TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2016年6月の掲載




6/30 テレビでの討論断られ…民進・岡田氏、首相に公開質問状:朝日新聞デジタル 民進党の岡田克也代表が、安倍晋三首相(自民党総裁)に、参院選の争点についての公開質問状を出し、書面で30日中の回答を求めていると発表。これは、岡田氏が今回の選挙の争点についての党首討論を求めたが、「(首相から)『選挙をフルで戦っている』との理由で断られた」という理由によるもの。内容は『重要争点として経済、社会保障、憲法、政治とカネで計8問を用意。▽英国のEU離脱問題で株価下落による年金積立金の運用損の公表見通し▽消費増税分で実施を予定した社会保障政策の優先順位▽首相が「参院選でしっかり訴える」とした憲法改正に選挙戦で触れていない点』。さて、安倍首相、党首討論を拒否する理由はなんだろう。
6/30 安倍政権に酷似と話題 28年前出版「憲法マンガ」の中身 | 日刊ゲンダイDIGITAL 創価学会系出版社が1988年に出版した「まんが・わたしたちの平和憲法」、創価学会婦人部平和委員会の編さん、『第6章「守ろう 憲法のこころ」は、高校の卒業旅行に出かけた少年2人が1年後に帰国すると、憲法9条が改正され、日本が戦争を始めていた、というストーリーだ。そこには「平和憲法をなぜ変えてしまったんだーっ」と憤る少年に対し、母親がこう答える場面が出てくる。〈ごめんよ 憲法ぐらい変わっても生活はたいして変わらないと思ってね〉〈だって新聞やテレビですごく宣伝してたのよ〉〈そしてすぐに選挙があったの 憲法改正の意味も分からないままに投票しちゃったのよ〉』、とある、公明党、いつから変わってしまったのだろう。
6/30 CNN.co.jp : 米LAの新名所? 地上300m、ビル外壁にガラスの滑り台 米国、ロサンゼルスにある最高層ビル「USバンクタワー」に設置されたガラスの滑り台「スカイスライド」、なんと300メートル下の地上を見下ろしながら滑りるというもの。「ロサンゼルスに来てこの滑り台を滑らなければきっと後悔する。最初は躊躇(ちゅうちょ)する人もいて、心の準備に少し時間がかかるけれど、1度滑ればもう1度やりたくなる」だそうである。ロサンゼルス旅行の予定のある方、ぜひお試しを。
6/30 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」|NHKオンライン 30日の「とと姉ちゃん」の放送をみていたら、町内会の国防婦人会であろう人たちが、とと姉ちゃん家族の服装を派手であると叱責する場面があった。理由は「一億総火の玉 このご時勢」において不謹慎であるというもの。安倍内閣のいう「一億総活躍社会」という言葉を、ふと思い出した。人の服装をみて不謹慎という、社会はごめん願いたい。
6/30 【国勢調査】65歳以上、初めて人口の4分の1超える ハフィントンポスト 総務省は、2015年の国勢調査の速報値として65歳以上の割合は、10年の前回調査より3・7ポイント多い26・7%で過去最高となったと発表。都道府県別では、秋田(33・5%)、高知(32・9%)、島根(32・6%)。低い順では沖縄(19・7%)、東京(22・9%)、愛知(23・8%)など。道を歩けば、4人にひとりは65歳以上。この状況では、年金や健康保険制度はすでに破産しているいるといわざえる得まい。日本は、確実に社会の崩壊に向かっている。憲法改正などど、ご託宣を並べているときではなかろう。この社会をどうするか、政治家諸君にはしっかりと考えて欲しいと思う。
6/29 CNN.co.jp : トランプ氏、グローバル化を批判 TPP打ち切り約束 米大統領選で共和党の指名を確実にしたドナルド・トランプ氏が、「トランプ氏は、自分が大統領に選出されれば環太平洋経済連携協定(TPP)は打ち切って、北米自由貿易協定(NAFTA)も再交渉すると約束した。」という。さて、実際にこんなことが起こったら、日本政府はどうするのだろうか。
6/29 ガリガリ君に逆ギレ 安倍首相“セコイ支出”に動かぬ証拠 | 日刊ゲンダイDIGITAL 「そのセコさ、そしてそのやり方っていう部分に関しては負けず劣らずと言いますか。安倍総理もですね、たとえば、ガリガリ君というアイスクリームであったりとか、そういうものをそこ(事務所費)で支出をしていると」という生活の党の山本太郎代表の質問に対して、安倍首相の答えは、「それ、ワタシ、全然知らないんでね」「いき、いきなりこんなところで突然言われてもですね」「そんなもの政治資金で買いませんよ!」だそうである。日本の政治は、セコクなったものである。
6/29 東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動 中国機のミサイル攻撃を避けようと、自衛隊機が自己防御装置作動 | JBpress(日本ビジネスプレス) 「東シナ海上空では、驚くべきことが起こりつつある。中国空海軍の戦闘機が航空自衛隊のスクランブル機に対し、極めて危険な挑発行動を取るようになったのだ。」、実際に「だが今回、状況は一変した。中国海軍艦艇の挑戦的な行動に呼応するかのように、これまでのラインをやすやすと越えて南下し、空自スクランブル機に対し攻撃動作を仕かけてきたという。」であるという。さて、実際に武力衝突が起きた場合、安倍内閣はいかに対処するのであろう。即座に戦争状態に入るのであろうか。国を守るためには血を流さねばならないという諸君の意見を、一度聞いてみたい。
6/29 英EU離脱が「シルバー民主主義」なら、日本の選挙はもっとヤバい!安倍政権に「改革」の秘策はあるか  | 磯山友幸「経済ニュースの裏側」 | 現代ビジネス [講談社] 英国の国民投票で離脱を決定した投票行動を調べてみると、『英BBC(電子版)を引用した報道では、最も若い「18〜24歳」では離脱派が27%、残留派が73%だったのに対し、年齢が上がるごとに離脱派が増え、65歳以上では離脱派は60%に上り、残留派は40%にとどまった。賛否の“分水嶺”は44歳と45歳の間にあり、それ以下の若年層は圧倒的にEU残留を望んだものの、45歳以上の高齢層の意見が通る格好で、離脱が決まったことが明らかになったのだ。』だそうである。年齢があがるほど投票率が上がり、それが結果に大きく影響する、これをシルバー民主主義というようである。さて、日本では、どうだろうか?
6/29 「血に塗られた軍刀の記憶を呼び覚ます」 陸自エンブレムの撤回求めて署名2万人 陸上自衛隊が採用した公式エンブレム「桜刀(さくらかたな)」、これに対してネット上で撤回を求める署名活動が実施されているおり、6月28日現在で2万人の署名が集まっているそうである。このエンブレム、『日の丸を中央に配し、これを日本刀で守るデザインだ。陸自では、古来より武人の象徴とされてきた日本刀を中央に配置して、その「刃」に強靭さ、「鞘」に平和を愛する心を表現したと説明している。』というものと説明があるが、正直なところミサイルやドローンによる攻撃が主流となっている現代の戦争において、日本刀は、いささか時代錯誤であろう。日本の軍における奇妙な精神性こそ、太平洋戦争で大敗した要因であることを、自衛隊諸氏は学んでいないようである。はじめから血を流す、死ぬための戦闘は戦争ではない。
6/28 英EU離脱ショック 株暴落でGPIF「年金30兆円損失」の恐怖 | 日刊ゲンダイDIGITAL さて、英国の「EU離脱」を決めた後の、日本の株式市場の大幅安、これによって年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用損が深刻な事態となる可能性が出てきた。一昨年の12月に民進党の長妻昭衆院議員によって出された質問書に『政府は「リーマン・ショック級」の株価下落があった場合、年金積立金の損失額は「26・2兆円」に上るとの試算を公表した。今回のEU離脱に対し、市場関係から「リーマン・ショック級のリスクを招く恐れがある』とある。これが現実のものになりつつある。あなたは、それでも安倍政権に年金の運用をまかせるつもりですか。
6/28 高田延彦「『争点はアベノミクス』はカムフラージュ。安倍政権の緊急事態条項は悪夢です」 : J-CASTテレビウォッチ 元プロレスラーの高田延彦氏によるコメントである。「参院選、政権与党のアベノミクスやら経済争点はカムフラージュ」、「本丸は圧倒的に憲法改正、安保法改正!」、そして「第二次安倍政権を振り返れば分かりきっている選挙戦略の常套やり口」であり、「安倍政権での緊急事態条項は悪夢です」と発言。その通りであろう。
6/28 参院選の争点を、政府やマスコミに決めさせるな 堤未果(ジャーナリスト)インタビュー|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン 『東日本大震災の後に原発事故が起きたときの政府や世論のパターンは、歴史的に見ても日本だけが特別ではありません。これまで国民に嘘をつくのは自民党だけかと思っていたけれど、当時の与党だった民主党も情報を隠蔽したわけです。現代社会はビジネスの上に成り立っているものだから、政府も企業も嘘をついて隠蔽するし、科学者も買収されるし…ということがある。こうしたことは「あるんだ」ということを前提に、自分の頭で真実をつかみ、日本で生きていかなきゃならない。』、政府はもちろん、マスコミも国民に対して平気で嘘をつく。あるいは、自分の利益のための真実を伝えない。これが、民主主義の原点である。
6/28 オピニオン:日本は一時的な「減税」すら必要=カッツ氏 | ロイター 海外からのアベノミクスに対する評価のひとつである。『アベノミクスは、成長とインフレを再び起こすという安倍首相の約束にもかかわらず、うまく機能していない。それは、「3本の矢」のうち1本目(金融緩和)しか使っていないからだ。いずれの矢も他の2つの矢と併用しなければ、効果をもたらさないことに気づくべきである。貨幣供給量を増やしても、需要増や成長回復につながっていない現状を見れば明らかだが、日本経済は事実上の「流動性の罠」に陥ってしまっている。金融緩和は、財政面からの景気刺激策との組み合わせで実施されなければならない。消費増税先送りどころか、場合によっては一時的な減税も必要なのではないか。』、このことを理解する経済通は、今の自民党にはいないようである。
