希望の党候補者が小池氏の意向を無視し批判開始 | ビジネスジャーナル 希望の党の内部瓦解が始まった。「希望の党の小池百合子代表や民進党の前原誠司代表には、不満どころではなくヘイトに近い感情が集まっている。本来であれば、安倍政権を打倒するためには野党が一丸となるべきだが、その足並みを乱した戦犯であるからだ。」とある。この逆風をかわすために、希望の党の公約には組しないという立候補者が出てきている。さて、希望の党、惨敗すれば代表の責任問題が噴出する、はたして選挙の後、政党として存在することができるのだろうか。
10/19 遭難の男女4人、無事発見=意識はっきり、会話も−北海道・旭岳:時事ドットコム 北海道の大雪山系旭岳で男女4人が遭難、道警は18日午後5時40分ごろ、二見川付近で4人を発見、全員の無事を確認した。4人のうち20代男性は震えが止まらず、低体温症の症状が出ているそいうだが、命に別状はないようである。10月中旬以降、2000mを越える山岳地帯では積雪など様相は完全な冬山。登山には十分な冬山装備、計画が必要。
10/19 高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種について | 肺炎予防.jp | MSD株式会社 高齢者の死亡原因として常に上位にランクされる肺炎、一度かかると、一時的には治癒しても、なんども症状を繰り返す傾向がある。肺炎の原因として肺炎球菌があるが、予防として、「うがい、手洗い、マスクの着用をしっかり行いましょう。一度使ったマスクは汚れていますので、毎回新しいものに替えてください。歯磨きなどで口の中を清潔にすることも肺炎予防では重要です。」、また、肺炎球菌ワクチンの摂種も必須。 まだ受けていない方は、ぜひ、自治体へ問い合わせを。
10/19 東京12区、北海道10区も大苦戦 「全勝神話」公明党に異変|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 今回の選挙、自民党圧勝がいわれる中、常に前院当選が手堅いといわれる公明党に異変が起きている。「選挙区に出馬している9人のうち、3人が落選危機に直面」というのである。とりわけ東京12区では、都議選での自民党との対立で都民ファーストと連携、これにより都議会自民党幹事長だった高木啓氏が落選、これがシコリとなっているとのこと。
10/19 頭にくる交通トラブルワースト5「追い抜かれ」「割り込み」「クラクション」 : J-CASTテレビウォッチ  あおりや幅よせ、強制停車などドライバーの危険運転が話題になっているが、京都府で起きた事件、乗用車が走行中のオートバイに至近距離からクラクションを鳴らし、接触、転倒させたというもの。これは危険運転とされるが、あきらかに傷害事件ともなろう。こうした、危険運転を誘発するものとして、「(1)軽自動車に抜かれること(2)車間距離を取っているのに割り込み、しかもハザードランプなし(3)追い越し車線なのに遅い(4)渋滞の合流で1台ずつなのに、2台目が割り込む(5)踏切前で一時停止しているのにクラクション。」があるという。つまらぬいいがかりをつけられぬ前に、やらないことが肝要。また、こうした危険運転を行なう運転者には免許停止や、剥奪も考えるべきであろう。
10/18 <衆院選>自民、50超を重点区に 希望、足元固め躍起 - エキサイトニュース 毎日新聞の特別世論調査によると衆院選中盤情勢で、自民党が単独で300議席を獲得する勢いであるとのこと。解散直後の調査では、自民党が最大100議席を失うとあったが、希望の党が当初の野党共闘を分断したことによると思われる。その希望の党、そのものも反安倍政治の受け皿になりえず、自民一強を支える結果になったと思われる。ともあれ、希望の党では地盤を持つ民進党議員合流組み以外ほとんど落選するだろう。選挙後の希望の党、その継続は困難かもしれない。
10/18 政党支持率 立憲民主党が希望の党を上回る、JNN世論調査 TBS NEWS ここにきて野党の中での政党支持率で、立憲民主党の支持率が希望の党の支持率を上回った。一方で、安倍内閣の支持率は、48.7%、不支持率は49.2%、また、政党の支持率では自民党の32.8%で、立憲民主党の7.3%で、希望の党の5.2%、これに公明党、共産党、日本維新の会、民進党、社民党、日本のこころ、自由党が続く。安倍総理の臨時国会冒頭での衆議院解散したことについては、「非常に評価する」と「評価する」が合わせて21%で、「あまり評価しない」「全く評価しない」が合わせて75%。諸氏は、どの党を支持されますか。
10/18 衆院選のドサクサ紛れ 加計獣医学部「23日認可」の怪情報|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL あくまでも怪情報だが、この選挙で自民党が大勝した場合、先送りされていた加計獣医学部の開学が開票翌日23日に認可されるという情報が出てきた。おそらくは、このタイミングでなければ来年の入試実施、新入生受け入れが出来なくなるということだろう。「認可を受けて、今まで雲隠れしていた加計理事長が会見を開くらしい。現在、想定問答を作って綿密な対応策を練っている、ともいわれています。おそらく『安倍首相は関係ない』『10年以上前から獣医学部設置を求めてきた』などと説明するのでしょう。安倍政権も11月初めにトランプ米大統領が来日するため、とにかく早く幕引きを図りたいと考えているようです」、とは文科省担当記者の言。安倍首相はお友達にために800億円近い税金を使って選挙をしたのだろうか。
10/18 大都市圏で「支持」食い合う野党、内閣支持率↓でも自民勢い↑のフシギ 大阪でも異変 - zakzak 産経新聞社とFNNが実施した衆院選の終盤情勢調査、「選挙戦突入後の安倍晋三内閣の支持率が下落傾向にあるにもかかわらず、自民党は勢いを増していることが鮮明になった。矛盾するような情勢の背景には、希望の党や日本維新の会が本拠地である大都市圏の東京や大阪で失速したことに加え、民進党の事実上の解党により野党共闘が破綻して各党が候補を乱立させたことがある。」とある。さて、結果はどうでるのだろう。
