TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2011年9月の掲載




9/30 さんま レシピ 198品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが106万品 さんまが旨い季節になってきました。塩焼きにして大根おろしにポン酢でいただく、これがなんとも云えない。もちろん塩焼き以外にも様々な料理法がある。ポイントはどれも、魚の生臭さをとること。ぜひ、お試しあれ!
9/30 MLB=イチロー11年連続200本安打ならず、184で終了| スポーツ| Reuters 残念といえば残念だが、彼が打ち立てた10年連続の200本安打は立派。日本でも少ないこの記録、かの大リーグでの記録である。勝ち負けでいうのは正しくないかもしれないが、連勝はいつか止まるときがくる。ここまで頑張ってきたイチローにまずはお疲れ様とねぎらいたい。
9/30 「二本松産米、出荷しないで」 市にメール相次ぐ(福島民友ニュース) これを聞いてほとんどの農家が悲憤に体が震えると思う。彼らは被害者である。こいう事態は、事故による汚染が拡大し始めた時点から予想できたはずである。このままいけば、およそ福島でとれた農産物の多くに同様のことが起きる可能性がある。国、県は何故早期の耕作地の除染を行ってこなかったのか。今からでも遅くない、徹底した除染を行って、暫定基準ではない法が本来定めて数値にすれば、こうした話もなくなる。この責任は国、県、そしてもちろんの事、東電にある。
9/30 沖縄タイムス | 「チェルノブイリに匹敵」福島・郡山市汚染 琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬氏によれば、福島第1原発事故後の福島市と郡山市の土壌汚染は、チェルノブイリ原発事故(1986年)で子どもへの健康被害が続出したウクライナ・ルギヌイ地区に匹敵する汚染濃度だという。彼の言「住民を『被ばくさせっ放し』の状態に置いている国に対して、国民の健康管理の点で厳しく責任を追及しなければならない」、これを何故、国は真摯に受け取り対策をとらないのか。
9/30 引き揚げ時の通帳、65年ぶり返還 舞鶴の女性に : 京都新聞 いい話である。「終戦後、大陸からの引き揚げ時に国へ預けたままの預金通帳などが28日、大阪税関舞鶴税関支署(舞鶴市松陰)で、65年ぶりに持ち主の樟(たぶのき)康さん(73)=同市森町=に返還された」。さらに、預金通帳などを受け取った樟さんは「私名義の通帳からは親の愛情を感じる」とも。遠い過去の記憶になりつつある戦争、いまだ終わってはいない。なお、引き揚げ者の証券など、26万人分が未返還のままとなっており、3万1千人分を保管する大阪税関は「一日も早く、1人でも多く返還したい」と呼びかけている。問い合わせは舞鶴税関支署TEL0773(75)9116まで。
9/29 【これまでとこれからの「小沢一郎」の話をしよう】石川議員独占インタビュー"  ゲンダイネット  小沢氏元秘書による陸山会事件の有罪判決、大マスコミは嬉々としてこれを伝えたが、判決内容を深く言及する記事はほとんどなかった。裁判所は、その有罪判決理由として状況証拠を挙げた。有罪を立証する証拠のほとんど中でのこの論理展開、法本来の証拠主義を大きく逸脱しているといえよう。何が真実であるのか、これから始まる小沢氏本人の裁判を注視していきたい。
9/29 【東京電力が提出した真っ黒の書類】福島第1原発の「事故時運転操作手順書」−どうやら東電の辞書には誠実、丁寧という言葉がないらしい : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) ここに書かれた「情報を隠すかと思えば過剰に言葉を連ねる。誠実。丁寧。どうやら東電の辞書にはそうした言葉がないらしい。あまりひどいと弁慶も業を煮やし、手に持ったつえを懲らしめに振り上げるかもしれない。」の言、東電という会社はいったいどんな会社であるのか。裏であやつる経産省-東電の電力シンジケートの実態に政治はメスをいれなければなるまい。これができる政治家こそ経産大臣となるべきである。
9/29 一般社団法人福島原発行動隊 | Skilled Veterans Corps for Fukushima 「福島第一原発事故の収束作業に当たる若い世代の放射能被曝を軽減するため、比較的被曝の害の少ない退役技術者・技能者を中心とする高齢者が、長年培った経験と能力を活用し、現場におもむいて行動することを目的として発足」、東電は何故彼らの力を借りないのか。現場作業員をいたずらに被曝させるだけでは事故は収束しまい。
9/29 イトウ釣り日記 イトウという魚、過去にテレビの釣り番組で何度か見たことがあるが、およそ幻の魚といわれている。この方、87cmのイトウを釣った。ご興味の方、参考にしてみては!?
9/29 「生き証人」が語る真実の記録と教訓〜大震災で「生と死」を見つめて 吉田典史 3月11日の大震災から既に半年を過ぎ、人々の心から震災当日に起きた事が少しづつ忘れ去られようとしている。人が、家が、車が流され茫然と見続けるしかなかったあの瞬間、我々は自分の未来として心に刻み付ける必要があろう。また、遅々として進まない被災地の復興、政治の無能と官僚のサボタージュを常に監視せねばならない。
9/28 asahi.com(朝日新聞社):「東電、10%値上げでも資金不足」 政府の調査委試算 - ビジネス・経済 自分で起こした事故による賠償のために電力料金を上げる。要するに事故の金銭的負担はその利用者となる。値上げしなければもちろん債務超過であり、会社更生法の適用を免れない。東電を企業として残すべきか、国の管理下に置くべきか、この議論を今一度する必要があると思う。
9/28 民主内、増税反対根強く : 金融ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 野田内閣から聞こえてくるのは増税のかけ声ばかりである。民主党内の増税反対論、当然であろう。復興財源の必要性はもっともである。また財政再建も、が、もっともである。そもそもムダを徹底的にはぶくと言って政権交代をしたのではなかったか。入るを図る以前に出るを制せねばならない。野田首相は財務省の代弁者に成り下がったのであろうか?
