TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2015年9月の掲載




9/30 東京都・恵比寿で”鯨祭”、過去最多28店舗がクジラ料理でおもてなし | マイナビニュース 我々の子供時代、鯨肉はよく食卓にのぼった。天ぷらや、立田あげ、串かつなどを思い出す。豚肉、鶏肉や、ましてや牛肉など、高値で庶民にはなかなか手が出せなかった時代の貴重なタンパク源であった。さて、10月1日〜10月18日、東京・恵比寿周辺の飲食店にて「恵比寿鯨祭(えびすげいさい)2015」が開催されるという。今や高級食材の仲間入りした鯨だが、昔を思い出して食べるのも、また楽しいと思います。
9/30 日刊ゲンダイ|小泉進次郎氏が批判 安保無理解「原因つくったのは自民党」 ここに、『国会で憲法学者が「安保法案は違憲」と指摘した直後に、高村正彦副総裁が「自衛のための必要な措置が何であるか考え抜く責務がある。これを行うのは憲法学者でなく我々のような政治家だ」と話したことについて、進次郎氏は「私は傲慢だと思う」とピシャリ。「自分たちが呼んだ方が言ったことなのに、何を言っているんだ、という印象も大きかったと思う」と正論をぶちまけている。』とある。自民党に、まだ常識で物事を考えることができる政治家は残っていたようである。
9/30 中国経済の減速の実態 悲観論者が言うほど悪くない? 減速ペースを抑制する方法 | JBpress(日本ビジネスプレス) 中国経済が失速し始めている。改革開放から始まった、中国経済、原点にもどってみれば、どこかいびつである。共産党独裁下で社会主義計画経済を行ってきた中国が、はたして有効な資本主義的な経済政策をとりうるかどうか、常識で考えれば悲観的ならざるを得ない。大局的にみれば、中国経済は資本主義の通例である景気後退の循環期に入ってきたということであろう。中国政府のいう、ともに成長しようは、もはや茶番である。
9/30 家電メーカー、シニア向け製品強化 小型・軽量 使いやすさ重視 - SankeiBiz(サンケイビズ) 「家電メーカー各社がシニア層をターゲットにした製品の販売に力を入れている」そうだが、これは実にいいと思う。高齢になると重いものを持ち上げにくくなる、腰が曲がり、高いところに手がとどきにくくなる、老夫婦二人の生活には大型の家電はむだになるなど、シニア世代が使いやすい家電、あっていいと思う。
9/30 2013年2月22日「毎日新聞」だけが伝えた重大事実とは?――八重洲ブックセンター本店での講演(3)|東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命|ダイヤモンド・オンライン ここに気になる記述がある。福島原発事故は、津波による電源喪失のため冷却不能になりメルトダウンを起こし、さらに水素爆発したと説明されている。が、この水素爆発以前に、さらには圧力低減のための「ベント」以前に、原発に近い山田地区でトテツモナイ空間線量を記録していたという。この原因として、水素爆発やベントの実施前に、原発から大量の放射能が出ており、原発内部の配管が破損していたということが推測されうる。だとすれば、地震当時の原発の揺れである500ガル−震度7程度(ちなみに阪神大震災は800ガル)で原発の主要配管は崩壊するということになる。もっとも、今の安倍政権や財界の諸氏に、何をいっても無駄であろう。
9/29 CNN.co.jp : ロシア、シリアで空爆準備か ISISとは別の標的も ソビエトの崩壊によって、戦後冷戦は終わり、米国1強の世界が続いていたが、オバマ政権以降、その力は低落したように見える。その一方でロシアが、その存在感を大きくしている。これからの世界、いったいどんな世界体制になっていくのか。ロシアの動向に注目である。
9/29 日刊ゲンダイ|人よりも施設優先…安倍首相「介護離職者ゼロ」の言行不一致 安倍首相の次なる3本の矢のひとつ、「介護(するための)離職(者)ゼロの旗を掲げたい」、そのために、特別養護老人ホーム(特養)を増やそうという考えである。さて、「安倍首相は介護の現場をよく分かっていない。まずは、施設整備を急ぐよりも、人材の流出を防ぐため、報酬の引き上げなどが先です。そうでないと、いくら施設を増やしても人手が足りない。それに利用者が多い都市部で特養をつくるには、多額の経費がかかるなど問題点も多い。小手先ばかりのパフォーマンスでは、何も解決しません」という声もある。どうなんでしょうか?
9/29 高村副総裁 安保法制で「法的安定性」磯崎氏以上の問題発言│NEWSポストセブン 安保法制、自民党の言い分はこうである。「政府はずっと、必要最小限度という基準で自衛権を見てきた。時代が変わったから、集団的自衛権でも我が国を守るためのものだったら良いんじゃないかと提案している。考えないといけないのは、我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない。我が国を守るために必要なことを、日本国憲法がダメだということはありえない。来年の参院選は、憲法改正が絡む話でしっかりと勝たなければならない。参院もできれば自民党で単独過半数を取りたい。その中で憲法改正を有利に進めたい」。国家とは、いったい何によって立つのだろう。
9/29 高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版 生活保護を受給する高齢者が増加している。原因として考えられるのは
【1】本人の病気や事故により高額な医療費がかかる
【2】高齢者介護施設に入居できない
【3】子どもがワーキングプアや引きこもりで親に寄りかかる
【4】熟年離婚
【5】認知症でも周りに頼れる家族がいない
であるという。富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる、そういう時代なのであろう。
9/29 【がんに打ち克つレシピ】「サンマde健康かば焼き丼」 増殖と転移を抑制する「EPA」 - 健康・医療 - ZAKZAK がんにかかった人が、痩せ細ってしまうのは、がん細胞が人体の筋肉や脂肪を栄養源に増幅するためだといわれています。その予防として、考えられているのが、適度なトレーニングと高タンパク・低脂肪の食事。食事として注目されるのは、サンマなどの青魚に含まれる不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタンエン酸)、がん細胞の増殖と転移の抑制に大きな効果が期待されている成分。がん予防のためにももちろん有効である。衣食同源。
9/28 日刊ゲンダイ|情報漏洩に打つ手なし 来月通知「マイナンバー」専門家が警鐘 来月通知されるマイナンバー、その運用について、専門家の意見はこうである。「そもそも、マイナンバーのセキュリティーレベルは、メガバンクに比べて段違いに脆い。そんなシステムを民間と一緒に守ろうとしている時点で無理があります。適正な管理がされていないままスタートする時点で、情報漏洩は仕方ないとあきらめた方がいいでしょう」。
9/28 集団的自衛権:憲法解釈変更 法制局、経緯公文書残さず 審査依頼、翌日回答 - 毎日新聞 政府が昨年7月1日に閣議決定した集団的自衛権の行使容認に必要な憲法9条の解釈変更について、内閣法制局は、翌日「意見なし」と回答したそうである。その際、解釈変更の合憲性の検討経緯について、公文書が残していないことがわかった。内閣法制局、もはや機能を停止したようである。
9/28 売り切れ続出!徳島「阿波晩茶」乳酸発酵させて独特の香りと味 : J-CASTテレビウォッチ 「阿波晩茶」、徳島県の上勝町や那賀町で昔からつくられているお茶で、いまや全国的な人気だそうです。製法は江戸時代から続いており、『「このお茶は微生物で発酵させる全国でも珍しい製法です。産地の上勝町、50軒の農家の作り方はこうです」まず茶葉をちぎり取り茹でる。茹で上がったら擦り機にかけて揉んだら、4週間かけて樽で乳酸菌の発酵を待つ。最後に天日で乾燥させる。江戸期にこの地方に伝えられた作り方』とのこと。さて、どんな味なのであろうか?
