TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2011年5月の掲載




5/31 ドイツ:原発、22年までに全廃 連立与党が目標合意 - 毎日jp(毎日新聞) ドイツで国内の原発の全廃時期として「遅くとも2022年まで」を目標とすることが決まった。今後、原子力に代わる太陽光や風力などのエネルギー開発に注力していくことになる。あくまでも原発にこだわろうとする日本、この違いはなんだろうか。
5/31 「脱原発」意見相次ぐ 県復興ビジョン検討委で将来像議論(福島民友・地震関連ニュース) 福島県庁で開かれた県復興ビジョン検討委員会の第3回会合で、脱原発に意見が相次いだ。事故原発を抱える県としては、当然のことだろう。この意見が生かされるか、生かされないか、最終的には政治の判断となる。
5/31 湯Love草津(草津温泉観光協会ホームページ) 余震もだいぶ少なくなってきた。そろそろ、のんびり温泉につかりに行くという旅はいかがだろうか。東日本の温泉の雄、草津温泉がおすすめ。
5/31 特集:天の川の新事実 2010年12月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP 我々の地球は太陽系にあり、そして銀河系の中にある。最近の研究によって、銀河系(天の川銀河)の全貌が徐々にわかってきた。その中心には巨大ブラックホールがあるという。このブラックホール、何もかも吸い込むと思われいるが、星を勢いよく放り出すこともあるそうである。宇宙は神秘に満ちている。
5/31 TANNOY/タンノイ | ESOTERIC COMPANY/エソテリック株式会社 昔からクラシック音楽ファンの支持を得ていたタンノイのスピーカー、決して安価ではないが、その朗々たる鳴りっぷり、いつかは手に入れたいオーディオのひとつである。バロック、室内楽、声楽、器楽、そして交響曲、芳醇な音色を奏でてくれよう。
5/30 東京の放射線量「実はもっと高い」 文科省発表値は地上18mだった  (1/2) : J-CASTニュース 文科省サイトで報告されている放射線量は、本来、1950〜60年代に大気核実験による放射性物質を観測するものであり、例えば、東京・新宿の観測データは東京都健康安全研究センター屋上に設置された地上18mのモニタリングポストによるもの。小泉俊明衆院議員のガイガーカウンターによる測定では、東京・永田町近くの交差点で2011年5月2日の値は、地上1メートルで毎時0.128マイクロシーベルト。文科省発表値では、この日の数値は毎時0.067〜0.068マイクロシーベルトであり、地上近くの測定値は2倍の開きがあった。要するに文科省は、まともな測定をしていないということ。これは問題であろう。
5/30 Amazon.co.jp: ガイガーカウンター 国、自治体の発表する放射能データ、どうも信用できないという人は少なくない。特に小さな子供がいる家庭では、何をどこまで信じていいのかわからないというのが本音だと思う。実態を知りたいというのであれば、自分で計測するしかない。
5/30 1号機地下の汚染水、水深5・5m : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 福島原発地下の1号機地下の汚染水の水深は約4・2メートルだったという。原子炉圧力容器には毎時6トンでの注水を続けられているが、そのほとんどが地下に流れ出している。圧力容器、格納容器、圧力抑制プールともに穴が開いている可能性が高い。この穴を塞がない限り、本来の冷温安定は困難と思える。最悪の事態である。
5/30 福島第1原発:東電が未公表の放射線データ1509件公開 - 毎日jp(毎日新聞) 東京電力が3月11〜17日の1週間に測定した放射線量のデータを公開した。今頃になって何故という疑問がわく。事故後、電源喪失のためモニタリング・ポスト働かず、ミニタリング・カーで計測したという。その際、消防庁、警察、自衛隊が敷地内で注水作業をしているが、その時にもこのデータはなかったのであろうか。データの整理に時間がかかったというが、不審である。
5/30 「政府、東電は当事者意識なし」危機管理コンサルタントが斬る - 政治・社会 - ZAKZAK 福島原発事故をめぐる、この間の政府、東電の会見をテレビで見ていると、ここで書かれた通り、まるで他人事のような内容、話し方である。当事者意識がまったくない。所詮、技術的知識もまったくない者の会見、こんなものだろう。
5/28 東京新聞:関東 はや梅雨入り 観測史上2番目:社会(TOKYO Web) 気象庁は二十七日、関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表。平年より十二日、昨年より十七日それぞれ早という。地震といい、今年は、これからも天変地異に悩まされそうである。
5/28 福島の学校、子供の放射線量年1ミリシーベルト以下に  :日本経済新聞 文部科学省は福島の学校、子供の放射線量年1ミリシーベルト以下にするため、校庭などで毎時1マイクロシーベルト以上を計測した施設のが対象とし表土除去費用を全額負担することを決めた。当然といえば当然。が、屋外活動制限の目安である毎時3.8マイクロシーベルト、年換算で20ミリシーベルトを上限とする暫定基準は当面、撤回しないとのこと。役所は絶対間違えないなどというつまらぬメンツは捨てればいいと思うのだが・・・。
5/28 鎌倉Today 先日「僧侶と巡る鎌倉十三仏」をご紹介しましたが、6月の梅雨の時期、鎌倉の各所であじさいが咲き始めます。雨の中をあじさいを訪ねて古寺を回る、そんな散歩も楽しいと思います。
5/28 AKB48新曲が2日でミリオン突破 女性歌手歴代1位の108.5万枚(AKB48) ニュース-ORICON STYLE- AKB48ってなんだ?と思われるシニア諸氏は少なくないかもしれませんが、要するに、今、はやりの人気アイドルである。このAKB48の新曲が2日で女性歌手歴代1位の108.5万枚を売ったという。自粛、自粛と言われる世相にあって、こうしたお祭り騒ぎが若い人々に夢を与え、景気回復の一助になってくれればうれしい限り。
5/28 【放射能漏れ】全県民200万人の健康調査へ 原発事故で福島県 - MSN産経ニュース 福島県が27日、県外への避難住民も含む全県民200万人余りを対象にして、福島第1原発事故による放射能被爆、精神的ストレスなどを対象にし長期の健康調査を実施する方針を固めた。原発は発電コストも含め、さらにその事故は高くつく。
5/27 特集ワイド:福島原発 若者にリスク負わせられぬ−− われら、暴発阻止行動隊! - 毎日jp(毎日新聞) 福島原発暴発阻止行動隊、呼びかけ人は元60年安保闘争の学生リーダーである。すでに還暦を過ぎた技術者らが続々と志願しているという。「最悪のシナリオを避けるためには、日本の最高の頭脳を結集した体制ができていないことは大きな問題だが、さらにもう一方では、最終的に汚染された環境下での設備建設・保守・運転のためには、数千人の訓練された有能な作業者を用意することが必要です。現在のような下請け・孫請けによる場当たり的な作業員集めで、数分間の仕事をして戻ってくるというようなことでできる仕事ではありません」、この思い、はたして原子力安全保安院や東電の諸君に届くであろうか?
