TOP>コラム


爽快倶楽部編集部


今、何が起きているのか
2012.12.1
今回の衆院選で原発に関する各党の考え方がほぼ出揃った。原発廃止という主張もあるが、多くは段階的に原発をなくしていくという現実論がほとんどである。その理由は、今原発を即時停止、廃炉にすれば日本の電力事情が悪化し、経済活動全体を危機におとしめるというものである。そのとおりであろうと思う。原発に変わる電力源としては石油・天然ガス発電があるが、ともに発電コストは、政府や電力会社が発表する限りににおいて高くつく。一方で、太陽光、風力などの再生可能エネルギーが議論されているが、その発電量は現状では限られている。
だとすれば、国民の選択する道は二つしかない。即ち、原発を今後も稼動させ続けるか、電気代が高くとも原発を廃止して石油・天然ガス発電にたよるかである。
が、ここに大きなトリックがあるような気がしてならない。原発は本当に安いかどうかである。さらに、石油・天然ガス発電は、 はたして高コストかである。
日本の産業界は、とりわけ自動車業界は円高という逆風の中で、徹底したコスト削減で生き残ってきた。さらにハイブリッドという新しいマーケットをも作り出してきた。こうした企業努力が、電力業界にあるのかはなはだ疑問である。電力会社は赤字となればすぐに電気料金の値上げ申請を行う。そこには、企業本来の努力のあとが見えない。
原発問題とは、電力行政をいかにあつかっていくかと云う問題である。
原発は、ないほうがいい。なければ、その事故によって国民が苦しむこともない。
ここに一人の学者の意見がある。
11月18日「本当の事を言えば 東北 関東地方の広大な面積を 実は失わなければいけないほどの汚染を受けている その事に多くの人々が気づいて欲しいと思います」(文字おこし 岐阜) 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
反原発の立場ではあるが、これをどう受け止めるかは、私たちの問題である。




TOP>コラム



Copyright 爽快倶楽部