TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2013年12月の掲載




12/27 貧困層専用のスーパー開店 英、余剰品引き取り格安販売 - MSN産経ニュース 英国中部で大手スーパーなどから余剰品を提供してもらい、貧困層の人だけに格安で販売するスーパーが開店した。食品の無駄をなくし、貧困層の支援にもなる一石二鳥の取り組みとして、注目されているそうだが、日本でも、多くの賞味期限切れを迎えた食品が廃棄処分されていると聞く。賞味期限とは、あくまでも企業が決めたひとつの目安であり。食べられないわけでは決してない。コンビニや大手スーパーなど、こうした取り組みがあってもいいと思う。
12/27 20代の4人に1人「勤務先はブラック企業」 連合総研調べ - MSN産経ニュース 民間企業で働く2千人を対象に実施したアンケートによると、20代の23・5%、30代の20・8%が、自分の勤務先が長時間労働や残業代不払いなど違法な働かせ方で若者を使い捨てにする「ブラック企業」に当たると考えているとの結果が出ている。「勤務先で過去1年間に残業代の未払いがある」と答えたのは19・3%、「有給休暇を申請しても取得できない」も14・4%。この現代において、もはや死語となった「搾取」の現実がある。労働者とは、企業にとって、国にとっていったい何であろう?
12/27 東京新聞:一括で700万円追加賠償 帰還困難区域の住民対象:社会(TOKYO Web) 文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が、東京電力福島第1原発事故のため帰宅の見通しが立たない「帰還困難区域」の住民らに対し、東電が一括して1人当たり700万円を支払うことを決定したという。放射能汚染によって高線量の地域は、本来、これから数十年以上は住むことができない。住民の家に帰りたいという気持ちはあろうが、できないことはできないと明確にし、彼らの新しい生活設計を援助することを始めるべきであろうと思う。代替地、新居建設費用、収入源の確保など、東電、政府の責任において早急に行うべきであろう。
12/27 おせち料理 お正月料理特集 | ホームクッキング【キッコーマン】 昔は、今のようにコンビニやスーパーもなく、正月の三が日、ほとんどの商店が閉まっていた。そこで各家庭では日持ちに良い食品を中心におせち料理を用意した。最近は、家庭でおせち料理を作ることも少なくなったようであるが、おせち料理は立派な和食、和食が世界的に見直されているときでもある。あらためておせち料理を作ってみるのもいいと思います。
12/27 消費増税は「財政再建」のためでなく「歳出権の拡大」が証明された政府予算|高橋洋一の俗論を撃つ!|ダイヤモンド・オンライン 前野田内閣のときに可決された消費税増税、来年はいよいよその実施の年になる。消費税増税の理由として社会保障費の充実、財政再建があったが、実際は、「消費税増税は、財務省官僚が予算総額を膨らまして、カネを自由に差配できるようにするためのもの」であったに過ぎない。
12/26 経済成長鈍化に懸念の声も 日銀が11月分議事要旨公表  :日本経済新聞 アベノミクスにかげりが見えてきた。「雇用者報酬が前期比マイナスとなり、内容は芳しくなかった」、さらに経済成長に関し、「一時的な減速ではなく、成長率の基調が下方シフトしたことの表れではないか」との指摘。さて来年は、どうなるのやら。
12/26 日刊ゲンダイ|韓国軍に銃弾1万発提供 もう始まったNSCの“大暴走” 政府が23日、南スーダンでPKO(国連平和維持活動)に参加する韓国軍への銃弾1万発提供を行った。本来、PKO協力法25条では−「物資協力」の規定はあるものの、政府は過去の国会答弁で「他国部隊に武器や銃弾を提供することは想定していない」−、それが国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合で決定、実行にうつされている。
12/26 世界を斬る】中国軍部がクーデターに成功、習政権を乗っ取っている… 米国防総省の衝撃的分析 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 「中国軍部は、すでに実質的なクーデターに成功し、中国政府を乗っ取っていると思われる。習近平主席は軍部が選んだ、名ばかりの指導者に過ぎない」、これは、米国防総省の情報機関である国防情報局の内部メモによるものである。これが、将来、何を意味するのか、お分かりだろうと思う。
12/26 CNN.co.jp : 「ハンバーガーは不健康」 米マクドナルドが従業員に助言 面白い話である。米ファストフード大手マクドナルドの社内サイトに、ハンバーガーなどのファストフードは食べない方がいいという助言が掲載されていたとのこと。社内サイト「マックリソース」にチーズバーガーとフライドポテトと赤いカップに入った飲料の写真が掲載され「不健康な選択」という説明書きがあり、一方mその隣のサンドイッチとサラダと水の写真には「健康に良い選択」という説明が添えてあったそうである。
12/26 首都高、五輪見据え5区間造り替え 更新計画で事業費6300億円 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 首都高の一部造り替え、大規模補修工事が始まる。かねてより、その老朽化で崩壊などの危険性が指摘されてきた首都高の補修工事、公共事業全体の中で、最優先に行わなければならない工事であろうと思う。工事のための費用は、これまで50年までとしていた高速道路の有料期間を延長する方針、必要な約6300億円をもとに試算すると、15年程度の有料期間の延長が必要となる模様。
12/25 日刊ゲンダイ|香川照之ともウワサに…喜多嶋舞の奔放すぎた“男遍歴” 芸能人夫妻の子供のDNAを検査してみたら、その子供は夫の子供ではなかった。そんなことがニュースになっているが、子供の気持ちはどうなのであろうかと思う。昔は、そういう検査というものがほとんどなっかたし、検査をする者もほとんどいなかった。子供の男親を知るにのは、およそ妻だけだった。その意味でいえば、こうした事態は少なくなかったかもしれない。が、あえて、その夫婦も世間も問題としなかった。それは子供の幸せを考えたからである。
12/25 【回顧 2013年】安倍内閣に衝撃与えた支持率低下 思い知らされた「国民という最大野党」の存在 政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 特定秘密保護法可決によって衝撃的な支持率低下となった安倍内閣だが、ここに「国民という最大野党」という面白い表現がある。政府与党にとっては国民世論は常に最大かつ決定的な野党である。逆いいえば、国民こそ常に最大の与党であり、政党は単なる弱小与党に過ぎない。政治の安定性は、誰を向いているのかで決まる。
12/25 もはや目の前? 中国海軍が米海軍と肩を並べる日 局地戦ではすでに優位な状況も:JBpress(日本ビジネスプレス) 中国海軍の増強、東アジア海域に進出し、やがてその制海権を拡大することは、そう遠い未来ではない。その最大のターゲットが尖閣諸島であり台湾である。そこに、やがて彼らの大艦隊が姿を表す。そのとき、日本は何ができるだろう?国際政治の最大の武器は軍事である。これは21世紀となった今でも変わらない。
12/25 「ベトベト換気扇」「キッチン油汚れ」ピッカピカ!大掃除の秘密兵器「セスキ炭酸ソーダ」「プリン状せっけん」 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ  そろそろ年末の大掃除シーズン到来、がんこな汚れには「セスキ炭酸ソーダ」と「プリン状せっけん」が有効だとのこと。換気扇、キッチンの油汚れに、ぜひお試しを!
12/25 パートナーとの「セックスレス化」を防ぐために必要な性知識とは? | 日刊SPA! 中年男性へのアドバイス、「そうなるとセックスレス待ったなしです。そうならないためにも、男性は正しいセックス知識を改めて得たほうがいいと思います。例えば、勃起力に自信がなくて『挿入しないならセックスをしないほうがいい』と思う男性って多いと思うんです。けど、女性にしてみればスキンシップがしたいし、挿入がすべてじゃない。それなのに“さわる権利”自体を放棄してしまったら、女性からしたら『彼氏』と『友達』との境界があいまいになって、なおさら愛情が冷めてしまう。最近は、愛とセックスを切り離して考える人が多く、ある意味、『AVで見たセックス』がすべてになってしまっている。なので、いい大人の方でも、ちゃんとした性知識を今一度勉強する必要はあるのではないでしょうか」、これは高齢者夫婦にもいえるかもしれません。ご参考に!
