TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2013年11月の掲載




11/29 CNN.co.jp : 中国の防空識別圏設定で高まる緊張――問題のポイントは? - (1/4) 今回の中国による東シナ海に「防空識別圏(ADIZ)」の設定、もっともすばやく反応したのは米国である。その背景にあるのは、世界の安全保障を握るのは米国であり、それ以外のなにものでもないということであろう。米国の政治は本質的に軍産複合体である。中国は、これを見誤ったようである。世界第2位の経済大国となった中国が米国と台頭の立場に立ちたいと思ったのであろうが、これは、ある意味、北朝鮮の挑発政治と同様な児戯に等しい政治手法である。中国は国際政治を知らない。
11/29 首相、憲政史上初の女性秘書官起用へ 経産省から山田真貴子審議官 - MSN産経ニュース 政府は首相秘書官に経済産業省の山田真貴子(まきこ)官房審議官(53)を起用するそうである。良いことだと思う。今回の駐日米国大使もキャロライン・ケネディ氏、女性である。
11/29 日刊ゲンダイ|定例会見を中止要請…嘘八百並べた猪瀬知事の成り上がり人生 猪瀬直樹都知事、毎週金曜日に行われている定例記者会見を中止したいと記者クラブに要請し始めたそうである。評論家の佐高信氏の言「佐藤優氏が私との対談で言っていたが、彼は〈本物のニセモノ〉なのです。自分の売り方には天賦の才があり、肩書にも弱い。彼を支持する竹中平蔵、勝間和代……皆、同じにおいがします」、これも遠からずということだろうか。オリンピック招致を実現した知事として後世に名声を残すはずだったが・・・。
11/29 取り違われたまま60年…出生時に病院がミス!180度違った2人の人生「生活保護家庭」と「裕福な家庭」 : J-CASTテレビウォッチ 60年前に病院で取り違えられた男性の会見が報道された。男性が育った家は、2歳のとき父親をなくして、母子家庭で生活保護を受けて育ち、進学もできず、中学卒業後に町工場に就職、定時制の工業高校に進んだが、大学へは進学できず、現在はトラック運転手をしているそうである。一方、本来の家庭は裕福で、こちらに取り違えられた男性は大学から一部上場企業に入っていた。兄弟3人とも大学に進学していた。もちろん、この男性は「育ててくれた母にはかわいがってもらい感謝してます」といっている。
11/29 期待と不安…派遣見直しの課題 区分撤廃、雇用安定奪われる社員も (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 少なくとも我々の時代には派遣社員というものがなかった。会社で働くということは、その会社の社員になるということであり、余程の事情がない限り転職ということもしなかった。そうした勤労形態が時代遅れとされ、今や勤労者のおよそ40%が派遣労働者として働いている。単純に考えると、派遣社員が増えることによって企業の業績は、果たして本当に良くなったのだろうか。それはさておき、企業は人によって動く、その人に重点を置かないとすれば、人に代わってコンピュータが主役になろう。コンピュータがとってかわる際にもっとも効果的な会社の人材とは、実は経営者であること、経営者自身が実はまだ知らない。社長が派遣社員となる時代は、そう遠くない。
11/28 時事ドットコム:中国防空圏「緊張高める」と批判=日本の自制を称賛−ケネディ米大使 キャロライン・ケネディ駐日米大使が在日米国商工会議所などが主催のイベントで、中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に設定した防空識別圏について「このような一方的な行動は安全保障を損ない、東シナ海の現状を変えようとする試みだ」と指摘、「地域の緊張を高めるだけだ」と非難した。これがオバマ政権の中国に対する回答であろう。
11/28 米がB52飛行、中国による「現状変更」拒否 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 米政府がB52戦略爆撃機2機を日本時間の26日に防空識別圏内で訓練飛行させた。B52は核爆弾を搭載でき、米国による「抑止力」の象徴であり、米軍はこのB52の訓練飛行に関し、日本と事前に相談しなかったといい、今回の問題を日中間の対立というより、米国自身の問題と受け止めており、この牽制は米国の本気を示したものである。
11/28 日刊ゲンダイ|出るわ出るわ 猪瀬都知事弁解の矛盾とウソ 東京都の猪瀬直樹知事の釈明、当初は、「昨年11月に石原前知事が辞めることになって、出馬するので挨拶回りをした。徳田さん(虎雄前理事長)に資金提供という形で応援してもらうことになった」といっていたが、それを「選挙資金ではない。個人の借り入れ」と言い換えた。これはどういうことなのであろうか。どう考えても・・・である。
11/28 石油資源開発、福島でLNG火力を検討 出力50万キロワット規模 - SankeiBiz(サンケイビズ) 先日ガス化石炭による火力発電の話題をお知らせしたが、今度は液化天然ガス(LNG)火力発電所の建設の話である。福島県内に計画されているこの発電所、出力50万キロワット以上であるという。原子力が駄目というなら、人はそれなりに知恵を出す。
11/28 セックスに関する後悔、男女間に大きな違い=米研究 | Reuters 「男性は多くの相手とセックスできなかったことを後悔する一方、女性は間違った相手との性交渉を後悔する傾向にある」と米テキサス大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の共同研究結果が出た。ここで言わんとしているのは後悔の念、−男性にとっての「3大後悔」は、女性へのアプローチに臆病すぎたこと、若い時に性的に冒険しなかったこと、シングル時代に性的に冒険的でなかったこと。一方で女性の主な後悔は、最初の相手を間違えたこと、浮気したこと、性的行動を焦り過ぎたこと、となっている。−ということだそうです。紳士淑女諸氏、いかがでしょうか?
11/27 特定秘密法案、衆議院で強行採決 特定秘密保護法案が衆議院の特別委員会で強行採決された。この法案を巡って野党、市民団体、文化人などから反対、慎重論が出ている。そうした中での強行採決、単に安倍内閣が右よりだといって済ますことはできまいと思う。ここ数年にわたる中国の覇権主義の台頭、尖閣諸島をめぐる状況も、実は一触即発の状態である。原則的に武力活動ができない日本にとって米軍との連携は最重要課題であり、それは軍事作戦連携において最高度の機密保持が要求される。日本は、ある意味、ここまで追い込まれているというべきであろう。が、この法律をもって戦前の特高警察の復活では困る。難しい問題である。
11/27 減反5年後めど廃止、正式決定 1970年以来の大転換:朝日新聞デジタル 安倍政権はコメの価格を維持するために政府が生産量を絞る生産調整(減反)を5年後の2018年度をめどに廃止することを正式決定した。「40年以上続いた生産調整を見直して(農家)自らの経営判断で作物を作れるようにする。そういう農業を実現していく」のは当然であろう。農業が産業となっていく、新しい時代が始まる。
11/27 第64回NHK紅白歌合戦 NHK紅白歌合戦に出場する歌手が発表されると、いよいよ歳の暮が近づいたことを感じる。紅白歌合戦を見てきた高齢者の人々にとって、最近の若い人たちの音楽は、わかりにくいかもしれないが、それも時代の流れ、むしろ積極的に楽しんでみてはどうだろう。それにしても、あっという間の1年である。
11/27 年末ジャンボ7億円12/20 まで!どうせ買うなら高額当選が出たよく当たる売り場で 県別一覧地図付 - NAVER まとめ サッカーくじBIGで10億円の当選者が9人でたそうですが、こちらは恒例の年末ジャンボ。誰に当たるかは、もちろんわからないが、売り場によってはよく高額当選が出るところがあるそうです。10億は逃したが、7億でもいいや、という方、チェックしてみてはいかが。まかり間違えれば、来年は高笑いしているかもしれません!