5/27 年金記録全件照合の撤回検討 厚労省、受給者限定も - 47NEWS(よんななニュース) 消えた年金問題、厚生労働省と日本年金機構は、約7億2千万件との照合事業について、全件を照合する方針を撤回して事業内容縮小の検討に入ったそうである。費用対効果を考慮し、記録を訂正しても1件当たりの年金回復額が比較的少ない国民年金記録や、65歳未満の加入者の照合を見送り、65歳以上の厚生年金受給者の記録照合に絞り込む方向だという。この連中は、わずかな国民年金で、1円さえも大事に使う高齢者の生活がわかっていないようである。
5/27 スイス国内の原子力発電所、全面停止へ : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 日本の原発事故が世界各国の原発政策に大きな影響を与えている。スイスでは、国内に5基ある原子力発電所の稼働を2034年までに全面停止し、「脱原発」を図ると発表。電力事情もあり、原発を実際に停止させるのは19年以降となる見通しだが、まあ、これが世界の常識かもしれない。
5/27 ゴム装着時の中折れ防止 英で「勃起薬つき夢のコンドーム」 - 政治・社会 - ZAKZAK イギリスでのお話、「弊社調査では、男性の46%が性交中のコンドーム装着で興奮を失い、勃起状態を維持できないという悩みを抱えていました。それを解消するために、ペニスの血行を良くする特殊なゲルを内側に塗ったコンドームを開発しました。実証研究ではペニスの膨張率が上がり、セックスの時間が延びたという結果が出ています」とういことだそうである。世のシニア男性への朗報となるや、いかに?
5/27 映画 『デンデラ』 公式サイト 「高齢化社会が進みながらも、老人が生きにくい現代。劇中でメイは『年を取ることは罪か。罪ではねえ。年寄りは屑か。屑ではねえ。人だ!』と叫ぶ。」、まさに、この言葉、現代の高齢者の言葉のようにも思える。ぜひ劇場へ。
5/26 社説:校庭の放射線量 できるだけリスク減を - 毎日jp(毎日新聞) 毎日の社説、現在の世論そのものだと思う。文科省が示した福島県内の幼稚園や小中学校の校庭の放射線量の上限値、年間20ミリシーベルト、本来、平常時の一般人の年間被ばく量限度は1ミリシーベルト、放射線管理区域の安全基準は5ミリシーベルト、これまでに原発作業員で白血病などの労災認定を受けた人の最低基準も5ミリシーベルト(年)、実にこれらの4倍である。これを子供の許容量にする、誰が考えてもおかしいと思うのは当然である。
5/26 衆議院インターネット審議中継 震災復興特別委員会をテレビ中継で見た。自民党を始め、野党の諸君は、官邸の対応を批判するばかり。批判はあってしかるべきだが、震災復興特別委員会ならば、復興への特別立法を早急に議論すべきであろう。政治家諸君、あまりにも情けない。
5/26 愛媛新聞社ONLINE 水かけ論 愛媛新聞のこタイトル「水かけ論」、震災翌日の福島第1原発1号機の炉心溶融を防ぐための海水注入が一時中断された問題で、政府・東京電力統合対策室と原子力安全委員会が、言った言わないの「水かけ論」、要するに役人というものは、自己保身が第一なのであろう。この人たちが、原発収拾を行っている。どうしようもありませんな!
