TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2006年11月の掲載




11/30 奈良薬師寺 公式サイト 薬師寺では、寺まで行けない方のために自宅で写経ができる「ご自宅でのお写経」を受け付けている。自宅で墨をすり、先祖のご位牌を前にしての写経も良いと思う。ご興味のある方は薬師寺のホームページからお申し込みを。
11/30 国内旅行 ブログ - goo 旅行 旅の達人の方々が書いたブログが掲載されている。旅の達人だけあって全国いたるところ神出鬼没の観あり、また目の付けどころが凡人とはちがうところあり、さすがである。
11/30 奈良市写真美術館 このページに入江泰吉の写真が数点掲載されている。傑作という言葉が意味を持たなくなるほど、時を待ち、構図を吟味したかが伺われる。彼はこの一枚一枚の写真を撮るためにどれほど歳月を重ねたのであろうか。
11/30 大和古寺風物誌: 紀伊國屋書店BookWeb 亀井勝一郎の名作である。中学の頃、学校の図書館で借りて読んだ覚えがある。当時はその雰囲気にひたるので精一杯であったが、今改めて読んでみたい本の一つである。
11/30 松岡正剛の千夜千冊『古寺巡礼』和辻哲郎 大和の古寺に関する著作として亀井勝一郎に並ぶ和辻哲郎の名作である。若き日の和辻の情熱的な文が、今も読む者に深い感銘を与え続けている。
11/29 東電、群馬・野反ダム変形値を14年間過小報告 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 東電がダムの変形値を14年間にわたって過小報告をしていたという。ダムの崩壊などということにはなるまいが、ダムの安全性の指標として変形値は重要である。東電たるもの、人の命を左右するダムの重大さ心すべきであろう。
11/29 霊感商法:名古屋の表札・印鑑販売業者を捜索 福岡県警−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ 世には相変わらず高齢者をだまし食い物にする詐欺商法が横行しているようだ。営業員と羽織はかま姿の祈とう師役の2人が高齢者宅を訪問し、息子さんの字画が悪いので早死にするとか、印鑑を作れば家運が良くなるとか言って商品を売りつけるというもの。人の善意、信心につけ入る悪徳商法である。訪問販売にはよくよく気を付けられたい。
11/29 紅葉とれたて便2006:るるぶ.com 山間の紅葉は散り始めたようであるが、都市の公園などではちょうど色づき始めたころである。天気の良い日、お近くの公園にのんびりと紅葉見物散歩などはいかが?
11/29 雲百科 最近、空を見ていない。いつのまにかうつむきながら歩いている。交通の激しいところでは上を向いて歩いていれば危険でしょうがないが、公園や広場など安全なところで空を見上げてみたらいい。晩秋、高く、高く雲が浮いている。
11/29 日めくりカレンダー 通販(通信販売) 毎日、何かしなければならないことがあるといい。最近はあまり見なくなった日めくりカレンダー、六曜、選日、二十八日宿、行事など毎日の励みともなる。来年は日めくりカレンダーで過ごすのも一興である。
11/28 平沼赳夫オフィシャルホームページ 踏み絵を踏まず、自らの信念を通す、政治家の中にもサムライは残っていたようである。国民が熱病のように賛成をした郵政民営化、それで特別会計は改善されたか?小泉政治で国の借金は減ったか?暮らしは楽になったか?よ〜く考えてみたらいい。
11/28 森永卓郎“2007年は庶民いじめの時代” 来年は「庶民いじめの時代」だそうである。景気は回復したという、だがその実感がない。実際個人消費は増えていない。誰の懐に金が入っているのか、諸氏の財布は膨らんでいるだろうか?だが、これからさらに増税だという。取りやすいところから取る、これが改革ということのようである。
11/28 豆富料理 笹乃雪 京都、嵐山の豆腐もうまいが、江戸東京の豆腐もそれに劣らずよい味である。豆腐尽くしの料理の数々、家庭ではなかなかできぬ手の込んだものもある。一度ご賞味ありたい。
11/28 桜なべ中江 東京浅草吉原の桜肉専門店、桜なべ中江である。霜降りロースでも牛肉ほど脂っぽさがない、煮込んだ時の桜色に染まる肉の美しさはまた格別という。桜なべ、たまにはいかが。
11/28 駒形どぜう どぜうである。鰻の脂がいやな方にはどぜうがよいと思う。昔、あまり四足を食べぬ江戸人にとってはどぜうは貴重な蛋白源であり、滋養の基であった。湯気のあがった鍋にたっぷりの葱をかけふうふうといただく、これからの冬の季節にはおすすめの料理である。
11/28 ぐるなび - 山くじら すき焼 ももんじや 桜、どぜうと来た、次は山くじらといきたい。別名ぼたん鍋、両国に9代続いている「しし鍋」である、体を温めるにはこれが一番という方も多い。他にシカ鍋やクマ鍋があり、今も生き続ける伝統の味である。
11/27 秘湯ロマン−テレビ朝日 山間の谷に鄙びた漁師町の奥にひっそりと佇む一軒家、豪華なホテルや旅館にはない風情は秘湯にはある。交通には多少の不便はあるが、行っただけの価値は十分ある。隔週日曜日、午前4時50分〜5時20分放送の番組、過去の放送分の紹介がある。