6/28 稲田朋美が改憲で「自民党は国民主権、平和主義、人権尊重は変えない」と大嘘! 自民党改憲案とお前の過去の発言を読み直せ|LITERA/リテラ 今、自民党の中で、その考え方に気持悪さがある人間は少なくない。安倍首相本人は、冷静に考えてみれば、その言辞はまるで子供のようであり、人間の品格という点で、ある程度の判断はできる。もうひとり、怪物のような人間がいる。安倍首相の“腹心”といわれう稲田朋美政調会長である。彼女のいう自民党改憲草案の本質、「自民党の出している憲法草案も、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重、これまったく変えません」であるという。が、実際には、その草案からは「一、国民主権の縮小 一、戦争放棄の放棄 一、基本的人権の制限」が見て取れる。この嘘を表情ひとつ変えずに確信的にいう。実に不気味というほかはない。
6/27 参院選の結果次第で急浮上 ポスト安倍候補「4人の名前」 | 日刊ゲンダイDIGITAL 自公与党の圧勝を予測する報道がある一方で、大敗を予測する報道もある。さて、仮に、大敗した場合、官邸主流に対して党内からの不満は一気に爆発する可能性もある。その場合、安倍内閣総辞職、あらたな首相候補選びということになるが、そこで取りざたされているのが「岸破聖美」だそうである。岸田外相、石破地方創生相、野田聖子元総務会長、稲田朋美政調会長、さらに、石原伸晃経済再生相だが、まあ、このなかで首相の器とすると岸田外相、野田聖子元総務会長あたりかなという気がする。どちらにしても、安倍極右政権の暴走を自民党内部から止めてもらわねばならない。それが公党としての良心であろう。
6/27 トラブル相談は10倍に 通販の「お試し」試してはいけない | 日刊ゲンダイDIGITAL テレビCMでよくみる通販の「お試し」の宣伝、この「お試し」にトラブルが急増しているとういうのである。。国民生活センターに寄せられた昨年度の相談件数は5620件、今年度の4、5月の2カ月では1586件、昨年度を上回る勢いだそうである。トラブル内容としては、〈初回のお試し価格500円で申し込んだら、請求書に「5回以上継続しないと解約できない」とあった。注文画面を確認すると、下の方に小さな文字でその旨、書かれていた〉〈業者に解約の電話をしても、混んでいてつながらない。メールをしても反応がない〉ということで、「お試し」が定期購入になるというケースが報告されている。昔からいうが、「ただより高いものはない」、そういうことなのであろう。「お試し」にはご注意を。
6/27 「米国一極体制の終焉」宣言だったトランプ旋風 世界最高の論客、ノーム・チョムスキーMIT名誉教授が語る世界の今 | JBpress(日本ビジネスプレス) 米国の著名な言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者である、ノーム・チョムスキー名誉教授の大統領候補トランプ氏に関する言である。
「トランプは徹底した人種主義者というだけではない。超国家主義者だ。自縛自棄に陥った国家では起こり得る現象だ。1つの元凶は異常なほどの銃文化だ。諸悪はそれに付随している」
「ただトランプの言っていることはこれまで誰も論じなかったか、というとそうではない。15年前に私が書いた本に出てくる『Descent into Barbarism』(野蛮性への堕落)にすぎない。1920年代、ドイツは西洋文明の最高峰を極めたが、そこから堕落への道を転げ落ちる。人類史上、最も深い闇の中へと落ちて行った」
「憤りと恐怖を振りまくトランプに殺到し、支持しているのは低学歴の白人中年労働者層だ。人々は豊かになり、医療も進歩したというのに米国は他の国よりも平均寿命が短い。最近の世論調査では白人の低学歴の中年男性が突出して寿命が短い」
「なぜか。死亡率が高いのは、糖尿病とか心臓疾患ではなく、自殺、アルコール依存症による肝疾患、ヘロイン麻薬が原因なのだ。こうした白人中年労働者層に怒り、絶望、不満を与えている政策に対する彼らの『一揆』がトランプ支持に走らせている」
これを日本への言葉として考えたとき、日本は安易な国家主義という堕落の道に向かっているようにも思える。どうだろうか。
6/27 早くも後悔しきりのイギリス国民「EU離脱、やっちまったよ!」再投票求める動き : J-CASTテレビウォッチ EU離脱を決めたイギリス国民投票の結果に、一番驚いたのはイギリス人自身であったという言葉を多いようである。「みんな、まさか離脱とは思っていなかった」というのである。例えば、離脱に投票した人の中に「家族はみんな後悔しています。投票所に戻って残留に入れたい」という人も。さらに、この結果を受けて、イギリス議会下院のサイトには再投票を求める350万人の署名が集まったそうである。さて、将来、仮に、日本において憲法改正の国民投票が行われた場合、「まさか、改正になるとは思っていなかった」ということになるのだろうか。
6/27 【社説】独立を宣言した英国がすべきこと - WSJ 国民投票によってEU離脱を決めた英国についての社説の結びの言葉にこうあった。「英国が何世紀にもわたって世界の舞台で大役を果たしてきたのは明確な理由があってのことだ。英国はEUからの独立を宣言した。決意を固めた民主主義国家に何ができるか。それを世界に示すだけの能力が英国国民にはある。」。英国は民主主義国家であり、その国の主役は英国国民であるという。これが意味するところを理解する日本の政治家は、どれほどいるだろうか。
6/24 英国民投票、EU離脱派が勝利へ=BBC| ロイター 英国の国民投票によってEU離脱がほぼ確実になったと報道された。それにより、円が急騰し、一時は100円をわる勢いである。株価は1000円以上の大暴落の様相を見せている。この状況が落ち着き、株価が持ち直し、円が110円台までもどっていけば、その根拠性があるかどうかは別にして、与党のいうアベノミクスの成果が見込めようが、このまま推移すると、アベノミクスは完全に破綻するほかはない。アベノミクスは、政府の政策というよりも外的金融要因によって進んできた。その外的要因がマイナスにはたらけば、インフレどころか、いままで以上のデフレに入っていく。
6/24 参院選序盤の情勢分析、「改憲勢力」3分の2に迫る勢い|MBS 全国のニュース 参議院議員選挙について、『JNNが序盤の情勢について分析したところ、自民党と公明党に加え憲法改正に前向きな政党を加えたいわゆる「改憲勢力」が非改選も合わせると参議院で3分の2に迫る議席を獲得する勢いです。』であるという。与党の圧倒的勝利ということらしい。
6/24 参院選、自民党を取り巻く「不穏」な空気?調子に乗る与党に「お灸を据えたい」層が確実にいる  | 長谷川幸洋「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社] 一方で『朝日新聞はどうか。「参院選比例区でどの党に投票したいか」という質問に対して6月4、5日調査では自民党という回答が39%だったのに、最新の18、19日調査では38%に下がった。民進党は逆に12%から15%に上向いている。この傾向は読売新聞も同じである。同じ質問に対して前回3?5日調査は自民党が42%だったのに、今回17?19日では35%に急落した。民進党はどうかといえば、前回の11%から12%へとわずかながら上昇している。投票先ではなく政党支持率で見ると、毎日新聞は前回の5月28、29日調査で自民党が33%だったが、今回18、19日調査では31%にダウンした。民進党は7%から10%に伸びている。産経新聞・FNNでも同じ調査日で自民党は41.1%から37.7%に落ちたのに、逆に民進党は7.9%から8.3%に上昇した。』であるという。さて、与党の圧勝、はたまた大惨敗、どちらであろう。
6/24 「日本は一夜で核開発可能な能力」 米副大統領、習主席に「北」の核開発阻止求める - 政治・社会 - ZAKZAK バイデン米副大統領による中国の習近平国家主席に対する発言、「日本が明日にでも核を保有したらどうするのか。彼らは一夜で核を開発する能力がある」、これは、現在の日本の軍事的能力そのものであろうと思う。単純に考えれば、自民党は、現憲法下においても核兵器所有は可能としている。安倍政権下で、これから核兵器開発が始まるのかもしれない。
6/24 民進党 | 参院選2016 - 国民(あなた)と進む。 参院選、初日の各党代表の話を聞いていて思った。自民党、公明党の与党は、それに根拠があろうとなかろと、あるいは現実がまったく逆の状態であっても、アベノミクスの果実といい、道なかばという確信的言辞がある。いわば大詐欺師に通じる言である。おそらくは、それは政治家として当然のことであろうと思う。一方、民進党の岡田代表からは、その政策に対する確信がまったく読みとれない。正直といえば聞こえがいいが、これでは有権者からの支持は決して得られまい。最初から負ける戦いをしている。大衆は大きな嘘にこそ熱狂し、それを支持する。今の日本は戦前のヒトラー登場前夜に似ている。それゆえ、与党以上の大ボラが必要であろう。景気回復のための大減税はどうだろう。
6/23 成田山 東京別院 深川不動堂 真言密教で行われる護摩祈祷、ご本尊不動明王のご護摩壇にさまざまな供物と、私たちの煩悩を象徴する護摩木をくべて、燃やしご本尊に捧げる行である。寺院曰く、「燃えさかる火炎は不動明王の智慧そのものであり、煩悩を清らかな願いへと高めて成就させる力を持つといわれています。」というもの。燃えさかる炎、本堂を揺らすほどに響きわたる太鼓の音、そして僧侶の唱える経と真言、それらはまさに心を清め煩悩をしずめる、そんな体験ができる行である。
6/23 改憲勢力3分の2阻止へ 参院選“自民党大苦戦”の18選挙区 | 日刊ゲンダイDIGITAL参院選が公示された。数ヶ月前までは自民党の圧倒的有利が予測されていたが、ここにきて、「この週末(18、19日)に行われた政党の情勢調査で、東京で内閣支持率と不支持率が逆転したそうです。舛添問題が直撃したのだと思われます」という観測が生まれてきている。その原因としては、『「次期国会で改憲を議論したい」という安倍首相の野望も剥き出しになってきただけに、有権者は自公に厳しい視線を向け始めている。』ということであるらしい。国民は、憲法改正には慎重であるということだろう。
