TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2014年10月の掲載




10/31 2014全国紅葉最前線|観るなび 明日からの3連休、ぜひ紅葉狩りにお出かけありたいと思います。関東以北、比較的標高の高いところでは見頃をむかえていると思います。忙中閑アリ、紅くそまる山々に見とれるのもいい!
10/31 東京株、7年ぶり高値=追加緩和で一時800円超 -円、6年10カ月ぶり111円台 - WSJ 株価が上がれば企業は資金調達がしやすくなり、それによって設備投資、企業拡大につながる、これが一般的な考え方である。が、日本のほとんどの企業は、そうした前向きな姿勢にはない。記録的な利益を出しても、ほとんどが内部留保にまわり設備投資どころか社員の給料までには回ってこない。これが日本の経済の現状である。円安は進み、今は1ドル=110円台である。今後さらに進み115円近辺までなる可能性がある。1ドル=100円のときに比べれば実に15%の円安である。株価は上がっても経済活動は活発にならず、給料は上がらず、円安によって物価だけあがる。これはまさにスタグフレーションである。いま、日銀の財政ファイナンスと合わせて、日本は最悪のシナリオの中にあるといえる。経済学者はこれを言うべきであろう。
10/31 日銀が追加緩和決定、国債買い入れ年間30兆円拡大 - Bloomberg 日銀が国が発行する国債を買い入れる、ようするに政府の借金を日銀が肩代わりする。日銀も政府の機関である。思えば不思議なことである。では日銀が買い入れた国債はどうなるのか、考えるとわからなくなる。素人考えからすると、これは単なるカラクリであり、国債の暴落として、近い将来必ず破綻する、そう思えるのだが、どうだろう?
10/31 放射線についてはじめて語る人間だから言えること:JBpress(日本ビジネスプレス) 福島原発事故被災地に住む方の言である。『当たり前だが、正解はない。だから、放射線を危険と思うか、安全の範囲内だと思うかは、個人の判断に委ねられている。その個人個人がやっとの思いで下した決断に対して、間接的にせよ「その考えは間違っているよ」という非難が介入すれば、冒頭のような揺らぎを生ずるのは当たり前のことである。「そういう正義に基づく批判が、被災地の復興を決定的に遅らせている」ということに、お互い早く気付いて欲しい。』
10/31 【内閣府 その3】 国家公務員改革:優秀な官僚が国益を考え、志高く働ける環境を整えよ!  | 堀義人「100の行動」 | 現代ビジネス [講談社] 「優秀な官僚が国益を考え、志高く働ける環境を整えよ!」とあります。これもひとつの考え方だが、官僚が政策を立案し予算を組む、この方法がすでに破綻しているのではないかと思う。優秀な人材は民間にいくらでもいる。そうした人材を中心に政治を組み立てる、もう、そういう時代になっているように思う。省庁の重要ポストは外部から登用する、それを考えてみてはどうだろうか?
10/30 日本提出の核軍縮決議案を採択…国連総会委員会 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 日本が国連に提出した核軍縮決議案「核兵器の全面的廃絶に向けた共同行動」が賛成163、反対1、棄権14で採択された。核兵器とは不思議な存在である。それを使ってしまえば国家は確実に滅亡する、その恐怖を戦争の抑止力として使う。恐怖の中でしか平和を保てない人類とは、実に愚かである。
10/30 本日は「卵かけごはんの日」で「日本たまごかけごはんシンポジウム」が制定|面白ニュース 秒刊SUNDAY 10月30日は「卵かけご飯の日」であるそうな。それはそれとして、新鮮なたまごに醤油をたらして、ご飯にかけていただく、単純な食べ方であるが、これがまたうまい!
10/30 フクシマの原発事故は収束していない 核問題の専門家、マキジャニ博士に聞く(前篇):JBpress(日本ビジネスプレス) 核問題専門家の意見である。「冷却水を循環させていますから、比較的低い温度に保たれているでしょう。メルトダウンは止まったとはいえ、1号機の燃料棒は完全に溶け落ち、地表水などを介して地下水にも放射性物質が漏出している。ストロンチウム90を大量に含んだ水が毎日環境に放出されている。しかし、環境への被害について、政府が公表に前向きだとは思えません。」、福島の海で何が起きているのか、国民にこの情報は本当に正しく伝えられているのだろうか?
10/30 この3連休におすすめ「紅葉狩り」新情報!箱根、湯沢、京都、鳴子峡、大山... : J-CASTテレビウォッチ 今年の紅葉は10年に1度の紅葉の当たり年だそうです。夏から秋への急激な冷え込みがあり、さらに「朝晩と日中の寒暖差が大きいため葉っぱの色づきが鮮やかなんです」ということ。10年に一度、ぜひ、お出かけを!
10/30 円安による物価上 1年後には月3千円弱の家計負担増の試算も│NEWSポストセブン アベノミクスとは要するに物価を上げtインフレを起こすということである。「政府はデフレを脱却するために、アベノミクスと呼ばれる経済政策の中で大胆な金融緩和を実施しています。それによって市場に多くの円が出回り、一方でアメリカは大胆な金融緩和を終了しようとしているため、ドルに対して円の価値が下がる(ドル高円安)。ドル高円安になると、たとえばこれまで1ドルのモノを輸入するときに100円払っていたところを110円払わなくてはいけなくなる。企業が原材料などを輸入する際の負担額が増えてしまう。最近の値上げラッシュは、この負担増が商品の価格に反映されたものなのです」。収入も増えればいいが、そうはいかない。
10/29 日刊ゲンダイ|塩崎厚労相にも浮上 小渕氏に酷似した「公選法違反」の疑い 「うちわ」で大臣が辞職し、こんどはカレンダーだという。『塩崎大臣の政治団体「塩崎恭久後援会」の収支報告書を見ると、「カレンダー印刷代」として、10年2月に30万4500円、11年1、12月に計28万7700円を支出。支払先はいずれも地元・松山市の印刷会社だ。11年1、2月は「カレンダーデザイン・写真撮影代」で21万円を計上している。記載通りなら、塩崎大臣は「選挙区内で撮影した写真」を使って、「選挙区内でカレンダーを印刷」した。わざわざ30万円もかけて作ったカレンダーを一体、何に使ったのか。仮に選挙区内で配布したなら「アウト」だろう。』だそうである。
10/29 新たな危険水域に突入した北朝鮮の核武装 在韓米軍司令官が言明、ついに核弾頭の小型化を達成か?:JBpress(日本ビジネスプレス) 「北朝鮮がついに米国本土に到達し得る長距離弾道ミサイルに核弾頭を装備する能力を得たようだ――。」とは、韓国駐留米軍の司令官の言である。北朝鮮の核キサイルが米国に到達できるということは、当然ながら日本にも到達する。それはさておき、核を使用することは、その国家の死滅を意味する。北朝鮮は、それを理解しているのだろうか。
10/29 今年は「暖冬・大雪」暖気と寒気がぶつる日本列島を爆弾低気圧通過 : J-CASTテレビウォッチ 今冬は暖冬だが、大雪である、気象庁の予報です。「暖冬だと普段は雪が降らない太平洋側で雪が降るんです。今の寒さはこれが底で、これからまた温かくなりますが、寒暖の差が大きくなります」とのこと、寒暖の差が大きくなると、なにかと体調を崩しやすくなるので、着るものは臨機応変に。
10/29 原発汚染水放出後のモニタリング 水産庁も海保も責任逃れ│NEWSポストセブン とかく役人のやることは・・・。<ところが、(緊急時の放射線モニタリングを担当する)文部科学省は一切やる気がないと。水産庁に言ったら水産庁は、そんなところの魚は食べないので、食べない魚は測りませんと言ったんです。では海上保安庁に測ってくれと言ったら、海上保安庁には釣り竿がないと、船はあるけれども><厚生労働省も呼んだんです。(厚労省職員が)そんな放射性物質を含んでいる水のところに行ったら健康によくないとかいう話まであって、それで(厚労省は)基準を作れとか何とかと言ったのだけれども、基準を作っている時間はないのでとにかく測ってくれと言って、水だけ取って>、ということ。彼らのいう安全、本当に信じていいのだろうか。