9/28 東京新聞:国民意見「脱原発」が98% 原子力委、大綱議論再開:社会(TOKYO Web) 国と各電力会社は、電力不足を理由として原発稼動継続の姿勢を崩さない。国民は、明らかに脱原発を求めている。「原子力政策大綱」策定会議では、「直ちに廃止」が67%、「段階的に廃止」が31%、その理由として「災害時も含め環境への影響が大きい」「日本は地震国だ」「放射性廃棄物の問題が解決していない」など。国民は常識を失っていない。
9/28 片品村観光協会 尾瀬情報 10月に入れば尾瀬ヶ原一帯の草紅葉が始まる。青々とした夏の尾瀬とは違った幽玄な風景が現れる。現在、朝夕は既に10度を割るようである。尾瀬ハイキングには防寒装備が必携となる。
9/28 玉名郡長洲町で除霊行為 女子中学生を死亡させた僧侶と父親が逮捕 TKUテレビ熊本 信教の自由は憲法が定めるところである。が、仮にその名の下であれ人を死にいたらしめる行為は決して許されるものではない。「除霊行為」した教会の僧侶はもちろん、それを依頼した父親の行為は厳罰に価しよう。
9/27 奥蓼科温泉、国民宿舎 渋御殿湯 忙中閑あり、というが、毎日が日曜日の方にもぜひともおすすめしたいのが八ヶ岳山麓の温泉。「信玄公の隠し湯」とも呼ばれる名湯、渋長寿湯・渋御殿湯・上り湯の3つの浴槽、中でも長寿湯は源泉の上に造られ、底から湯が湧く、足元湧出の名湯である。
9/27 中日新聞:上関町長選 原発マネーと別れよう:社説(CHUNICHI Web) 山口県上関町長選で推進派の現職が三選した。原発によって町起こしはできたのだろうか? 原発誘致表明後、町税収入二億五千万円の上関町に、計四十五億円の交付金のほか、中国電力から多額の寄付金が支給されたという。が、それでも当時約七千人いた人口は半減した。原発マネー、その実態の一つがここにある。
9/27 河北新報 東北のニュース/原発風評で土湯温泉ピンチ 一般客激減、5軒が廃業 福島 故なき誹謗と中傷、それを風評というのかもしれないが、明確な事実があれば、風評などは存在しないはずである。原発事故以降、多くの分野で人々が風評で苦しんでいる。国は暫定基準などのまやかしを用いず、法本来のあるいは国際的に認められた基準の下で安全宣言を出すべきである。それがなければ、こうした事態はなくなるまい。
9/27 鍋レシピ/【味の素KK】レシピ大百科/料理レシピ  ここ2〜3日、朝夕は半袖では肌寒いくらいの陽気、こういう時期になれば、そろそろ鍋料理が食べたくなってくる。まずはて手間いらずのたらちりや鳥の水炊きなどはいかが?
9/27 渡辺喜美(みんなの党代表)×長谷川幸洋(東京新聞論説委員) 「政府も日銀も二番底への危機感が足りない」  | 永田町ディープスロート | 現代ビジネス [講談社] 円安、言い換えればドル安にはりついたまま動かない。EUで進行している経済危機もそれに拍車をかける。2番底、実際に起きれば増税とのダブルパンチで国内経済は瀕死となる可能性がある。復興のための増税というが、このままでは日本全体を復興しなければならなくなる。
9/26 「大関・琴奨菊」28日誕生!審判部が理事会開催を要請 ― スポニチ Sponichi Annex 相撲 久々の明るい話題、東関脇琴奨菊(福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋)の大関昇進が秋場所千秋楽の25日、事実上決まった。この勢いでさらに頑張り、ぜひとも横綱を目指して欲しい。
9/26 【クルマ人】追随許さぬ低燃費&低価格の両立 ダイハツ「イース」開発の上田氏 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 燃料電池とガソリンによるハイブリッド車がブームになっているが、ダイハツの新型軽自動車「ミラ イース」、ガソリン車で最高となる1リットル当たり30キロの低燃費を実現、さらに79万5000円という低価格で販売。日本の技術、やればできる!
9/26 現代物理学への挑戦…光より速いニュートリノ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 「ニュートリノは光よりも速かった」と名古屋大をはじめとする11か国の国際研究グループが実験結果を発表。アインシュタインの特殊相対性理論がいう「光速は超えられない」理論を覆す可能性が出てくる。これによって宇宙理論の大きく変わるかもしれません。
9/26 作業員の告白「いまだ1万ミリシーベルト検出!作業拒否が続出」 6ヵ月経った今も混乱が!劣悪な宿泊環境、 素人投入で増す負担、タダ働きの人も | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 安定化してきたといわれる福島原発、その作業現場の実態は、「人手が足りず、最近では原発で仕事をしたことのないような素人でも、東電はフクイチ(福島第一の通称)の作業員として大量に採用しています。彼らは、放射能への警戒心が薄い。平気で汚染された瓦礫を触ろうとし、中には原子炉建屋の見える高台で記念撮影をする者もいるんです。そんな緊張感のない作業員が増えたから、現場は混乱する一方です。防護服の着方など、彼らに原発作業のイロハを教えるだけで疲弊しています」とのこと。配管に水素が充満しているいう報告もある、本当にだいじょうぶなんでしょうか?
