TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2014年3月の掲載




3/31 時事ドットコム:北朝鮮、黄海で砲撃訓練=韓国軍が応射 北朝鮮が黄海の北方限界線の北側海上で砲撃訓練を行った際、一部の砲弾が韓国側に落ちたことに対して、韓国軍は対応射撃を行った。北朝鮮、あいかわらず懲りていないようである。
3/31 消費増税、家計にずしり 4人家族で平均9万円増 景気好循環との綱引き始まる+(1/2ページ) - MSN産経ニュース 明日から消費税率が17年ぶりに引き上げられ。8%となる。普通の家庭で金が足らなくなれば、まずは節約する。収入が少なくなれば、やはり節約する。それに比して国や自治体は、相変わらず以前と同じように予算を組み、金を使う。足らなくなれば税を上げればいいのだと思っているようである。消費税を3%上げるなら、同時に歳出を3%減らせばいいと思うが、そういうことにはならないらしい。
3/31 DHC会長「渡辺氏はウソつき」 みんな、維新…「責任野党」が総崩れ (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 金をねだったDHCの吉田会長から、「(私が)検査入院していた病室に渡辺氏が飛び込んできて、『維新と連携する。100人を当選させるために20億円が必要だ』と依頼された。その後、『5億円ですむ』となった」「貸し付け前には選挙の話しかしていない。当然、選挙費用という認識だ」「(合計)8億円もの大金を選挙や政治以外、何に使うのか。(渡辺氏は)ウソをついている」とここまでいわれたら、どうしようもあるまい。みんなの党の渡辺代表、党の代表として選挙資金が必要なのであったろうと思う。今は、潔さがあれば、また復帰のチャンスもある。往生際はちゃんとすべし。
3/31 72歳女装男が起こした事件に衝撃|NEWSポストセブン 京都市の路上で女装しながら「2万でエッチしよ」と客引きをしていた男、なんと72歳であったという。この男性、自称「オカマ」、初犯は、いまから50年前の1964年。世の中にはいろんな人がいるものである。
3/31 ありがとう ございます (琴欧洲オフィシャルブログ|『ちゃんこ鍋とヨーグルトって意外と合うんです』|武道・格闘技|相撲|相撲) 先日引退を発表した琴欧州関のブログです。25日の欄に「ありがとう ございます みなさん いままで ありがとう ございました かんしゃ で いっぱい です なんかい も けが しても がんばった から くい ない です。 もう からだ きもち げんかい 日本 に きて お相撲さん なって ほんとに よかった 相撲 は ぼく の 人生 いままで も これから も です 親方 に なって だいすきな 日本 と 相撲 の ため がんばります これから も よろしく おねがいします」とありました。素晴らしい力士だったと思います。
3/28 「親が高収入・高学歴の子ほど高学力、学力テスト分析」 News i - TBSの動画ニュースサイト 国の全国学力テストの結果と家庭の経済状況などを調査した結果、親の収入や学歴が高い子どもほど学力が高いことがわかったという。基本的には家庭での学習時間が長いほど平均正答率が高くなり、また経済的に不利な環境にある家庭の子でも、親が本や新聞を読むように勧めていたり、朝食などの生活習慣がしっかりしていたりする場合には、学力が高くなるという。
3/28 袴田事件30年かかった「再審決定」釈放!裁判官の怒り「証拠捏造、正義に反する」 : J-CASTテレビウォッチ  袴田巌死刑囚(78)の第2次再審請求で、静岡地裁は再審開始を認め、さらに「拘置続行は正義に反する」として袴田さん釈放も決定した。理由は、DNA鑑定から「捜査機関による証拠ねつ造」の疑いが出たというもの。袴田さんにとっては48年ぶりの釈放である。それにしても、48年間の間、死刑囚として生きたことの重圧はいかばりであったと思う。
3/28 安倍首相を理解しよう、しかし焦点は「日本」に:JBpress(日本ビジネスプレス) 経済政策への期待のなかで、内閣支持率を保っている安倍首相だが、海外からはどう見られているのか。これが、その答えのひとつである。「安倍首相ならびに一握りの日本の支配階級は、日本は戦争によってアジアでの白人支配を打倒し有色人種を解放するという高貴な行為を遂行した(筆者の言葉ではなく彼らの言葉)と信じている。さらに彼らは東京戦犯裁判(訳注:極東国際軍事裁判)は違法であり、南京大虐殺ならびにその他の“申し立てられている蛮行”は単に“申し立てられている”に過ぎないと考えている。そして、たとえ日本が何らかの過ちを犯したとしても、戦争中には誰によってもそのような過ちは犯されるものだ、と論じているのである。」、諸氏はいかがお考えか?
3/28 「一日も早く卒業してほしい“老害王”」政治経済部門トップ3は? | 日刊SPA! 老害、いやな言葉である。が、老いてなお権力に固執するものは、老害と揶揄されてもしかたがない資質を備えているといえる。ここでいわれる渡部恒雄、森喜朗、小沢一郎、ともに多くの人々から嫌われる何かを感じさせる。こういう人たちには、よき老人として生きることは、難しいのだろうか。
3/28 コラム:プーチン大統領が見据える「新世界秩序」| コラム| Reuters 冷戦時代、旧ソ連は間違いなく大国だった。その社会主義体制が崩壊し、経済活動の低下により、発展途上国に格下げされた見方もされたロシアが大国として復権しつつある。国連によるクリミアのロシアへの住民投票無効決議など、まったく眼中になく、自国の路線を静かに、まさにEU・米国に対してかかってきなさいという態度である。このロシアがどこまで領土拡大に進むのか、これによって世界体制は変わりうる。米中という2大国に対して米中ロという3大国になる。これは、ある意味、中国と緊張関係にある日本にとっては有利なかたちだということができるかもしれない。
3/27 「潜在的核保有国・日本」への不信 オバマが安倍から「核」取り上げた|山田厚史の「世界かわら版」|ダイヤモンド・オンライン 安倍政権による日本の右翼化、集団的自衛権の議論、そうした戦争に向かう日本の姿勢に対して、一番危惧しているのは米国である。日本の技術力からすれば、核武装は短期間で可能であり、人工衛星は核爆弾を搭載可能なロケットにすぐにでも転換可能である。日本に核武装させてはならない、これが米国の考え方である。そうしたことを考え合わせると、日本は未だに米国の占領下にあるのかもしれない。
3/27 しじみ レシピ 27品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが168万品 今はあさりが旬の季節ですが、わすれてはいけないのがしじみ!疲労回復・健康増進にも定評のあるしじみ、定番は味噌汁だが、家庭でも簡単にできるのが、シジミの醤油づけや紹興酒を使ったしじみのピリ辛炒め。しじみはそのだし汁を飲むものと思っている方、身をいただくこの料理、ぜひお試しを!
