TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2017年6月の掲載




6/30 稲田朋美氏が発言撤回 ⇒木村草太教授「違法行為をした事実は消えない」と指摘 「撤回しても違法の既遂、内閣の責任問題」とは木村草太・首都大学東京教授(憲法学)の指摘である。そもそも『稲田朋美防衛相の発言は「公務員等の地位利用による選挙運動の禁止」を定めた公職選挙法に違反する明確な違法行為だ。閣僚も地位を利用した政治活動は禁じられている。政治家でもある閣僚が選挙応援に行くことはあるだろうが、地位を離れた形で行わなくてはならない。発言は明らかに、特定政党の応援のために防衛相の地位を利用した選挙運動になっている。』である。これを単なる撤回、謝罪ですませるという安倍内閣は、まったく遵法精神を持っていないことになる。これほどの無法な内閣は、かって自民党には存在しなかった。自民党議員諸氏の良識を待ちたい。
6/30 新聞各紙の内閣支持率 なぜ読売と日経は高いのか - zakzak これは実に面白い記事である。とういのはこれを掲載しているzakzak、夕刊フジは安倍応援団である産経新聞系である。ここにこうある。『通常国会の閉会にあたって開かれた安倍晋三・首相の記者会見を聞いて、四半世紀前に一世を風靡したCMの〈反省だけなら猿でもできる〉を思い出した中高年は少なくないのではないか。「印象操作のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」 言葉ではいくら「反省」を口にしても、安倍首相が内心では反省の念など微塵も感じていないことを国民は見透かしている。首相は会見で「真摯に説明責任を果たしていく」とも確かに言った。しかし、国会閉会後に腹心の萩生田光一・官房副長官が加計学園問題に具体的に関与していた証拠文書が発覚すると、萩生田氏は会見をドタキャンして雲隠れした。「真摯」な態度でもなければ、「説明責任」もない。さすがに国民は目が覚めた。高かった内閣支持率は底が抜けたように急落した。国民の安倍首相を見る目と、この国を支配していた政権に物が言えない奇妙な「空気」ははっきり変わったのである。』。いよいよ産経系も安倍内閣を見限りはじめたのかもしれない。
6/30 峠の釜めし本舗おぎのや 昔、信越本線に乗ると、横川駅・軽井沢駅の間で。碓氷峠を越えるために列車が上り・下りするため補機であるEF63を連結・解放、列車が長時間停車していた。その時間に販売していたのが、おぎのやの「峠の釜めし」。益子焼きの土釜に入ったとり飯、これが実にうまかった。今でも、そのときの味を思い出し今でも食べたくなる。
6/30 家計:重税地獄 国民健康保険、国民年金、介護保険 値上げラッシュ - 毎日新聞 6月に入って、国民健康保険料、介護保険料の納付書が送られてきていると思うが、その金額が上がっていることに驚いた人は少なくないと思う。どうしてこんなに値上がりしてるんだ」「高すぎて払えない」 、さらに市民税、都税などがこれに加わる。この国は、知らない間に重税地獄になったようである。この保険料や税金は、どのように使われているのか。国民は、よく監視する必要がある。
6/30 価格帯別・オススメのアナログプレーヤーはコレだ! - PHILE WEB 若い人の間で、往年のアナログレコードが大ブームであるそうである。デジタル音源にはない温かさがレコードにあるという。その指摘が正しいかどうかはわからないが、アナログレコードで音楽を聴いてきた我々にとっては、じつにうれしい話である。また、ソニーの関連会社がレコード生産を始めるとことも。アナログの復活、すなおに喜びたい。
6/29 1人区は全滅危機 都議選自民は「39議席」大惨敗が濃厚に|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 
「自民党が苦戦している理由は、もちろん加計問題をはじめとする安倍首相の対応です。自民党支持者からも『安倍首相はヒド過ぎる』『反省してもらいたい』と批判の声が上がっている。安倍首相が表に出ることはマイナスになる。でも、街頭演説をやらないために『逃げている』と批判されてる。過去4回の国政選挙、自民党は安倍人気で勝利してきたが、この都議選は安倍首相がネックになっている。安倍首相本人もいら立ちを強めています」(政界関係者)「不気味なのは、それほど強い逆風が吹いているとは思えないのに、世論調査や出口調査の結果が異常に悪いことです。38議席に落ち込んだ09年の時は、もっと強い逆風が吹いていた。もしかしたら、有権者は自民党に対して静かな怒りを募らせているのかもしれない。本当に不気味です」自民党に衝撃が走っている。7月2日(日)投票の都議選は、歴史的な惨敗に終わる可能性が濃厚になってきたからだ。“惨敗ライン”である40議席を割り込みそうなのだ。09年に記録した38議席に並ぶ可能性が出ている。もし、40議席を割ったら、安倍政権は一気にレームダックになっておかしくない。
6/29 知らなきゃもったいない!納豆のNGな食べ方と美味しい食べ方|@DIME アットダイム 関東地方の方々には納豆は、親しみ深い食品です。納豆の健康への作用として、「糖とたんぱく質がくっついて合成される「ムチン」は、胃の粘膜を保護して消化・吸収を促進させる。栄養分が多く取り込めるようになれば、皮膚の再生に役立ち、美肌効果が見込める。納豆菌は、腸内で善玉菌として働き、便通促進、風邪予防などに役立つ。その他の成分も、中性脂肪抑制やダイエット、高血圧予防、疲労回復、免疫力強化、老化防止、風邪・インフルエンザ予防、抗酸化作用・抗ガン効果など、非常に幅広い機能が期待できる。」。それはそれとして、納豆の食べ方として、意外と知られていない「NGな食べ方と美味しい食べ方」。ぜひ参考にされたい。
6/29 上高地公式ウェブサイト 梅雨が明けて夏山本番となれば多くの登山者が訪れる上高地ですが、いまなら比較的空いていて、ゆっくりと上高地散策ができると思います。大正池あたりから河童橋、明神あたりまで穂高の残雪を見上げながらの散策、今の時期ならではと思います。梅雨の晴れ間をみながら、お出かけになってみてはいかが。
6/29 姜尚中「加計問題は氷山の一角にすぎない」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) 加計問題など「総理のご意向」などと記された一連の文書について、文部科学省と内閣府の調査結果が食い違っているが、この原因についての論考である。「2014年に設置された内閣人事局によって、内閣が各省庁に睨みを利かすことになりました。その結果、忖度が進んでいったのだと考えられます。内閣人事局の介入によって官僚主導から政治主導へと大きく舵を切りました。その一方で「政治家は国民の代表者なのだから権限がある」というような言い方をメディアで喧伝するような人が重宝がられています。政治主導であるがゆえに行政のこれまでの慣行や公正、中立性を大きく変え、それを主導していくネオリベ的な人たちがいて、新興の有形無形の勢力というのが群がりました。かつてはそういうものが官僚の既得権益なりをつぶしていく可能性がありましたが、そこに縁故主義的なものがはびこっているのだとしたら──。そんな中で前文科事務次官の前川喜平氏の発言があり、霞が関の中からも非難の声が出てきているのです。今回の加計問題は、政治主導と官僚主導という日本政治の大きな問題が氷山の一角として出てきたにすぎません。政治主導と官僚主導の弊害をチェックできるのは国会です。マックス・ウェーバーを引用するまでもなく、選ばれた議員が様々な専門委員会を通じてトレーニングを積み、政治主導の弊害、官僚主導の弊害を突き詰めていくのです。逆に言えば、国会では緊張感ある与党と野党との論戦が繰り広げられなければいけません。残念なことに、今の国会は形骸化し、総理や大臣の質疑すらも論戦がないような状態で、チェックする機能がどこにもないというのが、今の日本の状況です。」。日本の政治、国家経営が危機的状況にある、この認識が国民には必要なのであろう。
6/29 NHKが国会中継しないのは、政治部=官邸の判断だった! 前川氏の会見は中継せず、“アベ友”民間議員の反論垂れ流しも|LITERA/リテラ 共謀罪の国会質疑をNHKが国会中継として放送していない、テレビをつけて、このことに違和感を感じた視聴者は少なくないだろう。『参院予算委員会での共謀罪法案審議を中継しないのかとNHKの視聴者窓口に問い合わせたところ、責任者はこう答えたのだと言う。「編成局と政治部が協議して判断する」』とある。こんなばかげたことはない。NHKは国民の視聴料と税金で運営されている。この国民の知る権利を、NHKの部局である政治部が制限するとは、けっしてあってはならないことであろう。
6/28 都議選応援「防衛省、自衛隊として」 稲田氏、後に釈明 - 2017都議選:朝日新聞デジタル 稲田朋美防衛相の都議選の自民党公認候補の応援演説、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」という趣旨の発言をしたとある。これが事実ならば、あまりに愚かな政治家といわざるを得ない。防衛省、自衛隊とは、大臣のものではない。国民のものである。憲法の精神、民主主義の根本をまったく理解できない人間に政治家の資格はない。覆水盆に返らずという。撤回ですむ問題ではない。
6/28 世界初 量子コンピューターの衝撃|NHK NEWS WEB 世界初の商用量子量子コンピューター、原理はまったく理解できないが、「グーグルやNASA=アメリカ航空宇宙局など世界のトップ企業・研究機関が購入し、従来の高性能コンピューターの1億倍のスピードが確認された」とのこと。それはそれとして、その研究開発には、日本人が大きく貢献しているという。量子コンピューターの原理に、「量子アニーリング」があるが、これは、1998年に東京工業大学の西森秀稔教授と、当時大学院生だった門脇正史さんが提唱したもの。不思議なのは、何故、日本から世界初の量子コンピュータが生まれなかったのか。
