TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2016年12月の掲載




12/21 東京五輪の総経費、最大1.8兆円 4者協議で提示:朝日新聞デジタル 東京五輪の4者協議の様子をテレビでちらっとみた。その中で驚いたことがある。森喜朗組織委会長の言である。オリンピックの主体は主催者である東京都・・・それはそのとおりである。一方、かれの言には、主催者東京は金を出せ、運営はオレがやる−こういうふしがある。そこでである。一都民から彼に申し上げたい。いったいどこの都民が、森氏に運営を頼んだのだろうか。頼んだ都民の顔が見たい。
12/21 【田中角栄 不敗の世渡り力】結婚するなら…嫁は下からもらえ、婿は上からもらえ 苦労人は目配りが利く - 政治・社会 - ZAKZAK  「嫁は下からもらえ。婿は上からもらえ。うまくいく確率が高い。人間、絶対かなわない相手がいる。苦労人だ。順風満帆の人生を送ってきた者は、どこかひ弱い。学校は出た。ほどほどの知識はある。目と耳から仕入れた人生訓も知っている。しかし、ひと度、逆風にあうと転覆寸前、帆の昇降に右往左往でなすすべなし、天を仰ぐといった具合だ。対して、苦労人は逆風の処し方を知っている。かなうわけがないのである。」。人をつくるのものは苦労である。最近は」、こういう苦労人の政治家をほとんどみない。
12/21 「108の煩悩」って、具体的には何と何と何? 詳細を専門書で調べてみた - コラム - Jタウンネット 東京都 除夜の鐘がうるさいとといって、自粛するお寺さんがあるようだが、それはさておき、「108の煩悩」とはなにか、これについては、「煩悩とはこれ!」というのはないようである。もっとも「根本煩悩」と呼ばれるすべての煩悩の根っことなる6種類の煩悩については「貪(むさぼる心、執着する心)、瞋(怒り、意に沿わない事物に対する憎しみ)、痴(無知)、慢(驕る心)、疑(仏の教えに疑いを持つ)、見(自己中心的で心理とは真逆の誤ったものの見方)」というもののようである。いわれてみれば、なるほどである。
12/21 田原総一朗「安倍首相の自信を粉砕したプーチン氏の『手のひら返し』」 (1/2) 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版 ロシアのプーチン大統領の訪日で、日本は何を得たのか。「あなた方は、いつも共同宣言を引き合いに出すが、日本はその履行を拒否した。もしも日本政府がこの宣言に戻るというのなら、我々は話し合う。もしもあなた方が注意深く共同宣言をご覧になれば、9項で(2島)引き渡しについて書かれているが、どちらの主権で、どんな条件で引き渡されるかは明記されていないことがわかるだろう」。さらに、「制裁を受けたまま、どうやって経済関係を新しい、より高いレベルに発展させられるのか」、「ロシアと日本がお互いに信頼できる雰囲気づくりが必要なのだ」との彼の言、これがすべてである。
12/21 昼食会を拒否、天皇はやっぱり安倍に激怒していた! 誕生日会見で生前退位や憲法への姿勢を批判する可能性|LITERA/リテラ 19日に予定されていた天皇と安倍首相らとの宮中午餐(昼食会)が天皇のご意思によって中止となった。「宮内庁内では、今日の宮中午餐の突然の中止は、生前退位をめぐる安倍首相の姿勢に、天皇陛下が激怒されて、会いたくないとキャンセルされたのではとの見方が広がっています」、さらに、安倍首相が「生前退位」有識者会議委員やヒアリングメンバーに日本会議系の極右学者たちを配置ことについて「陛下が有識者会議の行方を御憂慮されているのは間違いありません」「陛下は2回目のヒアリングが終わった頃から、いたくご気分を害されている。その後も新聞やテレビで報じられる会議の内容に触れて、ご不満を募らせていらっしゃるのです」とある。天皇のお気持ちも足下にする安倍政権、どうしたらいいのだろうか。
12/20 トルコの首都アンカラの写真展で、カ…:トルコ警官がロシア大使を射殺 写真特集:時事ドットコム トルコの首都アンカラで19日、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が男に銃撃され死亡した事件、男は銃撃後、「シリアを忘れるな」と叫んでいるという。ロシアがアサド政権の後ろ盾となっていることへの報復的行為という見方が出ている。これで気になるのは、米・EUともにロシアに対し制裁的立場をとっているが、日本はロシアに対する経済援助を行いロシアと有効的色彩が強くなるということ。これで中東にある日本企業や日本人社員が、反アサド派のテロの対象とならなければいいのだが。ひたすらスタンドプレイばかりで先の読めない安倍首相の外国、あまりに危険である。
12/20 【スクープ最前線】トランプ氏激怒!米中交戦秒読み 対中強硬で習政権パニック状態、「尖閣上陸」暴走危機も - 政治・社会 - ZAKZAK 中国軍が南シナ海で米海軍の無人潜水機を強奪、まさに異常事態である。ドナルド・トランプ次期米大統領の「反中親露」方針であせっているのかもしれない。こうした行動が共産党指導部によるものではなく、軍の暴走だとすれば、事態は「中国が暴走する危険がある。『南・東シナ海で決起行動に出かねない』という極秘情報があり、関係当局は緊張している」ということになるのかもしれない。