9/28 人気の格安葬儀の落とし穴 以後弔問客が引っきりなしになる│NEWSポストセブン 最近の葬儀について、『かつては大勢の会葬者が訪れる葬儀が一般的だったが、近年は「家族葬」「直葬」と呼ばれる低価格・小規模な葬儀が全国的に広がっている。人気の「格安葬儀」だが、そこには意外な落とし穴もある』そうである。葬儀という儀式としてのけじめがつかない、家の体面としてみっともない、故人と知人、友人などの別れの場がない。そういうこともあるようである。葬儀のあり方、簡単には割り切れないようである。
9/28 スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか 幸福度世界1位「北欧の楽園」に学ぶ老いと死 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] いったい、いつの頃から日本で寝たきり老人が増えはじめたのか。食生活の変化、医療の進歩によって人の寿命はたしかにのびた。さて、スウェーデンの高齢者政策、原則は「最後まで人生を楽しむ」、これは日本の高齢者に対する政策として学ぶべきところが多くあるような気がする。
9/25 2015年9月27日(日) 中秋の名月 - 星空の見どころをチェック!「天文カレンダー」 - 星空ガイド - コニカミノルタプラネタリウム | コニカミノルタ 「名月や 池をめぐりて 夜もすがら」とは芭蕉の句、そんな風流を楽しむお月見はいかが。ことしの中秋の名月は27日。秋の夜長、酒を楽しむもよし、団子を頬張るもよし。
9/25 みんなの推薦 秋のきのこ料理 レシピ 111品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが216万品 味覚の秋、果物、秋野菜、新米の季節であるが、きのこも秋の代表的味覚のひとつ。旬ならではのきのこご飯に焼きサンマなどがあれば、もう、いうことなしです。ぜひおためしを。
9/25 安倍首相、新3本の矢で「1億総活躍社会」 GDP600兆円目標も表明 | Reuters テレビのニュースで安倍首相の新3本の矢についてのプレゼンを見た。「1)希望を生み出す強い経済、2)夢を紡ぐ子育て支援、3)安心につながる社会保障──で、「介護離職ゼロ」のほか、出産を望む女性のみを対象に算出する希望出生率を1.8まで引き上げる目標」であるという。現状はといえば、「4〜6月期につづいて、7〜9月のGDPもマイナスに落ち込むとみられています。GDPは11月に発表される。その時、改めて日本経済の低迷が意識されるでしょう。経営者も消費者も、守りに入り、もう一段、景気が落ち込む恐れがあります」であるという。目標を高く掲げるのは勝手だが、あまりに現実離れしているような気がする。これを話している彼の顔を見て思ったが、なんとなく、狂気にとりつかれているよでうでもある。アメリカの有名投資家nジム・ロジャーズ言葉である。−10年、20年経って日本人の皆さんは気づくでしょう。『安倍総理が日本を滅ぼした』とならねばよいのだが。
9/25 インフルエンザ早くも「学級閉鎖」予防ワクチン10月初めに打って! : J-CASTテレビウォッチ インフルエンザの流行が早くも始まったそうである。インフルエンザの流行は本来、11月から翌年2月がピークとされるが、東京都調布市の小学校では9人がインフルエンザの症状を発し、2年生の1クラスが今月16日、17日に学級閉鎖、8都道府県でも学校・学級閉鎖の措置がとられているという。今年は早めのワクチン接種がいいようです。
9/25 古い乾電池」と「新しい乾電池」を交ぜて使うと危険 | 日刊SPA! 日常生活の中で、意外と知られていないのが電池の危険性。「家電製品などで、古い乾電池と新しい乾電池を交ぜて使うと、古いほうの電池の内部で急激に化学反応が進み、そのときに発生したガスの圧力で電池が破裂したり、液漏れを起こすことがあります。また、アルカリとマンガンというように種類の違う電池を交ぜて使うのも危険です。特にアルカリ乾電池の強アルカリ液が漏れて、万が一、目に入ると失明の可能性もあるので注意が必要です」。また、「電池を剥き出しのまま袋に入れて保存するのは絶対にやめたほうがいい。端子と端子が別の電池やドライバー、缶などの金属物を介しショートし発熱、発火する危険性があります。電池を捨てるときも、端子にビニールテープを貼って絶縁させて捨てることを勧めます」とも。電池の使い方、保存の仕方注意が必要です。
9/24 牛丼以下の「貧乏めし」で節約するサラリーマンたち | 日刊SPA! 昨今のサラリーマンのランチ事情、「昼はめし抜きか、買い置きした1個50円のカップ麺で乗り切っている。1食300円以上なんて言語道断です」だそうである。「ランチは午後3時まで我慢。店をたたむ直前の路上販売で値引き弁当を買う。お腹が空いたら水道の水をがぶ飲みし、空腹感をごまかす」、また、「スーパーの閉店セール開始30分前に行き、目当ての夕飯用惣菜を確保。セールが始まったら商品をこっそり棚に戻して、店員に値引きシールを貼ってもらう」とも。アベノミクスの恩恵に潤うサラリーマン諸氏の切ない生活防衛である。
9/24 安倍政権の危機はこれからやってくる!? 国会の”;内”と”外”で静かに進む「倒閣運動」 ある憲法学者が明かした参院選へのプラン | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 「安保法制成立後の政権運営について、私が『再び経済を全面に出して行くべきではないか』ということを申し上げました。すると、総理は『何かないかなあ…』と漏らしたのです。アベノミクスにはもう目玉となるような手がない、ということです。−これがアベノミクスの現在であり、景気回復せず、それを一番よく知るのは、アベノミクスの当の本人である。要するに、経済のど素人ということであろう。
9/24 地震的中の早川正士氏 次は福島沖から房総沖でM5・0前後と予測 - 政治・社会 - ZAKZAK 電離層の動態による地震予知、「地震が起こる約1週間前、地殻に前兆現象としてヒビ割れが起きる。このヒビが電磁波を発生させ、地球上空の電離層に作用する。電離層は電磁波の影響を受けると地上に数キロ近づく。地上から送信される電波は電離層ではね返り、再び地上で受信されるため、異常があった場合は、電波の送受信がいつもより短時間で行われることになる」ということあるが、およそ地震発生の約1週間前に異変を感知し、ピンポイントで警鐘を鳴らせる。地震は防ぐことはできないが、時期を予測することで被害を小さくすることは可能である。
9/24 日刊ゲンダイ|小林節氏が語る「民主主義を取り戻す戦いは始まったばかり」 多くの国民の理解を得られぬままに成立した、今回の安保法案。ほとんどの学者、かっての内閣法制局長官経験者や最高裁裁判官など多くの法曹人が「明白な憲法違反」だという。それに対して、安倍首相をはじめ、ほとんどの自民党議員、公明党議員、現内閣法制局長官は、合憲の一点ばり。違憲というのは、まるで国や国民の安全を考えない非国民のようである。
9/24 「難民受け入れは積極的平和主義の一部」 緒方貞子氏:朝日新聞デジタル  緒方貞子・元国連難民高等弁務官の、「難民の受け入れくらいは積極性を見いださなければ、積極的平和主義というものがあるとは思えない」との言、現在の「日本の難民認定、5千人中11人 条約を厳格解釈し審査」状況を考えれば、その通りであろう。
9/22 米補佐官「いらだっている」 サイバー攻撃で中国批判:朝日新聞デジタル 米国のライス大統領補佐官(国家安全保障担当)は、『米企業などの情報を盗むサイバー攻撃を中国政府が支援していると指摘し、「米中関係を大きく傷つけている」と批判』するが、それによる報復措置には言及しない。ライス氏の頭の中では、『米中関係について「世界に最も影響を及ぼす関係」と表現。中国と建設的な協力関係を築くことは、アジア太平洋地域に多くの国益を持つ米国のアジア戦略全体にかかわる』とある。どこかの国のおめでたい首相が、中国との武力衝突が起きた際には米国が助けてくれるといったが、さて、その米国、もっとも重要な相手は日本ではなく中国であることを知らないようである。こういうのを井の中の蛙というのであろう。そのバカさ加減にあいた口がふさがらない。
9/19 時事ドットコム:安倍首相発言全文=安保法制
「安倍晋三首相が19日未明、安全保障関連法成立を受けて行った発言全文は次の通り。
 −中国の海洋進出などの懸念がある中、抑止力の向上にどう取り組むか。
 平和安全法制は国民の命と平和な暮らしを守り抜くために必要な法制であり、戦争を未然に防ぐためのものだ。子どもたちや未来の子どもたちに平和な日本を引き渡すために、必要な法的基盤が整備された。今後も積極的な平和外交を推進し、万が一への備えに万全を期していきたい。
 また、参院においては野党からも複数の対案が提示され、議論も深まった。民主的統制をより強化する合意が野党3党となされた。与党だけではなく、野党3党の賛成も得て、より幅広い皆さまの支持の下に法案を成立させることができた。国民に誠実に、粘り強く説明を行っていく考えだ。