3/27 日刊ゲンダイ|朴大統領もア然…韓国語で愛想笑いする安倍外交の支離滅裂 オランダのハーグで行われた日米韓首脳会談で、朴槿恵大統領に対して安倍首相の行った韓国語の挨拶、「お会いできてうれしい」ということらしいが、それに対して朴槿恵大統領は目も合わさず、何の反応も示さなかったとのこと。恐らくは米国側から、愛想のひとつもと言われたのかもしれないが、あまりにみじめという他はない。復縁を求めたものの、相手の女性からは、顔を見るのもイヤ、そういわれたような・・・。
3/27 米軍から見るとアマチュア?日本の島嶼奪還シナリオが通用しない理由:JBpress(日本ビジネスプレス) 米軍が、日本の自衛隊との島嶼奪還軍事演習をあまりやりたがらない。ひとつは露骨に中国を仮想的とした軍事演習をやりたくないということだろうが、そもそも誰も住んでいない尖閣諸島地域を仮に他国が上陸占領したとしても、わざわざ兵士を投入し戦死者を出すようなリスクは犯したくないというの本音であろう。占領を解除するには遠方からミサイルを打ち込めばことたりるのであり、そもそも兵をいくらでも犠牲にすることをいとわない日本の軍事戦術と米国は、決定的に違う。
3/27 みんなの党・渡辺代表に8億円貸したDHC会長「選挙終ったら礼の一つもなく、連絡途絶えた」 : J-CASTテレビウォッチ 5000万円の政治献金で捜査の入った猪瀬前東京都知事、こんどはみんなの党・渡辺代表に対する政治献金疑惑が出てきた。本人曰く、個人的借金だということだが、どう考えても、「政治資金規正法」や借用書もないことから「贈与税」脱税に抵触する可能性がある。官僚打破、いっていることは勇ましいが、これではちょっと無理でしょう。
3/26 日刊ゲンダイ|再稼働“第1号” 鹿児島・川内原発は「日本一危険」という罠 政府が原発再稼動を考えている鹿児島・川内原発、「噴火で川内原発が停止しても送電線に大量の火山灰が降り積もれば、外部電源は完全に失われます。非常用ディーゼル発電機のフィルターだって灰が詰まって発電不能になる。福島原発と同じ『全交流電源喪失』の事態に陥るのです」という危険性を指摘する声がある。一方、鹿児島県の伊藤祐一郎知事は再稼動積極派、原発立地の自治体では、やはり稼動による補助金が欲しいようである。もちろん、何もなければそれでよいが、いざ事故となった場合の影響の大きさは、福島原発の示すとおり。
3/26 大間原発の建設差し止め提訴へ 全会一致で議案可決 函館市議会−北海道新聞[道内] 賛成派の鹿児島県知事とは正反対なのが、函館市、電源開発による青森県大間町に建設中の大間原発に対して、国や電源開発に建設中止や原子炉設置許可の取り消しを求める提訴の議案を全会一致で可決。函館市は大間原発から最短で約23キロ、「事故が起きれば主要産業である水産業、観光業が壊滅的打撃を受ける。立地自治体と同じリスクを背負うのに建設に同意する権利がないのは不公平だ」というもの。
3/26 変わりゆく老後の家、「縁居(えんきょ)」の時代がやって来る 閉じこもりたくない団塊世代:JBpress(日本ビジネスプレス) 縁居とは縁をもたらす住まいのかたち、あたらしい言葉であるが、これから老後を迎える人々にとっては、おもしろい考え方かもしれない。縁居のためのシニア向け集合住宅は、老後の趣味や学びの場、仕事をする場にもなるというもの。あなたの老後の参考にしてみてはいかが?
3/26 来週から消費税8%「急いで買っておくもの」「あわてると損なもの」プロが判定 : J-CASTテレビウォッチ 来週、4月1日から消費税が8%に上がる。そこで上がる前に買いだめをしておきたいと思うのが人情、そこで買ってよいもの、買わなくてはいいものをチェックしてみると、−買いだめ・買い急ぎしておいた方がいいのは、「価格が変わらない物」「絶対に使う物」「置き場所をとらない物」だ。定期券・回数券、メガネ・コンタクトレンズ、塾・通信教育費の一括支払い、雑誌の定期購読費、自由検診、美容院などがこれにあたる。反対に、買わなくていい物は食品、日用品、家電だ。「これらは焦って駆け込んでもそれほどプラスにはなりません。家電商品などは夏のボーナス以降に安売りになる可能性があります」(横山光昭さん)−だそうです。
3/26 20ヵ月連続で貿易赤字。もはや「円高で製造業復活」は幻想だ  | 磯山友幸「経済ニュースの裏側」 | 現代ビジネス [講談社] ドル建て決済をする会社にとって、1ドルがも80円でものを買えるのと、100円でものを買えるのを比較した場合、同じ1ドルで100円分買えたほうが、得をすることになる。だから日本からの輸出は増えるはずだ、これがアベノミクスによる輸出振興策の考え方である。だが、現実は貿易赤字の拡大が続いている。これは、逆に考えると、日本が弱くなっていることを意味する。だとすれば、現在の株高は単なる金融バブルにしか過ぎない。アベノミクス、本当にだいじょうぶなのだろうか。そろそろ、じっくりと考え直すときなのかもしれない。
3/25 時事ドットコム:個人金融資産1645兆円=株高で過去最高−13年末 日銀の発表によると、2013年12月末の家計(個人)の金融資産は前年比6.0%増の1645兆円だそうである。あるところにあるようですが、こんなお金がどこにあるのかと思う。いったい誰が持っているのでしょうか?
3/25 日刊ゲンダイ|逃げる外国人投資家…なりふり構わぬ安倍政権の「窮余の策」 今月9〜15日の1週間に海外の投資家が日本株を1兆924億円も売り越した。理由は、4月からの消費税増税で日本の景気が悪くなるのは確実だから、ここで売りに転じて利益を確定させようということです。また、安倍首相が経済重視の姿勢から、集団的自衛権などの安全保障政策に力を入れる方針に転じたことも大きな売り要因になっている。」とのこと。経済で政権を維持している安倍内閣、意外と短命におわるのかもしれない。
3/25 ロシア軍に対抗するNATO軍の実情 ウクライナ危機 軍事対決はあるか(後篇):JBpress(日本ビジネスプレス) 米国、EUからの非難が集まっている今回のロシアの動き、当のウクライナでは、「状況はますます緊迫しつつあり、戦争が勃発する可能性が高まっている」だそうだが、実際に戦争状態になった場合、ウクライナ単独はもちろん、EU諸国が束になってかっかていっても、ロシア一国にかないそうにもない。では、米国はといえば、本気で武力行動に出るとも思えない。仮に出たとすれば、その機に中国が尖閣諸島、東アジア制海権を奪取する可能性がある。外交とは、基本的に軍事戦略があって意味を持つ。すべてはロシアの想定内なのであろう。
3/25 東京の桜 見頃いつ?気象予報士・森朗断言「あす26日開花、今週末に満開」 : J-CASTテレビウォッチ 東京の桜は26日あたりに開花、そのあと間をおかずに今週末にも満開との予想、「5日間ほどで満開。今週末が見ごろで、来週末には散りかけるか散ってしまう」とのこと。花見はお早めに!だそうです。
3/25 「世界一の投資家」に独占インタビュー ジム・ロジャーズ「日本経済に何が起きるのか、教えましょう」 日銀の政策は、株式トレーダーを喜ばせるだけ・消費税増税は最低最悪の愚策だ | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 「今後1〜2年、日本株はさらに上昇すると思います。私がいまNTTなどの日本株を持っているのも、それが「上がる」と信じているからです。しかし、「その後」を考えた時には、暗澹たる気持ちにならざるを得ません。長い目で見ると、アベノミクスというのは、日本経済を破壊する政策でしかないからです。20年後から現在を振り返った時、安倍首相という人物は、日本経済を破壊するとどめを刺した張本人として語られているに違いありません。日本人は早くそのことに気づくべきではないでしょうか。」、世界一の投資家の言である。これから数年後、日本の経済はどうなっているのであろうか?
3/24 猪瀬前知事個人事務所など捜索 東京地検 NHKニュース 徳洲会グループから現金5000万円を受け取った問題で知事を辞職した猪瀬前知事の個人事務所などを東京地検特捜部が公職選挙法違反の疑いで捜索した。猪瀬前知事も、いよいよ、逃げるに逃げられない事態となったようである。さて、これが、いったいどこまで飛び火するのか・・・、見ものである。
3/24 東京新聞:集団的自衛権「法整備」 首相、重ねて意欲 防大で訓示:政治(TOKYO Web) 安倍首相による防衛大学校の卒業式での訓示、−日本近海の公海上で米軍イージス艦が攻撃される事態を例示し「机上の空論ではなく現実に起こり得る事態」と強調。その上で「必要なことは、現実に即した具体的な行動論と法的基盤の整備だ」とあるが、攻撃される可能性があるのは、むしろ自衛隊である。そのときにどうするのか、それをこそ話さねばなるまい。
3/24 「日本核武装論」米で沸騰のナゼ 国防予算の削減、放置すれば核開発? - 政治・社会 - ZAKZAK 複数の米政府高官が日本による核武装言及しているという。理由は、北朝鮮の核開発によって「日韓が脅威を感じるあまり、独自の核武装へと動くことがないよう両国と協力し合っている」ということのようである。たしかに、北朝鮮の核は日本や韓国にとって脅威である。それに対抗するための手っ取りばやい対策は核武装である。が、それが、実は同盟国である米国にも脅威となることを忘れてはいけない。米国は真珠湾を決して忘れてはいない。
3/24 シルバー人材センター活用の仕事 月平均の配分金は4万6343円|NEWSポストセブン 定年後も働きたい、そういう方が仕事をさがすのに便利な機関として「アクティブシニア就業支援センター」がある。公益法人などが、東京都及び地域の区市の支援と国の許可等を受けて開設してる機関である。それはそれとして利用価値はあるが、問題もないわけではない。仕事の内容として、いわゆる軽作業や監視員などの公共の仕事があるが、まだまだ組織の中で働きたいという人には物足らないと思う。仕事の内容に上下があるわけではないが、やはり、それなりの得意分野でのやりがいを求めるとなると役不足は否めない。シニアを即戦力として使う、こういう発想はないのだろうか。
3/22 喫茶 穂高 (キッサ ホダカ) - 御茶ノ水/喫茶店 [食べログ] たまに神田神保町の古本屋街に行くことがある。先日は、岩波文庫の古本2冊を1冊100円で購入した。駿河台下から坂を上って、御茶ノ水駅まできた時に喫茶店 穂高の看板が眼にとまり、思わずドアーを開けて中に入った。昔ながらの「ホット」を飲みながら買った本を読み始める。喫茶店ならではの憩いである。
3/20 【マレーシア機不明】「衛星画像に残骸らしき物体」と豪首相、空軍機を急派 豪西部沖に2つ - MSN産経ニュース 行方不明となっているマレーシア航空機に関して、人工衛星の画像解析によって西部パース沖のインド洋で、不明機に関係する可能性のある2つの浮遊物を発見されたという報告がなされた。旅客機が忽然と姿を消し、その消息がまったくつかめない、いったい航空機に何が起きたのだろうか?