11/27 NEWSポストセブン|超意外…「うがい」はインフルエンザ予防に効果がないって本当? インフルエンザを予防する有効な方法として挙げているのが、「流行前のワクチン接種、飛沫感染対策としての咳エチケット、外出後の手洗い等、適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取、人混みや繁華街への外出を控えるということ」とありますが、この中には、“うがい”が入っていない。我々の子供時代には学校でうがいをさせられたが、このうがい、どうやらインフルエンザの予防にはならないようである。ただ、一般のかぜ予防にはうがいはある程度の効果が効果が実証されているとのこと。まあ、うがいはやっておいたほうが無難でしょう。
11/26 防空識別圏の狙い、尖閣主権の主張…中国認める : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定した。その根拠は、「国連憲章など国際慣例に合致しており、目的は中国の国家主権と領土領空の安全を守ることだ」であり、尖閣諸島について「中国固有の領土で、中国は断固として領土主権を守る」ための防空識別圏の設定であるとしている。今、この時期に、何故だろう。
11/26 在日中国人に登録呼びかけ 「日本に手を出すのか」「開戦前兆」書き込み相次ぐ - SankeiBiz(サンケイビズ) 在日中国大使館が、日本に滞在している中国人に対し、緊急事態に備えて連絡先を登録するよう呼び掛ける通知を出したという。通知は「重大な緊急事態が発生した際に在日中国人に対する協力や救助を速やかに実施するため」と説明している。中国は確実に準備を始めた。
11/26 「過去100年で初めて、中国の方がロシアよりも強大な時代を迎えた」 〜カーネギー財団モスクワセンター所長・ドミートリー・トレーニン氏インタビュー  | 北京のランダム・ウォーカー | 現代ビジネス [講談社] ここにこういう指摘がある。「ロシアから中国を見た時、少なくとも過去100年で初めて、中国の方がロシアよりも強大な時代を迎えたということが言える。前世紀のかなり長い間、われわれにとって中国は、社会主義の弟分だった。それが1991年にソ連邦が崩壊し、新生ロシアになったが、こちらの優位性は変わらなかった。それがここ数年で、力関係が逆転したということだ」そして「前世紀はロ米関係が世界を二分していて、そこに中国がどう関わっていくかというのが、世界の大国関係だった。現在はまず米中関係があり、そこにロシアがどう関わっていくかというスタンスに変わってきたということだ。特に、米中関係が悪化するほど、ロシアにチャンスが生まれてくる。」。第2次大戦終了時のヤルタ体制から、朝鮮戦争以降の米ソ冷戦関係、そして現在は、米中を軸とした世界の安全保障体制が出来つつある。中国の台頭、冷静に見ていく必要がある。
11/26 社会資本整備進めないと財政再建にもつながらない=麻生財務相 | ビジネスニュース | Reuters 麻生氏の言、「小渕内閣では本予算で7兆円、補正で15兆円だったが、いまはその半分になった。その間、業者が3分の1に減り、補修や管理に手を抜かざるを得なかった面がある」と指摘。「(インフラの老朽化が)安心、安全、国土強靭化の観点から問題になりつつある。経済再生を進めていくうえできちんと抑制の必要はあるが、社会資本の整備も進めないと財政再建もすんなりいかない」、これはもっともであろう。来るべき大震災に備えての国土強靭化政策大いに進めたらいい。が、昔のような予算消化ためだけの無駄な工事や箱物建設だけは、御免こうむりたい。
11/26 「がん早期発見最新情報」呼気、唾液、尿で発見!独特のにおいや代謝物で検知 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 医学の進歩は驚くべきものである。なんと「息吹き込むだけで肺ガンを8分で解析」できるそうである。さらに、口腔ガン、乳ガン・すい臓ガンの3種類のガンを、唾液から発見する方法が研究されている。がんが早期に発見されれば、患者もつらい治療を行わなくても済む、治療にかかる医療費も少なくなる。よいことである。
11/25 ビッグで10億2円が9口出る 日本宝くじ史上最高額 - 47NEWS(よんななニュース) サッカーくじ、第662回のビッグで、日本の宝くじ史上最高額となる10億2円の1等が9口出たそうである。買わねばと思っていた小生、結局買わずじまい、もし買っていたら・・・。
11/25 財務省が語らない「借金」問題  | ドクターZは知っている | 現代ビジネス [講談社] なにかと増税を主張する財務省、その根拠は国の借金と社会保障費の増大だが、だが、実態は「'12年3月末の国の負債合計は1088兆円。ならば、財務省はこのバランスシートの負債合計を発表すればいい。しかし、バランスシート上には負債合計とともに資産合計も出てくる。資産は629兆円。その中身は天下り先への貸付金や出資金なので、財務省はこれを大っぴらには言いたくないのだろう。」だそうである。日本の国民ほど、税金の使い道を知らなすぎる国民はいないかもしれない。
11/25 福島に「世界最新鋭の石炭火力発電所」建設へ 東京電力と三菱グループ HUFF POST 政府は何が何でも原発稼動を言っているようだが、産業界は「東京電力<9501.T>が三菱重工業<7011.T>などと組み、最新鋭の石炭火力発電所を福島県内に建設する計画を進めている」ようである。少なくとも、石炭発電は原発より安全だと思うがどうだろう。
11/25 CNN.co.jp : 通行人を殴る「ノックアウト・ゲーム」が流行、死亡例も 米 米国で若者らの間で通行人をいきなり殴りつける見知らぬ相手を一発で気絶させる「ノックアウト・ゲーム」という行為が流行しているようである。こんなことが日本ではやり始めたらと思うとぞっとする。
11/25 「空き巣シーズン」10〜12月!ゴミ出しのスキ狙う「ちょい出 ちょい入り」 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 秋から冬にかけては空き巣のシーズンだそうである。理由はボーナスなどで金品が増え、早く暗くなるので空き巣が人目に付きにくいからとのこと。最近とくに増えているのが「ちょい出 ちょい入り」と呼ばれる手口、ちょと家を空けた数分間にのスキに被害にあってしまうケース。昔からいう。人を見たら泥棒と思え。ご用心を!
11/23 【都知事に5000万円】猪瀬氏、徳洲会に1億円要請 知事選前虎雄氏判断で提供+(1/2ページ) - MSN産経ニュース テレビの釈明会見で「あくまで個人として借り入れたもので、選挙資金に使わず全額返済した」と繰り返した猪瀬直樹東京都知事だが、関係者証言では、猪瀬氏が知事選出馬の際、徳田毅衆院議員(42)を通じてグループ創設者の虎雄氏(75)に1億円の資金提供を要請したとされる。どちらが本当かはわからないが、釈明会見での彼の表情、いつもは眼光鋭い彼の目が泳いでいたように見えた。
11/23 NEWSポストセブン|帰省前に確認したい!「タイヤの空気圧」低下で大事故になる危険 車の運転の際に、気をつけて欲しいのが空気圧、これが適宜な圧力でないと、(1)燃費が下がる (2)ブレーキが利きにくくなる (3)高速運転時に破裂する ということが起きます。とくに恐ろしいのが(2)と(3)、これは直接重大人身事故につながる可能性をもっています。月に一度はタイヤの空気圧のチェックしておきましょう!