6/23 6月に集中「悪質な無料廃品回収」タダだと思ったらトラック積込み料6万円請求 : J-CASTテレビウォッチ 廃品回収を無料で行いますという小型トラックを見かけて人は少なくないだろう。その廃品回収業者の中には、悪質な業者がいる場合がある。「ご家庭で不要となりましたテレビやパソコン、家具などを無料で回収します。壊れていても構いません」という宣伝文句やビラを信じて回収を依頼したら、「回収代金は無料でも、積み込み料が発生しますと6万円も請求されたケースもあります。とくに、男性2人組で巡回するケースでは『トラック1台出せば3万円以上、2人で2台なので6万円』とすごまれて、積み込んだ荷物を自分で下ろすのは大変だし、仕方なく支払ったという例もありました。こういうトラブルの被害は60歳代の女性が半数以上です」というケースがあったということ。要注意である。
6/23 「弱者の異議申し立て」は世界的潮流、日本の選挙もその中にある|山田厚史の「世界かわら版」|ダイヤモンド・オンライン 『安倍首相の経済観は、経済ピラミッドの頂点にいる大企業や金持ちの懐を温めれば、いずれ恩恵が下々に滴り落ちる、という発想である。「トリクルダウンの経済」と呼ばれる。経済産業省の役人が高度成長のころから掲げてきた政策でもある。だが産業が国際化し経済活動に国境がなくなった今、国家の枠内でトリクルダウンは起こりにくくなった。企業は儲けを海外に投資する。国内に落ちない。給料は上がらず消費は振るず、元気のない市場には投資できない。カネは外国に流出する。幻想でしかないトリクルダウンに首相がこだわるのは、経団連を中心とする産業界が政治に影響力を持っているからだ。』、アベノミクスの本質を言い当てているように思える。富める者は、それが企業であろうと、個人であろうと金を増やすことに集中し、結局使わない。だとすれば、法人税、高所得個人への増税を行うべきであろう。その税をもって富の再分配を行うというのはどうだろう。
6/23 20代男性の「半分が交際経験なし」の調査結果…でも童貞の何が悪いのか? 歴史上の偉人にも童貞がいっぱい|LITERA/リテラ 明治安田生活福祉研究所による20〜40代の恋愛と結婚に関する調査の結果のひとつとして「20代男性の53.3%が異性との交際経験なし」ということが報告された。さて、童貞が増えていることの是非はさておき、その理由を考えねばなるまい。健康的な青年男子に、いわば異性を交わるための本能的な性欲が減退しているのであろうか。あるいはそういう欲求がありながらも、実行できない他の理由があるのであろうか。単純に考えれば、こうした童貞青年は、はたして自慰行為を行っているのであろうか。もし、行っていないとすれば、これは、まさに由々しき問題であろう。
6/22 CNN.co.jp : 「病院でなく天国へ」 5歳の少女が選んだ最期 - 米国の難病を患っていた少女の話である。「助かる見込みのない病状に陥った5歳の少女がこのほど、自分の意思で選んだ通り、自宅で死を迎えた。」という。これは、少女に死の危険が迫った時の選択として、「病院へ行きたいか、それとも治療をやめて天国へ行くか」の選択だったという。
6/22 都議会「リオ五輪視察」1人231万円!航空代160万円、ホテル45万円・・・ : J-CASTテレビウォッチ 舛添前知事のあまりに高額な海外出張費が世論の批判を浴びたが、今度は、東京都議会議員のリオ五輪出張が問題になっている。「開会式・閉会式に合わせて4回に分かれて28人分6200万円の予算が計上されていたが、いつの間にか1億円になりそうだということになった。 」ということである。舛添前知事問題もあり、共産党は出張を辞退したが、その分を自民と民進の都議が山分けして出張の人数を増やしたという。政治家というのは、本質的に自分の給料や経費が、税金でまかなわれているという自覚がないようである。
6/22 畳の上で生まれ、死ぬのは今どきどれだけ希有なことか|本川裕の社会実情データ・エッセイ|ダイヤモンド・オンライン  「戦後の大きな変化のひとつは、生まれたり死んだりする場所が家から病院に変わったことである。いつごろ変わったのか、どのようなテンポで変わったのかなどを知るため、こうした変化をデータで追ってみよう。出生届や死亡届を集計している厚生労働省の人口動態統計では出生や死亡の場所も集計しており、図1はこのデータにもとづいて描いたものである。図を見れば分かる通り、終戦直後は9割以上の人が家で生まれ、家で死んでいた」とある。医療の高度化が長寿社会となり、その長寿の後には病院のベッドの上での死が待っている。何か釈然としないものがあるように思える。
6/22 「同一労働同一賃金」 欧州発の働き方、日本に定着するか - Yahoo!ニュース 「同一労働同一賃金」とは、「正規雇用か非正規雇用かの違いにかかわらず、同じ労働であれば同じ賃金を払うべきだとする」ものだが、そもそもで考えてみるに、労働は、その質、企業活動への貢献度によって賃金が変わるのが当然であり、これを変える必要はない。問題は、同じ労働の質、貢献度において正規雇用と非正規雇用が存在することに矛盾がある。単純な話、非正規雇用を行う、いわゆる派遣制度を全廃し、すべて企業による契約労働制にすれば、おのずから「同一労働同一賃金」となろう。
6/22 『報ステ』党首討論で安倍首相が醜態! 終了1分遅れに逆ギレ、「改憲隠し」追及には唖然とする詭弁を連発|LITERA/リテラ 「人の話も聞かずさんざん喋り倒して、たった1分遅れただけで激昂し、司会者に抗議するって……。喋って長引かせたのはお前だろう、というより、その時間があるならさっさと空港に向かえばいいのに……。いまに始まった話ではないにしろ、大人としてあまりにも恥ずかしすぎる醜態を晒した安倍首相。テレビの前でウンザリした視聴者も多かっただろうと思うが、昨夜はそうした残念感のさらに上をゆく、はっきり言って有権者をバカにしているとしか思えない問題があらためて浮かび上がった。それは、安倍首相が選挙の争点からなんとか外そうと躍起になっている、憲法改正の問題だ。」とある。安倍という男、一国を代表する首相である。が、これを見る限り、その人品は、先の舛添前知事と大差はないように思えてくる。
6/21 神田明神|東京都千代田区外神田2-16-2|年中行事 - 夏越大祓式 6月30日(木) 6月30日に神社で行われる夏越大祓式、「私たちが日常生活のなかで、知らず知らずに犯してしまった罪けがれを人形(ひとがた)に託して身体を清め、心新たに生活を営むべく、大きな力を得る大切な行事が『大祓(おおはらえ)』です。名越、六月祓(みなづきのはらえ)ともいい、古代宮中で旧暦6月・12月晦日に行われました。それが民間に普及し、特に6月の大祓は盛大に行われました。」というもの。茅の輪のくぐり方は、『「水無月(みなつき)の夏越(なご)しの祓(はらえ)する人はちとせの命のぶというなり」という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。』 、ぜひお近く神社に参拝を。
6/21 安倍首相が隠す参院選の裏テーマ「憲法改正」?田原総一朗インタビュー 安倍首相は、今回の参院選の争点を経済にしぼることに躍起だが、実際の争点は「憲法改正」にほかならない。「ただ、自民党は憲法改正を前面には出さない。安倍内閣は常にそうだ。2014年12月の衆院選のときも、アベノミクスで安保関連法を隠して、選挙を戦った。そして、選挙が終わると安保関連法を持ち出して、国会で成立させた。今度も同じだと思う。なぜ、自民党が憲法改正を争点に持ち出さないのかといえば、国民の半分以上が憲法改正を望んでいないから。」とは、田原氏の言である。
6/21 舛添要一都知事の退職金、約2200万円 別に850万円支給される 舛添要一東京都知事の21日付の辞職にともなって、退職金が約2200万円、別に850万円支給されるそうである。20日の夕刻のテレビニュースをご覧になった方は少なくないと思うが、辞任会見、職員による見送りもなく、まるで夜逃げの状態。選挙によって選出された知事が、理由がどうあれ、辞職の際には都民への説明や、都職員への感謝の表明があってしかるべきであろうと思う。こういう人品であったとあきらめるしかないのであろう。切ない話である。
6/21 日本列島これから1週間は大雨予想!梅雨前線停滞し湿った空気次々流れ込み : J-CASTテレビウォッチ 首都圏では水不足が心配されるほど雨の降らない今年の梅雨だが、どうやら、これから1週間はまとまった雨になりそうである。一方で、地震で地盤のゆるくなっている熊本地方には、1時間150ミリと全国の観測史上4番目の激しい雨量、降って欲しくないところには降り、降って欲しいところには降らない、自然とは実に厳しいものである。これからの雨、ほどほどにと願う。
6/21 花火大会2016 花火カレンダー - ウォーカープラス 6月も下旬に入り、いよいよ7月からは夏の花火大会のシーズンです。夏の夜空に一杯に咲く大輪の花、ご家族や、お孫さんなどを連れておでかけありたいと思います。子供にとっては、きっと、一生の思い出になると思います。
6/20 口撃するほど票が逃げる 安倍首相の“反共”ネガキャン演説 | 日刊ゲンダイDIGITAL NHKで19日に放送された朝の党首討論会、その中での安倍首相による野党共闘に対するネガティブキャンペーン発言、度を越しているようにも聞こえる。共産党による反安倍政権野党共闘、これが気に入らないらしい。ことし3月におこなわれた「共産党は破防法対象」という安倍政権による政府答弁書の閣議決定。彼の頭の中には、戦前戦後のレッドパージがあるように見える。
6/20 本社世論調査:アベノミクス「見直すべきだ」61%  - 毎日新聞 安倍一強が崩れ始めたようである。毎日新聞による全国世論調査では、『安倍内閣の支持率は5月の前回調査から7ポイント減の42%、不支持率は6ポイント増の39%。安倍政権の経済政策「アベノミクス」を「見直すべきだ」という回答は61%で、「さらに進めるべきだ」の23%を上回った。 』、政党支持率では、『は自民31%▽民進10%▽共産5%▽公明4%▽おおさか維新3%??など。「支持政党はない」は34%』。参院選、いかになりや。