11/27 日本秘湯に入る会 秘湯愛好家の方々の会のページ。現在は会員の募集はしていないが、魅力的な全国の秘湯が紹介されている。お役に立てられたい。
11/27 快楽秘湯表編〜混浴貸切温泉情報 秘湯には混浴も多い。夫婦二人で出かけてできれば、一緒に温泉に入りたいと思うもの。いまさら、混浴を恥ずかしいと思う歳でもなかろう、同宿の客との裸の付き合いもまた楽しいに違いない。
11/27 山の温泉ガイド、秘湯の温泉 海辺の温泉には海産の幸という魅力があるが、山の湯には、山の湯独特のあたたかさと風情がある。これからは雪の季節、雪景色の露天、たっぷりと楽しまれたい。
11/27 ああ、いい湯だな!名湯・秘湯・立ち寄り湯300 実に日本人温泉好きである。こちらにも、全国の秘湯は写真入りで紹介されている。立ち寄り湯も合わせてご利用ありたい。
11/25 宝くじコーナー・トピックス 24日から発売された恒例の年末ジャンボ宝くじ、今回は億万長者370人! 1等・前後賞合わせて3億円!! (1等2億円、前後賞各5,000万円) 1等2億円が74本、2等1億円が296本! さらに 「大みそかラッキー賞」1万円も74万本! (74ユニットの場合) である。あって困らぬものは金である。めったに当たるものではないが、買わなければ当たらぬのも事実、さ〜てどうする?
11/25 易・暦の神宮館 高嶋易断本部編集 いよいよ来週末はからは師走、実に一年とは早いもの、また一つ歳をとらねばならぬ。今年運気が開かなかった方、来年はいかがであろうか?日本の大ベストセラー、易・暦と言えば高嶋易断である。
11/25 株式会社象英企画 わが爽快倶楽部の「今月の運勢」を担当していただいている井上象英先生のページ、同じ神宮館から「象英暦」を発行されている。女性にもわかりやすいと好評、ぜひ、書店でお求めありたい。
11/25 大河ドラマ「功名が辻」 NHKの大河ドラマ「功名が辻」の放送も残すところわずかになってきた。1年間、ほとんど欠かさず見てきたが、人の運とはわからぬもの、そして女房殿の支えあってこそ男の人生である。ゆめゆめ奥方への感謝を忘れまい、そんなことを教えてくれたドラマであった。
11/25 有限会社吉野商店 町の商店が苦戦していると聞くが、どっこいこのお店は進取の気概をもって取り組んでいる。商売は才覚一つである。全国の商店主殿、ぜひ頑張られたい。
11/24 父親たちの星条旗 | 硫黄島からの手紙 久々に見たいと思う映画である。日米双方の視点から描かれたこの映画、戦争を題材としながらも人間のドラマとして成立している。老齢を迎えてますます円熟味を増しつつある名匠クリント・イーストウッドの監督作品、ぜひ、劇場に足を運ばれたい。
11/24 列島縦断 鉄道の旅 フルムーングリーンパス 「JRグリーン車乗り放題 !! 年齢合計が88歳以上なら、夫が18歳でも妻が70歳とか妻が16歳でも夫が72歳ならOK! 」である。たまには夫婦二人でのんびりと大名旅行もいいと思う。
11/24 よかばんた。佐賀弁。: 「浮気防止」のお守り どうも男というのはいくつになっても助平心が抜け切れぬもののようだ。特に、中高年の浮気は要注意である。浮気が本気となり、やがて家庭の崩壊にもつながりかねない。その卦のある宿六にはこのお守りを首からぶら下げておくのが良いかもしれない。
11/24 赤ちゃんの名前、名付けランキング - gooベビー 子が所帯を持って一番楽しみなのが初孫の誕生である。そこで気になるのが孫の名前、多くは子の親がつけるであろうが、名づけを相談されて否と答える好々爺はいまい。今時の名前のランキングである。参考になると思う。
11/24 陶器夫婦茶碗◇陶器夫婦茶碗の匠◇ 誰しも新婚当時が嬉々として夫婦茶碗を使うものだが、10年経ち、20年、30年、やがて数十年となれば忘れてしまいがちである。齢重ねて新婚の気持ちを取り戻す小道具、夫婦茶碗を使われたい。心も大事だが形で表すのも愛情である。
11/22 年末ジャンボ17億円未換金 1等1本、2等12本(共同通信) - goo ニュース これは見逃せぬニュースである。昨年の年末ジャンボ宝くじ17億円分が未換金だという。どこかにしまい忘れたかもしれない。思い当たる方、もう一度調べられたい。
11/22 日本橋魚がし本店 こちらは立ち食いで名を馳せる魚がし本店である。1貫75円である。値段も安いが、なによりもネタの生きの良さが評判の店である。学生時代にここで食べ、数十年経った今も通っている御仁も少なくないとか。庶民派の寿司屋としておすすめしたい。
11/22 ペログ - 吉野寿司本店@日本橋 日本橋には寿司屋が多い。それもそのはずで、震災前までは日本橋に魚河岸があった。明治創業の老舗であるが気取ったところがなく大衆的値段で食わせるのがいい。一度はご賞味ありたい江戸前の寿司屋である。
11/22 創業昭和6年 日本橋たいめいけん ここは若い頃よく通った店である。今も月に一度か二度通っている。お客の多くは同店名物のオモムライスを注文するが、私は昔ながらのカレーライスを食べている。これにコールスローとボルシチを頼む。今時千円でおつりがくる750円である。日本橋に出られたらご賞味ありたい。