10/18 「今年の漢字」、11月1日から応募受付スタート! 2017年はスマホでも可能に : J-CASTトレンド さて、10月半ばに入り、今年もあと2か月弱、芸能人や政治家の不倫問題や、北朝鮮のミサイル発射・核実験、都議選、集中豪雨被害などがあったが、恒例の今年の漢字はいかなりや。2016年の漢字は「金」、リオオリンピックでの日本人選手による金メダル獲得や前東京都知事による都経費や政治資金の不適切な使い方があった。今年の最大の話題は、やはり森友加計問題であろう。そこから出てきた漢字は「忖度」。
10/17 10月中旬では46年ぶりの低い気温に 都心が12月上旬並みの寒さ ハフィントンポスト 十月中旬でまるで冬のような寒さ、東京都心の最高気温は14.3度、平年より7.3度低く、11月下旬並みの冷え込み。10月中旬で15度未満となったのは1971年以来、46年ぶり。今年の冬は、どんな天候になるのか、ちょっと不安。
10/17 東京新聞:「森友・加計」依然うやむや 語らぬ首相 批判の野党:政治(TOKYO Web) そもそもこの解散は、何のためなのか。野党が求めた森友・加計問題解明のための臨時国会開催で、まったくの国会論戦もないままの冒頭解散、この事実が見過ごされているように見える。ほとんどの国民は、安倍首相の森友・加計問題に関する説明には納得しておらず、解散前には、森友問題で財務省と森友側とのい値引き交渉の録音が明らかになったが、この事実の確認がないままである。安倍氏は、これ説明すべきである。
10/17 早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 第48回衆院選、いったいどの党が、どんな主張、公約をしているのか、よく見えない。とりわけ希望の党については、集団的自衛権や安保法制に反対していた民進党議員が多く立候補しており、党の主張とは正反対となっている。なにが本当の主張なのか理解しにくい。
10/17 田原総一朗「『安倍退陣論』まで出た小池劇場の失速」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 「そもそも臨時国会は、野党の憲法53条に基づく召集要求を、3カ月余も放置した末にようやく開いたものだ。なのに議論を一切しないまま解散する。憲法を踏みにじり、主権者である国民に背を向ける行為だ。首相の狙いは明白である。森友学園・加計学園の問題をめぐる野党の追及の場を消し去り、選挙準備が整っていない野党の隙を突く。今なら勝てる。勝てば官軍の『権力ゲーム』が先に立つ『自己都合解散』である」、この視点、あまり語る人がいないが、これが安倍首相の本心なのだろう。
10/17 缶詰は古いほうがおいしい!? カンタン&栄養たっぷり「缶熟」味わい術 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する 非常用備蓄として缶詰を買い置きしている家庭は昔ほど多くないかもしれない。昔ほど、備蓄の必要性がないということなのだと思う。それはさておき、缶詰をひとつの料理として考えると、缶詰めはかなり優秀な食材のようです。その缶詰めの食べ方として『高温・高圧で加熱しているので、中の雑菌は全滅。腐ることなく“熟成”できる、缶詰ならではのこの変化を、缶詰業界では「缶熟」と呼び、おいしさのひとつの目安として考えられています。』がいわれています。「賞味期限が切れているほうがうまいくらい!」「古いものから食べます!」という意見の人もいるようです。缶詰め料理、ぜひ召し上がれ。
10/16 櫻井よしこ氏講演会 11月中旬以降「軍事紛争起きないと担保できない」 米朝関係や中国の脅威説く  - 産経ニュース インターネット上で、右翼系の人々の「北朝鮮がミサイルを撃ってきたらどうするか」、こういう問いを多く見かける。彼らの論拠は、こうした状況に対する抑止力としての敵基地攻撃能力の保持、有事の際の国内統制としての緊急事態法など、改憲による軍事能力拡大をねらうものである。いわゆる日本会議の広告塔である櫻井よしこ氏の主張もこれに、よく似ている。もっとも、これに愛国という戦前の国防婦人会のような思想が入っているが、右翼の諸君にしろ、この人や極右的考えかたを持つ安倍政権にしろ、彼らには戦争の実態に対する理解が乏しいように思える。戦争をするには、戦争を遂行するためのじゅうぶんな武力、戦争指導部が必要である。また、そのための莫大な国費が必要になる。今の、日本には、こうした能力はない。
10/16 箱根駅伝・予選会、中大が復活 出場権を逃した伝統校は… 手前味噌で恐縮ですが、筆者の母校、中央大学が、第94回東京箱根間往復大学駅伝の予選会で3位に入り、来年に出場が決まった。2016年の予選会では11位、歴代最多連続出場記録が87で途切れたが、2年ぶり91度目となる本大会への出場である。次の課題は、本大会で10位以内に入りシードに残れるかどうかである。健闘を祈りたい。
10/16 【朝鮮半島情勢】北、ミサイル搭載の移動式発射台に動き 米空母、原潜、爆撃機…続々集結 偶発的衝突の恐れも - 産経ニュース 北朝鮮で最近、弾道ミサイルを積んだ移動式発射台の動きが捕捉されたとそうである。米韓両軍は17日から原子力空母を中心に40隻を超える艦艇を日本海などに展開し、共同演習に入るが、これへの対抗策と見られる。今回の演習では、米軍は原子力潜水艦などの戦略兵器も朝鮮半島周辺に集結、、演習期間中に北朝鮮がこの間にミサイル発射をした場合、偶発的衝突が発生する可能性がある。