5/26 第34回 隅田川花火大会 公式ホームページ 朗報である。震災の影響で開催が危ぶまれていた隅田川花火大会が8月27日に実施されることが正式に決まった。日本全体が自粛ムードで沈滞する中、こうした行事はどんどんやるべしと思う。もちろん、打ちあがる花火に震災で亡くなった人々への哀悼、被災者達の苦労を思うことは忘れてはなるまい。
5/26 高齢者の生活不活発病に気をつけて! - goo ヘルスケア 生活不活発病をご存知ですか?高齢者が動かないことによって心身の機能が低下しやすくなり、一度低下すると回復しにくくなる。予防と早期発見が大事だという。高齢者の方、高齢者のいるご家庭、ご注意を。
5/25 布川事件再審、強盗殺人に無罪 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 逮捕から43年余を経て勝ち取った無罪判決である。こうした再審があるたびに思うことがある。警察、検察ともに、被害者の無念を思い、被疑者の有罪を信じ起訴したと思うが、その真偽を判断するのは裁判官の仕事である。それが何故に誤るのか、裁判官の責任は決して軽くない。
5/25 YouTube - 1960年夏 今年の夏は政府の節電キャンペーンでかなり暑い夏になりそうである。が、振り返ってみれば、我々が生きてきた昭和、そもそもクーラーも冷蔵庫もなかった。当然、カー・クーラーなんぞもなかった。まあ、昔にもどればいいんじゃないですか?我々は少し贅沢に過ぎたのかもしれない。贅沢の代償が原発事故という、あまりに高いものついたことを反省するよい機会だと思う。
5/25 時計企画室コスタンテ「SPQR」ブランド時計コレクション 腕時計・ナースウォッチ通販 かっては高級時計といえばスイス物だった。東洋のスイスと呼ばれ、日本の精密工業の中心を担う信州諏訪、八ヶ岳山麓でこだわりの時計を造り続けている『時計企画室コスタンテ』、敢えて「時代に乗り遅れる」ことを意識した「SPQR(スポール)」、懐かしくも新しくある。
5/25 人間プロホームページ 21日に肺炎による合併症により亡くなった俳優・長門裕之氏(享年77)、映画、舞台、テレビドラマに活躍された姿をご覧になったと思う。人の常とは云え、まだまだ活躍して欲しかった名優であった。
5/25 YouTube - ケンとメリー〜愛と風のように〜 スカイライン CM (1972年) 震災による自粛、原発事故による節電により、とかく暗くなっている世相であるが、昭和という時代は希望に満ちていた。我々が希望を失ったのは何故か、希望をとりもどすためには何をしたらいいのか、無能な役人と政治家に頼っている場合ではない、昭和を生きてきたシニア世代がその範を示すときであろう。自分が生きてきた時代を語ることも必要である。
5/24 「私は言ってない!」安全委・斑目委員長いまだ責任逃れの日々 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ 原子力安全委員会の斑目春樹委員長の発言をめぐって官邸が右往左往、「再臨界の危険性」と「可能性ゼロではない」を言った言わない、どちらにしても官邸、安全委員会ともに、これでは井戸端会議である。原発の危機的状況の中での発言、一句一句が国民の命にかかわる。お願いしますよ、もうちょっとしっかりして欲しいなあ!
5/24 こうやって下ろす…ツリーのクレーン撤去開始 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 震災で今年3月に目標の高さ634メートルに到達しながらもお祭り騒ぎが自粛された東京スカイツリーで23日朝から、大型クレーンの撤去作業が始まった。あのクレーン、どうやって撤去するんだろうと思っておれらた方、今後の作業に注目です。
5/24 ひったくり被害が東京を超え全国ワーストワン、節電の夜道…県警厳戒/神奈川:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社  震災後の節電の影響で街灯や街の看板などが暗くなっているが、この暗がりを利用して各地でひったくりが増えている。特に高齢者の方、夜の外出には注意が必要です。
5/24 鎌倉Today - 僧侶と巡る鎌倉十三仏 鎌倉で僧侶と共に各寺で般若心経を唱え、御朱印をいただきながら十三仏(十三寺)を歩いてめぐる「僧侶と巡る鎌倉十三仏」が実施中です。「十三仏を参拝すれば、亡き人の追善になりまた追善を行ったという善行の功徳により自分が死んだ後に、十三王の審判から救済され後生に善處に生じると信じられ、十三仏信仰が盛んになり現在でも日本各地に十三仏霊場があり多くの人が巡拝しています。」、お出かけになってはいかが?
5/24 明治神宮 新年の初詣とし明治神宮を訪れた人は多いと思いますが、この初夏の時期、境内の青々とした森を散策するのもいいと思います。都心にありながら、その静けさはまるで別世界です。
5/23 東日本大震災:前兆、2月からか 直前2日で250回 - 毎日jp(毎日新聞) 東日本大震災は、2月中旬から震源のほぼ北側約50キロで活発化した地震活動が南進して震源に近付いていたこと分かった。3月11日の本震までの最後の2日間では、近付く速度がそれ以前の6倍になったという。こうした現象解析が今後の予知に生かされないものか?
5/23 どうする! 日本の地震予知 - 中央公論.jp  プレートテクトニクス研究の第一人者、上田誠也氏による中央公論への小論によれば、「世界最高の地震観測網を誇るわが国では、地震の予知には一度も成功したことがない。いや、予知を行ったことすらない。しかも、一方で国家的規模での地震予知計画が数十年にわたって行われてきたのである。このことはまともな予知研究が行われてこなかったことを意味する。」とある。が、筆者の提唱する新しい方法論に地震予知の可能性を見ることもできる。こうした地道な研究はとても重要と思う。
5/23 「地震予知、即刻中止を」 東大教授、英誌に掲載 - 47NEWS(よんななニュース) 以前もお伝えしたがロバート・ゲラー東京大教授(地震学)による「今こそ(政府は)地震を予知できないことを国民に率直に伝えるとき」提言、現実としては受け入れざるを得ない。また、「国内で1979年以降10人以上の死者が出た地震は、予知では確率が低いとされていた地域で発生」と指摘、現在の予知方法論に問題があるという。だが、「最大38メートルの津波が東北地方を襲ったとされる1896年の明治三陸地震は世界的によく知られている」とし、「当然、原発も対策されているべきで、『想定外』は論外だ」の言は、原子力安全保安院、東電ともに真摯に受け取るべきであろう。
5/23 asahi.com(朝日新聞社):「負けないで」岩手の少女、天国の母へ涙のトランペット - 社会 津波で母親の宜子さん、祖母の隆子さんを亡くし、さらに祖父の廣道さんが行方不明のままの少女が、岩手県陸前高田市の自宅跡で行方不明者の捜索が続く海に向かってZARDの「負けないで」をトランペットで吹いていた。彼女の悲しみはいかばかりであったろう。
5/23 【放射能漏れ】「神様の仕業」予測し得たか 東電破綻回避で消えぬ免責論+(1/2ページ) - MSN産経ニュース ロバート・ゲラー東京大教授(地震学)による言を待たずして、東電の免責、原子力保安院の監督ミスが「神の仕業」によって逃れるなどは、決してあってはならない。これは、明らかに人災である。「神の仕業」と云った大臣、その人品骨柄を疑う。「神の仕業」ならば、亡くなった人々、被災した人々は、その怒りに触れたでもいうのであろうか?
