TOP>コラム


爽快倶楽部編集部


2013.9.1
巨大地震−まずは生きのびよ
人とは、不思議なものである。他人の葬儀に参列して焼香し、哀悼の意を述べ、精進おとしで酒を飲み、高らかに笑う。もちろん故人を偲んでのことであるが、誰も、次は自分の順番であると思わない。誰でもいつかはあの世とやらに行かねばならないのであるから、自分の番がいつかであるかを思い煩ってもしようがないのかもしれない。
巨大地震についても同様のことが言える。東北大震災においてあれほどの大惨状、被害を目にしても、まさか自分が同じ目にあうであろうことは夢にも思わない。家屋倒壊、火災、津波、原発の深刻事故ばど、だれもが、まさかと思っている。
最近の研究では、時期ははっきりとはしていないが、東北大震災と同等の規模の巨大地震が、そう遠くない将来に起きるとされている。次は自分の番なのだ。そのために何をしているかいえば、ほとんどの人は何もしていない。あれほどの巨大地震、およそ人力ではなす術がないというのもたしかである。そうだとしても、東北大震災が我々に教えてくれたことは、津波においては、まず逃げよということである。これだけは、肝に銘じねばなるまい。さらに阪神淡路大震災の教訓では、家財を固定し大きな揺れによって動かぬようにすることもある。
関東以西の太平洋沖で巨大地震が起きた場合、沿岸大都市圏の人口密集、海抜を考えれば、その被害は想像を絶する。
まずは生きのびる、これがもっとも重要である。




TOP>コラム



Copyright 爽快倶楽部