TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2012年2月の掲載




2/29 日経平均が反発、7カ月ぶり高値 午後に買い戻し  :日本経済新聞 日経平均株価が9722円52銭、この上げ調子が続けば3月中には1万円の大台超えも実現するかもしれない。経済が元気になる、雇用も増え、最終的には税収も増える。この時期に消費税増税を言い出して景気を冷やすのは愚の愚である。野田内閣、その裏で糸を引いている財務省には、経済感覚は全くのゼロである。
2/29 朝日新聞デジタル:介護に疲れ…83歳妻、84歳夫を刺殺の疑い 大阪 - 社会 介護に疲れた83歳の妻が、84歳の夫を刺殺した疑いがかけられているこの事件、事実なら、あまりに悲惨である。これからの高齢化社会、こうした老々介護から起こる悲劇はさらに増えると思う。この根底に家族の崩壊があることを考える必要がある。少なくとも2世代同居をするための生活環境作り、これが国の高齢化対策に問われよう。
2/29 河津桜ツアー(旅行)特集|国内旅行|クラブツーリズム 毎年、一足早い春の訪れを楽しませてくれる河津桜、3月に入れば一斉開花となる模様。佐倉見物なら日帰りバス旅行が便利。料金も1万円以下でお釣りがくる。
2/29 国の出先機関廃止に「変な地雷」天下りポスト置き土産 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ  要するに、野田内閣は行政改革にたいするやる気はまったくないということのようである。政治はすべて役人主導、これではどんな改革もできまい。それにしても改革の急先鋒と目される小沢氏が政治の中心からはずされている、これが日本の悲劇の始まりであろう。
2/29 湯島天神公式サイト 寒さのために開花が遅れていた今年の梅、湯島天神ではようやく咲き始め、つぼみとなったところ。3月に入って暖かい日が続けば一気に開花ということになるかもしれません。 湯島、浅草、東京スカイツリー春の下町散歩を楽しんではいかが?
2/28 エルピーダメモリ、会社更生法適用を申請へ--負債額は今年最大規模 - CNET Japan かって日米半導体摩擦に象徴されたように半導体メモリー製造は世界に冠たる日本の先端技術だった。それが今、もろくも崩れ去ろうとしている。半導体の世界で日本は最早最先端ではない。世界は変わった。
2/28 在日米軍再編:普天間移設 首相「辺野古が唯一有効」 沖縄県知事は「県外」譲らず - 毎日jp(毎日新聞)  在日米軍基地のおよそ70%がある沖縄の人々にとって米軍基地の縮小は戦後から一貫した悲願であろう。前鳩山内閣の時に示された県外移設の方針を、内閣が変わったからといって、元の計画に黙って従うはずもない。冷静に考えれば安全で静かな生活は国民としての当然の権利である。この問題、単なる抑止力議論ではおさまるはずもない。
2/28 河北新報ニュース 焦点/あえぐ地域医療(5完)在宅診療/病床減り広がる需要 東日本大震災で沿岸部の医療機関や福祉施設が被災して多くの病床が減少したが、副次的結果として在宅医療が増加する傾向が出てきた。もちろん在宅医療ができきる医師は少ないが、この問題さえ解決できれば、今後の高齢者に対する医療環境が変わる可能性も見える。大病院、特別養護老人施設ではなく、家で生活をし、最期を迎える。これこそ日本人本来の生き方である。
2/28 ぶち抜き大特集 これでは子や孫の世代に申し訳ない いま35歳以下の日本人はかわいそうすぎる 老人3000万人の面倒を見る  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 国民の30%が高齢者となる、そしてそれを若者が支える、この発想がある限り日本の社会福祉問題は決して解決しない。高齢者を働き手として、消費者として位置づける、自分の食い扶持は自分で稼ぐ、こういう社会体制こそ日本を救う唯一も道でである。
2/28 財務省上層部が小沢一郎調査班発足させる指示出したとの情報 - 政治・社会 - ZAKZAK 役人にとって小沢一郎という男が、よほど恐ろしいらしい。何が何でも彼の政治生命を奪うことにやっきになっている。ならば、徹底的に小沢氏を役人と戦わせてみてはどうだろうか。少なくともや役人いいなりの野田内閣よりましだとおもうが、どうだろうか。
2/27 中日新聞:原発事故調、海外専門家から批判続出 :社会(CHUNICHI Web) 日本の常識は世界の非常識、原発の世界では、決してあってはならないことである。たとえば、フランス原子力安全局長のアンドレ・ラコスト氏によれば「日本では5年に一度、事故が起きていた。大事故があるなら日本だと思っていた」、この常識が日本のp電力会社、政府になかったようである。要するに原発は政府、電力会社にまかせておいては決していけないということである。
2/27 信濃毎日新聞[信毎web] AIJ受託年金消失、県内厚年基金に動揺広がる 先日、企業年金の運用会社AIJ投資顧問が運用を受託している約2100億円の大半が消失している報道がありましたが、年金は老後の生活資金でああり、基本は元金保証が第一。利回りにつられての運用は非常に危険である。他の年金基金の方、投資顧問をあらためて見直す必要がありそうです。
2/27 金運祈願の金持神社公式ホームページ 初めての前後賞あわせて一等賞金5億円のグリーンジャンボ宝くじ、当選は夢のまた夢ですが、当たりたいという気持ちが当選を現実にしてくれるかもしれません。金持神社、その名の通り金運の神社。鳥取県日野町、鳥取観光がてら当選祈願に参拝してみてはいかが。
2/27 アインシュタイン方程式 - Wikipedia その解法がもっとも難しいといわれているアインシュタイン方程式、高等数学、物理学を勉強した人にしか手が出さないが、老いてあらためて一から勉強し直し、これを解いてみるという野望があってもいいと思う。紙と鉛筆、そこから壮大な宇宙の姿が見えてくりかもしれない。
2/27 日本食堂 グランスタダイニング店 - 東京/洋食 [食べログ] 中学生時代、父と秋田に行くために特急に乗ったことがある。そのときに食べたエビフライが奇妙に記憶に残っている。たぶんナイフとフォークで洋食を食べたのが、そのときが初めてだったと思う。そんな郷愁をこめてかっての食堂車を再現したレストランである。一度、お試しを。
2/25 小沢元代表と会談に前向き=衆院解散「念頭にない」―野田首相 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com 野田首相が小沢氏と会談を行いたいという。まるで夢物語である。彼から党員としての多くの資格を奪ったのは、野田内閣を支えている面々である。民主党の中で一体誰が小沢氏以上の政治力を持っているのか、そこから考え直す必要がある。嘘で固めた検察調書の大喝采を送ったマスメディアも今の日本に一体誰が必要なのか、あらためて考える必要があろう。
2/25 緊急特集 完全保存版 東京「震災避難マップ」で我が身を守る 巨大地震から どうやって逃げる、どこへ逃げる 最終回 台東区・墨田区・江東区・荒川区 足立区・葛飾区・江戸川区編 | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 首都直下型地震が起きたとき、先ず最初に想起するのが大規模火災の発生である。地震発生時には、道路渋滞、断水などによって、およそ消防は機能しない。関東大震災の惨事を繰り返さないこと、これが第一である。どこへ、どうやって逃げる、今から家族で話し合って欲しいと思います。
2/25 野田自滅へカウントダウン ゲンダイネット 野田内閣の自滅の様相が色濃くなってきた。どこでボタンを掛け違えたのか、マニフェストで謳ったほとんどの改革が頓挫、今や財務省主導内閣に成り果てた。消費税増税をしなければならない時がいつかは来る、国民の誰もが知っているが、それは今ではあるまい。民主党内閣がやらなければならないこと、一般会計と特別会計の統合、なによりも無駄を徹底して削ること。国の総予算を1割削っただけで20兆円が出てくる。すべてはここからである。
2/25 ALWAYS 三丁目の夕日'64 前作を見て昭和を懐かしんだ人は多いと思いますが、現在公開中の「ALWAYS 三丁目の夕日'64」は昭和39年(1964年)、オリンピック開催を控えた東京が舞台、人々が希望に満ちて生きた時代でした。今に比べれば、コンビニや携帯電話もない多くの国民が中流を目指して働いた時代でした。あのときの自分にもう一度会いに行くのも楽しいと思います。ぜひ映画館へ!