12/24 東京ミチテラス2013 公式ホームページ 12月24日〜12月29日までの6日間、東京駅など丸の内エリア、大手町エリアで、光の祭典「東京ミチテラス2013」が開催されます。点灯時間は17時頃〜21時頃(状況に応じて変更の可能性あり)。コンセプトは「光のレールウェイ」。皇居外苑側で高くせりあがり、天空へと続く「希望の光」として表現されるとのこと。ぜひお出かけを。
12/24 消費増税へ「101兆円予算」=一般会計、過去最大96兆円?14年度政府案を決定 WSJ.com この国の役人、政治家は、何を考えているのだと思う。普通、家庭で収入が少なく、毎月赤字になるとすれば、まずは主人の小遣いの削減、さまざまな生活費の削減を行う。ボーナスなど収入があれば、借金を返すか、貯蓄に回し将来に備える。だが、この国は、あればあるだけ使い、足らなくなれば国民の財布の中をあてにして増税する。それについて国民からは文句も出ない。もっとも文句をいうためにデモ行進をすればテロだと脅かされる。実に不思議な国である。
12/24 日刊ゲンダイ|ふざけるな! 安倍政権 「復興予算」を「原発輸出」に流用 安倍首相も「安くて安定的な電力を供給しなければ……」、そのために原発は必要だという。原発の発電コストが他のエネルギーと比べて「安い」かどうか、今回の福島原発補償費で明らかになったはずである。最初に原発ありき、ここからは、世界が進もうとしている再生エネルギー振興に行き着くはずもない。
12/24 国境なき医師団日本 24日はクリスマス・イブ、日本の多くの家庭で子供たちがプレゼントをもらったり、大きなクリスマス・ケーキに歓声を上げているかもしれない。が、世界では、今この瞬間に、6秒に1人の子供の命が失われている。1日にすると約1万4000人の子供たちの命が失われている。私たちにできること、必ず何かがあるはずです。
12/24 第1次世界大戦:不安を胸に振り返る100年前の世界:JBpress(日本ビジネスプレス) ケインズはかってこういった。「軍国主義と帝国主義、人種的対立と文化的対立、独占や制限や排除のもくろみや政治学は、いわば現在の楽園における蛇の役割を果たすもので、(ロンドン市民向けの)日刊紙の娯楽材料にすぎない」、今、世界の政治力学が大きく変化し始めた。軍国主義と帝国主義の台頭である。21世紀は、再び戦争の世紀に向かおうとしている。
12/21 関東でまた地震、千葉で震度4 - MSN産経ニュース 21日午前1時10分、震源を茨城南部とする震度4に地震が関東地方であった。震源域近辺は震度4だが、東京・神奈川・山梨を含めて震度3のところがあった。内陸型地震によるものかどうかは知らないが、関東平野全体が大きく揺れていた。さらに、午前10時34分ごろには、千葉県東方沖を震源とする震度4の地震が発生。この揺れ方、北から南に震源が下がってきているようで、なんとなくいやな感じである。ご用心を!
12/21 2013年の冬至はいつ?なぜかぼちゃと柚子湯? [暮らしの歳時記] All About 今年の当時は22日、当時といえばかぼちゃを食べ、柚子湯に入ると昔から決まっている。何故、そうなのか、その理由を探ってみると、たしかにその道理はある。昔の人は知恵にあふれていたようです。
12/21 災害ロボットコンテスト、日本チームが初日トップ 原発事故を想定 - SankeiBiz(サンケイビズ) 福島第1原発事故のような過酷な災害現場を想定してロボットが性能を競い合うロボットコンテストが20日、米国で開催され、グーグルに買収された日本のベンチャー企業「SCHAFT(シャフト)」が開発した同名のロボットが好成績とのこと。それはそれでうれしいことだが、このコンテストの主催者は米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)である。政治家諸氏は口をそろえて日本の役人は優秀というが、こうした発想さえない、彼らのどこが優秀なのか、あらためて考えてみたらいい。
12/21 ゴーサイン間近の「辺野古移設」。安倍官邸の懸念は、米大使の会見出欠と公明党沖縄県連の強硬反対  | 歳川隆雄「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社] 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設をめぐって、依然として沖縄の反発は強い。が、中国の膨張政策の急速な動きからすれば、この移転を含めた米国のアジア戦略の推進は急務であろう。辺野古への移転ができないのであれば、いっそのこと尖閣諸島に米軍基地を建設するというはどうであろうか。その建設を具体的すすめるならば、中国はうっかり手は出してはこないはずである。距離的には沖縄と中国本土の中間点に位置する。まさに東シナ海のへそである。その戦略的価値は計りしれない。工事中は米海軍、日本の自衛艦で領海を封鎖すればいい。沖縄、米国、日本の安全保障として最善の策と思うがどうだろう。
12/21 「公共事業=悪」の偏見でインフラが崩壊する | 日刊SPA! 「公共事業=悪」では決してない。国の土台を作り上げる公共工事は、国家として最重要な責務である。幹線道路補修、災害時に活用可能な港湾設備、空港の充実など、やらねばならないことがたくさんある。問題は公共事業を行う際の縦割り行政である。これにより正しく、「公共事業=悪」となっている。ここから始める必要がある。
12/20 首都直下地震、死者は最大2万3000人--私鉄・在来線は1カ月運行停止も | マイナビニュース 内閣府の「首都直下地震モデル検討会」による首都直下型地震の被害想定では、東京都南部でマグニチュード(M)7.3規模の地震が発生した場合、1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)の死者は最大約2万3,000人に上ると推計、「冬の夕方、風速8メートルの条件下では、火災による死者は最大1万6,000人、建物倒壊等による死者は最大約6,400人などとなり、合計死者数は最大2万3,000人に上ると予測。2004年に発表した前回想定の最大死者数1万1,000人を大幅に上回った。負傷者数は最大12万3,000人。揺れによる全倒壊家屋は約17万5,000棟。なお、建物倒壊等による死者、および揺れによる建物被害に伴う要救助者(自力脱出困難者)は、冬の深夜に地震が発生した場合が最も多く、死者は約1万1,000人、要救助者は約7万2,000人と予想している。」。阪神大震災、東北大震災、そしてかっての関東大震災、首都直下地震の到来は、目の前の危機にほかならない。
12/20 めぼしい候補がいない「次の東京都知事」後出しじゃんけんが必勝法? : J-CASTテレビウォッチ 東京都猪瀬直樹知事の辞職によって次の候補予測が出てきているが、どの候補者も単に国会議員からの横滑りのようで、本当の意味で都民の生活を守れるかどうか疑問が残る。東京オリンピック招致で浮かれてはいるが、最重要課題は来るべき首都直下型地震に対する備えである。
12/20 宝くじ公式サイト いよいよ、今年の年末ジャンボ宝くじの発売は20日限り、
1等 500,000,000円 60本
1等の前後賞 100,000,000円 120本
1等の組違い賞 100,000円 5,940本
2等 1,000,000円 1,800本
3等 3,000円 6,000,000本
4等 300円 60,000,000本
大晦日特別賞 50,000円 180,000本
「年末ジャンボミニ7000万」は
1等 70,000,000円 80本
2等 7,000,000円 160本
3等 700,000円 1,600本
4等 70,000円 8,000本
5等 7,000円 160,000本
6等 300円 8,000,000本
お買い忘れなく!
12/20 『原発ホワイトアウト』登場人物のモデルとなった新潟県知事を直撃 | 日刊SPA! 安倍政権が推進しようとしている原発再稼動路線、その判断ははたして正しいのか、そして安全性に対してじゅうぶんな準備がなされているいのか?世界は「メルトダウンは起きる」から考え始めるが、『ところが日本の技術委員会の議論を聞いていると、「メルトダウンが起きる」という前提の議論をしていないのです。メルトダウンがいかに起きないのかを必死で説明している。』、この指摘、真摯に考えるべきと思う。
12/20 競馬 - 有馬記念 - スポーツナビ 中央競馬の年末の大一番、有馬記念、中山、GI、芝2500メートルが、22日が開催。今年の競馬の総決算として強豪が揃い踏み。馬券投票のみならず、サラブレッドがコースを疾駆する姿の美しさを楽しむのもいいと思います。出来れば競馬場に出向いての観戦がおすすめ。
12/19 鬼平江戸処 12月19日に東北自動車道 羽生PA(上)にオープンする鬼平江戸処。コンセプトは「温故知新」。「江戸庶民の生活では、互いに助け合う優しさと人情に満ちた暮らしが当たり前に繰り広げられていました。ここでは、その人情味溢れる男の代表として、故・池波正太郎さんの代表作「鬼平犯科帳」より鬼平こと長谷川平蔵に着目しました。そして、鬼平が生まれた1745年から、江戸庶民が最も華やいだ文化文政時代終わりの1829年までの江戸を切り出して、人情味あふれる数々のおもてなしをさせていただくことにいたしております。」ということ。お出かけになってみてはいかが?