11/22 新出生前診断:羊水検査後陽性53人中絶 3500人解析− 毎日jp(毎日新聞) 「妊婦の血液から胎児の疾患の有無を判定する新型出生前(しゅっせいぜん)診断(NIPT)の臨床研究で、診断結果が陽性反応だった67人のうち、その後の羊水検査などで陽性が確定した少なくとも54人のうち53人が中絶を選んでいたことが分かった。」という報告がある。たしかに、ここには「命を選択」するとういう意図が見て取れる。それを倫理的に非難することはたやすいが、胎児に何らかの障がいがあるという可能性を見せられたとき、はたして人の親として、どう判断するのか、その愛情のありかたについても語ることが必要と思う。
11/22 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】難解な地震の法則性 「月の引力が地震の引き金を引く」説は? - 政治・社会 - ZAKZAK 月には、重力があり、それが地球に対する引力として働き、地球表面の地殻へ働き、さらには海水の潮汐力となる。この力は、地球内部の地殻に何らかの影響を与えているのであろうと思う。だとすれば、月齢と地球各所の地震発生との間の相関があるのかもしれない。ちょっと興味あるところである。
11/22 1滴ずつ注げる卓上しょうゆ―予想以上の売れ行きで一時販売休止 : J-CASTテレビウォッチ キッコーマンの新型醤油が、予想以上の売れ行きで販売が一時休止になったそうである。「いつでも新鮮シリーズ」の「塩分ひかえめ丸大豆生しょうゆ」200ミリリットル、卓上に置けて、1滴ずつ注げるのが特徴、二重構造の密封ボトルになっているので醤油の酸化を防ぐそうである。あらためて考えてみると、しょうゆの新鮮さ、これが味を大きく左右しているのかもしれない。
11/22 NEWSポストセブン|喫煙場所の情報提供も「大事なおもてなし」と観光関係者力説 「タバコが吸える店に入るか入らないかはお客さんの選択に任せるべき。これ以上、条例を厳しくしたら、われわれのような小さな飲食店は常連客を失って次々とツブれてしまう」、これはもっともな話だと思う。多くの県で「受動喫煙防止条例」があり、公共の場で決められた場所以外は喫煙禁止となっている。これを屋内の“全面禁煙化”に拡大しようとする動きがあるが、それは行き過ぎであろうと思う。分煙、または利用者が完全禁煙、喫煙可の店を自分で選べばよい。
11/22 奥多摩温泉 もえぎの湯 東京の奥多摩町渓谷が紅葉の見頃を迎えているそうです。意外と知られていませんが、東京にも温泉があり、奥多摩にも宿泊、日帰りで温泉を楽しめる旅館があります。今週末、出かけてみてはいかが?
11/21 世田谷のボロ市へどうぞ(12月・1月の15〜16日) - 世田谷区 430年以上にわたる歴史のある、伝統の世田谷のボロ市、毎年12月15・16日、1月15・16日の4日間開催です。販売されるのは骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な商品、露店数700店舗、来場者数 数十万人という、活気のある“市”h出かけてみはいかが?東日本大震災の被災地復興を支援するため、復興支援物産展で福島県・宮城県・岩手県の特産品を販売、是非たくさん買って応援を。
11/21 有識者会議 200兆円の公的資金、運用変更迫る 株比率高め分散投資を - MSN産経ニュース 年金など公的資金は国債のなどのリスクが少ない運用方法をとっているが、これを株式など比較的リスクの高い資産の割合を増やし分散投資を進めるべきだという方向性が出てきた。それはそれでひとつの方法だが、年金積立金管理運用独立行政法人は所詮、役人、投資の素人である。今や世界の主要投資機関では、コンピュータアルゴリズムによる投資が主流である。彼らのスピードについていけるのか、これが問題である。
11/21 日刊ゲンダイ|死者年間1万4000人…風呂で溺死しない「正しい入浴法」 間違った入浴をしていると、健康どころか命に関わるリスクが増大するという話。死亡統計からの推計では、日本では年間約1万4000人が入浴中に死亡しているとみられているが、その全体の9割近くが65歳以上の高齢者、とりわけ12月、1月の冬季が圧倒的に多いそうである。温度差によって、血管や心臓への負担が大きくなり、心筋梗塞や脳梗塞によって倒れてそのまま溺死などが原因とされている。冬場の入浴の仕方、注意する必要があります。
11/21 【世界を斬る】内政も外交も… 米国の行動は国際社会の指導者のものではない - 政治・社会 - ZAKZAK ここにある、「米国人というのは、一体、何を考えているのだ」ということ、じつによい指摘だと思う。小生、ここ数年、何人かの米国人と友人として付き合っているが、彼らの思考方法は、われわれ日本人とかなり違うということを感じる。これは良し悪しではなく、単純に文化の違いからくるものである。このこの違いがわからないと、米国はわからないと思う。
11/21 「振り込め詐欺」「劇場型詐欺」過去最悪!ますます巧妙手口…私はこんな電話に騙された (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 高齢者を狙った詐欺として振り込め詐欺はよく聞くが、劇場型詐欺というのもあり、この中には代理購入型、公的機関装い型、被害回復型というのがあるそうである。世の中、悪い奴はどこにでもいるもの、電話だけではなく、封書を送って信用させたりする、込み入った手口も登場。もっともどれも最後はお金を払わせるというのがオチなので、なんらかの形で金を払うようにしむけらたら要注意です。
11/20 FNNニュース: 安重根石碑建立計画 ... 韓国が中国のハルビンで、初代首相の伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)をたたえる石碑の建立計画を進めている。これについて韓国政府は、「このような方(安重根)に対して、犯罪者という表現を使うことは、非常に遺憾。歴史を謙虚に反省して直視することを、もう一度強く促す」という。国が変われば、その歴史の意味は変わる。だが、他国の首相を暗殺した、その行為は犯罪以外の何ものではない。韓国とは不思議な国である。
11/20 財政審:医療費抑制が最大の焦点 来年度予算の建議素案− 毎日jp(毎日新聞) 2014年度予算編成で医療費抑制が言及されている。これはよい方向性であろうと思う。重篤な症状ならいざ知らず、わずかな症状で過度な検査、さらには大量の薬が処方される。この傾向は高齢者の診察に顕著である。これをなんとかしなければならない。
11/20 【日本の解き方】やはり高い国家公務員給与 官民格差是正なら3割カットせよ - 政治・社会 - ZAKZAK 今年8月に出された人事院勧告では、民間給与は月収40万5539円、国家公務員給与は減額前で月収40万5463円、減額後で月収37万6257円だった(除くボーナス)。ベースとなる民間給与は、年収換算すると486・6万円となる。一方、9月に出された国税庁の民間給与実態統計調査では、年収349万円だ。本当に官民格差をなくすなら28%のカットでもいいはずだ。」だそうである。公務員の給与水準が高いか、低いか、こんなところにも役人特有のからくりが潜んでいる。