 −国民の理解は深まったか。
 まだまだこれから粘り強く、われわれ丁寧に法律の説明を行っていきたい。」
とある。
9/18 ウォーキング・ハイキング 旅行・ツアー|あるく【関東発】|クラブツーリズム シルバーウィークの間、関東地方やその他の地域も含めて、比較的に天候に恵まれそうです。近場の里山など、ハイキングに出かけるのもいいと思います。
9/18 イトーヨーカ堂、最大40店閉鎖へ 5年かけ全国の2割:朝日新聞デジタル セブン&アイ・ホールディングスが、イトーヨーカ堂がもつ総合スーパーなど最大40店を、今後5年をかけて閉める方針だという。かって地元の商店街にかわって成長した大手スーパーだが、ここにきて流れが変わってきたようである。『「ユニクロ」や家具の「ニトリ」、「ヤマダ電機」などの専門店に押され、衣料品や住居関連商品が不振だからだ。生鮮以外の食料品を安く扱うドラッグストアや、スーパーに似た品ぞろえを増やしているコンビニとも競合している。』ことによる競争力低下がその理由。これから更にすすむ高齢化社会、いっそのこと、大手スーパーやコンビニが地元商店街と手を組むということもひとつの方法かもしれない。
9/18 中国は日本の武力的脅威になるのか?――安保法案の観点から | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 「アメリカは日本敗戦に当たり、日本を完全に武装解除し、二度と再び武器を持てないようにした。その精神に基づいて1946年に日本国憲法を制定させておきながら、1950年6月に朝鮮戦争が始まると180度方針を転換して、サンフランシスコ平和条約と同時に日米安保条約を締結させた。こんにちの自衛隊の前身である警察予備隊を設置。日本の武装化に関して、相矛盾する、あいまいな姿勢を見せた。このねじれが、今も日本を歪めている。」、この歴史解釈をすれば、アメリカは憲法改正による、日本の軍事的な完全独立を望んでいないと理解できる。これが、今回の安保法案に内在する矛盾の根源である。日本は未だに米国による被占領国である。今回の憲法解釈による集団的自衛権の行使、アメリカの高笑いが聞こえるようである。
9/18 安保法制に「違憲訴訟を準備」 小林節氏・長谷部恭男氏が安倍政権を批判(会見詳報) 今年6月の記事である。6月4日の衆院憲法審査会で長谷部恭男・早稲田大学教授と、小林節・慶應義塾大学名誉教授が憲法違反との認識を示し、さらに法案成立ならば、違憲訴訟を準備すると表明している。さて、その違憲訴訟、一般に、「違憲判決は99.9%出ない」というのが通例である。その理由として、『「立法行為あるいは行政行為が、憲法の規範に反している」という国家の根幹に関わる重大かつ深刻な問題なのだ。当然、違憲判決を出すのであれば、その裁判官にも一生に一度の覚悟を迫るものだ。』とある。さて、日本の裁判官にそれだけの矜持はありや。
9/18 【お金は知っている】北京に甘いIMF 改革なしで「SDR通貨元」認定なら中国リスク拡散 (1/2ページ) - 経済・マネー - ZAKZAK アメリカが中国をどう見ているか。今回の安保法案に関する国会審議で、政権側は中国の軍事的脅威を強調するが、IMFの考え方をみれば、中国は、日本以上のお客様であり、できる限り喧嘩はしたくないのが見てとれる。尖閣諸島の領有権についても、日本、中国、どちらにも組せず、中立の立場である。経済は、軍事に優先する、これがアメリカである。
9/18 防衛大臣 中谷 元 (なかたに げん) | 第3次安倍内閣 閣僚等名簿 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 今回の安保法案審議において、サンドバック状態であった防衛大臣、中谷 元氏。およそ、常識のある人間ならば、本音をいえず、毎度のしどろもどろの答弁に終始するほかはない自分に嫌気がさし投げ出すにちがいない。その姿勢はまさに愚直ともいえる玉砕。よく耐えたと思う。経歴をみれば防衛大学校卒、加藤紘一衆議院議員(防衛庁長官)、今井勇衆議院議員(厚生大臣)、宮澤喜一衆議院議員(大蔵大臣)秘書を経て平成2年に衆議院議員に初当選、現在当選9回。安倍内閣では古参である。 その意味では立派である。
9/17 チリ沖のM8.3地震で5人死亡、ハワイや日本に津波到達の恐れ | Reuters 日本のほぼ裏側にあたるチリ沖で16日、マグニチュード(M)8.3の地震が発生した。フランス領ポリネシアに最大3メートルの津波が到達する可能性、ハワイや日本を含む広範囲の地域に1メートル以下の津波が到達する恐れがあるとのこと。気になるのは今回地震が発生したチリ沖のナスカプレート、専門家は「「太平洋には、南極海から太平洋にかけて延びる東太平洋海膨と呼ばれる海嶺が走っている。ここはマントル対流が上がってきており、東西の両側に割れている。つまり、太平洋を引き裂いているのです。そして割れたプレートの西側の広がりは太平洋プレート、東側をナスカプレートと呼んでいる。いずれも、少しずつ移動して陸側のプレートの下に沈み込み地殻変動の原因となっていますが、1950年以降を見ると、ナスカプレートの東端で大きな地殻変動が発生した数年後には、例外なく太平洋プレートの西端や北端で巨大地震が発生しているのです」と指摘する。いやな感じです。
9/17 松茸ご飯のレシピ/作り方:白ごはん.com  松茸の季節です。松茸を使った定番の料理、「松茸ご飯」、これが簡単のようでむずかしい。だしを使った味加減もさることながら、水の量加減も、ふと考えてしまうところ。炊き上がりは、香り豊かに、ご飯はふっくら。家庭での失敗の多くは水加減、少なすぎてもご飯が固く、多すぎればべちゃべちゃご飯となります。松茸ご飯の上手な炊き方、ご参考に。
9/17 日刊ゲンダイ|来夏参院選は“歴史的惨敗”へ 自民党「落選危機議員」リスト 今回の安保法案、安倍首相が訪米時に夏までに、なんとしても集団的自衛権行使のための法案を成立させると云った手前、もはや、かれのめんつにこだわっているかのように見える。国会の議論が続けば続くほど、目的が米国世界派兵の肩代わりということが見えてきて、およそ自国防衛には結びつかない。そこに気づいている国民のほとんどが反対であることは当然のこと。与党の一角で公明党支持母体である創価学会からも反対が出る始末。当然、このままいけば、次の国政選挙では自民党の大敗北となることは疑いない。不思議なのは、それがわかっていながら、自民党議員が安倍政権に追従していること。消費税増税法案で、誰もいなくなった民主党と同じ運命を歩んでいるように思える。そのときは、自公をのぞいた大連立になるのかもしれない。
9/17 梨 ナシ なし 日本梨 果物ナビ 八百屋の店先に並ぶいまが旬の梨、おもな栄養成分として、食物繊維、ソルビトール、カリウムや、アスパラギン酸があるとのこと。それらから期待される効能としては、便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、利尿作用、咳止めなど。なお、一般に東洋医学では、梨の絞り汁が咳止めに効果があるといわれているようです。医食同源です。
9/17 「安保法案では平和にはならない」“平和学の父”ガルトゥング博士インタビュー | 日刊SPA! 安倍首相ののいう積極的平和主義、その提唱者の話はこうである。「私が’58年に提唱した「積極的平和」は、意味がまったく違います。安保法制は、日本に平和をもたらすどころか、日本の敵対国を増やすことになるでしょう。多くの日本国民が願った方向とは逆に行ってしまっている。安保法案では平和にはならない 米国は建国してからこれまで、248回も他国に軍事介入を行ってきました。特に朝鮮戦争以降はずっと負け続けています。ベトナム戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争……。そしてそのたびに国際的地位が低下しています。このような国とともに軍事行動することが、どうして日本の安全につながるのでしょうか? 米国は、欧州がかつて冷戦時代のようには戦争に協力してくれないことで、不満を抱えています。それで、日本にその代役を務めさせようと考えているのです。日本が米国とともに“対テロ戦争”に参加したら、日本は必ずテロのターゲットになります。1人のテロリストを殺せば10人のテロリストが生まれる。それが対テロ戦争の実態なのです。日本では、安保法制で日本人が戦場に送られると言って議論になっていますが、それだけではありません。日本がテロの標的となる危険性があるのです。」、安倍の積極的平和主義、羊頭狗肉のようである。
9/16 悪質商法から守ろう! 高齢者 見守りチェックポイント - 政府インターネットテレビ< 高齢者を狙った悪徳商法犯罪があとを絶たない。全国の消費生活センターに寄せられるた相談件数は、平成25年度には1万件を超えたそうである。訪問販売、株や債券取引、さらには新聞購読の長期購読契約などがあるそうです。ご注意を!