12/19 霞が関が永田町を完全支配下に置いた!戦争に備えるための特定秘密保護法。その情報を独占する官僚は、戦前エリートが犯した失敗を学んでいるのか? 佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol026 「くにまるジャパン」発言録より | 佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」 | 現代ビジネス [講談社] 「官僚は官僚で、政治家はだらしないと思っていて、こういう法律をつくるというのは、敢えて言いますけれど、官僚たちは国民はバカだと思っているんですよ。国民は自分で自分を守ることができないし、理解することもできない。だから知らせないでいいんだと。難しい試験に受かっているエリートのオレたちに任せろと。こういうことなんですよね。」、特定秘密保護法の意義、こういう見方もあるようです。
12/19 カラスの肉は美味しいのか? 実際に食べてみた | 日刊SPA! 都会の道端でゴミ収集に出た残飯を突っついているカラスを見かけるが、このカラス、食べられるのをご存知でしたか?フランス料理では、カラスは高級食材として扱われているそうである。たとえば、「信州産ハシボソカラス胸肉のポワレとモモ肉とフォアグラのパイ包み焼き」、「カラスは完全な赤身肉で筋肉質。焼き過ぎると肉が堅くなってしまい、特有の獣臭さが出てしまうので、冷たいフライパンに肉を置き、じっくりと焼き上げて」いただくのがおいしいとのこと。カラスならなんでもいい、ということではないようです。
12/19 安倍首相、都内の町工場視察 「アベノミクス効果が広がりだした」 - SankeiBiz(サンケイビズ) 安倍晋三首相が東京都墨田区にあるメッキ加工会社の工場を視察、従業員数9人の同工場では、独自の表面処理技術で優位に立ち、景気回復による業績改善で賃上げを実施しているという。従業員の言葉では、「賃上げによって晩酌が発泡酒からビールに代わった」そうである。みなこうであればいいのだが。
12/19 憲法改正で政権に協力=維新・石原氏、安倍首相と会談 WSJ.com 石原慎太郎共同代表は、安倍首相との会談で、「維新は是々非々で協力する」と述べたとのこと。彼の政治信条はさておき、一国の総理と会談し、党の意向を伝えるのは、本来、その党首の役割である。さて、日本維新の会の党首とは誰であったか、大阪の橋下市長の姿はどこにも見えない。
12/18 東京新聞:NSA活動 通話歴収集 違憲の疑い:国際(TOKYO Web) 米国ワシントンの連邦地裁判事が国家安全保障局(NSA)がテロ対策を目的に行っている一般市民の通話記録収集について、合衆国憲法に違反する疑いが濃厚だとの初の判断を示した。「 <合衆国憲法修正4条> 不当逮捕や捜索、拘束を禁じた合衆国憲法の修正条項。米国民には不当な捜索や押収、拘束から身体、家屋、書類、所持品の安全を保障される権利があり「これを侵してはならない」などと規定している。」そうだが、日本では憲法で「第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 ○2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。 」とある。
12/18 東京新聞:首相、憲法解釈変更へ意欲 集団的自衛権で:政治(TOKYO Web) 安倍晋三首相の有識者懇談会の会合での発言、「個別的自衛権だけで国民の生存を守り、国家の存立を全うできるのか。弾道ミサイルなどの脅威が容易に国境を乗り越え、瞬時にわが国にやってくる時に集団的自衛権が必要ないのか」、これに異論はまったくない。が、戦前、国防のための政策をまったく別の政策に解釈し使ったとことによって、日本が歴史上最悪の国難にあったことは記憶に新しい。憲法を解釈するのではなく、それを文字通りに解釈し、不都合があればその修正を国民に問う、これが政治の正しい道である。
12/18 手を差し伸べるべきかそっぽを向くべきか道路の向こうもビルも見えない中国の大気汚染:JBpress(日本ビジネスプレス) 中国の大気汚染は、まさに最悪の状況である。「AQI(空気質指数、Air Quality Indexの略)は484を観測し、6段階のうち最も危険だとされるゾーンに突入した。また、PM2.5(微小粒子状物質)は602.25マイクログラム/立法メートルを記録。WHOの大気質指針(24時間平均25マイクログラム/立法メートル)と比較しても、24倍の汚染度である。」であり、これはもはや人間が健康に暮らせる状態ではない。さて、中国にこの大気汚染対策の技術を供与すべきかどうか・・・、中国が素直に日本に望むかどうかであろう。
12/18 コズミック フロント | NHK宇宙チャンネル 12月19日(木)午後10時00分からNHKプレミアムで放送される〜 「一千億個の地球!?」、「私たち人類は、広大な宇宙の中でひとりぼっちなのか?」という古くからの問いに挑みつづける科学者の足跡を追いながら、天文学で最もホットな分野のひとつに成長した「太陽系外惑星研究」の最前線に迫る内容である。お見逃しなく!
12/18 国民へのツケ回しを見過ごすな!安倍政権が続々打ち出す原発政策と事故処理「3つの落とし穴」  | 町田徹「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社] 自民党政権は、どうしても原発政策を手放したくないようである。−「エネルギー基本計画に対する意見」と題した見直し案は、原発を〈燃料投入量に対するエネルギー出力が圧倒的に大きく、数年にわたって国内保有燃料だけで生産が維持できる準国産エネルギー源として、優れた安定供給性と効率性を有しており、運転コストが低廉で変動も少なく、運転時には温室効果ガスの排出もないことから、安全性の確保を大前提に引き続き活用していく、エネルギー需給構造の安定性を支える基盤となる重要なベース電源である〉と位置付けた。−となっており、「安全性の確保を大前提に」とあるが、壊れない機械はないということを、今回学んだはずなのだが・・・。政治家の皆さんは、どうお考えなのであろうか?
12/17 知事、逃げるの?:朝日新聞デジタル 猪瀬直樹都知事、もはや万策尽きたち言わざるを得ない。会見、議会答弁の際に、二転三転する説明、これでは誰も納得できるわけはなかろう。東京オリンピック招致を決め、歴史に残る都知事としてありたかったのだろうが、この期に及んでは引き際をきれいにする、これが最善の策であろうと思う。都民の大半が、辞任やむなしと思っている。
12/17 日刊ゲンダイ|「秘密保護法」公布 与野党議員これから海外視察のデタラメ 「特定秘密保護法」が13日、公布されたが、国会が「秘密保護法」をどう運用すべきか、第三者機関をどう設立すべきか、を調査するため、これから超党派議員で視察に行くそうである。「自民、公明、民主、維新、みんなの与野党5党の超党派議員団で、来年1月12〜19日に米英独の3カ国を訪問し、各国の監視機関の仕組みを視察する予定です。しかし、本来は法案可決前に視察するべきでしょう。国民の6〜7割が反対した重要法案なのだから、あらかじめ他国の状況ぐらい情報収集して把握しておくべき。この法律がいかに“欠陥品”なのかという証左ですよ」、という意見を、もっともと思う。
12/17 Df | ニコンイメージング 先月末に発売されたニコンの新型一眼レフデジタルカメラ「Df」、予約が予想を超えており、現在、生産が注文に追いついていないそうである。販売価格はボディーのみが約28万円、レンズセットが約30万円であり、決して安価なカメラではない。先日、量販店で手にとってみたが、人気の秘密がわかったような気がした。昔のフィルムカメラそのままの機能である。一眼レフを使う人なら、誰でも思う、絞り優先、シャッタースピード優先、露出補正、マニュアルフォーカスが指の動きで直感的にできる。操作がアナログなのである。一眼レフ・ユーザーは、こういうカメラを待っていたのだろうと思った次第。
12/17 「アラビアのロレンス」 俳優のP・オトゥールさん死去 - SankeiBiz(サンケイビズ) 英国映画、「アラビアのロレンス」をご存知の中高年の方は少なくないと思う。その主演者であったアイルランド出身俳優、ピーター・オトゥール氏が14日、ロンドン市内の病院で死去した。81歳。「アラビアのロレンス」、映画はもちろん、ピーター・オトゥール氏の演技は実に素晴らしかった。レンタルDVDもあるので、ご覧になってみることをおすすめしたい。
12/17 モロッコ・マラケシュでのお勧めの場所 小生、サラリーマン時代に何度か海外出張を経験し、そのたびに飛行機に乗った。そのとき思ったのは、あの狭い空間の数時間、長ければ10時間以上座っていることの苦痛である。が、その苦痛があるにしても、一度は行ってみたいところがいくつかある。フィレンツェ、イスタンブール、ウィーン、プラハそしてモロッコである。みなさんはいかが?