3/20 【日本の解き方】移民は人口減少の切り札か 欧米では見直し機運高まる - 政治・社会 - ZAKZAK 「米国は、本来移民の国である。またヨーロッパ諸国も多くの移民を受け入れている。現在、日本にする外国人のほとんどが、いわゆる一時的滞在であり、実際に国籍を持つ人々は少ない。移民とは、外国人を国民として受け入れることであり、はたして日本人は、それを受け入れることができるのだろうか?ともあれ、日本の真の国際化は、そこから始まるのかもしれない。
3/20 日本の年金基金:リスクを取り始めた巨大基金:JBpress(日本ビジネスプレス) 日本の年金基金が資産運用の検討を始めたという。たしかに年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用資産は128兆6000億円(1兆2500億ドル)、これにより大きな投資利益を上げられるとすれば、人金資金不足も一定程度は解消されるのかもしれない。一方で、失敗した場合の損失は基金全体に大きな打撃を与えることにもなる。国民の老後の金を使っての大バクチ、はたして成功するだろうか。
3/20 「ロシアの拒否権発動」「集団的自衛権の行使容認」をめぐるジャーナリストF氏の「勘違い」  | 長谷川幸洋「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社] 「ロシアのプーチン大統領がクリミア編入を宣言した。これに先立って、国連は安全保障理事会でクリミアの住民投票自体を無効とする決議案を採択しようとしたが、常任理事国であるロシアが拒否権を行使したために否決された。つまり、国連は無力だった。」、この冒頭の書き出し、「国連は無力だった」、その通りであろう。常任理事国が拒否権を発動する、それによって国連の行動が否定される。現在の国連安全保障理事会の常任理事国は、中国、フランス、ロシア、英国、米国である。
3/20 コラム:次の金融危機、震源地は日本か=カレツキー氏 | コラム | Reuters 現在もなお、安倍政権は50%以上の支持率をもっている。要因はアベノミクスという経済に特化した政策に国民の期待が集まっているということだと思う。この期待自体、悪いことではない。が、一方で、この政策が失敗したときの日本経済の壊滅的打撃にだれも言及しようとしない。消費税増税が4月から始まる。その先に一体、なにが待っているのか?
3/19 九州各地で桜開花ラッシュ【全国・海外ニュース/ 主要】-大分合同新聞 まさに桜咲くである。四国高知市に続いて九州佐賀市、福岡市、宮崎市と九州の各地で相次いで桜が開花。気温次第では来週後半には東京も開花、4月の初旬には満開となることもありそうです。お孫さんの桜の下での入学式、そんな経験もできるかもししれません。
3/19 日刊ゲンダイ|密室で何が?2歳児を死亡させた20代シッターの「保育室」 インターネットサイトで依頼したベビシッターの男のマンションで2歳男児が死亡した事件、あまりにもむごいとしかいいようがない。いわゆる保育所などの資格を持たずに誰でもできるベビーシッターだが、このケースが特別なのかもしれないが、なんらかの法規制が必要となろう。自宅でのベビーシッターも保育所に登録し、管理する方法もある。繰り返してはならない事件である。
3/19 ウクライナは戦争段階に 基地襲撃で将校死亡 大規模衝突の可能性も (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK ウクライナ情勢が緊迫度を増してきた。ロシアにとっては、米国には介入する力はないと考えてのことであろう。冷戦が崩壊し、ロシアが再度強国として台頭、さらに軍事大国となった中国が、これにからんで漁夫の利を得ようとする。世界は、もはや米国一強の時代ではないのかもしれない。
3/19 CNN.co.jp : オバマ米大統領夫人が訪中、文化交流に重点  米国、オバマ政権は、中国をいったいどのようにとらえているのか。現代における中国の軍事的脅威は、かっての発展途上国の段階から、今まさに大国としての様相を見せ始めている。ミシェル・オバマ米大統領夫人の訪問は、「米中の関係拡大に焦点を絞り、政治問題への言及は避ける意向」だという。それはさておき、冷静に考えてみれば、日米同盟による日本国内の米軍駐留は、本質的に日本を守るためのものではなく、米国の極東アジアにおける覇権確立のためである。米国との軍事同盟をより強固にするにはいったい何が必要か、そこからしか日本の生き残る道はない。
3/19 アジアの最悪の悪夢:日中戦争 米「National Interest」誌より〜ジェームズ・ホームズ氏寄稿:JBpress(日本ビジネスプレス) 何故、中国が尖閣諸島に対して、これほどまでに執着するのか、それを過去の歴史からひもとき、さらに米国の世界戦略、日本との同盟関係亀裂の可能性まで言及した論説がここにある。今、日本と中国は開戦前夜であるのか、開戦するとすれば、それはいつどのように起きるのか、我々は、それを考えるときなのかもしれない。戦争は過去の話ではない。日本が現実に、その当事者となる可能性がある。
3/18 さくら開花予想2014 今年の桜の開花は平年並みだそうです。、西日本は早め、東京は26日頃、大阪は27日頃、名古屋は24日頃。寒い寒いといいながらもう桜の咲く季節です。
3/18 CNN.co.jp : 宇宙誕生の「重力波」を初観測、急膨張裏付け 米研究チーム - (1/2) アインシュタインの一般相対性理論において予測されていた重力波、重力場のゆがみの時間変動が波動として光速で伝播 する現象といわれているが、ようやく、その観測に近づいたようです。これによって、「宇宙がどのように始まったかについて決定的なことを教えてくれる」と専門家は解説。
3/18 日刊ゲンダイ|元外交官・東郷和彦氏に聞く(上)「右の人の平和ボケが怖い」 戦争になるという勘のない人が「反中」で騒いでいる−元外務省欧亜局長の言、その通りだと思う。「日本は、ロシアと韓国に領土要求していますが、もし、北方領土の領海と竹島の領海に、領有権を主張する海上保安庁の船が入ったら、間違いなく砲撃されるでしょう。尖閣周辺では、そうした異常事態が1年半、毎週、起きている。意図的か偶然かは別として、海上警備の船が実力行使をすれば、海自と海軍の登場をまねき、一気に戦争にエスカレートしかねない危険な状況が1年半も続いているということです。」、威勢のいいばかりの自称愛国主義の政治家諸氏は、今、日本は戦争をやって勝てるのか勝てないのか、その問題を突き詰められていることを忘れているようである。
3/18 【日本の解き方】財務省が目論む悪魔のシナリオ 世界の常識に反する世帯課税  (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 政府の新たな所得税改革、「個人課税」から「世帯課税」への移行及び配偶者控除の廃止、復興税、消費税増税など、国民をたたけばいくらでも金が出てくるように思っているのかもしれない。国の財政を救うには増税が必要というのであれば、同時に徹底した歳出削減をせねばなるまい。
3/18 最強毒「ボツリヌス菌」で脳卒中まひ改善!?注射し揉みほぐすと腕・脚・指が動いた! : J-CASTテレビウォッチ  毒は使いようによって薬にもなるという話、自然界で最強のボツリヌス菌の毒素が、脳卒中の後遺症でマヒした手足の改善に効果を発揮しているという。−徳島県の阿部みゆきさん(44)は、4年前に脳出血で倒れ2か月間寝たきりになった。命は取り留めたが、左半身麻痺が残り左手は固まったままで物をつかめず、腕は胸に引き付けられたままだ。そんなとき徳島大学病院・梶龍兒教授の「ボツリヌス治療」をたずねた。ボツリヌス菌が作り出す毒素を1000分の1に薄めて注射するというものだ。「この治療は、固まった筋肉に打つと柔らかくなるし、注射の直後からリハビリをしないと効果が薄いです」−。ご興味の方、医師に相談してみてはいかが。