2/25 NEWSポストセブン|西川のりお「いろんな女としてみたい思わん男はまずおらん」 ご婦人の読者の逆鱗に触れるかもしれませんが、この西川のりお氏の言、世のほとんどの男性に共通すると思います。実際にするかしないかは・・・その人の心がけ次第だと思いますが、やはりご婦人にも色気が必要かもしれません。要するに男はビョーキなのです。
2/24 河津桜まつり情報局 例年なら、2月の末には満開となっている河津桜ですが、今年は寒波のために、ようやく開花というところ。来月に入り陽気が暖かくなればいっきに満開ということも。現地の様子を確認しながらお出かけを。
2/24 まだ間に合うM8M9大地震に備えよ やってる家族はここまでやってる  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 大地震、誰も望まないが、かといって地球という人の力を超えた強大なエネルギーの動きを誰も止めることができない。自分を救う、家族を救うにはどうしたらいいのか、まずそこから始める。今ならまだ間に合います。
2/24 噴飯 想定問答集 ゲンダイネット 野田政権による「社会保障と税の一体改革」、永田町の一部で民主党政調会作成の「想定問答集」が出回っているそうである。曰く、「09年総選挙のマニフェストに消費税増税はうたっていない」には「当時の鳩山代表は政権担当期間には消費税の論議をしないということではないと明言した。この論点は昨年末の議論で済んだ話。今さら持ち出すのは、反対のための反対と思えてならない」ということ。この政権、どうも筋道のたった考え方ができないらしい。
2/24 小沢ノリノリ〜総選挙で“民主終わる”と断言 - 政治・社会 - ZAKZAK ということで、民主党の小沢氏、もはや民主党に見切りをつけたようである。総選挙で政権交代を行い、これから日本は変わる、そうした期待の中で始まった民主党政権だったが、その本質は党内の権力闘争の明け暮れ立った。だからこそ、官僚主導の政治に終始したといえる。
2/24 更年期からはじめよう!40代からの健康と医療 女性の健康とメノポーズ協会 先日もとりあげた女性の更年期、多くの人が、顔がほてる、汗をかきやすい、腰や手足が冷えやすい、息切れ、動悸がする、寝つきが悪い、または眠りが浅い、怒りやすく、すぐイライラするなどに悩まされているようです。そんな症状があるならすぐに専門医の診察を。症状を聞いてもらう、薬の処方でかなり楽になるはずです。
2/23 東証大引け、9500円台回復 2部指数は過去最長の続伸記録  :日本経済新聞 株価が徐々に上がってきた。景気回復のよろこばしい兆候である。株価が上がれば企業は資金を調達しやすくなる、事業拡大のチャンスが増える。その結果、雇用が増える。雇用拡大は消費の拡大につながる。ぜひ、こうなって欲しいと思う。
2/23 福島第1原発事故直後の10日間―米原子力規制委員会が開いた電話会議 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com 米原子力規制委員会が開いた電話会議の内容が公開された。それに比べて日本政府はどうか。記録はされていないどころか、国民にとって重要な情報を隠蔽する。民主主義とい国のかたちが違うのであろう。
2/23 知りたい!:天空トリプル「金」 金環日食・金星の太陽面通過・金星食、奇跡的当たり年 - 毎日jp(毎日新聞) ことしは天体ショーの当たり年だそうです。5/21、金環日食 6/6、金星の太陽面通過 8/14、金星食など、宇宙のドラマが続きます。お孫さんをふくめて家族で楽しめるといいと願っています。
2/23 葛飾区の公園でチェルノブイリ最高レベル ホットスポットの衝撃 ゲンダイネット 原発事故からおよそ1年がたとうとしていますが、事故による放射能汚染は決してなくなったわけではありません。葛飾区の公園では1平方メートル当たり約140万〜150万ベクレル、チェルノブイリ事故の際、土壌の汚染濃度に応じて居住区域が制限された最高レベル「居住禁止区域」(1平方メートル当たり148万ベクレル以上)に相当。除染しない限り数十年はこの数値です。放射能の恐ろしさは、今始まったばかりです。
2/23 衝撃!首都直下“震度7”の可能性…国が想定見直し - 政治・社会 - ZAKZAK 首都直下型地震の想定震度が震度7となった。これは死者10万人を超えた関東大震災の状況と同様の事態。まずは生き残ること、それを考えておくべきでしょう。
2/22 北、韓国大統領に「身震いするような体験を」 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 北朝鮮という国は、常識で考えることができない国である。彼らのやり口は常に「おどし」である。冷静に考えればその「おどし」もなんの根拠もないチンピラの強がりでしかない。こうした国と拉致問題で交渉するにはどうしたらいいか、日本の外交も考え直す必要があると思う。
2/22 相続その前に 誰が払うのか葬式代 :司法書士が見た 相続トラブル百科:マネー :日本経済新聞 財産のある人なら自分が死んだあとの相続を考えておいたほうがいいと思う。世間一般にある兄弟、親戚どうしの骨肉の争い、できれば天国からはみたくはないもの。また葬式のやり方にも日頃、家族に話しておくのがいいと思います。
2/22 一体、何だったのか 水谷建設からの裏金1億円 ゲンダイネット 小沢裁判、この間の経緯を眺めてみるとおよそ有罪に持ち込むのは困難のような気がする。やりだまにあがった裏金問題だが、どれもその犯罪性を立証できていない。となれば、小沢復権間近ということだが、それで一番頭が痛いのが、恐らくは現民主党執行部であろう。さて、これかどんな展開となるのか注目である。
2/22 親の介護はするが自分は子どもに面倒をかけたくない 現役世代が長生きしたくない涙ぐましき理由|ザ・世論〜日本人の気持ち〜|ダイヤモンド・オンライン 親の介護はするが子供に面倒をかけたくない、一見正しいように見えるが、歴史的流れからみれば家族の崩壊のようにも思える。親は子を育て、老いては子に面倒をみてもらう、これが本来の家族の絆である。その絆を自ら断ち切るのは不条理である。諸氏はいかがお考えか?