12/16 日刊ゲンダイ|“血の粛清”に 習近平激怒 「中朝戦争」秒読みの恐怖 北朝鮮という国の本来の姿があらためて見えたような報道である。旧ソ連でスターリン粛清もそうだが、独裁国家においては権力に異を唱えるものは死刑か投獄が待っている。この意味では、中国という国家も共産党独裁国家として、さほど遠くない位置にいる。今、我々の目の前にある危機とはこういう国家の存在である。
12/16 【しっかりして!永田町】「憲法改正して真の独立国に」 忘れてはならない自民党の使命 - 政治・社会 - ZAKZAK アベノミクスとして多くの国民の支持を集める自民党安倍政権の本来の目標とは、憲法の改正である。自民党を中心とする戦後保守政治は、「第一、国民道義の確立と教育の改革」「第二、政官界の刷新」「第三、経済自立の達成」「第四、福祉社会の建設」「第五、平和外交の積極的展開」「第六、現行憲法の自主的改正を始めとする独立体制の整備」、を具体的な目標としてきた。この上に、いかなる国家を作ろうとしているのか、よく見ておく必要がある。
12/16 CNN.co.jp : ベンチャーの旗手は「塀の中」から 米刑務所で起業家育成 - (1/2) 米カリフォルニア州にあるサンクエンティン州立刑務所では自動車強盗や殺人を犯して服役する長期受刑者らを対象に起業家養成プログラム「ラストマイル」が行われているそうである。受刑者は6カ月におよぶプログラムを通じてビジネスプランを練り、最終的にベンチャー投資家や支援者に向けて売り込みが行われる。アメリカとは面白い考え方をする国である。
12/16 NEWSポストセブン|大人用の「おむつ」市場はこの10年で2倍 1200億円に達する 「公衆トイレで用を済ませ、チャックを閉じてから、おしっこがポタッとズボンにつくことが時々ある。そんな時は染み出したのがわからないように、手を洗った後、わざと拭かずにパッパッとズボンで払い、水滴のシミをつけて誤魔化して……。ホント、情けないですよ」、こういう経験をお持ちの高齢者の方は少なくないかもしれない。「前立腺はクルミほどの大きさですが、加齢とともに大きく膨らんでいく。これが病的な状態になったものが前立腺肥大で、膀胱や尿道が圧迫されることにより、尿が出にくい、尿漏れ、頻尿といった尿関係のトラブルの原因になる。現在では50歳以上の3〜4人に1人は前立腺が肥大しているといわれています」、ということ。
12/16 「二股ソケット」「アタッチメントプラグ」 目指せギネス認定 パナソニック - SankeiBiz(サンケイビズ) 今はパナソニックといわれるが昔はナショナルだった。その、「二股ソケット」と「アタッチメントプラグ」の2種類の配線器具、「100年間売れ続ける電気製品」などとして、ギネス世界記録の認定を目指しているそうである。創業者の故・松下幸之助氏が生み出したこの製品、大正時代、当時の一般家庭はコンセントがなく、天井の電球に流れている電気しか使えなかったため大ヒット商品となったものだが、必要は発明の母であり、昨今のパナソニックの低迷、この心を忘れているようである。
12/14 東京新聞:「非正規 増やさないで」 派遣法改正反対 日比谷で集会:社会(TOKYO Web) 日本の社会構造が大きく変化した要因として少子高齢化があるが、少子傾向にあるならば、本来の市場原理ととして若年層の雇用は売り手市場になっているはずである。それが、より条件が不安定な派遣労働者拡大になっていることは、日本社会、経済全体にとって大きなマイナスであり、少子傾向をさらに助長する結果になっているだろうと思われる。長期的観点からすれば、非正規雇用を制限し正社員雇用を増やすことこそ、経済成長にプラスになるはずである。
12/14 【共謀罪】 日常会話も捜査対象に 「監視国家」懸念高まる : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) 『政府は、犯罪の実行行為がなくても謀議に加われば処罰対象となる「共謀罪」新設の検討に入った。市民の日常会話やメールが捜査対象となる恐れがあり、特定秘密保護法と併せ「監視国家」化が進むとの懸念が高まっている。』。先日お伝えした「共謀罪」、これが実現すると、日本は恐怖すべき監視国家になる。「例えば、共謀罪反対を掲げる市民団体が、危険な組織と見なされて中心メンバーが尾行され、事務所への人の出入りも監視される可能性もある。政府に反対する動きをすれば、自由を制限されることになりかねない」、さて、みなさんはどう思われる?
12/14 米国で急速に開発が進む木質バイオマス 国防の観点から軽油、ジェット燃料の生産を視野に 石油、天然ガス、ともに世界有数の産出国である米国が、バイオエネルギーに非常に熱心である。それに比べ、ほとんどエネルギー資源をもたない日本ではバイオエネルギー開発が遅々として進まない。日本が国防を再編しようとしている今、もっとも必要なのはエネルギー源である。太平洋戦争の直接的原因となり、敗戦の原因となった日本への禁輸の意味が、未だに理解できていないように思える。この意味では、現安倍政権は実に愚かである。エネルギーなくして国防はない。
12/14 日刊ゲンダイ|元職場近くの飲み屋へ…深刻な「定年トワイライト中毒」 「トワイライト中毒」という言葉があるそうである。会社帰りに、「今夜は、会社のそばの魚のウマイ居酒屋にしようか、久しぶりにひと駅先のおでん屋も悪くないな……。」というのだが、会社を定年退職した引退組が、なぜか元の職場近くの飲み屋に毎週のように顔を出す“定年トワイライト中毒”というのもあるという。この行動、専門家によれば、「そこにいることで、バリバリ仕事をしていたころの自分を思い出す。会社を去って社会から離れてしまっている自分は何なのだろう、そういった意識が頭の片隅にある。それを取り戻そうとして、こんな行動に出てしまうのです」、だそうだが・・・。
12/14 NHK交響楽団/NHK Symphony Orchestra, Tokyo 今年も残すところ、あと2週間ちょっとになりました。年末のクラシックコンサートの定番、ベートーヴェン「第9」、N響の演奏会、まだわずかに残席があるようです。お早めにご予約を!