10/16 やられた経験あるはず!嫌がらせ走行妨害―危険感じたら警察通報 : J-CASTテレビウォッチ  テレビのワイドショーで報じられた高速道路の追い越し車線上での死亡事故、事故の要因となったは被疑者のいやがらせだったことがわかり、さらに、この被疑者が、同じようないやがらせを過去に何回も繰り返したこともわかった。こうした乱暴な運転手による走路妨害は多発しているとのこと。車の運転は、ときに人を凶暴にするのかもしれない。対策は、危険を感じたら、すぐに警察に通報、これしかないとのこと。まともに相手にしたり、すると深刻な事故にあったりする。喧嘩は逃げるが勝ちである。
10/16 立憲民主党、ひょっとしてひょっとするかも | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 民進党の解体により、希望の党からはじき出された民進党リベラル派が立党した立憲民主党に追い風が吹いているそうである。本来は、希望の党が風を受け政権交代をうかがう勢いだったが、小池代表の選挙不出馬で状況はいっぺん、当初の勢いを完全に失ってしまった。希望の党の実態が安倍政権と同様の極右思想であることがわかるにしたがって、有権者の信頼を失ったといえる。少なくとも安倍首相の退陣により、穏健なる保守、平和主義を標榜する自民党にもどることを願う。
10/13 <首相>「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 『安倍首相は討論で、籠池被告への国有地売却の経緯について検証の必要性を問われ、自身や妻昭恵氏の関与を否定。「こういう詐欺を働く人物のつくった学校でですね、妻が名誉校長を引き受けたことはやっぱり問題だった。やはりこういう人だからだまされてしまった」と述べた。首相は行政府の長として、刑事事件で検事総長に指揮権を発動できる法相の任免権を持つ。元検事の郷原信郎(ごうはら・のぶお)弁護士は毎日新聞の取材に「刑事事件では推定無罪の大原則がある」と指摘。「籠池氏は起訴されたが黙秘しているとされ、公判も始まっておらず、弁明の機会がない。行政の最高責任者が起訴内容をあたかも確定事実のように発言するなど司法の独立の観点からあってはならない」と話す。』、これほど法を無視する人間を、一国の首相として認める自民党の議員とは、いったいどんな考えかたをもっているのだろうか。法治国家としての日本は、完全に破壊されている。
10/13 東名夫婦死亡 逮捕の男、1か月前にも車3台に進路妨害 TBS NEWS この事故の状況、なんどもテレビの番組で見ているが、高速道路の追い越し車線で停車し後続の車を強制停車させ、そこに後続のトラックがつっこんだことがわかる。その結果、強制的に停車させられた車に乗っていた二人が死亡した。常識では、ありえない事故だが、逮捕された被疑者の行動、そのものが異常である。世の中には、こういう運転する人間が、わずかだがいる。この意味で、これは事故ではなく、ひとつの犯罪である。後続からのあおり、幅寄せや進路妨害をする運転をするものは、かならず重大事故を起こす。全ての車に前方、後方のためのドライブレコーダーを義務付けたらどうだろう。そのために国が補助金を出すのもいい。
10/13 鹿児島最後のジャズ喫茶「門」閉店...→地元のジャズ文化を残すべく、人々が立ち上がった! - コラム - Jタウンネット 鹿児島県 団塊の世代にとってクラシック名曲喫茶とジャズ喫茶は、青春のよき思い出かもしれない。個人では高価なオーディオシステムやLPレコードを買うのが困難というのもひとつの理由だろう。鹿児島市に老舗ジャズ喫茶「門」が閉店するにあたって、このマスターの所有する、約4000枚の貴重なレコード、アルテック社の大型スピーカーなどの音響設備を譲り受け、「鹿児島のジャズ文化を残そう」というプロジェクトが立ち上がったそうである。4000枚のアナログレコード、さらに、アルテック社のスピーカー「The Voice of the Theatre 828C」、このスピーカーから音楽を聞けるジャズ喫茶は、そう多くない。貴重な存在である。
10/13 「緑のたぬき」(週刊文春)の評判がすこぶる悪い。小池百合子のことである。−JCAST テレビウォッチ それにしても、あっという間の逆風である。希望の党、立党宣言のときは、まさに政権交代、小池総理誕生と持ち上げたマスコミが、いまやこぞって小池バッシングに様変わりである。とりわけ雑誌、新潮と文春のバッシング記事がすざましい。希望の党候補者で、新人のほとんだが落選だろう。民進や他党から合流した前議員がかろうじて当選するくらいだと思う。それはさておき、これによって、有権者は安倍自公政権・希望の党と野党共闘との2極として投票先を選択する、わかりやすいといえば、わかりやすくなったということかもしれない。
10/13 CNN.co.jp : トランプ大統領、NBCの放送免許「剥奪」を示唆 それにしても米国のトランプ大統領、あいかわらずの暴言である。『米NBCやその他のテレビ放送網に対する「口撃」を繰り広げた。トランプ氏はツイッターへの投稿で、「ネットワークのニュースはあまりに党派色が強くなり、ゆがめられている」と指摘し、適切な場合には放送免許を取り消さなければならないとの考えを示した。NBCはこれより前、トランプ大統領が核兵器について10倍に増やしたい意向だと伝えていた。トランプ氏は「NBCとそのネットワークから偽ニュースが流れている」と非難し、放送免許について異議申し立てを行うことが適切ではないのかとの考えを示した。トランプ氏は大統領執務室で記者団に対し、「率直に言って、報道機関が書きたいことを何でも書けることは不愉快だ」とも述べた。』とある。この考え方、日本の安倍首相と同じである。この二人、民主主義とは何かを知らないようである。
10/12 紅葉ツアー・旅行2017|クラブツーリズム 今週末あたりから秋本番をむかえそうな気配、それにともなって各地で紅葉の見ごろとなってきています。ゆっくりと紅葉を愛で、まったりと温泉を楽しむ、そんなバスツアーもいいと思います。出かけてみてはいかが。