3/17 時事ドットコム:対話継続へ融和姿勢=北朝鮮、期待値下げる思惑も−拉致 北朝鮮が拉致被害者の横田めぐみさんの両親が、めぐみさんの娘キム・ヘギョン(ウンギョン)さんと面会した。結果は、「めぐみさん死亡」を繰り返すことになった。横田めぐみさんの両親を含め、多くの拉致被害者家族が、自分の家族が必ず生存しているという希望を持っていると思う。北朝鮮側の姑息な外交戦術にだまされてはなるまい。
3/17 日刊ゲンダイ|気象庁は否定も 専門化が警告する「南海トラフ地震」の前兆 先日お知らせした14日の近畿から九州地方にわたっての地震、気象庁は、「南海トラフの大きな地震に直接結び付くとは考えていない。周辺の地震活動にも変わったところはない」と、この原因が直接、南海トラフ地震の前兆となることを否定しているが、他の専門家の意見として、「今回の伊予灘の地震は、芸予地震と同じタイプです。気象庁は南海トラフ地震と無関係のように言っていますが、それなら断層を引き起こすエネルギーがどこから生じたか説明しないといけません。普通に考えれば、そのエネルギーは南から北進するフィリピン海プレートしかありえません。これは、南海トラフ地震の『ステージ1段階』の地震であり、フィリピン海プレートのエネルギーでユーラシアプレート内部の地層がずれたと考えられます」とその関係性が指摘されている。用心が肝心。
3/17 NEWSポストセブン|子供の健康考え福島県外避難の人を「逃げた人」とする風潮も 福島の現状−確かに福島県の県民健康管理調査では、原発事故後に甲状腺がんを発症した子供が高い割合で増えています。原発事故との因果関係はないとされますが、“明日はわが子かもしれない”という強い恐怖感があります」という母親の懸念、いったいいつまでつづくのだろうか?「この4月から中3の長女はあと1年我慢して郡山で過ごさせて、高校から県外に出すつもりでいます。私もこの先一生、ここに住むとは決めていません。こんな状態で原発を再稼働するなんて本当に信じられません」、これが、福島の人々の声である。少なくとも、事故原因が完全に解明され、その対策が万全となったとき以外の再稼動には、国民の賛同は得られないと思う。
3/17 消費増税で生活ますます苦しく 年収700万円世帯の負担いくら? (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 「消費税が10%へ引き上げられた後の2016年度の税金や社会保険料の負担を11年度のそれと比較したところ、夫40歳、妻38歳、そして8歳と6歳の子どもがいる年収700万円の世帯では、合計37万3011円もの負担増になりました。年収500万円の世帯でも31万5392円の負担増で、これから私たちの暮らしはますます苦しくなっていきそうです」、国の財政破綻への対策として行われる消費税の増税、現実に、家計に大きな影響を与えることは間違いない。資産では負担増は5〜6%となっているが、これだけの給与アップをしてくれる企業はあまりないように思える。増税後の日本経済、どうなるのであろう?
3/17 長野県湯田中温泉【よろづや】・登録有形文化財【よろづや松籟荘】〜天然温泉かけ流しの露天風呂〜 たまには歴史ある旅館で、おもいっきり温泉を堪能するというのもいいと思います。こちらは創業寛政年間の老舗宿、有形文化財「松籟荘」をはじめ、日本の浴場10選「桃山風呂」も。春の温泉旅行、出かけてみてはいかが?
3/15 安倍首相が河野談話見直さないと明言、歴代内閣の立場踏襲 | ワールド | 韓国 | Reuters 安倍晋三首相の参議院予算委員会での答弁、従軍慰安婦制度に関する1993年の河野洋平官房長官の談話について、「見直すことは考えていない」と明言、大人の判断だと思う。尖閣諸島をめぐての日中関係の緊張、中国のたががはずれたような北朝鮮情勢、冷静に考えれば極東アジアは一触即発の状況であり、中国が大国としての意思を明確にすればするほど、その抑えとしての日米安保は最重要課題である。まずは日米韓の軍事的連携を蜜に発展させるべきである。名を捨て実をとる、それも政治である。
3/15 ブルートレイン「あけぼの」憧れの出世列車がラストラン 息子がまだ小さかった頃、「あけぼの」で母方の郷里に行ったことがあった。鉄道好きな息子が上野駅で列車を見るやいなや駆け出し、内容は忘れたが、寝台車の車内に入って、矢継ぎ早に質問攻めにされたことが記憶にある。その息子も今や2児の父となった。昭和の出世列車、14日が最後の運行、変わりゆく時代にちょっとした寂しさを感じる。
3/15 日刊ゲンダイ|安倍政権「ベア強制」も無意味 40歳以上を襲う賃下げ圧力 13日の大新聞・テレビは「ベア」一色だったが、実施企業はわずか16%程度。ベア対象者を20代の若手社員に限定する企業も多く、中高年サラリーマンには恩恵が届かない。−ということだが、実際はそういうことかもしれません。業績が好調な企業は、ごく一部、とりわけ中小零細企業には、その余裕とは程遠いのが現実。これが格差の拡大にならなければいいのだが。
3/15 アサリの生育順調…千葉・富津で潮干狩り始まる : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 春の便りが届き始めた。15日に始まった富津海岸の潮干狩り、「今年はアサリが順調に育ち、量も豊富。15万人を目標にしたい」だとのこと。潮干狩りのアサリは砂抜きをする必要があるが、やはり鮮度は抜群、潮の香りを楽しめると思う。
3/15 “人魚”捕獲は日本海大地震の前兆か | 東スポWeb 東京スポーツ新聞社 人魚の話はさておき、「いわゆる人魚だけじゃなく、日本海側でいろいろ上がってくると、妙なことが起こるっていうのは、昔から言われてきました」という荒俣氏の話、歴史をひもとくと、そういうことがあるのかもしれない。これを逆向きに考えると、日本海側のプレートになんらかの異常が起きており、その原因が太平洋プレートにある・・・そういうことも考えられる。どちらにしても、日本全国、北海度から沖縄まで、何が起きてもおかしくない。
3/14 日刊ゲンダイ|毎年3月にセシウムが急上昇 首都圏の“外出危険度”は? 福島原発事故からすでに3年、その間、周辺市町村の除染や汚染水漏れについては多くの報道がされているが、首都圏の放射能汚染については、ほとんど聞かなくなった。ここに注意すべき報告がある。「原発事故以降、3月になると放射性セシウムの降下量が増えます。はっきりした理由は分かりませんが、東京周辺の地表に残っているセシウムが土ぼこりなどに付着して大気中に舞い上がり、降雨や風で降下すると考えられます。今月はまだ測定結果を公表していませんが、恐らく今年の3月も数値は上がると予想されます」ということ。健康被害への大小はあろうが、首都圏も放射能汚染があることは変わりはない。
3/14 愛媛で震度5強、南海トラフとの関係は… 専門家「可能性否定できない」 - 政治・社会 - ZAKZAK 14日午前2時ごろ、近畿から九州までの広い範囲で地震があった。愛媛県西予市で震度5強、広島県呉市や大分県臼杵市で震度5弱を観測、震源地は伊予灘で震源の深さは約78キロ。地震の規模はM6・2と推定されている。専門家の意見では「南海トラフのさきがけである可能性は否定できない」と警告、さらに「南海トラフから続くフィリピン海プレートが起こした地震で、関連がないとはいえない。同じエリアでは、2001年に死者2人を出したM6・7の芸予地震が起きている。1905年にもM7・2の明治芸予地震で死者が11人出ており、規模の大きい地震が頻発するエリアで、今後も警戒が必要だ」だそうである。いやな感じである。
3/14 豚汁がまだ「おふくろの味」ではなかった時代|食の安全|JBpress 外食で定食などをたのんだとき、味噌汁ではなく豚汁がついてくると、なんとなく得したような気分になる。野菜たっぷりの汁の中に垣間見える豚肉、これは少しでいい。そしてほのかに立ち上るごま油の香り、これは、単なる汁物ではなく、立派なおかずになる。たまには、豚汁を作ってみてはいかが?