12/20 科捜研はお茶と尿の区別つかない?ASKA不起訴の不可解・・・警察官も確認せず : J-CASTテレビウォッチ それにしても不思議な話である。覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されていた歌手のASKA(58)が、嫌疑不十分で不起訴処分になり釈放された。提出した尿は尿ではなくお茶だったということである。逮捕の理由となった陽性反応は、いったいどこからでたのであろう。尿がお茶にかわるわけもない。なんとなくミステリーである。
12/20 ノロウイルス流行、13都県で警報レベルに│NEWSポストセブン 今冬は、2006年、12年に次ぐノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の流行となっているそうである。「国立感染症研究所が20日に発表した定点調査の速報によると、直近1週間(5〜11日)の1医療機関当たりの患者数は19.45人で、13都県で患者数が20人を超える警報レベルに達した。最高は山形の45.37人で、宮城41.44人、埼玉30.89人、東京27.24人、三重26.18人と続く。定点調査は全国の小児科約3000か所が対象。」とのこと。「治療薬がないので、手洗いや感染者の便の処理の徹底などを心がけてほしい」、気をつけられたい。
12/20 日本の原発17基の「重大欠陥部品」疑惑。放置すれば破局的事故の可能性も!? | 日刊SPA! フランスで、原発12基が緊急点検のため停止させられているが、原因は蒸気発生器や圧力容器などの原発の最重要部品の鋼材の強度不足にあるとされている。この強度不足の部品を提供した企業「日本鋳鍛鋼」が、日本の原発にも部品を提供しており、再稼働した川内原発1号機、2号機など、日本でも17基の原発で日本鋳鍛鋼から供給された鋼材が使用されている。原子力規制委員会は書面上のデータだけで「問題なし」としてしまっているが、フランスでは停止させられ、日本では、そのまま再稼動である。日本の役所は、どうも信じられない気がする。
12/19 ロシア包囲網を無視 安倍首相“思いつき外交”にオバマ激怒 | 日刊ゲンダイDIGITAL 「くしくも16日、EUがウクライナ東部の停戦合意の履行をめぐる問題で、対ロシアの経済制裁の延長を決めましたが、世界ではウクライナやシリアへ軍事介入を決めたロシアのプーチン大統領に対する批判の声は相当強い。プーチン訪日中も、外務省前では『戦争犯罪人プーチンを逮捕しろ』とシュプレヒコールを上げる市民団体があったほど。シリア内戦でアサド政権を支援するロシアは、国連安保理で停戦決議に拒否権を6回も発動。英国の民間団体『シリア人権監視団』によると、昨年9月からの1年間で、ロシアの空爆によってシリア国内で殺害された人は9000人余り。その指導者であるプーチンを安倍首相が高級旅館でもてなし、ファーストネームで呼ぶ。欧州首脳は驚天動地でしょう」とある。日本はどこへ向かっているのだろうか。
12/19 広がり始めた「給食無償化」少子化対策で自治体導入!親の負担軽減で子育て支援 : J-CASTテレビウォッチ 子供の学校の給食費の無料化の動きは、とてもよいことだと思う。今、子供の貧困率は6人の1人だという。こうした子供たちを含め、未来をになう子供たちを積極的に援助することは、明るい未来への出発点である。
12/19 ミイラ発見民生委員(73)「111才まで健康保険使わぬ訳ない」│NEWSポストセブン 今年7月、東京都足立区で戸籍上は111才の方がミイラ化遺体で発見されたが、そのきっかけは、民生委員の調査で、この方が111才になるにもかかわらず、介護保険も健康保険も使っていなかったことがわかったことによる。切ない話である。
12/19 ふるさと納税「さとふる」 | 利用意向NO1のふるさと納税サイト 昨年から控除額が2倍となった「ふるさと納税」、この年末が2016年分の納税締め切りとなる。その返礼品が大人気とのこと。「和牛1kg以上が寄付金額1万円で手に入るといったコストパフォーマンスの高い牛肉も返礼品として注目を集めている」ということも。ふるさと納税、考えてみてはいかが。
12/19 生前退位で天皇の意向無視した安倍首相が親しい政治家の前で天皇を茶化す発言! 天皇は誕生日会見で何を語るか|LITERA/リテラ 安倍首相の諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が、今上天皇自身が退位制度の恒久的整備を望んでいるにもかかわらず今上天皇の一代に限る特例法の制定を政府に提言する方針を固めたという。「ある有力政治家の話ですが、彼が官邸の総理執務室で安倍さんと生前退位の話をしたら、安倍さんはカーペットに膝をつきながら、『こんな格好までしてね』と言ったらしいのです。ちょっと何て言うか、天皇陛下が被災者の方々に寄り添うお姿を、そういうふうにちゃかしてみせるというのは……。信じがたいですね」。これが安倍首相の本音なのかもしれない。
12/16 「最後のわがままを…」ある夫婦の深い絆を描いた漫画に涙がとまらない | BUZZmag 「最後のわがままを聞いてください どうか どうかわたしを あなたのもとへ 連れていってください」、誰もがこんな夫婦でありたいと思っていると思いのかもしれません。
12/16 五輪バレー「有明」新設、小池知事表明へ 運営権売却も:朝日新聞デジタル 結局は五輪バレー会場を有明に作る・・・森氏による巧妙な根回しに勝利・・・そう思ってしまうが、実際には五輪委員会の金に糸目をつけない無計画な運営、さらにスポーツ関連団体のたかりともいえるゴリ押しが見えてきたうように思える。立派な競技場ができれば、それでいいのだろうか?