2/22 しあわせになるランチ かってのバブル絶頂期には会社の交際費で高級店で接待という方は少なくないと思うが、この時代、自腹ではなかなか行く機会もない。そうした高級店、ランチならなんとか手が届くかもしれません。奥方をたまには豪華なランチを楽しんでみてはいかが?日々の奥方の当たり方も少しはやさしくなるかもしれません。
2/21 中日新聞:「南京事件なかった」 河村市長、日中討論会提案:社会(CHUNICHI Web) 南京事件、日中戦争(支那事変)初期の1937年(昭和12年)に起きたとされる中国人虐殺事件である。南京大虐殺とも呼ばれる。これが事実であったかどうか。歴史とは不思議なものである。わずか100年にもならぬ過去のことがわからない。当時、従軍した人から聞いてみるのがいいかもしれない。真実はどこにあるのか?
2/21 発信箱:ネット革命の正体=伊藤智永 - 毎日jp(毎日新聞) ここに注目すべき記述があります。 「メールとかツイッターができてから、中途半端な人間関係が増えたのよねえ」、さらに「身内、親友、友人、同僚、隣人、知人、知り合い、他人……。なるほど、インターネットがなかったころはもっと丁寧だった人との微妙な間合いが、がさつになった。」など。その通りだと思う。今やネットからの情報は生活に欠かせないが、ネットに魂を奪われてはいけない。ネットは所詮、道具である。
2/21 更年期障害-気になる病気 e治験ドットコム 女性にとって50歳前後から始まる更年期、なんとなく体調がおかしいという方が多いはず。症状がつらい場合がぜひ、専門の更年期外来へ。専門薬の処方によって症状が楽になるほか日常生活上での対処の仕方を教えてもらえます。
2/21 レトルト食品・災害グッズ マリンプロ【非常時おたすけ箱】 地震・津波・台風・洪水・噴火等、昨年の自然災害続きを考えると普段からの防災準備が肝心。これは、5年間は持つという「かぼちゃ煮」「さつま芋の甘煮」「肉じゃが」「さばの味噌煮」「ししゃも焼」などのレトルト食品の援物資が届かない3日間を想定して20種余りが入っているなど入っているすぐれもの。さらに、空になった段ボール箱は内側が簡易トイレとして使える。一家一人に一個、用意してもいいかもしれない。
2/21 NEWSポストセブン|5億円宝くじ「2月25日が最高の購入日」とマヤ占いのまや氏 ジャンボ宝くじ史上初の1等3億円、前後賞合わせると5億円となったグリーンジャンボ宝くじ、5億円が当たったらどうしようとの心配はさておき、買わなければ当たらないわけで・・・。さてどこで買うとなればやはり人気の宝くじ売り場へですが、ここにちょっと注目すべき情報が!「グリーンジャンボを買うなら、ズバリ2月25日(土)が最高の購入日です」だそうです。暦では25日は八白・大安とあります。あなたはどうする?
2/20 天皇陛下のご手術について 公表事項 - 宮内庁 天皇陛下の冠動脈バイパス手術がぶ無事に終わり、多くの国民がほっとしているところだと思います。一部報道によれば、陛下は皇后さまに手さすられて「気持ちがいい」…とのこと。まずまずだと思います。
2/20 菅平で−29.2度 本州での観測史上最低気温更新 地球温暖化がいわれて久しいが、長野県上田市の菅平高原では、午前4時前にマイナス29.2度を記録、これまでに本州で観測された最低気温を更新した。今冬だけの現象かしれないが、一部の気象学者による氷河期説の傍証であるかもしれない。地球は暖かくなっているのか、それとも寒くなっているのか・・・。
2/20 巨大地震を誘発か!愛知沖“新資源”掘削に専門家警告 - 政治・社会 - ZAKZAK 日本の新しいエネルギー源ととして期待のあつまるメタンハイドレート掘削事業だが、今回掘削を始める海底で巨大地震を誘発させる可能性が指摘されている。専門家によれば「掘削が直接、大地震を引き起こすことはまずない。しかし、すでに蓄積された地震エネルギーを刺激し、誘発することはあり得る。80年も地震がなかった米コロラド州では1962年、圧力をかけた地中への廃水処理が地震を頻発させた。2004年の新潟中越地震は天然ガス田での作業が引き金を引いたという説もある。南海トラフは大津波をともなう地震を起こす場所だけに、慎重に検証すべきだろう」とのこと。
2/20 見逃せない玄葉外相の無能と原発再稼動の因果関係" ゲンダイネット 国の政治の柱となるのが総理大臣、財務大臣、そして外務大臣であるが、それにしてもこの総理にしてこの大臣ありと多くの国民が思っているのではないだろうか?答弁のほとんどが役人の作文の棒読み、そこに政治の意志は見えない。
2/20 NHKスペシャル|ここまで来た!うつ病治療 見かけではわからない心の病「うつ病」、その治療のは薬剤が使われているが、このうつ病治療に新たな方法が確立されつつある。薬による治療で改善が見られない患者への新たな治療法として、脳に直接、磁気刺激を与える経頭蓋磁気刺激法(TMS)、患者の心の内部に働きかける認知行動療法方法。またうつ病の正確な診断のための脳血流の画像診断装置・光トポグラフィー(NIRS)など。うつ病に苦しんでいる家族がいる方、医師に相談してみてはいかが?2月12日放送分の一部が2月26日(日) 午前10時05分〜11時54分 総合 ※とっておきサンデー内で再放送の予定。
2/18 小沢元代表、法廷:「検事が強力利益誘導」 裁判長、特捜捜査を批判 - 毎日jp(毎日新聞) 小沢元代表に関する裁判で裁判長が異例と思える特捜捜査を「検事が強力利益誘導」批判し、証拠のほとんどを採用しなかった。小沢氏に対して何が何でも起訴、有罪をとする検察の異常と思える執念がここに見える。検察は何故、小沢氏を有罪としたいのか、その検察による世論操作に乗ったマスコミのあり方も問わよう。
2/18 オウム特別手配2容疑者、現在の似顔絵公開 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 社会に衝撃を与えたオウム真理教による地下鉄サリン事件などで特別手配中の高橋克也(53)、菊地直子(40)両容疑者の現在の似顔絵を警視庁が公開。許しがたい犯罪の容疑者、あなたの隣に住んでいるかもしれない。情報は0120・006・024へ。
2/18 CNN.co.jp:国連総会、対シリア決議案を採択 仏は新たな安保理決議案を検討 6000人を超える死亡者ともいわれるシリア政府による国民弾圧、国連総会で反体制デモへの弾圧を続けるシリア政権への非難決議案を圧倒的な賛成多数で採択。国には国の論理、やり方があろうが国民を弾圧、殺すことはまさに天にツバすること他ならない。シリアの国民を救うこと、世界の責任である。
2/18 奈良新聞WEB | 総合 | 卑弥呼の宮殿南限か - 建物群と並存?の溝/纒向遺跡 古代史最大の謎のひとつ、邪馬台国の所在地探しに桜井市辻の纒向遺跡から3世紀前半の大型建物跡の南側に東西溝が見つかり、卑弥呼の宮殿エリア南限を区画する溝の可能性がありそうだとのこと。さて、邪馬台国はいったいどこにあったのであろうか?歴史ミステリーである。
2/18 民主、激動の3月!小沢グループ“集団辞任”を準備…その核心に迫る - 政治・社会 - ZAKZAK 民主党の解体が始まりつつある。野田佳彦首相による消費税増税方針に対して小沢氏が法案採決で反対に回る意向を表明した。これにより衆院採決は困難となる。
2/17 東電、家庭向け料金値上げ7月への前倒し検討 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 東京電力は家庭向け電気料金の値上げを当初予定の10月から7月に前倒しする検討に入ったそうである。東京電力という会社、原発事故も他人事のように考え、金が足らないから値上げをするという姿勢、これが競争相手がある業界なら、こんな言い草は通らないはず。不思議な会社である。