5/21 江東区亀戸の住民はギョギョッ!−ゲンダイネット 小生の自宅は、まさにこの亀戸にある。還暦を過ぎて、いまさら放射能障害よりも寿命が先に尽きると思うが、乳幼児や妊婦、若い女性、若者達にとっては軽視できない問題だと思う。福島原発の放射性物質は、地元のみならず遠く離れた関東圏まで確実に広がり汚染を拡大している。事故当初「直ちには健康に影響はないと」という話、たしかにそうだろう。だが、5年後、10年後を問題にした話はなかなか出てこない。国民は人体実験のサンプルではない。これは、かってあった公害のように、国と民間企業による国民への犯罪である。
5/21 政府の被ばく基準に批判相次ぐ 衆院特別委で専門家 - 47NEWS(よんななニュース) 衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会で、政府が計画的避難区域や校庭の活動制限の基準に採用した「年間20ミリシーベルト」の被ばく線量基準について、放射線医学の専門家らが、「高すぎる」と批判。注目したいのは、原子力安全委員会の久住静代委員による発言『日本人の数十%はがんが原因で死亡し「20ミリシーベルトが発がんに与える影響は小さすぎ、疫学調査で検出できないほどだ』、これに対し崎山比早子・元放射線医学総合研究所主任研究官は「子どもの方が放射線感受性が強く寿命も長い。年齢による影響の差を考慮しない議論は論外だ」と反論。戦前もそうだったが、大本営発表は疑ったほうがよさそうである。
5/21 【福島原発事故】各地の放射線量(5月19日)千葉が平常値に接近 各地で減少目立つ : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) 福島原発事故発生から2ヵ月が過ぎて、各地での放射線量が減少していると報告されています。だが、この測定データ、どこで、どのように計測されているか明らかではない。測定地点によっては、上記東京亀戸のように高い数値を示すこともある。自治体は文科省まかせにせず、みずから細かい測定をする べきと思う。
5/21 尾瀬へようこそ〜尾瀬山小屋・情報サイト・ライブカメラ・山小屋宿泊・お得な尾瀬ツアーまで〜 尾瀬の山開きを24日に行われます。今年の尾瀬は例年より雪が多く、湿原や木道にはまだ30〜50センチの残雪があるようです。出かける方は、十分な装備を。
5/21 土手の伊勢屋 どてのいせや - 三ノ輪/天ぷら [食べログ] 無性に天ぷらが食べたくなるときがある。最近、すこし足が遠のいているが、浅草、吉原大門の土手の伊勢屋の天丼、土日はかなりの行列だが、並んででも価値のある一品である。高級天ぷら割烹とはちがった庶民的な味と値段が魅力。出かけてみてはいかが?
5/20 オクラ レシピ 232品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが98万品 そろそろ夏日が出てきて、気温の差が激しい今の時期は、かなり体にこたえると思います。ネバネバオクラ、夏バテ防止に最適な野菜です。さっと茹でて、けずり節に醤油、それだけでもおいしくいただけます。
5/20 時事ドットコム:〔ルポ〕事故から25年、チェルノブイリは今 事故から25年たったチェルノブイリ原発事故、、強制立ち退きとなっている原発周辺の放射能汚染地域では住民11万人以上が戻れる見通しは立っていないのが現実。原発周辺地域の累積放射線量、放射能物質の特定を明確にし、まず戻れる可能性を明確にすべきだと思う。国は何をやっているのかねえ?
5/20 子ども20ミリシーベルト問題に対し医師会が声明 | OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー 先日も触れた福島圏内の学校の学校の校庭利用に関する限界放射線量、国が示した20ミリシーベルトに対して日本医師会が、その科学的根拠が不明確であると声明を出した。20ミリシーベルトとした文科省に、放射能被爆の専門家はいるのだろうか?このままでは、子供達を使った国家による人体実験にひとしい。
5/20 発信箱:出番が違うのでは?=倉重篤郎(論説室) - 毎日jp(毎日新聞) 菅首相による浜岡原発の停止要請は、一定の評価を得ているが、他の原発はそのまま。今回の福島原発事故によってスピーディな対応をとっているのは、当の日本ではなく、外国という不思議な現象が起きている。米、仏、露では徹底した安全点検を指示、独では、運転延長を決めたばかりの7基の運転中止を決定、中国では、現在審査中の新設を含む中長期計画の見直しを発表している。風力発電などの再生可能エネルギー投資では米、英を抜き世界1位となった。政治の質が違うのか、役人の優秀さが違うのか?
5/20 河北新報 東北のニュース/女川原発、大容量電源装置新設へ 東北電、津波対策 福島原発事故の主要原因として、津波による電源喪失が云われてきたが、一方で津波以前の格納容器破損の可能性も指摘されている。どちらにしても絶対安全な飛行機がないように、絶対安全な原発もない。現在運転中の原発や運転再開をする原発周辺の住民、自治体は、福島と同様のことが起きる可能性があることを覚悟すべきである。事故が起きた時の防災はたった一つ、逃げるしかない。
5/19 東日本大震災:福島第1原発事故 汚染水放出「米の要請」 平田参与、講演で発言 - 毎日jp(毎日新聞) この話、何でだ!と思った方は少なくないと思う。原発の地下にたまった汚染水の海への放出について米国の要請があったという。疑問は、何故米国が?さらに日本政府の判断は?どうも今回の事故処理、政府も東電も、どうしていいのかわからないのではないだろうか?
5/19 福島1号機「新たな工程表」に避難住民「またウソだろ」 : J-CASTテレビウォッチ 東電によるあらたな工程表について、「この工程表は1号機のですよね。2、3号機は手付かずで進んでいない。これからどういうふうにやっていくのか、どのくらいの期間がかかるのか。避難している人たちにとっていつ自宅に帰れるのか、違うところで人生を歩まねばならないのか、という大事な判断材料になるのにそこが分からない」というのが避難者の声で、戻れるのか、戻れないのか?実は、それさへもわからないのが現状かもしれない。
5/19 「原発事故賠償で電気料金値上げ」そりゃ話の筋が違う! (2/2) : J-CASTテレビウォッチ もうひとつJ-CASTから。原発事故賠償のための電力料金値上げ、「そりゃ話の筋が違う」、これは正論と思う。事故後の対処、賠償に対する政府内での検討、この裏に経産省の思惑があるように思えてならない。検討のすべてが被災者ではなく電力会社、安全保安院に向いている。政府や東電の説明に騙されてはなるまい。
5/19 冷奴 レシピ 181品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが98万品 冷奴がうまい季節となった。おろし生姜やわさびを薬味にして、そのまま生醤油で食べるだけでじゅうぶんうまい。ぜひ、お試しを!