12/16 年金カット法成立 「下流老人」1000万人は死ねばいいのか | 日刊ゲンダイDIGITAL 14日に成立した「年金カット法案」、『民進党の試算では、国民年金は年間4万円、厚生年金は同14万円も減らされる。塩崎厚労相は苦し紛れに「低年金、低所得の人々にも配慮していく」と釈明しているが、法案成立で“下流老人”が急増するのは間違いない。』であるという。高齢者には厳しい未来がまっているようである。
12/16 「パイロットは感謝されるべきだ」と在沖縄米軍トップ、オスプレイ不時着事故で発言 : J-CASTテレビウォッチ 米軍の新型輸送機オスプレイの沖縄県名護市沖での墜落事故、在沖縄米軍のニコルソン四軍調整官の抗議に訪れた安慶田副知事に対する言、「パイロットは県民や住宅に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」。そういわれれると、そうかなと思ってしまいそうだが、オスプレイの事故率は非常に高いとされており、今回は単なる不幸中の幸い、そう思えるのだが。
12/16 がん細胞を1?2分で破壊! 転移がんにも有効な「近赤外光線免疫治療法」に世界が瞠目|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 近赤外光線免疫治療法、『人体に無害な近赤外光線を照射し「がん細胞」を死滅』として注目を浴びている。NCI(米国立がん研究所)によるものだが、開発したのは、小林久隆主任研究員、日本人である。世界に金をばらまくのはいいが、こうした研究を日本で行えないのはどうしてだろう。この意味ではm朗報であると同時に、残念でもある。
12/15 浅草寺|年中行事 納めのご縁日 毎月18日は観音さまの「ご縁日」ですが、12月18日は「納めの観音」、 この日より新年の福徳を祈願した「恵比寿大黒天御影(みえい)」や「縁起小判」が授与されます。また、17〜19日には境内で「羽子板市」が開催されます。一年の締めくくりの参詣、浅草散歩をかねて出かけてみてはいかが。
12/15 更にパワーアップ!東京・穴八幡宮の金運のお守は、隣の放生寺とペアで頂く | 東京都 | トラベルjp<たびねす> 知る人ぞ知る、東京早稲田に鎮座する穴八幡宮。ここで頒布されている『一陽来復』のお守、お守りを頂く日は冬至から節分までの間ですが、貼る日時は、「冬至・大晦日・節分」のいずれかの日の夜12時と決まっている。このお守り、商売繁盛・金運UPによく効く!ということで評判。ぜひ、お出かけを。
12/15 宝ニュース | 宝くじ公式サイト 今年の年末ジャンボ宝くじは、1等賞金が7億円、1等の前後賞が各1億5,000万円で、1等・前後賞合わせた賞金額が10億円。さらに、新登場の「年末ジャンボミニ1億円」、「年末ジャンボプチ1000万」、発売は23日(金)まで。ちなみに、これからの一粒万倍日は、19日(先勝)、20日(友引)、大安は17日、23日です。
12/15 『神社の謎』著者 「参拝作法に無知なのは若者より中高年」│NEWSポストセブン 神社参拝の作法、知っていそうで知らない方は、意外と多いかもしれません。神様と対面する前に身を清める手水舎での作法、拝殿の前での参拝・二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)、と鈴の鳴らす順序など。あなたは、ご存知でしたか?
12/15 【テリー伊藤コラム】高齢者から車をとらないで 歩行者対応自動ブレーキ編 - 芸能 - ZAKZAK 高齢者の自動車事故が社会問題化している。これをもって免許返納をすすめる動きも出ている。自分の運転以外に、家族の運転や、他の交通機関が利用できる場合は、免許を返納しても生活に大きな支障はでないと思うが、地方の過疎地では、そうもいかない場合があると思う。ここで取り上げられている歩行者を認識して停止する自動ブレーキ、セーフティー・カーの普及、オートマチック限定免許と同じように、高齢者向けの自動安全車種限定の免許の制度、いい方向だと思う。
12/14 ゆで卵を作ったら、なんと「黄身」がない! こんなこと、どうして起こるの? - グルメ - Jタウンネット 東京都 ゆで卵を作ったら、なんと「黄身」がない・・・。「ゆで卵を作り包丁で半分に切ってみたのだが、その卵にはあるはずの黄身が見当たらず"白身だけ"だったという」のである。若い雌鶏はまれに黄身のない卵を産むことがあるそうである。一度出会ってみたい気がする。
12/14 カジノ法案が成立へ、開業は東京五輪後−政府が1年以内に実施法案 - Bloomberg 最近の国会は、自公与党が多数派を占めていらい、すべて与党ペースで進んでいる。野党との議論はされるが、これにはまったく聞く耳を持たないように思える。安倍首相は自分の主張を展開すると、その反対意見には、「どうして私のいうことを理解してくれないんですか」・・・と毎度の答弁である。与党の圧倒的多数、国の政治にはあまりに危険である。すでに競輪・競馬・競艇があり、さらにパチンコがあるが、カジノは、まさにバクチ場というイメージがあるためか国民の反対が多い。もっとも、この国民の声にも、「どうして私のいうことを理解してくれないんですか」というのであろう。
12/14 「福島からの避難ばらす」女子中学生ら1万円たかり : J-CASTテレビウォッチ 東京都千代田区立中学校で、原発事故のため福島県から避難している女子生徒が同学年の3人に1万円分のドーナツやジュースなどをおごらされていたという。脅した女子生徒は3人に「避難者だとばらすよ」「貧乏だからおごれないの?」といったそうだが、原発避難者がその事実を隠さねばならないことは、じつに理不尽というほかはない。原発事故の後、国は年間被爆量をそれ以前の平常時1mSvから20倍の20mSvに引き上げたが、これは、1000人に1人が癌になると予想される水準とされる。こういう状況にあって、汚染地域から避難してきた子供たちをまるで犯罪者のように扱う社会は、狂っているとしか言いようがない。これは、政府による棄民政策の結果であろう。
12/14 安倍昭恵が「教育勅語」を暗唱させる“愛国幼稚園”新設小学校の名誉校長に! 設立代表者は日本会議幹部|LITERA/リテラ 自民党は、「政治的中立」の名のもとに教員を厳罰、理念の法制化などを進めているが、一方で、大阪・淀川区にある塚本幼稚園幼児教育学園が設立する小学校の名誉校長に安倍首相夫人である安倍昭恵氏なるという。この塚本幼稚園、『幼稚園児に「教育勅語」や「五箇条の御誓文」を暗唱させるほか、伊勢神宮への参拝や自衛隊の記念式典で園児らが演奏したり、日の丸と旭日旗を振らせるなど、露骨なまでの“愛国教育”をおこなうことで知られている。』が、これは、ドイツでいえば、ナチス賛美の小学校をつくるようなもの。異常としかいいようがない。
12/14 オスプレイ、沖縄沖に着水…移設計画に影響も│NEWSポストセブン 米軍普天間飛行場所属の輸送機「オスプレイ」が沖縄本島の東方沖の洋上に着水した。この状況を米軍は着水と表現しているいるが、現場の写真をみる限り、これは不時着・着水などではなく、墜落という表現が正しいと思う。
12/13 「今年の漢字」は「金」だった! くずし字に「読めない」とブーイング : J-CASTテレビウォッチ 今年の漢字は「金(きん)」。理由は、「リオ五輪で金メダルをたくさん獲ったから」、「舛添要一・前都知事の金の問題」、「金ピカ衣装の「アポーペン」・ピコ太郎」など。あなたの今年の漢字はなんですか?
