TOP>コラム


爽快倶楽部編集部


平成23年7月1日
取り返しのつく事と、つかない事
交通事故、航空機事故など、事故は様々な分野で起きる。それらの事故には原因がある。人は、事故の原因を調べ再びおきないように対処する。ここで重要なことは、その対処とは既に起きた事故と同様の事故を起きないようにする対処である。この意味では事故の原因調査と対処とは一定の有効性を持っている。が、事故は再び起きる。何故なら、事故は常に予想を超えた原因で起きるからである。次に起きる事故は、誰も予想し得ない。
現在、国や電力会社は、他の原発においては同様の事故は起きないとして、停止中の原発の再稼動を各自治体に要請している。彼らの言を信用するなら、同様の事故は起きないであろうと思う。
今回、多くの国民が知ったように、原発の事故は、常に破滅的な結果をもたらす。故に、絶対に事故を起こしてはならない。だが、冒頭に書いたように、次の事故はまったく違った原因で、予想外の場所で起きる。それが事故の本質だからである。我々の未来において、原発を稼動させ続けるのであれば、いつかは必ず破滅的な事故が起きることを覚悟しなければならない。国土がいかに汚染され、そこに住む人々が汚染されようと、その中で住み続ける覚悟を持たねばならない。
世の中には取り返しのつく事と、つかない事がある。
爽快倶楽部 編集長 伊藤秀雄




TOP>コラム



Copyright 爽快倶楽部