10/12 室井佑月「2人とも倒れてしまえ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 現政権を批判してきた作家の室井佑月氏。「希望の党」小池百合子代表についてはこういう。 「権力の私物化をする、国民に嘘ばかりつく、傲慢な安倍政権が嫌いだ。トランプさんに右へ倣えの、危なっかしい外交も怖い。この政権は、国民の財産を、海外やお友達にバラまいてきた。この政権にとって、自衛隊員の命も、アメリカさんに請われたら、簡単に差し出せる物資みたいなものである。天皇陛下に、信じられないような意地悪するしさ。だいたい応援団が悪いよな。政権の悪口をいうと、『売国奴』だの『反日』だの、『日本人じゃない』などと罵られる。はあ? この国の良いところを変えてしまったのは、安倍政権じゃないのか?安倍さんなんて、勇ましいのは口だけじゃ。モリ・カケ問題について、丁寧に説明するといっていたのに、国会の審議から逃げたじゃん。」、こうした声がある。が、それでもなお、国民の安倍政権への支持は続く。この国の国民は、実に不思議だ。
10/12 高齢者ホームで「ゲス不倫」!? 「人生の最後くらい…」と一線越える大胆恋愛の実態 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット) 『ところでこの「人生の最後くらいは……」という魔法の言葉が、ときに入居者たちを、びっくりするほど大胆にすることも。とくに舞台となりやすいのが、ホーム内恋愛だ。年代を問わず、男女が毎日生活を共にしていれば、恋に落ちるカップルも出てくる。さらには、いわゆる「一線」を越え、「毎夜の“夜這い”を豪語する男性入居者もいる」 また、二股、三股もお構いなしの「肉食系」もいれば、「ゲス不倫」もあったりする。世間のそれとはちょっと違って、ここでは「要介護の配偶者がいるのに、羽目を外して不倫すること」などが、ゲスたるゆえんになるのだが。たとえシングル同士でも、ホームの恋愛は茨だらけ。相続でもめたくない子供たちの反対を受けることも多く、正式な結婚までこぎ着けるケースはまれだという。』、さて諸氏の人生の最後、いかなりや。
10/12 緊急事態条項:「首相の権限強化」検討を 自民改憲議論 - 毎日新聞 自民党憲法改正案、大災害などに備える「緊急事態条項」の創設を議論、さらに、「首相の権限強化」を検討すべきだという意見が相次いだそうである。今回の総選挙で自公政権が安定多数を維持した場合、具体的に憲法改正が日程に上がってくる。公約では目立たないが、安倍政権の最大の目標は改憲である。この選挙の最大の争点が憲法であることを知っておく必要がある。
10/12 年代別「死因や死に場所」の実態、老人はどのように最期を迎えるか | 本川裕の社会実情データ・エッセイ | ダイヤモンド・オンライン 「男性は妻に見守られ 女性は一人で死ぬことが多い」、これが人の一生の終わり方である。 『男性は、40代後半までは配偶関係4区分の中で「未婚」で死ぬ人が最も多いが、それ以降は「妻がいる」状態で死ぬケースが上回るようになり、80代までは大半が「有配偶」での死となる。なお、図には表れていないが、女性の場合、「有配偶」の死亡が「未婚」を上回るようになるのは30代後半からである。女性については、70代までは「夫がいる」状態での死亡が最も多いが、死亡者数が大きく増加する80代以上では、圧倒的に「死別」、すなわち夫に先立たれている状態が多くなる。つまり、男性は「妻に見守られながらの死」がほとんどであるのに対して、女性は、ほとんどの場合、「思い出の中の夫とともに迎える」ことになるのである。当たり前のことではあるが、データで確認してみると、ある種の感慨を抱くことができよう。』、これが自分の人生の終末です。
10/11 丹羽宇一郎氏が提言 今の日本こそ「戦争の真実」学ぶべき|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 米朝開戦が起きるかどうかはわからない。おそらくは世界のどの国もそれをのぞんでいないだろう。が、戦争は多くの場合偶発的起こる。戦後、海外での戦争、他国からの武力攻撃を経験しない日本であるが、そのことは、政治家を含めほとんどの国民が戦争を経験したことがないことを示す。今、国会の3分の2を越える保守勢力が声高に集団的自衛権や敵基地攻撃能力を主張する。が、彼らの中には戦争の現実を、すなわち人間と人間が殺しあう現実を知らない。日本の軍隊である自衛隊も同様である。リアルな安保とはこのことである。したがって、政治家は安保を語るとき、自らの命をかける覚悟が必要である。その政治家を支持する国民を支持する国民も同様である。諸君に問おう。君たちには本当に命をかける覚悟があるのかと。
10/11 【ここがヘンだよ!日本】日本経済を揺るがす通貨信認危機 行き詰まり始めた日銀「異次元緩和」 - zakzak 「インフレ率2%を目標に、金融環境をこれまでとは異次元なほどに緩和的な状態にするための政策」という日銀による異次元緩和が行き詰まり始めているという。単純に金を市中にあふれさせれば景気が回復するわけではない。借りた金は返さねばならない。借りた金でその元本、金利以上の利益がでなければ借りる人間はいない。重要なのは利益を生みだす機会である。それにしても国が出した国債を日銀が買い続ける、自分で自分の足を食うような政策、その行き着く先はどこだろう。考えるとおそろしい。アベノミクスの経済政策が、実は猛毒なのだと知っている国民はほとんどいない。