12/13 みんなの推薦 蕎麦 レシピ 369品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが255万品 そばというと蕎麦やで食べるもの、もちろん、それが蕎麦の楽しみ方の基本ですが、家庭でそばを使った料理をつくるというのも、もうひとつのそばの食べ方です。蕎麦やにはない料理、ぜひお試しを。
12/13 孫が喜ぶプレゼント、未就学児の女の子にはスマホのおもちゃを│NEWSポストセブン さて、孫にどんなクリスマスプレゼントをとお考えの方、「今年のクリスマスプレゼントのキーワードは『リアル』です。お買い物や料理、ペットの世話など、現実に近い遊び方ができる商品が大人気。おもちゃは年々進化し、機能が向上して、どんどん本物に近いクオリティーになっています」がひとつのヒントになるかもしれません。また、「3才から幼稚園ぐらいまでの女の子は、親の真似をしたがるので、スマホやタブレットのおもちゃが人気です。子供向けのスマホ型トイ『ディズニーキャラクター マジカルポッド』(セガトイズ)は、本物のスマホのようにゲームができたり、写真が撮れたり、勉強もできます。もちろんインターネットにはつながっていません。定番なら『リカちゃん』や『メルちゃん』。『プリキュア』なども人気です」というのも参考になると思います。
12/13 最先端科学で分析、理解する「お灸」の効用 人間は情報を食べて生きている! | JBpress(日本ビジネスプレス) 明治時代以降、西洋文化の流入で日本の伝統医学が軽視されてきたが、この現代において、むしろ西洋医学が東洋医学に追いついてきたようである。「お灸」というのも、そのひとつ。「ももひきの破れをつづり、笠の緒付けかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まず心にかかりて、住める方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、草の戸も?住替る代ぞひなの家ものを」とは芭蕉に言葉。芭蕉は「もぐさ」と「線香で「足三里」というツボに灸を据えたというお話。お灸の効用、おすすめです。
12/13 アメリカの「核の傘」がなくなったら…を想像できない困った人たち(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社 日本にとって核兵器とは何なのか。佐藤栄作内閣時代決定された「非核三原則」・「持たず、作らず、持ち込ませず」があるが、現実には米軍艦船が核兵器と搭載しながら、日本に寄航していてことは周知のこと。これについて国際感覚で考えれば、「私たちは被爆国でです。平和を愛する国民です」と言って太鼓を叩いていても国は守れない。アメリカの核の傘の下にいる間はいいとして、もし、それがなくなった時はどうすればいいか、そろそろ真剣に考えるべき時期が来ている。」ということになるだろう。
12/12 【米政権交代】トランプ氏、「一つの中国」政策終わりを示唆 次期米国大統領トランプ氏の中国に対する外交政策、「通商を含めて色々なことについて中国と取り引きして合意しない限り、どうして『一つの中国』政策に縛られなきゃならないのか分からない」、この考え方は実にビジネス的である。これは、米国の1979年以来、台湾と断交し、その上で台湾を分離した省とみなす中国の「一国二制度」方針を根底から覆すものである。
12/12 発効は絶望的でも…TPP「対策」に消える血税は総額4兆円 | 日刊ゲンダイDIGITAL 安倍政権によるTPP協定の国会承認、トランプ米次期大統領の離脱表明によって発効はが絶望的だが、何故承認を急いだのか。これには『なのに、引くに引けない理由はバラマキ策。「TPP対策」と称する税金浪費にもブレーキをかけない方針だ。もはや協定は幻と化しそうなのに、各省庁ともベラボーな予算を要求しているからムチャクチャだ。安倍政権はTPP交渉が大筋合意した昨年10月以降、すでに合計1兆1906億円もの対策費を予算に計上した。15年度補正分の4875億円は執行済み。16年度当初と補正の7031億円は執行中だ。中にはし尿処理システムの国際事業(1600万円=環境省)、放送コンテンツの海外展開支援(27億6000万円=総務省)といったTPPとは直接の関係性が薄い予算もある。』という背景が見えてきた。要するに省庁に配分された予算を、いまさら変更できないということ。これは、まさに官僚主導の政治である。役人と族議員のなれあい政治、その復活である。
12/12 【ベストセラー健康法】認知症予防に「お喋り」「早歩き」 80歳現役医師が教える老化防止の処方箋 - 健康・医療 - ZAKZA 認知症の予防について、「高齢になると口数が少なくなる傾向が、特に男性には顕著に見られるようになる。そのままいくと、自分の世界に閉じこもり、うつ状態になり、さらに認知症への扉を開くことにもなりかねない」、したがって「お喋り」こそが認知症予防に必須の良薬ということになる。諸氏は、お喋りをしてますか?