9/16 マダニ感染症が北上中、全国で41人が死亡 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) マダニにかまれることで感染する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が、西日本から北上しているそうである。いままで、主に九州や中国、四国地方で確認されたいたが、今年6月には京都で感染患者を確認、北陸でも感染が確認され、石川県志賀町の60歳代男性が死亡したという。マダニは秋にも活動するため、要注意である。
9/16 CNN.co.jp : 北朝鮮、「米国を核攻撃する用意あり」と警告 さて、北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)によると、「原子力研究院長の発言として、米国が「無謀な敵対政策」を続けるならば核兵器を使って攻撃する用意は完全に整っていると警告」したそうである。米国オバマ政権、ここまでなめられて、何もできないでいる。むしろ、何もしようとしていない。話は中国に変わるが、多くの大企業が中国から撤退している今、米国の情報関連の大企業が、中国への巨大投資を始めている。北朝鮮に手を出さないのは、中国への配慮であることはいうまでもない。その米国が、中国からの日本を守ってくれる。実に子供でもわかる絵空事である。世界でなにが起きているのか、自民党はもちろん、他の野党も何も理解できていない。
9/16 メリカの日本盗聴 情報を奪われる方が間抜けと落合信彦氏│NEWSポストセブン アメリカの情報機関が日本企業や日本企業に盗聴を仕掛けていたことが明らかになったが、安倍首相は、盗聴されていたことを受けて、「仮に事実であれば、同盟国として遺憾である」と国会で発言。はっきりいっておきたい。お前、馬鹿じゃねえか!?国家の機密、国内主要企業の機密が米国に盗聴されていたという事実、遺憾ですむ問題ではない。本来なら特定秘密保護法で盗聴した相手はもちろんだが盗聴された側の人間も徹底的に調査すべきであろう。こういう政府が行う集団的自衛権行使、敵側に手のうち丸見えとなることの想像に難くない。
9/16 ヴィヴィアン・ウエストウッドが戦車でやってきた キャメロン首相に抗議(動画) ファッションデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッド氏が、シェールガス採掘に抗議するためデーヴィッド・キャメロン首相邸に戦車で乗り付けたという英国での話し。シェールガスを採掘するためには「フラッキング」とよばれる地下の岩を水圧で破砕する方法が用いられており、その際、水に加えられた化学物質が環境に悪影響を及ぼすことを懸念されている。74歳のウエストウッド氏も言は「キャメロン首相は、自国民に対して化学物質を使用したカダフィ大統領やアサド大統領を非難し、政権交代すべきだと言っています」「しかし、彼はここイギリスで同じことをしているのです。政府の主任研究員が反対しているにも関わらず、有毒で命を脅かす危険のある化学物質を自国民に対して使おうとしているのです」「イギリスで、政権交代が行われるべき時です。キャメロン首相は土地の持ち主に対して、土地を明け渡すことや家の真下でのフラッキングを強制しようとしています。イギリス人は戦うより他に選択肢はありません」。74歳、老婦人の勇気である。
9/15 【日本を守る】「9条」だけで平和は守れない 中国は「戦争の準備を進めよ」と公言している (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 「9条」だけで平和は守れない−その通りである。では、軍事戦略論として、米軍と組することが正しいのか、自衛隊が中国軍と戦争した際に必ず勝利できるのか、これを問う人間が誰もいない。抑止力とは、単純に考えれば、仮想敵国と同等の兵器、すなわち核兵器を持つことであり、同時に、敵兵力を圧倒する兵力を持つことである。こうした議論が抜け落ちている戦争国家論は、非常に危険である。日本の原油輸送ラインである南シナ海を制海権を中国に奪われこと、これを阻止することが、戦争準備のための第一歩である。太平洋戦争の教訓は現代においても、然りである。安倍政権の軍事戦略の危険性はここにある。
9/15 日刊ゲンダイ|安保法案“最終局面” これから始まる「自公落選デモ」の破壊力 いよいよ新安保法案の採決が近づいてきた。現状からすれば、誰も止めることはできないだろうと思う。弱体化した米国の世界軍事戦略に組み込まれること、やがて、日本でテロの火花が上がるか、海外で派遣された自衛隊が戦闘に巻き込まれ戦死したときに、その実態を知るようになる。あらためて問いたい。今の日本に戦争を遂行する国力と軍事力があるかどうか。これを冷静に考える政治家は誰もいない。
9/15 米国人もげんなり、オバマ外交とは何だったのか これほどまでにアメリカを弱体化させたオバマの大罪 | JBpress(日本ビジネスプレス) もはや世界の外交、軍事バランスの中で、かっての力を失ったオバマ政権、これは米国内外においても明確に指摘されるところである。シリア一国の内戦も解決できず、イスラム過激派「イラク ・シリア・イスラム国(ISIS)」でさえも、その活動を抑えることができない。さらに、南シナ海への中国の進出さえも抑えることができない。今、日本はそうしたオバマ政権と組しようとしている。集団的自衛権を行使するべき友軍に世界を平和に導く力がもはやないことを、なにゆえ国会で議論しないのか。日本が中国と有事になった際、米国がどちらに組するか、米国の中国への積極的投資をみれば明らかだろう。外務省、安倍政権もそれが見えていない。愚かである。
9/15 山崎拓、武村正義、渡部恒三ら 老政治家が政界に喝を入れる│NEWSポストセブン 自民党OBである、山崎拓・元副総裁(78)や亀井静香・元政調会長(78)らが共同記者会見を開いた。「安倍総理の憲法解釈変更は、自らの名誉心を満たすためのものだ」と安保法制反対の表明である。今の自民党がまさに安倍独裁とするところに問題意識をもってのことであろうと思う。それにしても、何故、安倍一人が党内で強権を持つのか不思議である。異常事態であるとしかいいようがない。
9/15 原発事故で東電強制起訴 「過失」の概念は変わるのか? | THE PAGE(ザ・ページ) 福島第一原発事故によって未だに多くの人々が故郷を追われている。故郷に帰還することは、かってチェリノブイリで行われた基準で考えれば、恐らくは、一生できないであろう。そうした重大事故について、補償の責任については当然のことであるが、刑事責任については国の検察、警察が問うことはなかったが、あらたにそれを不服とする強制起訴裁判が始まる。
9/14 阿蘇山噴火「すごい勢いで煙、ゴーッという音」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 地震もそうだが、火山噴火も突然やってくる。ある程度の予測がはできるが、その時期、規模まではわからない。要するに、人間の科学は、自然災害に対してあまりに幼稚であるということである。災害は忘れたころにやってくる。この言葉の通りである。
9/14 宝くじ賞金“10億円”に 年末ジャンボ、売り上げ増図る - 政治・社会 - ZAKZAK 今の年末ジャンボ、1等と前後賞を合わせた賞金額が過去最高の10億円に引き上げられるそうである。年末ジャンボは1枚300円、11月25日から12月22日に発売、1等の賞金は7億円、前後賞は1億5000万円。いったい誰に当たるのであろうか?買わなければ当たらないことは確かである。さて、あなたはどうします?