5/19 ユニクロ クールビズスタイル | WOMEN - ユニクロオンラインストア[store.uniqlo.com] まあ、状況はどうあれ、夏の節電はしなければならない事態、こういうオシャレなクールビズスタイルがあります。昔はどうしていたかと思い出してみれば、家の中では男はステテコ、女はムームー(今はこんな言葉を使わないかもしれませんが)だったような気がする。
5/18 きゃらぶき(伽羅蕗)の作り方 by アズッチ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが98万品 最近はあまり八百屋の店頭で野蕗を見なくなったが、あれば必ず買って買える。子供の頃、家の近くの野山で野蕗をとって買えると母が小遣いをくれた。その頃は決してうまいとは思わなかったが、大人になった今、そのうまさがわかったように思う。野蕗、今が旬です。
5/18 大阪維新の会:「君が代起立」条例案 橋下・大阪府知事、不起立教員「辞めてもらう」 - 毎日jp(毎日新聞) 国歌斉唱の際、起立をしない教員を退職させる条例が大阪府で可決される。国歌斉唱、主義主張とは関係なく、起立すべきと思う。これが軍国主義、国家主義というのは、別の問題である。
5/18 震災で三番瀬が沈下? 千葉県に実態調査要請へ 市川市|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ ちょっと気になる情報である。東京湾奥の干潟・浅瀬、三番瀬が沈下した恐れがあるという。東京湾の海底が沈下したというのであれば、千葉、東京の地層にも大きな影響を与えているはずである。これが首都直下型地震の前兆でなければよいが・・・。地震学者諸氏のコメントを待ちたい。
5/18 asahi.com(朝日新聞社):がれき撤去へロボット集結 3号機へ次々投入 - 社会 福島原発のがれき撤去にロボットが使われるという。それはそれでけっこうだが、使われるロボットが外国製というのが気にかかる。原発事故も含め人間が近寄れない作業にロボットは必要だが、こうしたロボットをロボット大国である日本にないのはどうだろうか。今後も原発事故が起きる可能性はゼロではない。国または電力会社が持つべきであろう。
5/18 1号機、津波前に重要設備損傷か 原子炉建屋で高線量蒸気 - 47NEWS(よんななニュース) 福島原発事故の原因として津波による施設の冠水が云われているが、それ以前に地震の揺れによって需要機能が損傷していた可能性が出てきた。これが事実ならば、耐震設計に問題があったのであり、これは他の原発も同様であろう。早急な検証が必要である。
5/17 河北新報 東北のニュース/「美しい村なのに」村民、涙と憤り 計画避難始まる 飯舘 既に避難をされた原発周辺の人々を含め、放射能汚染によって故郷を追われる人々の気持ちはいかばかりであろう。「やりきれなさと無念さ」、この思いをどこにぶつければいいのか?「放射線のことを考えると村を出た方が安心。でも、なぜ数値が高いときではなく、今さら避難なのか」、この住民の声、政府にはどう聞こえているのであろうか?
5/17 特集ワイド:子供の屋外活動制限、基準放射線量 年間20ミリシーベルトって大丈夫? - 毎日jp(毎日新聞) そもそも基準は年間1ミリシーベルトだった。それを年間では20ミリシーベルトに変更した。文科省の云う20ミリシベールト安全と、安全と云った覚えはないと云う原子力安全委員会、この錯綜、なんとかならないものか?
5/17 中日新聞:20キロ圏、高放射線量続く 毎時80マイクロシーベルト超も:社会(CHUNICHI Web) 安定化が云われている福島原発だが、20キロ圏内では相変わらず高放射線量が続いている。決して楽観できる状況ではない。戻れるという期待もあろうが、現実には多くの困難がともなう。汚染状況と除染の可能性を明確にするときが来ている。
5/17 時事ドットコム:格納容器破裂の可能性認識=視察前、菅首相に助言−班目委員長 3月11日の時点で福島原発におけるメルトダウン及びそれによる格納容器破損の可能性は認識されていた。さらに「もう少し早く(格納容器の圧力を逃す)ベントが実施されていれば、ここまでの事態は防げた」という認識もあった。事故後も運転再開を目論んだ東電の判断ミスは重大であり、刑事罰が適用されてもおかしくない。
5/17 NEWSポストセブン|過去の電力使用量最高は2001年7/24の1億8269万kW 夏の電力不足について先週も取り上げたが、日本の電力の4分の1を占める原発エネルギーだが、過去最高の電力消費があった2001年7月24日の1億8269万kW、これが、火力と水力だけでこの数字を上回っているという。これなら原発はいらないではないか?電力会社、経産省とも何故、原発にこだわるのか。発電コストが安いという主張があるが、むしろ高いという指摘もある。不可解である。どうも国民は、自民党時代に原発必要論を刷り込まれてしまったようである。
5/16 首相の浜岡停止要請、66%評価 共同通信世論調査 - 47NEWS(よんななニュース) 共同通信社による全国電話世論調査では、菅直人首相の中部電力浜岡原発の全面停止を要請について、「評価している」が66・2%、「評価していない」が29・7%であった。さらに、今後の原発政策については「減らすべきだ」47・0%、「直ちに廃止すべきだ」6・0%に対し、「現状の数を維持すべきだ」は38・5%。福島第1原発事故の損害賠償のための電気料金を値上げについては66・5%が「反対」、「賛成」は29・8%。もっとも停止したとはいえ、地震や津波によって電源が落ちれば、福島と同様の事態になる可能性があることは知っておくべき。
5/16 asahi.com(朝日新聞社):東電会長・社長の報酬7200万円 経産相「驚いた」 - ビジネス・経済 海江田万里経産相大臣でなくとも、この話にはびっくり!東電の勝俣恒久会長と清水正孝社長の役員報酬を50%カットして3600万円くらい残るという話。東電の役員報酬の平均は2009年度で年約3700万円、世の中にはこういう人たちもいるんですな。うらやましいというか、なんと云えばいいか!?