10/11 【検証55歳からの性 アンチエイジングSEX】年齢とともに減少する“我慢汁” 健康的にたっぷり出して女性を喜ばせて - zakzak 「セックスの際、射精に至る前に尿道から無色透明な液体が出るのはご存じかと思います。一般的には“我慢汁”などと呼ばれたりしますが、正式には『カウパー氏腺液』や『尿道球腺液』と言います。この液体は、脳が性的興奮を覚え、その刺激が神経を通じて尿道球腺に伝わり分泌が促されます。役割は、精子を守ること。女性の膣内は弱酸性の状態です。しかし、精子は酸性に弱い性質があります。そこで、アルカリ性であるこの分泌液により、まず膣内を中和。精子を守り、活発な運動を促します。セックスの時に、女性器が濡れているとうれしいと感じますよね。同様に、男性器から液体があふれていると、興奮するという女性も多いです。カウパー氏腺液は気分を盛り上げるためには重要な意味を持つもの。ですが、残念ながら年齢とともに量は減少していきます。挿入をスムーズにする役割もあるため、量は維持しておきたいところです。」だそうです。諸氏はいかが?まじめな話です。
10/11 ノーベル経済学賞、セイラー教授の受賞理由 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 2017年のノーベル経済学賞を受賞した米シカゴ大のリチャード・セイラー(Richard H. Thaler)教授、「行動経済学の権威で、経済学の意思決定の分析に心理学に基づく現実的な仮定を組み込んだことで知られる。」だそうです。難しいことは別にして、人間の心の状態は社会の経済状況に大きな影響を与える、そういうことのようだが、単純に考えれば、その通りだと思う。
10/11 希望の党は反安倍の受け皿としての「壮大な空箱」 - 郷原信郎|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト 衆議院選挙が始まった。鳴り物入りで始まった「希望の党」、現在の評価は「壮大な空箱」ということのようである。たしかに選挙公約はほとんど安倍自民党と変わりがない。立候補者のほとんどが、旧民進党の保守系議員である、党首そのものが立候補していないというのも異例である。実体のない党、不思議である。
10/10 不明4歳男児、45時間ぶりに発見 頭部骨折も命に別条なし― スポニチ Sponichi Annex 社会 ひさびさのうれしいニュースふぁ届いた。静岡県伊東市の天城高原で7日から行方不明になっていた保育園児4歳が、9日午前8時50分ごろ、伊東市内の雑木林で約45時間ぶりに発見、保護。頭部骨折の重傷を負っているものの、命に別条はないとのこと。
10/10 トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト< 共和党のボブ・コーカー米上院議員が、『トランプ大統領は米国を「第3次世界大戦への道」に導くという危険を冒していると警告』。もともと、「上院外交委員長も務めるコーカー氏は昨年の大統領選でトランプ氏のアドバイザー(国家安全保障担当)を務めていたほか、副大統領と国務長官の候補となっていたが、両氏の関係は大幅に悪化。トランプ大統領はツイッターで、イラン核合意を巡りコーカー氏を非難していた。」とある。トランプ政権内部はいまだに不安定なようである。
10/10 安倍首相の土俵に乗ってはいけない 総選挙「本当の争点」|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL ぜひ、ご一読ありたい。『本当の野党が着眼すべき「本当の問題」とは、何か。それは、まさしく国難突破です。国粋主義化という名の国難から国民を守り切れるか、ということです。「国民の上に国家を置く」ことを目指しているのがチームアホノミクス。グリーンモンスター軍団からも同じ香りがプンプンしてくる。チームアホノミクスは財政節度の放棄を正当化する方向に向かっています。その行き着く先は、日銀による財政ファイナンスの制度化です。そうなれば「経済ファシズム体制」の完成です。そんなことを許してはいけないという観点から、切り込んでいく必要がある。「人づくり革命」も国家のために国民を使うという考え方ですから、こうしたテーマを「本当の問題」としてうまく議論のテーブルに乗せられるといい。』。
10/10 おはぎ人気1日2万5000個・年商2億円!わざわざ買いに来る町はずれの小さなスーパー:J-CASTテレビウォッチ 仙台秋保温泉にある「さいち」というスーパーマーケット、おはぎだけで年商2億円というからおどろきである。種類は、あんこ、きなこ、黒ゴマ、1日2万5000個売れたこともあるそうである。また、エビフライ巻き、カレーのルーだけ、海鮮丼、ちらし寿司、サンドイッチなど100種類もの総菜、弁当が売られているが、毎日売り切状態。お仕着せのコンビニ、スーパーとは一線を画すこういうスーパーが近くにあるのは高齢者にとってもうれしいと思う。
10/10 誰が首相になっても、総選挙後に必ず起こる「2つの重大な出来事」(矢部 宏治) | 現代ビジネス | 講談社 注目すべき視点である。今回の前原誠司代表による「民進党・解党事件」、本当の狙いは国内リベラル、左派勢力の殲滅だということ。『今回どのような選挙結果が出たとしても、選挙後に姿を表すのは、巨大な「自民・公明・希望・維新」による保守連合体制であり、その最終的な目的は、軍事問題についての「野党の消滅」または「大政翼賛体制の成立」なのである。』、この指摘、間違っていることを願うが、仮に憲法が改正されて緊急事態法が成立した場合、政府は戒厳令発動により、憲法の停止も可能になる。その先に何が待っているかは、戦前の政治史が示すとおりである。
10/6 「東京駅」社員食堂を一般開放 特製ハヤシライスも親子オムライスも食べられる!:J-CASTトレンド 10月14日の鉄道の日を記念した「東京鉄道祭」に合わせて、東京駅の社員食堂が10月7日〜9日の3日間、一般開放。限定メニューの「日本食堂謹製 NRE特製ハヤシライス」、「親子オムライス」、また「懐かしの食堂車のカレー」も提供。鉄道好きのお孫さんと出かけてみてはいかが。
10/6 紅葉情報2017 色づき情報を毎日更新 | 紅葉名所2017 - ウォーカープラス 一年は早いもので、1000mをこえる山や高原では、すでに紅葉が始まっているようです。ぜひ、お出かけを!