9/26 信濃毎日新聞[信毎web] 北アルプスで遭難相次ぐ 女性1人死亡、4人重軽傷 前穂高岳北尾根4峰(標高約2900メートル)で中高年パーティが相次いで遭難。前穂高岳北尾根は本来クライミング対象のコース、はたして登山経験はいかほどであったろうか。また、穂高など高い山はそろそろ冠雪の時期を迎える。登山道の凍結も含めて最大限の注意が必要である。
9/24 俳優の杉浦直樹さん死去 79歳、肺腺がんで - 47NEWS(よんななニュース) 俳優の杉浦直樹氏が亡くなった、79歳。日活の「俺は待ってるぜ」で映画デビュー、「錆びたナイフ」の悪役で注目された。その後「岸辺のアルバム」「父の詫び状」などのテレビドラマや映画、舞台など多数出演、特に向田邦子の「あ・うん」(NHK)での名演技を記憶されている方は多いと思う。いい役者だった。
9/24 こんなものは要らないっ!野田首相がゴリ押し「超豪華公務員住宅」建設ラッシュ 36階建てタワーマンションから 3LDKで3万5000円など豪華 激安! | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] どうしてなのか、政権が変わろうと、結局は官僚主導の政治となってしまう。「事業仕分けの凍結判定となった埼玉県朝霞市での国家公務員宿舎建設工事が再開された。これをなんと考えればいいのか。
9/24 asahi.com(朝日新聞社):第3次補正は11兆円超 増税期間10年に 民主方針 - 政治 公務員宿舎は作る、増税はする。今ややりたい放題の財務省。増税の前にやるべきことはいくらでもある、そう言うことに空しささへおぼえる。政治主導をうたった菅内閣は官僚のサボタージュの下に既に沈没、新野田内閣は政策丸投げ状態。どうにもなりませんな。
9/24 小出裕章が語る、原発のコストの話。原発やめれば電気料金が下がる。 9/21(1/2):ざまあみやがれい! 、原発をやめれば電気料金が下がる!?ここに書かれている立命館大学・大島堅一の原子力政策大綱見直しの必要性について ─費用論からの問題提起─は一読の価値ありと思います。一方で火力を再稼動させれば電力は不足しないという指摘もあり、それでも電気料金は安くなる。本当にそうなら、いままでの政府の説明は何だっただろう。やらせ、事故隠蔽、データ改ざん、それでもなお原発は安全、安いと信じろというのか。
9/24 「放射能汚染食品」はいつの間にここまで増えたのか? 買い控えから自己防衛へと移り始めた“食卓の常識”|News&Analysis|ダイヤモンド・オンライン かっては農薬による食品汚染の危険性がいわれていたが、原発事故以降、東北・関東のほとんど食品は多かれ少なかれ汚染されてしまった。国は汚染基準の許容限度を上げて安全をうたうことに必死である。子どものいるご家庭、国を信じていると子どもが将来発ガンの可能性が高まるという多くの専門家が指摘います。まずは食卓の自己防衛から。財団法人・原子力環境整備センターの「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」もご参考に。
9/22 福島民報:福島県の新聞社:ニュース|論説・あぶくま抄 「専門家が事故後に口にした「想定外」が、実は「想定内」だったことが次第に分かってきた。イタリアでは大地震の兆候を見過ごした学者の刑事裁判が始まった。日本なら学者以外にも責任を取るべき人が多すぎて、被告席は窮屈になりそうだ。」、これが実感だと思う。福島地元紙の言、その無念さはいかばかりであろう。
9/22 福島第1、地下水5百トン流入か 壁ひび割れ、建屋に - 47NEWS(よんななニュース) 年内に冷温停止状態を実現と収束に向かっているような報告が政府からなされた。一方で、原子炉建屋やタービン建屋の地下に、1日当たり200〜500トンの地下水が流入していると発表。これを報道するマスコミに言いたい。地下水が500トン、そんな水脈がどこにある?これは冷却に使っている水がじゃじゃ漏れしているに過ぎないのではないか? 政府、東電は、いまだに何かを隠している。
9/22 【陸山会裁判26日判決】(上) 小沢秘書3人は無罪なのか有罪なのか ゲンダイネット 小沢叩きに躍起なマスコミ、そして、それにまんまと乗せられた世論、この裁判、無罪になったらどうするのであろうか。小沢問題は、小沢という政治家と官僚・検察との戦いである。本質を見誤ってはならない。
9/22 みんなの鎌倉遠足 初秋の鎌倉散歩に出かけるのもいいと思います。常楽寺でご法話をいただき、特別拝観のあと旧鎌倉道の一部を歩いてたどり建長寺へ。建長寺ではご法話、特別拝観、そして庫裏でいただく鉢の木の精進料理。建長寺が元祖といわれる「建長汁(けんちんじる)」、禅宗文化にふれ、往時を堪能してみるのも楽しいと思います。
9/22 On the top of Burj Khalifa's spire- YouTube 世界一高いビルの一番上から見た景色がこれ、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」、全高(尖塔高)828.0 m、軒高(ビル本体の屋根の地上高)636.0 m、160階建て。
9/21 asahi.com:原子力利用「継続が前提」-マイタウン福岡・北九州 学者、あるいは技術者にとって学理や技術がはたして自分の手におえるかどうか、常に疑問を持っているはずである。それが核に関わるものであるならば、より慎重でなければならぬ。アインシュタインは1945年にこう言っている。「原子力が将来、人類に大きな恵みをもたらすとは 今の私には考えにくいのです。原子力は脅威です」、学者諸氏、核兵器と原発は根っこは一緒である事を改めて自問してはどうか。論語に「子曰、由、誨女知之乎、知之為知之、不知為不知、是知也。」とある。
9/21 衛星部品26個・計五百キロ超…23日前後落下 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 20年前に打ち上げられたNASAの大気観測衛星「UARS」が23日前後に大気圏に再突入し、その破片が地球上に落下するという。予想落下地点は日本を含む北緯57度から南緯57度の広い範囲、これで破片が誰かにぶつかる確率は3200分の1だそうである。
9/21 中日新聞:中日春秋:コラム(CHUNICHI Web) このコラムにある、失われた未来、その通りだと思う。政府も東電もあまりに事を安易に考えていないだろうか?「人間の営みが未来の時間を破壊した。日本では、おそらくはじめて・・・」。これが理性であろうと思う。奪い取った福島の人々の未来、その重さを感じてとって欲しい。