2/13 教養番組「知の回廊」 | 中央大学 「中央大学近隣に住まいする人に、大学を少しでも理解してほしい」、「大学教員がどんなことに興味を持ち、研究しているかを知っていただきたい」、そして「これをきっかけに少しでも地域社会へ貢献をしていきたい」、「大学の教職員自身にも映像メディアへの対応を真剣に考えて欲しい」という意図から日本で初めて大学とケーブルテレビ局(JCNテレメディア八王子)が共同で制作された番組です。
12/13 中韓を見放す日本の製造業 投資有望国ランクで凋落 反日&無法ぶりに嫌気  (1/3ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 少し前までは、中国は世界の生産工場として多くの日本企業が進出した。コスト削減として一定の効果はあったが、人件費高騰や土地バブルによってそのメリットはもはやない。韓国も同様である。国際経済の中での中韓の存在と経済的価値、考え直すときが来ている。さらにいえば、コストカットのための発展途上国の利用は、長期的には決してメリットをもたらさない。この原点にかえる必要がある。
12/13 どうなる江田新党の党名!小野議員「『日本ビタミン党』より『あなたの党』の方が素敵という声も」 : J-CASTテレビウォッチ みんなの党を離党した江田憲司衆議院議員、面白い経歴である。司法試験合格後、通産官僚から橋本内閣の首相秘書官、そして国会議員となった。官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)を結成、その後、みんなの党を結成し、離党の後、現在にいたる。
12/13 男性の脳は1つのことに集中しやすく、女性の脳は並行思考に向いている? WSJ.com 男には女の考え方が理解できない、そう思っている方は少なくないだろう。それには、理由がある。男と女の脳の配線図には違いがあるそうである。女は平行思考に向いているというのである。この意味で考えると女は、男よりより広い視野で物事を考えていることになる。女は男より政治家や経営者に向いているのかもしれない。
12/13 高さ200キロ、衛星エウロパから噴き出す水を観測 NASA - MSN産経ニュース 木星の衛星エウロパを覆う氷の表面から約200キロの高さまで水が噴き出したのをハッブル宇宙望遠鏡で観測したそうである。氷の下に広がっている海の水が、木星の引力によるゆがみでできた氷の隙間から噴き出したと推測されている。そうだとすると、「小惑星などによって運ばれた有機物がエウロパの海で生命に進化した可能性もある」ということになるが、地球以外に生命体が存在することがわかれば、我々の生命進化の秘密もとけるかもしれない。
12/12 時事ドットコム:交通事故「刑罰軽すぎ」=遺族の意識増加−警察庁調査 警交通事故の被害者と遺族を対象に行った意識調査の結果によると「刑罰が軽すぎる」との意見が前回より増えたそうである。『遺族の44%が「殺人事件などに比べ交通事故加害者の刑罰が軽すぎる」と回答。前回の38%から6ポイント増えた。この16年間に飲酒やひき逃げなど悪質な違反の厳罰化が進んだが、殺人も罰則引き上げや時効撤廃が導入されており、同庁の担当者は「罰則に開きがある上、命を突然奪われる理不尽さは事件と事故で違いがないためではないか」と推測』、飲酒やひき逃げなどの悪質な違反は一般の犯罪と同様の厳罰が必要であろう。
12/12 信濃毎日新聞[信毎web] 共謀罪 内心の自由を侵さないか 特定秘密保護法についてのこの論説、極めて鋭い指摘であろうと思う。「人を殺傷するテロ行為を未然に防ぐこと自体に異論はない。ただ、テロに限らず話し合っただけで処罰の対象にするのは行き過ぎだ。権力の意図的な運用を可能にし、憲法が保障する内心の自由を侵す恐れがあるからだ。」、その通りであろう。問題はその運用を誰が考え、誰が実行するかである。立案し、可決した国会議員も、将来この共謀罪に問われる可能性がある。また、飲み屋で行う政治談議の軽口も共謀罪に問われる可能性が出てくる。慎重な運用を望むしかない。
12/12 日刊ゲンダイ|「平均57万円」はウソ 公務員“ボーナス操作”のカラクリ 国家公務員のボーナス、平均57万円ということだが、実際は80万円超だそうである。民間の昨冬の平均は54万1582円、従業員5000人以上の大企業では平均71万5034円とのこと。ところで、公務員の総人件費はおよそ40兆円という試算がある。そうだとすれば国家予算の歳入のほとんどが人件費で消えていることになる。この状況、財政破綻したギリシャとあまり変わらない。
12/12 【世界を斬る】米軍優位の消滅で日本は… 中国に傾きつつある西太平洋の軍事バランス (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK いま、太平洋の安全保障上の軍事バランスが大きく変わろうとしている。米中経済安全保障検討委員会が、「2020年までに中国が西太平洋に大規模な海上艦艇と新鋭駆逐艦を大幅に増強し、アジア太平洋における軍事バランスが大きく変わり始める」と警告している。これは、日本が好むのと好まざるとに関係なく、現実の問題である。この通り実現すると、日本の東側、ハワイ諸島までの後半な地域で中国の軍事的覇権が成立することになる。江戸の末に黒船が来航し、太平洋戦争後に米軍が日本に駐留した。これから10年後、日本はどんな黒船を迎えるのであろうか?
12/12 娘ががん死、原発会社を訴えた訴訟の結末とは スリーマイルが教えるフクシマの未来(その6):JBpress(日本ビジネスプレス) 福島原発の事故から、2年9ヶ月がたった。原発周辺に住んでいた多くの方々が、事故当初、当時の菅政権による不手際によって放射能に汚染した大気のなかで避難した。周辺外の地域においても放射能放射性物質による汚染は拡大した。これから何が起きていくのか、かって米国で起きたスリーマイル原発事故が、それを示唆している。チェイリノブイリを含め、過酷な原発事故では若年層への健康被害が報告されており、それがいかなる結果になっているのかも統計的に明らかである。今後発生するであろう健康被害をいかに最小とするか、原発事故収束のための最重要課題である。
12/11 日刊ゲンダイ|集中砲火で汗だく…猪瀬都知事の“精神状態”が危ない 猪瀬直樹都知事の都議会答弁の様子をテレビニュースで見ていて、その精神状態の不安定さを感じた。過去の記者会見を含めて、毎回、内容がコロコロ変わる。論理の一貫性がまったく見えない。政治にかかわる以前は作家であったと聞くが、その片鱗さえも見えない。もはや、自分で自分を制御できない状態である。身内でも、後援会でも、誰かがタオルを投げ入れるときかもしれない。
12/11 【正論】横綱は朝日と毎日 「60年安保」夢見た秘密保護反対 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛  (1/3ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 今回の特定秘密保護法をめぐる新聞の報道を巡って注目すべき指摘がある。「主要言論機関たる新聞の場合、新法に対しては大別して肯定派と否定派がある。前者は産経と読売に代表される。が、両紙とも全面的賛成論ではなく8割肯定、2割留保といったところか。他方、否定派の横綱は朝日、毎日の両紙であり、その論調には迷いがない。全面的断罪派と呼ぶべきか。政府立法の発想そのものを正面から危険視する社説を何本も掲げた。両紙が新法案への全面的な反対姿勢を打ち出すや、すぐに私は半世紀以上も昔の60年安保騒動を思い出した。昔の夢よ、もう一度?往時、岸信介首相がアイゼンハワー米政権と現行の日米安保条約を結ぶと、主要各紙の評価は一枚岩ではなかった。が、国会周辺での激しい抗議行動中に女子東大生の死亡事件が起きると、在京7紙(挙名順に産経、毎日、東京、読売、東京タイムズ、朝日、日経)が1960年6月17日、前代未聞の共同宣言「暴力を排し議会主義を守れ」を1面に同時掲載した。 60年安保騒動は日米間条約が原因だったから、今回の国内立法と同列には論じられない。が、肝は国民の意識覚醒だ。ならば、往時並みの活発なプレスキャンペーンをやろう−。朝、毎の気負いを私はそういうものと読んだ。」、この60年安保当時と、現在の国民世論の落差、その是非はともかく、まぎれもない現実である。
12/11 CNN.co.jp : 火星定住計画に20万人が応募、2025年の実現目指す - (1/2) 人類の火星定住計画、これはSF映画ではない、これから18年後の話である。その移住計画になんと20万人以上が応募したという。2018年の打ち上げで、まず、無人着陸船と通信衛星を火星に送り込み、今後、18年で火星に人類が定住するための技術を実証し、順調にいけば、25年に定住者の第一陣を送り込める見通しだそうである。セカンドライフを火星で、そんな時代が来るのかもしれません。
12/11 猛烈寒波襲来!今週末に北極圏から寒気流れ込み…日本列島この冬一番の寒さ (1/2) : J-CASTテレビウォッチ  今週末、本格的冬の到来のようです。「強力な寒気がやってくるのは今週14日の土曜日だ。武田によると、今回の爆弾低気圧で寒気が入り込みやすい道筋ができ、そこに本格的な寒気が流れ込んでくるという。北極圏で発生した寒気は「3波型」と呼ばれ、東アジア、アメリカ、ヨーロッパの3方向に流れ込んでいる。東アジアに向けて流れ込んでいる寒気が低気圧の通過でさえぎるものがなくなり、偏西風の関係で日本列島の西側から入り込み14日は今冬でもっとも強い寒気なる。予想される各地の14日の気温は、札幌で最低マイナス6度、最高0度だ。以下、仙台はマイナス1度と4度、東京は5度と11度、名古屋1度と8度、大阪は3度と8度、福岡は3度と8度と、真冬並の寒さが予想されている。」だそうです。
12/11 NEWSポストセブン|「幸せになるために、してはいけない5つのこと」とは? 「幸せになるために、してはいけない5つのこと」、知っていますか?
1.だれかのことを、うらやましがるのはやめましょう。
2.だれかのことを、ライバル視するのはやめましょう。
3.だれかのようになりたいなんて、思うのはやめましょう。
4.だれかのことを、お手本にするのはやめましょう。
5.だれかのことは、今後、ほうっておきましょう!!