9/14 CNN.co.jp : アルツハイマー患者に朗報か、実験薬が効果示す 米研究  米ジョージタウン大学などの研究によると、抗酸化物質であるレスベラトロールを凝縮した実験薬がについて、アルツハイマー病状の進行を遅らせる可能性を示す結果が出たと発表。レスベラトロールはブドウやチョコレート、赤ワインなどに含まれることで知られている。
9/14 “行事・しきたり”の奥に隠された、多くの運を呼び込む秘密とは?『神様とつながる 開運ごはん』 | ダ・ヴィンチニュース 日本の昔ながらのしきたり、明治の文明開花の時代に、その多くが迷信として捨て去られた歴史があるが、実は、この昔ながらのしきたり、開運によく効くそうである。「日本人が祖先より脈々と受け継いでいる“行事・しきたり”の奥に隠された、多くの運を呼び込む秘密。四季や行事の中にある「循環の気」を取り入れ、旬の食材をいただきながらパワーアップしていく新たな開運方法」、参考にしてみてはいかが?
9/14 テロリストは日本のどこを狙うのか? 集団的自衛権の行使で予測される「最悪のシナリオ」 | 日刊SPA!  安保法制が成立した場合、基本的に米軍の対テロ戦争の後方支援を行うことになる。集団的自衛権発動という事態であれば、当然、米軍とともに戦争に突入することになる。まあ、やればやりかえされる、世界の常識である。はたして他国テロ組織が日本のどこを狙うか、ここに示されているは新幹線ということである。2004年に、スペイン・マドリード中心部の三つの駅で四つの列車が10分の間に次々と爆弾が破裂テロがあり、200人の 死亡が確認たテロ事件があった。日本でも、やがて現実になるのかもしれない。
9/11 気象庁会見「重大な危険差し迫った異常事態」 NHKニュース 今回の東日本を襲った大雨、気象庁の発表では、「これまでに経験したことのないような大雨」あるいは「重大な危険が差し迫った異常事態」という表現があります。これは過去の統計値からの予測を超える事態であり、「すでに川の氾濫や、土砂崩れなどの重大な災害が発生していてもおかしくないし、まさに発生が進行している可能性がある。自治体の避難情報に従うなど、適切な行動をとってほしい。すでに冠水している場所では足元が確認しにくく、かえって危険な場合がある。周囲の状況を十分に確認して、外出が危険な場合には住宅の2階や、がけの反対側の部屋に移動するなど、身を守る行動をとってほしい」との呼びかけになる。これから、秋の台風の季節に限らず、冬の豪雪、真夏の酷暑、予測を超える事態になる可能性があるということである。
9/11 【松茸山荘】公式ホームページ 長野県松本市穴沢にある公共の宿・美人の湯 松茸山荘、これからの時期、まさに松茸料理三昧が楽しめます。晴れた日には北アルプスが一望できる源泉掛け流しの天然温泉展望風呂も宿泊の楽しみのひとつ。ちょっとした贅沢、出かけてみてはいかが?
9/11 元米陸軍情報将校が明かす「中国による日本・台湾への武力侵攻の可能性」 『2020年日本から米軍はいなくなる』第3回 | スゴ本の広場 | 現代ビジネス 様々な議論をよんでいる安保法案であるが、軍事の専門家からすれば、そこには感情論の入る余地もないことは自明の理。「中国による日本・台湾への武力侵攻の可能性」 あるいは「これまで在日米軍が撤退する理由」、その判断基準は「BDA(Battle Damage Assessment 日本語に訳すと、戦闘被害評価)」であり、それにより、米軍は、その数値によって撤退するか、否かを判断するそうである。単純にいえば、武力衝突の際、敵国の軍事力が自国の3倍であれば、即撤退ということになる。戦争が大好きな自民党議員さんに問いたい。日本の自衛隊の兵力は中国の3倍ですか?
9/11 いろいろお騒がせ「東京オリンピック組織委員会」ってどんな組織? | THE PAGE(ザ・ページ) お騒がわせな東京オリンピック組織委員会、その実質をになっているのが事務局。人事をみてみると、「事務局のトップとなる事務総長に就任しているのが、1日の記者会見でエンブレムの白紙撤回を表明した武藤敏郎氏です。武藤氏は財務省の元事務次官で、退官後は大和総研の理事長などを務めています。また事務総長を支える副事務総長は、文部科学省の元スポーツ・青少年局長と東京都の元副知事ですから、こちらも公務員出身です。一般職員も都庁などから派遣されているケースが多いですから、事務局は元公務員や官公庁からの出向者が中心の組織といってよいでしょう。」ということであり、要するに誰も責任をとらない役人組織。これじゃ、何をやっても無理でしょう。
9/11 終末期医療のタブー!? なぜ欧米にはいない「寝たきり老人」が、日本は200万人もいるのか?|健康・医療情報でQOLを高める〜ヘルスプレス/HEALTH PRESS  「日本では、高齢者が終末期に食べられなくなると、点滴や経管栄養(鼻チューブ、胃ろう)が行なわれます。寝たきりの本人は、何もわからないだけでなく、痰(たん)の吸引もされ(とても苦しいものです)、床ずれもできます。栄養の管を抜かないように手が縛られることもあります。このような最期を、本人が望んでいるはずもありません」、この言葉が重くのしかかってきます。あなたは、終末期医療での延命措置、望みますか?