12/12 トランプとプーチンにナメられて…安倍官邸「大パニック」実況中継(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 それにしてもである。APEC会議の総括として、「決して内向きになってはいけない。それが今年のAPECの最大のテーマだった。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)は、そうした自由で公正なルールに基づく経済圏を太平洋に創り上げる野心的な挑戦であり、TPP首脳会合では、すべての参加国がその挑戦をやり遂げる決意を改めて共有した」と会見、ふたを開けみればトランプはTPPの離脱を宣言する。プーチンしかり、ロシアにとって北方領土は、米国にとっての沖縄と同じ戦略的位置づけである。世界地図を見れば誰でも理解できることをまったく理解できていない。安倍内閣の外交オンチ、時と場合によっては日本の危機を招く。
12/12 ロシアのサイバー攻撃をCIA断定 トランプ勝たせるためクリントン陣営に : J-CASTテレビウォッチ 米国情報機関のCIAが、「ロシアが米大統領選でトランプ候補を勝たせるためにクリントン陣営にサイバー攻撃をかけたと断定した。事態を重く見たオバマ大統領は、来月の政権移行前に調査報告書をまとめるように指示をしたという。」だそうである。さて、これが事実と立証されトランプ選挙陣営がかかわっていたとすれば、かってのウォーターゲート事件と同様、トランプ新大統領の辞任につながる可能性が出てくる。さて、どうなるのであろう。
12/9 【TPP】TPP、参院本会議で成立へ - 産経ニュース 安倍内閣がTPP法案を何が何でも成立させる。トランプ次期米大統領は、すでに離脱を表明している現在、その発効はありえない。安倍首相はゴルフクラブをもってトランプ氏に会いに行き、TPPの重要性を説いたというが、まったく相手にされない。一方、現大統領であるオバマ氏を無視したこのやり方に、オバマ氏始め、ケネディ米国大使は激怒したという。安倍という男、何か大きな考え違いをしているようにしか思えない。日本では安倍一強ともてはやされているが、世界からみれば経済政策に失敗した愚かな政治家の一人にしか過ぎない。この事実を日本国民はよく知っておく必要がある。この愚かな首相をいただく自民党とまったく対抗できない野党は、彼以上に愚かであるといわざるを得ない。 目くそ鼻くそを笑うということなのであろう。
12/9 真珠湾攻撃、75年前の社説はどう伝えたか - WSJ 75年前の12月7日の日本による真珠湾翌日と翌々日のウォール・ストリート・ジャーナルの社説である。
「1941年12月8日の社説
われわれには責務がある
WSJの月曜朝刊1面に通例として掲載される経済・金融関連記事は土曜の夜に書かれ、日曜に植字工に渡される。ゲラ刷りが編集部に上がってきたときに、日本がハワイを攻撃したとの速報が通信社から流れてきた。
その瞬間、先週の出来事が突然、はるか昔の古い時代に遠ざかってしまったように思えた。先週起こったビジネス界や金融業界の出来事は明日や、明日以降に続く日々とは何の関係もなくなってしまったように思えた。
米国の領土が攻撃されたという厳然たる、かつ恐ろしい現実がここにある。日本は米国との開戦を宣言した。
米国市民には責務があり、誰もが自分の責務について分かっている。それは誰にとっても重いだろうが、実業家や金融業者のコミュニティーにとっては、犠牲がとりわけ大きなものとなるだろう。
われわれは言っておく。犠牲をいとわず、責務を果たさねばならないと。
1941年12月9日の社説
われわれが終わらせる
昨日の午後0時半、セオドア・ルーズベルト大統領は連邦議会の上下両院合同会議に出席し、対日宣戦布告の承認を要求した。上院は大統領の言葉の残響が消えやらぬうちにこれを賛成多数で可決。下院は可決までに時間を要したが、議員数が多いため確認に時間がかかっただけだ。
われわれは実質的に挙国一致の決意によって日本と戦争状態にある。その心得は次の通りだ。
1――全市民は個人の利益や偏見、意向に関するあらゆる配慮よりも、国の戦争への貢献を優先させる
2――政府は領土と市民、そして国益の保護を第一の目的として陸・海・空の軍隊を配備しなければならない
3――米国は同盟諸国や英連邦諸国、中国、ソ連、そしてオランダ領東インドと協力すべきだ。ただし、この協力体制は米国の安全より優先されない
4――報道機関と市民は政府の行為を個別の信念に従って批判する権利を保持する。ただし、米国人の犠牲を最小限にとどめた対日勝利のために適切な行為であるかどうかが、その是非の判断基準となる
 われわれは米国と同盟諸国の武力で日本との戦争に勝てるという絶対的な自信を持っている。だが、米国政府は陸軍や海軍の助言による「大局的な戦略」に導かれることが不可欠だ。その時点で想定している計画に費やす軍事的リソースについて慎重に考慮することなしに、敵国から攻撃を受けるか受けないか分からない世界中の人々を守るという危険な試みに、万が一にも引き込まれることがあってはならない。
及び腰で戦争に臨めと言っているわけではない。全くその反対で、戦争の目的と、目的達成のために即応可能な武力を冷静かつ現実的に算段すべきだと言っているのだ。われわれの軍事的リソースは毎日拡大しており、今やかつてないほどの速いペースで増えている。だが、戦時において進むべき道を決定づける人々は、われわれがもはや民主主義を備えているだけではないことを忘れてはならない。米国は今や、太平洋という戦場の交戦国だ。よって、米国は己の国益を優先しなければならない。連合国の国益は米国の国益が十分に確保された後に初めて満たされることになる。
国家としてのわれわれの未来は戦闘兵器をできるだけ早く大量に手に入れることにかかっている。その実現が早ければ早いほど、米国の自由を維持するために犠牲を余儀なくされる国民の数は少なくなる。