6/28 全国のおすすめうなぎ (鰻) [食べログ] そろそろ土用のうなぎが食べたくなる頃合である。昔からうなぎは滋養、精をつける食べ物、夏バテになる前に食べるというのも、いいかもしれない。スーパーで売っているものでもよいが、やはりうなぎ屋のものは、一味も二味もちがう。
6/28 駒形どぜう|どぜう料理・くじら料理 うなぎは、脂がつよくて、という方にはどじょうはいかがだろうか。ぐつぐつと煮えたぎる汁のさがきにしたごぼう、たっぷりのネギをかけて、フウフウ吹きながらいただく。これも夏バテにいいかもしれません。
6/28 「獣医学部を全国展開」安倍首相の発言が波紋 記者と菅官房長官が激しいやり取り : J-CASTテレビウォッチ 安倍首相の「獣医学部を2校でも3校でもつくって全国展開しよう」という安倍首相の発言、本来、「空白地帯に限って1校だけを認める」「私がどこにしろと指示できることではない」であったはずである。これについて、「加計問題は1校にしたことではなく、首相に近い関係者を優遇したことに疑いがある。首相発言はずれている」、「異論が出るのは当然で、首相は都議選を前に焦っているのでは」、「首相は言うことが変わってきている。迷走している」とは、ごく自然な反応だと思う。
6/27 都議選は大惨敗の可能性…錯乱内閣と自民党の末期症状 |政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 今回の都議選、小池都知事による都民ファーストの人気が一息ついているが、一方で、「自民党は引っ込め」とは、自民党の茂木政調会長が街頭演説中のヤジが飛び出すほど、逆風が吹いている。明確にならない加計学園問題。さらに、豊田真由子衆院議員による「この、ハゲーーー」の狂気の絶叫、これについては下村都連会長が「心からおわび申し上げたい。謙虚さがないとの批判はその通り」と謝罪。さて、どんな結果になるのだろう。
6/27 追い詰められる安倍首相!あの時とそっくりになってきた・・・不祥事続きで選挙惨敗・政権放り出し : J-CASTテレビウォッチ 名門高校から東京大法学部、ハーバード大学院留学した自民党の豊田真由子衆院議員の車の中での55歳の政策秘書へ浴びせた罵詈雑言。「この、ハゲーーーーっ!」「おー! おまえはどれだけあたしの心を叩いてる!」「お前が受けてる痛みがなんだ!あたしが受けてる痛みがどれぐらいあるか、お前分かるかこの野郎!!」「このキチガイが!!!」。果ては「お前の娘がさ、通り魔に強姦されてさ、死んだと。いや犯すつもりはなかったんです。合意の上です。殺すつもりはなかったんですと。腹立たない?」。これはもう、学歴以前の人品骨柄の問題である。
6/27 「築地は守る、豊洲は生かす」小池都知事が豊洲移転を正式表明 「築地は守る、豊洲は生かす」、これを自民党は「決められない都知事」と批判する。冷静にみると、豊洲の安全性は保証されていない。気分的な問題としての安全宣言ではすまない問題である。さらに豊洲市場は移転後に市場運営として毎月赤字を出すという。まさに、進むも地獄、退くのも地獄である。これを作ったのはいったい誰か、石原都知事とそれを支えた都議会自民党であろう。この反省なくして「決められない都知事」とは、まさに天につばをはく言いようであろう。
6/27 ミッドウェー海戦は、日本人が生んだ技術に日本が敗けた戦いだった(藤田 元信) | 現代ビジネス | 講談社 ここに、ひじょうに興味深い記事がある。太平洋戦争で日本の敗戦をはやめたミッドウェー海戦の敗北の原因は、日本人が発明したレーダー技術の要素技術への旧海軍の無理解があったということである。それは、「八木・宇田アンテナ」と「分割陽極型マグネトロン」。日本の海軍技術研究所や陸軍技術研究所でも、小規模ながら、レーダ技術の研究をおこなっていたが、軍上層部には、レーダの研究開発に対する理解者が少なく、研究開発は進まなかったという。ひとつの技術が、戦争の勝敗を左右する。この意味を、現代の防衛省や政治家がどれほど理解しているのか。疑問である。
6/27 安倍政権が疑惑隠しで北ミサイル危機扇動のCM放送! 茂木健一郎や平野啓一郎らも一斉批判|LITERA/リテラ それにしても、「政府から、お知らせします。弾道ミサイルが、日本に落下する可能性がある場合──」「屋外スピーカーなどから国民保護サイレンと緊急情報が流れます」「屋外では頑丈な建物や地下に避難を」「近くに建物がなければ、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る」という政府のCM。これほど、国民を馬鹿にした政府広報はあるまい。戦前に空襲をバケツリレーで消火するといった、まったくの子供だましの対策であろう。政府がやらなければならないのは、まずは弾道ミサイルが飛んでこなくするとであろう。安倍政権、いったいどこまでバカバカしいのか。開いた口がふさがらない。
6/26 将棋の藤井四段、新記録の公式戦29連勝「幸運だった」:朝日新聞デジタル< 中学生棋士、藤井聡太四段(14)が史上単独1位となる公式戦29連勝を達成。おそるべき14歳である。彼の連勝記録は、いったいどこまで続くのであろうか。目が離せない中学生棋士である。
6/26 地震予測第一人者が警鐘「30日まで茨城、宮城、福島、28日まで九州で震度4も」 - zakzak 大分県で震度5強の地震が発生、さらに長野県でも震度5強、今は少し落ち着いてきているが、なんとなくいやな感じである。これについて、今後、関東や東北、九州で震度4前後の地震が起きる恐れがあるとの予測、「25日までに北海道、青森、岩手で最大震度3前後、引き続き28日までに九州で最大震度4前後、四国で最大震度3前後、30日までに宮城、福島、茨城で最大震度4前後、東京、神奈川で最大震度2前後の揺れがありそうだ。いずれも地震の規模は震源が陸上ならM5・0程度、海底ならM5・5程度の兆候が出ている」。
6/26 連続テレビ小説「ひよっこ」|NHKオンライン 現在放送中のNHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」、舞台は高度成長経済時代の日本。その時代の社会情勢風潮、風俗が描かれており、団塊の世代にとっては、懐かしさをおぼえる内容かもしれない。見て楽しいドラマである。
6/26 “安倍さまのNHK”に変化? 『クロ現』総理圧力新文書スクープを後押しした上田新会長、一方で政治部によるスクープ潰しも…|LITERA/リテラ 少し興味深い記事である。“安倍さまのNHK”に変化が出てきたというのである。「上田会長は、就任してしばらくたった後、公共放送であるNHKの権力を追随する姿勢に対して海外メディアから予想以上に厳しい批判や疑問の声があがっていることを知って、理事会で“ジャーナリズムの使命を果たす必要がある”“調査報道にも力を入れていかなければならない”といった趣旨の発言をしたようなんです」とは、国営放送であろうと、報道機関としては順当な考え方である。一方、「たとえば、NHKの社会部は5月、朝日新聞がスクープした最初の文科省内部文書についてもその存在と告発の動きをいち早くキャッチ、朝日より前に報道する準備を進めていた。ところが、これも政治部と小池報道局長の圧力によって、『文科省の審議会が加計学園の獣医学部設置に課題があると報告をまとめた』というニュースのなかで少し触れるという扱いにされ、肝心の『官邸の最高レベル』などの文言は黒塗りにされてしまったのだ。」とも。“安倍さまのNHK”を作っているのは、職員記者の忖度なのであろか。
6/26 犬連れ戻そうと踏切に…大学准教授はねられ死亡 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ) 岐阜市上川手の名鉄名古屋線の踏切で、犬の散歩中だった大学准教授羽賀新世さんが普通電車(2両編成)にはねられ、頭などを強く打って死亡する事故があった。原因は、羽賀さんが、遮断機が下りた踏切内に入り込んだ犬を連れ戻そうとしたこと。運転士が羽賀さんに気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。
6/23 情報革命で「世界を洗濯致し候」、株主も夢見る孫氏のビジョンとは - ケータイ Watch 「人類が発明したコンピューターのチップが、人類を超える。30年以内にさまざまな分野で活躍し始める。ありとあらゆる分野で、超知性がさまざまに、人間の知的活動を上回るようになる。制御できなければ人類の滅亡を招くかもしれないリスクに数えられている。あらゆる産業が再定義され、交通事故も起きない世界がもうじき実現する」、これは、単なる産業革命ではないのかもしれない。人工知能が、社会の知として、文明そのものとしてあらわれる瞬間なのかもしれない。
6/23 安倍総理を辞任させたい麻生太郎 「森友」「加計」黒幕説が浮上 | デイリー新潮 安倍一強が崩れ始めている。自民党内部から始まっているようである。「森友学園」、「加計学園」問題発覚の裏に麻生太郎副総理の影があるというのである。これには、「鳩山邦夫衆院議員の急逝に伴う補選でしたが、自民党は分裂選挙になりました。麻生さんが推したのは日本獣医師会会長の藏内勇夫福岡県議の長男、謙氏。一方、菅義偉官房長官は邦夫さんの弔い合戦を掲げる次男の二郎氏の応援に入った。結局、二郎氏がトリプルスコアの大差をつけて圧勝するわけですが、麻生さんからすれば、反対陣営にまわった菅さんだけでなく、何の手助けもしてくれなかった安倍さんにも不満でした」という背景がある。