3/14 NEWSポストセブン|読売新聞朝刊掲載の人生相談欄 老いらくの恋に悩む内容増加 ここに記されている老いらくの恋、「70代ともなると伴侶を失う人も少なくない。でも、自分はまだまだ元気。単身世帯が増加するであろう今後の長寿社会で、もう一花咲かせたいという願いは多くの人の実感となっているようだ。」とある。これは、やがて自分自身の問題となるのかもしれない。
3/14 「地球温暖化を食い止めるためには、原発を無くしてはいけない」---映画『パンドラの約束』の真摯な警告  | 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 | 現代ビジネス [講談社] 現在云われている地球温暖化の主な原因が化石燃料による二酸化炭素の排出にあるならば、ここでいう「地球の温暖化を今、食い止めるためには、原発を無くしてはいけない」という主張は、一定の説得力を持っているように思える。地球温暖化による異常気象は見える形で惨事を生み出すが、原発は見えない形の静かな死をもたらす。第3の道はないのだろうか?
3/13 CNN.co.jp : 福島の事故から3年 世界の原発事情は今 - (1/2)  福島原発の事故は、いったん事故が起きてしまえば、原子炉は最早制御不能になるということを明らかにした。さらに、その事故による被害は、補償をも含め、一電力事業者に手には負えないほど莫大な費用がかかることを証明した。世界は、これをどのように考え、対処してきたのか、あらためて考える必要があると思う。
3/13 日刊ゲンダイ|首都直下地震 専門家が警鐘「5年以内にM7以上が17%」 首都直下地震の確率、東北大の遠田晋次教授らの試算によると、「5年以内にM7以上が17%」だそうである。震災の半年後におこなった東大地震研究所の予測では「4年以内に70%」、政府は「南関東でM7は30年以内に70%」である。考え方、計算方法によって出てくる確率はことなるが、要は、いつか必ず起きるということである。神戸阪神、東北大震災を決して忘れてはならない。
3/13 失政の責任を日本に転嫁、戦争を起こしかねない周辺国その挑発に絶対に乗ってはならない:JBpress(日本ビジネスプレス) マッカーサ元帥に言、「大東亜戦争では日本が自衛のために立ち上がった」とある。それにより −当時の日本のリーダーが日本国および民族の生存が絶望的な状態に追い込まれ「窮鼠猫を咬む」的な恐怖心に駆られて米国という巨人に立ち向かう決心をした−とあるが、戦争の原因として真実に近いと思う。が、戦争は勝つために行うものである。負ける可能性のある戦争は決して行ってはならない。孫子の時代からの常識である。理由はどうあれ、負ける戦争を行った指導者は戦勝国への戦犯以前に自国民への戦犯であることを忘れてはならない。
3/13 春のアウトドア遊び「マダニ」注意!噛まれると致死率3割…庭や草むらにウヨウヨ : J-CASTテレビウォッチ マダニによる健康被害は、「身近な庭や草むらに生息して動物の血を吸って生きています。大きさは3ミリから8ミリ。マダニに噛まれると感染症を引き起こして死致率が3割と非常に高いんです」ということであり、決してあなどることができない害虫のひとつです。春から夏にかけては特に要注意です。
3/13 グーグルが世界のスタートアップコミュニティとともに女性起業家を支援するイニシアチブ「#40Forward」   | つながる!ソーシャル時代 ヒト・カネ・コト | 現代ビジネス [講談社] 「米国では、女性が経営する企業の数が、1997年から2013年までの15年間で、およそ1.5倍にあたる860万社にまで増加し、2013年時点で、1.3兆ドル(約134兆円)規模の収益と780万人の雇用を創出しています(「The 2013 State of Women-Owned Businesses Report」による)。しかしながら、全体からみると、女性の経営する企業は、まだ少数派。社数ベースでは全企業の29%にとどまり、事業収益規模でみると4%にも達していません。」であるという。日本を考えてみれば、女性経営者はいったいどのくらいの数であろう。考えるもなく、世界の人口の半数は女性である。それを生かすこと、それこそが、人類が未だ経験をしたことがない経済構造なのかもしれない。
3/12 大山遭難、山頂付近で発見の2人は心肺停止か : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 毎年、春山の時期になると中高年世代の遭難が起きる。鳥取県の大山で岡山県の男女3人が遭難、ともに原因は凍死とみられている。雪山に向かったのであるから、それなりの装備はあったのであろうが、それ以上に雪の山は厳しかったのだと思う。春山登山、一度天気が崩れれば真冬と同じである。いかなる事態にも対処できる体力、経験、技術が必要となる。
3/12 日刊ゲンダイ|日本で高濃度検出続々…PM2.5より怖い中国「猛毒水銀」 現在の中国を見ていると、かっての高度成長時代の日本を見ているようである。経済成長優先の中での環境破壊、このまま行けば、中国の主要都市は人が住めない所となる。彼らの排出する公害物質がやがて日本にも到達する。これは国際問題である。
3/12 【日本の解き方】震災復興、産業の復旧も原発対応も遅れ 住民の流出止まらず (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 東日本大震災から丸3年、およそ政府の発表とは逆に、復旧・復興は遅々として進んでいない。復興のために膨大な予算が組まれている。が、それは有効に使われていない。何が原因なのだろう。復興においておよそ、国、地方自治体が機能していないのではないのか?住民は、最早、政府、自治体に何の希望を持っていない。これが現実である。
3/12 日本の原子力規制委「驚くべき仕事をしている」 米NRC委員長が評価 - SankeiBiz(サンケイビズ) 米国、原子力規制委員会(NRC)のマクファーレン委員長の言、「日本の規制委は原発再稼働に向けた申請を審査しているのに加え、原子炉や構造物、放射性廃棄物の規制基準をつくり直す必要もある。NRCはあらゆる支援をするつもりだ」、ここから読み取れるのは、原子力規制委員会は、政府から独立した機関であり、独自の権限を持つということである。もちろん、それのは限界はあろうが、少なくとも、日本のような利権に縛られた組織体制ではない。日本の規制委もそうした形に育ってもらいたいと思う。
3/12 あなたは「福島県産の桃」を食べますか? 福島県産の風評とリスクを考える   | 『統合知で拓く』 ソーシャル・マーケティングの時代 | 現代ビジネス [講談社] これは2011年7月、福島原発の事故が起きた年の記事である。当時は、福島県内、広域にわたる農産物の放射能汚染が話題になり、米、果物、野菜、畜産、酪農産品の汚染度が徹底的に調査された。その調査は今も同様である。その結果、現在では多くの産品が安全として販売されているが、それらに対する風評による被害はなくなったわけではない。風評は自然に起きるものではない。なんらかの原因がある。その原因の最大のものは、政府による汚染基準のあいまいさであろうと思う。
3/11 プーチン大統領、ウクライナめぐる米提案を拒否 WSJ.com それにしてもプーチンという男、したたかである。「ウクライナをめぐる対立の解消に向けケリー米国務長官がここ1週間で申し入れていた提案を退けたようだ。」だという。さらに、今週初のロシアのソチで開かれる予定だったプーチン大統領との会談を延期したとのこと。ロシアは、実行支配しているクリミア自治共和国でのロシアへの編入の賛否を問う住民投票の結果を既成事実として、交渉に入る、そういうことであろう。それに比べて何をやっても後手にまわる日本政府、問題は指導者の資質にあるのか、役人がオ馬鹿なのか、どっちだろう?