11/22 てんぷら みかわ 茅場町店 日本橋から10分程度歩かねばならないが、天麩羅と言えばみかわである。昔20代の頃、何気なく昼飯をここで食っていたが、今や名店中の名店となった。
11/21 ご当地検定・おもしろ検定・ユニーク資格に関する情報サイト:検定の森 いまさら国家認定の資格試験ほどでもないが、向学も含めて趣味の市資格を取りたいと思っている方には最近注目されているおもしろ検定をおすすめしたい。歴史、旅行、漢字など様々なものがある。
11/21 映画検定 キネマ旬報映画研究所が実施している映画検定である。映画好きの方なら受験してみるのもおもしろいと思う。今年の受験受付は終了したが、来年もある。
11/21 時刻表検定試験 検定としてはかなり難易度の高いと言われている時刻表を題材にした検定である。時刻表の隅々まで目を通す必要がある。鉄道少年になったつもりで受験できる楽しい試験でもある。
11/21 財団法人 日本漢字能力検定協会 自分の漢字能力アップのみならず実社会にも十分役立つ漢字検定である。パソコンの漢字変換に慣れた方、忘れた字も多いと思う。漢字文化復活の一助となる検定である。
11/21 いただきます検定 | 富士宮市市民協働食育検定 戦後のアメリカ文化一辺倒でおざなりにされてきた和食、今や生活習慣病対策として見直されてきた。食は文化でもある。食への感謝をこめてのいただきます、こういう検定ができたこと、嬉しく思う。
11/20 男はつらいよ あゝ失恋48連発、BS2で。 昭和映画の金字塔「男はつらいよ」、いつ、どの作を見ても笑い、涙を流し、元気をもらう、そして必ず得るものがある。これは人生の教科書である。
11/20 新宿ゴールデン街 戦後の闇市から現在に至る歴史を刻み続ける飲み屋街である。一度は足を運ばれた方も少なくないと思う。時にあらためて息子を連れて訪ねるのもいい、おやじの過ぎ去った青春を見せてはいかが。おやじ、なかなかやるじゃないか・・・という声が返って来るかもしれない。
11/20 w w w . P i n k F l o y d . c . o . m 18日のNHKBSでピンクフロイドのコンサートライブを見た、懐かしかった。ボロ車で行った箱根アフロディーテのオレンジ色に輝いた彼らの姿を思い出した。彼らの音楽は21世紀の今も燦然と輝いている。
11/20 程一彦ホームページ/医食同源のススメ 人は何故病気になるのか。答えは食にある。寒、熱、陰、陽の食物をバランスよくとる。和食にはこの全てがある。食に気を付けられよ、さすれば誰もが天寿をまっとうできるはずである。
11/20 長谷川正徳のちょっといい話 子供のいじめや自殺が話題になっている。教育基本法改正のためのタウンミーティングには当の本人たる役人自らがやらせをしている。県知事が官製談合をしている。子が道をはずすのは大人のせいである。親のせいである。大人こそ改めて教育されねばなるまい。
11/18 現代版「湯治」のススメ - goo ヘルスケア 今も昔もお風呂好きな日本人、温泉となればなおさらである。出来れば数日の物見遊山から長逗留の湯治をしたいもの。木枯らし1号も吹き、温泉三昧、湯治には格好の季節、永の疲れを癒しに行くのも悪くあるまい。
11/18 草津温泉 時間湯オフィシャルサイト 古くから草津は湯治場としてその温泉の効用が知られたところ。より分かり易く、もっと親しみ易く、草津温泉の湯治が紹介されている。ご活用ありたい。
11/18 湯治場、自炊部のある湯治の宿 - 山の温泉ガイド 長逗留であれば、自炊をしながら食べたいものを食べるという方法もある。毎日に変化もでき費用も節約できる。自炊による湯治、おすすめしたい。
11/18 玉川北投石の湯治場 弘法の湯 静岡県伊豆の国市古奈にある湯治場。長岡温泉源泉と秋田県玉川温泉の北投石を使った温泉を楽しめるという。秋田までは遠いという方、お試しありたい。
11/18 湯治場どっとこむ こちらには山陰、島根地方の湯治場が紹介されている。海の近くから山間の温泉まである。ゆっくりとくつろいだ湯治ができよう。
11/17 カモ井加工紙株式会社ホームページ ハエトリと記憶していたが、ハイトリ、正式にはリボンハイトリという。原理は素朴だが、これが実によく取れた。魚屋の店先にに吊るしてあるハイトリにびっしりとハエはついて真っ黒になっているのを見て怖いくらいだった。70年の歴史だそうである。
11/17 土佐龍ホンザクラ洗濯板 昭和30年代、まだ洗濯機が贅沢と言われていた時代、洗濯にはこの洗濯板を使っていた。共同水道のまわりにおばちゃんたちがたらいに洗濯板を入れて衣類を洗っていた光景が昨日のように思い出せる。今は、洗濯機では落ちぬ頑固な汚れを落とすための小型板に人気があるようだ。
11/17 カネヨ石鹸株式会社 : カネヨ製品 : 洗濯石けん 洗濯板とたらいで洗うのに必要なのは固形石鹸であった。子供の手にはあまるほど大きな石鹸、おばちゃんたちの苦労の甲斐もあってか実によく落ちた。真っ黒になった靴下やズックなどもこれでよく落ちた。カネヨやミツワあたりを使っていたのではと思う。