6/23 萩生田副長官 加計理事長とは家族ぐるみの付き合いだった|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 山梨・富士河口湖町の「富士桜カントリー倶楽部」での写真、「注目は4組目。安倍首相の妻、昭恵氏と加計理事長の妻、泰代氏、そして萩生田副長官の妻である潤子氏の名前があるのだ。」とあるが、『加計理事長を「(大学の)控室で会う程度」とはよく言ったもの』。彼は、何故、加計理事長との関係をここまで隠すのだろうか。
6/23 土手の伊勢屋(どてのいせや) | 三ノ輪で128年続く老舗天麩羅屋 浅草のてんぷらといえば、大黒屋の天丼が有名だが、浅草からちょっと離れているが三ノ輪の土手の伊勢屋、128年続く老舗である。価格は庶民的、味は江戸らしいしっかりとついている。メニューは、イロハ、一般の並・上・特上にあたり、それぞれ1500円、2000円、2500円。みそ汁200円は別なっている。おすすめは特大アナゴ入りのロ。ためしてみてはいかが。
6/23 民進党のアベノミクス対抗軸「増税で生活保障」は理解されるか | 山田厚史の「世界かわら版」 | ダイヤモンド・オンライン 民進党から打ち出された。「生活者の不安に向き合う財政政策」、分配重視、成長に依存しない経済を掲げ、そのための必要な財源は増税によって確保するという政策となっており、「医療・介護、生活保護、大学授業料、就学前教育など行政サービスが目指す水準と、それを支える財源を明示することになる。増税は不可避で、消費税増税に踏み込むことになる。かなり思い切った政策メニューが示されるだろう。」とある。この考えは政権を崩壊させた野田時代のものと変わらない。政党として、何も学んでいないようである。
6/22 藤井聡太四段28連勝「ま、普段通りと思って」 - 社会 : 日刊スポーツ 世の中には天才といわれる、特別な人間がいる。将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段・14歳が澤田真吾六段・25歳を持99手で破り、歴代1位の連勝記録タイとなる28連勝となった。対戦した相手はまさに歴戦の勇ばかり、これに中学生が勝利する、まさに驚きである。さて次は記録更新、はたしていかなる対戦になるのだろうか。
6/22 「充電は使い切ってから? こまめにすべき?」。充電上手になるための、正しい「リチウムイオン二次電池」講座|最新のICT用語をシンプルに解説|IT用語辞典|KDDIがお届けするIT×カルチャーマガジン TIME&SPACE(タイムアンドスペース) 最近はケイタイ電話やスマートフォンを使っている中高年の方は、かなりの数にのぼると思う。ここで使われているリチウム電池の充電方法、参考になると思います。使い切った状態で長期間放置すると過放電になってしまい、電池の劣化を早めてしまうので、早めの充電がおすすめ。また、スマートフォンを充電しながら使用するのは問題ないが、気をつけなければおけないのが、充電中の温度上昇、リチウムイオン充電池の最高許容周囲温度は45℃、これ以上の温度で使用すると電池を劣化させてしまうので注意が必要。
6/22 やはり萩生田官房副長官が加計学園疑惑のキーパーソンだったのだ ブロゴス 加計学園問題の真相が少しづつ見えてきた。萩生田官房副長官が文科省常盤豊高等教育局長との面会内容を記した文書が公開された。ここには、「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」などと書かれており、安倍総理、萩生田官房副長官の関与は、もはや明らか。松野文科大臣による、この文書の公開、安倍官邸は自ら任命した大臣のコントロールさえできなくなってきたようにも見える。
6/22 POWER Watch|パワーウオッチ ここで紹介されている腕時計、グランドセイコー、スプリングドライブムーヴメント搭載のパワーリザーブ表示付きモデル。スプリングドライブとは、いわゆる昔ながらの機械式時計、セイコー独自のスプリングドライブは、クォーツ時計並みの精度を実現しているそうである。価格は実売で40万〜57万程度。なお、セイコーには実売2万円程度のメカニカルのSARVシリーズもあるので、機械式を手軽にという方におすすめです。
6/22 生死を分けるのは喉の筋力! 専門医と歯科医が推奨する「筋トレ」8種 | デイリー新潮 誤嚥性肺炎は、高齢者の死亡原因となる原因のひとつだが、この誤嚥を予防する方法として、喉や口の筋肉を鍛えるトレーニングがある。『「パンダのたからもの」と発音するトレーニング、そして「エイ・エイ・オー!」と叫ぶ手押し体操は、とくに口腔と舌の部分を鍛える効果がある。』、また、「唾液の分泌を促し、舌で食べ物をすりつぶすなどの“食べる力”を鍛えることになります」というのも有効。ぜひお試しを。
6/21 川端の宿・湯本館 梅雨の晴れ間に、のんびりと文豪が愛した温泉への旅はいかが。伊豆・天城湯ケ島温泉、旅館湯本館、文豪 川端康成が「伊豆の踊り子」を執筆した宿で、狩野川の河畔に位置する宿。川端自身、『「伊豆の踊子」は大正11年、私が22歳の7月、伊豆湯ヶ島温泉の湯本館で書いた、「湯ヶ島の思い出」という107枚の草稿から、踊り子の思い出の部分だけを大正15年、26歳の時に書き直したものである。』と書いた。
6/21 長野県の旅館 緑霞山宿 藤井荘   森鴎外が愛した宿とされる。「明治23(1890)年、藤井荘に1週間滞在した鴎外は紀行文『みちの記』を新聞にて連載。藤井荘から眺める松川渓谷の美しさに惚れ込んだ鴎外は帰京後、当時の宿主に土地を譲ってほしいと懇願したが実現しなかった。」とも伝えられている。
6/21 城崎温泉 三木屋【公式HP】志賀直哉ゆかりの宿 「城の崎にて」の一節である。「或朝の事、自分は一疋蜂が玄関の屋根で死んで居るのを見つけた。足を腹の下にぴったりとつけ、触角はだらしなく顔へたれ下がっていた。他の蜂は一向に冷淡だった。巣の出入りに忙しくその傍を這いまわるが全く拘泥する様子はなかった。忙しく立働いている蜂は如何にも生きている物という感じを与えた。その傍に一疋、朝も昼も夕も、見るたびに一つ所に全く動かずに俯向きに転がっているのを見ると、それが又如何にも死んだものという感じを与えるのだ。それは三日程その儘になっていた。それは見ていて、如何にも静かな感じを与えた。淋しかった。他の蜂が皆巣へ入って仕舞った日暮、冷たい瓦の上に一つ残った死骸を見る事は淋しかった。然し、それは如何にも静かだった。」。三木屋は、創業から300年の歴史を重ねてきた日本旅館。
6/21 福住楼 FUKUZUMI-RO|箱根塔ノ沢温泉|明治創業の箱根の老舗和風旅館 島崎藤村が愛した温泉宿といわれる箱根塔ノ沢温泉の福住楼、明治23(1890)年創業、京普請の数寄屋造りの建物は、全館登録有形文化財に指定されています。『書院造りの部屋「松二」。島崎藤村が宿泊、小説『春』の中に登場する部屋のモデルと言われており、この客室から見える千歳橋や早川などが描写されている。』とある。
6/21 大沢温泉 湯治屋 岩手県花巻市の大沢温泉、古くから湯治場として親しまれてきた大沢温泉。豊沢川に面し宮沢賢治が愛した温泉宿としられる。「幼少時から度々訪れ、学生時代には悪ふざけをして温泉の水車を止めてしまった逸話も。さらに農学校の教師時代には生徒を引き連れ湯浴みに来ており、賢治にとって馴染み深い温泉といえる。」といわれ、混浴の名物露天風呂「大沢の湯」がある。
6/20 山の上ホテル HILLTOP HOTEL 御茶ノ水(公式サイト) 御茶ノ水、駿河台に位置する山の上ホテル、川端康成、三島由紀夫、池波正太郎など多くの作家がここを定宿として利用したという。「東京の真中にかういう静かな宿があるとは思わなかった。設備も清潔を極め、サービスもまだ少し素人っぽい処が実にいい。ねがはくは、ここが有名になりすぎたり、はやりすぎたりしませんやうに」とは、三島 由紀夫の言。一度は泊まってみたい宿である。
6/20 安倍首相「批判の応酬に終始、反省」 会見詳報:朝日新聞デジタル 安倍晋三首相の記者会見。これをどう聞くか。
「通常国会が閉会した。4年前、政権奪回後の最初の通常国会で建設的な議論を行い、結果を出していこう、と呼びかけた。原点は今なお変わることはない。しかし、この国会では、建設的議論という言葉からは大きくかけ離れた批判の応酬に終始してしまった。政策とは関係ない議論ばかりに多くの審議時間が割かれてしまった。国民に大変申し訳なく感じている。印象操作のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が、結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している。
また国家戦略特区をめぐる省庁間のやりとりについて、文部科学省が先週、徹底的な追加調査を行った結果新しく見つかったものも含め文書を公開した。これを受け、内閣府の調査も行い、関係する文書などを明らかにした。しかし、最初に調査した段階では、それらの存在を確認できなかった。二転三転したかたちとなり、長い時間がかかることとなった。こうした対応が国民の政府への不信を招いたことは率直に認めなければならない。「信なくば立たず」だ。何か指摘があれば、その都度真摯(しんし)に説明責任を果たしていく。先週も調査結果発表後に参院予算委員会の集中審議に出席したが、4年前の原点にもう一度立ち返り、建設的な議論を行い、結果を出していく、そうした政治が実現するよう、政権与党としての責任を果たしていく。国民から信頼が得られるよう、冷静に一つ一つ丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならない。その決意を、国会閉会にあたって新たにしている。英国で、フランスで、イランでテロ事件が発生した。テロの恐怖は世界に拡散している。こうした時代に東京オリンピック・パラリンピックを3年後に控える我が国にとって、テロ対策の強化は待ったなしだ。テロを未然に防止するため、国際組織犯罪防止条約を締結し、国際社会と連携を強めていく。今回成立した「テロ等準備罪処罰法」は、そのために必要なものだ。今後、通常国会での審議、様々なご指摘などをしっかりと踏まえながら、本法を適正に運用し、国民の生命と財産を守る。そのことに万全を期してまいる。」とある。