3/11 派遣社員、受け入れ期間上限「廃止」 派遣法改正案を閣議決定  :日本経済新聞 政府による「企業が派遣社員を受け入れる期間の上限を事実上なくす労働者派遣法改正案を閣議決定」、ポイントは−労働者派遣で今回変更するのは主に2点。一つは派遣の期限を「1人あたり3年」に改めることだ。これまでは「業務ごとに3年」だったため、同じ仕事を派遣社員に任せられるのは最長3年だった。これを人単位にすることで、同じ仕事でも人が交代すればずっと派遣に任せられるようになる。−ということである。これにより、業務に関係なく、「ずっと派遣社員のまま働くことができる」ということである。それはそれとして、派遣会社が得ている労働者の派遣による利益が労働者の給与となれば彼らの所得は上がるはず。だとするならば、派遣制度をやめて、嘱託社員制を法制化するという方法もあるように思える。
3/11 日刊ゲンダイ|大阪市長選 関心事はマック赤坂氏の得票数だけという惨状 大阪維新の会、太陽の党を合併して日本維新の会となったが、そのあたりから、どうも求心力を失ってしまったようである。今回の大阪市長選。主要政党が候補者を擁立せず橋下徹候補の一人勝ちよ様相、そもそも、市民の64%がこの出直し選を評価していない状態、かっての拍手喝采はもはやない。
3/11 2020年前後に首都圏南部を直撃?直下型地震襲来への備えを急げ プレートテクトニクス理論に代わる地震発生メカニズムの最新理論とは:JBpress(日本ビジネスプレス) 「2020年前後に首都圏南部で直下型地震が起きる可能性があるよ」という新しい予測が出てきた。その根拠となっているのが、「熱移送説」。「熱移送説の中で主役を務めるのは熱エネルギーの伝達(マグマ)である。地球の地核(特に外核)からスーパープルーム(高温の熱の通り道)を通って地球表面に運ばれた熱エネルギーが、地球表面を移動する先々で地震を起こすというものである。」というものだが、原因はどうあれ、起きるものは起きる。
3/11 大飯原発の断層調査 莫大な時間と労力と金…果たして何が得られたか (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 原子力規制委員会による大飯原子力発電所敷地内の断層調査、現地調査に約1年3カ月を要したが、この間、「会合の度に“後出しじゃんけん”のように新たな課題を突き付ける委員、対応に人と資金を割かれた関電、規制委内での対立劇」という指摘がある。原子力規制委員会も人の子である。福島の現実をみれば、絶対安全と誰も言い切れず、万が一の責任がとれない、そういうことが検討に時間を要した原因だったと思う。原発とはそういうものである。
3/10 昔「満州」、いま「原発」「日本の生命線」なんてウソばかり 日本人よ、歴史に学ぼう 保阪正康×磯田道史  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 戦前、日本政府、軍部は「旧満州」を日本の生命線と呼んだ。敗戦間近になると、日本の生命線はあっという間にソ連軍によって蹂躙された。そもそも、政治家や役人がいうことは、そのほとんどが嘘八百と思ってよろしい。原発が日本の生命線、あるいは絶対安全、一番安い電力源、これを信用する国民は、ほとんどいない。
3/10 住まいのリフォーム 信頼、納得できる業者を探す! (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 普段から思うことがある。日本の建築費は建築会社側のほとんど言い値である。家の中の設備も、必要以上の最高級品を選んで見積もりを作ってくる。これを防ぐには、建築会社側との徹底的なやりとりが必要である。家のリフォームにしても同様、必要最低限を考えれば、場合によって費用は半分にも3分に1にもなる可能性がある。マンションの大規模修繕も同様。本当に必要なものは何か、よく考えて業者を選ぶことが大事です。
3/10 中国主席が米独首脳と会談、ウクライナ危機で政治的解決促す | ワールド | Reuters 「中国の習近平国家主席は、オバマ米大統領、メルケル独首相と電話で個別に会談し、緊迫化するウクライナ情勢について政治的な解決を促した。」とある。中国は、ロシアに意を汲んでの発言だろうが、国際社会へのこうした発言、すでに大国の仲間入りをしたようにも見える。日本政府は、ウクライナのために何ができるのだろうか。
3/10 >日刊ゲンダイ|周囲ア然…マジギレ法制局長官と共産議員の「場外乱闘」 小松一郎内閣法制局長官、共産党の大門実紀史参院議員と国会内の廊下で激しくやり合ったそうである。国会議員と激高しての口喧嘩、見苦しい限りである。そもそも、国会議員とは、国民に選ばれた人である、その人に対して、一介に公僕たる公務員が激高する、その人品を疑われても仕方があるまい。国の主権は国民にあり、その主権を託した者が政治家であり、行政はその下にある。これが民主主義国家のかたちである。
3/8 時事ドットコム:歴史・領土「妥協の余地なし」=安倍首相をけん制−中国外相 中国の王毅外相の発言、日本との関係に関して「歴史と領土という二つの原則的な問題で妥協の余地はない」、さらに、−「第2次世界大戦勝利の成果と戦後国際秩序を共に守り抜く」ため、ロシアとの間で2015年に「反ファシズム戦争・抗日戦争勝利70周年の祝賀活動」を開催し、その成功に向けて準備を本格化すると−とある。かっての大国・ロシアの復権、そして新興の大国・中国、彼らによって戦後世界体制は変わろうとしているのだろうか。これは、今起きていることである。我々は、相手を変わるが、かっての太平洋戦争前夜にいるのだろうか?
3/8 日刊ゲンダイ|安倍政権に「ノー」! 「戦争をさせない1000人委員会」発足 「戦争をさせない1000人委員会」が、4日発足したそうである。「平たく言えば、今は米国のための戦争に参加する義務を日本が負うかの瀬戸際。最後の踏ん張りどころだ。死力を尽くす」「安倍政権は日本を根本から変える解釈改憲を、雪崩を打ったような物凄いスピードでやろうとしている。危機感を覚えている」だという。それはそれで一理ある。が、歴史が教えるところによれば武力の背景なしには平和は一日たりとも維持しえない。これも現実である。難しい問題である。
3/8 【痛快!テキサス親父】極秘のマッカーサー電文に明記された「竹島は日本領」「韓国が不法占拠」 (2/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 1960年4月、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官、ダグラス・マッカーサー元帥の甥で、当時、駐日米国大使だったダグラス・マッカーサー2世が米国務省などに送った秘密電文、「《日本海にある竹島は日本の領土である》《韓国は力ずくで不法占拠している》《われわれ米政府は、韓国に圧力をかけて、この島を日本に返さなければならない》《最低限、われわれはこの件を国際司法裁判所に付託し、仲裁を求めることに合意するよう主張すべきである》」とある。いったいいつから竹島は韓国領になったのだろうか?
3/8 日本の右派:任務完了?:JBpress(日本ビジネスプレス) 東京のある若い映画ファンは、自分がなぜ3度目の「永遠の0(ゼロ)」鑑賞のために行列に並んでいるか、はっきり分かっていた。第2次世界大戦末期に米国の戦艦を攻撃した「カミカゼ」パイロットの集団に関する映画から彼が感じ取ったメッセージは、当時の若い男性は今日の「草食」男子とは大違いで、男らしく、目的を持っていたということだ。−映画としての描き方はそういうものかもしれない。だが、特攻で戦死した多くの若者には、別の未来もあったように思える。少なくとも、有為な若者達を特攻にいかせた当時の軍部は、己の愚を恥じねばなるまい。靖国は、そのためにある。
3/8 NEWSポストセブン|66歳男性 ペットが集まる場所で女性と会話弾み交際に発展 シニア世代にとって、あるようでないのが新たな出会いの場、あらたに異性と出会う場となると限られてくる。そういう方々にとって、ここで紹介されている「ペットが集まる場所」、なるほどと思った次第。ある62歳の男性の場合、「飼い猫にワクチンを打つために動物病院に行くと、待合室で隣り合ったケージを抱えた50代の女性と仲良くなった。猫の話題で盛り上がり、そのまま近くの喫茶店のテラス席へ。それ以降、愛猫の写真をメールで交換したりしている。毎日が楽しくて仕方ない」だそうである。ただし、お互いに家庭を持つ身でであれば、お付き合いは、やはりお友達としてが無難・・・と思います。
3/7 春告げる海の幸、「真崎わかめ」全国発売 : ニュース : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 岩手県宮古市の田老たろう町漁協の湯通し塩蔵えんぞうワカメ「真崎まさきわかめ」が、全国179店舗のスーパー「イトーヨーカドー」で発売。今回の企画商品、「風味や歯ごたえ、味、色合いが一番よいとされる「3月採り」のワカメだけを使う」そうである。復興の東北からとどく、春の味、ぜひ召しあがれ!