9/21 台風15号:近畿、東海で今後24時間に500ミリの大雨 - 毎日jp(毎日新聞) 昨日、お伝えした台風、とんでもない雨量が予想されています。コース上の地域の方、警戒情報、避難情報に注意が必要です。
9/21 「この商店街のそばに住みたい」 暮らしやすい街の絶対条件 砂町銀座商店街、ハッピーロード大山商店街が理想モデル | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 昔は何でも町の商店で買った。家を出てちょっと行けば店があった。それがスーパーにとってかわり、コンビニになった。老いて夫婦二人の生活、それほど量を食べるわけではない。昔ながら量り売り、卵も二個、三個と買える店が復活して欲しいと思う。できれば御用聞きなどがあれば、足の弱った老人の家には便利だろう。
9/20 原発事故、首都圏も避難対象 菅氏、最悪予測で3千万人 - 47NEWS(よんななニュース) 菅直人前首相が共同通信のインタビューで、3月11日の東京電力福島第1原発事故発生時、最悪のケースでは東京を含む首都圏の3千万人も避難対象になるとの予想をしていた。東京がゴーストタウンになる首都の機能はもちろん、国家の機能も失う。原発事故がもたらすもの、安全かどうかを議論すべきかどうかのレベルを超えている。
9/20 中国鉄道事故より悪質な日本の事故隠蔽 時事ドットコム:Foresightコンテンツ−新潮社ニュースマガジン 原発事故が起きてから半年を過ぎ、その間、徐々にじこの真実が見えてきた。日本の原子力政策、およそすべてが隠蔽とやらせの歴史だった。それでもなお、原発は必要だという声が少なくない。原発の真実、国民はまずそれを知る必要がある。今回の事故責任、何故、検察が動かないのか。福島県民の多くを被曝させた事実、国、東京電力ともに傷害罪の被疑者の資格十分である。
9/20 メルトアウト「核燃料」地下水直撃の恐怖! メルトスルーを超える最悪の事態 東電はこの可能性を隠していないか! | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 「循環冷却システム」をしきりに喧伝している国と東電だが、メルトダウンした核燃料は今どきにあるのか、原子炉建屋の地下で起こりうる恐ろしい現実≠専門家が指摘する。危機は去ったわけではない。
9/20 原発ゼロでは経済停滞…福井4首長が国に訴えへ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 原発14基が立地する福井県の敦賀、美浜、おおい、高浜の4市町でつくる同県原子力発電所所在市町協議会が、原子力発電を今後も重要なエネルギー源として位置づけるよう、国に求める方針を決めたという。原発なくして、自治体の歳入、地元の雇用、経済を賄えないというのが、その理由。経済を優先すべきか、郷土、住民の健康を優先すべきか、問題は深刻である。大都市圏と地方、国の形を変えねば、この問題は解決しない。
9/20 台風15・16号:沖縄から西日本、東北は大雨 - 毎日jp(毎日新聞) 今年は、まさに自然災害続きの年である。大震災、台風による土砂災害、まだまだ自然の猛威は続くそうである。今後の台風の動きに注意が必要です。
9/17 財務相 複数の復興増税案提示へ NHKニュース 結局は増税ですか。円高で国内企業が青息吐息の中、さらに長く続くデフレ状態で増税すれば経済はさらに悪くなることは自明の理。自分たちのふところは痛めず、金が足らなくなれば増税する、これが日本の政治、芸がねえなあ!
9/17 高齢者、23・3%と過去最高 2980万人に - 47NEWS(よんななニュース) 65歳以上の高齢者人口が15日現在で前年比24万人増の2980万人、総人口に占める割合は0・2ポイント増の23・3%となった。80歳以上の人口は866万人。極端に云えばおよそ3000万人が年金で暮らしている。いっそのこと定年を70歳まであげるというのはどうだろうか?高齢者、体力は劣るが経験と知恵がある。
9/17 緊急レポート 福島の学校プールが 「放射性物質の溜め池になっている」  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] 福島のプールが放射性物質の溜池になっている。この夏、本来ならプールから子どもたちの歓声が聞こえたはずである。それしても、ここで書かれている文科省の対応、はっきり言って話にならない。文科省の云う事は信じてはいけない。
9/17 【第1回】 なぜ、普通の成績だった子の8割が“全国トップクラス”に、塾生の5人に1人が“学力日本一”になったのか?|「国語は暗記」で学力日本一が続出!? すべての成績は国語力で9割決まる|ダイヤモンド・オンライン 勉強の良し悪しが大人になってからの人生を決めるわけではないが、成績がよければそれなりに選択肢は増える。孫の成績はどうだろうかとご心配なご家庭、勉強の肝は「国語」だそうである。ご参考に。
9/17 夫から、もう女として見れないと言われました。 - 夫婦・家族 - 教えて!goo このケース、夫婦ともに30代でのセックスレスということだが、高齢とともなれば、およそ夜の性生活とは縁遠くなる。そもそもセックスとは、男と女がより沿って寝れば自然と行うもの。その意味では、ひとつの布団、ベッドで寝ることがよいのかもしれない。一茶のようにはいかぬものの、諸君、夜の生活、励もうではないか。過度にならなければ、女房殿も喜んでいただけるにちがいない。
9/16 児玉龍彦教授激白「国民総出で妊婦と子供を守れ!」 原子力行政を批判し、除染活動を続ける 東大アイソトープ総合センター長に密着 | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]  今、日本がおかれている状況、「国民総出で妊婦と子供を守れ!」」、この通りだと思う。御用学者は安全といい政府はほとんど何の手もうってこなかったこの半年、女性は、子どもたちはどれほどの被曝にさらされてきたのだろう。
9/16 福島第1原発:収束いまだ見えず 事故から半年 - 毎日jp(毎日新聞) 最近、原発関連の報道が少なくなってきた。事故の収束にどれほど進展しているのか。汚染水の循環、安定冷却、実際に現場の人々の献身的作業の結果だろう。が、炉心の状態は誰も見ていない。その中で何が起き、これから何が起きようとしているのかさえ知る事もできない。この事故の処理に東電一社でまかないきれぬ莫大な費用と恐らくは数十年かかることを覚悟せねばなるまい。マスメディアの諸君に伝えたい。事実を、真実を自分で掘り起こし取材して伝えることこそ、ジャーナリズムではないのか?