6/20 麻生大臣また失言「90歳、いつまで生きているつもりだ」 | 日刊ゲンダイDIGITAL 麻生太郎財務相が講演での話。高齢者の貯蓄について「あったらその金を使わなきゃ、何の意味もない。さらに貯めてどうするんです」と指摘、そして「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『おまえいつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」。麻生太郎ご自身は、今年75歳。
6/20 熊本→北海道“的中”の地震専門家 「次は首都直下」と警鐘 | 日刊ゲンダイDIGITAL 「心配なのは首都直下地震と関連のある活断層『柏崎―千葉構造線』の動きです。818年に発生した弘仁地震(M8クラス)はこの活断層が震源といわれている。今はその地震からちょうど1200年が経つころ。数年の間に、いつ巨大な首都直下地震が起きてもおかしくありません。東京五輪を開催するのは無理です。返上して、防災に専念すべきだと思います」とありました。さて、何もなければいいのですが。
6/20 あじさいの名所・見頃情報なら「みんなであじさいめぐり」 雨に打たれて咲くあじさいですが、ことしは、どうも空梅雨のようです。明るい初夏の日差しの下のあじさいもまた楽しいと思います。全国のあじさいの名所が紹介されています。ぜひ、お出かけを!
6/17 カビ退治!ついに終結宣言 - NHK ガッテン! 今週水曜日に放送されたカビ退治の方法、まさに目からうろこの内容です。カビが生えた場所はハブラシなどでゴシゴシこすっては逆効果。かえってカビをふやす結果に。カビを根こそぎ倒す退治法は、なんと「50℃のお湯をかける」だけ。カビとはいえ生き物。50度以上の熱に触れると、カビのタンパク質が変性し死んでしまうのです。しかも、ゴムパッキンやタイル目地の奥など、カビ取り剤が届かないような場所でも、この方法なら関係ありません。」というもの。熱めの温水シャワーでカビが死ぬということです。スチームクリーナーなども使えるかもしれません。
6/17 とうとう三菱まで見放した アベノミクスのバラマキ財政 | 日刊ゲンダイDIGITAL 先日もお知らせした『三菱東京UFJ銀行が国債の入札に有利な条件で参加できる「国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)」の資格を国に返上する意向を正式に伝えた』件、これは金融界からのアベノミクスに対するNo!の宣言の始まりである。これは、銀行が、安倍政権が金融政策としてもはや失敗であるという主張であろう。ニューヨークタイムスからも「SEKOI」といわれた舛添都知事の一連の疑惑はまさにワイドショーの目玉だが、日本全体の経済からすれば、このメガバンクによる動きは、そんなセコイはなしとは比べものにならないくらい重要であろう。
6/17 東電調査結果に 民進 枝野氏 事実関係を否定 | NHKニュース 『福島第一原子力発電所の事故を巡り、東京電力が依頼した委員会が、当時の社長が官邸からの指示だとして、“炉心溶融”ということばを使わないよう指示していたことを明らかにしたことについて、当時、官房長官だった民進党の枝野幹事長が記者会見し、「指示や要請をした事実はなく厳重に抗議する」と否定し、東京電力と委員会への法的措置も検討する考えを示しました。』とある。さて、どこに真実があるのか。この東電による調査結果は重大な問題である。当時のテレビ電話などを全面的に公開するべきであろう。
6/17 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】未知のプレートが生み出す巨大地震 日本海中部地震から33年 - 政治・社会 - ZAKZAK プレート型巨大地震としては太平洋、北米、フィリピン海、ユラーシアプレートが研究されているが、その地域がどのプレート境界にあり、どのような地震の可能性があるかは、実はまだ明確でないようである。たとえば、「日本列島は首都圏あたりを境に、北半分は北米プレートに、南西側の半分はユーラシアプレートにのっている」とされるが、首都圏直下型は小規模な断層だけではなく、北米プレート上の広域で起こる可能性も否定できない。
6/17 2016年仏成長率予想を1.6%に上方修正、雇用が改善=INSEE - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル G7の際に、世界に大規模な経済危機がせまっていると発言して他国首脳から失笑をかった安倍首相だが、フランスの2016年の同国経済成長率は1.6%へ上方修正、企業や消費者はエネルギー価格と借り入れコストの低下から恩恵を受けており、その好影響が雇用市場にも波及するとの発表があった。これと比べて、日本はどうだろう。人様の国に財政出動のご託を並べるまえに、まずはアベノミクスの失敗の総括、次の経済政策を議論すべきであろう。
6/16 42歳イチロー4257安打…ローズ抜き世界一 : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 米大リーグ、マイアミ・マーリンズのイチローが15日(日本時間16日)、日米通算4257安打(日本1278、米2979)を達成、これはピート・ローズの持つ大リーグ最多記録を超える偉業である。久々に明るくうれしいニュースである。彼の偉業を祝したい。
6/16 北海道で震度6弱 マグニチュード5.3:朝日新聞デジタル 午後2時21分ごろに発生した北海道函館市で震度6弱の地震、マグニチュード(M)は5・3であるという。ほぼ直下型に近い地震、マグニチュードは小さくとも揺れはかなり大きくなる。これを首都東京で考えた場合、M6クラスで震度は7あるいは以上になる可能性がある。熊本の被害状況を考えれば、予想される被害は想像を超えよう。オリンピック・パラリンピックに湧くのもけっこうだが、東京は地震防災を都政の最大のテーマとして実行する必要があろう。
6/16 消費動向、デフレマインドに戻りつつある=三越伊勢丹HD社長 - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル 三越伊勢丹ホールディングスの社長の言、『ファーストフードは1年位前から価格競争が始まっているほか、同社でも、最も良く売れる価格帯の販売が落ちているとし「以前のようなデフレマインドには戻っていないが、戻りつつある」と指摘』とある。消費の現場にいる人間の感覚、官邸や日銀には持ち合わせがないようである。
6/16 「初めて尽くし」が参院選の結果にどう影響するか | 日刊ゲンダイDIGITAL 自民党安倍政権は、今回の参院選で、改憲の話をほとんどしない。これは前回の選挙でも同様だった。アベノミクスという派手なイメージを持つ経済政策を全面的に展開し、その裏で戦前回帰のための、まるで狂気のような改憲を目論んでいる。そもそもアベノミクスは根本に大きな間違いがある。成熟した資本主義においてインフレ誘導は経済政策として成立しえない。デフレ傾向は行き過ぎた金融資本主義と企業活動の国際化が産んだ所得格差社会が原因である。現代においてもっとも有効な経済政策は、富の再分配制度の構築である。これにより低所得層の消費意欲が上がってくる。一番金を使いたいのは富裕層ではない。低所得層である。アベノミクスは、本来やらねばならないことまったく反対のことをやっている。
6/16 パンパース│キミにいちばんのこと│#キミにいちばん - YouTube 紙おむつ、パンパースのCMである。赤ちゃんに対する親の愛情、世界共通である。そしてこの愛情こそが、今まで人類を存続させてきた原動力である。国家の根本とは、ここにあることを、今の為政者は忘れかけているのかもしれない。
6/15 舛添知事、議長に辞職願を提出…政治資金流用 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 始まりは海外出張費問題だった。その出張費があまりに高額ということで非難を浴びた。その金額は石原都政時代に比べてもさらに高額といわれているが、円/ドル為替を考えれば、大差はなかろうと思える。が、石原都知事が非難されず、舛添都知事が、これほどまでに非難されはじめたのどういうわけか。彼の「トップが・・・」という、あまりもの驕りに都民が怒ったのだと思う。彼は、その後の様々な問題が指摘される場面においても、その驕りに気づかなかった。俺はトップなのだから・・・、いまでも彼の胸中には、この言葉響いているのであろう。自公は、もっともトップにふさわしくない人間を推し、都民もそれを選んだ。今の官邸も同じように思える。
6/15 クマ、ラーメン店に体当たり 相模原でも出没相次ぐ:朝日新聞デジタル 先日も秋田でのクマ被害をおつたえしているが、神奈川県相模原市でもクマの出没が相次いでいる。相模原市は、緑区与瀬の国道20号沿いの「ラーメンセンター」に出没したそうである。最近は、全国、クマが生息している様々な場所で、里や市街地にクマがでてきているようである。注意が必要。
6/15 タモリが長年ひいきにしている1982年創業の「手打ちそば夢呆」 | 日刊ゲンダイDIGITAL 「手打ちそば 夢呆」、かのタモリが、長年通い続けているそばやだそうです。場所は港区高輪。店主曰く、「そばって能書きばかりがいろいろと言われるけど、実はそんなに難しいことって何もないんです。長年やってきてしみじみ思うのは、若いころに師匠に習った通りにつくるそばが、結局は一番ウマいんだってこと。昔ながらのそばを、気取らずに楽しんでいただきたいですね」とのこと。一度訪ねてみたい気がする。
6/15 野口鮮魚店 (ノグチセンギョテン) - 本所吾妻橋/海鮮丼 [食べログ] 先日、東京都墨田区吾妻橋にある野口鮮魚店にいってきた。東京スカイツリーからは歩いて、およそ10分ぐらいである。名前は鮮魚店であるが、店の半分は食堂となっており、ここで出される魚料理、その質と量、さらには値段にはびっくりであった。平日のお昼どきで20人程度行列ができていたが、待って価値ある店である。東京スカイツリーにいく予定のある方、ぜひ立ち寄ってみてはいかが?