5/16 【レビュー・書評】眠りにつく太陽 [著]桜井邦朋 - 新書の小径 - BOOK:asahi.com(朝日新聞社) 桜井 邦朋氏、日本の宇宙物理学者であり、太陽物理学、高エネルギー宇宙物理学の世界的な権威である。氏の論によれば、地球は温暖化しているのではなく寒冷化に向かっているという。理由は太陽の過去50年で経験したことがないほどの極端な無黒点状態。大気中にたった0.04%しかない炭酸ガスによる温暖化論よりも説得力があるような気がする。本当はどっちだろうか?
5/16 緊急地震速報は73回 外れ6割超、発生から2カ月で - 47NEWS(よんななニュース) 東日本大震災以降の気象庁発表した「緊急地震速報」が73回あったが、そのうち外れが6割を超えているという。が、これは責められまい。そもそも地震予知とは確率の問題であり絶対的予知ではない。これが現在の学問の水準である。何故、外れたかを研究するのもこれからの予知に生かされよう。どちらにしても、「緊急地震速報」が出たら対策をとるにこした事はない。
5/16 NEWSポストセブン|地震学者 房総半島沖での大地震発生の可能性を指摘 以前も取り上げたが、今回の東北大震災と同じプレートで起きる可能性がある房総半島沖地震、場合によっては東北大震災と同じレベルの地震になる可能性が否定できない。少しずつ余震がおさまってきたかのように思えるが、こうした今だからこそ、油断は大敵!
5/14 福島第1原発:上空放射線量、通常の数倍も 福島大調査 - 毎日jp(毎日新聞) 福島大が11日、上空の放射線量調査結果を公表しました。大学上空0.9〜2.6キロで高い放射線量を観測、現在も福島原発から放射性物質の放出が続いていることを確認。さらに、高度6〜8キロでは、これまでの漏えい分が滞留している可能性も指摘。これからの季節は南風が多くなる。福島県外北部地域の監視が必要。
5/14 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ 福島原発1号機でのメルトダウンが明らかになりましたが、とりあえず 1号機での最悪の危機は当面回避だといいます。 これも偶然が重なった紙一重の状況、3号機を含め、状況は予断を許さない。こんなはずではなかった−とはいわぬよう、当面、原発情報に気をつける必要があります。
5/14 地方公務員給与も削減へ 最大10%、6千億円捻出 - 47NEWS(よんななニュース) 以前もお伝えしましたが、地方を含め公務員の給与は民間に比べてあまりに高すぎる、この処置は当然であろうと思います。
5/14 東京新聞:南足柄規制値超 こんな遠くまで…:社会(TOKYO Web) 福島大学による調査でも明らかになりましたが、今も続いている福島原発からの放射性物質の放出、神奈川県南足柄市で新茶の生葉から暫定規制値を上回る放射性物質が出たというが、何の不思議もありません。風が吹けば放射性物質はどこへでも飛んでいきます。問題は、放出がいつまで続くのか、政府発表のマイクロシーベルトの値、あくまでも1時間当たりのであり、これに24時間を掛け、さらに365日を掛けて初めて年間の被爆量がわかります。
5/14 扇風機にすれば5割節電と訴えることにした政府 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 夏は扇風機にする、昔は団扇、扇子、扇風機であったのだから、これを云われても違和感はないと思います。が、国民が知りたいのは、火力、水力でどれほどの発電量になるのか、その本当の数字だと思う。昨日の「中部電力の電力供給は足りないか|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり」の記事、東電管内でも同じことが云えるかもしれません。
5/13 asahi.com(朝日新聞社):核燃料の大半溶け圧力容器に穴 1号機、冷却に影響も - 社会 福島第一原発1号機で核燃料が溶融し、原子炉圧力容器の底にたまって穴が開き、水が漏れているという。単純に言えばスリーマイル島原発のメルトダウンと同様のことが起きている。状況は決して楽観できない。
5/13 武田邦彦 (中部大学): 柏、松戸、流山、三郷のホットスポット 武田邦彦氏のページに柏、松戸、流山、三郷市の放射能汚染が他に比べて高いことが書かれている。「3月末に1時間に0.6マイクロシーベルトぐらいで、現在でも1メートルの高さでも、1時間に0.4マイクロシーベルト近くあります。大人での被曝量は、1年に3.5ミリシーベルトになり、校庭で運動したり、地面の近くで遊ぶ子供達は、読者からの情報では2倍から4倍のデータもあり、1年に10ミリシーベルトぐらいの被曝になる可能性があります」、他の関東地域ではどうであろうか?政府は詳細な測定をする必要があると思う。
5/13 中部電力の電力供給は足りないか|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり 彼の言、一聴に値する。「浜岡原発が止まると、中部電力の電力供給が厳しくなると報道されている。本当にそうなのだろうか。」の疑問に始まって、「揚水発電を加えれば、供給力に対する需要は85%だ。」という。これが事実なら、停電の心配はまったくない。政府、財界ともに真実を言っていないような気がする。
5/13 農林水産省/食中毒から身を守るには 食中毒の症状としては、下痢、腹痛、熱、おう吐などがありますが、この5月〜6月は一年で食中毒が一番発生しやすい時期。肉・魚などなま物はできるだけ加熱して食べること、調理した後は、俎板、包丁などを必ず消毒すること、ぜひ励行していただきたい。
5/13 河北新報 東北のニュース/仲間見つけてやりたい 住民が自主捜索「諦めぬ」 石巻 東日本大震災で被災した宮城県石巻市北上町追波地区の住民が、津波で行方不明になった人たちの捜索を続けている。その中の一人、大槻宏さんの言「友人の妻と孫娘がまだ見つからねえのさ。うちの孫とよく遊んでもらった2人だ。何とか見つけてやりたい。年寄りにはきつい作業だが、自分の家族が見つかったから終わりでは冷てえだろ」、この気持ち、政府には伝わっているのだろうか。
5/12 asahi.com(朝日新聞社):福島第一、土壌汚染800平方キロ 琵琶湖の1.2倍 - 社会 この記事に「福島第一原発事故で放射能に汚染された地域は、チェルノブイリ原発事故の強制移住対象レベルだけで、約800平方キロに上ることが分かった。」とある。要するにこの地域には人は住めないということである。だとすれば、周辺住民はどうすれば・・・?