10/29 国レベルで初の日本海震源の想定 最大23・4メートル、最短1分で到達 計画見直し迫られる自治体も[津波]  | 毎日フォーラム〜毎日新聞社 | 現代ビジネス [講談社] 日本海を震源とする地震による津波の想定について、最大で23・4メートルの高さに達し到達時間は最短で1分という調査結果が出た。これからすれば、海岸地殻の海抜の低いところに住んでいる人は、およそ避難する時間もないことになる。さらに原発の立地するところでは、この津波の高さに対処する必要も出てくる。地震大国、日本の現状、何らかの対策が必要であろう。
10/28 移民を受け入れれば大量の中国人を日本人の税金で養うことに - 政治・社会 - ZAKZAK 少子高齢化による労働力不足、これを補うのに移民を受け入れる、そうした議論が政府内でなされているようである。それはたしかにひとつの方法に違いないが、日本には本当に労働力はないのだろうか。高齢化が進む国であるならば、高齢者の労働力こそ見直すべきではないかと思う。世界で初めて高齢者が働き手の中心となる、そんな社会を目指してもいいと思う。高齢者が働き、稼ぎ、納税、社会保険料を負担する、それができれば国の財政も安定する。今の日本に必要なのは発想の転換である。
10/28 原油安の勝者と敗者(上):JBpress(日本ビジネスプレス) 世界的に原油価格が下がっているが、日本に輸入される原油は高いままである。理由としては政策的な円安誘導があるが、それにまして石油、天然ガス資源輸入の長期的戦略を持たないことが最大の理由である。
10/28 日本経済「隠された真実」ゴマかす、誇張する、知らんぷりする 安倍官邸と大新聞「景気は順調」詐欺の全手口 「消費税10%」のために、そこまでやるか! | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 『日々、買い物をしていれば、誰もが感じるだろう。景気回復なんて大嘘で、むしろ悪くなっているのではないか、と。だが、政府と大手紙は「景気は順調」と強弁する。国家的詐欺の内実を暴く。』とある。国民のほとんどがそう感じているはずである。景気は良くなったか、Noである。景気が良くなれば税収が上がる、そうなれば増税は必要なくなり、逆に減税によって消費は増え、それにより景気はさらに上向く。アベノミクス、やっていることは逆のように思える。
10/28 近い将来、スーパー台風が日本を頻繁に襲う | 日刊SPA! 近年起きている集中豪雨や巨大台風、さらに異常な暑さや寒さ、こうした異常気象は、地球温暖化の進行によるものであるといわれている。「日本の気象庁での定義では、『異常気象』とは30年に1回起きる極端な気象現象のことですが、温暖化の進行により、これまで数十年に1回だったものが、10年に1回というような頻度で起きるようになる」、これは現実であり、世界でも同様なことが起きている。やがてかってないほどの巨大台風が発生し、最大風速は地上で80mにも達する可能性も出てきている。地球はそういう状況にある。
10/28 さつまいものレシピ 33129品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが186万品 さつまいもですぐに思い当たるのがいわゆる焼き芋ですが、さつまいもを使った料理は、このほかにもたくさんあります。手軽にできるのがさつまいもを使ったサラダや、昔からのさつまいも炊き込みごはん。ぜひ、お試しを!
10/27 日刊ゲンダイ|安倍内閣支持率 「W辞任」影響で読売・日経でも大幅ダウン 女性大臣二人の同時辞任によって、安倍内閣の支持率が大きく下落した。「24〜26日に調査した日経では、内閣支持率が48%。9月末の前回より5ポイント下がり、今年7月と並んで第2次安倍内閣では最低だった。内閣改造の“ご祝儀”分が剥げ落ちた形だ。不支持率も5ポイント上昇し、36%だった。」「24、25日に調査した読売では、内閣支持率は53%。10月上旬の前回調査は62%で、9ポイントも下落したことになる。不支持率も7ポイント上昇して37%だった。」というものである。当然といえば当然だが、別の見方からすれば、よくこれだけで済んでいるともいえる。要は、現在の自民党にかわる政党が存在しない、そういうことである。
10/27 CNN.co.jp : 州政府の強制隔離を連邦政府が懸念 「人権侵害」の声も エボラ出血熱 米ニュージャージー州でエボラ出血熱の流行地域から帰国した医療従事者を強制隔離をしたが、これを人権侵害として連邦政府が懸念を示しているという。まだ、発症していない段階での強制隔離は行きすぎかもしれないが、実際に発症した場合、ウィルスのキャリアとして行動して場合、感染拡大を助長する、そういう問題もある。人類が経験した918年〜19年にかけて全世界的に流行したスペインかぜでは、感染者6億人、死者4,000〜5,000万人と推定されている。エボラ出血熱は、空気感染をしないといわれているので、そうした心配はなかろうが、死亡率の高さからすれば、やはりなんらか対策は必要となる。難しい問題である。
10/27 焦点:首相周辺で消費増税延期が優勢、景気腰折れ懸念 | Reuters  政府内部で来年の消費税増税に対して懸念の声があがり始めている。「3%引き上げてわずか1年半後に、さらに増税する国が世界のどこにあるのだろうか」、当然である。現実に物価の上昇だけが先行し賃金の上昇が追いついていない。年金生活者にとっては、給付が減るだけで、生活は徐々に追い詰めれらている。現代社会は、かってあった所得倍増、高度成長経済とはまったく構造が違う。アベノミクス、所詮は張子のトラに過ぎない。
10/27 昼寝はOK?散歩は?認知症にならないための|一日の時間割り |特別付録 認知症予防のための「記憶力アップ」テスト全10問 数値で見るあなたの「認知症」度第3部  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 60歳を過ぎたあたりから、物忘れの頻度が多くなる。これは一般的だが、はたしてそれが認知症の前兆なのか、そう不安に思う方は少なくないはず。まずはともあれ認知症予防のための記憶力テストをおお試しあれ!
10/27 「地方創生」論議で注目、増田レポート「地方が消滅する」は本当か? 木下斉 | THE PAGE(ザ・ページ) ここに興味深い指摘がある。「国のモデル事業に取り組んで幸せになった地域はどれだけあるでしょうか。私はあまり知りません。むしろ、せっかく地道な努力を行って成果を出していた取り組みが、ある日、国からの莫大な予算を与えられ、それが要因になって潰れてしまった事例を目の当たりにしたこともあります。「地方消滅」と煽り、国が積極的に関与して、自治体に計画をたてさせ、それに予算をつけるといった従来型の政策を今回もまた繰り返せば、ますます地方の消滅を早めてしまいかねないと思います。」。国も自治体もまた、同じ過ちを繰り返そうとしている。
10/24 日刊ゲンダイ|官邸が旗振り 「年功序列賃金見直し」は単なる労働者いじめ 政府が「年功序列型賃金」の見直しをするという。単純にいえば、社員の給料が高いので、企業の国際競争力が低下している、そのためには人件費をおさえる必要がある、そういうことである。これを別の角度から考えると、優秀な社員は給与の高い企業に集まっていく、辞められた企業は、それによって企業はさらに収益が落ちる、そういう結果になるということである。企業は人である。人を大事にしない企業は決して成長しない。少子化の時代にたいして逆行するように思える。
10/24 秋の夜長...眠りに誘う「ネムリエール」かすかな振動と音で副交感神経刺激 : J-CASTテレビウォッチ  不眠に悩む高齢者は少なくないとおもう。実際、私が知かぎりにおいても医者から睡眠導入剤を処方されている高齢者はかなりの数にのぼる。できれば、こうした薬剤にたよらずに眠れるのがよいはずである。効果のほどは人それぞれだろうが、この「ネムリエール」(税込3780円)、「片手にスッポリ入る卵形のもので、ボタンを押すとかすかに振動し始め、耳を近づけると心臓の鼓動のような音がする。この一定のリズムが脳を刺激して心地よい眠りに誘う効果があるらしい。」というもの、試してみてはいかが。