ほとんどの方がこの一つにあてはまると思います。
12/10 日本の軽自動車はガラパゴスではない 国際競争力高める源泉 (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) アメリカ映画をよく見る。そこで気がついたことだが、登場する車が実に大きい。一般的に多くのアメリカ人の体格は、われわれ東洋人に比べはるかに大きいが、その体格でもゆったり乗れるようにできている。逆に考えれば、東洋人の体格にとみれば、軽自動車の大きさで十分であり、国情にあった仕様であるといえる。日本の軽自動車、もっと世界に打って出るべきであると思う。
12/10 秘密法「修正・廃止を」82% 世論調査、内閣支持率急落 - 47NEWS(よんななニュース) 共同通信社の全国緊急電話世論調査によると、『特定秘密保護法を今後どうすればよいかについて、次の通常国会以降に「修正する」との回答は54・1%、「廃止する」との回答は28・2%で、合わせて82・3%に上った。「このまま施行する」との答えは9・4%にとどまった。』、『安倍内閣の支持率は47・6%と、前回11月の調査より10・3ポイント急落し、昨年12月の第2次安倍内閣発足以来、初めて50%を割った。不支持率は38・4%(前回26・2%)だった。』であった。声なき声のあらわかもしれない。高支持率に推移してきた安倍内閣だが、それに溺れれば、凋落はあっという間であろう。
12/10 ノロウイルス「流行警報」!年末に向けピーク…ヨーグルト・チーズに予防効果あるらしい (1/2) : J-CASTテレビウォッチ ノロウイルスの感染が猛烈な勢いで広がっているそうである。東京都やさいたま市では昨年(2012年)を上回っており、て、ピークとなるは年末と予想されている。特に抵抗力の低い子供や高齢者は要注意である。
12/10 NEWSポストセブン|年末ジャンボ宝くじ 十の位と一の位の合計6の組が狙い目か 夢の年末ジャンボ宝くじ、今年の当選番号を予想すると−2001年以降に抽せんされた年末ジャンボ宝くじの当せん番号を調べてみたところ、2004年の当せん番号の組数は「43組」で、十の位と一の位の合計が“7”だった。翌2005年の当せん組数は「24組」で、合計すると“6”となっている。2012年の年末ジャンボ宝くじの当せん番号は、「61組」で、組数の十の位と一の位の数字を足した合計は“7”だった。ということは、今年の年末ジャンボでは、「15組」「33組」「60組」といった、十の位と一の位を合計すると“6”になる組が狙い目かも。購入した宝くじに合計が6の組数があるかたは、いつもより期待の持てる抽せん日になりそうだ。−とのこと。ご参考に!
12/10 アジアのことは中国と話して決める!? ますます中国寄りにシフトするアメリカと同盟国・日本の微妙な関係  | 北京のランダム・ウォーカー | 現代ビジネス [講談社] 外交、安全保障、軍事戦略の基本は国益を守ることである。国益を守るとは、経済圏を安定させることである。他国の国益は、あくまでも自国の国益を守る結果として、たまたまそうなるだけである。では、米国にとっての最大の国益、経済圏とは何か。そのために日本、中国、どちらに重きをおいているのか。冷静に考えてみる必要がある。
12/9 宝くじを当てるのに必要なこと 高額当選者の共通点とは | ダ・ヴィンチ電子ナビ 宝くじの高額当選を果たしている人には一定の共通点があるようである。女性セブン編集部編の『宝くじ(超)当せんデータ「当たる人のルール」がわかった』(小学館)では、宝くじによって億万長者になった人々に共通した65の法則を紹介している。そのひとつ、どの当選者達も「自分が当選する」という漠然とした自信を抱いて、彼らなりの習慣を続けている。「宝くじ長者白書」によれば、昨年の高額当選者の宝くじの購入歴は「10年以上」が7割近くだという。購入理由は「夢を持ちたいから」が約半数を占めているという。「お金が欲しくて一発勝負」という者は少ないようで、一攫千金も「継続は力なり」とのこと。みなさんは、いかが?
12/9 公務員は使わない「ジェネリック」薬効なかったり効き過ぎて死の危険 (2/5) : J-CASTテレビウォッチ 医者から処方箋をもらうととき、できれば安いほうがいいということで、ジェネリックをもらう人は少なくないだろう。これは、ジェネリックの効果や安全性が、基本的に先発薬と同じと聞かされているからである。だが、その成分はまったく同じとは限らないそうである。ここに興味深い報告がある。「ジェネリックを処方された割合が最も多かったのは、共済組合を除いた被用者保険に加入している人で、次いで国民健康保険の加入者、次に高齢者医療制度の適用者で、最も低かったのが公務員たちが加入している共済組合だった」「ジェネリックはやはり不安なので、自分や家族に使うとなると、役人もためらってしまう。さらには、そうした実態を彼ら自身も分かっているのでは…」、そうである。
12/9 Yahoo!みんなの政治 - 「秘密保護法」はどのような法律か 与党多数で12月6日に国会で成立した国家機密の漏えいに厳罰を科す「秘密保護法」、米中を軸とする新しい世界構造ができあがりつつある今、国の外交、防衛機密を保護するのは当然のことといえる。そこに見える課題とは何か、国民はどうとらえるべきか、あらためて考えるべきときである。今後、10年以内に尖閣諸島をめぐる日本と中国との何らかの武力的衝突の発生は避けられない。
12/9 第六十回 時には硬派な話を  | わき道をゆく〜魚住昭の誌上デモ | 現代ビジネス [講談社] 成立した「秘密保護法」、これと同様な法律が昭和12年、軍機法の改正案として帝国議会に上程された。改正の主眼は、それまで曖昧だった「軍事上の秘密」の種類と範囲を陸・海軍大臣が省令で定めるとしたことであった。議員からは「死刑まで科すような重大法規の範囲を勝手に、単なる大臣の命令で左右」することの危険性を指摘、さらに、これに対して政府側は「範囲を法律ですべて列挙するのは困難であり、何が軍事上の秘密かは時代によって異なるから省令で決めることにした」と答えたようである。問題は「読者はもうお気づきと思うが、いま国会で審議中の秘密保護法案は、戦前の軍機保護法・国防保安法をまとめて一本化し、さらに網を広げたものだ。成立すれば条文は一人歩きして公安警察の跳梁跋扈を許すだろう。」ということにある。
12/9 自宅で最期4〜5割 「在宅医療は地域づくり」東近江市の永源寺地区 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 今、日本人の多くが入院して管につながれて最後を迎えるが、滋賀県東近江市の永源寺地区は、自宅で亡くなる人が4〜5割に上るそうである。自らの死を自宅の住み慣れた部屋で迎える、人の最期としては理想のかたちであると思える。
12/7 東京新聞:バイク増税を検討 原付は最大年3000円:経済(TOKYO Web) 政府は、2014年度税制改正で、オートバイや原動機付き自転車(ミニバイク)の軽自動車税額を引き上げる方向で調整に入ったそうである。この国の国民は、国がお金が足りなくなれば増税をする、それを誰も文句を言わない、税がどのように使われているのかも気にしない不思議な国民である。
12/7 バイデン氏、習近平氏と会談 防空圏認めない「深い懸念」を伝達 - 政治・社会 - ZAKZAK バイデン米副大統領は中国の習近平国家主席との会談で、中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海上空に防空識別圏を設定したことに「深い懸念」を伝達、防空圏は認められないとの立場を伝えたという。中国は、「新たな形の大国関係のために米側と協力する用意がある」と言明、これにより−両氏は報道陣の前で、米中の「新型大国関係」の構築に向けて努力していくと強調ー。そういうことなのだ。中国が欲しいのは米国と並んで大国の名称であり、そのことにより東シナ海を実効支配したいのである。
12/7 いまがよければそれでいい、では済まない「原発のゴミ」捨てる場所がないと最後はこうなる わき上がる待望論 小泉純一郎を「原発ゼロ特命大臣」に! | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 「日本には放射線廃棄物の最終処分場は作れない?。小泉純一郎元首相の言う通り、これは紛れもない事実だ。」、たしかにその通りであろう。活断層が2000本ある日本には、オンカロのような放射性廃棄物の処分のための頑強な地層はどこにもない。そこから得られる結論は外国で保管してもらうか、これから10万年、日本のどこかの地上に置いて保管するしかない。それにしても、今から10万年後の日本、想像もつかない。その間に、放射能をゼロにする技術が生まれればいいが・・・!?