11/20 NEWSポストセブン|食品偽装 産地表示しないアメリカなら「エビはエビ」で終了 「今の日本人は年中、同じものを食べたがる。素材にも過剰に味つけをして本来の味がわからなくなっていて、ネーミングやブランドしか信じない。旬を忘れたうえ、味覚も失った。それがつけいる隙を与えたのかもしれません」この通りかもしれない。食品の産地表示偽装、それ自体たしかに問題ではあるが、これは、同時に、産地表示がなければ、本来の味を見分けられない現代の日本人への敬称であろう。
11/20 内田洋子 第3回 「ボールペンで字を書いているうちはまだまだ子供。万年筆で字を書いてはじめて大人になる」  | Nespresso Break Time @Cafe de Shimaji | 現代ビジネス [講談社] おもしろい話題をひとつ。いまイタリアの若者の間で万年筆が静かなブームだそうである。「イタリアの若者もスマホは使っていますが、手紙を書くときは万年筆を使うようになってきています。あと、試験のときはボールペンか万年筆の使用が義務づけられていて、子供の入学祝いや就職祝いに贈ったりしています。自分でお洒落な万年筆を買い求める若者も増えているようですよ。」、小生も中学の入学祝いに万年筆とシャープペンをもらった覚えがある。自分の手で文字を書く、大人になっていく第一歩かもしれない。
11/19 日刊ゲンダイ|「地殻変動解析」の専門家が警告した“首都直下の引き金” 先週末起きた地震、東京でもちょっと縦揺れがあり、それから横揺れとなった。。「余震は北から南に移っていて、3・11でプレートが破壊しなかった茨城や千葉に下りてきている。房総半島南東沖は、相模トラフ、日本海溝、伊豆小笠原海溝の3つの海溝が接している。特に千葉と密接な相模トラフが動き始めているとみています」、「一連の地震は、“首都直下の引き金”とみています。東京直下の場合、M9クラスの揺れが起きてもおかしくないのです」だそうである。なんとなくいやな気分である
11/19 3・11東日本大震災の直前と同じ異変が 東大名誉教授・村井俊治が警告する 「南海トラフ巨大地震来年3月までに来る」  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 首都直下型地震も恐ろしいが、南海トラフ巨大地震についても、こういう指摘がある。曰く、「データを見て、本当にびっくりしましたよ。これは東日本大震災のときと同じじゃないかと」「「初めは今年6月末、九州・四国・紀伊半島で異常変動がありました。それが9月1~6日に、日本全国が異常な変動を起こし、私たちのシステムでは日本地図が真っ赤になったんです。その次の週は逆に変動がなく、大変静かになったのですが、東日本大震災の前には、こうした変動と静謐期間が半年ほどの間に3回、繰り返されました。そうした経験から、私たちは今年12月から来年3月頃の期間に南海トラフでの大地震が起こる可能性が高いと考えたのです」、さて、首都東京を含めて、日本の太平洋岸大都市が地震と津波で壊滅する。「日本沈没」が現実となるのであろうか。
11/19 「ふるさと納税」で各地の特産品ゲット!寄付のお礼に自治体がプレゼント (1/2) : J-CASTテレビウォッチ  2008年にスタートした「ふるさと納税」、実は大変お得だということを、ご存知でしたか?「ふるさと納税をするとどんなものが送られてくるかというと―。肉、魚介、野菜、米、加工食品、酒、米、くだものなどの食料品はもちろん、アクセサリーや化粧品、地元イベントや観光地のチケットや宿泊券など、まあ、なんでもあって、しかも好きなものをチョイスすることができる。たとえば、1万〜3万円を鳥取県に寄付をすると松葉ガニの大きいのが1杯、宮崎県ならステーキ肉2枚、北海道むかわ市なら無添加ソーセージ、佐賀県なら真鯛…といったものが選べるのだ。地方自治体が,全体の半分以上になっているからだ。」などなど。詳細は「ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス」で調べることができます。
11/19 東京新聞:食品虚偽表示を放置 与党、消費者特委に消極的:政治(TOKYO Web) 最近テレビニュースによく登場する秘密保護法案、これを担当しているのが、女性活力・子育て支援、消費者及び食品安全、少子化対策を担当する国務大臣、森まさこ氏、消費問題と秘密保護法案とはあまり関係がないような気がするが、どういうわけだろう。もちろん森まさこ氏はその経歴として国務大臣を担当することに申し分なく、彼女の弁護士としての能力を評価してのことだろうが、国家の防衛・政治機密を扱う秘密保護法案との2足のわらじ、ちょっと畑がが違うような気もする。、女性大臣なら当たりが優しいと思ったからなのであろうか。ちょっと不思議である。
11/19 米クアルコム、スマートウォッチ「Toq」12月発売 - ケータイ Watch 昔、ジェームスボンドの007映画によく時計を使ったスパイ道具が出てきたが、今や、映画の中のお話ではなく、スマートフォンならぬスマートウォッチ「Qualcomm Toq(クアルコム トーク)」が出てきた。「カラーで各種情報をチェックできる腕時計型端末。一度の充電で、数日稼働する。画面に触れて操作する形となり、ワイヤレス充電(WiPower方式)をサポートする。Android 4.0.3以上のスマートフォン(推奨はAndroid 4.3以上)とBluetoothでリンクして、スマートフォンへの着信、メッセージの確認などができる。また気象情報や株価情報も確認できる。」とのこと。へえ〜である。
11/18 日刊ゲンダイ|窃盗に走る中高年女性が急増…独身よりも夫婦が危ない!? 中高年女性の万引が急増、理由は、「ほとんどは、経済的理由ではなく、精神的なストレスが犯行の原因になっています。いまの50〜60代は、少子化、受験戦争と心理的抑圧がかかった最初の年代といえます。子どもの頃から慢性的に抑え込まれていた。ストレスから万引に走りやすいのは、独身者よりも、子育てが終わり、夫婦だけの生活となった女性たちです。子育てに使ったエネルギーを向ける場所がなくなり、日々を漫然と過ごす焦燥感を強める女性も多いのです」だそうである。
11/18 韓国「信用できない」7割、「賠償金支払うな」8割 産経・FNN世論調査 - MSN産経ニュース  古代の歴史にある日本と朝鮮半島との密接な関係、日本の政治文化は中国から朝鮮半島を経て日本に伝わり、その多くを朝鮮半島からの渡来人に学んだ。また、日本は、当時の百済を助けるために大軍を派遣し、唐・高句麗の軍隊に破れた。これほどの関係があるのに、何故、これほどまでに互いに憎みあうのだろうか。明治以来、わずか100年の歴史であるのに、その真実において、ともに信用し合わないのは何故だろうか。
11/18 あの医者には気を付けろ!あなたのカネと命を狙ってる「ブラック・ ドクター」出会ったら  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 今の時代ほど、医者の資質が問われている時代はない。昔なら、大病、難病に対して治療法も限られていた。一方で患者側も、いまほど多くの医学の知識をもっていなかった。今や、医師も患者側も最先端の医療を求めようといている。期待が大きいほど失敗への失望も大きい。患者の命を左右するもの、結局は自分による医師の選択であり、その意味では自己責任である。
11/18 福島原発・核燃料取り出し!空気に触れたら即死する超高線量「怖いよ」(作業員) (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 18日から福島第1原発の4号機建屋の使用済み燃料プールからの燃料取り出しが始まった。廃炉に向けて不可欠の作業であるが、その危険性ははかりしれない。空気中で被爆すれば即死するほどの高い放射線量、建屋の強度への不安、熟練工の不足など、問題が山積みの中での作業開始である。来年末まで無事に終わることを祈るしかない。