6/20 「共謀罪」成立、作家高村薫さん「悪いのはぜんぶ私たち」 : 京都新聞 「共謀罪」成立について、作家高村薫氏の意見表明である。
『高村薫さん 「共謀罪」法案は、私たちが自由に発言したり、行動したり、時には国に盾突くこともできる、といった戦後民主主義的な価値観を否定するものです。テロ対策や国際組織犯罪防止条約の批准のためといった理由は口実にすぎない。そんなとんでもない法律を、極めて強引な手法で成立させてしまう。しかし、悪いのはぜんぶ私たちですよ。政権のウソを見抜くことができず、高い支持率を与え、好き勝手にさせてしまったのだから。
「テロ対策」というのはまやかし。再三の指摘にもかかわらず適用範囲はあいまいなままで、対象となる罪もテロとは無関係なものが多数含まれている。他方で、都合の悪い異論を封じ込めるに、これほど便利な法律はない。今は、政府の方針に堂々と言論で反対することができるけれど、共謀罪があれば、そうした行為と、処罰対象となる「反政府運動」とを結び付けるのは簡単。ほんの一歩、あるいは半歩ほどの違いしかない。
犯罪の兆しを言動から探るには、日常的な監視が必要になる。メールやスマートフォンのアクセス記録、位置情報などが常時収集される社会が当たり前になる。テロ防止の実効性は不明だけれど、市民への威圧効果は十分です。異論が封殺され、物騒なことには口をつぐむ。非常に均質な社会になるでしょう。
では、なぜ政府のウソを見抜けなかったのか。高い支持率を与えてしまったのか。それは考えることを放棄してしまったから。今の日本は情報が多すぎて「何が最善なのか」「何が本当なのか」が見えにくい。分かるのは「結局、世の中難しいね」っていうことだけ。そこで、自分で決断することに限界を感じ、ある種威勢の良い言葉で現状をスパッと切ってくれる政治家に飛びついてしまう。』
6/20 東武鉄道SL復活運転プロジェクト | 東武鉄道 東武鉄道が、2017年8月10日(木)から下今市〜鬼怒川温泉間でSL列車の運行を始める。停車駅は、下今市・東武ワールドスクウェア(新駅)・鬼怒川温泉、SL座席指定料金 大人 750円(税込)、小児 380円(税込)とのこと。※運転区間内一律料金。運行日は中心に98日間運転予定。お孫さんとご一緒に出かけてみてはいかが。
6/20 タバコは肺がんリスクなし? 養老孟司が禁煙しない理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  世の中、健康被害対策として分煙、禁煙がすすんでいるが、一方こういう考え方もある。
「林:ところで先生、さっきからたばこをスパスパお吸いですけど、それはこれまでたくさんのご遺体を解剖された結果、たばこを吸っても吸わなくても人間の肺には関係ないことがわかったからですか。
養老:僕が解剖した人、みんな真っ黒だったもん。じいさんもばあさんも。肺が黒くなるのは、消化できないゴミが入って、細胞が食ってためてるからなんです。
林:たばこを吸おうと吸うまいと……。
養老:大差ない。
林:先生が言うと説得力がありますよ。
養老:というか、肺がんに関してはそういう話になってるんです。ここ10年間、喫煙率はきれいに下がってるのに、肺がんの患者数はきれいに上がってる。そのグラフを二つ並べて、「肺がんの原因は禁煙だ」と言ってるんです(笑)。」
さて、タバコと肺がんリスクとの関係。どうなのであろう。
6/19 次々バレる安倍さまのための嘘 姑息な幕引きは大失敗|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 「天知る、地知る、我知る、人知る」、一般的には、「誰も知るまいと思っていても、隠し事というものはいつか必ず露見するものである」 という意味である。まさに、安倍政権の実態、これであろう。「好事門を 出でず、悪事千里を行く」ともいう。それでもなお、知らぬ存ぜぬという政権と、その取り巻きに、こころにやましさはないのだろうか。
6/19 風邪かと思ったら…猛威を振るう「誤嚥性肺炎」早期発見法 | デイリー新潮 「肺炎は通常、発熱や咳、痰などの症状が思い浮かびますが、厄介なことに誤嚥性肺炎においては、初期段階でわかりやすい症状が見られないことが多いのです」とあります。「原因不明の倦怠感など、非常にあいまいな症状の場合があり、単なる風邪だと勘違いしてしまいがちで判断がしづらい。ですから、特に高齢者の場合、わずかな体調の変化に気づくことが重要になってきます」であり、「食事中に頻繁に咳き込む、喉が常にゴロゴロ鳴っている、唾液が上手く飲み込めないといった症状が続く時は疑うべきです。とりわけ脳梗塞などを経験したり、神経系疾患の方、また寝たきりで胃液が逆流しやすい方、そして睡眠薬を常用していたり、歯周病や虫歯のある方は要注意です」とのこと。
6/19 毎日新聞調査:内閣支持率36% 前回から10ポイント減 - 毎日新聞 「毎日新聞は17、18両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、5月の前回調査から10ポイント減。不支持率は44%で同9ポイント増加した。不支持が支持を上回ったのは2015年10月以来。」とある。これだけの嘘を重ねる政権の支持率が36%あるという。この国は、いまだアベノミクスという幻想からさめていないうようである。
6/19 「総理のご意向」を加筆?萩生田光一・官房副長官―官邸が文科省に圧力 : J-CASTテレビウォッチ 加計学園の獣医学部新設をめぐる文書、文科省、内閣府でその存在が確認された。面白いのは、『これらの文書を「怪文書だ」と言って無視しようとしていた菅義偉・官房長官は、「怪文書という言葉だけが独り歩きしている。極めて残念」と、再調査結果も無視する構えだ。』という点。自分で言い出した怪文書という言葉が、ひとり歩きしている・・・まさに意味不明というべきであろう。さらに、『問題は「官邸の意向」だが、獣医学部新設の選定条件の記述に手書きで加筆したものがあった。「(広域的に)獣医学部系養成大学等の(存在し)ない地域に(限り)」(カッコ内が加筆部分)とあり、この加筆で応募資格から京都産業大学が外れた。加筆は官邸の萩生田光一・官房副長官の指示によると、文科省のメールにあった。萩生田氏は加計学園の系列校の名誉客員教授でもある。萩生田氏は加筆を否定している。』とも。
6/19 強毒「ヒアリ」100匹発見、アスファルトのはがれた亀裂部分に 神戸市 ハフポスト 神戸港で確認された「ヒアリ」、強い毒を持つ外来種のアリで「赤茶色で体長2・5〜6ミリ。人が刺されるとやけどのような激痛が走る。毒針で何度も刺すほど攻撃性が高く、かゆみや動悸(どうき)などが引き起こされ、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるという。」とされています。見つけた場合は、決してさわらないように。
6/16 NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 2015年の記事である。「見えますよ。日本はいま、これまでとは全く異なる国家をつくろうとしている。憲法に基づいた平和主義を守るのではなく、米国や英国の仲間になろうとしている。果たして、それでいいのか。大きな岐路、重要な局面に立っているのに、そうした議論が何もないじゃないですか。これは本当に不思議なことです。恐らく多くの国民は、戦後以来の大きな変化が起こっていることすら知らないんじゃないですか。私は何も新聞に反安倍のキャンペーンをやれと言っているわけではないんです。安倍政権はこういうことをやろうとしているけれども、そこにはこういう問題点や危険性がある。こういう別の意見もある。せめてさまざまな立場の見方を紹介して、幅広い議論を喚起することが必要なんじゃないですか。」、これが、まさに現実になっている。
6/16 麻生太郎、次期首相か…自民党内で安倍首相「終焉」の動き加速 | ビジネスジャーナル 『安倍晋三首相が蕎麦を注文。店員が「もり」か「かけ」かを聞くと、首相は血相を変えて逃走──こんな漫画が話題になっているという。言わずもがなだが「もりそば」は森友学園、「かけそば」は加計学園に引っ掛けられている。』、安倍という男の人品骨柄をあらわしているのかもしれない。それは、そうとして、官邸が党執行部に比して絶大な権力を持つ現在、自民党内のいわば反主流派からの反発は少なくないはずである。さて、政変のキーマンといわれる麻生太郎副総理・財務相の出方が注目される。彼のべらんめえ言葉でいえば「いままでさんざん助けてやったのによう こんなバカ、もうやってられねえよ」ということかもしれない。
6/16 「共謀罪」成立で超警察国家の完成へ ぬるいメディアと野党の問題意識 : J-CASTテレビウォッチ  先週の菅官房長官定例会見で、加計学園問題で執拗に食い下がった東京新聞の女性記者に対して、その報復なのであろうか、菅官房長官は、「官邸スタッフに、警察組織を使って彼女の身辺調査をするよう命じました。(中略)取材用のハイヤーをプライベートで使っていたことはなかったかということまで調査対象になっている」(官邸関係者)とある。政権に対してはむかう者は、どんな手を使っても追い落とすということなのであろう。