ある目的のために、この強いられた戦争を受け入れていることに関して、われわれは一致団結している。それは日本が始めた戦争をわれわれが終わらせるという目的だ。」
日本国民にとっは敗戦であったが米国にとっては正義の勝利ある。日米同盟は、この歴史的事実を消したわけでない。
12/9 みかんにリスク低下成分 糖尿病・脂肪肝予防は冬が好機 | 日刊ゲンダイDIGITAL みかんによる免疫力向上の話を取り上げたが、このみかん、「糖尿病や脂肪肝」予防に効果があり、「10〜2月のシーズン中にみかんを毎日3〜4個食べるだけで、糖尿病や非アルコール性の肝機能異常の発症リスクが下がる」といわれている。国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構によると、「30〜79歳の男女1073人(男3割、女7割)の追跡調査を10年間、続けています。温州みかんシーズンの摂取量と生活習慣病の因果関係を調べる研究で、その結果、みかんをたくさん食べる人は、糖尿病や非アルコール性の肝機能異常の発症リスクが低いことがわかったのです」て報告されている。旬のものは体にいい。
12/9 1時間10分に質問28 小池知事にマシンガン質問攻撃! : J-CASTテレビウォッチ 東京都議会での都議会自民党の代表質問、「慣例となっている質問内容の事前通告なしに自民党都議が矢継ぎ早の質問をしたことから答弁に立った小池知事が右往左往する異例の展開があった」そうである。代表質問に立った崎山知尚都議の質問、「大きな黒い頭のネズミとはいったい誰のことですか?」といったそうだが、それが自分たち都議会自民党いうことはだとう、都民がよく知るところ。天に唾するとは、このことであろう。
12/9 「うるさい」! 騒音苦情で「除夜の鐘」自粛モードに : J-CASTテレビウォッチ  もうひとつ、テレビウォッチから。大晦日の除夜の鐘、「音がうるさい」と近隣住民の苦情などで自粛するケースが相次いでいるそうだが、たとえば、『東京・小金井市の閑静な住宅街に一角にある八幡山千手院。近隣住民から「うるさいので鐘を鳴らさないでほしい」という苦情を受け昨年から除夜の鐘を中止している。』だそうである。取り上げた番組の宇賀アナウンサーは「良いと思いますよ、大晦日ぐらい」、タレントの高木美保「年越しソバを食べながらゴーンて聞きたいんですけどね〜」。小生もそう思う。そのうち、祭りもうるさいので中止・・・そんな時代になるのかもしれません。
12/8 (第4回)パチンコに熱中、3浪目に =最後は猛勉強、医師の道へ|ピックアップ・特集|時事メディカル 天皇陛下の執刀医、天野篤氏の波乱万丈ともいえる人生。冠動脈バイパス術の専門医で年間500件の手術をこなす。順天堂大学医学部心臓血管外科教授、順天堂大学医学部附属順天堂医院院長。こういう人生も、また面白いと思います。
12/8 北斎美術館 2016年11月22日(火) ?〜2017年1月15日(日) 、開館記念展「北斎の帰還−幻の絵巻と名品コレクション−」が開催中。序章「北斎のイメージ」、1章「北斎の描いたすみだ」、2章「幻の絵巻−隅田川両岸景色図巻−」、3章「名品ハイライト」、以上の4つの構成で、前後期合わせて約120点の名品を選りすぐり展示。ぜひ、お出かけを!
12/8 航空・海上・陸上自衛隊 現在の装備と実力 (1/2) 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版 海外でも武器使用ができるようになった自衛隊だが、その実態は、「軍事費・防衛費では世界第8位でありながら、専守防衛に徹し、海外に侵攻、展開できるような装備は持っていない。」」というもの。自民党や日本会議などの右翼勢力は、威勢のいいことをいうが、その能力はまったくない。
12/8 名産地ネギに独特の調理法・・・下仁田、宇佐、深谷 : J-CASTテレビウォッチ 下仁田ネギで、シチュー、カレー、大分の宇佐ネギは「シャブシャブで食べるのが一番おいしい」、さらに深谷ネギは、「焼きネギは皮を取ってお尻の方から食べるとサトウキビみたいに甘いんだよ」だそうです。また、「根っこの天ぷらです。普通は食べないけれど、どうしてこんな美味いもんを捨てちゃうのか不思議です。ビールのつまみに最適です」根っこの天ぷらは「パリパリして食べやすいし、いい味です」というのも。薬味や脇役にまわりがちのネギ、主役の食べ方、試してみてはいかが?
12/8 真珠湾攻撃から75年、歴史家・加藤陽子氏は語る「太平洋戦争を回避する選択肢はたくさんあった」 歴史を考えるとき、あるいは記述するとき、ある歴史観による場合が多い。事実を事実として記録を客観的に見て解釈する、こういう姿勢こそ歴史が未来の指針となるのだと思う。憲法改正において、現憲法は連合軍GHQによって作られ押し付けられたという喧伝があるが、はたしてそうだろうか。
12/7 ぶりねぎしゃぶしゃぶ by ミツカン味ぽん [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが254万品 寒ぶりといい、寒くなるこの時期、あぶらがのったぶりが実にうまい。刺身はもちろん、照り焼きや大根煮もうまいが、刺身用の新鮮なぶりを、しゃぶしゃぶにするのもいいと思います。ぜひお試しを!
12/7 みかん 温州みかん ミカン 果物ナビ 12月に入って、みかんがだいぶ甘くなったきた。そのみかんの選び方、「へたの切り口が小さく、果皮の色が濃く張りのあるもの。また形が扁平で、皮のツブツブが小さくはっきりしていて、重みがあるものを選びましょう。糖度は、果実が小さめで果皮が薄くてやわらかいほうが高いといわれます。なお、皮にすり傷があるのはOKですが、日焼けしたものは水分が不足して味が落ちています。」だそうです。風邪予防にいいビタミンCがたっぷりのみかん、ぜひ召し上がれ!