10/6 立憲民主党のTwitter、10万フォロワーを突破 一方「希望の党」は…【UPDATE】 ハフポスト 民進党左派である立憲民主党のTwitterアカウントのフォロワーが10万を超えたそうである。一方、「希望の党」のTwitterアカウントのフォロワー数は3249フォロワー。昨年のデータだが、日本のTwitterの月間アクティブユーザー数は3500万、30代のユーザーが中核にあり、これに40代が加わっている。ここから見えるのはTwitterユーザーのこの世代が立憲民主党に興味を持っているということであり、希望の党の小池代表に対する風向きが完全に変わったということである。
10/6 ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 英国の小説家 | NHKニュース ことしのノーベル文学賞に、日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が選ばれた。ノーベル文学賞の選考委員会の選考の理由として、「カズオ・イシグロ氏の力強い感情の小説は、私たちが世界とつながっているという幻想に隠されている闇を明らかにした」と評価。本人は、「いたずらかと思った」とコメント。文学は、死んでいないようである。
10/6 希望の党:自民と連立排除せず 小池氏、安倍政権とは対決 - 毎日新聞 小池新党、希望の党が漂流し始めた。安倍一強政治に対してゆさぶりをかけたことは事実だが、その思想信条、政治手法において安倍首相と同様の極右性、独裁性が見えてきたことによる小池ブームの消滅である。都議選のような圧倒的勝利は起こりえない。有権者が望むのは、二人目の安倍ではない。
10/6 梅沢富美男が小池百合子に一言「下手打ったんじゃないかな」 | NEWSポストセブン 役者、梅沢富美男氏の言である。『今回は小池さんも下手を打ったんじゃないかな。彼女は「国政には関心ありません」と言い続けていたのに、急に「私がやります」となった。きっと台本があったんだろうな。でも、東京都民は「あぁ、結局小池さんは都政より国政なんだ」って気がついていると思うよ。都議選ほど風は吹かないんじゃないかな? だって新党といっても「寄せ集め」じゃないですか。古い人たちが集まって新党って、全然新しくない! 国民は小池さんの名前に踊らされないように気をつけなきゃダメですよ。』、真っ当な考え方である。
10/6 室井佑月「この流れでいいの?」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 是非読んでほしい一文である。「長い引用だけど、あたしの言葉より説得力があるのでぜひ読んでほしい。ナチスのナンバー2だったヘルマン・ゲーリングの言葉だ。<一般市民は戦争を望んでいない。貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足に戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。当然、普通の市民は戦争が嫌いだ。しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。意見を言おうと言うまいと、国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。自分たちが外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく、国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように適用するものだ> どう思った? あたしたちは、今、これをされているんじゃない?」
10/5 音喜多駿氏が「疑問」抱いた小池氏の言動 都民ファ大改革の「内幕」は... : J-CASTニュース  都民ファーストが都民ファシストになってきた。都民ファーストで立候補当選した都議会議員が離党することを明らかにした。理由として、「我々は情報公開の徹底や、しがらみのない政治を訴えて都議選を戦った。ところが内部でもそれらが達成できていない。この状況で国政進出しても、希望の党が掲げるスローガンが達成できるかと言われれば、極めて疑問だと率直に思う」、「議員によってレベル差はあったと思う。少なくとも私はメディア出演が厳しく規制されていて、事実上出られない状態だ」、「新人議員と食事に行こうとしたら、『分派活動、派閥づくりの行動』だということで呼び出され、党役員から厳しく叱責を受けた」というもの。小池新党、党の内外から逆風が吹き始めた。
10/5 【寄稿】小池新党は自民党の派閥 - WSJ ハドソン研究所フェローでバード大学教授(外交論)、ウォルター・ラッセル・ミード氏の指摘である。「日本は、世界の大国の中で最も過小評価される国であり、通常は最も波乱のない国だ。自民党は1955年の結党以来、日本の政界において圧倒的な地位を占めてきた。現在は連立政権を組む公明党とともに衆参両院で3分の2の議席を確保している。だが今の日本は通常よりやや不安定に見える。始まったのは先週だ。安倍晋三首相が衆院を解散し、10月22日に総選挙を行うと表明した。自身の支持率が回復基調にあることや野党の足並みの乱れに乗じるのが狙いだった。だがその直後、安倍氏の目算は大きく狂った。カリスマ的存在の小池百合子東京都知事が、自ら代表を務める新党「希望の党」の候補者を全国の選挙区で擁立すると発表したのだ。同氏の地域政党「都民ファーストの会」とその支持勢力が急激に頭角を現し、都議会議員選挙(定数127)で3分の2をわずかに下回る議席を獲得したのは、わずか3か月前のことだ。」とある。このドラマ、どのように展開していくのであろうか。