6/16 【2017都議選 首都決戦】「加計」で激変!都民46、自民42 公明と連携、小池与党が過半数突破 蓮舫氏は「1」で大惨敗か - zakzak 23日告示、7月2日投開票の東京都議選の情勢が見えてきた。一枚岩とされてきた自公協力が壊れて公明が小池側に寝返った現在、議席予測としては、「小池新党は46議席を獲得して都議会第1党となり、公明党(21議席)と合わせて、小池与党(67議席)は過半数(64議席)を突破する。一方、自民党は42議席で第2党に転落。民進党は蓮舫代表のおひざ元ながら、1議席と大惨敗を喫する」とある。順当な予測だと思う。この間も森友、加計問題、共謀罪強行可決が、安倍政権の問題とはいえ都議会自民党にいかなる影響を与えるのか。結果次第では、自民党内部での安倍排除の動きが加速するのかもしれない。
6/15 共謀罪強行採決へ 野蛮な暗黒政治を止める方法はあるのか|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 自公与党は、参院委員会の採決を行なわず、直接国会本会議での採決を行なった。その手法は奇策ともいわれるが、本来衆参院選挙で圧倒的多数を与えられた与党にとって、国民の信託による数の行使である。この意味では、内閣がいかなる手法をとろうとも。それが違法でなければ、結局は国民の選択である。さて、共謀罪がいかなるかたちで、今後の日本社会は変わっているのだろうか。
6/15 小沢一郎氏 今は権力で政敵倒す前近代的手法まかり通る│NEWSポストセブン 旧民主党政権を誕生させたのは、いわゆる健全な民主主義制度として2大政党制を目指した小沢一郎の力だった。が、誕生した民主党政権は、あまりに未熟であり、短命だった。その間、小沢は民主党を離党し、さらに、小沢を脅威を感ずる民主党政権は彼の政治資金スキャンダルをもって、その政治的力を壊滅させた。ここに強力な安倍政権の誕生の理由がある。この意味でいえば、現安倍政権の最大の協力者は現民進党といえる。
6/15 ネット通販の落とし穴、「お試し」のつもりが「定期購入」に 消費者庁が注意呼びかけ : J-CASTテレビウォッチ 最近、話題になっているが、ネット通販やテレビ通販などで行なわれている「健康食品」や「化粧品」などのお試し購入。最初は安値で販売される「お試し」だが、実際は何カ月もの「定期購入」になっており、高額の請求が来るというもの。このトラブル相談、「2012年には658件だったものが、16年には1万3129件と、4年間に20倍以上も増えている。被害者は、圧倒的に女性と高齢者」だそうである。気をつけられたい。
6/15 もうすぐ、日本人が「絶滅危惧種」になる日がやってくる(河合 雅司) | 現代ビジネス | 講談社 「2020年、女性の半数が50歳を超える。2024年、全国民の3人に1人以上が65歳以上になる。2033年、3戸に1戸が空き家になる。2040年、自治体の半数が消滅する」とある。今の日本に一番重要な政策は、戦争ができる国づくりではあるまい。いかに若い人々が将来の希望をもって生き、女性たちが安心して子供を産み育てることができる社会づくりである。
6/15 石破茂氏、"表現の自由"めぐり政府とメディアに苦言 「報道と権力が一体となるのが一番恐ろしい」 自民党内部での安倍一強体制が崩れ始めている。自民党の石破茂・前地方創生相の立ち位置である。「自民党の憲法改正案を年内に取りまとめる意向を表明した安倍晋三首相の姿勢を批判。加計学園の獣医学部新設めぐる問題でも、前川喜平・前文科事務次官の発言を「意義がある」など、政権を戒める趣旨の発言をしている」とある。これに財務省と経産省との覇権争いが加わる。さて、麻生・石破連合軍は安倍一強とどう戦うのか。
6/14 昭和view | 昭和の音と美と技とエナジー! 昭和の時代の歌、車、テレビCM、食品、電化製品、おもちゃなど、昔懐かしい話題が紹介されているページです。たとえば丸美屋の「のりたま」、昭和30年の発売、今も販売されているが、これをつかった弁当や、おにぎりを食べた方は少なくないと思う。
6/14 潮来 水郷潮来観光協会 あやめ娘 嫁入り舟・あやめ祭り あやめが満開を迎えた潮来、6月中は土日の11時、14時にそれぞれ嫁入り船が運航されます。ろ船遊覧は9時〜16時30分にあやめ祭りの期間、運行されます。梅雨の晴れ間を見ながらたずねてみてはいかが。
6/14 毎日やれば健康に…「導引の法」ってなんだ? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  貝原益軒の養生訓に「入門(に)曰、導引の法は、保養中の一事也。人の心は、つねに静なるべし。身はつねに動かすべし。終日安坐すれば、病生じやすし。(巻第五の10)」とあり、「導引とは身体をゆり動かして、気の通り道である経絡を伸び伸びさせることです。身体を押したり、なでたり、さすったりすることも含まれます。益軒は養生において、呼吸法とならんでこの導引を重視しました。」とある。老いてなお健康、その秘訣のひとつは導引の法にあり、である。
6/14 5年ぶりにパンダの赤ちゃん誕生、今度こそ元気に育って!上野、アメ横はお祭り騒ぎ : J-CASTテレビウォッチ 東京の上野動物園で、パンダのシンシンに赤ちゃんが誕生したことがわかった。5年ぶりとのこと。久々に明るいニュースである。『日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子さんは、「徹子の窓」(テレビ朝日)のセットで会見を開き、「私が産んだわけじゃないんですが(笑)、これだけ集まってくださって、なんて嬉しいこと」と赤ちゃんパンダの鳴き声まで真似て見せた。「世の中平和になる。喧嘩している夫婦も仲良くご飯食べる」(笑)』、じつに明るく楽しい話題である。
6/14 加計問題の内部告発者、処分の可能性 義家弘介・文科副大臣が示唆 ハフィントンポスト 加計問題で文科省内部で内部告発した役人を、 「文科省の現職職員が公益通報制度の対象になるには、告発の内容が具体的にどのような法令違反に該当するのか明らかにすることが必要だ」「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」として、義家弘介・文科副大臣が国家公務員法違反(守秘義務違反)での処分を示唆した。いったい、なんという7ことだろう。役人は、国民に対して忠誠をちかうのであり、政治家ではない。彼は、憲法における公務員の役割を読んだことがないのかもしれない。こういう人間が、政治家や、ましては政府の大臣になってはいけない。それにしても、安倍内閣は、加計問題で、よほどかくしたいことがあるようである。
6/13 加計大学の獣医学部設立の議論に思うこと(小野昌弘) - 個人 - Yahoo!ニュース ここに非常に興味深い指摘がある。「この壮大な文脈の上に人獣共通感染症というものがあるわけです。この問題に対応するには、微生物学・ウイルス学・免疫学・分子生物学の土台のうえに、人間・動物各種の生理学と病理学が必要です。これら全てを理解するのは大変なことです。以上を踏まえたうえで、世界レベルの教育を受けられる獣医学部をつくることが、どれだけ大変なことか今一度考えてみてください。世界レベルであるからには、教官は教育だけではなく研究でも世界レベルである必要があります。そして獣医学が土台とする学問はこれほど広範囲に広がっているのです。英国で獣医師と話す機会もしばしばありますが、やはり医学部と比することができるだけの教育環境と研究能力を持っていると思います。こうした世界レベルの獣医学部を確立しようとするならば、歴史が長い大学で生物学・薬学および医学あるいは獣医学の学問で世界レベルに立っている大学ならともかく、少なくとも、歴史も学問の幅もない大学の生半可な新規設立学部の手におえる問題ではないでしょう。いまの加計学園の問題で官邸を擁護する議論をみていると、詭弁なのか無知なのか知りませんが、呆れてものも言えないのが正直なところです。」。鳥インフルエンザやエボラ熱などのウィルス感染症の脅威は今後も拡大する可能性があり、それゆえにこそ、獣医学部の新設は単なる自治体への利益誘導として考えるのは、あまりに愚かであろう。なんの実績がない加計学園の獣医学部に、いったいどれほどの研究ができるだろう。
6/13 加計学園問題 前川証言を裏付ける特区諮問会議議事録(上) 仕組まれた獣医学部新設|政治ニュース|HUNTER(ハンター)|ニュースサイト 文科省文書の調査が問題になっているが、問題の本質は内閣府側の文書にある。ここで紹介されている記事、実に興味深い。
『今年5月までに30回開かれている「国家戦略特別区域諮問会議」のうち、加計絡みで問題となるのは昨年10月4日の第24回と11月9日の第25回。10月4日の会議では、まず国家戦略特区諮問会議有識者議員でワーキンググループの座長を務めた八田達夫アジア成長研究所所長が次のように発言し、あからさまに加計学園の獣医学部新設計画をプッシュしていた。(以下、赤いアンダーラインと矢印はHUNTER編集部) 
これに続いたのが、小泉内閣で経済財政政策担当大臣や総務大臣などを歴任したを歴任した有識者議員の竹中平蔵東洋大教授。獣医学部新設の必要性を説いていた。
八田、竹中両人の発言を引き取る形で飛び出したのが、安倍総理の次の発言。これが、事実上の「指示」である。
「総理の指示」を明確にしたのが、11月9日の会議における山本幸三特区担当大臣の次の発言だ。
 山本大臣は、前回会議で具体例がなかったはずの安倍の発言を「指示」と断定。直ちに実現へ向けての措置を行うものとして「先端ライフサイエンス研究や地域における感染症対策など、新たなニーズに対応する獣医学部の設置」だと明言していた。先端ライフサイエンス研究や地域における感染症対策は、加計学園の計画内容。特区認定で権限を有する関係者たちが、そろって加計の獣医学部新設を後押しした格好だ。注目したのは、山本発言に出てくる「資料3」である(下の文書が「資料3」)。』