12/7 政権ヨイショも効果なし NHK籾井会長“お払い箱”の決定打 | 日刊ゲンダイDIGITAL NHKの籾井勝人会長が来年1月の任期満了で“用済み”となるというお話。「政府が右ということを左というわけにはいかない」、『衆院選の14年12月には、原発や貧困問題を取り上げた番組を選挙後に延期。昨年2月、戦後70年の節目に、「従軍慰安婦問題」をNHKで取り上げるかと聞かれると、「正式に政府のスタンスというのがよくまだ見えない。今、取り上げて我々が放送するのが妥当かどうか、慎重に考えなければいけない」と言ってのけた。今年4月の熊本地震では、原発への影響について「政府の公式発表以外は報道しないように」と局内に指示したことも分かっている。』、こういう人間が、日本最大の放送局の会長であったこと自体、信じられない。
12/7 医療系サイト『WELQ』炎上のあきれた実態! 素人がコピペで記事量産、専門家ノーチェック : J-CASTテレビウォッチ 健康不安や病気情報を提供する医療系の「まとめサイト」が休止となったが、理由は医学的根拠に欠ける多数の記事を掲載したため批判が相次いだことによる。インターネットの記事には、悪意ではないが、専門的な知識や検証もないままに書かれた医療関係者以外の人に書かれた医療記事が多数存在する。そうした記事を信用するのは危険な場合もある。インターネットの情報は、原則的に自己責任である。ひとつの情報は、複数のサイトで確認する必要がある。
12/7 目薬は早めに使い切るべき 開封から1か月で雑菌が増殖│NEWSポストセブン 疲れ目やかすみ目などで目薬を使っている高齢者の方は少なくないかもしれません。その目薬の使い方で気になるのは、いちど開封してから、数ヶ月も使う場合、「そんな使い方をすると結膜炎になる危険があります」と指摘がされています。「目薬には必ず使用期限が記載されていますが、それは“開封しなかった場合”です。目薬に入っている防腐剤は、長期保存できるほど効力はありません。1か月経つと雑菌が増殖してきます。よく、『まつげに触れるとボトル内に菌が入る』といいますが、触れなくても空気中の雑菌が入り込んでいます。万が一、まつげや目の粘膜に触れたのなら、1か月といわず、なるべく早く交換すべきです。口をつけて飲んだペットボトルの水を、ひと月後も飲んでいるのと同じことなんです」、目薬は、短期間に使いきるのが重要です。
12/6 CNN.co.jp : トランプ氏顧問、米台関係に言及「中国の反発、知ったことか」 米国のトランプ次期大統領が台湾の蔡英文総統と電話で会談したことに関し中国からの反発がでているが、これについてトランプ氏の経済顧問、スティーブン・ムーア氏は、「台湾は我々の同盟国だ。自由を信奉する人々だからこれまでも支援してきた。我々は同盟国を支援しなければならない。中国がいやがっても無視すればいい」と発言。トランプ政権は、これから対中強硬路線に打ってでる可能性を示唆した。そうなった場合、問題は軍事作戦を誰が行うかである。自衛隊が南シナ海までシーレーン防衛にまで駆り出された場合、日中の軍事衝突の危険性は非常に高まる。トランプ政権の目先の金勘定を優先させる姿勢が、あらたに国際武力紛争を生み出すのかもしれない。
12/6 【検証55歳からの性 世界の精力剤】性豪が多い北の漁師たち 疲労回復に「しらこ」 - 愛と性 - ZAKZAK しらこが精力をつけるにはいいというお話。「しらこだべ。漁に出ると、採れたてのタラやサケのしらこをさ、船の上でオヤツ代わりに食うんだけど、これだべさ」とのことだが、栄養士の話では、「体に悪いどころか、近年、低脂肪で栄養たっぷりの健康フードとして脚光を浴びています。なかでもプロタミン、ヌクレオプロテインなどの強塩基性タンパク質、核酸、セックスミネラルと呼ばれる亜鉛といった男性機能向上に役立つ成分が豊富で、海のバイアグラと呼ぶ人もいるのもうなずける話です。ただ、プリン体が多いのは事実なので、痛風気味の人は食べ過ぎには要注意です」とのこと。精力がつくとは、元気になるということ。試してみてはいかが。
12/6 道端アンジェリカも愛飲!すごいぞ「甘酒」美肌・美白、疲労回復、免疫力UP・・・ : J-CASTテレビウォッチ 甘酒は子供の飲み物と思っている方は多いかもしれませんが、この甘酒、「美肌・美白、貧血予防、疲労回復、整腸作用、免疫力UPととにかくすごいパワーなのです」ということ。女性にはもちろんですが、冬の時期のインフルエンザなどの感染に対する免疫UPにも有効なようです。体も温まるので、この時期、おすすめです。
12/6 稲田防衛相 ゲス宮崎夫妻への結婚祝儀を政治資金で拠出│NEWSポストセブン 政治家になると、どうも自分の金と国民の税金との違いが見えなくなるようである。「安倍政権全閣僚の飲食会合費ランキングで、麻生太郎・財務相、塩崎恭久・厚労相というベテラン2人に次いで稲田朋美・防衛相がトップ3入りを果たした。実に年間1456万円を飲食代で支出している(朝日新聞調べ)。」とある。政治資金での会食、ボロクソにいわれた前桝添東京都知事は、これに比べれば、まだかわいいと云えるかもしれない。
12/6 12月〜来年1月に南関東で大地震 四国沖も危険 恐ろしいほどの的中率「MEGA予測」 - 政治・社会 - ZAKZAK 先月、お知らせしたページの再掲載です。この「MEGA予測」、かなり当たる確率が高いので、ちょっと心配です。「これまでの観測では北茨城と筑波の間の高低差が大きくなっているほか、房総半島の銚子と館山の間の格差も広がっている。伊豆半島や駿河湾沿岸付近にも沈降が確認されていることなどから『南関東がおかしい』と判断せざるをえない。12月〜来年1月にかけて、南関東で大きな地震が発生する可能性が極めて高い」。起こるとしても、巨大地震でなければいいのだが。
12/5 依存症の4割が高齢者 カジノで「老後破産」深刻化の恐れ | 日刊ゲンダイDIGITAL 衆院内閣委員会で「カジノ解禁法案」が可決された。与党自民党、日本維新の会、これに公明党の自主投票によるものである。理解できないのが、この法案の審議時間、わずか10時間にも満たない。安倍内閣は、TPPが頓挫した今、カジノで観光立国、景気浮揚を考えているようだが、アベノミクスの目玉が、いまやバクチである。