12/7 秘密保護法、反対派の主張が理解できない | 山田肇 『特定秘密保護法案が衆議院を通過し、参議院での審議が始まった。マスメディアを中心に依然として反対意見が多く聞こえるが、僕にはよく理解できない。反対意見の第一は「対象範囲があいまい」である。法案は対象範囲を防衛・外交・特定有害活動・テロリズムの四分野としているのだが、これの何があいまいなのだろう。法案中の「その他の重要な情報」という表現をとらえて、恣意的に何でも指定される恐れがあるというのだが、与野党合意で「その他の重要な情報」のいくつかはすでに削れられた。そもそも、すべてを列挙するのが不可能な場合に、法律では「その他」が用いられる。しかし、「その他」として含まれるのは、その法律の目的の範囲にある場合に限られ、拡大解釈は許されない。』とある。こういう意見もあることをお知らせしておきたい。
12/7 CNN.co.jp : 年金支給開始年齢、69歳に引き上げへ 英 イギリスで年金支給開始年齢を68歳に引き上げる時期を約10年前倒しして、2030年代半ばとする制度改革案が発表された。どこの国でも年金問題はあるようである。イギリス人の定年は一般的に65歳、これでいくと定年は69歳まで延長されるのだろうか?ともあれ、これからの時代、就業するに当たって若者、中年、高齢者という年齢による分け方はもう古いのではないかと思う。問題は、多くの高齢の経営者が、自分と同世代の高齢者を差別しているところにある。若者に比べて体力はたしかに劣ってはいるが、知力、経験では、劣っているとは思えない。コスト高というなら、若者と同じにすればいい。
12/6 米NSAが携帯位置情報を世界で収集、1日50億件=報道 | Reuters 米国家安全保障局(NSA)が世界中で携帯電話の位置情報を収集し、その数が1日当たり50億件近くに上ると報道された。国民ひとりひとりがどこにいるのか、それを国家が管理する、かってのSF映画で描かれていたことが、もう現実になっている。やがてコンピュータが世界を支配する、それも、そう遠い未来ではないのかもしれない。
12/6 一汁三菜「ユネスコの無形文化遺産」とっくに日本の食習慣崩壊という皮肉 : J-CASTテレビウォッチ 日本の伝統的食事のあり方としてあった一汁三菜を基本とする「和食」がユネスコの無形文化遺産として登録されることになったが、考えてみれば不思議である。現代の日本に一汁三菜の食事をしている家庭がどれほどあるだろうか?戦後日本が、失った伝統文化、決して少なくない。
12/6 秘密保護法は軍事小国・日本の「必要悪」 佐々淳行氏に聞くインテリジェンス国家論:JBpress(日本ビジネスプレス) 特定秘密保護法案の国会審議で与野党の攻防を大詰めを迎えているが、「秘密の指定が曖昧で報道、言論の自由が侵される」と不安視する見方、「秘密保護法のマイナスの副作用を考慮しても、成立させるべきだ」とする見方、両者とも一理あると思われる。戦後冷戦体制が崩壊し、米国の世界覇権が徐々に交代している今、世界は、中国を軸とするまったく新しい世界構造になりつつある。その脅威に軍事、経済、国際政治においていかに立ち向かっていくのか、これは夢物語ではなく、今、そこにある危機である。特定秘密保護法案、たしかに必要悪なのかもしれないが、その運用を官僚だけに任せてはいけない。問題の核心はそこにある。
12/6 中屋万年筆・手作り万年筆・NAKAYA FOUNTAIN PEN・Handmade Fountain Pens 昔、中学、高校などの進学祝いに万年筆、シャープペンのセットを贈るのが、ひとつの習慣だった。とりわけ万年筆で文字を書くことは、大人に近づいたような気がして嬉しかった。最近、万年筆で文字を書く人の姿をあまり見ない。単なる郷愁かもしれないが、残念である。人が手で書いた文字、そこにその人となりがある。万年筆で文字を書いてみませんか?
12/6 日本温泉協会「温泉名人」 冬の寒い夜にはお風呂が恋しくなる。もし時間と財布の中身が許すのであれば、温泉に入りに行くのもいい。冬枯れの山々を仰ぎながら露天風呂にゆっくりとつかる、命の洗濯である。
12/5 与党、5日委員会採決方針=安倍首相、今国会成立譲らず?秘密法案 WSJ.com 安倍政権はなんとしても特定秘密保護法案を今国会で採決したいようである。中国の動きを見れば、これも必要だろうと思うが、秘密とすべき情報、及びその情報の取り扱いの曖昧さが、将来において国民の知る権利を阻害する危惧が否めない。国民の知る権利をいかに守るか、秘密とすべき範囲を誰が判断するのか、これが重要と思う。
12/5 日刊ゲンダイ|5年以内死亡率は30% がんより怖い「下肢閉塞性動脈硬化症」 下肢閉塞性動脈硬化症、この疾患は5年以内死亡率は30% であり、生存率でいえば、がんより深刻。「血管に脂肪やコレステロールが蓄積し、血液の通り道が狭くなる動脈硬化は、全身の血管に起こる。下肢閉塞性動脈硬化症は、全身の動脈硬化のうち、最も心筋梗塞や脳卒中を起こしやすく、死に直結しやすい動脈硬化だと考えられている。」と言われています。症状は−T度は「冷えやしびれを感じる」、II度は「ある一定の距離を歩くと痛くて歩けなくなる。休むとまた歩ける」、III度は「安静時も痛みが生じる。特に夜間に多い」、W度は「皮膚がじくじくする。足が変色している」、とのこと。ご注意を!
12/5 ぐるなび - 近畿大学 水産研究所 銀座店 「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所 銀座店」が 12月2日(月)にオープンです。「世界で初めて完全養殖に成功した近大マグロ※を始め、半世紀以上にわたり近畿大学水産研究所 (和歌山県西牟婁郡白浜町)で研究育成した「安心・安全、そして美味しい養殖魚」を直接消費者の方に提供する専門料理店」、一度ご賞味あれ。
12/5 「ミシュラン」今年の目玉は1000円で食べられる星なし店…食材偽装どうなった? (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 2014年版の「ミシュランガイド東京・横浜・湘南」、今回の注目点は、新カテゴリー「ビブグルマン」、5000円以下のフレンチやイタリアン157店、1050円以下で楽しめる店も紹介されており、157店の約13%が1000円クラスだそうである。低料金で楽しめるグルメ、いいと思います。
12/5 NEWSポストセブン|「肺がんのCT検査はほとんど無意味」と米国の胸部医師学会 「頭痛で脳波を調べるのは無駄」「前立腺がんのPSA検査は、ほとんど無意味」「4歳以下の子供に風邪薬は使ってはいけない」など、アメリカの医学界が、今まで必要と思い込んでいた医療行為の中で無駄なものを追放するキャンペーンを進めているそうである。日本の検査体制、見直してもいいのかもしれない。
12/4 東京新聞:参考人全員が懸念 秘密法案「弾圧利用も」 参院特別委:政治(TOKYO Web) 参院国家安全保障特別委員会の参考人質疑で、特定秘密保護法案が「知る権利と秘密の指定のバランスからみると、秘密の必要性が過剰に強調されている」「法案が言論弾圧や、政治弾圧に利用される恐れがある」として廃案を求められた。また、「行政が独走するのではないかとの懸念はあり得る。恣意(しい)的運用の弊害はあるかもしれない」との懸念も。特定秘密保護法案、いよいよ治安維持法の様相を呈してきた。ほんとうにだいじょうぶだろうか?