11/18 【新連載】アベノミクスの“本質的誤り”を証明するGDP速報|野口悠紀雄 期待バブルが幻滅に変わるとき|ダイヤモンド・オンライン アベノミクスについて評価し、さらに期待する声がある。一方で、一時的金融緩和によるバブル、円高による富の偏在を危惧する声がある。どちらが正しいのかは、時が教えてくれる。が、かって誰もなしえなかったデフレ克服にあえて挑戦する姿勢はほめていいと思う。が、かっての自民党のように土建国家が見え始めている。きたるべき大地震に備えるものならひつようであろうが、訳のわからぬ箱物を作るのでは困る。
11/16 白いタヌキ:岡山の動物園に到着、子どもら歓声 − 毎日jp(毎日新聞) 白いタヌキが鳥取県南部町で捕獲されたという話。約1歳半のメスで体長約40センチ、柿が好物だそうである。白いタヌキとは珍しい。
11/16 石破幹事長:原発新設、全面否定せず− 毎日jp(毎日新聞) 自民党の石破茂幹事長の言、「再生可能エネルギーの比率が上がってもなお、エネルギー安全保障の観点から、原発を新設することを全面否定することにはならない」、「新設すべきだと言っているのではなく、安心・安全が最高度に確保された最新鋭の原発を全面否定することには理論的にならない」、「原発ゼロにすれば最終処分がいらないかのごとき印象を与えることがあってはならない」とある。はたして「安心・安全が最高度に確保された最新鋭の原発」はどこにあるのだろうか。
11/16 日刊ゲンダイ|冬ボーナス「82万円 5.79%増」は“統計のマジック” 経団連が公表した冬のボーナス妥結額(第1回集計)は、昨冬比5.79%増の平均82万2121円だそうだが、その内実をみると円高の恩恵を受けた自動車が突出しており、逆に材料を輸入にたよる紙・パルプは5.42%減、化学は4.43%減である。これを見る限り、景気回復はかたよっているようにも見える。
11/16 東京新聞:志賀原発、漁船使い避難訓練 30キロ圏、事故想定:社会(TOKYO Web) 大地震により北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)で全電源を喪失し放射性物質が放出されたという想定で、原発から半径約30キロ圏の「緊急防護措置区域(UPZ)」を対象とした行われた共同防災訓練、非難手段として漁船が使われた。素直に考えれば、原発という設備、万が一事故を起こした場合は、周辺住民の避難が必要、いうなれば非常に危険な存在である。原発は基本的に危険な構造物なのである。
11/16 農林水産 その1】 「農業を成長産業に」 新規参入・大規模化・効率化を促せ!  | 堀義人「100の行動」 | 現代ビジネス [講談社] 「農業を成長産業に」、この考え方は面白いと思う。農業と産業、農業が産みだすものが農産物であり、産業が生み出すものが工業製品として考えるならば、産み出すことに注目すれば産業である。世界ではすでに「種」が巨大な産業として自立している。素朴に農業で利益を出すためには何が必要なのか、これを考えるときがきている。若い人々が農業という産業に夢を持てる、そういう仕組みが必要なのであろう。
11/15 連邦裁判事、著作権訴訟でグーグルに軍配あげる 電子書籍が出回り始めてだいぶたちますが、数千万冊の書籍をスキャンする権利をめぐる出版産業との訴訟で米グーグルが勝訴した。これも時代の流れといえば流れである。が、本当の意味での研究や知識は、やはり紙の書籍による、こう思う私は、もう古い人間なのであろうか?
11/15 日刊ゲンダイ|アベノミクスの終焉が克明に…クレディ・スイスの戦慄リポート アベノミクスに対して少し悲観的なレポートを紹介する。クレディ・スイスのチーフエコノミスト、白川浩道氏の「日本経済分析」、タイトルは「急激な低下のリスクがある2015年の成長率」。ここでは、来年以降、アベノミクスの金融政策もや財政政策が完全に行き詰まるという分析が報告されている。そのシナリオは「2015年度はゼロ成長になる。雇用は減少し、賃金は伸び悩み、デフレに逆戻りの懸念がある。世の中、相当暗くなると思います。なぜかというと、試算したとおり、アベノミクスの財政、金融政策でこの先、景気を上向かせるのは無理で、もう打つ手なしだからです。アベノミクスの当初のシナリオは金融、財政政策で景気を底上げし、その間に成長戦略で、景気を回復軌道に乗せる戦略だった。その第3の矢が分からないうえに、来年4月からは消費税が上がる。瞬間的に消費は落ち込み、しかし、その後、消費は少しずつ戻ってくる。でも、それは長続きせず、2015年になると、ドーンと落ち込むと思います。エコノミストとして、長期の金融投資はお勧めできなくなりました」というもの。投資家諸氏、こういう見方もあります。
11/15 【お金は知っている】金融機関に甘い異次元緩和策 融資しない銀行には懲罰を - 経済・マネー - ZAKZAK アベノミクスによる「異次元金融緩和」、日銀がお札を大量に発行し市場にお金をジャブジャブにばらまくというものだが、そのお金、どうも中小企業や一般家庭には回ってきていない。その大きな理由のひとつとしてあるのは金融機関がお金を貸さないということ、お金は回ってこそ、その価値がある。日銀から出たお金、どこを回っているのだろう。
11/15 CNN.co.jp : 宇宙間近、高度30キロの気球の旅 米企業が発表 米アリゾナ州の宇宙旅行会社ワールド・ビュー・エンタープライジズが発表した宇宙旅行、1人7万5000ドル(約740万円)で販売する計画、内容はカプセルを乗せた高高度気球が高度約30キロまで上昇し、2時間の宇宙滞在の後、地球に戻るというもの。すでに発表されているヴァージン・ギャラクティックの場合は、3日間の訓練と2時間半の宇宙滞在を含む宇宙旅行を25万ドル(2460万円)なので、かなり割安。宇宙への旅、出かけてみてはいかが?
11/15 「クラウドソーシング」主婦も自宅で収入…ロゴデザインやHP開設、試食体験レポート (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 仕事を発注する側と技術やアイデアを提供したい受注する側がWEBでつながり、仕事をやり取りする仕組み、これをクラウドソーシングといっていますが、これが主婦の間で、育児や家事の間を縫ってパソコンで仕事をして小遣いを稼げるということで広がっているとのこと。具体的には「たとえば、ロゴやデザインの制作、ホームページの開設、アプリの開発、翻訳や会計などの仕事。なかには試食の体験レポートや脱毛体験のインタビューとさまざまな職業が紹介されています」などがあり、家事・育児の合間に5か月で11万5000円稼いだ方もいるとか。この仕組み、高齢者のアルバイトとしてつかえるかもしれません。
11/14 KURAND / 四谷荒木町で日本酒イベント開催 「四谷・荒木町で全国日本酒巡り」が12月21日 13時〜16時30分に開催されます。参加費用は、1人4,000円(当日参加5,000円)。当日は主催者が提携する「こだわり蔵元」6社が全国より集結、普段は飲めない搾ったばかりの新酒を中心に、蔵元が直々にお酒を注ぎ、自慢の日本酒を振る舞う。また荒木町を代表する6店の飲食店が、日本酒にぴったりな自慢の料理を用意するとのこと。お出かけになってみてはいかが?