11/17 職人のパートナー 金甚商店 天井裏を狭しとネズミが駆け回っていた時代、ねずみ捕りの強力な道具といえばパッチンか金網カゴであった。ここではまだそのバネ式ネズミ捕りやカゴ式ネズミ捕りを売っている。カゴに捕まったネズミが水の中で溺れ死ぬのを見るのは子供ながらに、恐ろしかった。昔はこんなところにも命というものを感じていたのである。
11/17 【楽天市場】魚焼器:セブンセレクション 今時、ほとんどのご家庭ではガスレンジの魚焼きグリルで魚を焼いていると思う。たしかにそれなりにうまく焼けるが、カリッとした焼け上がりにならない気がする。焼き魚はやっぱり昔通りの網がいいと思う。うまい焼き魚が食いたい方、面倒ではあるがお試しありたい。
11/16 江戸の旧跡めぐり 〜鬼平犯科帳に登場する名所旧跡をめぐる旅〜 本所あたりから深川、永代橋まで清澄通り界隈に多くの鬼平犯科帳の舞台がある。たまに十数人のグループが歴史地図帳を片手に歩いているのを見かける。天気の良い日を選んでお出かけになってみてはいかがだろうか。
11/16 鬼平遊歩道 鬼平散歩として参考になるサイトである。犯科帳各編のダイジェストがあるので、その地名を参考にコースを計画することもできる。鬼平関連サイトではよく知られたページ、ご参考にされたい。
11/16 鬼平犯科帳と江戸名所図会 こちらは鬼平の舞台を江戸名所図会と照らしながらその地を特定しようとする試みである。鬼平や密偵になったつもりで舞台を探すのも趣が深くなると思う。ご活用ありたい。
11/16 市中見廻り〜鬼平ゆかりの地を歩く〜 鬼平ファンの方は実に多いと見える。このページでは物語にしたがって同定した所を写真付きで紹介している。前記のページもそうだが、こうした方々の労があってこそ、鬼平がより楽しく、身近なものになるのであろうと思う。感謝である。
11/16 鬼平犯科帳 第1シリーズ DVD-BOX テレビ放映された鬼平犯科帳は今や昭和の文化遺産といってもよいかもしれない。中村吉右衛門の演ずる鬼平、池波正太郎の原作を彷彿とさせる会心の出来である。出かける前にドラマを見て行く、イメージがさらに膨らむと思う。お金に余裕のある方は購入し、そうまではしなくともという方なればレンタルでご覧ありたい。
11/15 悠仁さま「お宮参り」すこやかにご成長 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 久々に明るいニュースが届いた。秋篠宮様ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)様の「お宮参り」が14日午前、皇居内の賢所仮殿(かしこどころかりどの)で行われたとのこと、慶賀の至りである。健やかにお育ちされることを願う。
11/15 さきがけonTheWeb|「母親疑う声が現実に…」 犯人逮捕も、地元に重い空気 さわやかなニュースの後で恐縮だが、伝えねばなるまい。親として子の健やかなれと願う気持ちは誰しも同じだが、親の欲望によって子を死に追いやる者もいる。法に触れなければ何をしてもいいという風潮から、法に触れてまでも己の欲求を満足させようとする、今の世の中、何かが狂い始めている。
11/15 Sankei Web > 社会 > 拉致から29年…川崎でめぐみさん写真展始まる 神奈川県川崎市で北朝鮮拉致被害者、横田めぐみさんの写真展がJR川崎駅前ギャラリーで14日始まった。15日はめぐみさんが拉致されてから丸29年になるという。このおよそ30年近く、ご両親はいかなる気持ちですごされたのであろうか。察するにあまりある。お近くの方、ぜひ、ご来場ありたい。
11/15 心の宝探し - goo ヘルスケア 定年、子の巣立ち、家に残った夫婦二人、生きがいと目標、生きる支えを失ったとき、誰しも感ずる心の空白感。そんなとき、あらためて自分の心と正直に向き合い、対話することの大事さが説かれています。心の宝探し、してみるのもいいと思う。
11/15 プチ・ボケをふせごう! 活脳エクササイズ - goo ヘルスケア 人によって違うと思うが概ね50歳を過ぎたあたりから物忘れをしやすくなるようである。ほんの1〜2分前に思っていたことを忘れてしまう、そんなことありませんか。鏡に向かって笑うと脳が活性化されるということ。自分が自分に笑いかける、ちょっと不思議な気もするが、試してみる価値はありそうである。
11/14 元祖オヤジブログ 梅沢富美男の昼顔劇場 |悩み 相談、恋愛、結婚、離婚、育児、人生 他 舞台、テレビに活躍する梅沢富美男氏のブログ。年を重ねてますます元気、おやじはこうでなければならぬ。彼の元気の秘密、ここでご覧ありたい。
11/14 西郷輝彦のつぶやきblog 年配のご婦人方には若き頃の御三家歌手の一人、西郷輝彦氏が懐かしいと思う。もちろん今も舞台や公演で活躍中である。彼もまたブロガーとして元気一杯。
11/14 泉ピン子 - 泉ピン子のダイエット人生 「渡る世間は鬼ばかり」で活躍中の泉ピン子さん。彼女の元気はどこからであろうか?一時期、中年女性の例にもれず肥満で悩んでおられたが、最近はかなりほっそりとされたようである。