9/16 朝日がん大賞 対がん協会賞 福島県立医科大学副学長の山下俊一氏が「朝日がん大賞」を受賞したという。彼はこういう。「200万人の福島県民すべてが被験者です。科学界に記録を打ち立てる大事業になるでしょう」「逃げるか残るか、決めるのはその人自身です」「福島の子供たち36万人の甲状腺を調べる。チェルノブイリの調査では、被曝から発がんまで5年かかることがわかった」かっては「福島の放射線量は全く心配ない」「子供たちも外でどんどん遊んでいい」「年間100ミリシーベルトまで安全」と言ってきた。そして、最近は「100ミリシーベルト以下は何とも言えない」と言っている。朝日新聞は本気で彼を賞に価すると思ったのだろうか?
9/16 ロシア・北朝鮮軍 合同訓練へ NHKニュース 震災、原発事故、円安対応に追われる日本だが、日本海の対岸では、ロシアと北朝鮮の軍が、来年にも海難救助など合同で訓練を行う予定である。これが極東地域の安全保障にいかに影響を与えるか、考え対策を実行すべきときと思う。軍事は最も高度な政治判断を要する。
9/16 梨のレシピ - 料理レシピ | E・レシピ 昨日梨の話題をお知らせしましたが、梨は、そのままでもいただけますが、サラダに使ってもおいしくいただけます。梨サラダ、ぜひお試しを!
9/15 当事者が初めて語った「放射能失言」の裏側!鉢呂経産大臣は原発村を揺るがす 「原発エネルギー政策見直し人事」 の発表寸前だった  | 長谷川幸洋「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社] 放射能失言で辞任した鉢呂前経産大臣、その辞任の裏側をさぐってみると、原発村を揺るがす「原発エネルギー政策見直し人事」が見えてきた。経産省の総合資源エネルギー調査会の委員を全部で15人のうち3人が原発反対派で残りの12人が賛成派、に対して、あと9人から10人は反対派を加えて、反対派を合計12、3人にするこの計画、悪くはないと思うが、役人の大反対で辞任−頓挫という構図が見えてくる。それにしても「死の町」、少なくとも3Km以内は間違いなく「死の町」である。それを言ってどこが悪いのか。死の町にしたのは誰か、その事実を隠しているのは誰か?
9/15 【原発の不都合な真実】6回続きの(1) 原発は温暖化対策に役立たない : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) 原発推進の理由に発電コストの安さがあったが、今回の事故による途方もに補償や使用済み核燃料処理コストをいれるとその意味を失った。一方温暖化に寄与するという理由があるが、CO2削減をまともにやっているのは日本だけであり、最大の排出国である米国、中国はそれに従わない。石油資源はたしかにないが、それに変わる資源が登場しつつある。原発を続くける理由がどこにあるのだろうか?
9/15 日本全国秋の味覚狩りスポット400 果物の秋である。ぶどう、なし、くり、いちじく、やがてりんごが出てくる。果物はやはり農園でもぎたてが一番おいしい。秋の味覚狩りに出かけてみてはいかが?
9/15 東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのか - 政治・社会 - ZAKZAK 不思議なことがあるものである。福島第1原発から約180キロ離れた岩手県奥州市の前沢下水浄化センターの汚泥から高濃度の放射性物質「ヨウ素131」が検出された。さらに200キロ以上離れた東京都の各下水処理施設で採取された汚泥に含まれるヨウ素131の濃度が上った。ヨウ素の半減期は8日、検出日の直前に何かが起きたはずである。これはいったいどこから出たのか?
9/15 鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館 〜山陰観光なら鳥取県民の誇り二十世紀梨のテーマパークへ〜 冷えたなしが実にうまい。噛むとサクっとした食感のあとにほのかに甘い果汁が口の中にひろがる。今が旬のなし、ぜひ召し上がれ!
9/11 NHK【ETV特集】「アメリカから見た福島原発事故」9月11日(日)夜10時 再放送 8月14日(日)に放送されて大きな反響をよんだ特集です。アメリカは今回の福島原発事故をどう見ているのか、電源喪失の事態は予測可能であったのか。政府、東電の見解は果たして正しいのか、そうしたことに疑問を投げかける内容となっています。まだ見ていない人に、ぜひご覧になっていただきたいと思う。
9/9 中日新聞:電力制限解除 脱原発で省エネ強化を:社説(CHUNICHI Web) この社説に「経済界から「停止が長引けば工場を海外に移さざるを得なくなる」と脅しともとれる不満が聞こえてくるが、経団連や日本商工会議所に深刻な事態が報告された形跡はない。なぜ、放射性物質をまき散らす危険性が潜む原発にこだわるのか。」とあった。福島原発以降、経団連の発言にはあまりにも国民感情を無視するところがあった。大会社の社長は、いつのまにか、企業は国民によって支えられていることを忘れてしまっているようでもある。
9/9 「除染、内閣の最重要課題」 鹿野農相飯舘村視察し示す 福島民報 鹿野道彦農林水産相による発言「除染は内閣の最重要課題。地元の気持ちを受け止め、住民が一刻も早く戻れる状況をつくりたい」、ぜひ、その言の通りに実行しもらいたい。農家にとって先祖伝来の田や畑は命の糧である。事故以前のきれいな水、空気、大地にもどすこと、これなくしては原発事故被曝地の再生はない。
9/9 武田邦彦 (中部大学): 一関市長さんへのご返事 一人の学者の発言に対して岩手県一関市長から抗議がなされた。「あなたが、9月4日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」に出演中、一関市の名前を出しながら、今生産するのが間違っているとか、畑に青酸カリが撒かれた、青酸カリをのけてから植えてくれ、東北の野菜とか牛肉を食べたら健康を壊す、などと発言したことに対して、地元自治体の首長として強く抗議します。あなたは、発言を取り消すつもりはないとも語っていましたが、本当に取り消す考えはないんですか。それを確認の上、今後の対応を考えていきます。」、市の経済、市民の生活をいわれなき風評被害から守る、市長として当然である。それを防ぐためには法で定めた基準値に対して汚染度を明確に表示し、もし高ければ、まずその除染を徹底して行う、それが自治体の役目だろう。風評被害をなくすことは人の口を閉じさせることではない。東京電力が撒き散らした放射性物質について、いわば被害者同士が対立する、悲しいことである。