2/17 どうなる公務員給与削減…協議大詰めも迷走続 どうも何をやってもふらふら迷走する民主党である。消費税増税は不退転の決意だそうだが、地方公務員を含めての公務員給与の削減、まず最初にやらなければならないことである。これができなければ政権の存在理由はない。
2/17 ボロボロ福島原発に直下型地震の危険―間近の断層に不気味な水溜まり (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 首都圏直下型地震も恐ろしいが、昨年の大震災で壊滅的損傷を受けた福島第1原発に直下型地震が起きたらどんな事態になるのであろうか?見かけは冷温停止の状態にあるが、メルトダウンした核燃料が再臨界になったときの結果は想像するだけで恐ろしい。東京が死の街になる、これは現実として目の前にある危機である。
2/17 CNN.co.jp:スペイン・テイデ山で撮影された美しい天の川の映像 スペイン・テイデ山で撮影された美しい天の川の映像、かって電気もなく、夜になれば月明かり、星明りしかなかった時代、もちろん大気汚染もなかった時代には、夜空はこうして見えていたのかもしれない。文明は何を得、何を失ったのかを考えてみることもいい。
2/17 官庁の「基金」が急増しているゾ 今すぐ「埋蔵金」を召し上げろ ゲンダイネット 基金、簡単にいえば事業のために積み立てた貯金だが、役人は、どうもこの基金が好きらしい。予算は単年度で使い切るが基金であれば多年度にわたり使え、事業内容を拡大解釈すれば天下り先などを好きなようにつくれる。白アリがたかる基金、まずこの整理から始めねばなるまい。まあ、野田さんには無理でしょうねえ。
2/17 東電、家庭向け料金値上げ7月への前倒し検討 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 東京電力は家庭向け電気料金の値上げを当初予定の10月から7月に前倒しする検討に入ったそうである。東京電力という会社、原発事故も他人事のように考え、金が足らないから値上げをするという姿勢、これが競争相手がある業界なら、こんな言い草は通らないはず。不思議な会社である。
2/17 どうなる公務員給与削減…協議大詰めも迷走続 どうも何をやってもふらふら迷走する民主党である。消費税増税は不退転の決意だそうだが、地方公務員を含めての公務員給与の削減、まず最初にやらなければならないことである。これができなければ政権の存在理由はない。
2/17 ボロボロ福島原発に直下型地震の危険―間近の断層に不気味な水溜まり (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 首都圏直下型地震も恐ろしいが、昨年の大震災で壊滅的損傷を受けた福島第1原発に直下型地震が起きたらどんな事態になるのであろうか?見かけは冷温停止の状態にあるが、メルトダウンした核燃料が再臨界になったときの結果は想像するだけで恐ろしい。東京が死の街になる、これは現実として目の前にある危機である。
2/17 CNN.co.jp:スペイン・テイデ山で撮影された美しい天の川の映像 スペイン・テイデ山で撮影された美しい天の川の映像、かって電気もなく、夜になれば月明かり、星明りしかなかった時代、もちろん大気汚染もなかった時代には、夜空はこうして見えていたのかもしれない。文明は何を得、何を失ったのかを考えてみることもいい。
2/17 官庁の「基金」が急増しているゾ 今すぐ「埋蔵金」を召し上げろ ゲンダイネット 基金、簡単にいえば事業のために積み立てた貯金だが、役人は、どうもこの基金が好きらしい。予算は単年度で使い切るが基金であれば多年度にわたり使え、事業内容を拡大解釈すれば天下り先などを好きなようにつくれる。白アリがたかる基金、まずこの整理から始めねばなるまい。まあ、野田さんには無理でしょうねえ。
2/16 時事ドットコム:樽床座長私案の全文=選挙制度改革 民主党を中心に国会議員定数削減法案が議論されているが、本当に削減が必要なのか。世界各国の議員数に比べて日本は決して多い方ではない。世界の常識からすればむしろ5割増ししてもおかしくない。問題は有権者数と議員数のバランスである。同時に、議員の歳費の削減である。日本はこの点では突出している。現状の歳費を半減し、その財源をもって議員数を増やす、これにより地域の声をより国会に届ける、こうしたことの方が重要と思われる。
2/16 亀戸天神社:藤まつり:梅まつり 今年は寒波続きのためか各地で梅の開花が遅れている様子。亀戸天神ではまだ咲き始めの状態、今月末頃からかもしれません。
2/16 東電支援「税金寄こせ口出すな」経団連会長デタラメ : J-CASTテレビウォッチ 米倉経団連会長曰く、「国有化してちゃんとした経営になった企業というのは今まで見たことがありません。国有化というのは、とんでもない勘違いをしておられる」、これも一理ある。国有化し役人が経営をしても成り立たない。が、国民の税金をを投入する以上、国が経営権を持たねばならない。いっそのこと会社更生法を適用し、有能な経営者を送り込むのがいいのかもしれない。これで立ち直った企業の例もある。
2/16 まさに国益を左右するTPPと在日米軍再編の行方 米国との2大協議で「戦略的な視野」をいかに持つか|田中均の「世界を見る眼」|ダイヤモンド・オンライン 国会は消費税増税論議が盛んだが、今この国が直面する大問題は、むしろTPPと米軍再編問題である。増税にはまだ時間的余裕はあるが、TPPと米軍再編問題については国の将来の形を決める待ったなしの問題である。政治家諸君、何が大事かよく考えて欲しい思います、
2/16 大地震 みなさん、準備は出来ていますか 「この1年の間に来る」と話す地震学者たち  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 首都圏直下型にくわえて、三陸の沖合で起こるアウターライズ型地震、新潟など中越地震、さらに東海・東南海地震連動地震などどこでいつ大地震がおきてもおかしくない状態。素人考えで申し訳ないが、地震というやつは、どうも思いもよらぬところで起きるような気がする。日本全国、気をつけるに越したことはない。
2/15 メタンハイドレート海洋初産出へ 海底掘削、夜にも着手 - 47NEWS(よんななニュース) これは明るい話題である。発電エネルギーを石油・天然ハス、原子力に頼る日本だが、このメタンハイドレード、商業化が実現すればもっとも有望なエネルギー源になる。国はこういうところに金を使うべきであろう。
2/15 「頼れるジイジへの道」、地域で生かす「祖父力」養成講座始まる/逗子:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社 「頼れるジイジへの道」、昔はジイジは一家の柱であり規範的存在であった。それがいつのまにか家族から疎遠になり、自らの生きる場を失いつつある。頼れるジイジ、そういう老人になりたい。
2/15 "防衛省 辺野古の環境評価で天下り企業の“談合”発覚" 昨年末、防衛省が沖縄県に対して駆け込みで提出した環境影響評価(アセスメント)について談合疑惑が浮上した。その総額、総額86億1400万円、受注業者のうち5社は防衛省の天下り先。その受注額は全体の93.5%。消費税増税の議論の前に白アリを退治するのではなかったか?