11/14 戦国時代の性事情 信長、家康、秀吉、信玄たちが天下統一を目指した時代 さて、時代は変わろうとも男と女、することはやはり同じであろう。性に関する考え方は今よりも開放的だったとか。それが良いか悪いかは、ここをお読みになってお考えありたい。
11/14 お父さんのためのアダルトサイト講座 どうも爽快倶楽部はかた過ぎるという御仁へ。ネットの世界にはいやというほどアダルト情報が蔓延している。回春のためにご覧いただくことは否定しないが、こうしたサイトには思わぬ落とし穴がたくさんある。インターネットの世界は基本的に自己責任、じゅうぶん注意されたい。
11/13 ミステリ 推理小説データベース Aga-Search 日が暮れるのが実に早い、秋の夜長である。パソコン遊びもいいが、こんなときはじっくりと推理小説を読むというのはどうであろう。読み出すと結末が気になってしかたがない。それでついつい夜更かしをしてしまう。たまにはそれも良いではないか。
11/13 大極宮 京極夏彦氏の諸推理小説、みな大部である。戦後あるいは江戸時代を背景とし時代設定も入りやすい。また、和漢に通じた言語表現も読後感の充実をもたらしてくれる。最近の若い方の中にもしっかりとした推理が書ける人がいることを忘れてはなるまい。
11/13 松本清張コレクション Timebook Town 戦後の混乱期から高度成長経済時代を背景にした推理小説家として、また、古代史研究家として多くの足跡を残した松本清張。犯罪の動機、社会的背景、緻密な筋立て、彼の小説は今読んでも実に新鮮である。「点と線」「Dの複合」「ゼロの焦点」「黄色い風土」など傑作に限りない。ぜひ、あらためてお読みありたい。
11/13 横溝World〜横溝正史先生の世界へ! 因習、血脈、地方風土の中に特異な事件を描き独特な世界をつくり上げた横溝正史の推理世界、そこに描かれた人間の本性、グロテスクでありながら納得させる終末、戦後の世相を背景にした小説のもう一人の雄である。金田一耕助シリーズ、お読みありたい。
11/13 推理小説ノート 海外を合わせれば推理小説作品の数は膨大である。未読の作品の中に思わぬ珠玉の作品も埋もれていよう。作品探しに役立つデータベースである。ご活用ありたい。
11/11 NHKに放送命令、菅総務相が交付 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 政府がNHKに放送命令を堕した。内容は「北朝鮮による拉致問題をNHK短波ラジオの国際放送で重点的に扱うこと」である。それ自体に異論はないが、政府が放送局に介入しさらに「総務省はNHKによる現行のテレビ国際放送とは別に、09年度にも業務を開始する新たなテレビ国際放送計画で、国費のほかにNHKや民放の出資も検討している」とある。これはいつか来た道ではないのか。そのうち大本営発表なんていい始めるかもしれない。この動き、かなり危険である。
11/11 公園へ行こう! 暖かい日が続いている。たまには公園散歩はいかがだろうか?おにぎりや弁当を持って行くのもいい、行き先の公園の近くの料理屋をインターネットで探して行くのもいい。のんびりとお出かけありたい。
11/11 色づき始め 紅葉スポット - goo 秋特集2006 ようやく平地の紅葉も色づき始めたようである。できれば温泉紅葉旅行と豪勢に行きたいと思う。木々の紅葉に季節を感じる、日本に生まれたことの喜びである。
1/11 紅葉とれたて便2006:るるぶ.com 夜はちと冷えるが、ライトアップされた紅葉もまた風情がある。闇の中にほんのりと浮かびあがる紅葉景色、ぜひご覧ありたい。夜桜ならぬ夜紅葉である。
111/11 部下に謝れない上司は、何が足りない−コーチング最前線 - goo ビジネスエグゼクティブ特集 これは会社の中の話だが、日常生活においてもありがちな話である。自分が間違っていることはわかっているが素直に謝れない。歳をとると頑固になりがちであるが、それが友達をなくし、世間を狭くし、時に妻に去られることもある。素直であること、老いの生き方の極意であろう。
11/10 森田さんのお天気ですかァ? お茶の間に親しまれているTBSの天気予報士、森田さんのページ。北海道佐呂間町で猛威をふるった竜巻の解説などもQ&Aコーナーにある。気象の勉強にも最適だと思う。ご覧ありたい。
11/10 asahi.com:「やらせ」は8回中5回 タウンミーティング-政治 昨日取り上げた青森県八戸市の政府主催教育改革タウンミーティン、教育基本法改正に賛成の立場からの「やらせ発言」が青森も含め8回の教育改革タウンミーティング中5回のタウンミーティングで同様の「やらせ」があったとことがわかった。頭の中を教育改革しなければならないのは、どうも政府の役人のようである。
11/10 Web SwingJournal ジャズの専門雑誌といえばスウィング・ジャーナルである。雑誌による推薦盤は、何を買えばよいか迷う初心者や年季の入ったジャズファンにとってもありがたい情報である。今後もさらに発行され続けることを願う。