9/9 完全保存版 病気の値段|カラダStyle for MEN|現代ビジネス 金で命が買えるわけではないが、いざ病気というとき、やはり金がものをいう。がん、脳梗塞、心筋梗塞など治療にはそれなりの費用がかかる。高度医療を行えばさらに費用はかさむ。また、病室によっての差額ベッド代もバカにならない。いざ病気入院というときのための保険、大事である。
9/9 NEWSポストセブン|菅氏指示の福島原発ヘリ放水 米政府は絶望的気分味わった ここにおもしろい指摘がある。「自衛隊のヘリが福島第一原発3号機に注水したときには、〈日本という大きな国家がなし得ることがヘリ一機による放水に過ぎなかったことに米政府は絶望的な気分さえ味わった〉と書いています。このままでは同盟国である日本が壊滅し、米国にとっても戦略に関わる大きな危機だということで真剣に作戦に乗り出したのが真相だったというのです。」、日本の政府とは、国家とはこんなものだったのか、あまりにも児戯に等しい。あらためて絶望を禁じえない。
9/8 FNNニュース: 台風12号による死者... 台風12号の被害は、死者・行方不明者が100人を超えた。昭和の時代には防災に手が回らず、多くの被害を出したこともあったが、平成となっては初めてである。地球規模で気候が変動している現在、過去の防災では役に立たないのかもしれない。田中時代の列島改造論ではないが、防災を軸として公共事業を大々的に推進するということも考える必要があるかもしれない。それによって一定の景気浮揚も望めよう。つまらぬ箱物はいらないが、国民の命を守る公共事業はどんどんやるべし!
9/8 東京新聞:原発周辺対象 電気代の一部現金給付 天下り法人 独占受注:社会(TOKYO Web) 民主党が政権交代をはたした時の公約に公務員改革があった。そして今、それはどれだけの実績を上げただろうか?日本の政治はもちろん、財政再建、震災復興、未来への希望は公務員制度改革にある。財務省主導の野田内閣で、はたしてkれができるのか?
9/8 「仕分けで凍結」だったのに 国家公務員宿舎の建設再開 (1/3) : J-CASTニュース 震災、原発事故で前菅内閣が右往左往している間に、役人はやりいたい放題である。あの仕分けはいったいなんだったのか?結局は財務省が用意した政治バラエティショーの終わってしまった。情けねえ!
9/8 asahi.com(朝日新聞社):南相馬のクリから放射性セシウム 福島県、出荷自粛要請 - 社会 今度はクリから放射性セシウムが検出された。考えてみれば当然である。日本中の農産物が今回の原発事故が多かれ少なかれ汚染されている。日本は、3月11日を持って汚染列島になったことを知っておく必要がある。内部被曝の安全基準を定め、必要であれば含有放射性物質のベクレル値表示を義務付ける必要があろう。
9/8 佐賀県の大吟醸が最優秀賞 国外最大の日本酒品評会 - 47NEWS(よんななニュース) そろそろ日本酒が旨い季節になってきた。ロンドンで開かれたインターナショナル・ワイン・チャレンジで、日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」に富久千代酒造(佐賀県鹿島市)の「鍋島 大吟醸」が選ばれた。はたしてどんな味であろうか?ぜひ、お試しを!
9/7 NEWSポストセブン|認知症治療新薬3種発売 600万人の日本の認知症患者に期待 認知症の方がいるご家庭には一つの朗報だと思います。欧米では10年ほど前から使用されていた新薬、日本は治験が遅れ今年、発売となったもの。薬名はのみ薬の『レミニール』(ヤンセンファーマ・武田薬品)と『メマリー』(第一三共)、パッチ剤の『イクセロンパッチ/リバスタッチパッチ』(ノバルティスファーマ/小野薬品。販売元によって商品名が異なる)。新薬を処方された患者やその家族からはからは「頭がすっきりした」、「一日ボーッとしていたのに、好きだったテレビ番組を見るようになった」という報告があるようです。医師に聞いてみてはいかが?
9/7 【あなたの街は大丈夫か 次の巨大地震はここだ】藤沢や平塚を震度7が襲う ゲンダイネット 3月の東北大震災以降、日本列島、どこで大地震が起きてもおかしくないといわれてきた。が、およそ半年たった今、その警戒感が薄れてきているように思う。大震災は必ず来ます。来る事は避けられないが、被害を最小限にとどめることはできる。大震災で生き残るのは自分次第です。
9/7 青森が驚いた鉢呂経産相の原発工事再開慎重発言 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 鉢呂経済産業相は、東京電力福島第一原発事故の影響で建設が中断している大間原発(青森県大間町)の工事再開について、「今後検討していく」として慎重に対応する考えを表明。原発建設は巨大な金を立地自治体に落とし、雇用を創出する。やむにやまれぬ事情で、受け入れを望む現実も合わせて考えねばなるまいと思う。
9/7 地震解析ラボ 「〈2011年8月17日を中心とした14日~21日の間に、東北地方に少なからず被害が発生する地震が(発生すると)予測される。内陸部が震源の場合はマグニチュード5.5以上、海域が震源の場合はマグニチュード6.0以上。震源の深さは30km未満〉」の予測に対して、気象庁の19日のは発表は「震源の深さは約20km、地震の規模を示すマグニチュードは6.8と推定される」。注目すべき地震予知の新しい観測技術です。
9/7 【予約受付中】「極上の会津」シニアスペシャル2泊3日の旅 会津バス 会津乗合自動車株式会社 会津からプレスリリースが届きました。「会津一番の自慢は、その恵まれた自然です。春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪、四季それぞれに良さがあります。3月、その会津も、東北の街の一つとして大震災の怖さを体験し、住民も心に傷を負いました。原発事故以降、街中が風評被害で揺れています。山の緑は濃く、空も青く、今日も何も変わらぬ会津なのに....そんな会津にお越しいただくために、極上の旅をご用意しました。各部屋露天風呂付き宿、登録有形文化財の宿 ....夕食後のひと時は、専門家による会津の歴史講演 ....普段は楽しむことができない御薬園での薬膳料理 ....紅葉に包まれた五色沼を散策 ....少し贅沢な、1班10名様だけの旅 今も昔のままの“秋の会津”をお楽しみ下さい。」、「極上の会津」シニアスペシャル2泊3日の旅」、出かけてみてはいかが?