10/24 デタラメ治療の結果 糖尿病で年間3000人以上が失明、足切断│NEWSポストセブン 世界の常識と日本の常識の違い、医学の分野でもあるようである。『かつて米国糖尿病学会は3大栄養素(糖質、たんぱく質、脂質)のうち「たんぱく質や脂質も血糖に変わる」としていたが、研究が進み「糖質のみが血糖値を上げる」と2004年に見解を改めた。これが他の先進国も認める「国際基準」だ。唯一、血糖値を上げる糖質を制限すれば、血糖値上昇を抑えられる私の提唱する糖質制限食はこのシンプルな事実に基づく。』、これに対して日本では 「血糖値に影響を及ぼす栄養素は主として炭水化物だが、脂質とたんぱく質も影響を及ぼす」とする。どちらが正しいのだろうか。
10/24 財政難はともかく、そろそろ腹を割って語らないか 「正直、消費税10%ってどうよ?」大ホンネ調査|News&Analysis|ダイヤモンド・オンライン 来年の消費税増税に対しして各新聞社の調査によると、読売新聞は「反対」68%、「賛成」28%、日経新聞は「反対」66%、「賛成」28%である。ともに政府よりとされる新聞社の調査結果である。4月の消費税増税以降、円安による物価高、一方でいっこうに増えない収入を考えれば当然の結果といえよう。
10/24 神風特攻隊、はじめての出撃から70年【画像】 10月21日は太平洋戦争中に日本軍が行った「神風特別攻撃隊」が最初に出撃してから、ちょうど70年だという。この特攻に出撃した若き兵士達の心は、軽々しく言えるものではない。が、死ぬとわかって出撃させた当時の軍司令部はいかに愚かだったろうか。兵は殺すためにあるのではない。生きて戦うためにこそを存在する。誉れの死、あるいは無念の死というなら、おそらくは無念の死にちがいない。だからこそ、彼らの死に報いるには何をすべきなのか、今の我々に問われていることである。
10/23 エボラ出血熱感染者数、1万人に迫る コンゴでも発生=WHO - WSJ 西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネで発生しているエボラ熱が急速に感染を広げている。米国、欧州への感染拡大も懸念されており、日本もその例外では決してない。エボラ出血熱の症状は高熱や体内出血で、潜伏期間が最大21日、体液を通じて人に感染するということなので空気感染の心配はないが、アフリカ地域への旅行は注意が必要である。
10/23 日刊ゲンダイ|年金運用の株比率上げ報道 “塩崎厚労相銘柄”に市場が注目 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人=運用資産約127兆円)の株式投資運用が検討されている。仮に「GPIFは日本株比率を12%から20%台半ばまで高める」ということになれば約10兆円の資金が株式市場に流れ込み、株価は一時的に上がり、それをもって政府は景気回復というのだろうが、それは単なるマネーゲームでしかない。さらに投資によって損を出した場合には、投資総額25兆円に対して10%ならば2.5兆円、20%ならば5兆円の損がでる。
10/23 「信濃川地震帯」が危ない 御嶽山噴火後も続く危機の連鎖:JBpress(日本ビジネスプレス) 「今後数カ月の間に、長野県から新潟県にわたって存在する『信濃川地震帯』でマグニチュード6〜7クラス(注)の地震の発生が予測される」という指摘がある。火山噴火と地震発生の関係、ここから見えるのは『つまり、噴火と地震の発生場所がほぼ変わらず、発生の周期だけ変わるのであり、「噴火や地震のエネルギーの増減に基づいて周期をきちんと算定すれば、噴火や地震はいつ、どの辺で発生しそうかという見当はつけられる」というわけだ。』ということ。かって日本沈没なるSF小説があったが、その危険性はゼロではないようである。
10/23 経済成長率目標が達成できぬとハイパーインフレの可能性あり│NEWSポストセブン 「このまま丸2年が経過してアベノミクスのメッキが剥がれ、経済成長率の目標が達成できないことが露呈したら、どうなるか? 日本国債が暴落し、ハイパーインフレになる可能性が非常に高い。消費税率10%への引き上げを見送ればなおさらだ(増税して景気が低迷すれば過去20年の低迷がそのまま続くだけで、そのほうがダメージは少ない)。」という消費税増税必要論だが、そもそも10%の消費税は所詮付け焼刃ではないのか。どちらにしてもこれからの時代、高齢者には住みにくい世の中になるのはあきらかである。
10/23 安倍政権の雇用改革がヒドい! 社員のクビ切り自由化、派遣の固定化も! |LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見 アベノミススに浮かれてきたこの2年、安倍政権があらたに検討しているのが「雇用制度改革(雇用規制緩和)」。実態は社員の首切りの自由化である。安倍晋三首相による「世界でいちばん企業が活躍しやすい国を目指す」はもっともな政策に聞こえるが、それによって企業の生産性の低下、社員の向上心の悪化によるダメージを考えていないように思える。この改革が実現したとすれば、一番儲かるのは人材派遣会社であろう。若い人々の生活の安定化という希望を奪ってはいけない。
10/22 レーダー配備、米軍中隊が発足 京都・京丹後 : 京都新聞 ミサイル防衛用早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」が米軍経ケ岬通信所(京丹後市丹後町)に搬入された。北朝鮮はもちろん、中国のミサイル脅威が現実に存在する今、これは必要不可欠な防衛体制なのであろう。一方で、こうした基地が存在することによって有事の際に攻撃目標にされる危険もある。難しい問題である。
10/22 CNN.co.jp : 甘い清涼飲料水は老化を促進させる? 米研究  米医学誌び「糖分を多く含んだ清涼飲料水には、白血球の老化を促進させる作用があるかもしれない」という論文が掲載された。むずかしい話はさておき、「この調査では、成人の5人に1人が毎日590ミリリットル以上の清涼飲料水を飲むと回答。研究チームによれば、毎日この量を飲み続けると、4.6年分の老化が進む可能性があるという」ということ。要するに糖分の摂りすぎによって老化が進むということのようである。甘党の方、要注意です。
10/22 社説:一筋縄ではいかない日本の経済問題:JBpress(日本ビジネスプレス) 英フィナンシャル・タイムズ紙の社説の結びにこうあった。「次の総選挙は2016年の予定であり、安倍氏にはまだ時間がある。しかし、アベノミクスにあったあの熱気は失われた。安倍氏はこれまでの路線を堅持しなければならない。ほかのことに気を取られてはならない。しかし、問題が奇跡的に解決されることなど、誰も期待すべきではない。」、冷静に考えればこういうことだろう。
10/22 [鍋] 料理レシピ一覧|みんなのきょうの料理 晩になれば肌寒さを感じるようになったこのごろ、そろそろ鍋料理もいいかなと思っているご家庭も少なくないかもしれません。味噌、醤油、塩味、最近はちょっと辛めなキムチ味、さらに西洋風コンソメ味などもあって、鍋料理もかなり種類が増えてきました。ともあれ、鍋料理は煮込んで柔らかくなった野菜をたっぷりいただけるので、体にもやさしいと思います。
10/22 浅草ロック座:運営会社が破産…老舗ストリップ劇場 - 毎日新聞 ご婦人方からは顰蹙を買うこと覚悟でこの記事を取り上げています。東京・浅草の老舗ストリップ劇場「浅草ロック座」が破産した。我々の若い時代にはアダルトビデオもなければ、インターネットもなく、いわゆるエロ本やストリップ劇場が若い男性の性欲解消の方法のひとつだった。さて、ストリップ劇場がなくなるという。やはり世の中は変わってきたのだと思う。話は少しそれるが、外国にはご婦人のための男性ストリップクラブがあるそうである。すべてに当てはまるわけではないが、健康な女性であれば一定の性欲はあるわけで、それを解消するためにはひとつの方法かもしれない。少なくとも不倫などで家庭不和になるよりもよいかもしれません。
10/21 9月の全国スーパー売上高、1.0%減 衣料品や食料品など減少 :日本経済新聞 4月の消費税増税後、国民の消費は、6カ月連続のマイナスである。この状態にありながら、政府や日銀は、景気は回復傾向にあるという。数字は嘘をいわない。だとすれば、嘘をいっているのがどちらかは明白。
10/21 小笠原:サンゴ密漁 中国船、夜も横行 無灯火で衝突危険 - 毎日新聞 中国という国は、国の役人も国民も金を手にいれることに血眼になっている。金が手に入れば何をやってもいい、そういう風潮にある国に対して、戦略的互恵関係、あるいは中国みずからがいう大国、顔を洗って出直してくる必要があろう。10数億のマーケット、あるいは安い労働力、これは幻想である。世界の企業家はそろそろそれに気が付いていいころである。