11/10 吉田秀和 クラッシクファンにとって彼の音楽批評を知らぬものはいないと思う。彼のペンによってグールドやポリーニを知った方も少なくないと思う。音楽のみならず文学、芸術への深い理解から出される彼の感性あふれた音楽批評や随筆には今も圧倒される。これから、クラシックをあらためて聞こうという方、彼の音楽評論をぜひお読みありたい。音楽に新しい古いはない。
11/10 CEC ON LINE 多くのオーディオ製品が消えて行く中、このメーカーはがんばっている。アンプ、CDプレイヤーともこれから本格的に音楽を聴こうと思っている人のための入門機・中級機がある。注目しておきたいオーディオメーカーと思う。
11/9 Sankei Web > 国際 > 米中間選挙 民主党、下院で過半数獲得へ 米国中間選挙で民主党が下院で過半数を獲得するようだ。共和党のブッシュ大統領のイラク戦争、北朝鮮外交などの軌道修正が始まるかもしれない。偉大なブッシュのイエスマンだった前小泉首相は実に運がいい、一方、どちらに振れるかわからぬこれからの米国を相手にする安倍首相は一苦労であろう。
11/9 「やらせ質問」常態化?八戸では10人中6人に依頼 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 安倍内閣の目玉、教育基本法改正、要はこういうことである。すべては内閣府・文科省のシナリオ通り、名ばかりのタウンミーティング、これで本当の教育改革ができるのであろうか。役人言いなり政治はまだまだ続く。
11/9 自殺防止:言葉で命救いたい…高木いさおさんの詩集が反響−話題:MSN毎日インタラクティブ いじめで学童や生徒達、さらに履修単位問題で校長の自殺が続く。何故死を選ぶのか?どんなに苦しくとも生きてさえいればやがて花咲く時もある。子供達の自殺、大人の責任である。
11/9 MSN-Mainichi INTERACTIVE 田舎に行こう もう一つ、毎日新聞のコラムから「田舎に行こう」、こうした特集は地方に支局を持つ新聞社ならではの記事である。人の暮らしの中の小さな情報、地味ではあるが読んで楽しく為になる内容である。ITばやりの世の中だが、新聞は死んではいない。今後に期待したい。
11/9 ふるさとの方言〜方言ページの道しるべ〜 方言が失われつつある。地方の学校でも標準語を基本にして授業が行われる。その結果若者の口から方言が消えていく、方言とは文化である。東京弁は所詮東京弁、標準語などは本来ありはしない。都会に住む地方出身の諸氏、堂々と方言で話されたい。
11/8 Wikipedia すでにご存知の方がおられると思うがウィキペディアとは誰でも自由に利用できる百科事典であり、ウィキペディア基本方針に賛同する人ならば誰でも記事を投稿したり編集したりすることが出来る。シニアの知恵、こういうところに投稿し社会の役に立てるのも良いと思う。
11/8 気象庁|季節予報 7日の立冬となっても相変わらず暖かい日が続いている。どうも暖冬のようである。暖かいのはありがたいが、冬物を販売している商工業者はさぞ心配かと思う。一の酉も過ぎ、これから年末まで早足の日々が続く。さて、気候はどうなるのやら。
11/8 金融教育フェスティバル2006:マネー情報 知るぽると 毎日使い、その大事さは痛いほどわかっているようで、いざ質問されるとうまく答えられないお金。お金を稼ぐ、貯める、使う、じっくりと考えてみてはいかがだろうか。
11/8 金融と経済のしくみ : マネー情報 知るぽると 同じ知るぽるとのマネー情報ページである。低金利時代、銀行預金では元金取り崩しが増えていると思うが、利殖のための金融商品にうっかり手を出すと大やけどをすることも往々にしてある。ここで基礎知識をつけられたい。
11/8 asahi.com:北海道・佐呂間で竜巻、死者9人の模様、不明や負傷者も-社会 アメリカあたりではよく聞く竜巻だが北海道佐呂間町で起こったという。今年の暖冬傾向と関係があるのかもしれない。まだまだ気をつける必要あると思う。寒冷前線の通過時は特に注意が必要となる。被災された方々にお見舞い申し上げたい。
11/7 [グルメウォーカー] 海菜寺-稲村ヶ崎駅/和風創作料理 湘南鎌倉に相模湾を見下ろす和食屋である。昼食としてはちょっと高めだが、ご婦人方には喜ばれると思う。かみさん孝行におすすめしたい。鎌倉散歩のついでにお出かけありたい。
11/7 栄屋ミルクホール 昔懐かしいラーメンがある店である。鳥ガラスープのしょうゆ味、今時のこれ見よがしのこだわりなどない。あえてこだわりというなら昔通りの中華そばということだろうか。神田、神保町にお出かけの折にたちよってみてはいかが。
11/7 中大生協多摩店食堂[トップページ] 今時の学食はどんなであろう、そう思って母校の学食ページを見た。食堂の数も増え、メニューも増えている、値段も学食らしくほとんどが400〜500円程度のメニューである。学生時代の私の定番はカレーライスにたぬきそば、これで100円くらいだったと思う。昔を思いながら、母校の学食ページを見るもよし、実際に行って食うもよしと思う。入り方はOBとして堂々と入るべし。