9/6 【台風12号】次は北海道が危険 記録的大雨の恐れ - MSN産経ニュース 四国、中国、関西地方の大きな被害をもたらした台風12号がいまだに猛威をふるっている。温帯低気圧に変わったというものの豪雨には警戒が必要。それにしても東北大震災、原発事故、そして台風被害、その復興には金はいくらあってもたらない。増税論議もいいが、国を総予算はおよそ200兆円、そこから20〜30兆円を引っぱってくる剛腕政治家はいないものか?
9/6 FNNニュース: 小宮山厚労相、たばこ増税の考え示す 1年ごとに100円ずつ値上げし、3年で700円台に 小宮山厚生労働相が、1年ごとに、たばこ1箱あたり100円ずつ値上げし、3年で700円台にしたいと表明。700円ならば、真剣に禁煙を考える人は多くなると思う。
9/6 asahi.com(朝日新聞社):首都圏で除染の動き広がる 住民の声受け国に先行 - 社会 福島原発事故からおよそ6ヶ月が経とうとしているが、国は、相変わらず健康被害はないと繰り返し、除染する気持ちはさらさらないように見える。これはかっての水俣病やチッソなどの公害と同じように思う。被害が拡大してからはじめて対策をとる。子どもたちを守るには、国に期待せず、町内会単位で掃除日のように日をきめて住民がガンバルしかない。
9/6 森林の除染、手付かず 平地より山間部が高線量 放置すれば汚染源に : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) 農産物の汚染が問題となっているが、森林地域の汚染は、これからより深刻になってくる。雨が降り山肌を洗い、放射性物質が川に流れ込んでくる。その水が田畑に入る。農家が汗水たらして作った作物が汚染される、この悪循環をどこかで断たねばなるまい。
9/6 シニア女性、華麗に変身…下着で若返る 50〜60歳代以上の女性向けの下着に注目です。着けると「背筋が伸びた」「体を動かしやすくなった」などの効果が期待できるととんこと。もちろん体の線もキレイに見せてくれう下着、着けてみてはいかが?
9/5 バスツアーを探す|クラブツーリズム 早いもので、暑い暑いといいながらも、秋風が吹く季節となった。あと四ヶ月もすれば正月である。歳をとると1年はあっというまに過ぎてゆく。それはさておき、初秋の味を求めてバスツアーはいかが?ご夫婦、友達どうしで一日楽しめると思います。
9/5 群馬県水上温泉観光ガイド-アウトドア情報も満載まるごとみなかみ 夏山の喧騒は過ぎ去って、これからはじっくりと山歩きが楽しめる季節です。ロープウィエイを利用すればおよそ3時間で谷川岳に登ることができます。10月初旬には降雪がることがあるので9月中に登るのがおすすめです。
9/5 富士山なめていた…軽装登山の大学生ら4人救助 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 若気のいたりといえば、それだけのことですが、富士山に限るず三千米級の高山は真夏でも天候によっては10度以下になり、強風であれば体感温度はさらに下がります。秋口の富士山は、特に低気圧の接近に注意が必要です。防寒服、雨具は必携です。
9/5 セシウム汚染:野生キノコから高濃度を検出 福島・棚倉町 - 毎日jp(毎日新聞) 福島県の野生キノコから暫定規制値(同500ベクレル)の56倍のセシウムが検出されました。これではとても秋のキノコ狩りなどには行けまい。さらに、セシウム汚染:製茶から基準超を検出 埼玉と千葉県産 - 毎日jp(毎日新聞)という報告もある。原発事故による放射能汚染、少なくともこれから20〜30年は覚悟する必要がある。
9/5 asahi.com(朝日新聞社):「ゲーセン」いまや常連はお年寄り シニアサービス充実 - 社会 以前、一度とり上げたゲームセンターが、今やお年寄りも楽しめる「憩いの場」になりつつあるとのこと。高齢者のための公共施設などもあるあるが、気軽に仲間たちと話ができ、時間がつぶせるゲームセンター、いっそのこと公共施設の中に作ってはいかが?孫と一緒に楽しめる公共ゲーセン、こんなサービスもあってもいいと思います。
9/3 脳卒中まひ、数年後も改善健康な側の脳活動を抑制磁気刺激治療法を開発 医療新世紀 - 47NEWS(よんななニュース) 脳卒中でまひした方に注目すべき療法が開発された。一般的に、リハビリテーションなどで回復するのは3、4カ月までで、それ以降は改善しないというのが通説だが、これは、左右の脳のうち健康な側の活動を磁気の刺激で抑制し、損傷を受けた側の機能を引き出す「経頭蓋磁気刺激治療(TMS治療)」というもの。脳の持つ再生能力を刺激するので、発症後数年たった患者でも、状態を改善できる画期的な治療法として期待されている。麻痺のある方、一度診察を受けてみてはいかが?