6/15 中国情報収集艦の領海侵入が意味するもの 軍事専門家「東シナ海は“第2フェーズ”に入った」 - 政治・社会 - ZAKZAK 中国海軍の軍艦が鹿児島県の口永良部島周辺の領海に入った。侵入したのは、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻、これを海上自衛隊のP3C哨戒機が確認したとのこと。狙いは、沖縄周辺海域で共同訓練中の海上自衛隊、米国、インド両海軍の「マラバール」に対する牽制であろうとされる。
6/14 【舛添氏公私混同疑惑】不信任案成立へ 全会派が賛同、舛添氏「辞職」を受け入れず- 産経ニュース さて、いよいよ、幕引きとなったきたが、次の都知事に誰がいいという調査では、自民党の小池百合子元防衛相、民進党の蓮舫代表代行。橋下徹・前大阪市長、 東国原英夫・前宮崎県知事、 池上彰・ジャーナリストなどの声も出てきた。 さらに、猪瀬直樹・前都知事、小泉純一郎・元首相、小泉進次郎・衆院議員、石原伸晃・経済再生相、宇都宮健児・弁護士なども。人気投票のような知事選挙、なくなるのだろうか。さて、どうなるやら。
6/14 野中氏の自民復党を決定…民主政権下、自ら離党 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 自民党は野中広務元官房長官(90歳)を復党させることを決めた。参議院選での応援を求めることが、その理由のようである。裏を返せば、それほどまでに自民党は、今回の選挙で追い詰められていることになる。マスコミによる世論調査では安倍政権への支持率は50%以上となっているが、実態は別なのかもしれない。
6/14 首凝り もまずにほぐして 悪化すると心身不調も - 西日本新聞 首が凝ったときに、もんではいけない。『首をもんでしまうと、きゃしゃな筋肉を傷つける恐れがあり、症状を悪化させかねない。日ごろから入浴や蒸しタオルで首を温めるのも効果的。高すぎる枕に注意した上で、十分な睡眠を取り「頭の重みの負担から解放される時間を確保してほしい」』ということに注意が必要。首の凝り、頭痛などがある方、参考にされたい。
6/14 憲法学者・樋口陽一氏 「国民が求めるのは改憲ではない」 | 日刊ゲンダイDIGITAL 憲法学者樋口陽一氏の言である。『「護憲」「改憲」という言葉を、抽象的に憲法を変えた方がいいのか、変えない方がいいのか、という意味で使う人がいますが、間違いです。それぞれが「理想の憲法」を出し合え、というのが改憲問題ではありません。いま問われているのは、2012年4月に自民党が発表し、現に掲げ続けている「憲法改正草案」に賛成か、反対か、それを作った人たちが描いているこの国の未来像への賛否なのです。抽象的に改憲が問題になっているわけではないのです。 』。今夏の参議院選挙の最大の争点は、安倍政権による改憲である。これを間違えてはいけない。
6/14 安倍首相「気をつけよう、甘い言葉と民進党」に、岡田克也代表はなんと答えた? 安倍晋三首相による街頭演説での言である。『みなさん、「気をつけよう、甘い言葉と民進党」であります。だまされてはいけません。共産党は綱領に日米同盟を廃棄すると、そうはっきり書いています。先般の熊本、そして大分の地震において、救命救援のために自衛隊の皆さんが昼夜をわかたず、頑張ってくれた。共産党はその自衛隊を解散する、こう綱領で述べています。』、これに対して共産党の小池晃書記局長は、『「我々は野党共闘に、日米安保条約廃棄や自衛隊解消は求めない」と強調。首相発言を「共産党が付いていると怖がるだろうというお粗末な認識だ」などと批判した。』ということ。これは、いまでいう、ヘイトスピーチの一種なのだろうか?
6/13 米国:銃乱射50人死亡…米史上最悪 容疑者、ISに忠誠 - 毎日新聞 米国フロリダ州のナイトクラブで男が自動小銃などを乱射、50人が死亡、53人が負傷した。オバマ米大統領は「テロ行為であり、ヘイト(憎悪)による行為だ」と非難する声明を発表している。日本では、考えられない状況である。
6/13 三菱UFJの国債特別資格返上は日銀への“不信任案”か|Close Up|ダイヤモンド・オンライン 財務省、日銀と銀行業界との関係は本来、護送船団方式であり、銀行が政府行政に対して反旗をひるがえすことなどは考えられなかった。それが、三菱東京UFJ銀行による、国債入札に特別な条件で参加できる資格を国に返上するという離反が起きようとしている。直接の理由はマイナス金利であろう。国債を買い、保有し満期となればマイナスとのなる、そういうことである。日銀の方針が市場で支持されない、すなわちアベノミクスの金融政策が市場で拒否されたことを示すものである。
6/13 日本会議産みの親「生長の家」が安倍政権と日本会議の右翼路線を徹底批判!「日本会議の元信者たちは原理主義」|LITERA/リテラ 安倍政権の思想的基盤とされる極右団体「日本会議」へ多くの人材を出している宗教法人「生長の家」が安倍政権に対してNOをつきつけた。曰く、〈来る7月の参議院選挙を目前に控え、当教団は、安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思を表明するために、「与党とその候補者を支持しない」ことを6月8日、本部の方針として決定し、全国の会員・信徒に周知することにしました。〉〈その理由は、安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきたからです。〉〈安倍政権は、旧態依然たる経済発展至上主義を掲げるだけでなく、一内閣による憲法解釈の変更で「集団的自衛権」を行使できるとする“解釈改憲”を強行し、国会での優勢を利用して11本の安全保障関連法案を一気に可決しました。これは、同政権の古い歴史認識に鑑みて、中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し、平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます。また、同政権は、民主政治が機能不全に陥った時代の日本社会を美化するような主張を行い、真実の報道によって政治をチェックすべき報道機関に対しては、政権に有利な方向に圧力を加える一方で、教科書の選定に深く介入するなど、国民の世論形成や青少年の思想形成にじわじわと影響力を及ぼしつつあります。〉(声明文より)とある。安倍政権の異常性の、その思想の産みの親が危険性を気づいたということであろう。
6/13 長寿の質、沖縄は全国最下位 「健康寿命」男47位、女46位 聖徳大教授調査 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 注目すべきデータである。『平均寿命(余命)のうち、介護を受けたり寝たきりになったりせず健康に日常生活を送ることができる期間を示す「健康寿命(余命)」が占める割合は、全国47都道府県で沖縄は男性90・4%で47位、女性は83・7%で46位であることが分かった。男性1位は茨城の93%、女性は静岡の87・1%だった。茨城県立健康プラザ研究員の栗盛須雅子聖徳大学看護学部教授が2010〜14年の5年間について調べた。5年間にわたる調査の実施は初めて。栗盛氏は「沖縄は65歳の平均寿命は男性2位、女性1位だが、長生きしても障がいを持つ期間も長い。質を見ると、高齢者の健康は深刻な状態だ」と指摘している。』であるという。長寿の質、これが重要。
6/13 たけのこ狩り狙うクマ!人間をエサと認識・・・鈴鳴らすとかえっておびき寄せ : J-CASTテレビウォッチ 昨日もお伝えしたクマによる被害だが、クマは本来、鈴や物音など人間を気づくと立ち去るというのが通説であるが、一度人間を襲ったクマは、人間をエサとみて積極的に捕食のために襲いかかるそうである。したがって、クマよけには鈴を鳴らすなどしてクマが逃げるようにするのだが、今回は逆におびき寄せる可能性があるので危険だそうである。クマの出没が報告されている場所、さらには徘徊が発見された市街地においても最大限の注意が必要である。
6/10 交換レンズは単焦点が上達の鍵 遠近感を意識して撮影 - 日経トレンディネット デジタル一眼レフカメラをもって歩くシニアの方をたまに見かける。写真撮影を趣味としている方なのだと思う。そういう方のほとんどが、ズームレンズをセットしている。最近のズームレンズは高性能になったおり広角から300mm望遠まで一台でカバーするものもある。それは、それとして、注目したいのはズームではなく短焦点レンズ、とりわけ50mmレンズである。フィルムカメラ時代の一眼は標準レンズといえばこの50mmだった。もちろん価格は安く、なによりもF1.8という明るさである。単焦点レンズであるから写真撮影の基本、よって撮る、ひいて撮るをこれで学ぶことができる。さらに、何よりも50mmレンズならではの自然な描写がいい。50mmレンズ、ぜひお試しを!