6/13 のれんと味小田原だるま料理店 それぞれの地方に料理の名店というものがある。小田原のだるま料理店も、そのひとつである。創業は明治26年、関東大震災で店鋪bは損壊したが、大正15 年に再建。「網元でもあった吉蔵は、店鋪の建設に情熱とブリの大漁による潤沢な資金を注ぎ、材料に桧、松、欅などの良材を用いたので、職方もその熱意に答えたという。」だという。登録有形文化財ともなっている料理屋で地魚料理を食するというのもいい。また、箱根のあじさいを楽しむついでに寄るというのも楽しいと思う。
6/13 さすけ食堂 - 浜金谷/魚介料理・海鮮料理 [食べログ] もうひとつ、地元の有名店を紹介。なんどかテレビのグルメ番組にも取り上げられtている、内房・浜金谷の海鮮料理屋、「さすけ食堂」である。ここで食したいのは、なんといってもアジフライ。金谷漁港の近海で獲れる「黄金のアジ」をつかったアジフライは絶品とのこと。
6/13 慰安婦合意「国民受け入れぬ」=韓国大統領が二階氏に−来月の首脳会談に期待:時事ドットコム それにしても、戦前の日本軍による慰安婦問題、いったん解決しかけたが、ここにきて再燃している。文在寅新大統領は、この問題に関する日韓合意について、「国民の中でなかなか受け入れられない情緒があるのは事実。解決には時間が必要だ」、「日本が韓国国民の情緒を察する努力が重要だ」と発言。戦前の軍の文書には、慰安所の記載がある。売春禁止法ができる前の時代にいわゆる売春宿の軍隊版である。あったのか、なかったのか、当時の日本軍兵士に聞いてみればすぐにわかることだろう。当時20歳であった人は、今92歳である。
6/12 室井佑月「なにもかも信じられない」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 室井佑月氏の言、『どう考えても、この人がまともだよな。ほかの議員だって、共謀罪がテロなんかじゃなく、権力に刃向かう邪魔な一般人を取り締まるためのものだってわかっているはずなのに。安倍首相が、「この法(共謀罪)がないと、東京オリンピックは開催できない」などといいだした。オリンピックを人質にとって、あたしたちに人権を差し出せといったのだ。オリンピックは平和の祭典ともいわれている。が、安倍首相はそれを真逆の意味で利用しようとしている。かつて、おなじことをし、世界中から憎まれている男がいる。ヒトラーだ。そんなことだって誰もが知っているはずじゃないか。けれど、オリンピックが絡むと、メディアは及び腰になる。金が絡んでくるからだ。それを知ってて目一杯利用しているのが、安倍政権だ。はっきりいう。あたしの目には、今の政権は狂っているように見える。それに追従するものも、狂っているように思える。ほかに表現のしようがない。』。この考え方が普通なのか、異常なのか。
6/12 メイ首相は「要らぬギャンブル」で敗退した | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 英国の総選挙、結果は「与党・保守党の議席数は318議席と選挙前の330議席から減少し、過半数(326議席)を割り込んだ。対抗軸である労働党の262議席を上回り第1党の座は維持したものの、現有勢力(330議席)からのさらなる上積みを狙い、370議席も視野に入れていた解散決定(4月18日)時を思い返せば、想定外の敗戦である。」となった。愚かな政治家は愚かな判断をする。
6/12 加計ありきの動かぬ証拠 今治市職員は官邸に呼ばれていた|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 文科省が「加計学園」に関する文書の追加調査を行なうと発表。一方で、学部新設を行なう愛媛・今治市側の記録として、「同市が新設提案する以前に、職員2人が首相官邸を訪問していたことを示す文書」があることがわかった。一般に新設提案をする対象は所轄官庁である文科省だが、職員は官邸にいっている。これについて官邸側は「官邸訪問者の記録が保存されておらず、確認できない」と回答。地方自治体の職員が、かってに官邸へは行けまい。これも不審である。
6/12 異能の主婦」21年前の上智大生殺人放火事件の犯人を視る│NEWSポストセブン 興味深い記事である。『21年前に起きた上智大生殺人放火事件。いまだ犯人の捕まらぬこの重要未解決事件の被害者女性が、「異能の主婦」の枕元に立ったのだという。衝撃のイラストと共に、彼女の口から戦慄の一部始終が語られた。《最近、夢にある女性が出てきまして…。そのことでちょっとご相談があるのですが》。女性セブン記者に一通のメールが届いたのは、5月下旬の早朝のことだった。』とある。こうした能力をもった人間はいるのかもしれない。その真偽はどちらにしても、事件解決に結びつくことができればいいと思う。
6/12 踏切内のトラブルを見たら非常ボタン! 押した後の行動も大切 : J-CASTヘルスケア 電車の踏み切り内の人を助けようとして電車にひかれ死亡する事故が発生したが、また、線路内で動けなくなった女性を、別の女性2人が助け出すということも起きている。緊急事態に、人助けをすることを否定するものではないが、鉄道会社は「助けに入らず非常ボタンを押す」を進めている。一般に、「警報機が鳴り始めてから約30秒、遮断棒が降りてから約15秒で列車がやってきます。また列車は非常ブレーキを使っても、約600メートル近くは止まれません。直接救助に向かうのは危険ですので、絶対におやめ下さい」であるという。
6/9 あじさい電車|箱根登山電車 箱根登山ケーブルカー 6月中旬頃から開花の時期を迎える箱根登山鉄道沿線のあじさい、箱根湯本駅付近は6月中旬から6月下旬、宮ノ下駅付近は6月下旬から7月上旬、強羅駅付近は6月下旬から7月中旬などと標高によって開花時期がことなるので、これからの時期、ゆっくりと楽しむことができます。
6/9 加計学園文書「国民の声受け」一転追加調査 文科相 :日本経済新聞 文科省は学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡る文書に関し、「(再調査を求める)国民の声が多く寄せられている状況を総合的に判断した」として追加調査を行なう。もっとも、始めから結論ありきの調査であることは自明であ。単なるメモであり、公文書としての法的性格はない、こうした説明が出で来るのかもしれない。米国では、司法と捜査権の独立をめぐって特別検査官が機能している。日本では、司法、警察も官邸の思いのままである。これは、国連が指摘するように、民主国家とはいえない。安倍内閣の狂気を止めるのは国民の声しかない。
6/9 なぜ?菅長官“文書”再調査あくまで否定的| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー 加計学園の獣医学部開設問題で菅官房長官の意を受け、前事務次官の前川氏のスキャンダルを報じたとされる読売新聞だが、読売テレビは、その菅官房長官の対応について論じている。『文科省の現職職員が文書の存在を認めているにもかかわらず変わらないかたくなな対応には、身内の自民党内からも疑問の声が出ている。あるベテラン議員が「世間的な印象は相当悪くなっている。後ろ暗いところがないなら再調査すればいいのに」と話しているほか、中堅議員は「菅長官の対応はまずい。何かを隠しているように聞こえる」と話している。安倍首相が答弁しているように「圧力が働いたことは一切ない」というのであれば、きちんと文書を再調査して、書かれた内容の真偽やその背景を明らかにした方がよほど分かりやすいというわけだ。』。新聞とテレビは違うとはいえ、安倍政権に対するメディアの対応が変わりはじめたように思える。
6/9 獣医系16大学、地方創生相「質落ちてる」発言に反論:朝日新聞デジタル 世の中には懲りない人間もいる。「一番の“がん”は文化学芸員。この連中を一掃しないとダメだ」 として発言して顰蹙を買った山本幸三・地方創生相がだが、『加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、「長年にわたって(新設を)認めなかったことで、残念ながら日本の獣医学部の質は落ちている」』と発言。これに対して全国大学獣医学関係代表者協議会と日本獣医学会が、『「獣医学部の質は落ちている」と述べた山本幸三・地方創生相に対し、「根拠なき批判だ」と反論』。
6/9 前川・前事務次官に激怒して、安倍官邸が使った「秘密警察」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 実に興味深い記事である。17日夕方に行われた菅氏の定例会見の直前の政権内部でのやりとりである。
『文科関連の要職に就く政治家が、「官邸の最高レベル」の幹部のもとに相談に向かったのだ。
「あの文書、文科省のものに間違いないようです」
こう切り出した政治家に対して、官邸幹部は怒鳴り散らした。
「そんなこと言ってる場合じゃねえだろ!どうすんだよ!役所の用箋でもないから、あれはただのメモだ。違うか」
会話はこう続く。
「でも、『違う』と言い切ってから後々証拠を出されると、森友学園よりもヤバくなりますよ」
「それで、出元は分かってんのか?」
「…………」
「お前らが弱腰でどうすんだよ!もう(菅)長官は怪文書だって筋で会見するつもりだ。それで通せよ、いいな」
「(官邸の)方針が決まってるなら……」
件の文書は安倍政権にとって「致命傷」となりかねないものだった。何しろ、安倍総理が加計学園に便宜を図ろうとしたことを裏付ける証拠が、初めて報じられたのだ。
だが、これまで4年半もの間、あらゆる不祥事を乗り切ってきた菅氏は、老練だった。官邸の「目と耳」――永田町、霞が関、そしてマスコミの隅々に網を張り巡らせる、内閣情報調査室(内調)と公安警察を駆使したのである。すべての元凶、前川氏を排除し、社会的に抹殺するために。』
この記事を諸氏は、いかが思われる?