9/10 鬼怒川で堤防決壊 茨城・常総市の住宅地に水があふれる【UPDATE】The Huffington Post  10日の茨城、栃木への降水量、多くの地域で、かって経験したことがないほどの雨量であり、鬼怒川水系では堤防から水があふれる「越水」が発生、広範囲で住宅地が浸水、また、常総市の新石下付近では午後0時50分ごろに堤防が決壊して氾濫したと報道されている。台風の影響といわれるが、地球全体でおきている異常気象の一部なのであろう。
9/10 組織委・森喜朗会長に辞任求める声相次ぐ 「白紙撤回の責任取れ」「会社ならクビ」 : J-CASTニュース 2020年の東京五輪を巡る様々な問題、その責任論として、大会組織委員会の森喜朗会長(78)に「辞めるべきだ」との声が上がり始めた。森喜朗氏、総理大臣時代にも、様々な失言があったが、今回の新国立競技場の問題では、『デザインを変えれば国際的な恥になるとし、「たった2500億円も出せなかったのかね」と漏らした』とされる。それにしても、この人は、過去の多くの自民党政治家に共通することだが、庶民の感覚とは遠く離れているようである。
9/10 日刊ゲンダイ|「国民を誤って導く結論」元法制局長官が“古巣”に異例の苦言 大森政輔・元内閣法制局長官が今回の「違憲」の安保法案に関して、『混乱の責任の一端が「内閣法制局」にもある』と指摘、さらに、「後輩や現役の人たちはもう一度考えてもらいたい」と指摘。過去一貫して集団的自衛権行使を憲法違反としてきた内閣法制局が、突然、それを合憲としたこと、まったく理解できないということだろう。憲法学者である斎藤文男氏は、「もはや審議をするほど法案のウソがばれるだけ。それも当然です。違憲立法なのだから。安倍政権は何が何でも法案を成立させるでしょうが、国民は引き続き、政府が勝手な運用ができないようプレッシャーをかけ続けるべきです」という。この常識を話すことさえもできない安倍政権、現内閣法制局,どこか異常である。
9/10 もはや無謀と言うしかない消費税率10%の公約 それでも安倍首相は消費税を引き上げるのか? | JBpress(日本ビジネスプレス) 2017年4月から消費税率を10%に引き上げる際、マイナンバーカードを使って食品、飲料に設定した軽減税率を還付することが財務省から提案されているが、先月、8月17日に発表された2015年4〜6月期GDP(国民総生産)速報値が、前期比年率−1.6%とマイナス成長に沈んでいる現在、はたして増税、そのものが可能かどうかの議論が先だろうと思う。
9/10 自民党・夏の選挙で「敗北、敗北、敗北」の衝撃! 総裁選無投票再選の陰で、「安倍政権の危機」が進行している  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 無投票再選が決まった安倍首相、政権基盤は強固と思われるているが、現実には、自民党政権崩壊が、早くも始まっている。この夏に行われた「地方選挙」では、そのほとんどが、自民党の敗北に終わっている。民意は、すでにアベノミクスに見切りをつけ始めたということだろう。これは協力与党である公明党に対する、その支持母体である創価学会からの安保法案取り下げの要求にも見える。沈み始めた泥船には乗りたくないのであろうと思う。
9/9 CNN.co.jp : 難民受け入れ渋る湾岸諸国に批判、日本に負担求める声も 波打ち際に横たわる子供の姿が世界に衝撃を与えているシリア難民問題、難民の多くがドイツを目指しているという。ここで不思議な思いにかられることがある。シリア周辺であるクウェート、バーレーン、アラブ首長国連邦といった裕福なペルシャ湾岸諸国が難民を受け入れていない事実である。また、ロシア、日本、シンガポール、韓国などの富裕国もまた難民を受け入れていない。積極的平和主義とは何であろう。他国の戦争の片棒をかつぐことはあるまい。
9/9 日刊ゲンダイ|軽減税率の導入は「面倒くさい」 麻生財務相のアキれた放言 「複数の税率を入れるのは面倒くさい」、麻生財務大臣の言である。麻生氏、かっては総理大臣経験者でもある。今は、内閣の重鎮たる財務大臣を担当する。しかし、この言をして、総理はもちろんであるが政治家として不適格であろう。彼の頭の中には省庁という国家のみで、国民は存在しない。実に愚である。
9/9 みんなの推薦 なす レシピ 2444品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが215万品 秋茄子は嫁にくわすな、その意味するところはさておき、まさに旬の秋茄子、そのまま塩もみもよし、煮びたし、焼いてもうまい。もちろんそれ以外にもいろんな料理の仕方がある。ぜひ、召しあがれ!
9/9 米国から見た日本の集団的自衛権審議 責任政党なら党利党略を排し、国家の未来を懸けた論戦を | JBpress(日本ビジネスプレス) 『国連憲章の第51条は、加盟国に対し武力攻撃が発生した場合には、「個別的又は集団的自衛の固有の権利」を行使することが認められているとしている。そしてサンフランシスコ講和条約、旧日米安全保障条約、日ソ共同宣言、現行の日米安全保障条約にも日本が集団的自衛権を保有することが明記されている。ところが日本政府は、我が国は「国際法上いわゆる集団的自衛権を有しているとしても、国権の発動としてこれを行使することは、憲法上の容認する自衛の措置の限界をこえるものであって許されない」(参議院決算委員会提出資料、1972年10月14日)とする内閣法制局による解釈をとっている。』とある。一つの国家の法体系において、国連憲章が優先されるべきか、憲法が優先されるべきか、それは自明であろう。
9/9 親の遺骨置き去りで逮捕 「納骨する金銭的余裕ない」の供述│NEWSポストセブン 火葬した後、墓に納骨せず遺骨を「置き去り」にする事例が増えているという。『置き去りにされる遺骨の多くに共通するのは、道端などに捨てるのではなく「忘れ物」を装って、電車の網棚の上や神社などの施設内に放置されている』、そうだが、置き去りをする側にも親族への愛情が残っているようにも思える。背景には貧困があるといわれるが、戦後ならいざ知らず、この現代において貧困が拡大している現状の原因のひとつとして、小泉政権以降の格差社会拡大があるのかもしれない。現在のアベノミクス、その格差をさらに広げているようである。
9/8 自民党総裁選:安倍首相、総裁再選 14年ぶり無投票 - 毎日新聞 自民党の総裁選、今回の安保法案成立後に起きるであろう自民党支持率の低下を見込んでいるのであるのかもしれない。誰もババは引きたくないということだろうか、まったくの無風状態である。これによって、安倍政治を是正する党内勢力はなくなった。もちろん、そうさせているのは、安保、外交、株価のつり上げに執心するおぼっちゃま政権中枢に対して、予算を使い放題の土建族である。気が付いてみれば昔の自民党にもどっただけである。
9/8 シリア難民に対するオバマ大統領の借り 立派な外交的レガシーの脚注では済まないシリア問題 | JBpress(日本ビジネスプレス) 安倍首相、あるいは自衛隊最高幹部が米国へ約束してきた集団的自衛権行使のための法整備だが、よくよく考えてみれば、現オバマ政権は過去の米国大統領政権に比べて圧倒的に国際的信用力を失っていることに気づくべきであろうと思う。オバマ政権下の米国は、もはやかっての軍事的抑止力を持っていない。さらに国際平和を主導する能力もない。日本は、場合によっては組んで従うべき相手を間違えている可能性がある。
9/8 秋の長雨・低温で野菜値上がり!ナスもきゅうりも例年の1・6倍 : J-CASTテレビウォッチ 8月のお盆以降、残暑が続くと思っていたら、急に涼しくなって、9月に入ってからは、長雨で低温が続いている状態。8日の東京都心の最低気温は20.7度、10月上旬並みだそうである。その影響で、野菜価格の高騰が目立つ。『葉物はもちろん、普段は値段が安定しているナスも平年の128円が1.6倍高の200円。キュウリは平年150円が238円と1.6倍に高騰しているという。買い物客も「高いですよ。なんでも」「食材を変えて、調整するみたいな感じですかね」と悲鳴を上げている。』、こまったことです。
9/8 消費税は5%に戻すしかない ?このままでは「失われた20年」に逆戻りする チャイナ・ショック!世界経済の「明日」を読む (3) | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 4-6月期の個人消費は、前期比0.8%減であり、国内の実体経済は低迷したままである。これにアベノミクスの最大の成果であるとされる株価が下がり始めている。今、もっとも必要な経済政策は、消費税を5%に戻すこと。はたして、これができるだろうか?