12/4 CNN.co.jp : 旧日本軍の巨大潜水艦、ハワイ沖で発見  第2次世界大戦後の1946年に米海軍によって沈められた旧日本軍の巨大潜水艦「伊400型」が、オアフ島沖の海底で発見された。伊400型潜水艦は、全長約120メートル、姉妹艦2隻と合わせて当時としては世界最大の潜水艦であり、燃料補給を行わずに世界のどこへでも到達できる能力を持っており、800キロあまりの爆弾を搭載できる翼折りたたみ式の水上機3機を格納し、事実上の潜水母艦としての性能を持っていたという。兵器の技術とはいえ、この造船技術が戦前の日本にったことは驚きである。世界に冠たる日本の技術、あらためて見直した次第。
12/4 日本人は「世界で1番、ムダに学歴が高い」? 「東大卒・35歳以上で年収280万円」が生まれる理由 (1/2) : J-CAST会社ウォッチ 「日本人は仕事で必要とされる学歴よりも自分の学歴が高いという人が3割にのぼり、OECDの平均値を大きく上回るという」という調査結果が、OECDから発表された。大学側が社会で求める教養を提供できていないのか、企業側が学生が身につけた教養、知識を使う能力に欠けているのか。恐らくはその両方であろうと思う。大学で身につけるべきものは学歴という肩書きではない。学んだ学問を社会に応用する力である。
12/4 シャープ「けったいな文化」変わるか 社長も本気の「さん付け運動」 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 「経営再建中のシャープが、企業風土改革「かえる運動」に取り組んでいる。社内では相手を役職ではなく「○○さん」と呼称するのが柱だ。」、会社の上司を肩書きで呼ばずにさん付けで呼ぶ。肩書き社会の中で萎縮してしまう日本人の性格からすれば、これもひとつの方法なのかもしれない。この手法、いっそのこと、役人の世界に取り入れてみてはいかが?新しい役所像が見えてくるかもしれない。
12/4 超高齢化社会に向けて、若年層にこびない本物の「時代劇」を残すべき!   | テレビのヨミカタ | 現代ビジネス [講談社] 超高齢化社会に向けて、若年層にこびない本物の「時代劇」を残すべき!−まさにその通りというべきと思う。逆に言えば、テレビがつまらなくなった原因は、若年層にこびる乱造の番組にあったといえる。最近、かってのテレビにあったような奥の深い番組が少なくなった、むしろほとんどない。
12/3 富士山:頂上付近で4人滑落 1人心肺停止 2人救出へ− 毎日新聞 1日、富士山の御殿場ルート頂上付近で京都府勤労者山岳連盟の男女4人が滑落し、男性1人が心肺停止状態となり、他の男性2人のうち1人はヘリコプターで病院に搬送され、女性1人は自力で下山し病院に運ばれた。山岳連盟の登山者であるからには、冬山相応の装備と経験者がいただろうが、それでもこうした遭難は起きる。このパーティ、50?60代の4人だという。
12/3 CNN.co.jp : 米アマゾン、超小型無人機の宅配サービス 5年以内に実現へ アメリカという広大な土地柄なのかもしれないが、米インターネット通販大手アマゾンが超小型無人機を使ってインターネットで注文した品物を、30分以内に空から自宅へ届けるというサービスお計画しているという。日本でも買い物が不便な山間地の高齢者向けに使えるかもしれない。それにしても日本には、どうして、こうした斬新な発想が出てこないのだろうか?
12/3 日刊ゲンダイ|亀裂は決定的 アッキー夫人が首相にまたまた“反旗” 安倍首相の妻の昭恵夫人の反旗、政府・与党が進める東日本大震災の被災地の巨大な防潮堤建設事業に対し、「地元と行政との間で十分な合意形成ができていない。本当に必要とされているか分からない」との疑問、もっともと思う。復興政策が、地元による意向よりも霞ヶ関を優先している状況にあっては、当然のことであると思う。莫大な復興予算の使い方、しっかりと見ておく必要がある。
12/3 「世界に通用する究極のお土産」あなたは食べたことがあるか…全国各地の逸品 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 観光庁が主催した「世界に通用する究極のお土産品評会」にえらばれたのが、北海道の鮭などを使った「塩麹と酒粕の北海道二段仕込み」(くまだ)、秋田沖で取れるハタハタを3年間寝かせて作った調味料の「しょっつる」(諸井醸造)、富山の5味5色の和菓子「丁五」(薄氷本舗・五郎丸屋)、岐阜県の「鮎のリエット・白熟クリーム」(泉や物産店)、福井県の「若狭の甘鯛千枚」(小浜海産物)、滋賀県の大猪口入り6蔵セット「湖のくに生チーズケーキ」(あゆみ福祉会)、奈良県の中に栗餡が入った干し柿「郷愁の柿」(石井物産)、徳島県のなると金時「おいもさん鳴門っ娘」(鳳月坊)、山口県の魚を使ったオイルルージュ、オイル・ボニーフイッシュ」。一度ご賞味あれ!
12/3 コラム:アベノミクスは約束不履行の恐れ=カレツキー氏 | コラム | Reuters アベノミクスの登場以降、日本経済は好調に景気回復に向かっているように見える。が、ここに外国からの悲観的観測が出ている。「私の悲観はアベノミクスの「三本の矢」、すなわち財政刺激、金融緩和、構造改革(成長戦略)に直接起因する。このうち金融緩和の矢はかつてない急スピードで飛んでいる。しかし財政の矢はブーメランと化して景気回復の息の根を止めてしまいそうだ。4月には消費税率が5%から8%に引き上げられるとともに財政支出も一部削減され、IMFによると構造的財政赤字をGDPの2.5%相当圧縮する影響をもたらす。この大規模な財政引き締めは、今年の米国や2012年のイタリア、11年の英国の財政引き締めに等しく、緒に就いたばかりの日本の景気回復を台無しにするリスクが非常に大きい。安倍政権は他の税金の税率引き下げや公共投資の拡大によって、消費税増税のデフレ的影響の一部を相殺するという曖昧な約束を行っているが、詳細を示していないことには留意を要する。4月に消費税増税が経済を襲うことを考えれば、効果的な相殺措置を提案するために残された時間は短い」、来年4月の消費税増税以降、日本経済は失速するのか、注意が必要であろう。
12/2 石破幹事長:「テロ」文言を謝罪…大音量デモ改めて批判− 毎日新聞 自民党の石破茂幹事長、特定秘密保護法案に反対する市民団体らのデモについて「テロと本質的に変わらない」と批判し、これを、「本来あるべき民主主義の手法とは異なる」という文言に訂正した。普通デモ行進にはシュプレヒコール(デモ・集会などでスローガンを全員で一斉に叫ぶ示威行為)がつきものだが、これをテロといい、民主主義の手法とは異なるという神経が少し奇妙である。国会内での答弁の際のヤジもテロというのだろうか。石破茂、考え方が常人と異なっているようである。
12/2 日刊ゲンダイ|都議会も検察も“ヤル気” 猪瀬知事「辞任秒読み」に入った 29日の都議会定例会での猪瀬直樹都知事の所信表明、さらには定例記者会見でのしどろもどろの対応、「なぜ(5000万円を)口座に入れなかったのか」という記者の質問に対して、「驚いて、預かって、どうしようかなあと思った」、まったく意味不明。石原都政時代の元気、どこにいったのでしょうか?
12/2 「ノックアウト・ゲーム」日本でも!?夜道で女性殴打!神戸に続き大阪 : J-CASTテレビウォッチ 先日お知らせしたアメリカで流行っているという「ノックアウト・ゲーム」を真似た暴力事件が日本でも起き始めたようです。大阪・天王寺区の路上で帰宅途中女性が「背後から自転車で接近し金属棒で襲撃」された事件など、暗い夜道の一人歩きは危険です。
12/2 「かつてない殺人寒波」首都圏襲来で大パニック!  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 今年の冬は、かなり寒くなるようです。「今年の寒波は『3波型』の形になると予想されています。3波型とは、アメリカ東部、ヨーロッパ中央部、極東地方の3ヵ所に寒気が落ちる形で、寒気が分散される4波型や5波型より寒くなり、持続しやすい。最低でも2週間ほど寒さが続き、解消しても再び寒気がやってくる。'63年や'71年の記録的な豪雪は、この3波型が原因だったのです」とのこと。寒波、豪雪に注意が必要です。
12/2 2013年赤ちゃん名前人気ランキングが発表。キラキラネームの割合は? | 日刊SPA! 待望の孫が産まれてうれしい限りの方々、息子や娘から孫の名前を聞かせれて、ん?と思った方は少なくないかもしれない。最近はやっている名前は−「大翔」(昨年2位/「ひろと」)が、2年ぶりに1位に。続いて「蓮」(れん)「悠真」(ゆうま)と、トップ3はいずれも2011年から3年間連続で不動という人気度。 女の子では「結菜」(昨年3位/「ゆいな」)、陽菜(ひな)、葵(あおい)がトップ3となった。−だそうです。まあ、これも時代というものでしょう。まずは元気にスクスクと育ってもらうのがもらうのが一番!



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2013年12月の掲載



Copyright 爽快倶楽部