10/21 CNN.co.jp : 夫婦別姓を選ぶ理由・選ばない理由 「ミセス・クルーニー」から考える 日本では女性が結婚すれば夫の姓を名乗る、これは明治以降、古くから行われてきた慣習である。いわば家がはじめにあり、人はそれに従属するものであったからである。が、かっての大家族制がこわれた今、その家の姓を名乗ることにあまり大きな意味はないようにも思える。夫婦別姓では、女性は自分の母の苗字を受け継いでいく、その選択は個人まかせる、それでよいのかもしれない。
10/21 アベノミクスの挫折で深まる安倍政権の危機 消費増税の先送りは国債暴落への道:JBpress(日本ビジネスプレス) 景気がいっこうに回復基調にないことは、消費の動向でわかるが、日本経済総体の成長率はどうかといえば、現実は悪化しているという報告がなされている。IMF(国際通貨基金)の報告によれば、日本の成長率は今年から来年にかけて0.8〜0.9%と予測、これは民主党政権の時代を下回っている数字である。表向き株価は上がっているが、これは単なる金融のミニバブルである。これが崩壊したとき、おそるべき大不況がやってくる。そう思うが、どうだろう。
10/21 ハゲウォッチャーが断言「堂々としてイケてるハゲはモテる」│NEWSポストセブン 「ハゲはその人の個性。それを生かせば、さらに輝けるのにもったいない」という考え方がある。たとえば往年、007シリーズで人気を博した映画俳優ショーン・コネリー氏などは、実にみごとなハゲっぷりである。そして、美男子然としている。日本の紳士諸氏はハゲてくると一九分け、まさに天の橋立状態や、カツラでハゲを隠そうとするが、いっそのこと、ハゲではなく堂々とスキンヘッドと名乗ったらいい。ハゲは個性である。せっかくのハゲ、もったいないではないか。
10/20 安倍内閣:小渕・松島氏、閣僚辞任 「カネ」「うちわ」政権に打撃 - 毎日新聞 ネギだ、ウチワだといって女性大臣二人が辞任した。常識的に考えるとこの程度のことは、政治家ならば誰でもやってる。政治家は選挙で落ちればただの人になるわけであって、議員としては後援者や有権者獲得には必死にjなるのは当然のなりゆきであろう。おおよそは本人ではなく、関連政治家団体によるものであろうが、表ざたになれば、やはり議員本人が責任を負うのも仕方がないことでもある。問題は、彼らを大臣に任命した首相にもある。自分好みのお友達を大臣に据える、安倍という男の自らまいた種である。首相も首相だが、これを支持する国民も国民、どうにもなりませんな。
10/20 かんだやぶそば:せいろうそば:神田 去年2月の火事で焼けた東京・神田の老舗のそば店が20日、新装開店。関東大震災のあとに建てられた前の店舗は、東京都の歴史的建造物にも指定されており、その風情も楽しむ人が少なくなかったと思うが、新しい店舗は鉄骨造りの一部2階建。「調理師も材料も火事の前と同じで、変わらない味を楽しんでもらえると思います。この店が地域の魅力を少しでも上げられるような存在になればいいです」ということなので、味がそのままであれば、それでよし。これからは秋の新そばの時期、出かけてみてはいかが?
10/20 日刊ゲンダイ|評論家・中野剛志氏 「米国の衰退で未経験の悲劇が起こる」 「イラク戦争の後、大きな転換が訪れたのです。米国はイラク戦争でかなりの打撃を受けた。経済的にも精神的にも。そこにリーマン・ショックが襲いかかった。そのどちらも米国の大戦略のミス。自業自得です。自由や民主主義といった米国の価値観を武力で他国に押しつけ、混乱を招き、グローバル化で経済を不安定化させて、米国は衰退した。グローバリズムという思想の過ちの結果です。」という指摘がある。米国の軍事力影響低下により覇権主義が台頭する。その先にあるのは領土の奪い合いという戦争である。
10/20 「男」を大きく見せる"あの手術"が大人気? ガーディアン(UK)より | World Biz News | 現代ビジネス [講談社]  男性器を大きくする手術があるそうである。この手術、世界全体で推定1万5414件、ドイツ国内で行われた手術件数は2786件、ベネズエラ(473件)、これにスペイン(471件)、メキシコ(295件)、コロンビア(266件)、イタリア(256件)、ブラジル(219件)、アルゼンチン(73件)、米国(61件)と続く。手術を受けた男性は、やむにやまれぬ事情があったと推測されるが、さて、どんなものでしょうか?
10/20 「75歳病院長」45歳年下妻射殺し自分も頭撃ち抜き!田園調布の豪邸 : J-CASTテレビウォッチ 東京の高級住宅街、田園調布で75歳の病院院長兼理事長と45歳年下の妻が無理心中していた事件は、さまざまな憶測を呼んでいる。17日(2014年10月)午後1時ころ、横浜桐峰会病院の理事長で院長の松本義峯さんが自分の頭を猟銃で撃ち抜き、妻の亜耶乃さん(30)が射殺されているのが発見された。
10/17 紅葉情報 毎週更新 | 紅葉名所2014 - Walkerplus 最近の日の短さに日一日、深まっていく秋を感じる。あと2ヶ月もすれば冬至である。富士山の初冠雪もあり、今年の紅葉も楽しめそうである。頃合を見て、温泉三昧を兼ねながらでかけてみてはいかが?
10/17 時事ドットコム:日本の潜水艦導入に意欲=「対中リスク」懸念も−豪 オーストラリア政府が、海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦の導入に意欲を示しているようである。政治的には、オーストラリア国内には「対中リスクがある」との不安があり、実際に導入にいたるかどうかは微妙である。米国と同盟関係にあるオーストラリアに対しての武器輸出は、日本にとって対中国戦略としては有効かもしれないが、仮に潜水艦を輸出するとなれば、軍事機密が詰まった潜水艦技術の輸出でもあり、オーストラリアとの明確な同盟関係が前提となろう。
10/17 日本の政治:首相に対抗できない弱い野党:JBpress(日本ビジネスプレス) 野党が安倍首相に対抗できない、まったくその通りである。アベノミクスが絶対的な人気を保持しているかといえば、そうではない。すでに、大都市の富裕層はともかくも、一般市民からは、「安倍晋三首相の政策はほとんど自分たちのためになっていないと声高に不満を訴えるようになっている」。この状況下で野党が、なにもできないのは、旧民主党政権が消費税増税法案を通したこと、また、原発事故対応で様々なミスが続いたこと、これにより2大政党制への期待が薄れたものと思う。今、野党に求められるのは自民党とはまったく違う対立政策である。が、今の野党の中に、この能力を持つものは見当たらない。
10/17 Nat King Cole - Autumn Leaves  朝晩がだいぶ涼しくなってきた。初秋の虫の声もあまり聞かれなくなった。この秋の夜長、のんびりと音楽に耳を傾けてみるのよいと思います。
10/17 資源も政治力も軍事力もない日本は、技術力をもって世界一安全な国を目指すべき!  | 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 | 現代ビジネス [講談社] 『今回の日本滞在では、日本が災害の多い国だということをしっかりと思い出した。体育の日を含む3連休は台風19号、その前の週も台風18号が荒れ狂った。その少し前には御嶽山の噴火、その前は広島の土砂災害。3年半前の東日本大震災は言うまでもないが、あまりにも痛ましい災害が続く。日本の国土面積は全世界のたった0.28%しかないが、全世界の活火山の7.0%が日本にあり、マグニチュード6以上の地震の20.5%が日本で起こっているという。ドイツ人が、「なぜそんな危険ところに住んでいるのだ?」とよく言うが、全世界における災害で死亡する人の0.3%が日本人だというから、ドイツ人に言われるまでもなく、日本は災害の割合がきわめて高い危険な国なのだ。』、そこに住み暮らしている我々日本人にとっては、こうした災害の多さを意外と感じていない。実際に自分自身や家族、親族、知人が自然災害にあって、初めてそのことを知る。我々は、実は常に自然災害による生と死の境い目にいることを忘れているようである。