2/15 其の9「君子は豹変する」(易経) 自分のことを君子と勘違い 手におえない上司との付き合い|逆境を吹っ飛ばす江上“剛術”―古典に学ぶ処世訓―|ダイヤモンド・オンライン ここにある「豹変オンパレードの野田首相」が読んでおもしろい。彼の主要な政策がマニフェストとは正反対である。これを「君子は豹変する」というのであろうか?「巧言は徳を乱(みだ)る」(論語衛霊公篇)ともある。諸氏はいかが思われる?
2/15 地震情報(各地の震度に関する情報) 気象庁|地震情報 去年の大震災直後、毎日のように出ていた緊急地震警報もおよそ1年が過ぎてあまり聞かれなくなった。実際あの警報の音がするとドキっとする。それはさておき、最近、なんとなく首都圏に有感地震が続いている。多くは茨城県沖、及び茨城県南部だが、どうもこの地域、当初の地震で完全にエネルギーが開放されていないようである。大地震にならねばいいのだが・・・。
2/14 東電支援、経営権が条件 経産相「十分な議決権を」  :日本経済新聞 野幸男経済産業相が東電への公的資金の資本注入に際して「十分な議決権」を東電に要求。国民の税金を使う以上当然のことと思う。一方で、これによって新たな天下り先の温床にならないことを願う。どちらにしても、重要なのは発送電分離の規制緩和である。
2/14 CNN.co.jp:日本に高齢者の「ゲーマー」たち出現、老齢化社会の到来で - (1/2) 以前も一度とりあげたことがあったと思うが、高齢者がゲームセンターでゲームに興じながら時間をつぶす、こういう時代になってきたようである。人の楽しみ方にはいろいろあっていいわけだが、なんとなく何か変なような気がする。昔の高齢者はどうやって時間をつぶしていたのだろうか?
2/14 “橋下新党”次期衆院選で大都市制圧!東京&大阪で議席7割獲得も - 政治・社会 - ZAKZAK 橋下新党の勢いが止まらない。彼が塾長を務め「維新政治塾」には、現職や元職の国会議員、地方議員、中央省庁キャリア官僚、弁護士など、なんと3326人が応募。これらの応募者すべてが橋下新党から衆院選に立候補するわけではなかろうが、このうち100人、200人が当選するとすれば既成政党に政界再編の脅威となろう。
2/14 国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)の黒川清委員長による「行政組織の見直しを含めて提言する国会の事故調が調査をしている最中であるにもかかわらず、(政府が)組織のあり方を定めた法案を決定したことは理解できない」との批判、その通りと思う。野田内閣、ここでも実態は官僚主導である。
2/14 学歴で測れない能力が問われる時代 ゲンダイネット 高度成長経済時代、社会は人材を必要とし、その人材は学歴によって選別された。が、今の時代においては、いかなる大企業であろうとも安定した職場ではなくなっている。学歴は知の素養となるが安定した人生のパスポートではない。
2/13 MISO ONLINE【味噌(みそ)料理レシピ】 いうまでもなく、味噌は、すぐれた健康バランス食である。味噌汁はもちろん、様々な料理につかうことができる万能調味料である。この味噌、普段はスーパーなどで大手メーカーのものを買うが一般的だが全国各地にはそれぞれ特色を持った味噌がある。たまには他の味噌を使うのもいいと思う。
2/13 全国醤油品評会 財団法人日本醤油技術センター 味噌とくれば、やはり醤油ははずせない。全国醤油品評会なるものがあって、各地の醤油を味見して紹介している。品評は「色」・「香り」・「味」について行われ特別優秀なものは賞が与えられる。スーパーの特売でしか買ったことがない方、一度試してみてはいかが?
2/13 アノニマス、CIAのサイト攻撃 国際的ハッカー集団 - 47NEWS(よんななニュース) いったいどういう方法でサイトを攻撃するのかわからないが、世界最大の諜報機関CIAのサイトがハッキングされたというまさに映画のような事件である。これを考えると日本政府のサイトは彼らにとってはガラス張りのようなものかもしれない。情報社会の影の部分である。
2/13 TPP 野田政府はとっくにパンツを脱いでるゾ ゲンダイネット とっくにパンツを脱いでいる野田政府とあるが、官僚お任せの政府なら、実際にパンツを脱いでいるのは役人達である。「日本は高圧的な態度を取れば、簡単に折れる」と米国になめられたものである。幕末ではあるまいに、黒船を恐れて言いなりになる必要はさらさらない。外交ができる政治家はいないのか?
2/13 インタビュー:健康に老いることを目指して 抗加齢ドックに携わる西崎泰弘准教授 オピニオン - 東海イズム - 毎日jp(毎日新聞) 健康に老いる、これこそ高齢者の願いだと思う。あっちが痛い、こっちが調子悪いと医者通いするのも長生きの方法のひとつだが、やはりお迎えがくるまでは健康で明るく生きたいもの。それならば医療費もからずに済む。健康に老いる、考えてみてはいかが?