11/14 だから東京が好き! 街のねこたち ねこ好きな方のための、ねこ好きな方によるブログです。「東京に住むねこたちとの出会いの記録」、ぜひご一読を。
11/14 日刊ゲンダイ|クラウンからレガシィへ 覆面パトカー事情に異変アリ パトカーの話題、“白黒パンダ”や覆面パトカーで最も多いトヨタ・クラウンが、スバル・レガシィに取って代わられているという。以前よりレガシィやインプレッサが高速交通隊のパトカーに採用されているたが、これからは白黒パトカーに大量採用されることになりそう。パトカーはクラウンばかりではなくなってきたという話です。
11/14 【経済快説】ヤマダ電機が赤字転落… 「乾き物」的商品をリアル店舗で購入するメリット乏しい - 経済・マネー - ZAKZAK 店舗数拡大、増収益を続けてきた家電販売大手のヤマダ電機、今9月中間期の決算で営業赤字に転落したそうである。原因は、ネット通販との競争激化による利益率低下といわれる。昔は家電は町の電機屋さんが売っていた。それが大型量販店に移り、今やネット通販に移ってきた。別の角度で考えれば町から消えかかっている町の電気屋さんにとってもネット通販の利用で大きなチャンスがあることが見てとれる。いつの時代も商売は知恵の出し方次第なのであろう。
11/14 小泉元首相「原発即ゼロ」街の声は賛成8割!さあどうする?安倍首相 : J-CASTテレビウォッチ 小泉元首相「原発即ゼロ」の主張に対して街の声は賛成8割、実際に、いまだに収束のメドさえ立たない福島原発の現状を考えれば、自然な声であろうと思う。再稼動推進派の自民党、対応を誤れば再び野党へ転落ということもありうる。
11/13 日刊ゲンダイ|今年も1万人超え…リストラ進める上場企業53社 東京商工リサーチの調査のよると2013年に希望・早期退職の募集を公表した上場企業は53社、募集人数は1万752人にのぼったそうである。大手企業は相変わらずのリストラ、1929(昭和4)年、34歳の松下幸之助の「生産は即日半減するが従業員は一人も減らさない」 の言、どう考えるのだろうか。業績維持、回復のためのリストラはどんな無能な経営者でも思いつく。ただ、彼らには、人こそ最大の資産でであることを理解できていないようである。
11/13 「原発輸出やめて」 道新東京懇で安倍首相夫人 消費増税も異議−北海道新聞[政治] 安倍昭恵首相夫人の原発輸出に関する発言、「自分の国で事故がきちんと収束していないのに、海外に売り込むことに対し、私はやはり『どうなんだろうな』と思っている」、また、来年4月の消費税増税については、都内で自ら始めた料理店の経営の難しさを挙げ、「主人に『小さいところは本当に大変なので、消費税は上げないでください』と毎晩言っていた」とのこと。常識の考え方は、こうだろうと思った次第。
11/13 勝手セールじゃなかった「楽天市場」価格偽装!審査通っていた1万7000円スルメ : J-CASTテレビウォッチ 楽天の三木谷浩史社長の謝罪の言、「正規のセール企画について、いっさい問題ないと言っていましたが、少しミスリーディングがあってお詫びします。(登録業者には)性善説を取っていて、それが当社のいいところでもあるのですが…」とあったが、ミスリーディング(Misleading)とはどういう意味と思った方は少なくないと思う。そこでネットで調べたら「(人を)誤らせる(表現)・誤解を招くような・誤った印象を与える〜・紛らわしい・誘導的な・不誠実な・(消費者の)誤解を生む(言い回し)・(〜と)区別がしにくい・区別がつきにくい・詐欺的な・いかにも(大儲けできるか)のような(広告)・“いいことずくめ”の(宣伝広告)」(類語辞典(シソーラス)とあった。こういう内容をごまかして使うのがミスリーディングというカタカナのようである。
11/13 NEWSポストセブン|JRの寝台特急廃止に惜しむ声 JR東日本、西日本、北海道が、寝台特急「ブルートレイン」を2015年度末までに廃止する方向で検討しているそうである。遠隔地への旅行には飛行機に比べて割高の料金が利用が減っている理由のひとつとされている。効率を求めればそうだろうが、海外旅行ではあえて客船旅行を楽しむ人も少なくない。ただ人を運ぶだけではない寝台特急のありかた、考えてみてはどうだろうか。一晩ぐっすりと眠り、目が覚めると車窓に見知らぬ町の風景が見える、これも旅の楽しみだと思う。
11/12 マー君をメジャーへ!「新ポスティング制度」今月中にも成立 (1/3ページ) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ) マー君のメジャー移籍、ポスティング制度に反対していた選手会が、新たなポスティング制度を賛成する方向性で、実現の可能性が出てきた。今や、日本を代表する投手となったマー君、メジャーリーグのマウンドで活躍する姿を見てみたいものである。
11/12 日刊ゲンダイ|茨城県南部で5弱…これは「首都直下」の前兆なのか 10日午前7時半ごろに起きた茨城県南部の震度5弱の地震、規模はマグニチュード(M)5.5、茨城県筑西市で震度5弱、都内では中央区、荒川区、江戸川区などで震度4の揺れであった。この影響、「先月末の福島沖M7.1の地震の1週間前ごろから、東北の内陸部(宮城、茨城)と北海道十勝地方でM5前後の地震が発生していました。最近は、南下した茨城付近で規模の大きい余震が増えてきている。3・11地震によるひずみが解消していない空白域である茨城県沖や北海道十勝沖、根室沖付近は、いつ大きな揺れが襲ってもおかしくない。問題は、次に茨城県沖や、房総沖で大きな地震が起きた時です。東京は3・11以上に大きく揺れ、首都直下の震源域を刺激しかねない。直下地震を引き起こすことも考えられます」ともいわれています。危機はまだ、そこにあります。
11/12 自民幹部、“小泉発言”に戦々恐々…責任押し付け合い 元側近・飯島氏は批判 - 政治・社会 - ZAKZAK 小泉純一郎元首相の「脱原発」発言、本人からの説明もあるが、彼のいう核廃棄物問題、首相在任時にもいわれていたはずである。それが今になって何故強調するのか。なんとなく裏に何かがあるように思えてならない。「脱原発」は賛成だが、彼の言には気をつける必要がある。
11/12 寒くなると体の調子悪い…気温差で起こる「停滞腸」腐敗ガスが全身に悪影響 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 晩秋から冬へ変わっていく時期に起こる身体の不調の原因の大半は腸の冷えだそうである。「朝晩の気温が10度以上も違うような日が多発する今の時期は、寒暖差によって腸の血行が悪くなり、大きな負担がかってしまいます。その結果、お腹が冷えて血行不良になり、腸の働きが鈍ってしまいます。これを私は停滞腸と呼んでいます」、これが原因で免疫力低下してインフルエンザかかりやすくなる。お腹を冷やさない、これが大事。
11/12 独占公開! サムスンが呑み込んだ日本の技術|今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ|ダイヤモンド・オンライン 半導体、電子技術で米国と同様に世界のトップを走り続けてきた日本が、気づいてみたら韓国に抜かれていた。韓国の努力もあろうが、日本人技術者の韓国への流出の影響は少なくない。そこには韓国側のやり方に疑義はあろうが、何よりも日本のメーカーが技術者を大事にしていないという背景が見えてくる。日本の製造技術の復権、まず人を大事にすることから始めることである。
11/11 【台風30号比直撃】壊滅の島「この世の終わり」 死者不明1万人超か+(1/3ページ) - MSN産経ニュース かって経験したことがないような大型台風30号がフィリピン中部にもたらした被害、まさに未曾有うである。さながら大津波被害にも匹敵する。この猛烈な台風による死者・不明者は、当初の推計を大幅に上回り、レイテ島だけで1万人を超す恐れがあるという。これから、こうした自然大災害が世界各地で起きていくのであろう。
11/11 日刊ゲンダイ|大地震で誘発 専門家が警鐘「富士山噴火まで2年切った」 「富士山噴火まで2年切った」という。憂慮すべき予測が出てきている。これによって、東海、関東地域の行政、経済機能が麻痺する可能性がある。「法則通りならば日本ではあと2年以内ということです。噴火は震源の近くですが、日本のスケールから考えると、北海道から静岡ぐらいまで、どこで起きても不思議ではない。気になるのは富士山です。ここ300年一度も噴火していません。しかも3・11以降、噴火の予兆とされる山体膨張は加速している。3月から、河口湖の水位低下が注目されていますが、雪解けと梅雨の時期がとっくに過ぎた今でも戻らないのは不思議。今年になって活動が活発化した箱根山と富士山は同時期にできた山で、マグマは地下でつながっていると考えられている。不気味な要素が重なっているのです」とのこと。いざと気の準備は必要です。
11/11 CNN.co.jp : 3Dプリンターで金属製の銃 米企業 米テキサス州の企業が、3Dプリンターを使って世界初の金属製の銃を作ったという。3Dプリンターはコンピュータに3次元データを入れて、そのデータをもとに製品を作るものだが、製品を作る使用可能な材質が増えてきた。これにより様々な製品の試作品や金型の製作が可能になってくる。3Dプリンターを制するものは、次世代の製造を制するのかもしれない。
11/11 巻頭特別レポート 消費増税はコンクリートと公務員にこうして食い尽くされる  ああ、土建政治が 帰ってきた | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 民主党政権による大きな裏切りによって成立した消費税増税法案、自民党政権となった今、それが「消費増税がコンクリートと公務員に食い尽くされそうだからです。本来であれば増税分はすべて社会保障のために使われるはずですが、カネに色はないとして、増税分で膨らむ『国の財布』が公共事業と公務員の利権拡大にぶち込まれようとしています。実際、霞が関の各省庁はすでに予算の分捕り合戦を始めています」となってきた。まあ、昔に返ったのでしょう。
11/11 紅葉情報 毎週更新 | 紅葉名所2013 - Walkerplus 立冬も過ぎ、すでに11月半ば、紅葉も関東、中国、九州地方の都市部でも一部、楽しめるようにんってきました。小春日和の暖かい日を選んでの紅葉散策、出かけてみてはいかが?