10/16 「女性の行動知りたい…」自転車のサドルにGPS仕込む ストーカー容疑で男を書類送検 京都府警 - 産経WEST GPSを使った追跡は、アメリカやイギリスのスパイ映画などでよくでてくるが、これを一般人が使って、それも女性に対するストーカー行為を行うなど言語道断である。こうしたハイテク機器が簡単に手に入る世の中、便利の裏側には犯罪に利用される危険性もあることを知っておかねばなるまい。
10/16 川内原発再稼働同意の見通し 鹿児島・薩摩川内市議会委:朝日新聞デジタル 国民の概ね半数以上は原発の再稼動に反対してると思うが、現実に原発を抱えた市町村にしてみれば、背に腹は変えられないようである。原発の稼動によって多くの交付金が入る、それをあてにしてつくられた財政ならば、いまさらそれをやめるわけのはいかないのだろうと思う。
10/16 なぜ日本は受賞できてわが国はできないのか ノーベル賞に固執する韓国の溜息 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 日本の研究者3人が今年のノーベル物理学賞を受賞したが、これを韓国は羨望のまなざしでで見ているという。実に愚かなことである。ノーベル賞は、国策で得るもではない。研究者の地道な研究の成果が評価されてはじめて与えられるものである。こんなところに競争心を持つ前に、本当の意味での研究者を育てるべきであろう。
10/16 CNN.co.jp : 米政府、イラクの化学兵器の存在を隠ぺいか 米紙報道 イラクに駐留している米軍が化学兵器を発見したが、一部の米兵がそれにより負傷していたにもかかわらず、米政府が情報を隠ぺいしていたという。理由は、「米国は、イラクには大量破壊兵器計画があるに違いないとして戦争を始めた。だが米軍が徐々に見つけ、最終的に被害を受けたものは、欧米との緊密な協力によって築き上げられ、ずっと昔に放棄された大量破壊兵器計画の遺物だった」という事実をいまさら追認できないということだろう。また、事故を起こした化学兵器の設計・製造に欧米企業が関与している可能性があったことも理由にあげられている。武器を売り、それを保持した途端、戦争をしかける。世界とはそういうものかもしれない。
10/16 御嶽山噴火を的中させた地震学者が警告!木村政昭・琉球大学名誉教授「富士山は『5年以内』に必ず噴火する」 異変の兆候は、もう出始めていた | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 富士山は5年以内に噴火する。そういう予測がある。可能性は極めてた高いという。実際に噴火した場合、溶岩流がどこまで到達するか、火山灰がどの方角に降り積もるかによるが、その被害は甚大なものにちがいない。また、そのことによる地殻変動が巨大地震の原因となる可能性がある。
10/15 東京五輪から50年、国内の変遷50選(前編) - Japan Real Time - WSJ 先週の金曜日の10日、1964年の東京五輪の開会式からちょうど50年である。現在還暦をこえた人々にとっては、この50年はまさに半生。この間にいったいどんなことがあったのか、そして現在の我々はその50年によってもたらされた、そうしたことをあらためて考えるための節目なのかもしれません。それにしても、戦後の壊滅状態からわずか24年でオリンピックを実現したという日本人の底力、驚きであると同時に、いまこそそれを示す時だろうと思います。やがて再び戦争と平和の時代がやってくる、そのための回顧のときだと思います。
10/15 CNN.co.jp : フェイスブックとアップル、卵子凍結に保険適用  米国のIT大手、フェイスブックとアップルが、女性従業員の卵子凍結を医療保険の適用対象とすることを決めたそうである。卵子凍結とは、「将来の出産に備えて卵子をあらかじめ採取して保存しておく技術」、米国では2012年にもはや「実験的」な医療ではないと認められている。ただし、がん治療で卵巣機能を失う恐れのある場合などを除き、一般に保険は適用されないが、米国企業が健康な女性の卵子凍結を適用対象としたケースは、これが初めてとされる。
10/15 米とロシア、「イスラム国」壊滅へ協力 パリで外相会談:朝日新聞デジタル 米国とロシアが、シリアやイラクで勢力を拡大する過激派組織「イスラム国」の壊滅に向け、テロ対策の情報共有などで協力することに合意。ウクライナをめぐって対立する米ロだが、イスラム過激派に対してはともに協力するという。利害が一致するときはともに協力する、いわば大人の外交である。日本は、概ね建前が先行し、こうした実利を考えた外交ができない。
10/15 日刊ゲンダイ|かつてリベラルだった高市早苗大臣が靖国固執に走ったワケ それにしてもである。高市早苗総務相、「毎年、春も夏も秋も、英霊に感謝と尊崇の念を捧げてきた」と自民党の中の最右翼とされるが、かっては、大橋巨泉氏が<二十数年前、リベラルで可愛かった早苗ちゃん、あの司会のおじさんを覚えているよね! 君は間違っているんだよ>というように右翼の片鱗さえもない。要するに時の権力に媚びるだけの人間のようである。こうした人間が一国の大臣職にある。この国の政治はだいじょうぶなのであろうか。
10/15 【世界を斬る】加速する米国防費削減 朝鮮半島有事でも地上戦闘部隊の派遣は困難 - 政治・社会 - ZAKZAK 現在の世界の安全保障上の不安定さの根源は、米国で2011年に成立した強制的予算削減法に基づいているといえる。2015年度の米国防予算は、最終的に4956億ドル(約54兆円)である。日本の国家予算の半分に匹敵する額だが、これだけを考えても安全保障がいかに金がかかるかがわかると思う。米国民にしてみれば他国の安全に、何故多額の税金を使うのかということなのだと思う。
10/14 消費再増税、上げないリスク含め状況を勘案し判断=首相 | Reuters 民主党政権時代に決定された消費税増税の本来の目的は、国の財政健全化であり、社会保障費への充当であった。現実には歳出は減らず、社会保障費も増えるばかりであり、いわば3%や5%の増税は焼け石に水である。それでもあの増税というのは単なる役人の思い込みに過ぎない。国を救うのは増税ではなく、大胆な歳出削減である。収入が少ないのに以前通りに金を使っていては家計が破綻する、この単純なことが何故わからないのであろうか。
10/14 CNN.co.jp : 結婚式が質素なカップルは長続き 米研究 米国の経済学者の研究によると、「結婚式を質素に済ませるカップルは、末永く幸せに暮らせる確率が高い」だそうである。晩婚化によって娘の結婚式には、できるだけのことをしてやりたいと思うご両親は少なくないと思うが、豪華で派手な結婚式ほど離婚率が高くなるという。一方で、「結婚式の出席者が多いカップルほど離婚率が低いという結果」も。理由は、『「友人や親族から受ける応援が大きければ、結婚後の困難を乗り越える助けになる。またあるいは、友人や親族の多いカップルは離婚しにくいタイプだという法則が成り立つのかもしれない」』とのこと。
10/14 シリア情勢:一段とひどくなるオバマ大統領の選択肢:JBpress(日本ビジネスプレス) 3.11以降、米国が迷走している。すべてはイラク戦争から始まっている。イスラム圏への軍事介入がイラク国内の政治の不安定化を生み出し、周辺諸国を含めてイスラム過激派テロ組織の温床となっている。イスラム過激派テロ組織との戦いは、武力によっては決して終わらない。むしろ、イスラム圏の文化を尊重し、彼ら独自の政治に任せ、国民自らが民主化に向かうべき方途を示すことである。必要なのはミサイルではなく経済援助である。
10/14 米医療界 日本では当たり前に行われている医療を無駄と指弾│NEWSポストセブン 「頭痛で脳波を調べるのは無意味」「前立腺がんのPSA検査はほとんど無意味」とは、アメリカの各医学会がおこなっている、これまで行なわれてきた医療行為のなかで「無駄なもの」を追放するキャンペーンである。医療の分野でも、日本の常識が世界の非常識になってきているようである。