12/5 アベノミクスの提唱者・浜田宏一氏が自説の誤りを認めたって本当? さて、アベノミクス経済政策の理論的ブレーンである浜田宏一内閣官房参与の発言、「自ら提唱した金融政策の誤りを認めたという話なのですが、果たしてこれは本当なのでしょうか。」と指摘されている。『浜田氏は「デフレ脱却には金融政策だけでは不十分だったのか」という記者の質問に対して、「私がかつて『デフレはマネタリーな現象だ』と主張していたのは事実で、学者として以前言っていたことと考えが変わったことは認めなければならない」と述べ、以前とは考え方が変わったことを認めました。』というもの。この「物価全体の水準は貨幣の総量で決まる」という経済学説、あまりに幼稚といいえば幼稚である。ここには、経済の本質、流通する貨幣、消費という観点が抜け落ちている。子供でもわかる経済理論ではないか。
12/5 「人材派遣業」の闇 あまりにブラックすぎる実態を潜入レポート(中沢 彰吾) | 現代ビジネス | 講談社 『日本の労働市場に寄生し、ピンハネで肥え太る悪質な人材派遣業者。彼らの増殖と繁栄は、底辺の労働者のさらなる困窮と表裏一体である。知られざる人材派遣業界の闇と、「一億総活躍社会」を掲げながら平然と労働者をモノ扱いしつづける政府・厚労省の欺瞞を暴く。』、まさにそのとおりであろう。デフレから脱却する方法はひとつしかない。国民が使えるお金を増やすことだけである。まずは人材派遣の規制を強化し、勤労者が望まぬ派遣による労働形態を禁止するべきである。
12/5 戦艦武蔵、“最期”も大和と似ていた? 「第2主砲塔」火薬庫が爆発…Nスペで明らかに 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版 戦前の日本の造船技術の高さを示すものとして、巨大不沈戦艦がある。その代表として大和、武蔵が存在する。が、その世界に誇った戦艦も米軍の航空機攻撃によって沈んでしまった。ここに武蔵の最期の姿が書かれている。それは、大和沈没と同様、日本が何故、戦争に負けたのかの答えももっているようにも思える。近代戦においては制空権を持つものが勝利する。この鉄則を、日本の自衛隊は理解しているのだろうか。
12/5 企業の労働分配率低下、増える剰余金 来春闘も期待薄の声|ロイター発 World&Business|ダイヤモンド・オンライン ニワトリが先かタマゴが先か、企業が利益を上げても、その利益が勤労者にまわらず、内部留保として積み上げられていく。これでは消費は伸びず、結局は企業の衰退につながる。この問題の解決方法は単純に2つある。ひとつは、内部留保のための剰余金に大して税を課すことである。もうひとつは、労働組合が企業に対して剰余金の分配を求めることができる法律を作ることである。これは、会社は誰のものかという質問の答えでもある。会社は社会のものである。
12/1 天皇陛下、退位の恒久制度化望む…同級生に電話│NEWSポストセブン 天皇陛下は、恒久的な制度による退位を希望している、ということである。摂政については『大正天皇のときに、昭和天皇が摂政を務めた際、「2つの派ができ、意見の対立のようなものがあったと聞いている」、「摂政はよくないと思う」、「この問題は、僕の時の問題だけでなく、将来を含めて退位が可能な制度にしてほしい」とも述べられたという。』だそうである。安倍内閣は、こうした陛下のお気持ちを解さないよいうである。
12/1 東京五輪の大会経費「2兆円上限でも高すぎる」IOCコーツ副会長が苦言 | THE PAGE(ザ・ページ) 森五輪組織委員会長の、新国立競技場の建設計画見直しの際の言葉に「ああいう、でかいものやったことないんだよ。 スーパーゼネコンと話し合うような行為をしたことないわけですよ。JSCだけじゃないですよ、文科省もそうですよ。国がたった2500億円も出せなかったのかねっていう、そういう不満はある。何を基準に『高い』と言うんだね。皆、 『高い、高い』と言うけれど」とある。この人には、国民の税金、都民の税金という考え方が欠けている。IOCは、東京オリンピックで、2〜3兆円もかかったら、これから開催する都市がなくなるとも心配している。オリンピックにかこつけて、あれを作れ、これが欲しいとスポーツ団体がいうが、そんなに欲しければ自分で作ったらいい。
12/1 日本ではなぜ報じられないのか?車の潮流はEVへ 加速する「脱内燃機関」の動きとハイブリッド車の寿命 | JBpress(日本ビジネスプレス) 世界は、今後内燃機関から電気自動車にかわっていくという。ドイツでは、「2030年までに、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの内燃機関を搭載した新車の販売禁止」、さらに、「ノルウェーでは、2025年から乗用車のガソリン車やディーゼル車の新車登録を禁止する法制化の動きがある。オランダでも2025年以降、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁じる法案が議会に提出された。」とのこと。日本の技術力が、これから問われることになる。
12/1 ごはんを食べられなくなったら、人間は5日くらいで安らかに息を引き取る。そんな“平穏死”を推進する医師や病院も増えている - 「賢人論。」第28回(前編)石蔵文信氏(みんなの介護) >BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。 「私らが今から10年、20年前に診た末期がんの患者さんは、1分1秒でも長く生きてもらうために挿管とか点滴とかをするわけです。それは、はた目から見ていても苦しそうです。次第に水が溜まっていって、仕方がないので胸や腹から水を抜く。でも次の日は、同じように胸や腹に水が溜まります。看取りをやっている石飛先生にお聞きすると、ごはんを食べられなくなるのは、体が受けつけないわけだから、点滴などをしなければ5日くらいで安らかに息を引き取られるらしいです。そうなると余裕をもって家族で集まることができる。それが平穏死というものです。」、平穏死、普通に死ぬ、これがいいと思う。本人の申請によって健康保険証に延命拒否の証明を役所でつけるというのもいいかもしれない。
12/1 豆腐「常温販売」OK!なぜ冷蔵で売られてたの?30年前から無菌製造・包装 : J-CASTテレビウォッチ 「今後、一部の豆腐が常温で販売できるようになるそうです」だそうです。スーパーではパック入り豆腐は冷蔵棚におかれているが、「豆腐メーカーはすでに無菌状態で製造、包装する技術を開発しており、30年前から常温の豆腐を輸出していたが、国内では冷蔵しないと販売できなかった。」だそうである。この冷蔵棚での販売、実に無意味ということなる。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2016年12月の掲載



Copyright 爽快倶楽部