9/3 地球環境に変動?太陽北極域で異例の磁場反転 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 壮大な話である。太陽の北極域で磁場が反転し始めた様子を観測された。太陽の磁場反転は約11年周期で起こるが、今回は予想時期より2年も早く、また、南極域では反転が見られないなど異例の様相だそうである。これが地球へどんな影響を及ぼすのか、今後の研究発表を待ちたい。
9/3 20キロ圏に数百〜千の遺体か 「死亡後に被ばくの疑い」 - 47NEWS(よんななニュース) この記事を読んで愕然とした。避難指示が出ている原発から約20キロの圏内に、東日本大震災で亡くなった人の遺体が数百〜千体あると推定されることがわかった。特に「死亡後に放射性物質を浴びて被ばくした遺体もある」とされ、高線量の放射線を浴びた遺体を収容することも困難、さらに、「時間が経過して遺体が傷んでいるケースは、洗うことでさらに損傷が激しくなり問題だ」と指摘されている。震災によって命を落とし、その亡骸がいまだに野ざらしとなっている。原発事故のむごさを改めて知る。
9/3 「地元の理解前提に原発再稼働」…野田首相 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 野田首相は「地元の理解前提に原発再稼動」と云っているが、原発事故の範囲は地元にとどまらないことは今回の事故で証明済みであろう。ならば、再開は全国民の理解、同意が必要と思う。原発立地の住民は、事故が起きたときには被害者となるが、同時に稼動を同意したことにより、他地域住民への加害者ともなることを忘れてはなるまい。
9/3 小出裕章 廃炉工程案は楽観的な絵を描いた。格納容器の水漏れを直すことはまずできない 9/1(1):ざまあみやがれい!  福島原発事故処理について、楽観的な報告が東電、政府から出てきているが、これらはあくまでも希望であり、現実ではない。事故処理は始まったばかりであり、そのほとんどは現状の維持であり、収束を意味していない。福島原発は未だに量こそ事故発生当時に比べて少ないが、放射性物質を放出している。
9/2 『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』著者:適菜収 「B層」をキーワードに、ゲーテが予言した大衆社会の末路を読み解く!  | 立ち読み電子図書館 | 現代ビジネス [講談社] 面白い指摘である。「「B層」とは?---マスコミ報道に流されやすい「比較的」IQの低い人たち 小泉郵政改革に熱狂し、民主党マニフェスト詐欺に騙され、流行のラーメン屋に並ぶ層。彼らの「選択」が国家を崩壊に導く!」、これは、ある意味我々日本民族の特性なのかもしれない。
9/2 はたして放射能汚染地域は除染すれば住めるのか? 国は避難期間を明示し、移住による生活・コミュニティの再建を|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン  はたして放射能汚染地域は除染すれば住めるのか?と問われれた時、チェリノブイリと同じ避難設定をすれば恐らく答えはNO!だろう。ならば、帰れぬ人々のための「新しい村」を作る必要があるだろう。
9/2 NEWSポストセブン|核燃料再処理工場を誘致した六ヶ所村の村民所得は年1364万円 「核燃料サイクル」施設がある青森県六ヶ所村の1人当たりの村民所得が全国平均の5倍にも相当する年1364万円(2008年度)だそうである。原発マネー、恐るべし。これも一つの選択なのかもしれない。
9/2 ▽日本を救うか、石炭ガス化 : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) 脱原発、石油による火力がコストが高いとすれば、どうしたらいいのか、それに対する答えがこれである。最先端の石炭火力発電として注目されている技術、石炭ガス化複合発電(以下IGCC)、出力が安定しない太陽光、風力に比べてより現実的であろう。日本の持つ世界最高の技術が電力の構造を変えるかもしれない。この意味でも、送発電分離は必須の課題である。
9/2 東京湾でM7・3想定、都心部でも防災訓練 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 首都直下型地震の発生、その予知は難しいが、近未来に避けられぬ現実である。関東大震災のようなことにはならないと思うが、油断は禁物。
9/1 台風12号が2日に接近 強い勢力、大しけも - 47NEWS(よんななニュース) 大型台風12号が9月2日から3日にかけ、東日本から西日本にかなり接近する可能性が出てきた。中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径190キロ以内が暴風域、警戒が必要です。
9/1 大研究シリーズ 早期発見が命を救う ああ、あれが病気の始まりだったのに 予兆はあったのに、多くの人が見逃してしまう  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] 人間、還暦を過ぎれば、よほどの健康な人でもなければ体のどこかにガタはきているはず。怖いのは心筋梗塞や脳梗塞など、定期検査で発症の可能性は予測できるが、多くの場合、時、場所を選ばず突然症状が現れる。予兆や、軽い症状が現れたときはすぐに病院で検査、治療が必要。
9/1 福島原発周辺の広い地域に放射性セシウム汚染−初の包括調査 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com 福島第1原子力発電所周辺地域の土壌の放射能汚染に関する的調査結果によると、調査した2200地点のうち旧ソ連が移住の基準とした以上の放射性セシウムに汚染された地点は33カ所に上ったことがわかった。問題なのは警戒区域の外側を含む半径100キロ圏内で、1986年のチェルノブイリ原発事故により強制移住させた際の基準だった汚染量(セシウム137で1平方メートル当たり148万ベクレル)を超えた地点が33カ所、また自主的な避難とし農業を禁止した際の基準(セシウム134と137の合計で55万5000ベクレル)を超えた汚染地域は132地点。
9/1 広島大、鬱病の客観的な「指標」を発見+(1/2ページ) - MSN産経ニュース 注目すべきニュースです。高齢になると不眠で悩んだり、鬱病となるケースが多いとされていますが、鬱病がご存知の通り精神の変調状態、症状の程度も医師によってはまちまちとなる場合もあります。これは血液検査によって鬱病かどうかわかるもの。原因となる物質がわかれば対症療法としての新薬もできる可能性もあります。
9/1 中日新聞:浜岡周辺の断層への影響「なし」 中部電力:社会(CHUNICHI Web) 浜岡原発(静岡県御前崎市)周辺で、東日本大震災による顕著な地殻変化は認められず、新たに原発の耐震性に影響を及ぼす可能性がある断層はないと中部電力が30日調査結果を発表。一方で7月には中日新聞:浜岡直下に活断層か 高知沖まで海底にたわみ:東海エリア地震情報(CHUNICHI Web)という研究結果も出ている。これと関係があるかどうかはわからないが、8月29日、30日と小さいながらも駿河湾で地震が起きている。福島原発のように絶対安全といのが一番怖いのかもしれない。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2011年9月の掲載



Copyright 爽快倶楽部