6/10 クマ襲撃か 秋田で4人目の犠牲者 :日本経済新聞 秋田県鹿角市十和田大湯の山林で、クマに襲われたとみられる遺体が見つかった。秋田県警によると5月以降、同県内でクマの襲撃が原因と推測される死者は計4人であるという。今年はどうも熊に襲われる事件がおおいようにも思える。山に入る方は注意が必要である。
6/10 百条委の設置妨げ助け舟…都議会自民党は舛添知事の味方 | 日刊ゲンダイDIGITAL どうも都議会自民党は舛添都知事を助けたいように思える動きが見えてきた。共産党など要求する百条委員会の設置について、「(舛添都知事が)参院議員時代の政治資金の問題を、都議会の百条委員会で議論することはなじむものなのか」という質問を都の事務方にしたという。これに対しての回答は「百条委員会の実施目的は議会が決めること」と前置きしながらも、こう言ってのけた。「地方自治法の第100条に照らし合わせてみても、(百条委員会は)地方公共団体の事務に直接関わることが対象。参院議員時代の問題はなじみにくい」である。これからの進みようによっては、都議会自民党も都民の批判を受けるのかもしれない。
6/10 箱根ナビ 楽しい箱根情報と便利な交通情報をお届けします。 箱根にあじさいの季節がやってきた。箱根登山鉄道沿線のあじさいは、6月中旬頃から開花。その間を走る箱根登山鉄道、「あじさい電車」、これから7月中旬ころまで楽しめるそうです。なお、「夜のあじさい号」は、全席指定なので乗車予約が必要です。初夏の箱根のあじさい、温泉の旅にでかけてみてはいかが?
6/10 天城ほたる祭りへようこそ!天城ホタル祭り・天城蛍祭り 伊豆天城温泉郷の狩野川猫越川の合流する地点一帯で6月上旬から7月中旬にほたるを見ることができます。会期は6月4日(土)〜26日(日)まで。会期中、尺八や太鼓の伝統芸能、抹茶接待などのイベントが行われます。湯ヶ島や吉奈温泉など、天城の名湯がたのしめます。
6/9 厳選いい宿|テレビ東京 テレビ東京で放送された「厳選いい宿」がネットで割引価格で予約できるサイトです。放送されたときの動画も確認できるので、内容をチェックできるのが便利です。ご活用を。
6/9 舛添知事「家族旅行」のホテル領収書!私的支出バレる明細切り取り : J-CASTテレビウォッチ 舛添都知事問題、いよいよ本丸に入ってきたようである。正月に家族で出かけた千葉県木更津市のホテルに宿泊した際の領収書、そこには総額はあるが、ただし書きや明細が存在せず、内容は明らかではない。ホテル側は「明細は同じ紙に付けています。切り取ったのではないですか」「5年間ぐらいの控えはありますから、本人の求めがあれば再発行します」(フロント)とのこと。明細があれば宿泊の実態、会議の実態も見えてくる。「切り取ったとすれば、証拠隠滅にもかかわりますよ」との指摘も。さて、どうなりますか?
6/9 舛添知事を辞任に追い込むのは意外に難しい | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 この間の舛添都知事による釈明会見、もう見飽きたという人は少なくないだろう。アスコミによる世論調査では、100%近い都民が、彼の辞任を願っている。それでもまお、彼は、自分から辞任するとはいわない。これはどうしてであろうと思う。彼を辞任させるためには都民がリコールを行うか、議会が不信任案を出すかということだが、そのどちらも実際には困難である。このままでは、彼は都知事でい続ける。
6/9 女の気持ち:病は気から 愛知県刈谷市・今泉美佐子(主婦・74歳) - 毎日新聞 74歳のご婦人の話。毎年、胃や大腸など4部位のがん検診を受けて過去一度も問題はなかったが、今回は「悪性を否定できず。2次検査を受けてください」との検査結果。それから2次検査を予約、検査結果を受けとるまでの日々、『びっくりして検査の予約をすると、一番早い予約が11日後だった。その日までの長いこと、長いこと。毎日、体調に違和感があり、頭痛がしたり、だるさを感じたり。いつもの私ではない。「これは100%がんだ」 』と思ったそうな。検査結果はまったく問題なしということ。それにしても、病は気から、昔の人はいいことを言うものである。
6/9 安倍首相の遊説でもごまかし…自民党が参院選で“改憲隠し”作戦を展開! 安保法制の時と同じ詐欺的手口|LITERA/リテラ 「アベノミクスはまだ道半ばだ。ギアをアップして、エンジンをフル回転させる必要がある」「ロケットが成層圏を脱するには、スピードが必要。我々もそのスピードを獲得して、成層圏から脱出するよう、力強い速度を得ていきたい」とは、安倍首相の夏の参議院選への意気込みである。これらはすでに、先のG7で各国首脳から指摘されたとおりアベノミクスが失敗であることは明白であるが、問題は、こうした宣伝文句の裏側に、彼の政権としての本当の狙いである「改憲」をかくしていることである。
6/8 舛添知事は辞めないが「こちらから辞めさせることもしない」 都議会与党の「茶番劇」 : J-CASTテレビウォッチ 7日の都議会代表質問、与党(自民、公明)からは、辞任を求める声は出なかった。舛添知事からは、「真摯に受け止めて」「生まれ変わって」の言葉の連発、辞任する気はさらさらないといったところ。「舛添さんは東京五輪・パラリンピックまで知事としていたい。調査報告書で一つの区切りがついた。あとは我慢していればいいと思っているんでしょう」という指摘もある。どうにもなりませんな!