11/7 居酒屋浪漫紀行 すでに退職された方も、在勤中の方も、心の疲れ、体の疲れをいやす場所といえば居酒屋である。少ない小遣いの中から安心して酒を飲み肴をつまめるおじさんの味方、居酒屋、たまにぶらりと入ってみるのもいい。居酒屋浪漫、お楽しみありたい。
11/7 日本の酒 居酒屋に入って酒といえばやはり日本酒であろう。確かにビールやチュウハイもある、が、居酒屋では日本酒を飲んでいただきたい。焼き鳥、刺身、煮込み、おでん、焼き魚、フライなどなんでも合う。これからは熱燗がいい。冷えたからだに熱燗、まさに五臓六腑にしみわたる酒である。
11/6 警視庁 振り込め詐欺 相変わらず高齢者を狙った卑劣な振り込め詐欺が横行している。警察官、税務署員、弁護士などを語り、痴漢や事故、株で失敗したなどを理由にして金を振り込ませるという手口である。ご用心ありたい。
11/6 シニアのための投稿サイト 『バウムクーヘン』 シニアの方々による投稿文芸作品を発表しているサイトである。老いてなお、文学への情熱を失わず、この気概、称えるべきと思う。年を重ねなければ書けないもののある。ぜひ、ご一読ありたいと思う。
11/6 SSIS半導体シニア協会 「この半導体シニア協会の設立の趣旨は、半導体産業に長年携わり多くの経験と知識を培われた方々に事情の許す限り末永く活躍して頂いて、国の内外を問わず半導体の永続的な発展に寄与して頂こうとするものである」とある。シニアとは豊富な知識、経験を持った貴重な存在であり、これを生かすことこ少子高齢化社会の突破口ともなろう。こうした団体が多他業種でもできることが望まれる。
11/6 シニア 留学 海外の生活を体験する、勉強をしに行く、観光旅行だけではなく人生の充実のために海外に行くということがあってもいいと思う。語学も必要だが、まずは知らぬ土地で暮らす勇気が第一である。世界を知る、言ってみてはいかが。
11/6 小僧com 「小僧コミュニティ 50,60はハナタレ小僧」、正にその通り、人生五十年とは昔のこと、これから始まる人生の後半戦、もうではなくこれからである。アクティブに過ごす元気な小僧たちのコミュニティ。
11/4 高田グリーンランド雲取温泉 和歌山県雲取温泉、ここの温泉水、微量のゲルマニウムが含まれておりコレステロールを下げたりガン・難病・奇病に効果があるとされる。かなりの人気のよう。一度お出かけになってみてはいかが。
11/4 日本三大薬湯 松之山温泉 戦事中の一時期に塩を採ったというほど塩分が強い越後、松之山温泉、泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉、92度の高温で自噴する天然温泉であり切り傷、やけど、皮膚失患、神経痛、腰痛、冷え症に効能ありという。
11/4 奥蓼科温泉郷 渋・辰野館 こちらは信玄の薬湯と呼ばれ浴用として「胃腸病」、「リューマチ」、「婦人病」、「皮膚炎」、飲泉の効能は「常習便秘」、「慢性リューマチ」、「痛風」、「糖尿病」、「金属中毒症」、「神経痛」、「胃腸病一般」とある。のんびりと山の湯で過ごしたい方におすすめである。
11/4 秋田県 田沢湖 効能溢れる癒しの湯治宿 たまがわおんせん 全国的にも既に名前が知られた秋田の玉川温泉、湯治のための長逗留を望まれる方が多いと聞く。看護師常駐の玉川温泉研究会付属診療所があり湯治相談や血圧測定などを行っているのもありがたい。
11/4 ゆのつ元湯温泉湯治の湯 「泉薬湯」 湯治の宿 「長命館」 浴用といしては慢性関節リウマチ・慢性筋肉リウマチ(特に腰痛)・神経痛、特に座骨神経痛・神経炎・創傷・痛風・尿酸素質・慢性皮膚病、飲用としては慢性胃カタル(特に胃酸現象症)・胃腸アトニー・弛緩性便秘(温泉ならば冷却して飲用)・貧血症・肥胖症・腺病質に効能があるという。場所は島根県温泉津町である。山陰の温泉、風情も格別であろうと思う。
11/3 嵯峨野、嵐山、哲学の道、東山、一乗寺、大原など定番から穴場まで紅葉スポット情報満載!「京都、紅葉の穴場 2006」-ウォーカープラス京都- 京には京の秋がある。11月は京都が紅葉に彩られて、一番美しい季節。嵯峨野、嵐山、哲学の道、東山、一乗寺、大原など京の紅葉名所、穴場が紹介されているページである、秋の京旅行の参考にされたい。
11/3 町家ステイ〜京都格安宿泊〜ショートステイ 京都には多くの旅館、ホテルがあるが、ちょっと変わった町家に泊まるというのはどうだろうか。一般の旅館、ホテルにはない京の雰囲気、暮らしぶりに触れることができると思う。
11/3 平成19年用年賀葉書・年賀切手を11月1日(水)から発売します パソコンやケイタイメールを覚えると年賀状をメールで出す方が多くなるが、やはり年賀状は自筆、手書きで出したいものである。手書きの文字にしか表わせない感謝の気持ちというものがある。
11/3 asahi.com:大阪市職員309人、住居手当総額5千万円を不正受給−社会 また大阪市職員による不祥事発覚である。いったい役所の人間の感覚はどうなっているのか、役人天国、やりたい放題である。政治は役人にはまったく無力なのか?