6/8 獣医学部新設「文書は省内に保管」複数の職員が幹部に報告 | NHKニュース 政権の御用放送局といわれるNHKが取り上げたニュースである。『「加計学園」が計画している獣医学部をめぐり、内閣府とのやり取りを記したとされる文書について、文部科学省が先月19日、「存在は確認できなかった」という調査結果を発表した直後、複数の職員が「文書は省内に保管されている」と幹部に報告していたことがNHKの取材でわかりました。』。政府が怪文書の類として無視しつづける文書の存在を、明確に報道したNHKにしてみれば、よほどの確信があると思われる。菅官房長官の力は、御用放送局をおさえつけることができないほど弱ってきているのかもしれない。
6/8 ロシアゲート、特別検察官の役割は? 刑事訴追含め大きな権限 :日本経済新聞 トランプ大統領に関する、いわゆる「ロシアゲート」で米司法省は特別検察官を設置し捜査を開始した。特別検察官とは、「政権幹部らが関わる疑惑などを独立した立場で捜査するため、司法長官が任命する(今回は副長官が代行)。刑事訴追を含めた大きな権限を持ち、司法省内外からスタッフを起用できる。」とあり、具体的な捜査としては、「ローゼンスタイン司法副長官は(1)昨年の米大統領選へのロシアの介入(2)ロシア政府とトランプ陣営関係者のつながりや連携(3)捜査から直接派生する事案」があるという。ふと思うのだが、森友や加計問題で知らぬ存ぜぬを繰り返す安倍政権に対して、こうした特別検察官があれば、財務省や文科省に保存されている文書は、すんなfり出てくると思うのだが、どうだろう。
6/8 いちじく 無花果 イチジク 野菜ナビ 旬のいちじく、栄養価して、カリウムがあります。これによる効能としては、「高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、便秘改善」があるそうです。なお、「切断部から出てくる白い液体にもタンパク質分解酵素は含まれていて、イボ取りなどの民間療法に使われています。」ともありますが、昔からの民間療法、その効果はどうでしょうか。
6/8 「ここまで来たのは驚き」 藤井聡太四段が23連勝、羽生3冠抜く - 読んで見フォト - 産経フォト 中学生の最年少プロ棋士、藤井聡太四段・14歳が、ビュー後の公式戦連勝記録を23に更新。この23連勝、天才棋士といわれる羽生善治三冠らを抜いて歴代単独3位。これからいったいどこまで記録を伸ばすのでしょうか。
6/8 【巨人】83年の歴史で初の屈辱12連敗…長野再生が浮上のカギ : スポーツ報知 かってV9といわれ、巨人・大鵬・卵焼きともいわれた、まさに栄光の巨人軍だったが、今やその面影さえもない。野球がつまらなくなったのは、やはり巨人が弱くなったためなのかもしれない。強いチームのファンになることも楽しいが、そのチームを打倒する快感もある。さて、原因はどこにあるのだろう。
6/7 東京新聞:「共謀罪」崩れる政府根拠 「条約はテロ防止目的でない」:国際(TOKYO Web) 「共謀罪」法案質疑の中で政府は、法案の必要理由として国際組織犯罪防止条約(TOC条約)締結のためと説明してきたが、この条約に関する立法作業をする際の指針であるる国連の「立法ガイド」を執筆した刑事司法学者のニコス・パッサス氏は、「条約はテロ防止を目的としたものではない」、「新たな法案などの導入を正当化するために条約を利用してはならない」と発言、さらにロンドン中心部で起きたテロなどについては、「英国は長年TOC条約のメンバーだが、条約を締結するだけでは、テロの防止にはならない」と発言。一方、TOC条約については「組織的犯罪集団による金銭的な利益を目的とした国際犯罪が対象」であり、「テロは対象から除外されている」、「非民主的な国では、政府への抗議活動を犯罪とみなす場合がある。だからイデオロギーに由来する犯罪は除外された」とも発言。重要なのは、「条約はプライバシーの侵害につながるような捜査手法の導入を求めていない」であり、現在審議中の共謀罪法案に関する説明は、まったくの的外れといえる。
6/7 日本獣医師会顧問が証言!「加計学園には、『天の声』が降ってきた」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 「ここ最近、学校の幹部は連日、会議でこもりっきりです。『これは予想できなかった。ヤバいぞ』『政府内で揉めても、我々は動きようがない』『うちも森友みたいになるのか』と頭を抱えています」、加計学園本部に勤める職員の発言。文科省の内部文書に実名で登場している人物である、日本獣医師会顧問で、元自民党衆院議員の北村直人氏の話では、「書かれている内容は、私が専門教育課課長らに話した通りでほぼ間違いない。文書は本物です。今治市が繰り返し特区申請を出していた'15年当時、国家戦略特区担当大臣は石破(茂・前地方創生相)氏でしたが、彼は『(特区認定のための)条件に照らすと、新設はちょっと認められないな』と言っていたし、私も『これでは天の声でも降って来ない限り、無理だろう』と考えていました。それが昨年、担当大臣が安倍総理に近い山本幸三氏に替わった途端に、加計学園だけに獣医学部新設が認められる流れができた。安倍総理の強い影響力が働いているとしか考えられません」とあるが、これでもなお、政府は怪文書といい続けるのだろうか。
6/7 射精しすぎると短命になる? 貝原益軒が示す年代別の「セックス回数」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)  「【貝原益軒養生訓】
男女交接の期は、孫思ばく(※)が千金方(に)曰。
(中略)五十(の)者(は)二十日に一(たび)泄す。
六十者(は)精をとぢてもらさず。
もし体力さかんならば、一月に一たび泄す。(巻第四の62)
※二点しんにょうに貌」とあり、要は『色欲(性欲)を慎め」ということです。「総論上」では「わかき時より色慾をつつしみ、精気を惜むべし。精気を多くつひやせば、下部の気よはくなり、元気の根本たへて必命短かし」(巻第一の9)と説いています。精気とは具体的には精液のことで、下部とは性器です。つまり、セックスで射精しすぎると、男性器は弱くなるし、命が短くなると忠告しているのです。』
世の紳士諸氏、気をつけられたい。
6/7 開業後、豊洲は年100億円の赤字続く ここに来て浮上した築地の再整備案 : J-CASTテレビウォッチ さて、築地市場の豊洲移転問題で、自民党は小池都都政に関し、決められない政治と攻撃しているが、豊洲新市場移転を決めたのは石原都知事であり、それをささえる都議会自民党であった。 この意味で豊洲移転が否定されることは自民党政治の否定であり、必死で小池知事を攻撃しているのであろう。ともあれ、今、あらたな問題が提起され始めている。「いままでは汚染の問題をどうするかということだけで話が進んできたが、ここに来てコスト比較(がでてきた)。豊洲は年間100億近い赤字が続くと。築地のほうは(再整備が)これからですから、たとえばタワーを建てて家賃収入を得るとか、市場外取引も増える(可能性がある)。コストの部分がこれからフィーチャーされるんじゃないか」との指摘もあるが、はたしてこの夏の都議会選、都民はいかなる選択をするのだろうか。
6/7 とうとう自民から出た安倍批判 中谷元・元防衛相「もりそば(森友学園)、かけそば(加計学園)、忖度したのか」 : J-CASTテレビウォッチ 加計学園の獣医学部新設問題、安倍一強といわれる自民党内部の一枚岩に穴が開き始めたようである。安保法案のときの中谷元・元防衛相の発言である。「もりそば(森友学園)、かけそば(加計学園)、忖度したのかという問題があるが、しっかり政府が答えを出して証明すべきだ。安倍総理に『あいうえお』の5文字を贈りたい」、「あせらずに いばらずに うかれずに えこひいきせずに おごらず」。一方、「党内で小さな地殻変動がある。憲法改正にも異論が出始めている。アベノミクスの検証をする勉強会がある。アベノミクス批判ですが、これに60人が参加している。安倍さん、驕ってんじゃないのという空気がある」という指摘も。安倍一強、そろそろ終わりが近づいてきたようである。
6/6 服部農園あじさい屋敷 「総面積27,000uの屋敷に18,000u、300品種・10,000株以上のあじさいが色彩豊かに咲き競います。」という千葉県茂原市のあじさい屋敷です。例年の開花は6月上旬〜7月上旬とのこと。出かけてみてはいかが。
6/6 日経新聞が詳細に報じた米軍「金正恩爆殺作戦」の全貌(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 注目すべき記事がある。『5月18日付の日本経済新聞の朝刊に、こんな過激な見出しが躍った。5月に入って行われた北朝鮮のミサイル発射実験を受け、「アメリカ軍が朝鮮半島近海に展開した空母や原潜から、300発もの巡航ミサイルの照準を北朝鮮に合わせている」と報じたのだ。〈(北朝鮮軍は)「米朝の軍事衝突は近い」と判断し、臨戦態勢に入った〉〈北朝鮮が6回目の核実験や長距離の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に踏み切った場合、米軍は奇襲攻撃に出る可能性が現実にある〉(以下、引用は同紙)日本のすぐそばにある海で現実に起きているという、「一触即発」の事態。「そうした先制攻撃にアメリカが打って出る可能性は、おおいにあり得ます」と、記事の内容に同意を示すのは、国防次官補をはじめアメリカ政府の要職を歴任してきた、ジョセフ・ナイ氏だ。』というもの。安倍政権は、いまだに第3次アーミテージレポートの影響下にあり、米国の軍産複合体の手のひらの中にある。非常に危険なことであろう。日本はNATOにありながら独自の世界戦略を展開するドイツ、フランスのしたたかさを学ぶべきである。
6/6 窃盗症(クレプトマニア)の多くが高齢女性! やめられない「快感」の原因は「孤独」|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 窃盗症(クレプトマニア)という病気がある。 その「診断基準としては、『DSM-5』には『個人的に用いるためでもなく、またその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される』『窃盗に及ぶ直前の緊張の高まり』『窃盗に及ぶときの快感、満足、または解放感』などの項目が掲げられています」とある。高齢の女性に多いとされる。万引きを繰り返す高齢女性がいるご家庭、専門医の診察を受けてみるのもいいかもしれない。
6/6 安倍首相錯乱! 国会で嘘と逆ギレ連発、差別発言や「加計学園良いことやってるんだから当然」のお子さま答弁も|LITERA/リテラ さて、安倍首相が、2013年5月にミャンマーへ外遊したが、その際、安倍首相は学校法人加計学園の加計孝太郎理事長を同行させ、政府専用機にまで搭乗させていたという。これについて安倍首相、「(加計学園は)ミャンマー人の職員もいるし支局もあるし、たくさんの留学生を受け入れている」
「外国人留学生の弁論大会をじつは加計学園でやっていて、これは大きな大会なんですが、そこで何回かミャンマーの学生も優勝しているという経緯もあるから、当然のことなんですよ」と説明。が、これが真っ赤な嘘だというのである。岡山大学が公表している「岡山県内における外国人留学生の状況」によれば、加計学園グループの「岡山理科大学や倉敷芸術科学大学といった大学によるミャンマーからの留学生受け入れは、2013年5月の調査ではゼロ。過去10年のあいだでも、2009年と11年の段階で倉敷芸術大学が3名を受け入れているのが最高人数だ。また、同法人傘下の千葉科学大学は2016年のデータではミャンマーからの留学生は1名。」というもの。安倍という男の頭の中は、いったいどうなっているのだろうか。