10/5 トランプ大統領、中国に失望して本来の対決姿勢へ 北朝鮮を制裁しない中国に堪忍袋の緒が切れた | JBpress(日本ビジネスプレス) 北朝鮮のよる核・ミサイル開発保有問題において、当初中国との密接な関係をきづいてきた米国トランプ大統領が中国に対する対決姿勢を見せ始めた。中国の覇権主義という国際情勢を理解し始めたということであろう。彼の中には、会社組織の社長として、会社の中では社員は社長のいうことを聞くという考えがあり、米国の大統領となった彼にはホワイトハウスは世界の社長室であり、世界各国は社員としてトランプ社長のいうことを聞く、そんな考えがみえるように思えるが、世界は決してそうではないことを理解し始めたのであろう。
10/5 細川元首相:「選別、こざかしい」小池氏を批判 - 毎日新聞 安倍政権を倒す、その一点である、というのが民進党前原代表であった。が、そのための合流に対して小池新党からは、いわゆる民進党内リベラル派は排除するとの宣言、いったいこれをどう受け止めたのだろう。細川護熙元首相の小池新党に対する言である。「(安倍政権を倒す)倒幕が始まるのかと思っていたら、応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃになってきた。政権交代までいかなくとも、せめて自民党を大敗させて、安倍晋三首相の党総裁3選阻止まではいってもらわないと」。また、前原誠司民進党代表については「名を捨て実を取ると言ったが、状況をみていると、名も実も魂も取られてしまうのではないかと心配になる」と発言。二人の変節者によってはたして政権交代は可能だろうか。
10/5 「いま足元はカオス」 連合の神津会長が希望の党を批判 当初は小池新党、希望の党に対して協力的であった連合だったが、希望の公認選別を批判し協力関係を解消した。『連合は今回の衆院選で希望との政策協定は結ばず、特定政党の支援は見送る方針。神津氏は「連合の政策・理念を共有し、地道な取り組みを重ねる同志の勝利に向けて全力をあげる」と述べ、希望や枝野幸男・元官房長官が立ち上げた「立憲民主党」、無所属に分かれた民進出身の候補を個別に支援する考えを示した。』とある。組織を持たない希望の党にとって、これは最大の誤算であろう。風と勢いでは立憲民主党に負け、組織では自公に完全に負ける。これでは、希望の党で当選可能なのは、地盤をもっている民進党からの合流組だけに限られるだろう。結果は立憲民主党の後塵を拝することになろう。
10/4 秋はダニ死骸・フン大量発生!気管支の奥まで入り込んで発作激しく : J-CASTテレビウォッチ 10月に秋本番を迎えぐっと涼しくなり、衣替えの季節になってきましたが、寝具も夏掛けから厚いものにかえる時期。そこで気をつけたいのが、夏の間しまっていた布団で繁殖したダニ。「秋ダニはどう除去したらいいのか。白井さんは「布団乾燥機はダニの死滅には有効ですが、死骸やフンは残ります。布団を丸洗いすればフンは水に溶けて流れます」と、コインランドリーなどでの布団洗濯をすすめる。洗濯できない布団は、布団専用ノズルを装着した掃除機で1平方メートルあたり20秒間吸い取る。専用ノズルがなければ、吸い込み口にストッキングをかぶせも代用できるが、布団を使って1時間以上たってから掛けること。使った直後では、死骸やフンはまだ空気中に舞っていているからだ。」とのこと。ダニの死骸は喘息発作の原因にもなるので、要注意です。
10/4 ノーベル医学賞「体内時計研究」の意外な功績 | ロイターコラム | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 米国の科学者ジェフリー・ホール氏、マイケル・ロスバッシュ氏、マイケル・ヤング氏がの今年のノーベル医学賞を受賞した。体内時計を制御する分子メカニズムを発見した功績が評価されたもの。「体内時計を制御する分子メカニズムは、体内の概日(がいじつ)リズムの同期が乱れたときに、人間が時差ボケを経験する仕組みや、不眠やうつ病から心臓病といった疾患にまで幅広い影響を及ぼすことを説明するのに役立つ。」とされており、今後の応用がおおいに期待される。
10/4 大人も乗りたくなるほどのハイテク三輪車が登場し話題となる!|面白ニュース 秒刊SUNDAY 自転車は基本的に2輪なのでとまると倒れてしまう。今、注目されているのがハイテク三輪車。電動モーターがあり、走行可能距離、約50キロ、速度は最大25キロ。値段は約20万円、一般的な原付バイクとほぼ同じ。運送などの事業用が主な目的だが、過疎地での個人移動などにも有効だと思います。
10/4 熟年不倫、二股三股は当たり前「いつまでもSEX&恋愛したい」アラフィフ・アラフォーたち | デイリー新潮 芸能人や国会議員の不倫が週刊誌でとりあげられることがあるが、最近話題となっているいう熟年不倫、「熟年不倫、二股三股なんて、もはや当たり前のこのご時世。アラフィフ・アラフォーたちの乱れた恋愛事情を分析すると、皆、いつまでもSEX&恋愛したいらしい……。なのに、当のみなさんは意外と恋愛ベタで、大人げなくクヨクヨ悩んでいる――」だそうである。恋には歳は関係ないようである。さて、諸氏はいかが。
10/4 北朝鮮よりも恐い隣国が、着々と「軍事強国」化を遂げている(近藤 大介) | 現代ビジネス | 講談社 今回の選挙の争点は、森友加計に象徴される安倍一強政治に対する評価だが、同時に安倍政治のもうひとつの重要な指針、安全保障法制の是非である。現在の北朝鮮の核ミサイル保有が問題視されているが、アジアのみならず中東、さらにはアフリカ・ヨーロッパまでその影響を及ぼし始めた中国の存在およびロシアこそ日本の安全保障にとっての最大の脅威である。習近平は、「われわれが壮大な発展を遂げると、それだけ大きな抵抗や圧力に遭う。外部との多くのリスクに直面することは、わが国が大国から強国へと発展を遂げる中で、回避できないチャレンジなのだ。それは、中華民族の偉大なる復興を実現するため、避けて通れない関所のようなものだ」と主張。世界は明らかの米中ロの冷戦時代に向かっている。この強大な軍事力に対して、いかなる安全保障が現実的なのか、よく考える可能性がある。