11/3 特殊法人監視機構 旧小泉内閣は改革の内閣であったと国民は今も信じているようである。特殊法人は独立行政法人に看板をかけかえたが、相変わらずのやりたい放題、天下り役人のとんでもない給料と退職金は依然と続いている。真の改革とはここにメスを入れることである。
11/2 うを徳 早瀬主税(ちから)とお蔦のもとに頻繁に顔を出す魚屋「めの惣」のモデルが「魚徳」の初代、萩原徳次郎氏の料亭。 場所は東京都新宿区神楽坂。文学の香りも楽しめる店である。
11/2 料亭 - 玄冶店 濱田家 ご存知「「しがねえ恋の情けが仇命の網の切れたのを、どうとり留めてか木更津からー」と切られ与三郎の歌舞伎狂言で知られる玄冶店一角跡地に大正元年に創業された日本料理店である。歌舞伎ファンの方、一度足を運んでみてはいかが。
11/2 浅草寺門前 今半別館 どなた、お一度は名前をお聞きになったことがあるであろう、今半の別館である。今半はなんと言ってもすきやきとしゃぶしゃぶ、これからの季節おすすめの料理である。
11/2 割烹中嶋 陶芸、書画、料理と多くの足跡を残した北大路魯山人から星ヶ岡茶寮で初代料理長として薫陶を受けた中島貞次郎初代創業の割烹である。日常、料理に使われる器にも魯山人ゆかりの器が使われいる。糸底の銘に「ホ」とあるのは星ヶ岡の「ほ」、「呂」とありますのは呂山人の「ろ」をあてたもの、魯山人を偲びながらいただく料理、格別であろう。
11/2 ぐるなび - 室町 砂場 そばの老舗としてここははずせまい。明治2年創業、そばの芯だけを挽いた更科粉を玉子でつないだ同店発祥の『元祖天ざる』は、腰の強さとほのかな甘さがとけ合うそば、天ぷらは江戸前のそばつゆにかき揚げが入っている。新そばの季節である。香り高いそばを召し上がれ。
11/1 学問のすすめ−インターネット三田会 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」で始まる福沢諭吉の「学問のすすめ」、世の教育者、教育にかかわる政治家、官吏、識者共々、今再び読んで欲しい一編である。
11/1 江東ものづくりフェア 11月1日から5日まで東京江東区森下文化センター内工匠館で開催されるフェアーである。平行して江東区伝統工芸展 も開催される。刀剣研磨、木彫刻、江戸指物、表具など製作体験教室もある、ぜひお出かけありたい。
11/1 防衛庁・自衛隊 北朝鮮核実験でにわかに脚光を浴びた観のある集団的自衛権行使問題。自衛のための戦争を議論することは大いに結構だが、戦争するだけの戦力、経済力がわが国には本当にあるのか、まずはここからであろう。かの太平洋戦争を思い出されたい。精神論だけででは戦争には絶対に勝てない。
11/1 七五三−富岡八幡宮 「なんでこんなに可愛いのかよ 孫という名の宝もの じいちゃんあんたにそっくりだよと 人に言われりゃ嬉しくなって 下がる目じりが下がる目じりがえびす顔」、ご存知名曲「孫」の歌詞である。今年七五三を迎えるお孫さんのある方、その喜びはいくばかりであろう。ぜひお孫さん、ご両親ともども神社にお近くの神社に足を運ばれたい。えびす顔が見えるようである。
11/1 慶次郎縁側日記3|NHK木曜時代劇 毎週このドラマを拝見している。第3回「三姉妹」は実に良かった。苦界に身を沈めた高齢の三姉妹が夢見るあっちの世界、そして生きるが勝ちと宴が運ぶ。老いの生き方を描いた今時、稀有な名作シリーズ、また次回が楽しみである。



TOPきょうのホームページ 過去の掲載>2006年11月の掲載



Copyright 爽快倶楽部