11/9 島倉千代子さん死去、闘病3年肝臓がん - 芸能ニュース : nikkansports.com 歌手島倉千代子さんが8日午後0時半、肝臓がんのため都内の病院で亡くなった。75歳。ご冥福をお祈りする。

11/9 日刊ゲンダイ|景気回復を牽引できない製造業 円安誘導によって日本の景気は本当に回復するのだろうか?この疑問対する答えのひとつが、「自動車メーカーが円安で儲かるのは、国内で生産した製品が海外で売れるようになるからではない。海外の稼ぎを日本に送金する際に円での取り分が増えるからだ。1億ドルの稼ぎは、1ドル=80円なら80億円だが、1ドル=100円なら100億円になる。それだけのことだ。」というもの。そうであれば、国内の中小下請け製造業者は、その恩恵を受けることができるのだろうか?結局、物価が上がり、さらに消費税増税が乗っただけで給料は上がらない、その先に見えるのは・・・何だろう?
11/9 CNN.co.jp 富士山を背景にジェットパック飛行! ジェットパック、人間が背中にジェットエンジン付の小さな翼を背負って空を飛ぶというもの、子供の頃のSF漫画にもあった未来の技術、もう現実になっています。飛んだのは、イブ・ロッシーさんが、世界文化遺産の富士山を背景にジェットパックでの飛行!
11/9 楽天優勝セール「割高通常価格表示」本部に責任なし?審査受けない便乗業者 : J-CASTテレビウォッチ  東北楽天ゴールデンイーグルスの日本シリーズ優勝で行ったショッピングサイト「楽天市場」の記念セール、「77%OFFセール」の中で見つかった20店舗1000商品でインチキ価格表示。シュークリーム10個入り通常価格1万2000円が77%引きで2600円となっていたが、もともとの販売価格は2600円程度、本来の価格をつり上げて安く見せかけているいう手法、ほとんど定価で売っているだけ。この手の手口、世の中にはよくあります。以上に安いのは、注意が必要。
11/9 『読解力を強くする算数練習帳』著:佐藤恒雄 「数学とは、何のために勉強するんだ」と悩んでいる人へ  | 読書人の雑誌『本』より | 現代ビジネス [講談社] 数学が苦手な子供たち、かくいう私もそうなのだが、苦手には理由があった。問題文を読んで題意が理解できないということ、
「1.語彙力が不足していて文節と文節のつながりがわからない。
2.数学特有の言葉、つまり記号や用語の定義が理解できていない。
3.文章と文章のつながりがわからず、条件がつかめない(演繹的な推論による文法の知識がない)。
4.文章が長くなると全体像がつかめなくなり、題意の目標が捉えられない(論理的な読解力の不足)。
」などである。なるほどと思った次第。
11/8 米FDA、トランス脂肪酸の安全性否定へ転換―禁止に向かう公算 WSJ.com マーガリンやケーキなどに使われているトランス脂肪酸が米国で、その安全性に疑問がもたれ、全面的に使用が禁止される方向であるという。理由は、トランス脂肪酸悪玉LDLコレステロールの増加と関連があるとされ、心臓病リスクを高めているということによる。これからは使用成分をよく見て買ったほうがいいかもしれない。
11/8 秘密保護法案 今国会での成立は微妙 与党、修正協議で温度差 - MSN産経ニュース 7日に審議入りした特定秘密保護法案、野党からさまざまな異論が出始めている。ポイントは国民が知る権利をいかに保つかだが、こうした法案は基本的に役人側に向いているため、ちょっとしたことでもこの法案を盾にとって内容を開示しない可能性がある。何が秘密であるのか、何を基準に、誰が決めるのか、それが問題である。
11/8 CNN.co.jp : 猛烈な台風ハイエン、フィリピンに上陸  フィリピンに中部に上陸した観測史上最大級の勢力をもつ猛烈な台風30号(ハイエン)、風速は87.5メートル、最大瞬間風速105メートルであるという。日本でもそうだが、世界中でいまだ経験をしたことがない気象状況が生まれている。地球全体が狂い始めているのだろう。
11/8 【お金は知っている】「脱デフレは困難」不都合な事実に目を背ける御用学者と日経新聞 - 経済・マネー - ZAKZAK 消費税増税でもデフレから脱出できると、政府・日銀、御用学者やメディア主流派は言い続けているが、ほんとうにそうだろうか。米欧の市場関係者の多くから、「増税という緊縮財政によるデフレ懸念」を指摘されている。外側からは冷静にその判断ができるのであろうと思う。景気をよくするための増税、誰が考えても矛盾している。物事は単純に考えるべきであろう。
11/8 半導体の新大陸を開拓する男---TSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー)会長モリス・チャンの “イノベーション” 文/モーニング編集部 | 弘兼憲史のアジア立志伝 | 現代ビジネス [講談社] TSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー)、世界の半導体の製造を請け負う会社である。彼らは、生産工場を持たない設計だけのファブレス企業を中心に世界600社から発注を受け、半導体の受託製造で世界ナンバーワンのシェアとなっている。日本には世界に冠たる半導体製造技術がありながら、何故こうしたことができないのであろう。経営者の知恵の差がここに見える。
11/7 三越伊勢丹も食材虚偽表示 開店から17年続けてだまし続けた店も ― スポニチ Sponichi Annex 社会 食材虚偽表示が代表的な老舗百貨店まで広がった。三越・伊勢丹、高島屋、大丸、松坂屋百貨店でも虚偽表示が明らかになった。その多くは料理や洋菓子などの加工食品である。米、肉、魚、野菜などの産地をごまかせば大問題になるが、加工食品については、過去そういうことが軽視されてきた。それぞれの食材名が固有のものなのか、一般的なものなのか、はっきりする必要があるかもしれない。
11/7 日刊ゲンダイ|TPP日本完敗…日本車へは20年間「関税」、軽自動車は廃止 聖域なき関税撤廃といわれてきたTPPだが、どうやら、米国は日本車の輸入関税撤廃をこれから20年据え置くようである。理由は「日本の自動車メーカーは、ほとんどアメリカで現地生産しています。だから関税をゼロにしても、日本車がアメリカでシェアを伸ばすことはないと思う。アメリカが心配しているのは、関税をゼロにすると、日本メーカーが生産拠点を日本国内に戻し、アメリカの雇用に打撃を与える恐れがあることです。日本メーカーは、多くのアメリカ人を現地で雇用している。もし、アメリカから撤退したら失業者が急増する。それだけは阻止したいのです」だそうである。要するに自国の利益優先ということである。それならば日本はと考えるが、どうだろう?
