TOP>コラム


爽快倶楽部編集部


平成22年8月1日
烏合の衆
前鳩山内閣の後、それを受けた菅内閣であるが、今回の参議院選挙では、当初の内閣支持率にもかかわらず、民主党の大敗となった。菅首相が選挙前に消費税に言及したことが、その理由とされているが、はたしてそれだけだろうか。むしろ、民主党政権が当初示した諸政策の実効性への失望感のほうが大きいのではないのか。
鳩山内閣は、官房長官を含め、まさにアマチュア政治家の集まりだったと云える。衆議院選挙で大勝利し、権力をその掌中に収めたものの、権力の動かし方においてはまったくの無知、無能だった。内政、とりわけ経済政策における迷走、更に外交においては厳格な内部統制において進めるべき沖縄基地問題を二転三転の後、最終方針を前自民党政権とほぼ同様の結果とした。政治主導というものの、行政はあくまでも役人がその実権を握っていた。国民に好評であった事業仕分けにおいても、事前に財務省によって準備されたものであった。現実的に行政の詳細については、役人の報告なしにはその実態をつかみ得ぬない。故に、いかに役人組織を動かし得るかが、その政権の実力でもある。鳩山政権には、これがまったくなかった。

周知のごとく、前鳩山体制において、党幹事長、小沢ヘの権力集中は外部からの批判を待つまでもなく明らかだった。政権党への陳情を幹事長室に集中させ、そのことによって参議院選挙を有利に運び、衆参において完全過半数を得る、その後に、本来の党としての政策を実行する、これが小沢の2段階手法であったと思う。これが崩れたとき、小沢自らが今回の参院選敗北を評して言った「負けるべきして負けた」事態となった。菅-仙石-枝野のアマチュア政治は、成立と同時に、既に財務省に取り込まれている。この内閣に、いったい何ができようか?
烏合の衆、出典は中国『後漢書』による。規律、統制もなく、ただ寄り集まっただけの軍勢の意である。烏合の衆としての政治か、清濁合わせて飲む政治か、国民は選択を誤ったかもしれない。政治は理想を掲げるが、実行は現実である。
爽快倶楽部 編集長 伊藤秀雄




TOP>コラム



Copyright 爽快倶楽部