5/12 UPDATE1: 3月景気動向指数速報は過去最大の落ち込み、震災で生産など軒並み大幅減=内閣府| マネーニュース| 経済指標| Reuters 震災以降、各自治体で起きた自粛、計画停電による経済活動の低下、これをハネ返すには消費の底上げしかない。以前も書いたが、自治体は行事の自粛をやめたらいい。祭り、花火、けっこうではないか。消費者が金を使う気分にする、これが大事である。
5/12 NEWSポストセブン|原子力安全委「安全性で社会に責任果たせない」と辞任していた 原子力安全委員会、これはどうしようもない組織である。福島原発に事故は、想定内であって、決して想定外ではなかった。恐らく他の原発も同様であろう。日本の国は原発という時限爆弾を抱えている。どうしようもありませんな?
5/12 すり白ゴマのレシピ - 料理レシピ | E・レシピ ゴマが体にいいことはご存知だと思いますが、ゴマをつかった料理、さがしてみればかなりあります。昔ながらのゴマ、ぜひ、召し上がれ!
5/12 首相「思考過程がブラックボックス」経団連会長 : 電力 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 経団連会長、はっきり云って、この男はバカである。仮に浜岡原発停止要請を政財界に図っていたなら反対の大合唱になったろう。福島原発が財界に教えた教訓は、安全の絶対性がなければ、そのコストは高くつくということがわかっていないようである。
5/11 上高地公式Website - ようこそ信州上高地へ 山々の残雪も少しづつ解けはじめ、これからは春・夏山のシーズンです。穂高連峰の入り口に位置する上高地、本格的登山でなくとも新緑に彩られた横尾までの森林散策も楽しいと思います。
5/11 穂高岳山荘 公式サイト 20年程前になるが上高地から涸沢を登り、奥穂高岳に登ったことがあった。涸沢から仰ぎ見る穂高連峰に圧倒されて登り、穂高岳山荘でいただいたコーヒーのおいしかったこと、いまでも忘れられない。
5/11 剣山荘 剣岳は7月だった思う、扇沢から黒部ダムを経由し室堂に上がった。風雨の中を雷鳥沢を登り、剱澤を下って剣山荘で一泊、翌早朝に出立し快晴の剣岳頂上へ。遥かに見える富山湾が輝いて見えたのを記憶している。行程は短いが鎖場などで緊張の連続、下山して室堂に戻ったとこはぐったり、懐かしい思い出である。
5/11 八ヶ岳赤岳天望荘 八ヶ岳は北も南もよく登った。最初に行ったのはピラタスから白駒池へ出るコース。渋の湯から黒百合平、本沢温泉、稲子湯のコース、美濃戸口から赤岳鉱泉、行者小屋を通って赤岳山頂など。夏場、赤岳頂上小屋は満員状態、ちょっと下った展望荘にはお世話になった。ここは横岳、硫黄岳への縦走するには最適の小屋、食事もバイキングというのが珍しかった。
5/11 東京新聞:海老名で30.8度 関東 初の真夏日:社会(TOKYO Web) 関東地方では十日、各地で気温が上がり夏日。今頃でこの暑さ、真夏になったらどうなるのやら。クーラーになれた体、節電の夏を乗り切る知恵を今から考えておく必要がありそうである。それにしても、昔はクーラーなぞなかったが、いったいどうして暑さをしのいでいたのか?
5/9 福島原発:防災計画、50キロ圏避難なら全国1200万人 - 毎日jp(毎日新聞) 国内全17カ所の原発で福島第1原発級の事故が起きた場合の避難を検討する対象人口は、およそ1200万人を超えるという試算が出た。火力などに比べ比較的低コストな原発だが、いったん事故が起きれば莫大な費用ががかかる。コストの話だけではないが、真に得なのはどちらであろうか?
5/9 【東日本大震災】自衛隊、警察、海保…長引く遺体捜索が招く「惨事ストレス」+(1/2ページ) - MSN産経ニュース 筋論から云えば、自衛隊の本来の任務は国防であり、生きている国民を守ることである。今、この自衛隊を含め警察官、海上保安官、消防などが被災地で遺体捜索に当たっている。彼らの苦労は並大抵のものではない。想像を絶する凄惨さの中での仕事、政治家や国民は知っているのだろうか?
5/9 大相撲技量審査場所始まる 信頼回復へ第一歩 - 47NEWS(よんななニュース) 八百長問題で5月場所興行が「技量審査場所」となった大相撲、8日から東京・両国国技館で無料公開で始まった。今、まさに大相撲が生まれ変わるとき、ぜひ、国技館に足を運び応援をして欲しいと思います。
5/9 メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム 燃える氷、メタンハイドレート、火を近づけると燃え始め、燃えた後には水しか残らないという。この物質が、日本周辺海底に天然メタンハイドレートとして莫大に眠っているという。石油・原子力の代わる新しいエネルギー源としての利用開発が待たれる。
5/9 レシピ かつお | ホームクッキング【キッコーマン】 そろそろ初かつおの季節、土佐作りやたたき、煮物や酢の物、食べ方は様々、旬のかつお、ぜひ召し上がれ!