6/8 ひた隠す爪をむき出しにされる日本共産党  顔では分からない暴力革命政党の裏側 | JBpress(日本ビジネスプレス) 日本共産党の躍進が続いているが、これに対して安倍政権は日本共産党を暴力革命政党と位置づけ、対決姿勢を鮮明にしている。それはさておき、この現代日本において暴力革命は可能であろうか。自衛隊、および在日米軍の存在、彼らが蜂起しない限り革命などはありようもない。社会全体が右傾化している現在、それに明確に反対しているのは、おそらくは共産党だけであろう。
6/8 ブラタモリ - NHK NHKの番組「ブラタモリ」は実におもしろい。地理、地学、歴史、鉄道など、我々が小・中学校時代にもっていた視点そのままに語るタモリの語り口が、その面白さの理由のひとつかもしれない。次回11日(土)の放送は『伊勢を巡る旅の2回目。タモリさんが、江戸時代にタイムスリップ!?江戸時代の「お伊勢参り」を追体験。江戸の人々は、御師(おんし)と呼ばれる案内人の導きでお伊勢参りを楽しんでいました。今も市内に1軒だけ残る御師のお宅を訪ねたタモリさん。待っていたのは、最高のおもてなし・・・当時の“豪華フルコース料理”を満喫します!そして、明治から昭和・平成にかけて脈々と受け継がれてきたお伊勢参りの真実にも迫ってゆきます。現在の超人気スポット「おはらい町」と式年遷宮の深い関係とは!?』。お見逃しなく。
6/8 宗教学者・島田裕巳氏が覚悟の提案「親を捨てるしかない」│NEWSポストセブン 『埼玉県内を流れる利根川で81歳の妻と74歳の夫の遺体が発見され、47歳の三女が「母親に対する殺人、父親に対する自殺幇助」の疑いで逮捕された事件だ。三女は認知症の母の介護に疲れ果て、病気で働けなくなった父から「一緒に死のう」といわれ、一家心中をはかったと供述した。』昨年11月の心中事件である。1960年男性の平均寿命は、65.32歳、女性は70.19歳、2014年では、それぞれ80.50歳、86.50歳である。人の寿命はおよそ15年伸びているが、それを支える社会の形ができていない。
6/8 「新しい判断」で失笑の安倍首相が「アベノミクスのエンジンふかす」と…実態は“空ぶかし”で排ガスまき散らすアベノミクス|LITERA/リテラ 「今回、再延期するという私の判断は、これまでのお約束とは異なる、新しい判断であります」、この言葉を聞いて安倍という男の人間性を疑った人は少なくないと思う。が、それでもなお、安倍政権は一定の政権支持率を保っている。理由は単純である。現在の自公政権以外に、選択するべき政党が存在しないからである。夏の参院選、季節こそ夏だが、政治は冬の季節である。
6/7 連敗なら安倍政権“退陣”も 参院選の命運握る重大20選挙区 | 日刊ゲンダイDIGITAL 参院選の勝敗ラインについて、公明党の漆原良夫中央幹事会会長は「(改選過半数を獲得できなければ)安倍政権は退陣しなければいけない」という言、注目すべきであろうと思う。自公政権として自民党に唯々諾々として自民党によりそってきた公明党だが、現在の安倍政権のあまりの極右政策に対して、支持母体である創価学会からの突き上げが、その背景にあるのであろう。自公として政権についていたいが、安倍政権にはこれ以上ついていくことができない。公明党としては、安倍に退陣してもらいたいのであろう。参院選、おもしろい結果になりそうである。
6/7 舛添知事の言い訳追認しただけ「第三者調査」私的流用不適切だが違法じゃない : J-CASTテレビウォッチ 6日の舛添要一都知事による政治資金の私的流用問題に関する「第三者」の調査結果報告、これほど有権者をバカにした茶番劇はない。そもそも自分が選任した弁護士が不利な報告をするはずがない、弁護士は依頼人の利益を守るのがその職業の決まりである。したがって、出てくるのは「まったく違法性はない」であり、わずかに社会通念における倫理道徳規範に照らして、「不適切」というのがせいぜいである。本人は、違法ではないのだから知事を続けるのは当然という考え方である。彼が東京都知事であることは、東京都が日本の首都であることにおいて、日本の恥である。
6/7 中高年の「孤独」が病気のリスクを高める オヤジは運動より友だち作りに汗をかけ!|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS 『「人間関係の広さ」は若年期(10〜20代)と老年期(60代後半以上)の健康維持に、「人間関係の質」は壮年期(30〜40代前半)から中年期(40代後半?60代前半)の健康向上に強い影響を及ぼしていることが分かった。つまり、若年期に社会から孤立すると、運動をしないのと同じくらいCRPが増加するので、炎症リスクが上昇する。老年期に社会から孤立すれば、高血圧、糖尿病、発症リスクが高まる。中年期に社会的なサポートあるだけで、BMIが低下し、肥満になりにくくなる。だが、中年期に社会的なサポートがなければ、CRPが増加し、炎症リスクや心臓病、脳卒中、がんの発症リスクが高まる。』という研究結果である。より中高年にとって、無二の親友の存在はとても大事ということのようです。あなたに、そういう友はいますか?
6/7 オーディオの足跡 −オーディオ機器を新旧・性能を問わず何でも紹介− LPレコード全盛時代、そしてCD機器の黎明時代、実に多くの国産オーディオ機器がありました。いわゆる当時の中級機とよばれるオーディオ製品の質・量たるや、今では考えられないくらいのおどろきの価格で販売されていたことを記憶しています。レコードプレイヤー、CDプレイヤー、アンプ、そしてなによりも個性豊かなスピーカーがあったと思います。かっての名機、いまでも現役で使えるものが数多くあります。かってのオーディオの足跡、たどってみるのも楽しいと思います。
6/7 オーディオ懐古録 もうひとつオーデオに関するページの紹介です。こちらでは、かっての名機・銘機・迷機などが紹介されています。それぞれの機器に短評などもあり、これから中古で購入を考えておられる方にも、参考になると思います。
6/6 支局長からの手紙:梅の季節に /和歌山 - 毎日新聞 昔は、多くの家庭で梅干を作ったものである。縁側や物干し場などに梅を天日干しする光景が見られた。さて、この梅「クエン酸が多く含まれ、疲労回復に効果があるほか、ポリフェノールによる抗酸化作用、血圧上昇を抑える効果、胃潰瘍や胃がんを誘発するピロリ菌の活動を抑える作用などがあります。 」とのこと。なお、『今年の梅は、縁起がいいと言われる「申(さる)年の梅」。平安時代、村上天皇が申年に漬けた梅干しで病気を治した故事にちなみます。』だそうである。梅干作り、されてはいかが。
6/6 1ドル=90円台すぐそこ…止まらぬ円高に日銀打つ手なし | 日刊ゲンダイDIGITAL アベノミクス、当の安倍首相や自民党議員諸氏から聞こえてくるのは、その成果ばかりであるが、世界からみれば、それはあきらかに失敗であり、同時に、アベノミクスの正体はまったくの無策であったことがわかる。安倍政権以降の日本経済は、単純に米国による対ドル円安容認政策に支えられてきただけであり、1本、2本の矢はほとんど意味をなしていなかったのが現実である。その状況にありながら、いまだに声高にアベノミクス継続をいう現在の自民党政権、これに追従する日本国民、今や、世界の笑いものになりつつある。
6/6 舛添要一知事、流用疑惑で釈明会見 弁護士「不適切だが違法ではない」連発(UPDATE) そもそも政治資金規正法は、資金の使途についてなんらの制限がない法律であり、使途を偽った場合において虚偽記載とする違法を主張する法律である。この意味において、舛添東京都知事の弁護士を使っての精査は、はじめから無罪放免のできレースである。が、この男の問題点は、政治家としての行いに違法性があったかどうかではない。税の使い方としての公私混同である。こうした男が、都知事に居座り続ける、本人もそうだが、彼を推薦した自公、そして選んだ東京都民にも、その重大な責任がある。
6/6 航空自衛隊員が UFOの撮影に成功も…消えた報告書 | 日刊SPA! 日本のUFO事情について、「昔も今も記録を取っていないどころか、報告書すら存在しない。それは航空自衛隊も、民間の航空会社も同じでしょう」とある。じっさいは、「私自身は、現役時代にはUFOとハッキリ確認できる物体を目撃したことはなかったが、自著の取材でパイロットOBたちに話を聞いたところ、松島、三沢、小松といった特定の基地に偏ってUFOの目撃談があること、UFO出現とともに機体異常が起きた経験を持つパイロットもいることがわかったのです」とも報告されている。ちょっと興味深い話である。
6/6 安倍首相の成蹊大学の恩師が涙ながらに批判!「安倍くんは間違っている」「勉強していない」「もっとまともな保守に」|LITERA/リテラ 大学時代の安倍首相を教え子のもった教授の言である。「彼(晋三)が入学した当時、私は国際政治学とアジア研究を担当していました。たくさんの学生の一人として彼を見て、成績をつけたのは覚えています。政界入り後も食事をしたり、ゆっくり話をしたこともあるので、ある程度の人柄も知っているつもりです」、「彼は首相として、ここ2、3年に大変なことをしてしまったと思います。平和国家としての日本のありようを変え、危険な道に引っ張り込んでしまった」「現行憲法は国際社会でも最も優れた思想を先取りした面もある。彼はそうしたことが分かっていない。もっと勉強してもらいたいと思います」「彼の保守主義は、本当の保守主義ではない(略)彼らの保守は『なんとなく保守』で、ナショナリズムばかりを押し出します(略)私は彼を……安倍さんを、100%否定する立場ではありません。数%の可能性を、いまも信じています。自己を見つめ直し、反省してほしい。もっとまともな保守、健全な意味での保守になってほしい。心からそう願っています」、この言葉、安倍首相には届かないようである。
6/3 【北海道男児不明】男児を田野岡大和君と確認 雨宿り用の小屋で発見 ドクターヘリで病院に搬送 - 産経ニュース 北海道で、懸命な捜索にもかかわらず発見できなかった行方不明の男児が、3日朝に鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で突然発見、保護された。両親や親族・親戚関係者にとっては、大きな朗報であったろう。、それにしても、行方不明となっていた5月28日夜から演習場におり、発見されるまで、水を飲んで過ごしていたという。
6/3 血の報復”連鎖 原宿・麻布十番・六本木は危険スポット 神戸山口組緊迫 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 岡山市で、池田組若頭の幹部が何者かに射殺された事件、これにより、山口組(総本部・神戸市灘区)と神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)とのの対立抗争が激しくなるという予測がされている。この抗争激化による「血の報復」、都内では、「原宿」「麻布十番」「六本木」あたりで勃発する可能性があるという。