10/3 モリカケ疑惑に触れない百合子氏に不信感/地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ  この間の小池氏の言動を聞いていると、自民党への批判はほとんどない。むしろ民進党内部の反安保法制派、反原発派、反護憲派に対する批判があるように聞こえる。突然の希望の党の登場とは、実は安倍政権との大連合による改憲が最大の目標のように思える。この意味では、希望の党は自民党の別働隊であろう。従って、選挙は改憲派、反改憲派との戦いになる。国民は、これを見誤ってはいけない。
10/3 「出ても無責任、出なくても無責任」と小泉進次郎節 自民党が激しく小池氏を批判 : J-CASTテレビウォッチ 自民党からは、希望の党、小池氏に対して一定の批判があるが、これは単なる保守票の取り合いであって、いわば自民党内での派閥抗争と同様である。したがってこうした批判は自民党全体の意思ではない。ほどほどの批判ということだろう。
10/3 世界にはどのくらいの核兵器があるのか? 核保有国の状況 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット) 北朝鮮の核保有について米国は決してこれを許さないというのが米国の意思だが、素直に考えてみれば、この考え方は奇妙である。世界には、米国を始めとする核保有国がすでに存在する。そうした国々が新たに核兵器を持とうとする国に対して圧力をかける。さらに核兵器保有国は、核兵器禁止条約に参加していない。核兵器を持たない日本さへもこの条約に参加していない。国際政治とは不可思議である。
10/3 中秋の名月は10月4日、お天気は? ハフィントンポスト ことしの中秋の名月は10月4日とのこと。この中秋の名月が10月にずれこむのは8年ぶりだそうです。なお、満月の2日前であるので、ちょっと欠けた名月ということ。さて、4日の天気はというと雲が多くなりそうです。雲の切れ間に見える名月もまた趣きあると思います。4日の夜空、見上げてみてはいかが。
10/3 中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北攻撃」すみ分けか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 興味深い指摘である。米朝開戦が起きる前に中国が北朝鮮に侵攻するという観測である。中国としては、北朝鮮を米韓の軍事的脅威に対して緩衝地域を保持したいのであり、この意味では、中国による侵攻は否定できないかもしれない。これは、米中ロの衝突による第3次世界大戦を避ける有効な方法かもしれない。
10/2 太田光 小池百合子都知事を痛烈批判「日本人全員バカだと思ってる」 - ライブドアニュース 『太田は小池氏が今まで掲げた持論を吟味していった。安全保障について、小池氏は「憲法改正」と述べる以外、具体的なビジョンを何も語っていないというのだ。太田のさらなる指摘によると、小池氏は「安倍さんは自衛隊を軍にするということだけど、私は違う」とは話しているという。だが、より突っ込んだ意見はあやふやにしているとし、そこがかえって「気持ち悪い」というのだ。こうした小池氏の発言を太田は「ごまかし」であると断じた上で、「なんか日本人全員バカだと思ってるんじゃないかな!」と声を荒げていた。』とある。小池百合子という政治家の本質のような気がする。
10/2 東京新聞:衆院選トレンド調査 解散「反対」64% 森友・加計問題説明78%「納得せず」:政治(TOKYO Web) 共同通信社による全国電話世論調査(第一回トレンド調査)の結果、『現時点で比例代表の投票先は自民党が27・0%で、民進党8・0%の三倍以上となった。小池百合子東京都知事の側近らが結成する新党は6・2%だった。「まだ決めていない」が42・2%で、状況は変化する可能性がある。この時期の安倍晋三首相による衆院解散には64・3%が反対し、賛成は23・7%にとどまった。』とある。また、『森友、加計学園問題を巡る政府の説明に納得できるかどうかについては「できない」が78・8%で、「できる」はわずか13・8%だった。』であり、この問題が、大きな争点のひとつであることは疑いない。これからの民意の動きが注目される。
10/2 手はどれくらい洗った方がいいのか | JBpress | kinora(キノーラ) O157やインフルエンザなどの予防として手洗いが基本だが、いったいどのくらい手を洗えばいいのか、英王立薬剤師会による2000人の手洗い習慣調査の結果、「手を洗う時間が短すぎる、あるいは頻度が少なすぎる人が84%もいたという。」とあります。あなたの手洗いの習慣、見直す必要がありそうです。ぜひ、ご参考に。
10/2 枝野氏、新党結成表明へ=リベラル系結集−希望1次公認、3日発表【17衆院選】:時事ドットコム 民進党の枝野幸男代表代行が、新党「立憲民主党」の結成を表明。希望の党への合流に加わらない民進党リベラル系の前衆院議員らによるに新党結成である。これもひとつの選択であろう。
10/2 奇跡の物質「スペルミジン」を増やすには、納豆が効果的(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 奇跡の物質「スペルミジン」をご存知ですか。「ヨーグルト、味噌など多くの発酵食品にスペルミジンが含まれていますが、特に納豆はすごい。その含有量は、白味噌の4倍、醤油の4〜5倍とも言われています。」とされています。「スペルミジン」は記憶力に対して大きな効用があるとされています。「東京都健康安全研究センターの発表によると、同じ納豆でも、普通の納豆は1gにつきスペルミジンが56.1マイクログラム、ひきわり納豆は75.2マイクログラム含まれています。ひきわり納豆のほうが発酵する表面積が広いため、スペルミジンが多く含まれるのです」とあります。ひきわり納豆、ぜひ召し上がれ。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2017年10月の掲載



Copyright 爽快倶楽部