2/11 民主 東京で生き残れるのは長妻1人 自民 大阪では全滅 ここにおもしろい選挙予想がある。仮にこのままの状態で衆院選挙を行った場合、既成政党で残れそうなのは、民主では長妻昭(7区)、自民では石原伸晃(8区)、小池百合子(10区)、平沢勝栄(17区)、井上信治(25区)だそうである。最終的には、東京の25議席の配分は、第3極18、自民4、民主2、公明1。大阪の19議席は、第3極13、公明4、民主2とのこと。自民党もだめ、民主党もだめ、何故だめなのか、よく考えるべきであろう。
2/11 女優・佐久間良子、大俳優との“不倫”告白!止まらぬ“灼熱の恋” - 芸能 - ZAKZAK 俳優界にあってもっとも硬派と呼ばれていたあの鶴田浩二氏と大女優佐久間良子氏との関係、当時、鶴田浩二氏には妻子があったのだから不倫にはちがいない。瞬時に燃え上がる恋の炎、人間、やはり男の女の仲はわからぬものである。業というべきだろうか。
2/11 NEWSポストセブン|首都直下型地震 2000年以前建築の住宅は地盤の強さに注意 2000年に建築基準法が改正されて、地盤の強さに応じた基礎が必要となったが、それ以前では、地盤調査がなくても建築許可が下りたとのこと。地盤の弱い場所に対策を立てずに建てた家がかなりあるということである。今更、建てた家を持ち上げて杭を打ち直すことはでできないであろうし、できることは地震保険に入ることかもしれない。それにしても困ったものである。
2/11 平野復興相やる気あるのか!「これまでと仕事変わらない」 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 関東大震災では発生の約4週間後(9月27日)、帝都復興院が設置され、総裁の後藤新平により帝都復興計画が提案された。それに対して現政府の復興庁は2月10日(2012年)にようやく発足。さらに他省庁のタテ割り権限はそのままであり、権限を持たない復興庁は絵に描いた餅であろう。役人もそうだが政治家も腐っている。官僚主導の野田内閣には何もできまい。
2/11 風邪の時には抗生物質を飲む。高血圧の人は塩分を控える---それ、違います!間違いだらけの「家庭の医学」2012年版  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 風邪をひけば医者にかかる。医者にかかればたっぷりと薬というお土産をもらって帰ってくる。風邪にはほとんどの医師が抗生物質を処方するが、これが効かないといういうのだ。風邪には養生、滋養と安静保温、これが免疫力と高め快癒につながる。もっとも風邪をひかぬのが一番。
2/10 民主 広報委員長が辞表を提出 NHKニュース 民主党が壊れ始めている。当然であろう。消費税を上げれば消費が落ちる、結果、税収が落ちる。野田政権はこの負のスパイラルに入ろうとしている。議員数を減らして自ら身を削るという。こんな茶番はなかろう。身を削るとは歳費を減らすことである。要するに議員の給料、経費を削ればいい。もちろん、国家公務員・地方公務員のリストラ及び給料カットはいうまでもない。入る金がなければ出る金を削る、これが世の中の常識である。
2/10 花粉警報発令! 東京都・埼玉県・鹿児島県が花粉シーズンに突入 - ねとらぼ いよいよ花粉シーズンの到来である。毎年花粉に悩まされているが、最近、若干症状がやわらいできたような気がする。これは歳のせいだろうか・・・?ともあれ、花粉症の方、早めの治療が肝要です。
2/10 東日本大震災:福島第2原発ルポ 紙一重で大事故回避 建屋、無傷に見えたが /福島 - 毎日jp(毎日新聞) この記事を読んでぞっとした。第1原発は周知と通りだが、第2原発は紙一重で大事故にならなかったという。偶然が味方したのだろうが、偶然は何度も起こらない。ストレステストとは単なる仮想シミュレーションである。それをもって安全という国の神経がわからない。奇跡はなんども起こらない。
2/10 年収1500万円「犯罪検事」をなぜ税金で養うのか ゲンダイネット 検察、警察は本来国民の安全を守り犯罪を摘発し、それをもって犯罪抑制をする機関である。そこには完全ではないにしろ、真実の追究による立証が不可欠である。現在の検察にはその基本的機能を失っているように見える。残念である。
2/10 年収1500万円「犯罪検事」をなぜ税金で養うのか ゲンダイネット 検察、警察は本来国民の安全を守り犯罪を摘発し、それをもって犯罪抑制をする機関である。そこには完全ではないにしろ、真実の追究による立証が不可欠である。現在の検察にはその基本的機能を失っているように見える。残念である。
2/10 日本海側でも「M7」巨大地震を警戒!佐渡で震度5強 - 政治・社会 - ZAKZAK ほとんど毎日といっていいほど各地で有感地震が続いている。多くの地震学者が指摘している今後の大地震発生、これは首都圏、東海・南海だけではなく、全国各地どこで起きておかしくない。特に日本海側で原発が集中する地域は要注意である。
2/9 オリンパス、ファインダー内蔵のクラシック調ミラーレス一眼「OM-D」発表 - デジタル - 日経トレンディネット 先日お知らせしたオリンパスの一眼レフのデジタル版、「OLYMPUS OM-D E-M5」が発表された。カラーはブラックとシルバー、往年のOMシリーズを彷彿させるデザインに好感が持てる。発売日は2012年3月下旬、予想実勢価格はボディー単体が10万5000円前後、標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」が付属するレンズキットが13万円前後、アマチュア写真愛好家にも手が価格設定だと思う。
2/9 息子2人戦死、面目保てた…乃木大将の手紙発見 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 日露戦争で旅順を攻略指揮した陸軍大将、乃木希典の手紙が見つかった。日露戦争で約6万人の死傷者を出すなど多大な犠牲を強いた責任を思い、「弊家ハ小生共一代」とし、天皇陛下や戦死した将兵の遺族に対しては「申譯ナク」とも、さらに、息子2人の戦死については「愚父ノ面目ヲ添ヘタル」と、滅私奉公、これもひとつの覚悟、生き方であろう。
2/9 河北新報 東北のニュース/東電賠償に批判集中 東北旅館組合が福島で検討委 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会の東北ブロック協議会が設置した「賠償対策検討委員会」で福島第1原発事故による観光業の風評被害の賠償に関して、東京電力による賠償が、政府の中間指針で示された範囲をほとんど超えていない現状を訴えた。原発事故と風評被害の因果関係を立証する必要があるとされるが、単純に事故前の月別売り上げ高を補償する、そういうことはできないのであろうか?