10/14 箱根に噴火リスク 観光地ゆえ観測データ出てこないの指摘も│NEWSポストセブン 「箱根の最後の噴火は3000年前になるが、最近、活動が非常に活発化してきた。2001年には箱根山全体の膨張が観測され、2000年代に入ってからは群発地震が明らかに増えている。昨年1〜2月には1000回以上の地震活動が観測され、同2月には震度5の地震によって箱根山のロープウェイを急遽停止して点検することになった。また大涌谷は昔から火山ガスが噴出していることで知られる観光地だが、最近はその周囲までガスの噴出が広がり、草木が枯れてきたことが確認されている」。さらに、「富士と箱根は距離にして25キロしか離れていない。富士山の活動が活発化していることと、箱根の活動が関係している可能性もある」という学者の指摘がある。危機は目の前にあるのかもしれない。
10/10 女性調査「理想の男性サイズ」は15cmの回答最多、19cmが最少 - 政治・社会 - ZAKZAK 北海道から沖縄まで全国の成人既婚女性1000人に「男性器」についての調査結果。回答女性の平均年齢は43.0歳、専業主婦が54.6%で、出産経験のある人は75.0%。それによると、『「男性自身の最適な長さ」を質問したところ、「15cm」が26.1%でトップ、次いで「10cm」が15.1%、「13cm」の8.3%と続き、なんと「30cm以上(!)」という答えもあった。以下、5cmから20cmまでの「最適な長さ」と答えた割合だ。』だそうである。世の中、いろいろである。
10/10 今世紀最強クラス「台風19号」12日沖縄、13日九州、14日紀伊半島上陸 : J-CASTテレビウォッチ フィリピンや米国南部に巨大台風が上陸して、かって経験したことがないほどの被害を出していることは周知の通り。今回の19号は9日のピーク時に中心気圧はなんと900ヘクトパスカル、10日午前3時の中心気圧は920ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルと依然強い勢力である。台風はますます巨大化、凶暴化する傾向がある。人間が自然破壊を続けてきたことの地球からの警告なのかもしれない。
10/10 中高年男性のトラブル 昼間は紳士的でも酒席で怒鳴る人多い│NEWSポストセブン タチの悪い高齢者の例、共通するのは、現役時代の仕事のプライドが、定年後も他人を見下す態度をとる連中である。これが酒席ではさらにタチが悪くなる。「歳を取ると酒に弱くなるからか、酒席で怒鳴り始めるお年寄りが多いんです。我々のNPOに参加している人でも、昼間は紳士的に活動に参加していたのに、夜の慰労会で酒が入ると豹変して“大学も出てないやつらが俺に指図するんじゃねェ”などとし立てる人がいました。」、実に愚かなこと。
10/10 やりがいだけが頼り!? 低賃金で働く「介護業界」の実態 | 日刊SPA! 介護保険の導入で鳴り物入りで市場拡大を続けてきた介護業界だが、その実態は「北関東の特別養護老人ホームで働いている沢井恒雄さん(仮名・29歳)は、5年前に現在の職場に就職。利用者から感謝されたり、スタッフから頼りにされたりと日々やりがいを感じてはいるが、給料は残業代込みで月23万〜24万円。ここ3年賃上げはなく、ボーナスは年間数万円程度。公益財団法人介護労働安定センターが取りまとめたデータ(’12年度・下記資料)によると、介護労働者の残業代を含む実賃金は、全体で平均23万3666円。だが、内訳を見ると、訪問介護員(20万731円)や、介護職員(21万8000円)はさらに低い。」というもの。政治が悪いのか、業界が悪いのか、とにかく何かがおかしいと思う。
10/10 幸せに老いる達人たち、イカリア島の老人たちから学べることは?関根健次 「人生を楽しめないなら 死んだ方がマシよ」「これまで人生を悲観したことは一度もなかったわ」とは、ギリシャの離島、イカリア島に暮らす101歳のおばあさんの言葉。日本人の多くの高齢者は、おそらくは、この人生の楽しみ方を見つけられないのかもしれない。人生の楽しみ方、あらためて考えてみるときかもしれません。
10/9 日刊ゲンダイ|請求すべて却下…浦安市「液状化」住民敗訴は他人事ではない 東日本大震災による液状化で住宅に被害を受けた住民36人が、分譲した三井不動産などに約8億4000万円の損害賠償を求めていた裁判で、請求はすべて却下となった判決。理由は『「(81年の分譲時)これほどの規模の地震が発生し、液状化が起こると予測するのは困難だった」と判断。さらに賠償請求権がなくなる「除斥期間(20年)も過ぎている」』ということ。これから家を買う方、地盤の調査などは自己責任となるようです。
10/9 人には教えたくない日本酒イベント | 日刊SPA! 10月13日(月)に開催される「神田明神」で開催される『大江戸日本酒まつり』、日本酒を売りにする飲食店と酒蔵が一つのブースで酒とともにベストマッチなツマミを提供。2回目の今回、3000人以上の来場を見込んでいるそうです。日本酒愛飲家の方、出かけてみてはいかが?
10/9 急増中妊娠示談詐欺「ごめん、オレ、妊娠させちゃった」ウチの祖父ちゃんがダマされた 週刊現代記者が怒りの告発レポート! | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 世の中にはいろんな詐欺の手口があるものである。名づけて妊娠示談詐欺。 『息子を装って高齢者に電話をかけ、「女性を妊娠させてしまって示談金を要求されている」と語り、カネをだまし取る詐欺』、これがうっかりとひっかかってしまうそうである。よそのご婦人を妊娠させてしまったとなれば、外聞にも気になり、それが道ならぬことならばなおさら。万が一、そういう電話がかかってきたら、まずは息子本人に確認することが肝要。
10/9 【台風情報】台風19号上陸か 2週連続は10年ぶり(吉田 友海) | tenki.jp どうも今年は台風の当たり年のようである。先週末に続いて台風19号が11日(土)から12日(日)にかけて沖縄へ接近、さらに13日(月)から14日(火)にかけて、九州から本州に接近または上陸する恐れが出てきた。勢力はかなり強いとのこと。土砂災害、洪水などの警戒が必要。強風が予想されるたえ登山の際には要注意です。
10/9 傘一筋85年|日本橋の傘専門店なら小宮商店 ビニール傘なら100円ショップやコンビニなどで買える時代だが、紳士のたしなみとして逸品の傘をもつのも悪くない。こちらは傘一筋85年の日本橋の傘の名店。パリっとしたスーツで雨の日の外出には似合うと思います。
10/8 日本人拉致で北「完全に解決済み」…国連で主張 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 相変わらずの北朝鮮の言いようである。『日本人拉致問題について「完全に解決済み」とした上で、拉致被害者の調査と制裁解除に関する日朝間の合意について、「日本は義務を果たすべきだ」』という。要するにこの国はまともに相手をしてはいけない、そういう国である。拉致被害者を返して欲しければ金を積め、これが本音である。それを今すぐに返すような言葉を信じる日本の外交は、大甘といわざるを得ない。
10/8 日刊ゲンダイ|9月は昨年比2倍超 歯止めきかない「円安倒産」激増の悪夢 円安が進行する中、原材料高による倒産が増えている。『静岡県の電子部品製造業は、「取引先の生産拠点はすでに海外に移転しているため、円安になっても受注は増えず、むしろ輸入部品の価格上昇が利益の圧迫を招きかねない」とし、福井県の建設業は、「円安進行に伴うさらなる資材価格高騰を懸念」』、この声はマネーゲームしか知らない日銀にはわかるまい。
10/8 気になる大地震との関係 8日夜に皆既月食 東日本大震災の前後にも… (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZA 皆既食、すばらし天体ショーのひとつだが、一方で気になる指摘もある。地震との関係である。月の引力による潮の満ち引きはご存知と思うが、「潮汐以外にも、太陽と月の引力は、地球の岩盤を30〜40センチ上下に移動させるといわれている。これを地球潮汐と言い、地球と月、太陽の距離が近づく皆既月食では、通常時の地球潮汐よりも大きな力がかかっているはずだ」、これにより近くが大きく膨らんだ場合、それが地震発生の一因となる可能性がある。
10/8 57才「ボツイチ」女性 夫の死後半年で21才年下彼氏ができる│NEWSポストセブン 最近60代以上の女性の間で広がっている「ボツイチ」という言葉、夫を亡くした、いわば未亡人であるが、今や女性にとって新しい人生の始まりのようである。これは、これで大変よいことだと思う。結婚して、夫、家庭、子供に一生をささげてきた女性があらためて人生の喜びに目覚める、おおいにけっこう!