6/3 安倍自民に激震 参院選予想で現有割れ「48議席」の現実味 | 日刊ゲンダイDIGITAL さて、今夏の参議院選、当落予測では、「自民は現有割れの48議席。公明の13と合わせてギリギリ61議席」だそうである。国民は、前回の選挙で安倍自民党に勝たせすぎた弊害を、そろそろ感じているのかもしれない。
6/3 それでも舛添氏が都知事を辞めない4つの理由|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン 「ここに来て実はすでに自民党東京都議団と手打ちが終わり、留任の方向で話が進んでいるという。ここまで追い込まれたにもかかわらず、舛添氏は、なぜ辞めずに済むのだろうか?」とある。たしかに、当初の定例会見での態度とは一転して、前回あたりから記者からの質問に対して余裕さえも感じられる。裏をかえせば、そういうことだったのかと思う。それにしても、ここまで都民の信頼を失っておきながら、続投を言い続け舛添という男、奇奇怪怪である。
6/3 「フクシマではいま、再汚染が起きている可能性がある」米国原子力研究家の警告  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 米国の原子炉の専門家、アーニー・ガンダーセン氏による福島での調査、「今回の訪日で福島の再調査を行いましたが、驚いたことは、すでに除染された地域が再汚染されているという現状です。これは予測していないことでした。除染された地域では、あまり高い放射線数値は出ないだろうと思っていたからです。しかし、結果はその反対だったのです」、さらに、「この結果については、近いうちに科学論文を発表するつもりです。それが完成するまで数値は公表できないのですが、明らかに、今も高放射線量のダストが街を飛び回っていることを示す数字でした。つまり、除染された土地が再汚染されているわけです。小さな子供は、成人男子の20倍も放射線の影響を受けます。日本政府は20ミリシーベルトという基準値を設けましたが、それは、成人男子に対して当てはまるもので、小さな女の子は、実際は400ミリシーベルト相当の放射線の影響を受けているのです」とある。正しいのは、日本政府なのか、それともこの研究者なのか。
6/2 舛添知事と同罪 自民都連「会議費」3500万円で“美食三昧” | 日刊ゲンダイDIGITAL 舛添都知事の政治資金問題、都議会与党である自民党の歯切れが悪いが、自民党都連(会長・石原伸晃経済再生相)の政治資金の乱脈浪費もケタ外れだそうである。『ムチャクチャな支出がボロボロ出てくるのは、政党交付金の受け皿となっている「自由民主党東京都支部連合会」の収支報告書だ。「会議費」名目で、都内の高級フレンチやイタリアン、高級割烹や料亭など名だたる名店の飲食代に充て、美食三昧。14年4月4日にはミシュラン3つ星に輝いたことのある人形町の高級割烹「玄冶店 濱田家」にポンと約52万円を支出。13年2月5日には老舗料亭「つきぢ田村」にナント、約98万円を支払っていた。14年までの3年間、「会議費」名目で高級店につぎ込んだ総額は3500万円を上回る。』、違法であるか違法ではないかは別にして、政治家とは、みな同じようである。
6/2 検証55歳からの性 世界の精力剤】江戸庶民の滋養強壮ドリンク「甘酒」 - 愛と性 - ZAKZA 甘酒の効用、「精力剤というとアレですが、当時の文献を読むと、夏バテ対策のスタミナドリンクとして飲まれていたのは事実です。夏になると、あちらこちらに甘酒売りが出没し、庶民たちはこぞってこれを買い、飲んでいたようです」だそうである。現代はお正月など、冬に飲むことが多い甘酒だが、にこそ飲む「滋養強壮ドリンク」だったようである。現代医学では、「江戸庶民の行動は理にかなってますよ。米麹を発酵させることで作られる甘酒には、疲労回復や下半身増強の素になるエキスがぎっしり詰まっています。各種ビタミン、欧米ではセックスミネラルとも呼ばれるアルギニン、精子生成の素になる各種アミノ酸など、その栄養は多岐に渡り、医療関係者の中には“飲む点滴”と呼ぶ人もいるくらいです。さらに特筆すべきは、豊富なブドウ糖。弱った体と脳を一気に活性化させる物質であり、これによって即効性も生じてきます」とのこと。下半身はさておき、健康滋養にいかが?
6/2 知らずに乗ってはいけない 安全な航空会社はどこ? 3つの観点から航空機の安全性を評価する | JBpress(日本ビジネスプレス) 海外観光旅行に出かける中高年の方々が増えているが、その際、旅行会社のツアーに参加することがほとんどだと思う。そのツアー先、行き先国、内容によってはかなり危険な航空機を知らずに利用しているのかもしれない。ここでお紹介されている安全な航空会社以外を利用している場合は、要注意である。
6/2 心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中 10年以内の発症確率わかるサイト│NEWSポストセブン 中高年になると増えてくる心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中を発症するリスクだが、藤田保健衛生大学のホームページ内のサイト(循環器疾患リスクチェック)で、40〜69歳の人の人の発症確率を知ることができる。「心筋梗塞や脳梗塞は、高血圧、糖尿病、脂質異常、過度の飲酒、喫煙などが原因であることがわかっています。こうした危険因子を組み合わせることで病気が発症する確率を算出する研究は、世界で進んでいるのです」というもの。チェックしてみてはいかが?
6/2 増税延期の安倍総理に必要なのは二枚舌でなく「謝ること」(上)|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン 前回の消費税増税延期の際の安倍首相の言葉である。「来年10月の引き上げを18ヵ月延期し、そして18ヵ月後、さらに延期するのではないかといった声があります。再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言いたします。平成29年4月の引き上げについては、景気判断条項を付すことなく確実に実施いたします。3年間、3本の矢をさらに前に進めることにより、必ずやその経済状況をつくり出すことができる。私はそう決意しています」。さて、アベノミクスの3本の矢はどこへ飛んでいったのか。都知事といい、首相といい、最近は素直に謝ることができる政治家はいないようである。
6/1 CNN.co.jp : ホーキング博士、トランプ現象「説明できない」 車いすの宇宙物理学者、英国のスティーブン・ホーキング博士が、CNN系列の英ITVテレビの番組に出演し際、米大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏について質問され、「私には説明できない」、「彼は扇動家。大衆の低俗な共通意識に訴えるものがあるらしい」と述べたそうである。この言葉、現在の日本の政権、都知事にも当てはまりそうである。
6/1 心癒やされる尾瀬の新緑…山開き、ハイカー散策 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 山歩き愛好家の方々に人気の尾瀬国立公園が1日、山開き。今年は暖冬の影響で、ミズバショウが例年より2〜3週間早く開花し、尾瀬ヶ原や尾瀬沼では見頃を過ぎているが、尾瀬沼周辺の一部とアヤメ平では見られるそうである。出かけてみてはいかが?
6/1 舛添知事、都議会突入で夏のボーナス380万円丸儲け 任期満了なら8千万円超 - 政治・社会 - ZAKZAK 政権びいきの産経新聞とFNNの合同世論調査でさえ、舛添東京都知事について、約8割が「辞任すべき」と答えたそうである。この場に及んで、なおも知事の椅子にしがみつく彼のモチベーションとはいったいなんであろう。聞けば、『6月1日まで知事の職にとどまれば、6月末に夏のボーナス(期末手当)約380万円が支給されるのだ。月額145万6000円の給与に加え、年2回のボーナスは「セコい、小さい」と指摘されている舛添氏にとっては重要な収入源となりそうだ。』であり、さらに、『12月1日まで居座り続ければ、12月中旬には、冬のボーナス約418万円が振り込まれる。さらに、このまま任期を満了すれば、最終的に8000万円以上の退職金を手にすることになる。』だそうである。
6/1 各国首脳陣が続々とUFO発言。絶え間ないUFO目撃情報も… | 日刊SPA! 『各国首脳陣が続々とUFO発言をしている!アメリカの大統領は、代々「UFO」と「宇宙人」問題に深く関与しているといわれている。「就任後はUFO情報を開示する」と発言していたジミー・カーターは「スタンフォード研究所」を密かに設立、地球外知的生命体への対処法について研究を進めていた。またアポロ計画を宣言・実行したケネディは、ロズウェル事件以降のUFO・ET問題の真相暴露の10日前に暗殺されたともいわれている。昨年末には、あのヒラリー・クリントンが選挙キャンペーンの中で次のような発言をしているのだ。「大統領に就任したらUFOの真相を解明したい。エリア51にスタッフを派遣して調査させる」 このようなUFO・ET発言をしているのは米首脳陣だけではない。ロシア前首相のメドベージェフは自身が出演したTV番組終了後、「大統領に就任するとまず核兵器の発射コードと宇宙人ファイルを渡されます」と明言。カナダの元防衛大臣ポール・ヘリヤーも’13年、ディスクロージャー公聴会にてこう発言した。「少なくとも4種類のエイリアンが何千年にもわたって地球に来ている」「UFOの情報開示を阻む陰の政府がアメリカには存在する」とある。真実はどこにあるのだろうか。
6/1 「アベノミクスは大失敗」と言える4つの根拠 | 中原圭介の未来予想図 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 アベノミクスについて、「大規模な金融緩和を主軸にした経済政策は間違いなく失敗するだろう」、これは、多くの海外の著名経済学者のいうところと共通する視点である。その理由として、
「(1)円安により企業収益が増えたとしても、実質賃金が下がるため国内の消費は冷え込んでしまう。
(2)大企業と中小零細企業、大都市圏と地方といった具合に、格差拡大が重層的に進んでしまう。
(3)米国を除いて世界経済が芳しくない見通しにあるので、円安だけでは輸出は思うように増えない。
(4)労働分配率の見地から判断すると、トリクルダウンなどという現象は起きるはずがない。」が指摘されている。日本経済が完全に崩壊してしまう前に、一度アベノミクス、いいかえれば現在の日銀黒田政策を検証すべきときである。アベノミクスとは、本来、日銀、官僚主導の経済政策に過ぎない。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2016年6月の掲載



Copyright 爽快倶楽部