11/7 【永田町美人秘書】陛下の前では… 普通の日本人は硬直 - 政治・社会 - ZAKZAK 天皇陛下とお会いするとき、「ウチの先生を探していたら、よく知っているY先生に会ったんです。『Xちゃん、いいところに来た。こっちにおいで』と言われたので行ってみると、ちょうど陛下がお出ましになるところでした。もう感激のあまり、声も出ず、ただ立ってじっと見るだけ。体も動きませんでした」、これが普通の日本人だろう。天皇とは日本人にとって特別な存在である。
11/7 悪質運転の罰則強化―飲酒・薬物の死亡事故「懲役15年」遺族からは「まだ軽すぎる」 : J-CASTテレビウォッチ 飲酒・薬物などによる悪質運転による死亡事故対して「懲役15年」にするという法案、「今回の法案は、飲酒や薬物使用などの影響による死亡事故を起こすと懲役15年以下になります。負傷事故では懲役12年以下とする罰則が創設されました。法案は危険運転致死傷罪(懲役20年以下)に次ぐものとして新たな罰則を設けた形となっています」ということだが、自動車は走行時の威力からすれば、銃刀器と同様の凶器である。事故を予測できる状態での事故は、ある意味、死亡事故をおこしてもしかたがないという意思が感じられる。この量刑、たしかに軽いと思う。
11/7 米NSAによる空前の監視体制: 世界各国で危機感が募らないのはなぜか?  | ITトレンド・セレクト | 現代ビジネス [講談社] 米国NSAによる通信傍受事件、グーグルとヤフーの海外データセンターに不正アクセスし、送・受信者情報や文書、音声、映像などのデータを、無断で大量に入手していたという。フランスやドイツなどについては「外交上の優位性」、日本やブラジルなどに対しては「経済上の優位性」を確保するためだそうである。自国の利益のためなら何でもありのアメリカである。この文章もNSAによって記録されるのだろうか。
11/2 中日新聞:山本議員「手紙」 軽挙慎み脱原発を前へ:社説(CHUNICHI Web) 山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を渡し、「天皇の政治利用」と批判されている。理由は儀礼を欠いているということ、天皇を政治利用しようとしたこと。この批判はその通りであろうと思う。が、一方で批判する自民党、民主党ともに「天皇の政治利用」はお家芸である。ここで、問題とされるべきは、手紙の天皇陛下への直接の手渡しであろう。国会議員の立場からすれば、宮内庁を経由するのが最低限の手続きであろう。もちろん、天皇陛下が、それを読むか否かはまったく別の問題である。新人国会議員には、儀礼を教えておく必要がある。
11/2 日刊ゲンダイ|「最高裁に従う必要なし」 婚外子相続で自民法務部会が“放言”連発 最高裁が、婚外子の遺産相続分を嫡出子の半分とする民法規定を違憲とした判決を出したが、これに対して自民党内部の一部の保守派議員から異論が出ている。
「正妻の子と愛人の子を同等にしていいのか」
「保守政党として家族を重視する姿勢を打ち出すべきだ」
「どうしても格差撤廃の法改正をするのなら、正妻への手当拡充とセットにすべきだ」
ということだが、最高裁が違憲の理由の一つとした「子は親を選べない」、その意味を理解しているのだろうか。子にとって母が正妻であるか、愛人であるか、生まれる前にそれを知る由もない
11/2 <今週のワイドショー>ホテル業界では常識!?どこでもやってる「メニュー偽装」 : J-CASTテレビウォッチ 阪急阪神ホテルズの「メニュー偽装」表示、社長の辞任ということまで発展した。産地ド以外の食材を使う、本来の種とちがう食品をその種と称して使う、これが横行している。食材段階では、産地や種の表示の偽装はなくなってきたが、料理となってしまった場合は、これをチェックする方法がない。どうしたものであろう。
11/2 なんでも国が負担するのはおかしい!「株主と銀行の責任」「廃炉の枠組み」が汚染水問題の焦点だ  | 長谷川幸洋「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社] 原発事故の除染費用を東京電力ではなく、国が税金で負担するという話が持ち上がってきているが、東京電力は、すでに破綻状態にあり、国の資金援助なしには立ち行かない状態であることを考えれば、正しいかはどうかは別にして他に方法はないと思う。が、ここでいう「株主と銀行の責任」は一理あると思われる。原発事故による放射能拡散は、いわば公害である。公害企業に対する「株主と銀行の責任」、考えるときかもしれない。
11/2 部活帰りのハムカツは至福――このシチュエーションが最高!の「思い出めし」 | 日刊SPA! 今は昔に比べればはるかに美味しいものがたくさんある。たしかにそうだが、昔食べたあの味が忘れられない、そういうものがある。小生にしてみれば、高校時代にたまに寄った鯨串カツ、家の近所にあった中華料理屋のラーメンと餃子、およそ50年前の味を、ときになつかしく思うことがある。みなさんはどうだろう?
11/1 上原、三振締めで世界一「嬉しい以外ない」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ) アメリカ・ワールドシリーズ第6戦レッドソックスとカージナルスとの最終戦で間で九回に4番手で登板したレッドソックスの上原は、最後のアウトを空振り三振、見事な活躍であった。巨人時代、その精神的弱さを指摘された上原だが、大リーグでのこの活躍、本来の力を発揮したのだと思う。エールを送りたい!
11/1 日刊ゲンダイ|川上哲治元監督を悼む 特別寄稿 中村稔・元巨人投手コーチ もうひとつ野球の話題です。昭和の時代、野球少年のあこがれであった川上哲治氏が逝去されたという。現役時代はもちろんであるが、監督時代の巨人V9は、決して忘れえぬ功績であった。また、氏の野球を通しての人間教育、その後の野球発展にも大きく寄与したと思う。ご冥福をお祈りする。
11/1 日刊ゲンダイ|世界中が不安視…燃料棒取り出し「UFOキャッチャー」作戦 もうひとつ日刊ゲンダイの記事から。福島第1原発4号機の使用済み燃料プールから「燃料棒」を取り出す実施計画を認可、計画によると、4号機建屋の上部に設置したクレーンなどを使い、地上30メートルの高さにあるプール内の燃料棒を1本ずつ輸送容器(キャスク)に移動し、次にキャスクを吊り上げて地上のトレーラーに載せて敷地内の共用プールに運ぶというもの。作業は早ければ11月8日にも始まる予定。まあ、どうなるのやら。
11/1 CNN.co.jp : 米財政赤字、6800億ドルに減少 ピーク時の半分に 米財務省が、30日、2013会計年度(12年10月〜13年9月)の財政収支が6800億ドルの赤字となったと発表、赤字額は08年度以降でもっとも少なく、過去最高の1兆4000億ドルを記録した09年に比べ51%も減少だという。一方、GDPに対する歳入額の比率は前年の15.2%から16.7%に増加し、財務省によると赤字縮小の79%は税収の増加によるものだとしている。日本との違いはなんだろう。
11/1 「秋はぜんそくシーズン」急激な気温・気圧変化、ブタクサ花粉、夏に増えたダニ… : J-CASTテレビウォッチ 秋はぜんそくのシーズンだそうです。原因は、急激な気温・気圧変化、ブタクサ花粉、夏に増えたダニなどによるもの。春先の花粉症で悩まされている方、今の時期鼻がつまるのはブタクサ花粉によるものかも知れません。急に咳き込むのも、それが原因の可能性があります。調子が悪い方、医師の診察を受けてはいかが?



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2013年11月の掲載



Copyright 爽快倶楽部