9/8 国会前デモで話題の学生団体「SEALDs」の深部に高橋源一郎が迫る!『民主主義ってなんだ?』 | ダ・ヴィンチニュース 今回の安倍政権による安保法案提出、とりわけ集団的自衛権によって海外において自衛隊の武器使用が可能になる、そのことに対して国民の半数以上が反対している。が、「民主主義ってなんだ?」とあらためて問われたとき、安倍政権は圧倒的大多数の民意によって政権を獲得した事実を忘れがちである。これは、消費税増税法案を成立させた民主党政権も同様である。日本の国民は、そろそろそのことに気がついてもいいと思うのだが。
9/7 日刊ゲンダイ|打倒安倍政権「最終抗戦」 大規模反対デモが全国各地に飛び火 最近、国会中継やテレビの討論番組を見ながら思ったことがある。自民党の佐藤正久国防部会長、他党の質問や、指摘に対して、そうではないと首を横に振るのが目につく。他者の意見にはまったく耳を貸さないようなしぐさ、法案の内容は別にして、なんとなく人をこばかにして入るようにも見える。これは安倍首相の他者をからかうような答弁の態度にも共通しているようにも見える。今の政治家の人品骨柄なのかもしれない。
9/7 2か月で3人 老人ホームで相次ぎ転落死 NHKニュース 川崎市幸区にある有料老人ホームで、去年11月から12月にかけての2か月間に80代から90代の男女合わせて3人の入所者が相次いで施設のベランダから転落して死亡したという。死亡した3人はいずれも4階から6階にある個室で暮らしており、ベランダの1メートル20センチの手すりを乗り越えて落下したと思われている。遺書などは見つかっていない。彼らに何があったのだろうか?
9/7 第四章 間違いのないサンマ選び方 | サンマ(秋刀魚)大辞典 | 釧路市漁業協同組合 サンマの季節、さて間違いのないそのサンマの買い方、ここにあります。ご参考に。
1.頭から背中にかけて盛り上がり、厚みのあるサンマの方がより脂が乗っています。
2.魚は内臓から悪くなるので、お腹が硬いサンマの方が新鮮です。
3.黒目の周りが濁ってなく、透明で澄んでいる事。
4.尻尾を持った時、刀の様に一直線に立つサンマは新鮮です。
5.口と尾が黄色いものは脂が乗って美味しいと言われているが、最近ではそうではないという説もあります。
9/7 オーディオ攻略メモ | オーディオマニアの趣味のサイト MP3プレイヤーが使われるようになって、最近はスマホでも音楽を聞くことができます。一方で、クラシックやジャズなど、音楽全体にひたりたい、そんなときにはやはりそれなりのオーディオシステムが必要となります。イヤホンで聞くのとスピーカーから音場として伝わってくうr音楽、やはり響きや余韻に違いが出ると思います。かってのバブル終焉頃まで日本のメーカーが競って製造していた高級オーディオの中古製品が、比較的手に入りやすい価格で売られています。。
9/7 こんなに違った! 日本人とドイツ人の「夜」の国民性 口説き文句は合理的、男も女も◯◯が大好き | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 「ドイツ人は本当に紳士で真面目です。口説き文句も合理的で、初めての夜、彼は『僕はとても興奮していて、お互いに好きあっていることは分かっている。今、セックスをしない理由がないじゃないか』って。セックスに関しても、一つ一つに実直に取り組むし、それでいて緻密。私が感じるためなら執拗に責めてくれるし、自分が気持ちよくなるために努力も惜しまない」、だそうである。女性に対する思いやり、日本の男性も学ぶところ大かもしれません。ご参考に。
9/4 東京新聞:安保法案強行採決 6野党、阻止で一致:政治(TOKYO Web) 6野党が協力して、安保法案の強行採決を阻止するそうである。その意気込みはいいが、参院で時間切れになったとしても、法案は自動的に成立してしまう。その権限を与えたのは国民であることは明らかだが、その状況を作ったのは前民主党野田内閣である。仮に来年の参院選があったとしても、こうした民主党勢力に中に、野田、菅がいるかぎり、野党は政権を自民党から奪還することはできないであろう。遠回りのようだが、民主党の解体、lここから野党再編をしなければならない。
9/4 小泉今日子、48歳。女優ということであろうが、昔の48歳とは驚くべきほどの若さである。 諸氏の奥方、磨き方によっては、まだまだ美しさをたもてるはず。どうせうちの女房なんてと思っている御仁、美しくなった奥方が他の男にとられる・・・知らぬは亭主ばかりなりということにも。化粧は、女性を根本から変える。
9/4 日刊ゲンダイ|「血の抗争勃発」の噂が 山口組分裂で歌舞伎町は厳重警戒 日本最大の指定暴力団山口組の分裂、毎日テレビのワイドショーでもとりあげられ、また官邸の注目をも集めているようである。山口組の内部分裂によって、武闘派として知られている山健組や宅見組など13団体が新たな団体をつくると予想されている。この脱退組はおよそ3500〜4000人、まさに本家山口組との“血の抗争”が勃発するのは時間の問題とみられている。その主戦場は神戸、名古屋、そして東京の歌舞伎町とのこと。繁華街には近づかないほうが無難。
9/4 日本のやくざとは? 60秒で解説 | JBpress | kinora(キノーラ) さて、その山口組、海外ではこう紹介されている。やくざとは世界語になっているようである。
9/4 年収600万円、退職金3000万円でも危ない「老後破産」年金だけでは毎月4万円の赤字 : J-CASTテレビウォッチ 「下流老人」、老後を年金や貯蓄だけでは生活できなくなり、生活保護にたよらざるを得なくなっている高齢者を、最近はこう呼ぶようである。昭和の時代、1億総中流といい、老後も含めて人並みに一生を終える、それが普通だった。今、それが崩れ始めている。国は社会保障費の財源を増税等で対応しようとしているが、現実には不可能であろうと思われる。このままいけば、この国は確実に高齢者によって崩壊する。必要なのは、高齢者の救済ではない。自立し、稼げる高齢者を増やすことである。75歳まで働ける社会を作り直す必要があるのかもしれない。
9/4 珍しくない高齢期の不倫 『日本性科学会の熟年シングル(40〜70歳代)の調査でも、「交際相手に配偶者はいるか?」という質問に対し、「いる」と答えた人が女性では53%、男性では21%いました。反響特集でも書いたラブホテルでも、高齢男性と随分年下の女性のカップルが目立つようです。高齢期で珍しくなくなっている不倫関係。あなたはどう考えますか?』とある。時代とともに性愛のあり方は変わってきているようにも思える。が、男女の仲、多情多恨でもある。 
9/3 秋の大北海道展|京王百貨店 新宿店 いよいよ食欲の秋、恒例の秋の大北海道展が2日から新宿京王百貨店で開催中。『世界に誇る食の宝庫から人気のグルメが大集合!ラーメン、寿司、ビールに合う肉料理なども会場で食べられます。また、海鮮丼などの大きさが選べる「でっかい丼」「ちっさい丼」が新登場!アイスクリームや抹茶スイーツ、話題の北海道みやげも多彩です。』、旬の北海道グルメ、個数限定もあるので午前中、早めに出かけるのがいいかもしれません。
9/3 日刊ゲンダイ|公明党・創価学会を揺さぶる 池田大作名誉会長のメッセージ この記事の中に、池田大作氏の言葉である。〈国防のためだから、国民の税金を軍備の拡充のために注ぐのは当然だという、政府・権力の言い分は、まやかしにすぎません。それにもまして悪質なのは、国を防衛するためといって、青年たちに生命の犠牲を求めるペテン行為です。なぜなら政治権力の多くは、この“防衛”を口実につくりあげた軍事力によって“侵略”を行い、他国民も自国民も、ともに苦難のどん底へと叩き込んできたのですから――。本当に“防衛”のためだった例は、きわめて稀でしかなかったのではないでしょうか〉〈問題は、あらゆる国が他国からの侵略を前提として自衛権を主張し、武力を強化しており、その結果として、現実の国際社会に人類の生存を脅かす戦争の危険が充満していることです〉。ひとつの常識であろうと思う。