10/8 男性71.19歳、女性74.21歳。「健康寿命」を伸ばすにはどうすればいいか|出口治明の提言:日本の優先順位|ダイヤモンド・オンライン 寿命が伸びても健康でなければ・・・そう思っておられる方、健康寿命を伸ばすためのベストの方法は「働くこと」だそうである。人間、死ぬまでピンピンと働く、こうありたいものである。
10/7 10月8日「皆既月食」を見よう 全国で見られるのは3年ぶり : J-CASTトレンド 10月8日、晴天になれば日本のほぼすべての地域で皆既月食が見られるようです。月が地球の影に入り暗くなり、赤いようにも見えるとのこと。
・部分食の始め  午後6時14.5分
・皆既食の始め  午後7時24.6分
・食の最大     午後7時54.6分
・皆既食の終わり 午後8時24.5分
・部分食の終わり 午後9時34.7分
午後7時25分ごろから約1時間、月は地球の影にすっぽりと入り、この時間を中心に天体ショーが3時間ほど続きます。ぜひお孫さんとごらんください。
10/7 日刊ゲンダイ|安倍首相は真っ青 「憲法9条」ノーベル平和賞受賞の現実味 日本の「憲法9条」がノーベル平和賞を受賞する・・・、「受賞する可能性はあると思います。一昨年はEUが選ばれている。ノーベル平和賞は、世界への影響を考えて選ばれることが多い。政治的な意味合いの強い賞です。世界的な世相も考慮する。いま世界中で紛争が起きているだけに、憲法9条を選んでおかしくない。憲法9条によって、日本が戦後70年間、戦争をせず、一人も殺さず、一人も戦死しなかったことは事実ですからね。強いメッセージになります」、さてそんなことになったら、安倍政権は喜んでこれを受賞するのかしら。
10/7 アベノミクスで「円安不況」がやってくる グローバル企業の「空洞化」は元には戻らない:JBpress(日本ビジネスプレス) アベノミクスが始まって、我々の生活は楽になったか。世の中の景気は良くなったか。たしかに株価は上がってきたが、企業の業績は逆に下がる傾向にある。総体としてのGDPは上がってこない。要するにアベノミクスは日銀がつくりだした一時的な金融バブルに過ぎない。
10/7 本当に日本はやばいかもしれない(前篇)――異端的論考 小笠原泰 もうひとつアベノミクスに対する懐疑的視点を紹介しておこう。「安倍政権になってからは、言うまでもないが、勝ち目のない戦と言える盲信的な経済成長政策へと回帰した。供給サイドから長期にみて日本の戦略を考えると安倍政権の行いは戦略的に間違いであろう。戦略の間違いは戦術では取り返せないのであるが、ご当人は戦略という名の戦術に終始して満足気のように見える。実際は、はやり言葉になった異次元、言い換えれば、後先を考えない過激な量的緩和という最終手段による、株高(日銀が買い支えている一面がある)と円安(かなり、止まらなくなってきている)、それとあまり望ましくない政治的圧力による(おそらく一時的となり、かつインフレと増税で相殺される)賃金引き上げ以外にこれといった成果(?)のない3本の矢と称するイメージと政治パフォーマンス重視の成長戦略であり、抜本的な社会システム改革の観点からは中身があるとは到底いえない。」、日本経済、冷静に考えると、かなり危機的状況にあるのかもしれない。
10/7 【検証55歳からの性 世界の精力剤】ユリ根 古くから知られる下半身増強効果 - 愛と性 - ZAKZAK ユリ根に下半身増強効果がある−ご存知でしたか?「中国では、『亭主に精をつけたかったらユリ根の料理を食べさせろ』という言い伝えがある。風邪をひいた後などにこれを食べると、強壮効果があって体力の回復にも役立つ。せき止めや鼻水にも効く。これは便利な食材だと思うよ」ということである。「ユリ根は甘くてうまいよ。サラダにしてもいいし、ごまあえにしてもいい。オレの家では、女房がよく天ぷらにしてくれる。とにかく、あらゆる料理にぶち込んでしまえばいい。これを習慣にすれば、いつの間にか“勃つカラダ”になる。体力もつく。植物繊維も豊富で便通にもいい。いいことずくめだよ」。ユリ根を食べて元気を!
10/6 ドル108・109円、取り立てて円安ではない=麻生財務相 | Reuters 『麻生太郎財務相が、1ドル=108・109円の為替水準について「リーマン・ショックの前でその水準だから、やっとそこまで戻っただけで、今が取り立てて円安であるというほどではない」と述べていたことが明らかになった。』という感覚、中小企業が円安による原料高で青息吐息であるなど、どこかの国の話、そう思っているのかもしれない。景気が落ち込み始めたのは消費税増税だけが原因ではない。円安誘導こそ最大の原因である。
10/6 日刊ゲンダイ|反原発で闘う湯川れい子氏「女性閣僚?誰でもいいってもんじゃありません」 「女性なら誰でもいいってもんじゃありません。でも、今の安倍さんがやろうとしていらっしゃる政治にとっては、強い味方たちなんじゃないでしょうか。」、女性登用はおおいに行うべきであるが、重要なのは女性だからではなく、男女にかかわらず人間として、どんな思想信条を持っているかである。湯川氏のこの指摘、正しいと思う。
10/6 北海道産「秋たまねぎ」今が旬!1週間ほど日にあてると抗酸化物質ケルセチン3・5倍 : J-CASTテレビウォッチ 旬の食べ物はおいしいだけではなく、体にもいい。たとえば、『秋たまねぎ』、「動脈硬化や脂肪肝の予防になる抗酸化物質ケルセチンがたっぷり含まれている。」とのこと。専門家の意見では「たまねぎを1日に1個摂取すれば動脈硬化は防げます。さらに、たまねぎを日にあてると、ケルセチンが4日間で1・5倍、1週間で3・5倍に増えます。太陽の紫外線から身を守るために大量な成分が分泌されるわけです」だそうである。日に干して召し上がれ!
10/6 『昼顔』『聖女』など背徳エロスドラマはなぜ受けるのか?│NEWSポストセブン 不倫というと、男が槍玉にあげられるが、そもそも不倫は男女ともに了解しなければ成り立たないものである。テレビの世界では不倫をテーマにした女性向けドラマが受けているそうである。これが単なる想像の世界だけで終わればいいのだが、まさかうちの奥さんに限ってと思っておられる世の夫諸氏、知らぬは・・・となるかもしれませんぞ!
10/6 日中間に衝突回避、紛争拡大防止システムがない 日中首脳は危機感共有と危機回避へ備えるべき――茅原郁生・拓殖大学名誉教授|どう中国と付き合うか 日中首脳会談は実現するのか、両国は何を話すべきなのか|ダイヤモンド・オンライン 政治家は日本、中国ともに戦略的互恵関係というが、はっきりいえば、中国は経済においては最大の競争相手であり、国防軍事においては仮想敵国である。日本の腹をすえて中国との外交を行うべきである。中国が尖閣諸島に直接的に手を出さないのは、米国の太平洋軍事抑止力が存在するからである。これが弱まったり、なくなったりすれば、彼らはすぐに軍事行動を起こす。中国人民軍の言葉を借りれば、日中は戦争前夜である。対中国外交はここから始めねばならない。
10/3 【賞賛されていた陸海軍 知られざる日本】日本に感謝していた毛沢東 兵器提供や空軍創設にも尽力 - 政治・社会 - ZAKZAK 歴史とは皮肉である。太平洋戦争敗戦の際、日本軍が武装解除して中国大陸に残してきた兵器が、中国共産党軍の国民党との内戦に大きな助けとなた。毛沢東は、1964年、訪中した日本社会党の佐々木更三委員長に対して、「何も申し訳なく思うことはありません。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらし、中国人民に権力を奪取させてくれました。みなさんの皇軍なしには、我々が権力を奪取することは不可能だったのです」と語ったと記録されている。
10/3 懸念される富士山の噴火 1.3万人が死傷、被害総額2.5兆円の想定│NEWSポストセブン 御嶽山の噴火によって東海、関東の地震が警戒されるが、一方で、「東日本大震災以降、日本列島の北部を支える北米プレートとその南のフィリピン海プレートの境界に、太平洋プレートの圧力が強くかかっています。今回、御嶽山が噴火したのは、フィリピン海プレート境界への太平洋プレートの圧力が強くなっていることが原因です。そして、このフィリピン海プレート境界のすぐ北側にあるのが、富士山なんです。当然、太平洋プレートによる圧力は富士山にも影響しているはずです。私は、現時点ですでに富士山は活動期に入っていると見ています」という指摘が出ている。箱根山では、昨年初めに地震活動が活発化、山が膨張する地殻変動も観測された。これも富士山噴火の前兆現象なのであろうか?