2/9 増税反対 ついに「造反」明言 小沢同調議員120人に迫る勢い ゲンダイネット 民主党小沢一郎氏が消費税増税関連法案の採決に「反対」する意向を表明した。同グループもこれに追従する模様である。これは、単なる民主党内の権力闘争ではない。小沢氏と財務省を頂点とする官僚との戦いである。小沢氏は野田総理に対し「増税の前に大改革。もう一度原点を思い起こしてもらいたい」と言う。これほど正論はあるまい。
2/9 武道の必修化 「安全」に不安残る柔道の指導 : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 中学校における武道の必修化が、4月に始まるが、過去、柔道稽古中に死亡を含む重大事故が発生していることを考えれば、見切り発車には大いに不安が残る。多くの場合、事故の原因は、指導者の監督能力の不備、初心者の体力、技量を無視した稽古によるものとされる。柔道の授業を行うのであれば、経験のない体育教師に付け焼刃の指導をもって足りるとするのではなく、少なくとも柔道有段者、指導経験者や医師などの立会いが必要であろう。
2/8 小沢元代表公判:東京地検が地裁の資料照会を拒否 - 毎日jp(毎日新聞) 小沢元代表の公判で、東京地検は元代表を起訴すべきだと議決した東京第5検察審査会に提供した捜査資料リストなどについて、東京地裁の照会に応じないとした。検察が隠そうとしているのは「検察による証拠隠しがあった」並びに「裏金授受を否定した建設業者の事情聴取のメモが多数あるのに、検察審に提供されなかった」などの事実。日本の司法は何かが狂っている。
2/8 岡田氏、地方人件費削減で後退 「自治体判断」 - 47NEWS(よんななニュース) 公務員の総人件費抑制、これは国家公務員だけではなく、地方公務員も含まねばなるまい。これを岡田克也副総理「改革の中身は地方自治の中でそれぞれの自治体が判断することだ」と指摘、確かに模範解答だが、これでは総人件費抑制とはならない。どうも本気で改革をする気がないようである。
2/8 田中防衛相、情けなさスギ〜米軍再編ノータッチ!? - 政治・社会 - ZAKZAK それにしてもである、参院予算委を無断で抜け出し食堂でコーヒーを飲んでいる、豪傑というか極楽とんぼというか、なんといえばいいのか。この田中氏を大臣に任命したのは野田首相である。大臣任命は数合わせではない。恐らくは、田中氏自身がこう思っているだろう。何でオレが防衛大臣なんだ?ゆっくりコーヒーぐらいは飲ませてくれよ!
2/8 データを見れば人口減少の深刻さは自明。 なぜ人口を増やす政策を総動員しないのか|出口治明の提言:日本の優先順位|ダイヤモンド・オンライン 最初にいっておこう。この国の行政は馬鹿そろいである。人口を増やすためには男女二人が夫婦になり二人以上の子供を産み育てることが必要である。そのための雇用、住環境、子育て環境を整備すればいい。この簡単なことやればいい。理屈はいらない。あほな有識者会議もいらない。
2/8 これは何の予兆なのか 琵琶湖・富士山・桜島に 不気味な異変が起きている  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 日本全体が動き出したのかもしれない。昨年の東北大震災以降、日本列島全体が周辺の海底も含めて大きく変化している。地震、噴火を含めて、何が起きても不思議はない状況である。
2/7 驚き!がんワクチン治療最前線|NHK あさイチ 2月6日放送の「あさイチ」で放送されたがん「がんワクチン治療」、患者自身の免疫力を高め、がん細胞を攻撃するもので副作用が少なく、月に数回通院して注射を受けるだけの治療法。現在は臨床試験段階というが、延命に効果があり、患者よってはがん細胞そのものが消失した症例も方向されている。という利便性があります。もはや治療方法なしというがんの患者さんにとって、試してみる価値はじゅうぶんあると思います。
2/7 朝日新聞デジタル:年金試算、週内にも公表へ 野田政権 - 政治 消費税増税について、それが社会保障や年金に使われるのあれば賛成という世論が全体の50%をこえている。だが、これは明らかに政府による世論誘導である。民主党は本来、先の総選挙で特別会計を含めた予算の組み替えを行うことによって社会保障を立て直すと言っていたはずである。その組み換えはいったいどうなっているのか?冷静に考える必要があると思う。
2/7 東京新聞:「阪神」以降、議事録なし 防災相「政府全体の慣習」:政治(TOKYO Web) 政府は阪神大震災以降の災害で設置した対策本部など八つの会議で、議事録が作成していなかった。政府とは行政であり、行政を政治家にかわって実行するのは役人である。その意味では役人が議事録を作っていなかったことになる。こんな馬鹿げたことがあって、役人はいっさい処罰されない。日本という国は、病気である。
2/7 注目の年の差婚 オジサンはなぜ絶倫自慢する? ゲンダイネット 先日再婚を発表したタレントのラサール石井氏は“週2回以上”を宣言とある。これは実にいいことだとおもう。そもそも男が頑張れば夫婦愛も深まり、さらに妻が妊娠可能年齢であれ場、子供も期待できる。男子たるもの、週2回は別にして励まねばなるまい。絶倫とはめでたいものである。
2/7 富士山噴火で首都圏の携帯電話通話不可、飢饉に陥る恐れも - 政治・社会 - ZAKZAK 昨日に続いて、富士山噴火による被害シミュレーションが出てきた。「日本の大動脈である東海道の主要な道路や鉄道は全て崩壊してしまうでしょう。大地震の後に噴火してしまったら、救援物資も届かなくなってしまう。火山灰に弱い飛行機は飛ぶことができず、食料の輸入も難しくなってしまうでしょう。稲作は0.5cm、畑作や畜産は2cm以上の火山灰で1年間収穫が望めない。輸入が絶たれた状況では飢饉が訪れてもおかしくありません」、さらに火砕流が発生した場合の人的被害も出る可能性がある。情報として知っておく必要があると思います。
2/6 在日米軍再編:海兵隊移転、普天間切り離し再編 日米が協議、固定化懸念も - 毎日jp(毎日新聞) 答えのない問題はない・・・その意味で、沖縄の普天間基地移設問題、アメリカ側から答えが出てき始めている。この動きをみると、およそ日本政府の意思がここには見えない。日本の外交とはこういうものである。今から考えると、役人につぶされてしまったが、少なくとも県外といった鳩山氏は、ある意味、沖縄県民の気持ちを汲んでいたといえよう。
2/6 都庁があえて“無視”する東京湾大津波 本当の規模と被害 ゲンダイネット 東京湾で大津波が起きるのか?問題は大津波でなくとも沿岸の工業地帯は津波に対する防備はほとんどないに等しい。まさか起きるはずはないというところにこそ起きるから災害となる。これこそ東北大震災で学んだことである。これを生かすにはどうしたらいいか、今すぐやらねばならない東京都への大きな宿題である。
2/6 NEWSポストセブン|専門家が指摘 「富士山が噴火した9世紀と今は酷似している」 首都圏直下型地震とともに富士山噴火の可能性を言及する専門家の意見が出てきた。富士山の大噴火は歴史もかかれているところ、すぐにではあるまいが、噴火となれば首都圏も大きな被害を受けよう。今後を注視である。
2/6 シリア非難決議は廃案、露中が拒否権…安保理 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 昨年3月以降、およそ5000人以上の市民が政府によってころされているシリアに対して国連安全保障理事会は4日(日本時間5日)、アサド大統領の退陣などを求めたアラブ連盟の主張を支持する内容のシリア非難決議案を採決したが、常任理事国のロシア、中国が拒否権を行使し、廃案となった。要するに他国の国民のいのちより自国の国益を優先させる、これが国際政治の現実である。