3/7 日刊ゲンダイ|沖縄地震頻発は「南海トラフ地震」と「太平洋大津波」の前触れ 沖縄で地震が連続して起こっている。3日には、本島北西沖でM6.6に続いて、M5を観測。琉球大名誉教授・木村政昭氏(地震学)の指摘、「『沖縄は地震が少ない』とよく言われますが、そんなことはありません。1771年の八重山地震はM7.4で、『明和の大津波』を引き起こし、死者は1万人を超えた。この津波は高さ85.4メートルで、ギネスにも載っています。1900年代に入ってからは、11年のM8を筆頭に、M7超が計3回。“ギネス級の地震”を経験しているだけに、今回も巨大地震の前触れと考えた方がいい」。北海道から沖縄まで、日本全体、いつ、どこがどうなるかはわからない。
3/7 CNN.co.jp : クリミア議会、ロシア編入を決議 住民投票へ  ウクライナのクリミア自治共和国議会が、6日、ウクライナからの分離とロシアへの編入を支持する決議を採択し、この決議の是非を問う住民投票を10日後に実施することを決めたという。これによりウクライナが分裂する可能性が高まった。EU、米国を遠目に見ながら、クリミアの国民にロシアへの帰属を決議させるロシア・プーチン大統領の政治手腕、実にしたたたかである。
3/7 不気味に増加していた「リンパ・造血細胞がん」「乳がん」 スリーマイルが教えるフクシマの未来(その12):JBpress(日本ビジネスプレス) アメリカ合衆国東北部ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所の事故よる健康への影響が報告されている。「ここで特筆に値するのは「心臓病」の増加である。福島第一原発事故の健康への影響をめぐる議論では「がん」、中でも「子供の甲状腺がん」ばかりが注目を浴びる傾向がある。一方、「心臓病」や「呼吸器のがん」「リンパ・造血細胞がん」はあまり議題にならない。こうした病気を視野に入れるべきだろう。」、この視点、日本の福島原発事故被害として参考にすべきである。福島原発の健康被害は始まったばかりである。
3/7 【東日本大震災3年】原子炉状態、爆発原因…なお未解明 福島第1原発+(1/2ページ) - MSN産経ニュース もうひとつ、福島第1原発事故の話、事故からおよそ3年が経過しようとしているが、高線量の放射線により、原子炉を直接確認することができず、原子炉の損傷状態や水素爆発の全容は依然として解明できていない。本当の原因がわからなければ、安全対策、審査も含めて有効な手を打つことができない。ひとつだけ確実なのは、一度起きたことはまた起きるということである。
3/6 日刊ゲンダイ|プーチンに電話もできない安倍首相「地球儀外交」の情けなさ 安倍首相、どうも世界中からそっぽを向かれているようである。ロシアのウクライナ介入には米国と歩調を合わせざるを得ず、一方で、対中国では、当初の米国との連携を靖国参拝でご破算にしてしまった。「日本は中国、韓国だけでなくアメリカとの関係も悪化し、唯一、安倍首相が親しくしていたのがロシアでした。秋にはプーチンが来日し、北方領土が前進すると囁かれていた。世界中の首脳が人権問題を理由に欠席したソチ五輪の開会式にも、安倍首相は出席。首相周辺は<ロシアと親密にすることで中国と韓国を牽制できる>と得意げに解説していました。しかし、ウクライナ問題で“反ロシア”に回ったことで、もはや北方領土の返還は無理でしょう。肝心な時に手のひらを返した安倍首相をプーチンは許さない。かといって、中国、韓国、アメリカとの関係が改善するわけじゃない。すべて水の泡です」、彼の外交感覚、こんなところなんでしょう。
3/6 竹の子のレシピ 17891品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが166万品 ともに春の食材として、今が旬の菜の花、そして筍、この時期に一度は食べておきたいもの。煮物、おひたし、口のなかで広がる春の味、お試しを!
3/6 経済的援助だけでは少子化は止まらない? 結婚と出産を切り離して出生率を上げたフランス。だが保守派の根強い反対も:JBpress(日本ビジネスプレス) 興味ある報告である。フランスで出生率が改善しているが、その理由としてあるのが、新生児の半分以上が婚外子であること。フランスやドイツの多くのカップルでは一緒に住んでいても、籍を入れず、法律婚ではなく、事実婚が多いそうだが、これが婚外子が多い要因のひとつとなっている。女性が子供を産み育てることは、一般的に結婚を前提とする、そうした社会的通年から自由になったことが、少子化現象の改善につながっている。子を産み育てるのは女性であり、女性の生き方より自由にする環境、そういうものが日本にも必要なのかもしれない。
3/6 アインシュタイン好物だった新橋の老舗佃煮屋「玉木屋」細切昆布−手紙にも「美味しい」 : J-CASTテレビウォッチ ちょっとおもしろい話題です。かのアインシュタインが夫人同伴で日本で講演旅行をした際、東京・新橋の創業231年の老舗佃煮店「玉木屋」の細切昆布がお気に入りだったとか。その昆布、店頭には「アインシュタインのお気に入り!」という表示があるそうです。いちど味わってみてはいかがでしょうか?そのときのアインシュタイン夫妻による日本人の印象は、「明るく屈託がない」「ユーモアの感覚に富んでいる」「優しい心」「微笑み・お辞儀・正座」だったとか。よき時代の日本人、今も残っているだろうか?
3/6 上野東北 絆を結ぶ 2014:上野地区東北復興支援実行委員会 東日本大震災から11日で丸3年を迎えるが、東北の玄関口、上野で「上野東北 絆を結ぶ 2014」が開催中です。開催中は様々なお店で東北にちなんだ催事を展開、その目玉のひとつ、松坂屋上野店の東北物産展、ヤフーのサイトで人気という宮城県女川町の「魚屋 岡清(おかせい)」の海鮮丼や同県山元町のイチゴを使ったスイーツなどを販売。ぜひお出かけを!
3/5 北、射程長い新型ロケット砲4発を日本海に発射 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 小さな子供が親の関心を引きたくて道ばたに寝転んでダダをこねる。北朝鮮は、とうとうそこまで来てしまったようである。米国はもちろん、中国からも愛想をつかされなす術を持たない、そんな状況である。この国の体制の崩壊は近くなってきている。
3/5 集団的自衛権「議論当然必要」 NHKニュース 安倍首相が、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認について、「国民的な議論は当然必要だ」と述べたこと、至極当然のことであろうと思うが、一方で完全に冷え切ったオバマ政権との関係の中で、いったいどのように集団的自衛権を行使するのか、その意味で考えれば、彼の言葉は詭弁であり、米国からすれば単なる極右政権と見られてもしかたがないように思える。安倍内閣の外交、世界戦略がまったくないように見える。これは危険である。
3/5 東京新聞:中国軍関係者「戦争恐れない」 続く対日強硬発言:国際(TOKYO Web) 中国軍関係者の言として「(日本との)戦争を恐れない」がある。さらに、。「一発目を撃たれれば、中国(軍)は力強く反撃を加えるだろう」という発言もある。現在の腐敗した中国を支配しているのは共産党ではなく、軍部のように思えてくる。
3/5 世界をリードする技術を十分生かせない日本 ハーバード大学のカレタス・ジュマ教授が指摘する日本の針路:JBpress(日本ビジネスプレス) ここに注目すべき指摘がある。−関東大震災・太平洋戦争から3.11以降まで「日本の行政はマトモに機能する管理・統括を欠いている」と海外から指摘されている(これは元来、MITの政治学者リチャード・サミュエルズの指摘でもありますが)−、その通りであると思う。日本の政治家諸氏は、日本の官僚は優秀であり、それを使いこなすことこそ、政治だと思ってきた。が、それは、明らかに誤りである。現代の少子高齢化の元凶は、戦後の官僚による核家族化政策である。官僚は愚かである、ここからしか日本の未来を救う方法はない。
3/5 『失望』大統領と『逆ギレ』総理、本当はお互いの顔さえ見たくなかった「オバマ来日」決定までの全内幕  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] TPP交渉、対中国外交戦略、どれをとっても安倍首相と米国オバマ大統領は平行線であり、もはやその関係は修復不能とも思える。日本の首相は就任と同時に、そのときの米国の大統領のご機嫌伺いをしたものであった、それが日本の国益と合致したからである。底には旧ソ連、あるいは中国という仮想的敵国がいたからである。いま、そうした構造が崩れ去り、まったく新しい世界構造が生まれつつある。中国の台頭であり、強い大国ロシアの復権、そして米国覇権の凋落である。それでもなお、日本が一番仲良くしなければならない国は米国である。米国の武力なくして日本は存在しえない。それが現実である。
3/4 ウクライナがロシア産ガスの輸入拡大、値上げに備え | ワールド | Reuters ロシア軍の軍事介入に対して警戒感をあらわにしているウクライナだが、一方でウクライナの天然ガス独占企業であるウクルトランスガスがロシア産天然ガスの輸入を増やしていることがわかった。これによりウクライナ経由の欧州へのガス輸送は3月1日に2億立方メートルとなっている。ロシアからすればEUへの緩和策ということになる。ロシアの外交、したたかである。
3/4 日刊ゲンダイ|原発再稼動へまっしぐら 「ベースロード電源」というマヤカシ 原子力を「ベースロード電源」とするという政府の見解、その言葉から見えてくるのは、原発を常時稼働して電力需要を満たす電源ということである。政府は、なんとしても原発を再稼動し、福島原発以前の状態にもどしたいということだろう。
3/4 NYタイムズ、再び安倍首相批判「日米関係に深刻な脅威」  - 政治・社会 - ZAKZAK 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が、安倍晋三首相の姿勢を「ナショナリズム(国家主義)」と指摘し、日米関係の「ますます深刻な脅威になっている」と批判、日本周辺の「地域に対する危険な挑発」になっていると社説を掲載。要するに、米国は、「日米安保条約に基づき日本を守ろうとしている一方、日中の紛争に引き込まれることは望んでおらず、安倍氏が米国の利益を忘れている」ということのようである。米国としては、当然の考え方である。自分の上得意客と日本が喧嘩をしている、それに自分たちを巻き込むなということ、そういうことである。
3/4 徹底討論「嫌韓」なぜ、日本人はそんなに韓国が嫌いなのか 声に出して言いにくい「日本の大問題」第3回 辛淑玉×小針進×安田浩一  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 最近、韓国に対して嫌悪感をいだく風潮が日本に出てきている。この背景には子供っぽい愛国主義があるが、これはある意味危険である。小さなデマゴギーがより大きなパニックとなることがある。関東大震災時、「内朝鮮人が暴徒化[14]した」「井戸に毒を入れ、また放火して回っている」「何の窮民か 凶器を携えて暴行 横浜八王子物騒との情報」の見出しで、「横浜地方ではこの機に乗ずる不逞鮮人に対する警戒頗る厳重を極むとの情報が来た」「不逞鮮人の一派は随所に蜂起せんとするの模様あり・・・」などデマにより朝鮮人の虐殺事件が起きている。
3/4 「ぽちゃは何kg?」「熟女は何歳から?」…女性の気になる“違い”を調査した | 日刊SPA! 歳をとってより魅力的な女性になる。いわゆる熟女ですが、そのイメージはといえば、「色気」「美」「女性らしさ」ということになるそうです。若いときには若いときの魅力があり、熟女世代には熟女の魅力があるはず。世の男性諸氏、いまさらわが女房がと思うなかれ、糟糠の妻も磨けば、あらためて惚れ直す熟女となるはず。女房の女磨き、すすめてみてはいかが?