9/3 富士山噴火で何が起こるのか?2時間で首都圏に火山灰到達!2週間降り続く : J-CASTテレビウォッチ 富士山が噴火したらどうなる?この疑問に対しては、「噴火から30時間で太平洋側の新東名高速道路に噴出したマグマが到達し、40時間後に東名高速道路を襲います。道路は寸断されるし近隣の家屋は焼かれる。(静岡県南部は)壊滅状態になります」。さらに、「火山灰は西風に乗って東京方面に流れると予想される。富士山周辺は50センチ、小田原で30センチ、横浜10センチ、東京都心や千葉、埼玉南部は2センチの火山灰が降り積もることがわかった。しかも、千葉に到達するのは噴火からわずか2時間後だ。」だそうである。なお、火山灰については、体内に入ると、気管支炎などの病気を併発するとのこと。万が一に備えてマスクは常備しておいたほうが無難。冬場はインフルエンザ対策に使えます。
9/3 オリンパスOLYMPUS 家族想いスイッチ「こころのオーディション」 東北大震災以降、見直された言葉「絆」、その根本は家族にある。家族とともに暮らす、これが現代の日本社会にとってもっとも重要なキーワードである。この点、政治家も役人も、まったく理解できていないように見える。今回のオリンピックが我々に教えるもの、おバカな政治家、役人が日本をダメにするということである。とりわけ、現在の与党自民党、その知的水準は前民主党内閣に次いで、戦後最低であろうと思う。
9/3 1機200億円余のオスプレイが尖閣防衛で役に立たない理由|田岡俊次の戦略目からウロコ|ダイヤモンド・オンライン 日本政府は、米陸軍では採用されず、海兵隊もその採用を見送ったが米議会の圧力にいり採用という米国の小型輸送機MV22(オスプレイ)12機をおよそ1機211億円、総額2400億円をかけて購入する。尖閣諸島や島嶼部での防衛にはおよそ役に立たないこの兵器の購入、実に不思議である。太平洋戦争が我々に教えたのは制空権の支配が、戦争の勝敗の趨勢を決定するということである。オスプレイは、この点においても不可解である。
9/2 生活保護受給世帯 過去最多を更新 NHKニュース 厚生労働省の報告によれば「生活保護を受けている世帯は、ことし6月の時点でおよそ162万5900世帯となり、高齢者世帯の受給が増えたことを背景にこれまでで最も多くなりました。」、であるという。高齢者世帯の受給が増えたことの単純な理由として、年金では暮らせない、十分な老後資金がないということだろう。この解決は、2世代・3世代居住、そのための住居確保として企業正社員率の増加が必要である。非正規社員では、通常、いかなる金融機関でも住宅ローンを組むことができない。国を富ませるための内需拡大には非正規社員拡大はマイナスである。国はそろそろ、輸出型から内需型へ経済政策を改めるべくであろう。その意味で、アベノミクスは戦後最悪の経済政策である。
9/2 東京新聞:五輪エンブレム撤回決定 動かぬ組織委の責任重く:社会(TOKYO Web) 今回のエンブレム撤回、さらには新国立競技場建設案白紙撤回を考えると、どうも、大会組織委員会、そのものに病巣がひそんでいるように思える。大会組織委員会の役員を見ると、天下り官僚や国内の大企業役員の名前が連なっている。これを別の角度から見れば、オリンピックとは巨大事業であり、巨大利権の塊の他ならない。そうした亡者のひしめく大会組織委員会、ものごとは簡単には決められない、ということだろう。
9/2 CNN.co.jp : 米国防長官、半島情勢悪化への対応言明 「北に勝算なし」 アシュトン・カーター米国防長官が、北朝鮮が韓国を攻撃すれば米国は対応する考えであり、もし戦闘に突入した場合、北朝鮮に勝算はないと強調。北朝鮮に対する牽制であろうが、これは同時に現在中国に擦り寄ろうとしている韓国朴槿恵政権への牽制でもある。韓国を守るのは中国ではなく米国であると。
9/2 多くの映画が警鐘を鳴らす地球温暖化の悲劇 現実逃避の旅から現実を見つめる旅へ | JBpress(日本ビジネスプレス) 今夏、猛暑だったのは日本だけではない。ドイツでは気温が40度を超えたという。インドでは熱波で2000人以上が死亡。とにかく世界中の天候が狂っている。その原因として考えられる地球温暖化、このまま行くと、地球的飢餓状況が生まれるのかもしれない。
9/2 8.30国会デモに有名人が続々参加…そしてあの作家も俳優も安保法制反対の声を上げていた|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見 〈戦後70年というが、ボクは今81才、その70年のすべてを生きて来た〉というのは、テレビ司会者として活躍してきた大橋巨泉だ。戦争体験者である大橋は戦中の苦労を綴り、〈小学生に松の根を掘らせて、その油で飛行機を飛ばそうとする国が、テキサスでバンバン石油が出る国と、戦争を続けようとしたのだから、この国のリーダー達の頭は狂っているとしか思えない。その人達が祀られている神社に、首相がお参りする国も、まともとは思えないが……〉〈先生の説明で、もう小学生に松の根を掘らせてまで、戦争をしなくてもよくなったと知った。これが日本の生きる道だと信じた。もう二度と価値観の逆転はイヤだ。しかし今、これをやろうとする首相以下の集団が居る。彼らは戦争がどんなものか知らない。ボクらは知って居る。しかしボクらは少数派、しかも日に日にその数は減っている。諦めるしかないのか!?〉、80歳になる大橋巨泉の言葉である。
9/1 2度の修正を経て、このエンブレムに決定した経緯 テレ朝NEWS  オリンピック大会組織委員会、いったい、どういう人間が運営しているのか。実に首を傾げる事態である。佐野研二郎氏のデザインしたエンブレムを、デザイン変更経緯を説明しながら、「別物で盗作にはあたらない」といったが、そのデザイン経緯においてもあらたな盗作疑惑が指摘される始末。
9/1 42道府県が移転提案 - 69の政府機関 | マイナビニュース 「中央省庁や国の研究機関などの地方移転に関し、42道府県から計69機関の誘致の提案があった」と政府の発表があった。これは実にいいことである。行政の中央集権を地方に分担化する、いわば米国のように、一定程度の連邦政府と州政府の権限のすみ分けは必要と思う。現代日本の病巣、すべて官僚による中央集権と無能な政治家にあることは、ご存知の通りである。
9/1 日刊ゲンダイ|「南関東は震度5に襲われる」…専門筋が警告する地域とは? 「村井氏が南関東を「要警戒地域(震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い)」としたのは初めてのこと。改めて、最新(8月26日発行)の「週刊MEGA地震予測」をチェックすると、〈要警戒地域は、北信越地方・岐阜県、南関東地方(駿河湾、相模湾、東京湾に面する地域・伊豆諸島)〉とある。北信越地方・岐阜県は、〈御嶽山および浅間山の近くも異常変動が見られました。隆起・沈降図を見ますと岐阜県は沈降が見られます。火山噴火も視野に入れて、1、2カ月以内に震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い〉。南関東は〈隆起・沈降図を見ますと駿河湾に面した地域は沈降しています。9月くらいまでは引き続き要警戒です〉という。」と報告されている。ご注意を!
9/1 【覚醒せよ日本】国際情勢を無視する安保反対派の異常性 空理空論で審議妨害する余裕はない (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 「安全保障関連法案の国会審議を見ていると、反対派の極端な異常性を思い知らされる。安全保障に関する世界の常識と正反対のことを、彼らは主張しているのだ。日本周辺の現状を考えると、安保法案は即座に国会を通さなければならない。空理・空論で国会審議を妨害している余裕などまったくない。」という意見がある。これも一理ある。が、日本が法治国家である以上、一内閣の憲法解釈で外国における集団的自衛権の行使を容認するべきでは決してない。むしろ、眼前の危機に対して、本筋の憲法改正について国民的議論を行うべきであろう。この国の未来は国民が決める。それが民主主義である。
9/1 船橋のなし | 全国有数の梨生産地、船橋のなし情報サイト 八百屋の店頭に、桃、スイカ、いちじく、ぶどうなどの間に梨のすがたが見え始めた。早いもので、この秋雨前線の下、あれほどの猛暑が嘘のように、秋の到来を告げている。りんごの姿も見える。いよいよ食欲の秋です。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2015年9月の掲載



Copyright 爽快倶楽部