10/3 朝日新聞誤報問題 壊れゆく新聞という近代の産物|鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」|ダイヤモンド・オンライン 壊れゆく新聞、おもしろい形容である。が、壊れゆくのは新聞ではない、新聞の記事を書く人間の問題である。新聞記者は政治家、ましては官憲、役人ではない。したがって社会で起きていることの真実からは遠いところにいる。だからこそ隠された真実を報道することが最大の仕事である。与えられた条件の中で事実のみを書く。これを繰り返すことによって真実に近づいていく。この地道な作業によってしか真実の報道はできない。
10/3 「文章力は、伝達力の基本」 【第1回】文章は「起承転結」で書いてはいけない!  | 木暮太一の「経済の仕組み」 | 現代ビジネス [講談社] 「山の手線の電車に跳ね飛ばされて怪我をした、其後養生に、一人で但馬の城崎温泉へ出掛けた。背中の傷が脊椎カリエスになれば致命傷になりかねないが、そんな事はあるまいと医者に言われた。二三年で出なければ後は心配はいらない、兎に角要心は肝心だからといわれて、それで来た。三週間以上――我慢出来たら五週間位居たいものだと考えて来た。」、志賀直哉の「城の崎にて」の書き出しである。これも文章の書き方の、もっとも最上の例ではあるが、そのひとつである。
10/3 ラーメンデータベース - レビューとクチコミで探す。全国ラーメンデータベース 最近のラーメン、豚骨、魚介、醤油、味噌、塩、つけ麺など味もスタイルも様々である。が、なにか本来のラーメン、我々高齢者が経験した、あの単純な鳥ガラスープの味とは違う。もちろん現在のラーメンのほうが美味なのであろうと思う。それでも昔の、あのラーメンの味を恋しがる人は少なくあるまい。高齢者社会である。だれか高齢者による高齢者のための、あの懐かしいラーメンを作ってはくれまいか?
10/2 日刊ゲンダイ|土井たか子さん訃報 発表が8日も遅れたのはなぜか? 社民党の土井たか子・元党首が20日に肺炎で死去(享年85)したそうである。かって日本は自民党、社会党という2大政党が存在した。社会党が社民党となり、一度政権を担当したが結局は安保問題で破綻、その結果現在の社民党の状況に見える。国家の運営において、現在のような一党支配は決して歓迎すべきものではない。土井たか子、彼女が抱いた大志を継ぐ政治家があらわれることをのぞみたい。
10/2 20年度の基礎的財政収支、消費税12%でも赤字に=みずほ総研 | Reuters 財政収支の健全化、および増大する社会保障費の財源として消費税を上げる、これが増税のための説明だった。が、「消費税率を現行の8%から2015年10月に10%、19年度に12%に引き上げても、20年度時点で対GDP比で2%程度のプライマリーバランスの赤字が残る。公的債務残高の対GDP比は250%程度で高止まる見通し。」という指摘がある。財政健全化のためには、まずはお金を使わないこと。増税のための補正予算などやめること。要するにもう借金はしないことである。単純に考えれば、そういうことになる。財務省に予算編成はまかせるが、その内容を国会が徹底的に検査できるような国会付属の専門部署をつくるのがいいと思う。もちろん予算変更の権限を与えてである。
10/2 日刊ゲンダイ|御嶽山噴火は「関東大震災」「南海トラフ地震」の引き金だ 火山の噴火と地震は密接な関係がある。それはこうである。御嶽山─富士山は、太平洋プレートの上にあり、「「御嶽山は同プレートの先端に当たり、直線上の富士山に影響を与えるとみています。その富士山は地震と密接なかかわりがある。1703年の元禄関東地震の4年後に富士山が噴火しました。御嶽山→富士山→首都直下地震の連鎖も心配です。御嶽山の周辺は、中部地方を襲った天正地震(1586年)の震源地も重なるので不安要素は絶えません」であり、また、「御嶽山の噴火は、南海トラフ地震に影響するフィリピン海プレートの圧縮を受けて生じているのです。同様の力を受けて、九州では、桜島、霧島新燃岳、口永良部島などで噴火が始まっています。また、大阪を南北に貫く上町断層、生駒断層(大阪)、花折断層(京都)、琵琶湖西岸断層(滋賀)、養老断層(三重・岐阜)、伊勢湾断層などの活断層が、内陸直下型地震を起こしかねません」ということ。これから1〜2ヵ月は要警戒です。
10/2 列並びのルール違反どこまでなら許せる?スーパーでレジ並んでから追加の買い物... : J-CASTテレビウォッチ ほとんどの日本人は行列にならび順番を待つ。が、たまに、そうしたルールを守らない人がいる。もともとそういう輩だから、注意をしてケンカになってもつまらぬと思い、あえて何もいわない。ところで、おもしろい調査結果がある。「スーパーのレジに並んでいるときに、前に並んでいる人の連れが別に買ったものを追加するのはどうか。男女1000人にアンケートしたところ、品物が少量だったら許せるが約96%、許せないが約4%だったが、品物が大量だと許せないが約37%と増えた。」だという。ものごとは常識の範囲ということだろう。
10/2 ヨーカ堂、正社員半減&パート中心経営の衝撃から2年、パートの正社員登用へ大転換 | ビジネスジャーナル イトーヨーカ堂はパート従業員を正社員として登用するという。これまでパート社員を勤務地域を限定した契約社員に登用する仕組みはあったが、契約社員から正社員に引き上げる制度を導入する。これにより、年1回のペースで、複数店舗の運営を指導するトレーナーや店長、本部の管理職などに登用していくそうである。企業は人件費削減としてパートや派遣社員を雇用する傾向があるが、生活の安定を保証されない雇用では企業への忠誠心は生まれず生産性も上がらない。結局は業績は伸びずコスト高になる。
10/1 日刊ゲンダイ|アベノミクスで「100兆円消失」…ドル換算で見える真実 ここに興味深い指摘がある。日本のGDPが激減しているというのである。民主党政権の12年までは、ドル建ての名目GDPは増えていたたが、アベノミクスの円安政策によって、この2年間でおよそ1兆ドル=100兆円以上が減っているいう事実である。世界が評価する経済指標としてのGDPの激減は、投資対象国としての日本の魅力を押し下げる結果となっている。株価は上がっているが、その他の経済指標は落ち込んでいる。アベノミクスはいびつな経済政策であろう。
10/1 【世界を斬る】米、好景気の理由 「金融政策の成果」ではなくシェールオイル&天然ガス増産 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 米国の景気は、シェールオイル、天然ガスの生産量の伸びによって世界で最も良い状態にあると見られてる。実際、今年の第2四半期のGDPの伸びを上方修正し、4・6パーセントになっている。「米国は、いまや石油と天然ガスの上に浮いている。シェールオイルとシェールガスなどの安いエネルギーのおかげで、世界で最も好ましい経済状態になっている」、ということだが、何故、日本はこの安いエネルギーを手にいれられないのか。円安で輸入コストがあがるばかりで、その恩恵は皆無である。もっとも、低コストの石油や天然ガスが入ってくれば、原発の再稼動は必要なくなる。政府の一部には、その考えがあるのかもしれない。
10/1 荒れる高齢者!「暴力事件の検挙者48倍」傷害負わせたり暴言浴びせたり... : J-CASTテレビウォッチ 高齢者(65歳以上)の暴言や暴力行為が急増しているという。「この20年間で傷害事件は9倍、暴力事件の検挙者は48倍になっています。しかも3分の2の人は初犯です」だそうだが、理由として「社会で評価されていた自分と普通の人のギャップが埋まらないので疎外感が強く働いているんです。家族や友達、新しい自分のいい場所を探していかないと孤立感が膨らみます」が上げられるという。そういえば、大会社の管理職経験者が退職後も、その当時の言葉遣いをする人をたまに見かける。自分がただの人になったことを認められないのであろう。
10/1 5月以降5回の震度5を全的中 東大名誉教授の地震予測最新分析│NEWSポストセブン 地震予測で驚異的な的中率を示すJESEA(地震科学探査機構)の「MEGA地震予測」とは、「全国約1300か所にある電子基準点(GPS測定システム)の異常変動(4センチ超の地表上下動)をもとに大地震発生を予測する。」というものである。それによると、今後の警戒地域は、南西諸島、淡路島付近、そして伊豆半島・伊豆諸島・神奈川県の3地点であるという。首都圏直下型地震と関連性の高い伊豆半島・伊豆諸島・神奈川県の指摘は要注意である。
10/1 尾瀬へようこそ/山小屋宿泊予約、登山、ツアー、トレッキング、ハイキングなどの総合情報サイト 尾瀬の草紅葉は今がピークなようで、「あと1〜2回ほど霜がおりると終わりそうな感じです・・・」とのこと。今後は本格的な紅葉シーズンに入ります。 ぜひお出かけを。なお、燧ケ岳の火山噴火警戒情報は、現在のところ平常とのこと。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2014年10月の掲載



Copyright 爽快倶楽部