2/6 朝日新聞デジタル:TPP、本気度試される日本=米国と7日に初の事前協議 - 国際 TPP交渉で米国の本音が見えてきた。彼らが欲しいのは「自動車」「郵政」「牛肉」「医薬品・医療機器」の4分野、全関税の原則的撤廃と高水準な貿易自由化。問題は高水準な貿易自由化、ここに何を求めているのか、よく見極める必要がなる。幕末の日米通商条約の二の舞になるような気がしてならない。
2/4 東京都と神奈川県、インフルエンザの流行警報を発令 | ライフ | マイナビニュース 東京都と神奈川県が2日、インフルエンザの流行警報をそれぞれ発令、本格的流行期に入ったようである。外出はなるべく控え、外出時にはマスク着用、帰宅時には手洗い、うがいの励行、また部屋の乾燥にも注意が必要である。昔ながらの風邪予防だが、お茶と蜜柑はいいかもしれない。
2/4 “春にもイラン攻撃の可能性” NHKニュース 9.11以降、中東で大規模な軍事行動を行い莫大な戦費を使ってきた米国、イランの核武装問題までが手が回らないのかもしれない。EUも金融危機の中で同様である。そこでである。これによって中東の政治地図は大きく変わるかもしれない。そのとき、日本はいかなる態度をとるのか、野田政権にとって大きな問題となる。
2/4 CNN.co.jp:空飛ぶ夢を実現した「ジェットマン」、次に描く構想は 背中に小型ジェットエンジン4基を積んで、空を自由に飛びまわる、鉄腕アトムのようなジェットマンである。こうした技術、様々な分野に応用が可能だと思う。それにしても、日本では、こうした夢のような技術が何故作られないのか、不思議である。ITにしてもしかり、新しい技術は常識の彼方にある。
2/4 Facebookが2月1日にも上場申請との報道、100億ドル調達へ - ニュース:ITpro Facebookの名前を聞いたことはおありと思う。小生も実は参加している。このFacebook、米国で上場を申請、その結果、時価総額は750億ドル〜1000億ドルになる見込だそうである。1000億ドルとすれば、実に7兆円を超える。日本の大手電機メーカーのほとんどが、今期は記録的赤字という。モノを作らずに情報をメシのたねにする。これもこれからのひとつの方向性かもしれない。
2/4 大反響!憤怒レポート第6弾 公務員の「退職手当債」を許すな! 「役人天国」は老後も血税でウハウハ  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 国も地方の税収難である。そんな事態にあっても公務員は「退職手当債」なるものによって退職金を手当てし支給している。要するに借金をしょて退職金を払っているわけである。およそ一般の企業で、借金を重ねながら退職金を払い続けることは、、まずあるまい。この国は、根本で何かを間違えている。それを正すのが政治家なのだが・・・?
2/3 損壊と火災が危惧される首都直下型地震 重要なのは強い家 - 政治・社会 - ZAKZAK 言われてみればなるほどと思うが、いざ直下型地震が起きた場合に一番重要なのは構造、地盤、耐火ともに強い家である。強い家の中ならば地震の際の家財の移動さえ防げれば、命にかかわる事態とはならない。
2/3 第5回地域危険度測定調査結果/東京都都市整備局 東京都で発表している、地域危険度測定調査結果、地震による倒壊、火災の危険度が都内都市計画区域の5,073町丁目について、ここでわかります。まず、自分の住む町の危険度をここで知ることが重要、それによって対策を!
2/3 知っておくだけで全然違います!M8M9大地震そのとき最悪の場所にいても「生き延びる」方法を教えます  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 地震の際に地下鉄や、高層ビル、海上のモノレールなどにいた場合、さらにはトイレや風呂に閉じ込められた場合などの避難、対処の仕方など、参考になる記事です。
2/3 WILLCOM|イエデンワ WX02A 高齢者の方にとって携帯電話は費用が高い、使い方が難しいなど敬遠されがちですが、このイエデンワ、普通の電話に近いPHS、メリットは誰とでも定額、10分以内なら他の携帯電話、固定電話などほの通話はすべて無料です。これは検討してみてもいいと思います。
2/3 原発すべて止まっても電力足りる!首相官邸が隠し続ける「試算」 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ これは驚きの情報である。昨年、政府の国家戦略室がに出した試算では、今夏の電力は「9%」不足となっているが、別の試算では、逆に2%から6%くらいのプラスになるそうである。政府は何が何でも原発を再稼動させる、そういう意味での試算を行っているようにしか思えない。
2/1 中野美奈子アナ「産む側として言わせてもらう!」人口減少・少子化問題 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 少子化の原因とは単純に考えれば、若い夫婦が安心して子どもを産み育てる環境がないということだと思う。ならばその環境を整備することが急務だろう。子ども手当てという金をバラまけばいいというものではない。
2/1 公務員給与7.8%削減のカラクリ ゲンダイネット 消費税増税の交換条件のようになっている国家公務員の給与削減だが、本来は10兆円の復興財源を確保するために昨年6月に考えられたもの、さらにその実施はわずか2年に限定されたものに過ぎず、実態は行政の無駄削減とは大きくかけ離れた内容である。どうも野田内閣のいうこと、すべてに裏があるようでうっかり信じるととんでもない目にあう、そんな気がする。
2/1 モ〜民主には任せられない!国民欺く“隠蔽体質”に批難ゴウゴウ - 政治・社会 - ZAKZAK 昨年の原発事故の際の放射性物質の拡散予測データの隠蔽、事故に関連連する10会議の議事録の不作成、民主党政権は何故、多くの情報を隠蔽するのか。この答えは、恐らくは、ほとんどの情報が役人によってコントロールされている、以前の自民党政治以上の官僚政治になっているということだろうと思う。このままいけば、日本は潰れる、そんな気がしてきた。
2/1 朝日新聞デジタル:首都圏M7級地震、京大は「5年以内に28%」 - 社会 東大から首都圏直下型地震発生の確率が4年以内で70%というデータが出てきたが、京大からは5年以内に28%というデータが発表された。恐らくは確率計算のための計算方法、条件付け違うのであろう。ともあれ、地震予測は、今の科学では不可能である。我々ができるのは防災準備だけである。
2/1 東京新聞:被ばく基準緩和 NHK番組 原発推進団体が抗議:社会(TOKYO Web) 昨年十二月二十八日、NHKが放送した「追跡!真相ファイル 低線量被ばく 揺れる国際基準」に原発推進団体である「エネルギー戦略研究会」、「日本原子力学会シニア・ネットワーク連絡会」、「エネルギー問題に発言する会」などが抗議したという。まさに懲りない連中である。「原子力は危ないという前提で、編集している」というが、原子力は危なくないと言いたいのだろうか。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2012年2月の掲載



Copyright 爽快倶楽部