6/6 維新・足立議員の発言は看過されるべきものではない 〜自由の危機に際して〜 日本維新の会所所属の衆議院議員の衆議院外務委員会でのj発言、「共産党と協力関係にある民進党も、公安の調査対象にして欲しい。」とある。これは異常としかいいようがない。ソビエト革命以前、中国やキューバなどにおける社会主義革命の時代であれば、いわば共産党の武装はありえたが、この現代でいったいどんな国で社会主義革命が起こりうるというのか。むしろ、こうした極右的勢力のほうが一層危険だろう。フランス国民の常識は急進極右派から国政を守った。現安倍政権を含め、そろそろまともな中道保守政治へもどすべきときであろう。
6/5 忖度で片づけるのか 森友・加計疑獄の“主犯”は安倍夫妻|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 学校法人「加計学園」問題、官邸、文科省がその関与を否定し続けているが、続々とその関係を示す事実が出てきている。官房長官による全否定と個人攻撃に始まった官邸からの対応に対して、文科省内部からの情報のリークがとまらない。官邸による省庁人事に対する強権への報復なのかもしれないが、安倍政権の異常性への役人としての対応だろう。 「森友、加計、準強姦事件の3つは、どれも安倍政権の問題に直結する重大犯罪です。忖度という言葉遊びで逃さないためにも、野党は一丸となって徹底追及するべき。国民も安倍夫妻による暴政を許してはならないと声を上げる必要があります」、この声が文科省を動かしているのかもしれない。それにしても、麻生財務大臣が身を捨てて森友問題を明らかにすれば、再度総理大臣という機会が出てくるのだが、そこまでの度胸が、はたして彼にあるかどうか。
6/5 前川前次官の「貧困女性の実地調査」は本当だった BLOGOS 皮肉まじりの菅官房長官により文科省前川前次官への個人攻撃、「出会い系バー」の実態は、読売新聞のスキャンダル報道とは、かなりことなっているようである。『週刊文春には、前川氏が通っていた「出会い系バー」で知り合った女性の証言が載っている。売春は全くない。本当に貧困女性の人生相談に乗ってたようで、女性から感謝されている。この女性の母親からも感謝されており、前川氏はこの件を妻にも報告していたようだ。「貧困女性の実地調査」というのは本当だったのだ。前川氏は次官退官後、夜間中学のボランティアをしていたようで、この関係者からも信頼されている。前川氏は、本気で貧困対策に向き合っていた「公的」な人物で、まさに「公務員」の鏡のような「公明正大」な人だったのだ。』とある。さて、菅官房長官、読売新聞は、どうするのだろう。
6/5 京大の入学式式辞にまで著作権料請求、JASRACの強欲事件簿! 不当訴訟、裏金、天下り、独禁法違反…|LITERA/リテラ 日本音楽著作権協会(JASRAC)が京都大学のホームページに掲載された山極壽一総長の入学式の式辞の中に、ボブ・ディランの「風に吹かれて」の歌詞の一部が引用されていたことについて、大学側に対し楽曲使用料が生じると指摘していたそうであ。これは、研究論文に他研究者の論文を参照すると著作権侵害になる、そういうことと同様に思える。JASRACは一度解体して、非営利団体による管理がいいかもしれない。
6/5 関東のあじさいまつり&amp;名所・見ごろ情報2017【Lets】 関東地方も今週あたりから入梅の気配。梅雨に咲く花のあじさい、各地でそろそろ開花がはじまり、鎌倉長谷寺では現在、3分咲きのようです。雨の日こそ美しいあじさいの花、お近くの名所に出かけてみてはいかが。
6/5 スティーヴン・ホーキング博士 地球から去るよう呼びかける 英国の世界的物理学者スティーヴン・ホーキング博士が、「私は人類が宇宙へ出て行かなければ人類に未来はないと思っている」と発言。地球の生命が自然災害や人災によって一掃される危機的状況であり、具体的リスクとして核戦争と遺伝子操作されたウイルスがあるという。
6/2 トランプ米大統領、パリ協定離脱を発表−有利な枠組みを模索へ - Bloomberg 地球温暖化対策のためのCO2排出規制から米国が離脱するという。これにより米国は、地球温暖化対策の国際的な枠組みでのリーダーシップを失う。一方で、トランプ大統領に追従する安倍政権は、地球温暖化対策のためにも原発は必要としてきた原発再稼動の大きな理由のひとつを失う。迷走する米国に、迷走する日本、ともに世界のリーダーシップとはほど遠い位置にいる。トランプ大統領と安倍首相、類は友を呼ぶということなのかもしれない。
6/2 東京新聞:18年4月開学「内閣府に計画作らされた」 本紙に前川前次官が証言:社会(TOKYO Web) 後から後からと続いて出てくる学校法人・加計学園の獣医学部新設計画問題に関する官邸関与の証拠、今回は、「一八年四月開学するまでの段取りを、(特区担当ではない)文科省で作れということ自体がおかしい話だった」というもの。官邸主導のこのやりくち、森友学園問題とまったく同じである。これに対して、安倍首相は、前川氏が何故そのとき反対しなかったのかと強弁するが、省庁人事を官邸に握られ、反対すれば閑職に左遷されることはみえみえ、これで反対する役人はおるまい。それにしても安倍首相の言い訳、おそまつである。
6/2 レイプ疑惑は検察審査会へ 山口敬之氏は「起訴」されるか|社会|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 先日、ジャーナリストの詩織さんが元TBSワシントン支局長の山口敬之氏を告発した模様、テレビで見たが、こうした事件で女性が顔を出して訴えることは、よほどのことであり、その真実性は非常に高いものといえる。『詩織さんは15年4月、都内のホテルで山口氏にレイプされたとして警察に刑事告訴。警察は逮捕状を手に米国から帰国する山口氏を成田空港で待ち構えていたが、なぜか直前で逮捕は見送られた。詩織さんはその直後、捜査員から「上からの指示があり逮捕できなかった」との連絡を受けたとしている。』とあるが、安倍友ならば、強姦事件を起こしても逮捕、起訴されない、これが今の日本なのかもしれない。
6/2 コーヒー1日1杯で肝臓がんリスク20%減 225万人の情報を分析 : J-CASTヘルスケア コーヒーの健康に対する効用は以前から知られていたが、英サウサンプトン大学のオ研究結果では、それによると、1日1杯の飲用でHCC(肝臓がん)になるリスクが20%減る関連性が見つかり、2杯だと35%減る可能性があるとのこと。
6/2 新たに判明!売れに売れているあの薬の「ヤバい副作用」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 多くの高齢者が睡眠障害で悩んでいるが、そのために一番多く処方されているのがハルシオン。この薬には、「連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること。本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討すること」という注意書きがある。眠れないからといって、簡単に眠剤の処方を医師に頼むのは危険かもしれない。
6/1 自殺の女子生徒の両親に謝罪 茨城 取手市教委 | NHKニュース おととし11月、茨城県取手市で中学3年生で15歳の中島菜保子さんが「いじめられたくない」と、日記に書き残して自殺したことについて、市の教育委員会は、「いじめの事実はなく重大事態に該当しない」と議決したが、この「いじめの事実はなく重大事態にあたらない」との判断に関し、配慮に欠けていたとして両親に謝罪。いじめ事件に関し、管轄教育委員会がいじめの存在を否定するケースが少なくないが、これはどういう理由なのであろうか。教育委員会は、行政ではなく子供たちの側に立つべきだと思う。教育委員は任期を決めて、住民による選挙制にしてみるのもいいかもしれない。
6/1 安倍首相の“影武者” 和泉補佐官が加計学園をねじ込んだ日|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 『「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」――。どうやら安倍首相の“影武者”の正体が少しずつ絞られてきた。加計学園問題で、獣医学部の新設認可を早めるよう圧力をかけていた人物について、前文科次官の前川喜平氏が和泉洋人首相補佐官を名指しした。前川証言に対し、和泉補佐官は「確認できない」とトボけたが、獣医学部設置のための制度改正が決まった昨年11月9日の「国家戦略特区諮問会議」開催前の関係者・機関の動きを振り返ると、どれも前川証言を裏付けている。』、ここまで裏がとれてきているのに、官邸は否定を続ける。それでもなお、国民は政権を支持する。この国は政権、メディア、国民も含め、根っこから腐っている。
6/1 白駒の池・苔と原生林 | 観光スポット | 八千穂高原 標高2,100mの北八ヶ岳の原生林の中に、ひっそりと佇む、まさに神秘的な湖、白駒池。国道299号線沿いの駐車場から歩いて約15分程度、シーズン中は八千穂駅から一日2便、茅野駅からは一日3便、バスが運行されています。湖畔には白駒荘、青苔荘、麦草峠には麦草ヒュッテがあるので、大自然の中での宿泊も楽しめす。高原の旅、出かけてみてはいかが?
6/1 欧米型の食事でも死亡リスクは低下? 食事パターン別の意外な研究結果 : J-CASTヘルスケア  国立がん研究センターによる40〜69歳の男女約8万人を対象とした食事タイプ別の追跡調査結果です。『「健康型」では高くなるほど全死亡リスクは低下しており、脳血管疾患死亡リスクは「低い」人に比べ「高い人」で約40%、循環器疾患や心疾患死亡リスクも30%近く低下していた。全死亡リスクも約20%低下しており、顕著な差が見られなかったのはがん死亡リスクのみとなっている。意外なのは「欧米型」。「健康型」ほどではないが各死亡リスクが10〜20%程度低下していたことだ。悪影響を与えそうな循環器疾患や心疾患でも低下が見られる。「伝統型」は死亡リスクとの関連が確認されておらず、少なくとも今回の研究での食事の分類法に則れば、死亡リスク低下が期待できるのは健康型の食事か欧米型の食事ということになる。』とあります。ぜひ、ご参考に。
6/1 「自民が一貫して改憲政党というのは誤り」河野氏が講演:朝日新聞デジタル  『安倍(晋三)さんは「自民党は一貫して改憲をめざしている政党だ」という。しかし、これは間違いだ。自由民主党は自由党と民主党が合併してできた党だ。合併するときの自由党は吉田(茂)さんがリーダーで、いわば護憲政党だ。民主党は鳩山(一郎)さんがリーダーで、改憲を主張する人が多く集まっていた。護憲党と改憲党が一緒になって改憲党になるとは思えない。合併してできた自由民主党は一貫して改憲を主張する政党だなんて言うことは、明らかにスタートから認識が間違っている。』、『しかも、安倍政権のもとで憲法問題をやるなんて、あり得ないことだ。おそらく最近の日本の政治の中で、もっともこれまでの方向と違う方向をさしている政治の中で憲法を変えるということは、日本の歴代内閣がやってきた方向ではない。安倍(政権)という不思議な政権ができて、その人が指さす方向に憲法を変えていくなんて、私は到底納得できない。それに費やす政治的エネルギーは、他にもっと使わなければならないことがたくさんある。憲法(改正)について、私は同意できない。』、こういう常識を普通に主張できる党が本来の自民党であったはずである。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2017年6月の掲載



Copyright 爽快倶楽部