5/7 強い揺れ伴う地震に注意を NHKニュース 最近、少し落ち着いてきた感じの地震だが、6日未明には福島県で震度5弱の揺れを観測した。気象庁ではまだ、広い範囲で余震が続くとしています。他地域での誘発地震を含め、警戒は必要とのこと。
5/7 小笠原2000本安打、史上4位のスピード達成 : プロ野球 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 嬉しい話題です。読売巨人軍の小笠原道大内野手が5日の阪神戦でプロ野球史上38人目の通算2000安打を達成。地道にひたむきに到達した記録。
5/7 【放射能漏れ】ベテラン選抜、決死の13人 浄化装置起動+(1/2ページ) - MSN産経ニュース 福島第1原発事故の1号機の原子炉建屋に東京電力社員と協力企業の作業員計13人が、大量被曝の危険中、換気用の管を建屋内に引き込んだ。これにより放射性物質で汚染された空気を浄化する装置を起動。今後の建屋内での作業に道を開いた。
5/7 時事ドットコム:賠償に国の支援要望=支払い困難、審査会に−東電 自らの起こした事故の賠償に国の支援を要望する、はた目から見れば、ちと筋が違うような気がする。役員全員が報酬返上、社有資産売却の末に支援を要望するなら理解もされようが、まずは支援からでは虫が良すぎると云われてもしかたがあるまい。身を捨ててこそ浮ぶ背もあれ、この言葉を心に刻むときである。
5/7 asahi.com(朝日新聞社):地震が影響?温泉に異変 各地で湯量の増減や濁り - 社会 東日本大震災の直後から各地の温泉の様子が変っているという。この現象は東北地方だけではない。湯が突然増えたり、出なくなったり、四国では泉質が変わったところもあるという。日本全体が大きな地殻変動が起きており、それが温泉に影響しているようである。
5/6 【原発】原子炉建屋に入り作業へ 事故後50日ぶり-テレビ朝日 福島第一原発1号機原子炉建屋内に事故後約50日ぶりに初めて人が入る。高レベル放射線の中の作業になるが、原子炉を安定させるためには不可欠な作業、原発事故は周辺住民はもちろんだが、復旧作業をする人を究極の危険にさらす。
5/6 オバマ大統領の支持率57%に急上昇、米国民の6割は報復を懸念 | Reuters ウサマ・ビンラディン容疑者が殺害を米国の特殊部隊によって殺害されたとことでオバマ大統領の支持率が57%に上がった。一方、米国民の60%以上が、ビンラディン容疑者の殺害によって米国を狙った過激派の報復攻撃が増える可能性がると考えている。アルカイダにとっては9.11は大義であり、ビンラディン殺害は米国にとっての大義である。が、主義主張や国家の大義は正義ではない。報復は報復しか生まない。
5/6 通報連絡違反と主張 馬場浪江町長、怒りあらわ(福島民友ニュース) 福島原発事故発生時、周辺町村は「東電からの連絡ではなくテレビ報道で危機的な状況を知り避難を決断した」という。人の命を軽視した電力会社と国の政策、これからは国や電力会社の安全という言は誰も信じまい。自分の町や村は自分で守るしかないのかもしれない。
5/6 花の名所案内 春から初夏にかけては、チューリップ、ナノハナ、モモ、フジ、ポピー、シバザクラ、ネモフィラなどの花々が咲きほころぶ季節、郊外の野山や公園に花を訪ねてみてはいかが?
5/6 焼き肉店食中毒、70歳代女性死亡…4人目 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 富山、福井両県で焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の店舗で食事をした3人に続き、70歳代女性が入院先で死亡した。原因は生肉のユッケに付着していた腸管出血性大腸菌O111。生肉を食べるのは注意が必要。
5/2 河北新報 東北のニュース/福島・校庭放射線「20ミリシーベルト」国に不信感 福島県内の学校などでの屋外活動を制限する放射線量について「1年間に20ミリシーベルト」という目安が示されましたが、これについては、内閣官房参与が反発して辞任、原子力安全委員会がたった2時間で「妥当」と結論付けたという話。これでは、現地の学校関係者は、いったい何を信じていいのかとなるのは自然のなりゆき。どうしたもんですかねえ。
5/2 放射性物質:溶融スラグから通常の1000倍超のセシウム - 毎日jp(毎日新聞) 郡山市の下水道処理施設で、建設資材に再利用するために汚泥を高熱処理して「溶融スラグ」から通常の1000倍を超える放射性セシウムが検出された。郡山市でこの状態、放射能汚染、いったいどこまで広がっていくのでしょうか?
5/2 福島原発の事故、米NRCが20年前に警鐘−非常用発電機にリスク - Bloomberg.co.jp ここに興味深い記事があります。20年前に出された米国の原子力規制委員会(NRC)による「NUREG−1150」が、今回の福島原発で起きた事故について、「地震発生時に炉心溶融につながる事故の例として、原子炉を冷却するため水を外部からくみ上げるポンプを動かす非常用ディーゼル発電機の破損や停電、貯水タンクの故障などによる冷却機能不全が高い確率で起こると」と指摘、何故、これが生かされなかったか、事故は想定を超えたものではない。
5/2 武田邦彦 (中部大学) 郡山市の学校で処理された校庭等の汚染度について、「決まっています。 汚染土の捨て場」として、これを福島原発に返すという意見、、もっともと思います。この方の言、ある意味、かなり問題の核心をついているように思えます。ご参考に。
5/2 亀戸天神社 この間、震災や原発事故報道ばかりが続いていますが、こうした楽しいニュースもあります。東京亀戸も藤が見頃を迎えているとのこと、この連休、見事な藤棚見物に出かけてみてはいかが?



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2011年5月の掲載



Copyright 爽快倶楽部