3/3 ロシア、クルミア軍事介入へ…プーチン氏提案、上院同意 安保理緊急協議 - MSN産経フォト ロシア軍が、ロシア系住民の保護を理由にウクライナへ侵攻する可能性を国際社会に示唆した。これによってウクイナは親EU派と親ロシア派に分断される可能性が出てきた。これが内戦に発展すればシリアと同様、欧米とロシアのあらたな冷戦構造が出現する。東ヨーロッパにおける米国の覇権が力を失うとすれば、やがてアジア地域にも、その影響は波及する。中国による尖閣諸島占領、単なる仮想上の問題ではない。新たな戦争の時代がすでに始まっている。
3/3 春の訪れ告げる「渦開き」 鳴門海峡、観光シーズンの安全を祈願 - 徳島新聞社 季節はもう春、鳴門海峡では、春の観光シーズンの幕開けを告げる「渦開き」が行われた。寒い寒いと震えた冬、もう春はそこに来ています。
3/3 実はとても大切な意味が込められている「ひな祭り」の食べ物5つ - Ameba News [アメーバニュース] 女の子のいる家庭では、どこの家でも、節句の祝いとしてひな祭りを祝うと思います。このひな祭りにいただく食べ物、それぞれに意味があるようです。ひし餅、ひなあられ、はまぐり、白酒、ちらし寿司、これらにはとても大切な意味が込められています。お孫さんといっしょに祝うひな祭りのご参考に!
3/3 日刊ゲンダイ|元最高裁調査官が暴露 「裁判員制度が司法をダメにした」 日本で裁判員制度が始まって、すでに定着したように見えるが、一方で問題点も多く指摘されている。「任命された人に拒否権がないことや法律の素人による量刑のブレといった問題」や裁判員としてかかわったときの秘密の保持の義務などであるが、一方で裁判官それ自体の質の低下も問題視されている。裁判員制度、一度見直すときがきているのかもしれない。
3/3 【誇れる国、日本】尖閣強奪をもくろむ中国 集団的自衛権の行使容認は必要不可欠 - 政治・社会 - ZAKZAK 「自衛隊と中国人民解放軍を比べた場合、軍隊としての質、士気ともに自衛隊が上回っていると確信している。中国が日本と陸続きでない以上、中国が制空権・制海権もないまま尖閣に強行上陸しても、壊滅的な打撃を受ける。つまり、共同演習は日本への恫喝にすぎない。」という指摘がある。ひとつの見方である。1982年3月19日にアルゼンチンが英領フォークランド諸島を占領したが、英国は「経験豊富な陸軍特殊部隊による陸戦や長距離爆撃機による空爆、また同盟国アメリカやEC及びNATO諸国の支援を受けた情報戦を有利に進め、アルゼンチンの戦力を徐々に削り、6月7日にはフォークランド諸島に地上部隊を上陸」、6月14日にはアルゼンチン軍が正式に降伏、およそ3箇月の戦闘であった。今、有事の際に、じっさいにEUや米国の支援を受けることができるだろうか、冷静に考えてみる必要がある。
3/1 日刊ゲンダイ|自民もNHKも見限り 籾井会長に辞任迫る「3つのシナリオ」 NHK籾井勝人会長部下の理事に辞表を出させた預かっていたという。自らの権限を誇示し、自分意に従わない者はいつでも首にするということであったのだと思う。こういう人間には、人の上に立つ資格はないと思う。実に愚かな男である。これ任命した政府もまた、愚かを通り越して、哀れである。
3/1 「中国は尖閣諸島強襲の準備を始めた」波紋を呼ぶ米海軍現役軍人の発言:JBpress(日本ビジネスプレス) 米海軍太平洋艦隊の諜報情報作戦部副部長のジェームズ・ファネル大佐の発言、「中国人民解放軍は最近、東シナ海で日本の自衛隊を撃滅する戦闘に備えるという新たな作戦命令を上部から与えられた」とあるが、米軍内部からのオバマ政権の中国より姿勢への牽制であろうと思う。仮に事実だとすれば、中国は戦時体制であり、それに対して集団的自衛権の議論をこれから始めるなどは、じつにおめでたい話である。尖閣諸島が占領されたとき、それを奪還するのが米軍であり、それを援助するための集団的自衛権であろうが、そうだとするならば、日本は領土権を持った国家とはなりえない。有事への戦争の可否、これを国民に問うべきである。
3/1 NEWSポストセブン|コンビニおにぎり 首都圏と関西で昆布の売れ行きに差がある セブン-イレブンのコンビニおにぎりの売れ筋は
●首都圏地区
【1位】手巻おにぎりツナマヨネーズ(105円)
【2位】手巻おにぎり紅しゃけ(136円)
【3位】直巻おむすびとり五目(115円)
【4位】やみつき!焼き豚炒飯おむすび(126円)
【5位】手巻おにぎり日高昆布(105円)
●関西地区
【1位】手巻おにぎり昆布(105円)
【2位】手巻おにぎりツナマヨネーズ(105円)
【3位】味付海苔手巻おにぎり海老マヨネーズ(110円)
【4位】味付海苔手巻おにぎり焼鮭(126円)
【5位】やみつき!焼豚炒飯おむすび(126円)
だそうである。おにぎりの定番である梅が上位に入っていない。そういう時代なのであろう。
3/1 元副会長、ウォークマンの産みの親ほか かつての幹部が実名告白 あぁ、「僕らのソニー」が死んでいく  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] ソニーのかっての幹部の言、「私はソニーをやめる直前まで、アップルに対抗するためのビジネスを構築しようと必死になっていました。ところが、ある役員から『そんなことはやめてアップルに頭を下げてこい』と言われたんです。そのとき思わず、『あなたにはプライドはないのか』と聞き返しました。戻ってきた言葉は『プライドで会社が儲かるのか』。当時からすでにアップルの軍門に下るシナリオが進行していたということです」、いい商品を作る、どこにもない物を作る、それを消費者が支持する、その結果として儲けが出てくる、儲けがどこから出てくるか理解していない、こういう役員は会社のクズである。恐らくは、日本の大企業経営者全体にわたる病理であろう。
3/1 避難指示の解除見込み1年延期 福島・葛尾と飯舘の一部 国の除染進まず ハフィントンポスト 福島の放射能汚染地域の除染が進まず、避難指示区域の一部、解除見込み1年延期される見通しだそうである。では、一年後に除染が終わって住民はもどれるのか、その保証はどこにもない。福島原発以前では、一般人の年間被曝限度量を、1ミリシーベルトだが、それを20ミリシーベルトに引き上げ、それが除染の目標値である。除染とは名ばかりで、少なくとも子供のいる家族の帰還はできない。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2014年3月の掲載



Copyright 爽快倶楽部